基本情報

写真a

松田 憲之(マツダ ノリユキ)

MATSUDA Noriyuki


職名

教授

研究分野・キーワード

タンパク質分解、オルガネラ分解、ユビキチン、オートファジー、ミトコンドリア、遺伝性パーキンソン病

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物科学  1995年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物科学  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年01月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 機能分子病態学分野 教授
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態制御科学研究部門 機能分子病態学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2021年12月
    公益財団法人 東京都医学総合研究所 ユビキチンプロジェクト プロジェクトリーダー
  • 2022年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 機能分子病態学分野 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本細胞生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 機能生物化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 多様なマイトファジーの分子機構と生理的意義の解明,2019年06月 - 2024年03月

  • アルデヒド複合体の解毒から新たなパーキンソン病の発症機構に迫る,2018年04月 - 2021年03月

  • 翻訳後修飾因子の翻訳後修飾:リン酸化ユビキチンの細胞内機能の解析,2015年04月 - 2017年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多様なマイトファジーの分子機構と生理的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Akabane S, Watanabe K, Kosako H, Yamashita SI, Nishino K, Kato M, Sekine S, Kanki T, Matsuda N, Endo T, Oka T. TIM23 facilitates PINK1 activation by safeguarding against OMA1-mediated degradation in damaged mitochondria. Cell reports. 2023.05; 42 (5): 112454. ( PubMed, DOI )

  2. Hayashida R, Kikuchi R, Imai K, Kojima W, Yamada T, Iijima M, Sesaki H, Tanaka K, Matsuda N, Yamano K. Elucidation of ubiquitin-conjugating enzymes that interact with RBR-type ubiquitin ligases using a liquid-liquid phase separation-based method. The Journal of biological chemistry. 2023.02; 299 (2): 102822. ( PubMed, DOI )

  3. Bruno Barros Queliconi, Waka Kojima, Mayumi Kimura, Kenichiro Imai, Chisato Udagawa, Chie Motono, Takatsugu Hirokawa, Shinya Tashiro, Jose M M Caaveiro, Kouhei Tsumoto, Koji Yamano, Keiji Tanaka, Noriyuki Matsuda. Unfolding is the driving force for mitochondrial import and degradation of the Parkinson's disease-related protein DJ-1. J Cell Sci. 2021.11; 134 (22): jcs258653. ( PubMed, DOI )

  4. Waka Kojima, Koji Yamano, Hidetaka Kosako, Kenichiro Imai, Reika Kikuchi, Keiji Tanaka, Noriyuki Matsuda. Mammalian BCAS3 and C16orf70 associate with the phagophore assembly site in response to selective and non-selective autophagy. Autophagy. 2021.08; 17 (8): 2011-2036. ( PubMed, DOI )

  5. Taiki Baba, Susumu Tanimura, Ayane Yamaguchi, Koichiro Horikawa, Masashi Yokozeki, Saki Hachiya, Shun-Ichiro Iemura, Tohru Natsume, Noriyuki Matsuda, Kohsuke Takeda. Cleaved PGAM5 dephosphorylates nuclear serine/arginine-rich proteins during mitophagy. Biochim Biophys Acta Mol Cell Res. 2021.07; 1868 (7): 119045. ( PubMed, DOI )

  6. Yukiko Yoshida, Makoto Asahina, Arisa Murakami, Junko Kawawaki, Meari Yoshida, Reiko Fujinawa, Kazuhiro Iwai, Ryuichi Tozawa, Noriyuki Matsuda, Keiji Tanaka, Tadashi Suzuki. Loss of peptide N-glycanase causes proteasome dysfunction mediated by a sugar-recognizing ubiquitin ligase. Proc Natl Acad Sci U S A. 2021.07; 118 (27): e2102902118. ( PubMed, DOI )

  7. Mashun Onishi, Koji Yamano, Miyuki Sato, Noriyuki Matsuda, Koji Okamoto. Molecular mechanisms and physiological functions of mitophagy. EMBO J. 2021.02; 40 (3): e104705. ( PubMed, DOI )

