基本情報

写真a

平 理一郎(ヒラ リイチロウ)

HIRA Riichiro


職名

准教授

生年

1984年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2013年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 細胞生理学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月
    基礎生物学研究所 助教
  • 2016年04月
    -
    2018年10月
    ノースカロライナ大学チャペルヒル校 特任研究員
  • 2018年11月
    -
    2020年03月
    カリフォルニア大学サンタバーバラ校 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 北米神経科学会

  • 日本神経回路学会

  • 日本神経科学科会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療薬学

  • 生理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 大規模多重神経活動記録による脳全体性の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 脳の全体性を解明する大規模計測とシミュレーション

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • BMIによる学習の意図的制御とその神経回路基盤

    文部科学省/日本学術振興会

  • 前頭頭頂ネットワークにおける高次機能の協調的学習原理の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. CH Yu, JN Stirman, Y Yu, R Hira, SL Smith. Diesel2p mesoscope with dual independent scan engines for flexible capture of dynamics in distributed neural circuitry Nature Communications. 2021.11; 12 (1): 6639. ( PubMed, DOI )

  2. Kato Daisuke, Wake Hiroaki, Lee Philip, Tachibana Yoshihisa, Ono Riho, Sugio Shouta, Tsuji Yukio, Tanaka Yasuyo, Tanaka Yasuhiro, Masamizu Yoshito, Hira Riichiro, Moorhouse Andrew, Tamamaki Nobuaki, Ikenaka Kazuhiro, Matsukawa Noriyuki, Fields Douglas, Nabekura Junichi, Matsuzaki Masanori. 学習障害を引き起こす髄鞘機能障害の神経回路基盤(Illumination of abnormal neural activities caused by myelin impairment suggests possible contribution to learning deficits) The Journal of Physiological Sciences. 2020.03; 70 (Suppl.1): S172. ( 医中誌 )

  3. Daisuke Kato, Hiroaki Wake, Philip R Lee, Yoshihisa Tachibana, Riho Ono, Shouta Sugio, Yukio Tsuji, Yasuyo H Tanaka, Yasuhiro R Tanaka, Yoshito Masamizu, Riichiro Hira, Andrew J Moorhouse, Nobuaki Tamamaki, Kazuhiro Ikenaka, Noriyuki Matsukawa, R Douglas Fields, Junichi Nabekura, Masanori Matsuzaki. Motor learning requires myelination to reduce asynchrony and spontaneity in neural activity. Glia. 2020.01; 68 (1): 193-210. ( PubMed, DOI )

  4. Teppei Ebina, Yoshito Masamizu, Yasuhiro R Tanaka, Akiya Watakabe, Reiko Hirakawa, Yuka Hirayama, Riichiro Hira, Shin-Ichiro Terada, Daisuke Koketsu, Kazuo Hikosaka, Hiroaki Mizukami, Atsushi Nambu, Erika Sasaki, Tetsuo Yamamori, Masanori Matsuzaki. Two-photon imaging of neuronal activity in motor cortex of marmosets during upper-limb movement tasks. Nat Commun. 2018.12; 9 (1): 1879. ( PubMed, DOI )

  5. Yiyi Yu, Riichiro Hira, Jeffrey N Stirman, Waylin Yu, Ikuko T Smith, Spencer L Smith. Mice use robust and common strategies to discriminate natural scenes. Sci Rep. 2018.01; 8 (1): 1379. ( PubMed, DOI )

  6. Riichiro Hira, Shin-Ichiro Terada, Masashi Kondo, Masanori Matsuzaki. Distinct Functional Modules for Discrete and Rhythmic Forelimb Movements in the Mouse Motor Cortex. J. Neurosci.. 2015.09; 35 (39): 13311-13322. ( PubMed, DOI )

  7. Riichiro Hira, Fuki Ohkubo, Yoshito Masamizu, Masamichi Ohkura, Junichi Nakai, Takashi Okada, Masanori Matsuzaki. Reward-timing-dependent bidirectional modulation of cortical microcircuits during optical single-neuron operant conditioning. Nat Commun. 2014.11; 5 5551. ( PubMed, DOI )

