基本情報

写真a

太田 悠介(オオタ ユウスケ)

OTA Yusuke


職名

助教

メールアドレス

y-ota.micr@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

細菌, 病原性, 薬剤耐性, 分子疫学, ワクチン, 迅速診断

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 信州大学  医学部  保健学科  2013年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 浜松医科大学  医学系研究科  博士課程  2021年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 分子病原体検査学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2021年02月
    国立大学法人浜松医科大学医学部附属病院 検査部 臨床検査技師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Society for Microbiology

  • 日本臨床微生物学会

  • 日本臨床衛生検査技師会

  • 日本臨床検査医学会

  • 臨床微生物迅速診断研究会

  • 日本感染症学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
    日本臨床微生物学会 認定臨床微生物検査技師制度委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感染症内科学

  • 細菌学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査技師

  • 感染制御認定臨床微生物検査技師

  • 認定臨床微生物検査技師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細菌の薬剤耐性化、病原性発現制御および分子疫学に関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 薬剤耐性を起こす小型コロニー形成細菌のオミクス解析を用いた新たな治療戦略の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yusuke Ota, Chihiro Tani Sassa, Masayo Kashiwagi, Chikako Okawara, Shuji Tohda, Ryoichi Saito. Complete genome sequence of an Enterobacter roggenkampii strain with reduced carbapenem susceptibility isolated from a home-visit nursing agency Microbiology Resource Announcements. 2022.08; e0035322.

  2. Yusuke Ota, Reina Okada, Hideyuki Takahashi, Ryoichi Saito. Molecular detection of fluoroquinolone-resistant Neisseria meningitidis by using Mismatched PCR-restriction fragment length polymorphism technique Frontiers in Cellular and Infection Microbiology . 2022.07; 12 911911.

  3. Ryoichi Saito, Jun Nakajima, Isaac Prah, Masatomo Morita, Samiratu Mahazu, Yusuke Ota, Ayuka Kobayashi, Shuji Tohda, Hajime Kamiya, Hideyuki Takahashi, Makoto Ohnishi. Penicillin- and ciprofloxacin-resistant invasive Neisseria meningitidis isolates from Japan. Microbiol Spectr. 2022.06; 10 (3): e0062722.

  4. Yusuke Ota, Isaac Prah, Yoko Nukui, Ryuji Koike, Ryoichi Saito. blaKPC-2-encoding IncP-6 plasmids in Citrobacter freundii and Klebsiella variicola strains from hospital sewage in Japan. Appl Environ Microbiol. 2022.04; 88 (8): e0001922.

  5. Yusuke Ota, Natsune Hongou, Yoko Nukui, Ryuji Koike, Shuji Tohda, Ryoichi Saito. Evaluation of polymerase chain reaction-based open reading frame typing method for the clonality investigation of Clostridioides difficile isolates. Anaerobe. 2021.12; 72 102462.

  6. Yusuke Ota, Kazuki Furuhashi, Nachi Hirai, Jinko Ishikawa, Osanori Nagura, Katsumasa Yamanaka, Masato Maekawa. Evaluation of MBT STAR-Cepha and MBT STAR-Carba kits for the detection of extended-spectrum β-lactamases and carbapenemase producing microorganisms using matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry. Journal of Microbiological Methods. 2021.04; 183 (106166 ):

  7. Yusuke Ota, Kazuki Furuhashi, Wataru Hayashi, Nachi Hirai, Jinko Ishikawa, Osanori Nagura, Katsumasa Yamanaka, Kazuto Katahashi, Kotaro Aoki, Noriyuki Nagano, Masato Maekawa. Daptomycin resistant Enterococcus faecalis has a mutation in liaX, which encodes a surface protein that inhibits the LiaFSR systems and cell membrane remodeling. Journal of infection and chemotherapy. 2021.01; 27 90-93.

  8. Takehisa Matsumoto, Masayuki Hashimoto, Ching-Hao Teng, Po-Chuen Hsu, Yusuke Ota, Masaru Takamizawa, Ryosuke Kato, Tatsuya Negishi. Molecular characterization of a carbon dioxide-dependent Escherichia coli small-colony variant isolated from blood cultures. International journal of medical microbiology. 2020.07; 310 (5): 151431.

