基本情報

写真a

堀 武志(ホリ タケシ)

HORI Takeshi


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    2022年08月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオメカニクス 助教
  • 2022年09月
    -
    2023年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオメカニクス 助教
  • 2023年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療工学研究部門 診断治療システム医工学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年04月
    アメリカ国立衛生研究所(NIH)/アメリカ国立環境健康科学研究所(NIEHS) 生殖発生毒性研究室 薬理遺伝学部門 Visiting Fellow
  • 2017年05月
    -
    2020年02月
    国立研究開発法人理化学研究所 科技ハブ産連本部 健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム 融合研究推進グループ 健康制御チーム 研究員
  • 2020年03月
    -
    2021年09月
    東北大学 大学院工学研究科 ファインメカニクス専攻 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2022年08月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオメカニクス分野 プロジェクト助教
  • 2022年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオメカニクス分野 助教
  • 2022年09月
    -
    2023年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオメカニクス分野 助教
  • 2023年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療工学研究部門 診断治療システム医工学分野 助教
  • 2023年04月
    -
    現在
    慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科 訪問助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬物動態学会

  • 日本動物実験代替法学会

  • 化学とマイクロ・ナノシステム学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年08月
    -
    現在
    公益財団法人新産業創造研究機構(NIRO)/ 水田製作所 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業) 研究開発推進会議 委員(アドバイザー)
  • 2023年04月
    -
    現在
    日本動物実験代替法学会 代議員
  • 2023年11月
     
     
    Cheminas48若手企画 実行委員
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歯周病がヒト胎盤での物質輸送に及ぼす影響の解析,2023年07月 - 2025年03月

  • 持続可能な食料生産の未来を拓く高開口率細胞足場シートを用いた 培養肉構築技術の開発,2023年07月 - 2024年07月

  • 口腔内ディスバイオーシスと全身疾患の統合的理解に向けたin vitro評価システムの創出,2023年04月 - 2026年03月

  • バイオマスメッシュシートの開発,2023年04月 - 2024年03月

  • 食資源のサステナビリティを拓く高開口率足場シートを用いた3次元組織構築技術の開発,2023年04月 - 2024年03月

  • フェノバルビタール誘導性肝発癌の分子メカニズムの解明,2023年04月 - 2024年03月

  • 歯周病関連細菌が早産・低体重児出産に与える影響に対するヒト胎盤オルガノイドを用いた解析,2022年10月 - 2025年03月

  • 次世代社会の健康確保のための胎盤細胞培養デバイスの開発,2022年10月 - 2024年03月

  • 灌流可能な人工血管網を有する多検体評価システムの構築,2022年10月 - 2024年03月

  • 灌流可能な人工血管網を有する多検体評価システムの構築,2022年10月 - 2024年03月

  • ヒト胎盤構造を有するオルガノイドの作製と胎盤バリア能評価系の構築,2022年06月 - 2024年03月

  • ヒト胎盤構造を有するオルガノイドの作製と胎盤バリア能評価系の構築,2022年06月 - 2024年03月

  • 灌流可能な三次元血管網を有する多検体評価システムの開発,2022年05月 - 2023年03月

  • ヒト小腸モデルの開発,2022年04月 - 2024年03月

  • 胎盤幹細胞の創薬研究への応用,2022年04月 - 2024年03月

  • マイクロメッシュ培養デバイスの研究開発,2022年04月 - 2024年03月

  • ヒト小腸モデルの開発,2022年04月 - 2024年03月

  • 胎盤幹細胞の創薬研究への応用,2022年04月 - 2024年03月

  • マイクロメッシュ培養デバイスの研究開発,2022年04月 - 2024年03月

  • ヒト小腸モデルの開発,2022年04月 - 2023年03月

  • マイクロメッシュ培養デバイスの研究開発,2022年04月 - 2023年03月

  • 新しい細胞培養用スキャフォールドの開発,2022年04月 - 2023年03月

  • 胎盤幹細胞の創薬研究への応用,2022年04月 - 2023年03月

  • マイクロメッシュシートを用いた疑似生体組織の開発,2021年11月 - 2022年03月

  • 上皮細胞灌流培養デバイスの開発,2021年11月 - 2022年03月

  • 細胞培養における「場」の制御と応用,2021年11月 - 2022年03月

  • 妊娠高血圧症候群の発症機序の解明に向けたヒト栄養膜細胞の血管浸潤モデルの開発,2021年04月 - 2024年03月

  • 妊娠高血圧症候群の発症機序の解明に向けたヒト栄養膜細胞の血管浸潤モデルの開発,2021年04月 - 2024年03月

  • 化学物質のヒト胎児への健康影響を予測する動物実験代替法の開発,2021年04月 - 2022年03月

  • 動物実験代替法としてのOrgans-on-a-chipの開発,2018年

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヒト胎盤構造を有するオルガノイドの作製と胎盤バリア能評価系の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2023年

