基本情報

写真a

保田 晋助(ヤスダ シンスケ)

YASUDA Shinsuke


職名

教授

研究分野・キーワード

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、抗リン脂質抗体症候群、多発性筋炎、皮膚筋炎

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  医学部  1994年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  医学研究科  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  北海道大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1994年05月
    -
    1995年03月
    北海道大学病院 第二内科 医員(医病)
  • 1995年04月
    -
    1996年03月
    苫小牧王子総合病院内科 内科 医師
  • 1996年04月
    -
    1997年03月
    総合病院浦河赤十字病院内科 内科 医師
  • 1997年04月
    -
    2001年03月
    北海道大学大学院医学研究科 博士課程 第二内科 大学院生
  • 2000年04月
    -
    2001年03月
    斗南病院 リウマチ科 医師
  • 2001年04月
    -
    2003年08月
    ハーバード大学医学部 ブリガムアンドウィメンズホスピタル リサーチフェロー
  • 2003年09月
    -
    2004年03月
    北海道大学病院 第二内科 医員(医病)
  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    北海道大学大学院医学研究科 第二内科 助手
  • 2007年04月
    -
    2012年03月
    北海道大学大学院医学研究科 内科学講座・免疫代謝内科学 助教
  • 2012年04月
    -
    2016年06月
    北海道大学大学院医学研究科 内科学講座・免疫代謝内科学 講師
  • 2016年07月
    -
    2019年12月
    北海道大学 大学院医学研究科 准教授
  • 2016年07月
    -
    2019年12月
    北海道大学大学院医学研究科 内科学講座・免疫代謝内科学 准教授
  • 2020年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

  • 日本免疫学会

  • 日本臨床リウマチ学会

  • 日本炎症再生学会

  • 日本免疫不全・自己炎症学会

  • 日本血栓止血学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本臨床免疫学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病、アレルギー内科学

  • 膠原病、アレルギー内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自然免疫および血管内皮障害に着目したSLE・APSの新規治療法の開発,2023年04月 - 2026年03月

  • 全身性自己免疫疾患におけるRasGRPシグナル異常の解明とその是正,2018年04月 - 2021年03月

  • 関節リウマチ滑膜に高発現するRasGRP4が滑膜増殖を促すメカニズムに関する研究,2015年10月 - 2018年03月

  • 動脈硬化性疾患の早期診断を可能にする分子イメージング・リピドーム解析技術の構築,2014年04月 - 2017年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2023年04月 - 2026年03月

  • 全身性自己免疫疾患におけるRasGRPシグナル異常の解明とその是正

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 自然免疫および血管内皮障害に着目したSLE・APSの新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Keisuke Tanaka, Ayako Ichikawa, Natsuka Umezawa, Kouhei Yamamoto, Kota Yoshifuji, Keigo Okada, Ayako Nogami, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Chizuko Sakashita, Takehiko Mori, Shuji Tohda, Ryuji Koike, Shinsuke Yasuda, Masahide Yamamoto. Lymphoproliferative disorder risk after methotrexate treatment for rheumatoid arthritis. Cancer Sci. 2023.09; 114 (9): 3719-3727. ( PubMed, DOI )

  2. Apple-shaped obesity: A risky soil for cytokine-accelerated severity in COVID-19. 2023.05; 120 (22): e2300155120. ( PubMed, DOI )

  3. A novel gain-of-function missense variant in PLCG2 associated with autoinflammation and hypergammaglobulinemia. 2023.04; ( PubMed, DOI )

  4. Hemorrhagic gastric ulcer in a patient with Behcet's disease successfully treated with infliximab. 2023.04; 3 (1): e196. ( PubMed, DOI )

  5. Factors associated with impaired physical function in elderly rheumatoid arthritis patients who had achieved low disease activity. 2022.12; ( PubMed, DOI )

  6. Correction: CD34+THY1+ synovial fibroblast subset in arthritic joints has high osteoblastic and chondrogenic potentials in vitro. 2022.09; 24 (1): 224. ( PubMed, DOI )