  9. Yusuke Ota, Kazuki Furuhashi, Yuki Nagao, Takamasa Nanba, Katsumasa Yamanaka, Jinko Ishikawa, Osanori Natura, Moriya Iwaizumi, Etsuko Hamada, Masato Maekawa. Detection of extended-spectrum β-lactamases producing Enterobacteriaceae using a matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry based MBT STAR-BL software module with β-lactamase inhibition assay depends on the bacterial strain. J Microbiological Methods. 2019.12; 167 105734.

  10. 太田悠介, 古橋一樹, 長尾侑紀, 山中勝正, 濵田悦子, 前川真人. 全自動尿中有形成分分析装置UF-5000による Escherichia coli を対象とした迅速な薬剤感受性検査法の構築. 臨床病理. 2019.06; 67 (6): 569-576.

  11. Yusuke Ota, Kazuki Furuhashi, Takamasa Nanba, Katsumasa Yamanaka, Jinko Ishikawa, Osanori Nagura, Etsuko Hamada, Masato Maekawa. A rapid and simple detection method for phenotypic antimicrobial resistance in Escherichia coli by loop-mediated isothermal amplification. Journal of Medical Microbiology. 2019.02; 68 (2): 169-177. ( DOI )

  12. Kazuki Horiuchi, Takehisa Matsumoto, Yusuke Ota, Eriko Kasuga, Tatsuya Negishi, Tomomi Yaguchi, Mitsutoshi Sugano, Takayuki Honda. Addition of thymidine to culture media for accurate examination of thymidine-dependent small-colony variants of methicillin-resistant Staphylococcus aureus: A pilot study. Journal of Microbiological Methods. 2015.03; 110 40-44.

  13. 太田 悠介,松本 竹久,菅野 光俊,本田 孝行. Matrix-Assisted Laser Desorption Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry による Staphylococcus aureus Thymidine-Dependent Small-Colony Variants を対象とした同定性能の検討. 臨床病理. 2015; 63 (6): 683-687.

  14. 太田 悠介, 松本 竹久, 春日 恵理子, 堀内 一樹, 根岸 達哉, 矢口 ともみ, 名取 達矢. アスペルギローマ患者の喀痰及び肺組織よりSerratia marcescensのSmall-colony variantを検出した1症例. 日本臨床微生物学会雑誌. 2015; 25 (2): 125-130.

  15. 太田 悠介, 松本 竹久, 春日 恵理子, 堀内 一樹, 根岸 達哉, 矢口 ともみ, 名取 達矢. 質量分析装置MALDIバイオタイパーによるStreptococcus属菌を対象とした同定性能の検討. 日本臨床微生物学会雑誌. 2015; 25 (2): 111-116.

  16. 太田 悠介, 松本 竹久, 春日 恵理子, 堀内 一樹, 根岸 達哉, 矢口 ともみ, 高見沢 将, 村上 将貴. Dysgonomonas mossii及びDysgonomonas capnocytophagoides を対象とした臨床細菌学的検討. 日本臨床微生物学会雑誌. 2014; 24 (3): 207-212.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yusuke Ota, Reina Okada, Hideyuki Takahashi, Ryoichi Saito. Rapid and simple PCR-RFLP assay for detecting a mutation at codon 91 of gyrA in Neisseria meningitidis. The 17th Congress of Asian Society of Clinical Pathology and Laboratory Medicine(ASCPaLM) 2022.10.09

  2. Ota Y, Furuhashi K, Nanba T, Yamanaka K, Ishikawa J, Nagura O, Hamada E, Maekawa M. Loop-mediated Isothermal Amplification-based Antimicrobial Susceptibility Testing in Escherichia coli. The 57th Congress of the Korean Association of Medical Technologists International Conference 2019

  3. 太田悠介、貫井陽子、東田修二、齋藤良一. Clostridioides difficileの分子疫学解析におけるPCR-based ORF Typing法の有用性の検討 . 第33回日本臨床微生物学会総会・学術集会 2022.01

  4. 太田悠介、貫井陽子、小池竜司、東田修二、齋藤良一. PCR-based ORF Typing法を用いたClostridioides difficileの分子疫学解析の検討 . 2021.10

