基本情報

写真a

瀬川 勝盛(セガワ カツモリ)

SEGAWA Katsumori


職名

教授

分野紹介URL

https://www.tmd.ac.jp/mri/mche/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  工学部  機能物質科学  2004年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 医化学分野 教授
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 未来生命科学研究部門 医化学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    2017年01月
    大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 助教
  • 2017年02月
    -
    2021年03月
    大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本 Cell Death 学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月
    -
    現在
    マクロファージ分子細胞生物学研究会 運営委員
  • 2021年07月
    -
    現在
    日本生化学会 評議員
  • 2021年07月
    -
    現在
    日本Cell Death 学会 評議員
  • 2023年01月
    -
    現在
    日本脂質生化学会 幹事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生体防御における自己認識の「功」と「罪」,2022年06月 - 2027年03月

  • 自己膜リン脂質の感知機構と内因性免疫,2022年06月 - 2027年03月

  • スクランブラーゼの作用機構とフリッパーゼの基質特異性の解明,2021年04月 - 2024年03月

  • リン脂質の分布を人為的に制御する方法の開発,2019年06月 - 2021年03月

  • 細胞膜におけるリン脂質の膜動態の分子基盤とその生理・病態的意義の解明,2018年04月 - 2021年03月

  • リン脂質の膜動態と細胞死,2017年04月 - 2019年03月

  • P4型ATPaseの基質の同定,2016年04月 - 2018年03月

  • 細胞膜の非対称性の分子機構とその生理・病態的意義の解明,2015年04月 - 2018年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がん組織で機能するリン脂質スクランブラーゼの同定とその生理機能の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2023年 -

  • 自己膜リン脂質の感知機構と内因性免疫

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2026年

  • リン脂質の非対称分布の分子機構と生理機能の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • スクランブラーゼの作用機構とフリッパーゼの基質特異性の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 生体防御における自己認識の「功」と「罪」

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Miyata Y, Segawa K. Protocol to analyze lipid asymmetry in the plasma membrane. STAR protocols. 2022.12; 3 (4): 101870. ( PubMed, DOI )

  2. Ochiai Y, Suzuki C, Segawa K, Uchiyama Y, Nagata S. Inefficient development of syncytiotrophoblasts in the <i>Atp11a</i>-deficient mouse placenta. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2022.05; 119 (18): e2200582119. ( PubMed, DOI )

  3. Katsumori Segawa, Sachiko Kurata, Shigekazu Nagata. Human Type IV P-type ATPases That Work as Plasma Membrane Phospholipid Flippases and Their Regulation by Caspase and Calcium. J Biol Chem. 2016.01; 291 (2): 762-772. ( PubMed, DOI )

  4. Katsumori Segawa, Shigekazu Nagata. An Apoptotic 'Eat Me' Signal: Phosphatidylserine Exposure. Trends Cell Biol. 2015.11; 25 (11): 639-650. ( PubMed, DOI )

  5. Satoshi Toda, Chihiro Nishi, Yuichi Yanagihashi, Katsumori Segawa, Shigekazu Nagata. Clearance of Apoptotic Cells and Pyrenocytes. Curr Top Dev Biol. 2015; 114 267-295. ( PubMed, DOI )

  6. Hiroyuki Takatsu, Gaku Tanaka, Katsumori Segawa, Jun Suzuki, Shigekazu Nagata, Kazuhisa Nakayama, Hye-Won Shin. Phospholipid flippase activities and substrate specificities of human type IV P-type ATPases localized to the plasma membrane. J Biol Chem. 2014.11; 289 (48): 33543-33556. ( PubMed, DOI )

  7. Satoshi Toda, Katsumori Segawa, Shigekazu Nagata. MerTK-mediated engulfment of pyrenocytes by central macrophages in erythroblastic islands. Blood. 2014.06; 123 (25): 3963-3971. ( PubMed, DOI )

  8. Katsumori Segawa, Sachiko Kurata, Yuichi Yanagihashi, Thijn R Brummelkamp, Fumihiko Matsuda, Shigekazu Nagata. Caspase-mediated cleavage of phospholipid flippase for apoptotic phosphatidylserine exposure. Science. 2014.06; 344 (6188): 1164-1168. ( PubMed, DOI )

  9. Chihiro Nishi, Satoshi Toda, Katsumori Segawa, Shigekazu Nagata. Tim4- and MerTK-mediated engulfment of apoptotic cells by mouse resident peritoneal macrophages. Mol Cell Biol. 2014.04; 34 (8): 1512-1520. ( PubMed, DOI )