  7. An adult case of suspected A20 haploinsufficiency mimicking polyarteritis nodosa. 2022.05; 61 (11): e337-e340. ( PubMed, DOI )

  8. Associated factors with poor treatment response to initial glucocorticoid therapy in patients with adult-onset Still's disease. 2022.04; 24 (1): 92. ( PubMed, DOI )

  9. Cost-Effectiveness Analyses of Biologic and Targeted Synthetic Disease-Modifying Anti-Rheumatic Diseases in Patients With Rheumatoid Arthritis: Three Approaches with a Cohort Simulation and Real-World Data. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  10. Sei Muraoka, Zento Yamada, Mai Kawazoe, Wataru Hirose, Hajime Kono, Shinsuke Yasuda, Yukiko Komano, Hiroshi Kawano, Toshihiko Hidaka, Shusaku Nakashima, Tsuyoshi Kasama, Tamio Teramoto, Toshihiro Nanki, . Abatacept is Efficacious in the Treatment of Older Patients with csDMARD-Refractory Rheumatoid Arthritis: A Prospective, Multicenter, Observational Study. Rheumatol Ther. 2021.12; 8 (4): 1585-1601. ( PubMed, DOI )

  11. Yuichiro Fujieda, Tetsuya Horita, Naoki Nishimoto, Kazuhide Tanimura, Yoshiharu Amasaki, Hideki Kasahara, Shin Furukawa, Tsuyoshi Takeda, Shinji Fukaya, Kazuo Matsui, Akito Tsutsumi, Akira Furusaki, Akira Sagawa, Kou Katayama, Kaoru Takeuchi, Kazuaki Katsumata, Takashi Kurita, Peter Shane, Masaru Kato, Kenji Oku, Shinsuke Yasuda, Masahiko Takahata, Norimasa Iwasaki, Tatsuya Atsumi. Efficacy and safety of sodium RISedronate for glucocorticoid-induced OsTeoporosis with rheumaTOid arthritis (RISOTTO study): A multicentre, double-blind, randomized, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol. 2021.05; 31 (3): 593-599. ( PubMed, DOI )

  12. Yoshiya Tanaka, Hideto Kameda, Kazuyoshi Saito, Yuko Kaneko, Eiichi Tanaka, Shinsuke Yasuda, Naoto Tamura, Keishi Fujio, Takao Fujii, Toshihisa Kojima, Tatsuhiko Anzai, Chikuma Hamada, Yoshihisa Fujino, Shinya Matsuda, Hitoshi Kohsaka. Response to tocilizumab and work productivity in patients with rheumatoid arthritis: 2-year follow-up of FIRST ACT-SC study. Mod Rheumatol. 2021.01; 31 (1): 42-52. ( PubMed, DOI )

  13. Wen Shi Lee, Shinsuke Yasuda, Michihiro Kono, Yuki Kudo, Sanae Shimamura, Michihito Kono, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Kenji Oku, Tomohiro Shimizu, Tomohiro Onodera, Norimasa Iwasaki, Tatsuya Atsumi. MicroRNA-9 ameliorates destructive arthritis through down-regulation of NF-κB1-RANKL pathway in fibroblast-like synoviocytes. Clinical immunology (Orlando, Fla.). 2020.03; 212 108348. ( PubMed, DOI )

  14. Nobuya Abe, Masaru Kato, Michihito Kono, Yuichiro Fujieda, Hiroshi Ohira, Ichizo Tsujino, Noriko Oyama-Manabe, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Right ventricular dimension index by cardiac magnetic resonance for prognostication in connective tissue diseases and pulmonary hypertension. Rheumatology (Oxford, England). 2020.03; 59 (3): 622-633. ( PubMed, DOI )