  5. 太田悠介,古橋一樹,石川仁子,名倉理教,前川真人. Daptomycin投与患者より分離されたdaptomycin非感受性Enterococcus faecalisの遺伝子解析. 第31回日本臨床微生物学会総会 2020

  6. 太田悠介. 質量分析装置の更なる臨床活用を目指して 〜MBT STAR-BLを中心に〜. 第5回日本医用マススペクトル学会東部会 2020

  7. 太田悠介,古橋一樹,山中勝正,前川真人. 質量分析による薬剤耐性検出アッセイMBT STAR-BLを用いた基質拡張型βラクタマーゼ産生株の検出能の評価. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020

  8. 太田悠介,古橋一樹,山中勝正,濵田悦子,前川真人. 質量分析による薬剤耐性検出アッセイMBT STAR-BLを活用した薬剤耐性菌検出の試み. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020

  9. 太田悠介,古橋一樹,山中勝正,濵田悦子,前川真人. 質量分析による薬剤耐性検出アッセイMBT STAR-BLを用いたカルバペネマーゼ 及びESBL産生株の検出能の評価. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020

  10. 古橋 一樹, 名倉 理教, 太田 悠介, 山中 勝正, 山下 計太, 岩泉 守哉, 前川 真人. Clostridioides difficile感染症の診断における便培養陽性時のNucleic acid amplification testの測定意義. 臨床病理 2020

  11. 平井 那知, 太田 悠介, 山中 勝正, 山下 計太, 古橋 一樹, 前川 真人. SARS-CoV-2の検出における4種類のPCR検査試薬を対象とした最小検出濃度の比較検討. 臨床病理 2020

  12. 増川 陽大, 古橋 一樹, 太田 悠介, 山中 勝正, 山下 計太, 岩泉 守哉, 濱田 悦子, 前川 真人. HISCLプレセプシン試薬の基礎性能評価と集中治療室入院患者におけるプレセプシンと他のパラメータとの関連. 臨床病理 2020

  13. 古橋 一樹, 名倉 理教, 長尾 侑紀, 太田 悠介, 石川 仁子, 岩泉 守哉, 前川 真人. 当院で過去12年間に血液培養から検出されたCandida属のMALDI-TOF MSを用いた再同定と経年的変化の検討. 臨床病理 2019.10.01

  14. 太田悠介,古橋一樹,長尾侑紀,山中勝正,岩泉守哉,濵田悦子,前川真人. βラクタマーゼ阻害薬を用いたMBT STAR-BLによるESBLとその他のβラクタマーゼ産生株との正確な判別法. 第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019

  15. 太田悠介,濵田悦子,古橋一樹,納富継宣,前川真人. Loop-mediated isothermal amplification法によるEscherichia coliを対象とした迅速な薬剤感受性検査法の構築. 第31回臨床微生物迅速診断研究会 2019

  16. 太田悠介,濵田悦子,古橋一樹,納富継宣,前川真人. Escherichia coliを対象とした迅速な薬剤感受性検査法の構築. 第59回日本臨床化学会年次学術集会 2019

  17. 太田悠介,濵田悦子,古橋一樹,前川真人. 全自動尿中有形成分分析装置UF-5000を使用した迅速な薬剤感受性検査法の構築. 第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018

  18. 太田悠介,濵田悦子,古橋一樹,納富継宣,前川真人. Loop-mediated isothermal amplification法による迅速な薬剤感受性検査法の構築. 第58回日本臨床化学会年次学術総会 2018

  19. 太田悠介,濵田悦子,前川真人. 新規開発された腎障害の早期マーカー『ノルディアL-FABP』のLABOSPECT 008における有用性評価. 日本臨床検査自動化学会第47回大会 2015

  20. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,名取達矢. オレイン酸要求性 Staphylococcus epidermidis を対象とした細菌学的検討. 第26回日本臨床微生物学会総会 2015

  21. 太田悠介. 日常検査で役立つ多剤耐性菌の迅速簡便検出法 (PRSP実務委員). 第26回日本臨床微生物学会総会 2015

  22. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,名取達矢. MALDIバイオタイパーを使用したStreptococcus pneumoniaeとその類縁菌種の鑑別. 第26回日本臨床微生物学会総会 2015

