基本情報

写真a

白銀 勇太(シロガネ ユウタ)

SHIROGANE YUTA


職名

教授

分野紹介URL

https://molv.org/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学部  医学科(MD-PhDコース)  2013年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学大学院  医学系研究科  病態制御学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医師・博士(医学)  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2015年03月
    国立国際医療研究センター病院 初期臨床研修 医師
  • 2015年04月
    -
    2016年04月
    国立感染症研究所 ウイルス第三部 研究員
  • 2016年05月
    -
    2018年03月
    カリフォルニア大学サンフランシスコ校 博士研究員
  • 2018年04月
    -
    2023年11月
    九州大学 大学院医学研究院 助教
  • 2023年12月
    -
    2024年04月
    九州大学 大学院医学研究院 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会

  • 日本神経感染症学会

  • 日本分子生物学会

  • American Society of Microbiology

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年04月
    -
    2023年09月
    九州大学医系分野教員会 執行委員長

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • シス受容体はモルビリウイルス神経病原性の鍵となるか,2024年01月 - 2025年12月

  • モルビリウイルス感染症の理解と対策のための研究開発,2023年04月 - 2026年03月

  • 膜融合タンパク質がもたらす多様なエンベロープウイルス進化ポテンシャルの解明,2023年04月 - 2026年03月

  • 麻疹ウイルスの宿主・非宿主神経病原性獲得メカニズム,2023年01月 - 2024年03月

  • シス受容体が解明する麻疹ウイルス中枢神経病原性発揮メカニズム,2022年07月 - 2027年05月

  • 側頭骨扁平上皮癌の悪性度を決定するエピジェネティックな腫瘍制御機構の解明,2022年04月 - 2027年03月

  • 新概念「受容体模倣シス膜融合誘導」による麻疹ウイルス中枢神経病原メカニズムの解明,2022年01月 - 2023年03月

  • 中枢神経病原性ウイルスの新たな神経細胞伝播機構の解明,2020年04月 - 2023年03月

  • 麻疹ウイルスの進化が引き起こす亜急性硬化性全脳炎の発症機構の解明,2020年04月 - 2023年03月

  • わかばチャレンジ(若手研究・挑戦的研究),2019年04月 - 2020年03月

  • 異種ウイルス間の干渉メカニズムの解明,2018年08月 - 2020年03月

  • ヒト病原性RNAウイルスのゲノム間協調がウイルス生存に果たす役割に関する研究,2015年08月 - 2017年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 側頭骨扁平上皮癌の悪性度を決定するエピジェネティックな腫瘍制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takemoto Ryuichi, Hirai Yuichi, Watanabe Shumpei, Harada Hidetaka, Suzuki Tateki, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke, Shirogane Yuta. Interaction of the Hemagglutinin Stalk Region with Cell Adhesion Molecule (CADM) 1 and CADM2 Mediates the Spread between Neurons and Neuropathogenicity of Measles Virus with a Hyperfusogenic Fusion Protein. J Virol. 2023.05; 97 (5): e0034023. ( PubMed, DOI )

  2. Shirogane Yuta, Harada Hidetaka, Hirai Yuichi, Takemoto Ryuichi, Suzuki Tateki, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke. Collective fusion activity determines neurotropism of an en bloc transmitted enveloped virus. Sci Adv. 2023.01; 9 (4): eadf3731. ( PubMed, DOI )

  3. Takemoto Ryuichi, Suzuki Tateki, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke, Shirogane Yuta. Short-Stalk Isoforms of CADM1 and CADM2 Trigger Neuropathogenic Measles Virus-Mediated Membrane Fusion by Interacting with the Viral Hemagglutinin. J Virol. 2022.02; 96 (3): e0194921. ( PubMed, DOI )

  4. Xiao Yinghong, Lidsky Peter V, Shirogane Yuta, Aviner Ranen, Wu Chien-Ting, Li Weiyi, Zheng Weihao, Talbot Dale, Catching Adam, Doitsh Gilad, Su Weiheng, Gekko Colby E, Nayak Arabinda, Ernst Joel D, Brodsky Leonid, Brodsky Elia, Rousseau Elsa, Capponi Sara, Bianco Simone, Nakamura Robert, Jackson Peter K, Frydman Judith, Andino Raul. A defective viral genome strategy elicits broad protective immunity against respiratory viruses. Cell. 2021.12; 184 (25): 6037-6051.e14. ( PubMed, DOI )

