基本情報

写真a

清水 正樹(シミズ マサキ)

SHIMIZU Masaki


職名

講師

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/ped/

研究分野・キーワード

小児リウマチ、小児膠原病、小児腎臓、臨床免疫

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  医学部  医学科  1998年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  医学系研究科  博士課程  2005年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  金沢大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 小児地域成育医療学講座 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年08月
    -
    2007年06月
    米国国立衛生研究所 国立ヒトゲノム研究所 客員研究員
  • 2007年09月
    -
    2018年03月
    金沢大学 医学部 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    金沢大学 医学部 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本小児腎不全学会

  • 日本小児腎臓病学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本小児リウマチ学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床免疫学会 評議員
  • 日本小児腎臓病学会 代議員
  • 日本腎臓学会 評議員
  • 日本リウマチ学会 評議員、国際委員
  • 日本小児リウマチ学会 理事、渉外国際委員長、学術委員、編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • マクロファージ活性化症候群の病態解析

  • 若年性特発性関節炎の病態解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マクロファージ活性化症候群の病態解明とIL-18を標的とした新規治療法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 清水正樹. サイトカインプロファイル解析からみた川崎病の炎症病態 CURRENT THERAPY. 2020.10; 38 (10): 27-32.

  • 清水 正樹. 【川崎病-診断と治療の新展開】サイトカインプロファイル解析からみた川崎病の炎症病態 カレントテラピー. 2020.10; 38 (10): 961-966. ( 医中誌 )

  • Tsukasa Tanaka, Masaki Shimizu, Oshi Tokuda, Hiroko Yamamoto, Natsuki Matsunoshita, Kanae Takenaka, Keiichiro Kawasaki. Kawasaki Disease with an Initial Manifestation Mimicking Bacterial Inguinal Cellulitis Case Reports in Pediatrics. 2020.10;

  • 清水正樹. 若年性特発性関節炎 生体の科学. 2020.10; 71 (5): 510-511.

  • 清水正樹. 小児リウマチ性疾患 日本アフェレシス学会雑誌. 2020.10; 39 (3): 160-168.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン. 診断と治療社, 2020.10 (ISBN : 978-4-7878-2397-7)

  • 清水正樹. 小児HLH診療ガイドライン. 2020.09 マクロファージ活性化症候群

  • 若年性特発性関節炎における生物学的製剤使用の手引き. 2020.06

  • 成人診療科医のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド. 2020.06

  • 小児IgA腎症診療ガイドライン. 2020.05

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 清水正樹. Lecture3 注意すべき病態の診断〜マクロファージ活性化症候群とブドウ膜炎〜 . JIA Seminar for Young Pediatric Rheumatologists in East Japan 2020.12.05 東京

  • Masaki Shimizu. Macrophage Activation Syndrome: Analysis of various Cytokines. 22nd Asia-Pacific League of Associations for Rheumatology Congress 2020.10.24 Kyoto

  • JIAに対する診断と治療 (生物学的製剤も含めて). 第443回富山県病院薬剤師会 2020.09.26

  • 多面的サイトカイン解析からみた マクロファージ活性化症候群(MAS)の臨床的特徴. 第64回 日本リウマチ学会 2020.09.12

  • 少関節炎/多関節炎型若年性特発性関節炎に対するタクロリムスの臨床効果. 第123回 日本小児科学会学術集会 2020.08.22

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会学術研究賞,2019年04月