  10. Katsumori Segawa, Jun Suzuki, Shigekazu Nagata. Flippases and scramblases in the plasma membrane. Cell Cycle. 2014; 13 (19): 2990-2991. ( PubMed, DOI )

  11. Masanori Miyanishi, Katsumori Segawa, Shigekazu Nagata. Synergistic effect of Tim4 and MFG-E8 null mutations on the development of autoimmunity. Int Immunol. 2012.09; 24 (9): 551-559. ( PubMed, DOI )

  12. Katsumori Segawa, Jun Suzuki, Shigekazu Nagata. Constitutive exposure of phosphatidylserine on viable cells. Proc Natl Acad Sci U S A. 2011.11; 108 (48): 19246-19251. ( PubMed, DOI )

  13. Katsumori Segawa, Morihiro Matsuda, Atsunori Fukuhara, Kentaro Morita, Yosuke Okuno, Ryutaro Komuro, Iichiro Shimomura. Identification of a novel distal enhancer in human adiponectin gene. J Endocrinol. 2009.01; 200 (1): 107-116. ( PubMed, DOI )

  14. Maiko Nozaki, Atsunori Fukuhara, Katsumori Segawa, Yosuke Okuno, Manabu Abe, Naomi Hosogai, Morihiro Matsuda, Ryutaro Komuro, Iichiro Shimomura. Nitric oxide dysregulates adipocytokine expression in 3T3-L1 adipocytes. Biochem Biophys Res Commun. 2007.12; 364 (1): 33-39. ( PubMed, DOI )

  15. Masaki Tanaka, Maiko Nozaki, Atsunori Fukuhara, Katsumori Segawa, Naohito Aoki, Morihiro Matsuda, Ryutaro Komuro, Iichiro Shimomura. Visfatin is released from 3T3-L1 adipocytes via a non-classical pathway. Biochem Biophys Res Commun. 2007.07; 359 (2): 194-201. ( PubMed, DOI )

  16. Naomi Hosogai, Atsunori Fukuhara, Kazuya Oshima, Yugo Miyata, Sachiyo Tanaka, Katsumori Segawa, Shigetada Furukawa, Yoshihiro Tochino, Ryutaro Komuro, Morihiro Matsuda, Iichiro Shimomura. Adipose tissue hypoxia in obesity and its impact on adipocytokine dysregulation. Diabetes. 2007.04; 56 (4): 901-911. ( PubMed, DOI )

  17. Katsumori Segawa, Atsunori Fukuhara, Naomi Hosogai, Kentaro Morita, Yosuke Okuno, Masaki Tanaka, Yasuhiko Nakagawa, Shinji Kihara, Tohru Funahashi, Ryutaro Komuro, Morihiro Matsuda, Iichiro Shimomura. Visfatin in adipocytes is upregulated by hypoxia through HIF1alpha-dependent mechanism. Biochem Biophys Res Commun. 2006.10; 349 (3): 875-882. ( PubMed, DOI )

  18. Miyata Yugo, Yamada Kyoko, Nagata Shigekazu, Segawa Katsumori. Two types of type IV P-type ATPases independently re-establish the asymmetrical distribution of phosphatidylserine in plasma membranes JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2022.11; 298 (11): 102527. ( PubMed, DOI )

  19. 瀬川 勝盛, 宮田 佑吾. 【細胞死のすべて-そのメカニズムと,生命現象・疾患との関わり】アポトーシスと非アポトーシス細胞死 カスパーゼによるアポトーシスの実行 医学のあゆみ. 2022.10; 283 (5): 329-334. ( 医中誌 )

  20. 瀬川 勝盛. リン脂質フリッパーゼとヒト遺伝性疾患 臨床免疫・アレルギー科. 2022.08; 78 (2): 238-244. ( 医中誌 )

  21. 瀬川 勝盛. マクロファージ研究の新展開 細胞膜リン脂質の非対称性と脆弱性 Cytometry Research. 2022.05; 32 (Suppl.): 20. ( 医中誌 )

  22. Ryoden Yuta, Segawa Katsumori, Nagata Shigekazu. Requirement of Xk and Vps13a for the P2X7-mediated phospholipid scrambling and cell lysis in mouse T cells PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2022.02; 119 (7): ( PubMed, DOI )

  23. 瀬川 勝盛. 【新規細胞死機構が制御する生体応答】ホスファチジルセリンと死細胞の認識 細胞. 2021.10; 53 (12): 755-758. ( 医中誌 )