  15. Yuichiro Fujieda, Mototsugu Doi, Takuya Asaka, Masahiro Ota, Ryo Hisada, Naoki Ohnishi, Michihiro Kono, Hiraku Kameda, Daigo Nakazawa, Masaru Kato, Olga Amengual, Masahiko Takahata, Shinsuke Yasuda, Yoshimasa Kitagawa, Tatsuya Atsumi. Incidence and risk of antiresorptive agent-related osteonecrosis of the jaw (ARONJ) after tooth extraction in patients with autoimmune disease. Journal of bone and mineral metabolism. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  16. Kohei Karino, Michihiro Kono, Michihito Kono, Keita Sakamoto, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Olga Amengual, Kenji Oku, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Myofascia-dominant involvement on whole-body MRI as a risk factor for rapidly progressive interstitial lung disease in dermatomyositis. Rheumatology (Oxford, England). 2020.01; ( PubMed, DOI )

  17. Ryo Hisada, Masaru Kato, Eri Sugawara, Masatoshi Kanda, Yuichiro Fujieda, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Circulating plasmablasts contribute to antiphospholipid antibody production, associated with type I interferon upregulation. Journal of thrombosis and haemostasis : JTH. 2019.07; 17 (7): 1134-1143. ( PubMed, DOI )

  18. Kazumasa Ohmura, Kenji Oku, Tamao Kitaori, Olga Amengual, Ryo Hisada, Masatoshi Kanda, Yuka Shimizu, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Tatsuya Atsumi. Pathogenic roles of anti-C1q antibodies in recurrent pregnancy loss. Clinical immunology (Orlando, Fla.). 2019.06; 203 37-44. ( PubMed, DOI )

  19. FACTORS THAT AFFECT THE RESPONSE TO TOCILIZUMAB WITH REGARD TO WORK PRODUCTIVITY IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS: A 2-YEAR FOLLOW-UP OF THE FIRST ACT-SC STUDY 2019.06; 78 1667. ( DOI )

  20. Kanako Watanabe-Kusunoki, Nobuya Abe, Daigo Nakazawa, Kohei Karino, Fumihiko Hattanda, Yuichiro Fujieda, Saori Nishio, Shinsuke Yasuda, Akihiro Ishizu, Tatsuya Atsumi. A case report dysregulated neutrophil extracellular traps in a patient with propylthiouracil-induced anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis. Medicine. 2019.04; 98 (17): e15328. ( PubMed, DOI )

  21. Nobuya Abe, Yuichiro Fujieda, Kentaro Nagaoka, Misako Ohkusu, Shinsuke Yasuda, Katsuhiko Kamei, Tatsuya Atsumi. Disseminated Cryptococcosis with Bronchiolitis and Cellulitis. American journal of respiratory and critical care medicine. 2019.01; 199 (2): 235-236. ( PubMed, DOI )

  22. Michihiro Kono, Takashi Kurita, Shinsuke Yasuda, Michihito Kono, Yuichiro Fujieda, Toshiyuki Bohgaki, Takayuki Katsuyama, George C Tsokos, Vaishali R Moulton, Tatsuya Atsumi. Decreased Expression of Serine/Arginine-Rich Splicing Factor 1 in T Cells From Patients With Active Systemic Lupus Erythematosus Accounts for Reduced Expression of RasGRP1 and DNA Methyltransferase 1. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.). 2018.12; 70 (12): 2046-2056. ( PubMed, DOI )

  23. Hiroyuki Nakamura, Sanae Shimamura, Shinsuke Yasuda, Michihito Kono, Michihiro Kono, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Tomohiro Shimizu, Norimasa Iwasaki, Tatsuya Atsumi. Ectopic RASGRP2 (CalDAG-GEFI) expression in rheumatoid synovium contributes to the development of destructive arthritis. Annals of the rheumatic diseases. 2018.12; 77 (12): 1765-1772. ( PubMed, DOI )

  24. Shun Tanimura, Yuichiro Fujieda, Michihiro Kono, Yuhei Shibata, Ryo Hisada, Eri Sugawara, Hiroyuki Nakamura, Kazumasa Ohmura, Sanae Shimamura, Asako Mitani, Haruki Shida, Toshiyuki Watanabe, Masaru Kato, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Shinsuke Yasuda, Chikara Shimizu, Tatsuya Atsumi. Clinical significance of plasma presepsin levels in patients with systemic lupus erythematosus. Modern rheumatology. 2018.09; 28 (5): 865-871. ( PubMed, DOI )