  5. Shirogane Yuta, Rousseau Elsa, Voznica Jakub, Xiao Yinghong, Su Weiheng, Catching Adam, Whitfield Zachary J, Rouzine Igor M, Bianco Simone, Andino Raul. Experimental and mathematical insights on the interactions between poliovirus and a defective interfering genome. PLoS Pathog. 2021.09; 17 (9): e1009277. ( PubMed, DOI )

  6. Shirogane Yuta, Takemoto Ryuichi, Suzuki Tateki, Kameda Tomonori, Nakashima Kinichi, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke. CADM1 and CADM2 Trigger Neuropathogenic Measles Virus-Mediated Membrane Fusion by Acting in cis. J Virol. 2021.06; 95 (14): e0052821. ( PubMed, DOI )

  7. Ueo Ayako, Kubota Marie, Shirogane Yuta, Ohno Shinji, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke. Lysosome-Associated Membrane Proteins Support the Furin-Mediated Processing of the Mumps Virus Fusion Protein. J Virol. 2020.06; 94 (12): e00050-20. ( PubMed, DOI )

  8. Kubota Marie, Okabe Iori, Nakakita Shin-Ichi, Ueo Ayako, Shirogane Yuta, Yanagi Yusuke, Hashiguchi Takao. Disruption of the Dimer-Dimer Interaction of the Mumps Virus Attachment Protein Head Domain, Aided by an Anion Located at the Interface, Compromises Membrane Fusion Triggering. J Virol. 2020.01; 94 (2): e01732-19. ( PubMed, DOI )

  9. Shirogane Yuta, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke. Weak cis and trans Interactions of the Hemagglutinin with Receptors Trigger Fusion Proteins of Neuropathogenic Measles Virus Isolates. J Virol. 2020.01; 94 (2): e01727-19. ( PubMed, DOI )

  10. Shirogane Yuta, Watanabe Shumpei, Yanagi Yusuke. Cooperation between different variants: A unique potential for virus evolution. Virus Res. 2019.04; 264 68-73. ( PubMed, DOI )

  11. Watanabe Shumpei, Shirogane Yuta, Sato Yuma, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke. New Insights into Measles Virus Brain Infections. Trends Microbiol. 2019.02; 27 (2): 164-175. ( PubMed, DOI )

  12. Nao Naganori, Sato Ko, Yamagishi Junya, Tahara Maino, Nakatsu Yuichiro, Seki Fumio, Katoh Hiroshi, Ohnuma Aiko, Shirogane Yuta, Hayashi Masahiro, Suzuki Tamio, Kikuta Hideaki, Nishimura Hidekazu, Takeda Makoto. Consensus and variations in cell line specificity among human metapneumovirus strains. PLoS One. 2019; 14 (4): e0215822. ( PubMed, DOI )

  13. Hashiguchi Takao, Fukuda Yoshinari, Matsuoka Rei, Kuroda Daisuke, Kubota Marie, Shirogane Yuta, Watanabe Shumpei, Tsumoto Kouhei, Kohda Daisuke, Plemper Richard Karl, Yanagi Yusuke. Structures of the prefusion form of measles virus fusion protein in complex with inhibitors. Proc Natl Acad Sci U S A. 2018.03; 115 (10): 2496-2501. ( PubMed, DOI )

  14. Shirogane Yuta, Watanabe Shumpei, Yanagi Yusuke. Cooperative Interaction Within RNA Virus Mutant Spectra. Curr Top Microbiol Immunol. 2016; 392 219-229. ( PubMed, DOI )

  15. Watanabe Shumpei, Ohno Shinji, Shirogane Yuta, Suzuki Satoshi O, Koga Ritsuko, Yanagi Yusuke. Measles virus mutants possessing the fusion protein with enhanced fusion activity spread effectively in neuronal cells, but not in other cells, without causing strong cytopathology. J Virol. 2015.03; 89 (5): 2710-2717. ( PubMed, DOI )

