基本情報

写真a

髙橋 邦彦(タカハシ クニヒコ)

TAKAHASHI Kunihiko


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/cmn/dsc/index.html

研究分野・キーワード

生物統計学、空間疫学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  理工学研究科  修士課程  1997年03月  修了

  • 筑波大学  数学研究科  博士課程  2000年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  筑波大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 M&Dデータ科学センター メディカル統計数理研究部門 生物統計学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2003年03月
    筑波大学 数学系 助手
  • 2003年04月
    -
    2013年07月
    国立保健医療科学院 研究員/主任研究官
  • 2005年09月
    -
    2006年02月
    ハーバード大学 メディカルスクール 客員研究員
  • 2013年08月
    -
    2020年03月
    名古屋大学 大学院医学系研究科生物統計学分野 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬剤疫学会

  • International Biometric Society

  • American Statistical Association

  • 日本計算機統計学会

  • 日本公衆衛生学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    2011年
    厚生労働省 新型インフルエンザ対策推進本部 事務局員
  • 2011年
    -
    現在
    日本計量生物学会 理事
  • 2014年
    -
    2015年
    内閣府委託事業 「自殺報道の影響と取組に関する調査研究」検討委員会委員
  • 2017年
    -
    現在
    日本計算機統計学会 和文誌編集委員
  • 2017年
    -
    現在
    情報・システム研究機構 統計数理研究所 共同利用委員会 所外委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 妊婦・授乳婦における医薬品の安全性に関する情報提供の在り方の研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2023年03月

  • 災害・事故における異常検知と影響予測手法の開発

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2023年03月

  • 空間医学データにおける統計的複数クラスタ検出法の開発と実践

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yuki Iijima, Tsukasa Okamoto, Tsuyoshi Shirai, Takahiro Mitsumura, Rie Sakakibara, Takayuki Honda, Masahiro Ishizuka, Tomoya Tateishi, Meiyo Tamaoka, Junichi Aiboshi, Yasuhiro Otomo, Tatsuhiko Anzai, Kunihiko Takahashi, Yasunari Miyazaki. MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior. J Infect Chemother. 2021; 27 (2): 284-290. ( PubMed, DOI )

  • Tatsuhiko Anzai, Keisuke Fukui, Tsubasa Ito, Yuri Ito, Kunihiko Takahashi. Excess mortality from suicide during the early COVID-19 pandemic period in Japan: a time-series modeling before the pandemic. J Epidemiol. 2021; ( PubMed, DOI )

  • Daisuke Hasegawa, Ryota Sato, Narut Prasitlumkum, Kazuki Nishida, Kunihiko Takahashi, Tomoaki Yatabe, Osamu Nishida. Effect of ultra-short-acting β-blockers on mortality in patients with persistent tachycardia despite initial resuscitation: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Chest. 2021; ( PubMed, DOI )

  • Takahiro Otani, Kunihiko Takahashi. Flexible scan statistics for detecting spatial disease clusters: The rflexscan R package. J Stat Softw. 2021;

  • Junji Morisawa, Takahiro Otani, Jo Nishino, Ryo Emoto, Kunihiko Takahashi, Shigeyuki Matsui. Semi-parametric empirical Bayes factor for genome-wide association studies. European Journal of Human Genetics. 2021;

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 統計科学百科事典. 丸善出版, 2018

  • 新版医学統計学ハンドブック. 朝倉書店, 2018 空間スキャン統計量

  • 岩波データサイエンス Vol.4. 岩波書店, 2016 空間疫学への誘い―難病の地図から何が見えるか; 地図の上で階層ベイズモデリング

  • 社会調査事典. 丸善出版, 2014 症候サーベイランス

  • 統計応用の百科事典. 2011 疾病地図

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 高橋邦彦, 大谷隆浩. 迅速予測手法の統合プラットフォームの開発-大気、河川への化学物質等流出を想定してー. 第79回日本公衆衛生学会総会:シンポジウム 2020.10.22

  • 高橋邦彦. ウィズコロナ社会における統計の役割. 第5回ヘルスデータアナリティクス・マネジメント研究会: 特別講演 2020.08.07

  • 高橋邦彦, 大谷隆浩. 化学物質等の空間拡散推計と健康リスク評価のための曝露量推計. リスク研究学会第32回年次大会: 企画セッション 2019.11.24

  • Takahashi K, Shimadzu H. Detection and evaluation of multiple clusters in spatial epidemiology. 3rd International Conference on Econometrics and Statistics (EcoSta 2019): Invited Session 2019.07.25

  • Otani T, Takahashi K. Development of chemical risk assessment and management system in environmental accidents. 3rd International Conference on Econometrics and Statistics (EcoSta 2019): Invited Session 2019.06.27

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス特論Ⅰ(英語版),2020年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルスに⽴ち向かう「統計の力」,FESTAT2020(全国統計探究発表会),2020年09月05日 - 2020年09月13日

  • 公衆衛生とデータ分析について,マイナビ,マイナビニュース,2020年05月29日