  25. Shimizu Y, Yasuda S, Kimura T, Nishio S, Kono M, Ohmura K, Shimamura S, Kono M, Fujieda Y, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Fukasawa Y, Tanaka S, Atsumi T. Interferon-inducible Mx1 protein is highly expressed in renal tissues from treatment-naïve lupus nephritis, but not in those under immunosuppressive treatment. Modern rheumatology. 2018.07; 28 (4): 661-669. ( PubMed, DOI )

  26. M. Kono, S. Yasuda, M. Kono, T. Atsumi. Tocilizumab reduced production of systemic sclerosis-related autoantibodies and anti-cyclic citrullinated protein antibodies in two patients with overlapping systemic sclerosis and rheumatoid arthritis Scandinavian Journal of Rheumatology. 2018.05; 47 (3): 248-250. ( PubMed, DOI )

  27. Kazumasa Ohmura, Masaru Kato, Toshiyuki Watanabe, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Yoichi M Ito, Norihiro Sato, Tatsuya Atsumi. Effect of combined treatment with bisphosphonate and vitamin D on atherosclerosis in patients with systemic lupus erythematosus: a propensity score-based analysis. Arthritis research & therapy. 2018.04; 20 (1): 72. ( PubMed, DOI )

  28. Hiroyuki Nakamura, Kenji Oku, Olga Amengual, Kazumasa Ohmura, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. First-Line, Non-Criterial Antiphospholipid Antibody Testing for the Diagnosis of Antiphospholipid Syndrome in Clinical Practice: A Combination of Anti-β2 -Glycoprotein I Domain I and Anti-Phosphatidylserine/Prothrombin Complex Antibodies Tests. Arthritis care & research. 2018.04; 70 (4): 627-634. ( PubMed, DOI )

  29. Hiroyuki Nakamura, Kenji Oku, Yusuke Ogata, Kazumasa Ohmura, Yoko Yoshida, Etsuko Kitano, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Shinsuke Yasuda, Yoshihiro Fujimura, Tsukasa Seya, Tatsuya Atsumi. Alternative pathway activation due to low level of complement factor H in primary antiphospholipid syndrome. Thrombosis research. 2018.04; 164 63-68. ( PubMed, DOI )

  30. Masaru Kato, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. The role of genetics and epigenetics in rheumatic diseases: are they really a target to be aimed at? Rheumatology International. 2018.04; 38 (8): 1-6. ( PubMed, DOI )

  31. T. Watanabe, K. Oku, O. Amengual, R. Hisada, K. Ohmura, I. Nakagawa, H. Shida, T. Bohgaki, T. Horita, S. Yasuda, T. Atsumi. Effects of statins on thrombosis development in patients with systemic lupus erythematosus and antiphospholipid antibodies Lupus. 2018.02; 27 (2): 225-234. ( PubMed, DOI )

  32. Simone Mader, Venkatesh Jeganathan, Yoshiyuki Arinuma, Yuichiro Fujieda, Irena Dujmovic, Jelena Drulovic, Yuka Shimizu, Yuko Sakuma, Joel N. H. Stern, Cynthia Aranow, Meggan Mackay, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi, Shunsei Hirohata, Betty Diamond. Understanding the Antibody Repertoire in Neuropsychiatric Systemic Lupus Erythematosus and Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder: Do They Share Common Targets? Arthritis and Rheumatology. 2018.02; 70 (2): 277-286. ( PubMed, DOI )