  16. Shirogane Yuta, Watanabe Shumpei, Yanagi Yusuke. Cooperation: another mechanism of viral evolution. Trends Microbiol. 2013.07; 21 (7): 320-324. ( PubMed, DOI )

  17. Nakashima Mai, Shirogane Yuta, Hashiguchi Takao, Yanagi Yusuke. Mutations in the putative dimer-dimer interfaces of the measles virus hemagglutinin head domain affect membrane fusion triggering. J Biol Chem. 2013.03; 288 (12): 8085-8091. ( PubMed, DOI )

  18. Watanabe Shumpei, Shirogane Yuta, Suzuki Satoshi O, Ikegame Satoshi, Koga Ritsuko, Yanagi Yusuke. Mutant fusion proteins with enhanced fusion activity promote measles virus spread in human neuronal cells and brains of suckling hamsters. J Virol. 2013.03; 87 (5): 2648-2659. ( PubMed, DOI )

  19. Shirogane Yuta, Watanabe Shumpei, Yanagi Yusuke. Cooperation between different RNA virus genomes produces a new phenotype. Nat Commun. 2012; 3 1235. ( PubMed, DOI )

  20. Shirogane Yuta, Takeda Makoto, Tahara Maino, Ikegame Satoshi, Nakamura Takanori, Yanagi Yusuke. Epithelial-mesenchymal transition abolishes the susceptibility of polarized epithelial cell lines to measles virus. J Biol Chem. 2010.07; 285 (27): 20882-20890. ( PubMed, DOI )

  21. Iwasaki Masaharu, Takeda Makoto, Shirogane Yuta, Nakatsu Yuichiro, Nakamura Takanori, Yanagi Yusuke. The matrix protein of measles virus regulates viral RNA synthesis and assembly by interacting with the nucleocapsid protein. J Virol. 2009.10; 83 (20): 10374-10383. ( PubMed, DOI )

  22. Takeda Makoto, Ohno Shinji, Tahara Maino, Takeuchi Hiroki, Shirogane Yuta, Ohmura Hirofumi, Nakamura Takafumi, Yanagi Yusuke. Measles viruses possessing the polymerase protein genes of the Edmonston vaccine strain exhibit attenuated gene expression and growth in cultured cells and SLAM knock-in mice. J Virol. 2008.12; 82 (23): 11979-11984. ( PubMed, DOI )

  23. Nakatsu Yuichiro, Takeda Makoto, Ohno Shinji, Shirogane Yuta, Iwasaki Masaharu, Yanagi Yusuke. Measles virus circumvents the host interferon response by different actions of the C and V proteins. J Virol. 2008.09; 82 (17): 8296-8306. ( PubMed, DOI )

  24. Shirogane Yuta, Takeda Makoto, Iwasaki Masaharu, Ishiguro Nobuhisa, Takeuchi Hiroki, Nakatsu Yuichiro, Tahara Maino, Kikuta Hideaki, Yanagi Yusuke. Efficient multiplication of human metapneumovirus in Vero cells expressing the transmembrane serine protease TMPRSS2. J Virol. 2008.09; 82 (17): 8942-8946. ( PubMed, DOI )

  25. Tahara Maino, Takeda Makoto, Shirogane Yuta, Hashiguchi Takao, Ohno Shinji, Yanagi Yusuke. Measles virus infects both polarized epithelial and immune cells by using distinctive receptor-binding sites on its hemagglutinin. J Virol. 2008.05; 82 (9): 4630-4637. ( PubMed, DOI )

  26. 白銀 勇太. 【ウイルスと精神神経症状】麻疹ウイルスが体内で進化する 致死性脳炎はなぜ起こるか ファルマシア. 2024.01; 60 (1): 46-50. ( 医中誌 )

  27. 白銀 勇太. RNAウイルスの病原性,進化,集団内相互作用 ウイルス. 2023.06; 73 (1): 95-104. ( 医中誌 )

  28. 白銀 勇太, 柳 雄介. 【ウイルス受容体の発見が臨床にもたらすこと】麻疹ウイルス受容体 臨床とウイルス. 2019.03; 47 (1): 3-9. ( 医中誌 )