  • 妊娠高血圧症候群の発症機序の解明に向けたヒト栄養膜細胞の血管浸潤モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 口腔内ディスバイオーシスと全身疾患の統合的理解に向けたin vitro評価システムの創出

    文部科学省/日本学術振興会

  • 口腔内ディスバイオーシスと全身疾患の統合的理解に向けたin vitro評価システムの創出

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yamashita Kazuya, Ostrovidov Serge, Raut Bibek, Hori Takeshi, Nashimoto Yuji, Nagai Nobuhiro, Abe Toshiaki, Kaji Hirokazu. Minimally Invasive Sub-Retinal Transplantation of RPE-J Cells on a Biodegradable Composite PCL/Collagen Nanosheet CELL TRANSPLANTATION. 2023; 32 9636897231165117. ( PubMed, DOI )

  2. Carvalho V, Gonçalves I, Lage T, Rodrigues RO, Minas G, Teixeira SFCF, Moita AS, Hori T, Kaji H, Lima RA. 3D Printing Techniques and Their Applications to Organ-on-a-Chip Platforms: A Systematic Review. Sensors (Basel, Switzerland). 2021.05; 21 (9): 3304. ( PubMed, DOI )

  3. Raut B, Chen LJ, Hori T, Kaji H. An Open-Source Add-On EVOM<sup>®</sup> Device for Real-Time Transepithelial/Endothelial Electrical Resistance Measurements in Multiple Transwell Samples. Micromachines. 2021.03; 12 (3): 1-13. ( PubMed, DOI )

  4. Hori T, Kurosawa O, Ishihara K, Mizuta T, Iwata H. Three-Dimensional Cell Sheet Construction Method with a Polyester Micromesh Sheet. Tissue engineering. Part C, Methods. 2020.03; 26 (3): 170-179. ( PubMed, DOI )

  5. Hori T, Yamane K, Anazawa T, Kurosawa O, Iwata H. Compact fluidic system for functional assessment of pancreatic islets. Biomedical microdevices. 2019.11; 21 (4): 91. ( PubMed, DOI )

  6. Hori T, Kurosawa O. A Three-dimensional Cell Culture Method with a Micromesh Sheet and Its Application to Hepatic Cells. Tissue engineering. Part C, Methods. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  7. Hori T, Saito K, Moore R, Flake GP, Negishi M. Nuclear Receptor CAR Suppresses GADD45B-p38 MAPK Signaling to Promote Phenobarbital-induced Proliferation in Mouse Liver. Molecular cancer research : MCR. 2018.08; 16 (8): 1309-1318. ( PubMed, DOI )

  8. 梨本 裕司, 堀 武志, 梶 弘和, 伊野 浩介, 珠玖 仁. ミニ組織モデルに対する経血管刺激の電気化学的定量評価 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2023.04; 2022年度 109. ( 医中誌 )

  9. Kobayashi Norio, Okae Hiroaki, Hiura Hitoshi, Kubota Naoto, Kobayashi Eri H., Shibata Shun, Oike Akira, Hori Takeshi, Kikutake Chie, Hamada Hirotaka, Kaji Hirokazu, Suyama Mikita, Bortolin-Cavaille Marie-Line, Cavaille Jerome, Arima Takahiro. The microRNA cluster C19MC confers differentiation potential into trophoblast lineages upon human pluripotent stem cells NATURE COMMUNICATIONS. 2022.06; 13 (1): 3071. ( PubMed, DOI )

  10. Goncalves Ines M., Carvalho Violeta, Rodrigues Raquel O., Pinho Diana, Teixeira Senhorinha F. C. F., Moita Ana, Hori Takeshi, Kaji Hirokazu, Lima Rui, Minas Graca. Organ-on-a-Chip Platforms for Drug Screening and Delivery in Tumor Cells: A Systematic Review CANCERS. 2022.02; 14 (4): ( PubMed, DOI )

  11. 水田太郎, 石原甲平, 梶弘和, 堀武志. マイクロメッシュシートを用いた疑似生体組織の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2022; 2021 133. ( 医中誌 )

  12. 堀 武志. 環境・衛生 ヒトの胎盤研究を加速させる、ヒト栄養膜幹細胞へのリプログラミング ファルマシア. 2021.03; 57 (3): 232. ( 医中誌 )

  13. 堀 武志. ヒトの胎盤研究を加速させる,ヒト栄養膜幹細胞へのリプログラミング ファルマシア. 2021.03; 57 (3): 232. ( 医中誌 )

  14. 天野倉大成, 堀武志, 小林記緒, 岡江寛明, 有馬隆博, 梶弘和. マイクロ流路デバイスを用いたヒト胎盤モデルの開発 日本バイオマテリアル学会大会予稿集(Web). 2021; 43rd JP1-10. ( 医中誌 )

  15. 堀 武志, 梶 弘和. “Organ‐on‐a‐chip”の外科・代謝栄養学への応用の可能性 外科と代謝・栄養. 2023.08; 57 (4): 85-87.