  24. Segawa Katsumori, Kikuchi Atsuo, Noji Tomoyasu, Sugiura Yuki, Hiraga Keita, Suzuki Chigure, Haginoya Kazuhiro, Kobayashi Yasuko, Matsunaga Mitsuhiro, Ochiai Yuki, Yamada Kyoko, Nishimura Takuo, Iwasawa Shinya, Shoji Wataru, Sugihara Fuminori, Nishino Kohei, Kosako Hidetaka, Ikawa Masahito, Uchiyama Yasuo, Suematsu Makoto, Ishikita Hiroshi, Kure Shigeo, Nagata Shigekazu. A sublethal ATP11A mutation associated with neurological deterioration causes aberrant phosphatidylcholine flipping in plasma membranes JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION. 2021.09; 131 (18): ( PubMed, DOI )

  25. Nagata Shigekazu, Segawa Katsumori. Sensing and clearance of apoptotic cells. CURRENT OPINION IN IMMUNOLOGY. 2021.02; 68 1-8. ( PubMed, DOI )

  26. Nakanishi Hanayo, Nishizawa Tomohiro, Segawa Katsumori, Nureki Osamu, Fujiyoshi Yoshinori, Nagata Shigekazu, Abe Kazuhiro. Transport Cycle of Plasma Membrane Flippase ATP11C by Cryo-EM CELL REPORTS. 2020.09; 32 (13): 108208. ( PubMed, DOI )

  27. 中西 華代, 入江 克雅, 瀬川 勝盛, 長田 重一, 長谷川 和也, 藤吉 好則, 阿部 一啓. ヒト細胞膜フリッパーゼATP11CのX線結晶構造解析 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020.09; 93回 [P-132]. ( 医中誌 )

  28. Nakanishi Hanayo, Irie Katsumasa, Segawa Katsumori, Hasegawa Kazuya, Fujiyoshi Yoshinori, Nagata Shigekazu, Abe Kazuhiro. Crystal structure of a human plasma membrane phospholipid flippase JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2020.07; 295 (30): 10180-10194. ( PubMed, DOI )

  29. Nagata Shigekazu, Sakuragi Takaharu, Segawa Katsumori. Flippase and scramblase for phosphatidylserine exposure CURRENT OPINION IN IMMUNOLOGY. 2020.02; 62 31-38. ( PubMed, DOI )

  30. Ryoden Yuta, Fujii Toshihiro, Segawa Katsumori, Nagata Shigekazu. Functional Expression of the P2X7 ATP Receptor Requires Eros JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2020.02; 204 (3): 559-568. ( PubMed, DOI )

  31. 瀬川 勝盛. ホスファチジルセリンの移層と死細胞の認識機構 生化学. 2019.12; 91 (6): 743-752. ( 医中誌 )

  32. 瀬川 勝盛. ホスファチジルセリンの移層と死細胞の認識機構 生化学. 2019.12; 91 (6): 743-752. ( 医中誌 )

  33. 瀬川 勝盛, 長田 重一. リン脂質フリッパーゼとB細胞分化 臨床免疫・アレルギー科. 2019.07; 72 (1): 80-86. ( 医中誌 )

  34. Tsuji Takuma, Cheng Jinglei, Tatematsu Tsuyako, Ebata Aoi, Kamikawa Hiroki, Fujita Akikazu, Gyobu Sayuri, Segawa Katsumori, Arai Hiroyuki, Taguchi Tomohiko, Nagata Shigekazu, Fujimoto Toyoshi. Predominant localization of phosphatidylserine at the cytoplasmic leaflet of the ER, and its TMEM16K-dependent redistribution PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2019.07; 116 (27): 13368-13373. ( PubMed, DOI )

  35. 瀬川 勝盛, 長田 重一. リン脂質フリッパーゼとB細胞分化 臨床免疫・アレルギー科. 2019.07; 72 (1): 80-86. ( 医中誌 )

  36. Nishi Chihiro, Yanagihashi Yuichi, Segawa Katsumori, Nagata Shigekazu. MERTK tyrosine kinase receptor together with TIM4 phosphatidylserine receptor mediates distinct signal transduction pathways for efferocytosis and cell proliferation JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2019.05; 294 (18): 7221-7230. ( PubMed, DOI )

  37. Segawa Katsumori, Yanagihashi Yuichi, Yamada Kyoko, Suzuki Chigure, Uchiyama Yasuo, Nagata Shigekazu. Phospholipid flippases enable precursor B cells to flee engulfment by macrophages PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2018.11; 115 (48): 12212-12217. ( PubMed, DOI )