  8. Matsuda N, Yamano K. Two sides of a coin: Physiological significance and molecular mechanisms for damage-induced mitochondrial localization of PINK1 and Parkin. Neuroscience research. 2020.10; 159 16-24. ( PubMed, DOI )

  9. Matsuda Noriyuki, Yamano Koji. コインの裏表 損傷誘発性のPINK1とParkinのミトコンドリア局在性に関する生理的意義と分子機序(Two sides of a coin: Physiological significance and molecular mechanisms for damage-induced mitochondrial localization of PINK1 and Parkin) Neuroscience Research. 2020.10; 159 16-24. ( 医中誌 )

  10. Yamano K, Kikuchi R, Kojima W, Hayashida R, Koyano F, Kawawaki J, Shoda T, Demizu Y, Naito M, Tanaka K, Matsuda N. Critical role of mitochondrial ubiquitination and the OPTN-ATG9A axis in mitophagy. The Journal of cell biology. 2020.09; 219 (9): ( PubMed, DOI )

  11. Koyano F, Yamano K, Kosako H, Kimura Y, Kimura M, Fujiki Y, Tanaka K, Matsuda N. Parkin-mediated ubiquitylation redistributes MITOL/March5 from mitochondria to peroxisomes. EMBO reports. 2019.12; 20 (12): e47728. ( PubMed, DOI )

  12. Koyano F, Yamano K, Kosako H, Tanaka K, Matsuda N. Parkin recruitment to impaired mitochondria for nonselective ubiquitylation is facilitated by MITOL. The Journal of biological chemistry. 2019.06; 294 (26): 10300-10314. ( PubMed, DOI )

  13. Yamaguchi A, Ishikawa H, Furuoka M, Yokozeki M, Matsuda N, Tanimura S, Takeda K. Cleaved PGAM5 is released from mitochondria depending on proteasome-mediated rupture of the outer mitochondrial membrane during mitophagy. Journal of biochemistry. 2019.01; 165 (1): 19-25. ( PubMed, DOI )

  14. Yamaguchi Ayane, Ishikawa Hayate, Furuoka Mana, Yokozeki Masashi, Matsuda Noriyuki, Tanimura Susumu, Takeda Kohsuke. 切断型PGAM5はマイトファジー中のミトコンドリア外膜のプロテオソーム介在性断裂に応じてミトコンドリアから放出される(Cleaved PGAM5 is released from mitochondria depending on proteasome-mediated rupture of the outer mitochondrial membrane during mitophagy) The Journal of Biochemistry. 2019.01; 165 (1): 19-25. ( 医中誌 )

  15. Tashiro S, Caaveiro JMM, Nakakido M, Tanabe A, Nagatoishi S, Tamura Y, Matsuda N, Liu D, Hoang QQ, Tsumoto K. Discovery and Optimization of Inhibitors of the Parkinson's Disease Associated Protein DJ-1. ACS chemical biology. 2018.09; 13 (9): 2783-2793. ( PubMed, DOI )

  16. Okatsu K, Sato Y, Yamano K, Matsuda N, Negishi L, Takahashi A, Yamagata A, Goto-Ito S, Mishima M, Ito Y, Oka T, Tanaka K, Fukai S. Structural insights into ubiquitin phosphorylation by PINK1. Scientific reports. 2018.07; 8 (1): 10382. ( PubMed, DOI )

  17. Yamano K, Wang C, Sarraf SA, Münch C, Kikuchi R, Noda NN, Hizukuri Y, Kanemaki MT, Harper W, Tanaka K, Matsuda N, Youle RJ. Endosomal Rab cycles regulate Parkin-mediated mitophagy. eLife. 2018.01; 7 ( PubMed, DOI )

  18. Sato Y, Okatsu K, Saeki Y, Yamano K, Matsuda N, Kaiho A, Yamagata A, Goto-Ito S, Ishikawa M, Hashimoto Y, Tanaka K, Fukai S. Structural basis for specific cleavage of Lys6-linked polyubiquitin chains by USP30. Nature structural & molecular biology. 2017.11; 24 (11): 911-919. ( PubMed, DOI )