  16. Ostrovidov Serge, Ramalingam Murugan, Bae Hojae, Orive Gorka, Fujie Toshinori, Hori Takeshi, Nashimoto Yuji, Shi Xuetao, Kaji Hirokazu. Molecularly Imprinted Polymer-Based Sensors for the Detection of Skeletal- and Cardiac-Muscle-Related Analytes SENSORS. 2023.06; 23 (12): 5625. ( PubMed, DOI )

  17. Hori Takeshi, Ito Yuya, Raut Bibek, Ostrovidov Serge, Nashimoto Yuji, Nagai Nobuhiro, Abe Toshiaki, Kaji Hirokazu. Three-dimensional-printed Refillable Drug Delivery Device for Long-term Sustained Drug Delivery to Retina SENSORS AND MATERIALS. 2023.04; 35 (4): 1301. ( DOI )

  18. Nashimoto Yuji, Hori Takeshi, Ostrovidov Serge, Katagiri Sayaka, Kaji Hirokazu. Engineering Oral Microenvironments Using Microphysiological Systems SENSORS AND MATERIALS. 2023.04; 35 (4): 1293. ( DOI )

  19. Recent trends of biomaterials and biosensors for organ-on-chip platforms 2022.06; 26 e00202. ( DOI )

  20. 水田太郎, 石原甲平, 梶弘和, 堀武志. マイクロメッシュシートを用いた疑似生体組織の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告会. 2022; 2021 (CD-ROM)

  21. 山田輝拓, 堀武志, 永井展裕, 阿部俊明, 梶弘和. 細胞培養カプセルを用いたサイトカインデリバリーシステムの開発 化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集. 2021; 43rd (CD-ROM)

  22. 高木淳也, 堀武志, 岡江寛明, 有馬隆博, 梶弘和. 微細加工技術を用いたヒト胎盤オルガノイドの作製 化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集. 2021; 43rd (CD-ROM)

  23. 天野倉大成, 堀武志, 小林記緒, 岡江寛明, 有馬隆博, 梶弘和. ヒト胎盤の機能評価に向けたマイクロ流路デバイスの開発 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2021; 82nd

  24. 天野倉大成, 堀武志, 小林記緒, 岡江寛明, 有馬隆博, 梶弘和. ヒト胎盤モデル構築に向けたマイクロ流路デバイスの開発 化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集. 2020; 42nd (Web)

  25. 堀武志, 山根佳, 穴澤貴行, 黒澤修, 岩田博夫. 膵島のex vivo機能評価のための流体システムの開発 化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集. 2019; 40th

  26. 堀武志, 黒澤修, 岩田博夫. マイクロメッシュ培養による細胞機能と構造の制御 HAB研究機構学術年会プログラム・要旨集. 2018; 25th

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hori Takeshi. Development of alternatives to animal testing for predicting the health effects of chemicals on the human fetus(タイトル和訳中). AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation 2022.12.01

  2. Hori Takeshi. 化学物質のヒト胎児への健康影響を予測する動物実験代替法の開発(Development of alternatives to animal testing for predicting the health effects of chemicals on the human fetus). AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation 2022.12.01

  3. Takeshi Hori. Microphysiological systems and 3D cell cultures for accelerating human placenta research. 第7回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウム(ISBE2022) 2022.11.25

  4. Takeshi Hori, Sayaka Katagiri, Hiroaki Okae, Takahiro Arima, Yuji Nashimoto, Hirokazu Kaji. Generation of human placental organoids to study the effects of oral dysbiosis on the placental development. The 17th International Workshop on Biomaterials in Interface Science 2022.08.24

  5. Hori Takeshi, Kurosawa Osamu, Tani Nobutaka, Mizuta Taro, Iwata Hiroo. 動物実験代替法および再生医療に向けた新しい3D細胞シート培養法(Novel 3D cell sheet culture method for alternatives to animal testing and regenerative medicine). AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation 2019.12.01

  6. 梨本 裕司, 堀 武志, 梶 弘和, 伊野 浩介, 珠玖 仁. ミニ組織モデルに対する経血管刺激の電気化学的定量評価. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2023.04.01

  7. 水田 太郎, 石原 甲平, 梶 弘和, 堀 武志. マイクロメッシュシートを用いた疑似生体組織の開発. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2022.03.01