  33. Hiroyuki Nakamura, Masaru Kato, Toshitaka Nakaya, Michihiro Kono, Shun Tanimura, Takahiro Sato, Yuichiro Fujieda, Kenji Oku, Hiroshi Ohira, Toshiyuki Bohgaki, Shinsuke Yasuda, Ichizo Tsujino, Masaharu Nishimura, Tatsuya Atsumi. Decreased haptoglobin levels inversely correlated with pulmonary artery pressure in patients with pulmonary arterial hypertension: A cross-sectional study MEDICINE. 2017.10; 96 (43): e8349. ( PubMed, DOI )

  34. Hiroyuki Nakamura, Shinsuke Yasuda, Atsushi Noguchi, Toshio Odani, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Kenji Oku, Junichi Sugita, Toshiyuki Bohgaki, Tomoyuki Endo, Takanori Teshima, Tatsuya Atsumi. Long-Term Follow-up Report on Japanese Patients with Severe Systemic Sclerosis after Autologous Hematopoietic Stem Cell Transplantation ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  35. Yoshiya Tanaka, Hideto Kameda, Kazuyoshi Saito, Yuko Kaneko, Eiichi Tanaka, Shinsuke Yasuda, Naoto Tamura, Keishi Fujio, Takao Fujii, Toshihisa Kojima, Tatsuhiko Anzai, Chikuma Hamada, Yoshihisa Fujino, Shinya Matsuda, Hitoshi Kohsaka. Improvement in Overall Work Productivity Among Biologic-NaiVe Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with Tocilizumab Subcutaneous Injection: A Prospective, Real World, Observational Study in Japan ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  36. Nobuya Abe, Kenji Oku, Olga Amengual, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Shinsuke Yasuda, Rintaro Mori, Eriko Morishita, Katsue Suzuki-Inoue, Tatsuya Atsumi. Possible Therapeutics for Antiphospholipid Antibody Related Thrombocytopenia: A Systemic Review and Meta-Analysis ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  37. R. Hisada, M. Kato, E. Sugawara, Y. Fujieda, K. Oku, T. Bohgaki, O. Amengual, S. Yasuda, T. Atsumi. Thrombotic risk stratification by platelet count in patients with antiphospholipid antibodies: a longitudinal study JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2017.09; 15 (9): 1782-1787. ( PubMed, DOI )

  38. Tatsuya Atsumi, Yoshiya Tanaka, Kazuhiko Yamamoto, Tsutomu Takeuchi, Hisashi Yamanaka, Naoki Ishiguro, Katsumi Eguchi, Akira Watanabe, Hideki Origasa, Shinsuke Yasuda, Yuji Yamanishi, Yasuhiko Kita, Tsukasa Matsubara, Masahiro Iwamoto, Toshiharu Shoji, Osamu Togo, Toshiyuki Okada, Desiree van der Heijde, Nobuyuki Miyasaka, Takao Koike. Clinical benefit of 1-year certolizumab pegol (CZP) add-on therapy to methotrexate treatment in patients with early rheumatoid arthritis was observed following CZP discontinuation: 2-year results of the C-OPERA study, a phase III randomised trial ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2017.08; 76 (8): 1348-1356. ( PubMed, DOI )

  39. Kenji Oku, Olga Amengual, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. How to Identify High-Risk APS Patients: Clinical Utility and Predictive Values of Validated Scores CURRENT RHEUMATOLOGY REPORTS. 2017.08; 19 (8): 51. ( PubMed, DOI )

  40. H. Nakamura, O. Amengual, T. Horita, M. Kato, K. Oku, T. Bohgaki, S. Yasuda, T. Atsumi. Acute aortic thrombosis related to antiphospholipid antibodies LUPUS. 2017.06; 26 (7): 783-784. ( PubMed, DOI )

  41. R. Hisada, M. Kato, N. Ohnishi, M. Kono, S. Tanimura, E. Sugawara, H. Nakamura, K. Ohmura, S. Shimamura, Y. Fujieda, K. Oku, T. Bohgaki, O. Amengual, S. Yasuda, T. Atsumi. HIGH RISK OF IDIOPATHIC OSTEONECROSIS IN SLE PATIENTS WITH HIGH ANTIPHOSPHOLIPID SCORE AND HYPERTRIGLYCERIDEMIA ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2017.06; 76 598. ( DOI )