  19. Matsuda N, Kimura M, Queliconi BB, Kojima W, Mishima M, Takagi K, Koyano F, Yamano K, Mizushima T, Ito Y, Tanaka K. Parkinson's disease-related DJ-1 functions in thiol quality control against aldehyde attack in vitro. Scientific reports. 2017.10; 7 (1): 12816. ( PubMed, DOI )

  20. Yoshida Y, Yasuda S, Fujita T, Hamasaki M, Murakami A, Kawawaki J, Iwai K, Saeki Y, Yoshimori T, Matsuda N, Tanaka K. Ubiquitination of exposed glycoproteins by SCF(FBXO27) directs damaged lysosomes for autophagy. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2017.08; 114 (32): 8574-8579. ( PubMed, DOI )

  21. Unexpected mitochondrial matrix localization of Parkinson's disease-related DJ-1 mutants but not wild-type DJ-1 (vol 21, pg 772, 2016) 2017.01; 22 (1): 124. ( DOI )

  22. 松田 憲之. 【ミトコンドリア 疾患治療の新時代 オルガネラ動態を紐解き異常ミトコンドリアの標的分子を狙う!】(第1章)基礎研究の進展 Parkinから考察するマイトファジー測定系の現状と問題点 実験医学. 2023.03; 41 (5): 682-687. ( 医中誌 )

  23. 松田 憲之. 【どうして自分だけ狙われる?選択的オートファジー 既成概念を覆す分子機構と生理作用】マイトファジーにおける選択性の起源 実験医学. 2021.08; 39 (13): 2052-2059. ( 医中誌 )

  24. 松田 憲之. 【マルチモードオートファジー-広がり続ける自食作用の世界-】PINK1/Parkin依存性マイトファジーにおけるParkin活性化の分子機構 生化学. 2019.10; 91 (5): 626-633. ( 医中誌 )

  25. 松田 憲之. 【臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患 すべての医学者・生命科学者に捧ぐ】(第1章)細胞における動的恒常性とその破綻 細胞の恒常性維持を担う動的なユビキチン修飾 実験医学. 2019.05; 37 (7): 1038-1050. ( 医中誌 )

  26. 松田 憲之, 山野 晃史. 【蛋白質代謝医学-構造・機能の研究から臨床応用まで】蛋白質の品質管理とその制御 マイトファジー PINK1とParkinによるミトコンドリア蛋白質の品質管理 医学のあゆみ. 2018.12; 267 (13): 1056-1062. ( 医中誌 )

  27. 松田 憲之. 【タンパク質・核酸の分子修飾】細胞質/オルガネラでの分子修飾 タンパク質機能・品質管理 ユビキチンリン酸化 生体の科学. 2018.10; 69 (5): 456-457. ( 医中誌 )

  28. 松田 憲之. 【パーキンソン病(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】病因 その他の因子 タンパク質・オルガネラ・アルデヒド分解系 日本臨床. 2018.05; 76 (増刊4 パーキンソン病): 156-161. ( 医中誌 )

  29. 小島 和華, 山野 晃史, 木村 まゆみ, Bruno Queliconi, 田中 啓二, 松田 憲之. DJ-1の局在解析から見出す非典型的ミトコンドリア局在化シグナル 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [1P-0324]. ( 医中誌 )

  30. 佐藤 裕介, 尾勝 圭, 佐伯 泰, 山野 晃史, 松田 憲之, 海保 愛, 山形 敦史, 伊藤 桜子, 石川 稔, 橋本 祐一, 田中 啓二, 深井 周也. ユビキチン・コード:細胞内の最も難解な暗号を読む USP30によるLys6結合型ユビキチン鎖特異的切断機構の構造的基盤 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [4AW13-6]. ( 医中誌 )

  31. 平石 萌, 小谷野 史香, 久永 眞市, 中田 和人, 田中 啓二, 松田 憲之. Parkin機能喪失に由来するパーキンソン病モデルマウスの作製と解析 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [2P-1068]. ( 医中誌 )

  32. 小谷野 史香, 松田 憲之. 【パーキンソン病の新展開-発症の分子機構と新規治療】分子機構解明の新しい展開 リン酸化ユビキチンを基軸としたPINK1とParkinによる不良ミトコンドリアの排除機構 医学のあゆみ. 2017.08; 262 (6): 603-608. ( 医中誌 )