  8. Yoshito Masamizu, Yasuhiro R Tanaka, Yasuyo H Tanaka, Riichiro Hira, Fuki Ohkubo, Kazuo Kitamura, Yoshikazu Isomura, Takashi Okada, Masanori Matsuzaki. Two distinct layer-specific dynamics of cortical ensembles during learning of a motor task. Nat. Neurosci.. 2014.07; 17 (7): 987-994. ( PubMed, DOI )

  9. Brent Asrican, George J Augustine, Ken Berglund, Susu Chen, Nick Chow, Karl Deisseroth, Guoping Feng, Bernd Gloss, Riichiro Hira, Carolin Hoffmann, Haruo Kasai, Malvika Katarya, Jinsook Kim, John Kudolo, Li Ming Lee, Shun Qiang Lo, James Mancuso, Masanori Matsuzaki, Ryuichi Nakajima, Li Qiu, Gregory Tan, Yanxia Tang, Jonathan T Ting, Sachiko Tsuda, Lei Wen, Xuying Zhang, Shengli Zhao. Next-generation transgenic mice for optogenetic analysis of neural circuits. Front Neural Circuits. 2013.11; 7 160. ( PubMed, DOI )

  10. Riichiro Hira, Fuki Ohkubo, Yasuhiro R Tanaka, Yoshito Masamizu, George J Augustine, Haruo Kasai, Masanori Matsuzaki. In vivo optogenetic tracing of functional corticocortical connections between motor forelimb areas. Front Neural Circuits. 2013.04; 7 55. ( PubMed, DOI )

  11. Riichiro Hira, Fuki Ohkubo, Katsuya Ozawa, Yoshikazu Isomura, Kazuo Kitamura, Masanobu Kano, Haruo Kasai, Masanori Matsuzaki. Spatiotemporal dynamics of functional clusters of neurons in the mouse motor cortex during a voluntary movement. J. Neurosci.. 2013.01; 33 (4): 1377-1390. ( PubMed, DOI )

  12. Rie Ako, Mayu Wakimoto, Haruka Ebisu, Kaori Tanno, Riichiro Hira, Haruo Kasai, Masanori Matsuzaki, Hiroshi Kawasaki. Simultaneous visualization of multiple neuronal properties with single-cell resolution in the living rodent brain. Mol. Cell. Neurosci.. 2011.11; 48 (3): 246-257. ( PubMed, DOI )

  13. Riichiro Hira, Naoki Honkura, Jun Noguchi, Yoshio Maruyama, George J Augustine, Haruo Kasai, Masanori Matsuzaki. Transcranial optogenetic stimulation for functional mapping of the motor cortex. J. Neurosci. Methods. 2009.05; 179 (2): 258-263. ( PubMed, DOI )

  14. Atsushi Ohsaga, Yoshimichi Murata, Yoshiaki Kondo, Riichiro Hira, Yoshio Maruyama. Asymmetry of Rb+ conduction emerged under bi-ionic conditions in epithelial maxi-K+ channels. J Physiol Sci. 2008.12; 58 (6): 363-369. ( PubMed, DOI )

  15. 平 理一郎. 学術変革領域研究 (B)「大規模計測・シミュレーションによる脳の全体性の理解」(略称:脳の全体性)のご紹介 Neuroscience News. 2022.01; 229 25-27.

  16. 平 理一郎. 高次元神経活動から眺めるシステム神経科学 日本神経回路学会誌. 2020.12; 27 (3-4): 152-164. ( 医中誌 )

  17. 平 理一郎. 圏論による意識のモデル化と定義 認知科学. 2019.12; 26 (4): 492-495.

  18. 日髙昇平, 平理一郎. 神経細胞の情報論的結合を推定する非線形時系列解析法 細胞. 2018.12; 50 (14): 755-758.

  19. 日高 昇平, 平 理一郎. 神経細胞の情報論的結合を推定する非線形時系列解析法 細胞. 2018.12; 50 (14): 755-758. ( 医中誌 )

  20. 平 理一郎. 脳神経計算原理の解明を目指した 2 光子多細胞イメージングの情報技術展開 (2・完) 2 光子多細胞カルシウムイメージングデータの情報処理技術 電子情報通信学会誌. 2018.09; 101 (9): 926-931.