  42. K. Ohmura, K. Oku, T. Kitaori, M. Kono, S. Tanimura, E. Sugawara, R. Hisada, H. Nakamura, S. Shimamura, Y. Fujieda, M. Kato, T. Bohgaki, O. Amengual, S. Yasuda, M. Sugiura-Ogasawara, T. Atsumi. AUTOANTIBODY AGAINST COMPLEMENT COMPONENT 1Q SUBCOMPONENT IS ASSOCIATED WITH THE PATHOGENESIS OF RECURRENT PREGNANCY LOSS ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2017.06; 76 1453-1454. ( DOI )

  43. H. Nakamura, M. Kato, M. Kono, S. Tanimura, R. Hisada, E. Sugawara, K. Ohmura, S. Shimamura, Y. Fujieda, K. Oku, T. Bohgaki, O. Amengual, S. Yasuda, T. Atsumi. USEFULNESS OF SERUM HAPTOGLOBIN LEVELS AS A NOVEL MARKER FOR PULMONARY ARTERIAL HYPERTENSION COMPLICATED WITH CONNECTIVE TISSUE DISEASE ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2017.06; 76 624-625. ( DOI )

  44. Shinsuke Yasuda, Yuka Shimizu, Tatsuya Atsumi. Brain MRI abnormalities defined as risks for poor prognosis in lupus patients with acute confusional state: Are they antibody mediated? MODERN RHEUMATOLOGY. 2017.03; 27 (2): 191-192. ( PubMed, DOI )

  45. Michihiro Kono, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Takayasu Arteritis with Varied-size Vessel Involvement JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2017.01; 44 (1): 125-126. ( PubMed, DOI )

  46. Atsushi Noguchi, Masaru Kato, Michihito Kono, Kazumasa Ohmura, Hiroshi Ohira, Ichizo Tsujino, Noriko Oyama-Manabe, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Masaharu Nishimura, Tatsuya Atsumi. Bi-ventricular interplay in patients with systemic sclerosis-associated pulmonary arterial hypertension: Detection by cardiac magnetic resonance MODERN RHEUMATOLOGY. 2017; 27 (3): 481-488. ( PubMed, DOI )

  47. Eri Sugawara, Masaru Kato, Ryo Hisada, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Treatment of Vasodilator-resistant Mixed Connective Tissue Disease-associated Pulmonary Arterial Hypertension with Glucocorticoid and Cyclophosphamide INTERNAL MEDICINE. 2017; 56 (4): 445-448. ( PubMed, DOI )

  48. Shinsuke Yasuda, Kazumasa Ohmura, Hiroshi Kanazawa, Takashi Kurita, Yujiro Kon, Tomonori Ishii, Yuichiro Fujieda, Satoshi Jodo, Kazuhide Tanimura, Michio Minami, Tomomasa Izumiyama, Takumi Matsumoto, Yoshiharu Amasaki, Yoko Suzuki, Hideki Kasahara, Naofumi Yamauchi, Masaru Kato, Tamotsu Kamishima, Akito Tsutsumi, Hiromitsu Takemori, Takao Koike, Tatsuya Atsumi. Maintenance treatment using abatacept with dose reduction after achievement of low disease activity in patients with rheumatoid arthritis (MATADOR) - A prospective, multicenter, single arm pilot clinical trial MODERN RHEUMATOLOGY. 2017; 27 (6): 930-937. ( PubMed, DOI )

  49. Michihito Kono, Tamotsu Kamishima, Shinsuke Yasuda, Keita Sakamoto, Sawako Abe, Atsushi Noguchi, Toshiyuki Watanabe, Yuka Shimizu, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi. Effectiveness of whole-body magnetic resonance imaging for the efficacy of biologic anti-rheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis: A retrospective pilot study MODERN RHEUMATOLOGY. 2017; 27 (6): 953-960. ( PubMed, DOI )