  33. 高橋 良輔, 松田 憲之, 服部 信孝, Halliday Glenda, 長谷川 成人. α-シヌクレイノパチーとマイトファジー研究の現在と今後の展望 Frontiers in Parkinson Disease. 2017.02; 10 (1): 7-16. ( 医中誌 )

  34. 松田 憲之, 服部 信孝, Halliday Glenda, Obeso Jose A, 髙橋 良輔, 長谷川 成人. 座談会 α-シヌクレイノパチーとマイトファジー研究の現在と今後の展望 Frontiers in Parkinson disease. 2017.02; 10 (1): 7-16.

  35. 吉田雪子, 安田さや香, 藤田敏治, 濱崎万穂, 村上有沙, 川脇純子, 岩井一宏, 佐伯泰, 吉森保, 松田憲之, 田中啓二. SCF<sup>FBXO27</sup>による損傷リソソームから細胞質へ露出した糖蛋白質のユビキチン化はリソファジーの引き金となる 日本生化学会大会(Web). 2017; 90th ROMBUNNO.4LT01‐08(3P‐0149) (WEB ONLY)-0149)]. ( 医中誌 )

  36. Critical role of mitochondrial ubiquitination and the OPTN ATG9A axis in mitophagy 2020.09; 219 (9): ( PubMed, DOI )

  37. 小谷野史香, 山野晃史, 小迫英尊, 田中啓二, 松田憲之. Parkinは損傷ミトコンドリアの選択的除去を仲介しMITOL/March5をペルオキシソームに移行させる 日本生化学会大会(Web). 2019; 92nd

  38. 尾勝圭, 松田憲之, 深井周也. ミトコンドリア外膜への自由な局在化によるPINK1の活性化 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2019; 42nd

  39. 小谷野史香, 松田憲之. パーキンソン病の新展開-発症の分子機構と新規治療 分子機構解明の新しい展開 リン酸化ユビキチンを基軸としたPINK1とParkinによる不良ミトコンドリアの排除機構 医学のあゆみ. 2017; 262 (6):

  40. 小谷野史香, 田中啓二, 松田憲之. ミトコンドリア品質管理におけるParkinの基質特異性について 日本生化学会大会(Web). 2017; 90th

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Noriyuki Matsuda. Novel autophagy-relevant hereditary disease HEMARS (BCAS3-associated disease) and pexophagy suppression by FAF2-p97/VCP complex. The 10th international symposium on autophagy 2022.10.25 Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo, Hokkaido

  2. Noriyuki Matsuda. Mitophagy dysfunction relevant to the hereditary Parkinson’s disease and muerodevelopmental disorder HEMARS. NEURO2022 2022.06.30 Okinawa Convention Center

  3. Noriyuki Matsuda. New role for PINK1/Parkin-mediated ubiquitylation. Singapore Mitochondrial Symposium 2019 2019.11.12 Auditorium, Centre for Life Sciences (CeLS), NUS, Singapore

  4. 小谷野 史香, 山野 晃史, 小迫 英尊, 田中 啓二, 松田 憲之. ミトコンドリア動態とその破綻から読み解く生物の普遍性と多様性 Parkinは損傷ミトコンドリアの選択的除去を仲介しMITOL/March5をペルオキシソームに移行させる. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2019.09.01

  5. 松田憲之. 遺伝性パーキンソン病の原因因子と細胞内分解. ERATO 水島細胞内分解ダイナミクスプロジェクト シンポジウム 2023.07.31 東京大学 伊藤国際ホール

  6. 松田憲之. パーキンソン病発症に関与するミトコンドリア品質管理と細胞死. 第31回 日本 Cell Death 学会学術集会 2023.07.15 順天堂大学小川秀興講堂

  7. 松田憲之. PINK1-PARKIN介在性マイトファジー. 第9回 がんと代謝研究会 2023.06.01 愛媛県県民文化会館

  8. 小島 和華, 松田 憲之, 山野 晃史. 最新ミトコンドリア学のアンソロジー ミトコンドリアを軸にしたオートファジー制御因子の機能解析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2022.11.01