  29. Takeda Makoto, Shirogane Yuta. [Human Metapneumovirus Infection]. Rinsho Byori. 2016.09; 64 (9): 1057-1064. ( PubMed )

  30. 竹田 誠, 白銀 勇太. 話題の感染症と検査 ヒトメタニューモウイルス感染症 臨床病理. 2016.09; 64 (9): 1057-1064. ( 医中誌 )

  31. 白銀勇太, 柳雄介. 麻疹ウイルス受容体 臨床とウイルス. 2019; 47 (1): 3-9.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 平居優一, 竹本竜一, 鈴木干城, 橋口隆生, 柳雄介, 白銀勇太. SSPE分離株に見られる麻疹ウイルス膜融合タンパク質の多重変異は特定の培養細胞でのみ膜融合を上昇させる. 第70回日本ウイルス学会・学術集会 2023.09.28

  2. 白銀勇太, 竹本竜一, 平居優一, 柳雄介. 麻疹ウイルス糖タンパク質の変異が重篤な神経疾患を引き起こすメカニズム. 第70回日本ウイルス学会・学術集会(ワークショップ) 2023.09.26

  3. 白銀勇太. Cooperation and interference among different measles virus fusion proteins drive the viral evolution to neurovirulence. THE SOCIAL LIVES OF VIRUSES 2022.03.22

  4. Cell adhesion molecule (CADM) 1 and CADM2 enable measles virus spread in subacute sclerosing panencephalitis by cis-acting fusion triggering. 第68回日本ウイルス学会学術集会 2021.11.16

  5. Short-stalk isoforms of CADM1 and CADM2 induce membrane fusion mediated by hyperfusogenic fusion proteins of neuropathogenic measles viruses. 第68回日本ウイルス学会学術集会 2021.11.16

  6. A hyperfusogenic mutation in the measles virus fusion gene rescues the defect of receptor-blind mutations in the hemagglutinin gene. 第67回日本ウイルス学会学術集会 2019.10.29

  7. Nao Naganori, Sato Ko, Seki Fumio, Yamagishi Junya, Tahara Maino, Shirogane Yuta, Nishimura Hidekazu, Takeda Makoto. ヒトメタニューモウイルスの臨床株および研究室株の特性解析(Characterization of clinical and laboratory strains of human metapneumovirus). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  8. 白銀 勇太. Combinatorial minigenome assays reveal cooperative effects of RNA-dependent RNA polymerases between different mononegavirus families. 日本ウイルス学会学術集会 2018.10.28

  9. 白銀 勇太. Defective Interfering RNAs of Poliovirus Inhibit Wild-type Virus Production in Two Steps. 日本ウイルス学会学術集会 2017.10.26

  10. 白銀勇太. 麻疹ウイルスによる神経病原性発現機構. 第27回日本神経感染症学会・学術集会 2023.10.13

  11. 白銀勇太, 橋口隆生, 柳雄介. 一般的な受容体の条件に制約されない麻疹ウイルスの低親和性受容体による膜融合の誘導. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.03

  12. 白銀 勇太. 野生型ウイルスと欠陥ウイルスの多彩な相互作用. 沖縄感染免疫シンポジウム 2018.07.12

  13. 白銀 勇太. 野生型ウイルスに対する欠陥ウイルスゲノムによる協調と干渉. 第15回ウイルス学キャンプin湯河原 2018.06.06

  14. 渡辺 俊平, 白銀 勇太, 鈴木 諭, 池亀 聡, 古賀 律子, 柳 雄介. ハムスター動物モデルを用いた麻疹ウイルス神経病原性発現機構の解明. 日本獣医学会学術集会講演要旨集 2013.03.01