  21. 平 理一郎. 脳神経計算原理の解明を目指した2光子多細胞イメージングの情報技術展開[II・完] 2光子多細胞カルシウムイメージングデータの情報処理技術 電子情報通信学会誌. 2018.09; 101 (9): 926-931. ( 医中誌 )

  22. 平 理一郎. 脳神経計算原理の解明を目指した 2 光子多細胞イメージングの情報技術展開 (1) 2 光子多細胞カルシウムイメージングの技術的展開 電子情報通信学会誌. 2018.08; 101 (8): 850-856.

  23. 平 理一郎. 脳神経計算原理の解明を目指した2光子多細胞イメージングの情報技術展開 2光子多細胞カルシウムイメージングの技術的展開 電子情報通信学会誌. 2018.08; 101 (8): 850-856. ( 医中誌 )

  24. 平理一郎, 松崎政紀 . 運動野内に見られる異なる運動パターンの局在 Clinical Neuroscience. 2016.05; 34 (5):

  25. 小谷俊博, 平理一郎. 脳と道徳的責任論: オキシトシンを中心とした 「制御下」 概念の展開 (特集 生物としての人間と哲学・ 地球惑星科学の科学史 (続)) Nagoya journal of philosophy. 2014; 11 21-38.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 春日 直樹 編. 科学と文化をつなぐ . 東京大学出版会, 2016.03 13章 心的概念の前提としての,脳・還元・システム

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Riichiro Hira, Shinichiro Tsutsumi. Holism in neuroscience: Large-scale recording and simulation. the 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society/the 1st CJK International Meeting 2021.07.30 Kobe

  2. Riichiro Hira, Spencer L Smith. Large-scale imaging reveals concordance between mesoscale functional and anatomical input correlations. the 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society/the 1st CJK International Meeting 2021.07.30 Kobe

  3. 平 理一郎. 脳のシステム的理解のための多光子広視野顕微鏡の高速化. Motor control研究会 2022.08.25 早稲田大学国際会議場

  4. 平 理一郎. 多光子顕微鏡による神経活動可視化とその限界. 光量子工学研究セミナー (第77回RAPセミナー) 2022.06.17

  5. 平 理一郎、鹿野 豊. 大学教員・先輩が歩んだ道. Golden Week 特別企画 2022.05.05

  6. 平 理一郎. 広視野2光子顕微鏡による頭頂連合野の機能分化・統合様式の解析. 第14回CBIR/ONSA/大学院セミナー共催若手インスパイアシンポジウム 2022.02.17

  7. 平 理一郎. 広視野2光子イメージングによる頭頂連合野と周辺領域の相関構造解析. レーザ顕微鏡研究会第46回講演会・シンポジウム 2021 2021.11.14

  8. 平 理一郎、五十嵐 潤. 物理学・情報科学から学ぶ、全体性の神経科学の可能性. 神経回路学会シンポジウムⅡ 2021.09.23

  9. 平 理一郎. 大規模神経活動記録と全体性の神経科学. 神経回路学会シンポジウムⅡ 2021.09.23

  10. 平 理一郎. Diesel2pメゾスコープによる頭頂連合野周囲の相関構造解析. 「人工知能と脳科学」 イメージングワークショップ 2021.03.20 オンライン

  11. 平 理一郎, Spencer L Smith. 頭頂連合野周囲におけるメゾスケールの機能相関と解剖学的な入力相関の一致. 第13回CBIR/ONSA/大学院セミナー共催若手インスパイアシンポジウム 2021.02.18

  12. 平 理一郎. ポスト人工知能の基礎学理構築. 2019.11.16

  13. 平 理一郎. 広視野2光子カルシウムイメージングによるマウス頭頂連合野の機能的構造の解明. 東京医科歯科大学細胞生理学分野特別セミナー 2019.11.14 東京医科歯科大学

  14. 平 理一郎. 脳は本質的に複雑だろうか. 日本神経回路学会オータムスクールASCONE2019 2019.11.08

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生理学,2020年 - 2022年

  • 生理学実習(腎機能と尿),2020年 - 2022年