  9. 松田憲之. 遺伝性パーキンソン病関連タンパク質DJ-1がミトコンドリアに移行する仕組み. 第20回日本ミトコンドリア学会年会 2021.12.09 学習院大学

  10. 松田憲之. 遺伝性パーキンソン病関連タンパク質DJ-1のアンフォールディングがミトコンドリアへの取り込みとミトコンドリア内分解を引き起こす. 第44回 日本分子生物学会 年会 2021.12.02 パシフィコ横浜

  11. 松田憲之. 損傷ミトコンドリア近傍で Parkin が de novo に隔離膜を形成する分子メカニズム. 第43回神経組織培養研究会 2021.11.06 大阪大学吹田キャンパス生命システム棟セミナー室

  12. 木下 大生, 吉田 雪子, 松田 憲之, 田中 啓二. プロテアソーム転写誘導因子NRF1の分解機構の解析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  13. 松田憲之. 質量分析・プロテオーム研究から解明した“パーキンソン病を抑制するミトコンドリア品質管理メカニズム”. 徳島大学 先端酵素学研究所セミナー 2021.02.05 コロナのために Zoom Online 開催

  14. 松田憲之. 翻訳後修飾によるオルガネラ・ホメオスタシスの分子機構と生理作用の解明. 第43回日本分子生物学会年会 2020.12.02 コロナのために Zoom Online 開催

  15. 松田憲之. Parkinによって損傷ミトコンドリアに付加されるユビキチンの機能解明. 群馬大学 生体調節研究所 セミナー 2020.11.13 群馬大学 生体調節研究所

  16. 松田憲之. 膜電位低下で駆動されるマイトファジーの分子メカニズム. 基生研セミナー 2020.02.17 基礎生物学研究所, 岡崎

  17. 松田 憲之. パーキンソン病の分子病態: 責任遺伝子からの新知見 PINK1、Parkin、DJ-1はミトコンドリア品質管理やアルデヒド解毒を介してパーキンソン病を防止する. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2019.09.01

  18. 小島 和華, 山野 晃史, 木村 まゆみ, Bruno Queliconi, 田中 啓二, 松田 憲之. DJ-1の局在解析から見出す非典型的ミトコンドリア局在化シグナル. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  19. 松田 憲之. 細胞機能を調和させるオルガネラシグナリング 損傷ミトコンドリアシグナリングとパーキンソン病. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  20. 山野 晃史, 松田 憲之. ユビキチン・コード:細胞内の最も難解な暗号を読む ユビキチンコードによる損傷ミトコンドリアの標識. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  21. 佐藤 裕介, 尾勝 圭, 佐伯 泰, 山野 晃史, 松田 憲之, 海保 愛, 山形 敦史, 伊藤 桜子, 石川 稔, 橋本 祐一, 田中 啓二, 深井 周也. ユビキチン・コード:細胞内の最も難解な暗号を読む USP30によるLys6結合型ユビキチン鎖特異的切断機構の構造的基盤. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  22. 小谷野 史香, 田中 啓二, 松田 憲之. ミトコンドリア品質管理におけるParkinの基質特異性について. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  23. 吉田 雪子, 安田 さや香, 藤田 敏治, 濱崎 万穂, 村上 有沙, 川脇 純子, 岩井 一宏, 佐伯 泰, 吉森 保, 松田 憲之, 田中 啓二. SCFFBXO27による損傷リソソームから細胞質へ露出した糖蛋白質のユビキチン化はリソファジーの引き金となる. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  24. 平石 萌, 小谷野 史香, 久永 眞市, 中田 和人, 田中 啓二, 松田 憲之. Parkin機能喪失に由来するパーキンソン病モデルマウスの作製と解析. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第36回 塚原仲晃記念賞,公益財団法人 ブレインサイエンス振興財団,2022年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「損傷ミトコンドリアがオートファジーで選択的に分解される作用機序を解明」 ―ALSの原因タンパク質がオートファジーの初期膜形成に必須―,2024年02月

    EMBO Journal