基本情報

写真a

上阪 直史(ウエサカ ナオフミ)

UESAKA Naofumi


職名

教授

ホームページ

https://uesaka0808.wixsite.com/website

研究分野・キーワード

神経細胞、グリア細胞、小脳、大脳皮質、分子メカニズム、活動依存性、細胞間相互作用、脳疾患、口腔生理

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  基礎工学研究科  機能創成専攻  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  大阪大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 認知神経生物学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2017年03月
    東京大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2015年11月
    -
    2017年03月
    ドイツ アーヘン工科大学 研究員
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    東京大学 大学院医学系研究科 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会

  • 日本神経科学学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会 プログラム委員
  • 日本生理学会 評議委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 生理学一般

  • 分子生物学

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳疾患の病態解明と治療法開発

  • グリア細胞の機能

  • 口腔ー脳クロストーク

  • 神経回路形成のメカニズム解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • シナプスの選択的強化・除去における神経活動の役割とその分子基盤の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nagumo Yasuyuki, Ueta Yoshifumi, Nakayama Hisako, Osaki Hironobu, Takeuchi Yuichi, Uesaka Naofumi, Kano Masanobu, Miyata Mariko. Tonic GABAergic Inhibition Is Essential for Nerve Injury-Induced Afferent Remodeling in the Somatosensory Thalamus and Ectopic Sensations CELL REPORTS. 2020.06; 31 (12): 107797. ( PubMed, DOI )

  • Rai Y, Watanabe T, Matsuyama K, Sakimura K, Uesaka N, Kano M. Phospholipase C β3 is Required for Climbing Fiber Synapse Elimination in Aldolase C-positive Compartments of the Developing Mouse Cerebellum. Neuroscience. 2020.04; ( PubMed, DOI )

  • Watanabe Takaki, Suzuki Honoka, Sakoori Kazuto, Inoue Shutaro, Akamatsu Tsubasa, Abe Manabu, Sakimura Kenji, Uesaka Naofumi, Kano Masanobu. Protocadherin 10 delays developmental climbing fiber synapse elimination in a subset of aldolase C-positive Purkinje cells in the cerebellum(和訳中) The Journal of Physiological Sciences. 2020.03; 70 (Suppl.1): S97. ( 医中誌 )

  • Saito R, Koebis M, Nagai T, Shimizu K, Liao J, Wulaer B, Sugaya Y, Nagahama K, Uesaka N, Kushima I, Mori D, Maruyama K, Nakao K, Kurihara H, Yamada K, Kano M, Fukada Y, Ozaki N, Aiba A. Comprehensive analysis of a novel mouse model of the 22q11.2 deletion syndrome: a model with the most common 3.0-Mb deletion at the human 22q11.2 locus. Translational psychiatry. 2020.02; 10 (1): 35. ( PubMed, DOI )

  • Kushibe Kyoko, Mercier Celine, Watanabe Takaki, Miyazaki Taisuke, Yamasaki Miwako, Watanabe Masahiko, Uesaka Naofumi, Kano Masanobu. Fndc3bは小脳のSTAT3を阻害することにより登上線維のシナプス刈り込みを部分的に促進する(Fndc3b promotes climbing fiber synapse elimination partly by inhibiting STAT3 in the cerebellum) The Journal of Physiological Sciences. 2019.06; 69 (Suppl.1): S127. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 渡邉 貴樹1,2, 佐郡 和人1, 鈴木 穂香1, 赤松 翼1, 松山 恭子1, 井上 秀太郎1, 阿部 学3, 﨑村 建司3, 上阪 直史1,2, 狩野 方伸1,2. Protocadherin 10は一部のアルドラーゼC陽性の小脳プルキンエ細胞において発達期の登上線維シナプスの刈り込みを遅延させる. 2020.07.29

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会奨励賞,日本神経科学学会,2016年07月

  • Humboldt Research Fellowship for Experienced Researchers,Humboldt財団,2015年10月

  • 日本生理学会奨励賞,日本生理学会,2015年03月

  • 包括脳ネットワーク冬のシンポジウム 若手優秀発表賞,包括脳,2014年11月

  • Best Poster Award in 4th Asia pacific symposium on neural regeneration,Asia pacific symposium on neural regeneration,2004年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経系の機能II

  • 臨床セミナー(国試対策講義)

  • 頭頸部基礎

  • 生理学実習

  • 口腔生理学

全件表示 >>