  38. 瀬川 勝盛, 長田 重一. 細胞膜リン脂質動態の生理と病態 細胞膜リン脂質の非対称性とリン脂質フリッパーゼ 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2018.09; 91回 [2S02m-02]. ( 医中誌 )

  39. 瀬川 勝盛, 鈴木 淳. 【脂質クオリティ 生命機能と健康を支える脂質の多様性】(第2章)リポクオリティの違いを生み出し識別する機構 フリッパーゼとスクランブラーゼによる細胞膜リン脂質の分布制御 実験医学. 2018.06; 36 (10): 1645-1651. ( 医中誌 )

  40. 瀬川 勝盛, 鈴木 淳. 【脂質クオリティ 生命機能と健康を支える脂質の多様性】(第2章)リポクオリティの違いを生み出し識別する機構 フリッパーゼとスクランブラーゼによる細胞膜リン脂質の分布制御 実験医学. 2018.06; 36 (10): 1645-1651. ( 医中誌 )

  41. Segawa Katsumori, Kurata Sachiko, Nagata Shigekazu. The CDC50A extracellular domain is required for forming a functional complex with and chaperoning phospholipid flippases to the plasma membrane JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2018.02; 293 (6): 2172-2182. ( PubMed, DOI )

  42. 柳橋 祐一, 瀬川 勝盛, 長田 重一. 細胞死の多様性と死細胞からはじまる生体応答の解明 ホスファチジルセリン受容体Tim4によるTAMレセプター依存的貪食の促進 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [3AW15-6]. ( 医中誌 )

  43. Yanagihashi Yuichi, Segawa Katsumori, Maeda Ryota, Nabeshima Yo-ichi, Nagata Shigekazu. Mouse macrophages show different requirements for phosphatidylserine receptor Tim4 in efferocytosis PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2017.08; 114 (33): 8800-8805. ( PubMed, DOI )

  44. Gyobu Sayuri, Ishihara Kenji, Suzuki Jun, Segawa Katsumori, Nagata Shigekazu. Characterization of the scrambling domain of the TMEM16 family PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2017.06; 114 (24): 6274-6279. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. ホスファチジルセリンを介した死細胞の感知と貪食. 第95回 日本生化学会大会 2022.11.10

  2. 瀬川 勝盛. マクロファージ研究の新展開 細胞膜リン脂質の非対称性と脆弱性. Cytometry Research 2022.05.01

  3. 中西 華代, 瀬川 勝盛, 長田 重一, 藤吉 好則, 阿部 一啓. ヒト細胞膜フリッパーゼATP11C構造機能解析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  4. 瀬川 勝盛, 領田 優太, 長田 重一. 病態の形成・進展、そして改善に関わるマクロファージ〜最新知見を中心に〜 リン脂質の膜動態とマクロファージ. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2020.09.01

  5. 中西 華代, 入江 克雅, 瀬川 勝盛, 長田 重一, 長谷川 和也, 藤吉 好則, 阿部 一啓. ヒト細胞膜フリッパーゼATP11CのX線結晶構造解析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2020.09.01

  6. 瀬川 勝盛, 領田 優太, 長田 重一. 病態の形成・進展、そして改善に関わるマクロファージ~最新知見を中心に~ リン脂質の膜動態とマクロファージ. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2020.09.01

  7. 瀬川 勝盛, 領田 優太, 長田 重一. 病態の形成・進展、そして改善に関わるマクロファージ~最新知見を中心に~ リン脂質の膜動態とマクロファージ. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2020.09.01

  8. 瀬川 勝盛, 長田 重一. 細胞膜リン脂質動態の生理と病態 細胞膜リン脂質の非対称性とリン脂質フリッパーゼ. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2018.09.01

  9. 柳橋 祐一, 瀬川 勝盛, 長田 重一. 細胞死の多様性と死細胞からはじまる生体応答の解明 ホスファチジルセリン受容体Tim4によるTAMレセプター依存的貪食の促進. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01

  10. 瀬川 勝盛. 細胞膜リン脂質の非対称性と生理作用. 第3回 細胞死コロキウム 2022.11.17

  11. 瀬川 勝盛. 細胞膜の非対称性と脆弱性. 第1回 CPR生物系若手リトリート 2022.07.14

  12. 瀬川 勝盛. 細胞膜リン脂質の非対称性と脆弱性. 第32回 日本サイトメトリー学会 2022.05.28

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学賞,2019年11月

  • 日本生化学会奨励賞,2018年09月

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞,2017年04月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 細胞の死が支える私たちの体の健康,文京区,本市民公開講座,オンライン(Zoom),2022年06月24日