基本情報

写真a

石野 智子(イシノ トモコ)

ISHINO Tomoko


職名

教授

研究分野・キーワード

寄生虫学、マラリア、感染機構、スポロゾイト、有性生殖

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学部  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学系研究科  修士課程  1998年03月  修了

  • 東京大学  薬学系研究科  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学修士  

  • 薬学博士  

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際環境寄生虫病学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月
    三重大学 医学部 医動物学講座 特任研究員
  • 2005年04月
    -
    2006年06月
    三重大学 医学部 医動物学講座 助教
  • 2006年07月
    -
    2009年02月
    パスツール研究所 特任研究員
  • 2009年03月
    -
    2021年07月
    愛媛大学 医学部 寄生病原体学分野 准教授
  • 2011年08月
    -
    2013年07月
    文部科学省 学術調査官

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本寄生虫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫学(含衛生動物学)

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

  • 薬剤師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • マラリア原虫有性生殖メカニズムの解明

  • マラリア原虫スポロゾイトの感染の分子基盤の解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 三日熱マラリア伝搬阻止効果のある患者血漿を用いた新規ワクチン候補抗原の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2022年

  • スポロゾイトの分泌タンパク質輸送メカニズムにおけるRAMAの作用機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 熱帯熱マラリアのミクロガメート表面抗原を標的とする伝搬阻止ワクチンの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tachibana M, Iriko H, Baba M, Torii M, Ishino T. PSOP1, putative secreted ookinete protein 1, is localized to the micronemes of Plasmodium yoelii and P. berghei ookinetes. Parasitology international. 2021.06; 84 102407. ( PubMed, DOI )

  • 馬場 みなみ, 野崎 守, 橘 真由美, 鳥居 本美, 石野 智子. マラリア原虫スポロゾイトの肝臓感染におけるRON4作用機序の解析 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2020.10; 163回 205. ( 医中誌 )

  • Ishizaki Takahiro, Chaiyawong Nattawat, Hakimi Hassan, Asada Masahito, Tachibana Mayumi, Ishino Tomoko, Yahata Kazuhide, Kaneko Osamu. A novel Plasmodium yoelii pseudokinase, PypPK1, is involved in erythrocyte invasion and exflagellation center formation PARASITOLOGY INTERNATIONAL. 2020.06; 76 102056. ( PubMed, DOI )

  • Iriko Hideyuki, Ishino Tomoko, Tachibana Mayumi, Omoda Ayaka, Torii Motomi, Tsuboi Takafumi. Skeleton binding protein 1 (SBP1) of Plasmodium falciparum accumulates in electron-dense material before passing through the parasitophorous vacuole membrane PARASITOLOGY INTERNATIONAL. 2020.04; 75 102003. ( PubMed, DOI )

  • Ishino Tomoko, Tachibana Mayumi, Baba Minami, Iriko Hideyuki, Tsuboi Takafumi, Torii Motomi. Observation of morphological changes of female osmiophilic bodies prior to Plasmodium gametocyte egress from erythrocytes MOLECULAR AND BIOCHEMICAL PARASITOLOGY. 2020.03; 236 111261. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,日本寄生虫学会,2007年03月