  15. 白銀勇太. ウイルスが体内で進化する -致死性脳炎発症の舞台裏-. iSeminar 異分野融合研究セミナー 2023.10.20

  16. 白銀勇太. 麻疹ウイルスによる亜急性硬化性全脳炎の発症メカニズム. 大阪大学微生物病研究所 ムーンショットセミナー 2023.03.23

  17. 白銀勇太. 麻疹ウイルスによる致死性脳炎の発症メカニズム. 第2回 日本医学会連合Rising Starリトリート(オーラル) 2023.03.05

  18. 白銀勇太. 社会ウイルス学が解き明かす麻疹ウイルス神経病原性獲得メカニズム. 東京大学医科学研究所 学友会セミナー 2023.02.03

  19. 白銀勇太. RNAウイルスの病原性・進化・集団内相互作用(杉浦奨励賞受賞講演). 第69回 日本ウイルス学会学術集会 2022.11.14

  20. 竹本 竜一, 平居 優一, 鈴木 干城, 橋口 隆生, 柳 雄介, 白銀 勇太. 麻疹ウイルスヘマグルチニンのアラニン置換により明らかとなった、CADM1/2依存性膜融合誘導に必要なヘマグルチニンストーク領域. 第69回 日本ウイルス学会学術集会 2022.11.14

  21. 原田 英鷹, 竹本 竜一, 平居 優一, 鈴木 干城, 橋口 隆生, 雄, 白銀 勇太. 亜急性硬化性全脳炎分離麻疹ウイルスの融合蛋白質と野生型融合蛋白質との間に生じる協調および干渉現象. 第69回 日本ウイルス学会学術集会 2022.11.14

  22. 平居 優一, 竹本 竜一, 鈴木 干城, 橋口 隆生, 柳 雄介, 白銀 勇太. いくつかの麻疹ウイルスSSPE分離株がコードするFタンパクはSLAM、Nectin-4、CADM1/2に依存しない膜融合を引き起こす. 第69回 日本ウイルス学会学術集会 2022.11.14

  23. 白銀 勇太. はしかと合併症. ワンヘルス:人獣共通感染症とデジタルヘルス(JSTさくらサイエンスオンラインプログラム) 2022.02.17

  24. 竹本 竜一, 鈴木 干城, 橋口 隆生, 雄, 白銀 勇太. Cell adhesion molecule(CADM)1およびCADM2の特定のアイソフォームのみが神経病原性を有する麻疹ウイルスによる膜融合を誘導する. 九州微生物研究フォーラム 2021.09.10

  25. 白銀 勇太, 竹本 竜一, 鈴木 干城, 亀田 朋典, 中島 欽一, 橋口 隆生, 柳 雄介. Cell adhesion molecule(CADM)1およびCADM2は亜急性硬化性全脳炎における麻疹ウイルス増殖を可能にする宿主因子である. 九州微生物研究フォーラム 2021.09.10

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 若手研究者優秀演題賞,日本ウイルス学会,2023年09月

  • 杉浦奨励賞,日本ウイルス学会,2022年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 産業医資格(産業医科大学産業医学基礎研修 修了),2021年08月

  • 医師免許証 取得,2013年03月

  • 博士(医学) 取得,2011年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 感染・基礎,2024年 - 現在

  • 基礎医学実習,2024年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学,九州大学医学部医学科・生命科学科

  • 微生物・薬物と生体反応1,九州大学大学院医学研究院

  • 生体応答制御学,九州大学大学院医学研究院

  • 生命医科学入門,九州大学医学部生命科学科

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Associate Editor, Microbiology and Immunology,2024年01月01日 - 現在

  • 座長(第70回日本ウイルス学会学術集会・パラミクソウイルス1),2023年09月27日

  • Late episode of measles: cause of deadly encephalitis discovered,Time News,2023年04月03日

  • Kyushu University, Nagasaki University and Kyoto University clarify the mechanism by which the measles virus causes inflammation in the brain,Japan Science and Technology Agency,Science Japan,2023年03月

  • TWiV 981: Tastes like chikungunya,This Week in Virology,1:38:31 Kathy – Measles virus ‘cooperates’ with itself to cause fatal encephalitis. Primary research article: Shirogane et al.,2023年02月

  • Measles Virus ‘Cooperates’ With Itself to Cause Fatal Encephalitis,Neuroscience News,2023年01月28日

  • Measles virus 'cooperates' with itself to cause fatal encephalitis,Medical Xpress,2023年01月27日

  • Invited editor, mBio,2022年12月 - 2023年01月

  • 座長(第69回日本ウイルス学会学術集会・パラミクソウイルス①),2022年11月14日

▼全件表示