  8. 天野倉 大成, 堀 武志, 小林 記緒, 岡江 寛明, 有馬 隆博, 梶 弘和. マイクロ流路デバイスを用いたヒト胎盤モデルの開発. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2021.11.01

  9. 堀 武志. メッシュシートを用いた培養肉の作製. 第8回豊田理研異分野若手交流会 2023.08.07

  10. 堀 武志. ヒト栄養膜幹細胞を用いた三次元培養モデルの作製とその利用. 第 41 回日本受精着床学会総会・学術講演会 2023.07.28

  11. Takeshi Hori, Hiroaki Okae, Shun Shibata, Yuji Nashimoto, Takahiro Arima, Hirokazu Kaji. In vitro models for the human placental barrier. MPS World Summit 2023 2023.06.27 JW Marriott Hotel Berlin, Berlin, Germany

  12. 堀 武志. 人工胎盤モデルの開発. 第21回 IBB BioFuture Research Encouragement Prize研究発表会 2023.01.27

  13. Takeshi Hori. Advanced cell culture technologies for drug development. The 9th Joint Symposium between IBB/TMDU and Chulalongkorn University on “Biomedical Materials and Engineering” 2023.01.23

  14. 堀 武志. 化学物質のヒト胎児への健康影響を予測する動物実験代替法の開発. 日本動物実験代替法学会 第35回大会 2022.11.18

  15. Takeshi Hori, Hiroaki Okae, Norio Kobayashi, Takahiro Arima, Hirokazu Kaji. Trophoblast organoids to study xenobiotic transport. 9th World Congress of Biomechanics 2022.07.11

  16. 堀 武志, 天野倉大成, 岡江寛明, 小林記緒, 有馬隆博, 梶 弘和. 妊娠高血圧症候群の発症メカニズムの解明に向けた胎盤チップの開発. シンポジウム:細胞アッセイ技術の現状と将来 2022.01.25

  17. Takeshi Hori, Hiroaki Okae, Norio Kobayashi, Takahiro Arima, Hirokazu Kaji. Recapitulating the Human Placental Barrier with Trophoblast Stem Cells and a Microfluidic Device. SFB 2022 Annual Meeting 2022.01.09

  18. Hori T, Okae H, Kobayashi N, Arima T, Kaji H. A trophoblast stem cell-based model of the human placental barrier.. MicroTAS 2021 2021.10.12

  19. Amanokura T, Hori T, Kobayashi N, Okae H, Arima T, Kaji H. A microfluidics model of the human placenta.. MicroTAS 2020 2020.10.01

  20. Amanokura T, Hori T, Kobayashi N, Okae H, Arima T, Kaji H. Development of a microfluidic device for modeling human placenta.. PRiME 2020 2020.10.01

  21. 堀 武志, 黒澤 修, 谷 敍孝, 水田太郎, 岩田博夫. 動物実験代替法や再生医療に資する簡便な3次元細胞シート培養法の開発. 日本動物実験代替法学会 第32回大会 2019.11.01

  22. 堀 武志. マイクロメッシュ基盤技術を用いた細胞培養デバイスの開発. 令和元年 内外環境応答・代謝酵素研究会 2019.09.01

  23. Kurosawa O, Hori T, Tani N, Iwata H. The micro mesh culture method realizes the formation and long-term culture of 3D cell sheet capable of enhanced cell function and microscopic observation.. 4th Africa International Biotechnology and Biomedical Conference (AIBBC) 2019.08.01

  24. Hori T, Saito K, Rick Moore, Gordon P. Flake, Negishi M. Nuclear Receptor CAR Suppresses GADD45B-p38 MAPK Signaling to Promote Phenobarbital-induced Proliferation in Mouse Liver.. The 17th Annual Congress of International Drug Discovery Science & Technology-2019 2019.07.01

  25. Hori T, Kurosawa O, Iwata H. An improved 3D culture method: A multilayered cell sheet without cell-basal plate adhesion.. Taiwan-Japan-Korea Trilateral Conference on Nanomedicine 2018.12.01

  26. Kurosawa O, Hori T, Tani N, Iwata H. Micromesh culture technique enabling cell maturation for the use of organ on a chip.. MicroTAS 2018 2018.11.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第21回 IBB BioFuture Research Encouragement Prize(医歯科学研究助成),東京医科歯科大学,2023年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「生体内の胎盤を模倣したヒト胎盤オルガノイドの作製に成功」 ― 胎児に安全な創薬への利用に期待 ―,2024年02月

    Nature Communications

  • Breaking through barriers,2024年02月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • バイオメディカルシステム理工学ⅠⅠ(英語),2022年 - 現在

  • バイオメディカルシステム理工学Ⅰ,2022年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学,東京医科歯科大学 医学部

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 水田製作所、メッシュによる細胞培養デバイスのサンプル提供開始へ,日経バイオ,2023年09月