基本情報

写真a

山根 万里子(ヤマネ マリコ)

YAMANE Mariko


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学  応用生物科学部  バイオサイエンス学科  2007年03月  飛び級

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鳥取大学  大学院医学系研究科  生命科学専攻  修士課程  2009年03月  修了

  • 鳥取大学  大学院医学系研究科  生命科学専攻  博士課程  2012年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  神戸大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 ゲノム機能情報分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年09月
    -
    2012年03月
    鳥取看護大学 非常勤講師
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    理化学研究所 多能性幹細胞研究チーム リサーチアソシエイト
  • 2016年04月
    -
    2019年01月
    熊本大学 発生医学研究所 多能性幹細胞分野 特定事業研究員
  • 2019年01月
    -
    2021年03月
    理化学研究所 バイオインフォマティクス研究開発チーム 研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学学会

  • 日本発生生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規スクリーニング法を利用した内在性DNAトランスポゾン転移酵素の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Naganuma H, Miike K, Ohmori T, Tanigawa S, Ichikawa T, Yamane M, Eto M, Niwa H, Kobayashi A, Nishinakamura R. Molecular detection of maturation stages in the developing kidney. Developmental biology. 2021.02; 470 62-73. ( PubMed, DOI )

  • Takemoto K, Tani N, Takada-Horisawa Y, Fujimura S, Tanno N, Yamane M, Okamura K, Sugimoto M, Araki K, Ishiguro KI. Meiosis-Specific C19orf57/4930432K21Rik/BRME1 Modulates Localization of RAD51 and DMC1 to DSBs in Mouse Meiotic Recombination. Cell reports. 2020.05; 31 (8): 107686. ( PubMed, DOI )

  • Ishiguro KI, Matsuura K, Tani N, Takeda N, Usuki S, Yamane M, Sugimoto M, Fujimura S, Hosokawa M, Chuma S, Ko MSH, Araki K, Niwa H. MEIOSIN Directs the Switch from Mitosis to Meiosis in Mammalian Germ Cells. Developmental cell. 2020.02; 52 (4): 429-445.e10. ( PubMed, DOI )

  • Nasser H, Adhikary P, Abdel-Daim A, Noyori O, Panaampon J, Kariya R, Okada S, Ma W, Baba M, Takizawa H, Yamane M, Niwa H, Suzu S. Establishment of bone marrow-derived M-CSF receptor-dependent self-renewing macrophages. Cell death discovery. 2020; 6 63. ( PubMed, DOI )

  • Yamane M, Ohtsuka S, Matsuura K, Nakamura A, Niwa H. Overlapping functions of Krüppel-like factor family members: targeting multiple transcription factors to maintain the naïve pluripotency of mouse embryonic stem cells. Development (Cambridge, England). 2018.05; 145 (10): ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 山根 万里子, 市川 巧, 丹羽 仁史. Zscan10はマウスES細胞においてトランスポゾン領域のサイレンシングを抑制する. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.01