  23. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,名取達矢,菅野光俊. Random amplified polymorphic DNA fingerprinting 法を使用した Helicobacter pylori家族内感染の検討. 第40回長野県臨床検査学会 2014

  24. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,金井信一郎. Staphylococcus capraeのSmall-colony variantを対象とした細菌学的検討. 第25回日本臨床微生物学会総会 2014

  25. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,金井信一郎. 喀痰及び肺組織よりSerratia marcescensのSmall-colony variantを検出した1症例. 第25回日本臨床微生物学会総会 2014

  26. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,菅野光俊. 血液培養より分離され,Klebsiella oxytocaと誤同定されたRaoultella ornithinolyticaの細菌学的検討. 第63回日本医学検査学会 2014

  27. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,菅野光俊. ヘモフィルスID4分画培地及びヘモフィルス感受性培地に発育不良を示したHaemophilus influenzae. 第63回日本医学検査学会 2014

  28. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,名取達矢,菅野光俊. 質量分析装置MALDIバイオタイパーによるStreptococcus属菌を対象とした同定性能の検討. 第51回日臨技関甲信支部医学検査学会 2014

  29. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,名取達矢,菅野光俊. 血液培養よりRaoultella ornithinolyticaが分離された3症例. 第51回日臨技関甲信支部医学検査学会 2014

  30. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,名取達矢,菅野光俊. 血液培養から分離されたα溶血性グラム陽性球菌の遺伝子学的同定. 第40回長野県臨床検査学会 2014

  31. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,菅野光俊. 下腿切断創部と血液培養からYokenella regensburgeiが分離された一症例. 第39回長野県臨床検査学会 2013

  32. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,菅野光俊. 迅速微生物同定システムMALDI Biotyperを用いたStaphylococcus属菌のSmall Colony Variantsを対象とした同定検査の検討. 第62回日本医学検査学会 2013

  33. 太田悠介,松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉,矢口ともみ,菅野光俊. MALDI Biotyper による偏性嫌気生菌を対象とした同定性能の検討. 第50回関甲信支部医学検査学会 2013

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 太田悠介,日本臨床微生物学会 2019年度創立四半世紀記念研究成果発表奨励賞 ,2020年01月

  • 太田悠介,日本臨床化学会 2019年度 Young Investigator Award ,2019年09月

  • 太田悠介,Korean Association of Medical Technologists 2019 BEST POSTER AWARDS ,2019年08月

  • 太田悠介,日本臨床微生物学会 平成26年度日本臨床微生物学会日本ベクトン・ディッキンソン賞 ,2015年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「新たな遺伝的性質をもつカルバペネム耐性菌」 ― 環境における薬剤耐性菌拡散の原因解明に期待 ―,2022年04月

    Applied and Environmental Microbiology

  • 太田悠介,マルチオミクス解析を用いた薬剤耐性を引き起こす小型コロニー形成細菌の臨床検査法の確立 ,2020年10月

    黒住医学研究振興財団 第二十八回研究助成金,研究代表者

  • 太田悠介,薬剤耐性を起こす小型コロニー形成細菌のオミクス解析を用いた新たな治療戦略の確立 ,2020年04月

    日本学術振興会 若手研究,研究代表者

  • 太田悠介,Bacterial small-colony variantsを対象とした発生機構の解明と臨床細菌学的検査法の構築 ,2020年02月

    みらかホールディングス株式会社 公益信託 臨床検査医学研究振興基金,研究代表者

  • 太田悠介,MALDI-TOF MSを用いたStaphylococcus aureus 菌血症の予後を予測する菌由来バイオマーカーの探索と同定 ,2019年10月

    浜松医科大学 学内プロジェクト,研究代表者

  • 太田悠介,抗菌薬存在下での細菌発育の差をLAMP法で診る、迅速な薬剤感受性検査法の開発 ,2017年10月

    浜松医科大学 学内プロジェクト,研究代表者

  • 太田悠介,抗菌薬存在下での細菌発育の差をLAMP法で診る、迅速な薬剤感受性検査法の開発 ,2016年04月

    日本学術振興会 奨励研究,研究代表者

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫検査学実習,2021年 - 現在

  • 病原体検査学実習Ⅱ,2021年 - 現在

  • 臨地実習,2021年 - 現在