  50. Fumio Hirano, Waka Yokoyama, Hayato Yamazaki, Koichi Amano, Atsushi Kawakami, Taichi Hayashi, Naoto Tamura, Shinsuke Yasuda, Hiroaki Dobashi, Takao Fujii, Satoshi Ito, Yuko Kaneko, Toshihiro Matsui, Yasuaki Okuda, Kazuyoshi Saito, Fumihito Suzuki, Ryusuke Yoshimi, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Achieving simplified disease activity index remission in patients with active rheumatoid arthritis is associated with subsequent good functional and structural outcomes in a real-world clinical setting under a treat-to-target strategy MODERN RHEUMATOLOGY. 2017; 27 (5): 811-819. ( PubMed, DOI )

  51. Honda Y, Nagai T, Ikeda Y, Sakakibara M, Asakawa N, Nagano N, Nakai M, Nishimura K, Sugano Y, Ohta-Ogo K, Asaumi Y, Aiba T, Kanzaki H, Kusano K, Noguchi T, Yasuda S, Tsutsui H, Ishibashi-Ueda H, Anzai T. Myocardial Immunocompetent Cells and Macrophage Phenotypes as Histopathological Surrogates for Diagnosis of Cardiac Sarcoidosis in Japanese. Journal of the American Heart Association. 2016.11; 5 (11): ( PubMed, DOI )

  52. Otomo K, Amengual O, Fujieda Y, Nakagawa H, Kato M, Oku K, Horita T, Yasuda S, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S, Koike T, Atsumi T. Role of apolipoprotein B100 and oxidized low-density lipoprotein in the monocyte tissue factor induction mediated by anti-β2 glycoprotein I antibodies. Lupus. 2016.10; 25 (12): 1288-1298. ( PubMed, DOI )

  53. Kenji Oku, Hiroyuki Nakamura, Michihiro Kono, Kazumasa Ohmura, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Olga Amengual, Tatsuya Atsumi. Complement and thrombosis in the antiphospholipid syndrome AUTOIMMUNITY REVIEWS. 2016.10; 15 (10): 1001-1004. ( PubMed, DOI )

  54. Kenji Oku, Olga Amengual, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Naoya Sakamoto, Masahiro Ieko, Gary L. Norman, Tatsuya Atsumi. Significance of fully automated tests for the diagnosis of antiphospholipid syndrome THROMBOSIS RESEARCH. 2016.10; 146 1-6. ( PubMed, DOI )

  55. Ryo Hisada, Masaru Kato, Hisako Nakagawa, Eri Sugawara, Masatoshi Kanda, Kazumasa Ohmura, Ikuma Nakagawa, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Deviation of T and B Cell Subset and Its Association with Single Nucleotide Polymorphisms in Patients with Antiphospholipid Syndrome ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  56. Kenji Oku, Uhei Shibata, Joana Batuca, Olga Amengual, Michihiro Kono, Hiroyuki Nakamura, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Shinsuke Yasuda, Jose Delgado Alves, Tatsuya Atsumi. Autoantibodies Against High Density Lipoprotein-Associated Proteins Are Related to Elevated Oxidized Low Density Lipoprotein Levels in Antiphospholipid Syndrome ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  57. Kenji Oku, Olga Amengual, Kazumasa Ohmura, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Eriko Morishita, Masahiro Ieko, Tatsuya Atsumi. A Practical Application of Antiphospholipid Antibodies Profiles in the Diagnosis and Managements of Antiphospholipid Syndrome: The Modified Antiphospholipid Score ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  58. Simone Mader, Yoshiyuki Arinuma, Venkatesh Jeganathan, Yuichiro Fujieda, Irena Dujmovi, Jelen Drulovic, Yuko Sakuma, Shinsuke Yasuda, Joel Stern, Cynthia Aranow, Meggan Mackay, Tatsuya Atsumi, Shunsei Hirohata, Betty Diamond. Clinical Utility of Anti-Aquaporin 4 Antibody Measurement in Patients with Neuropsychiatric Systemic Lupus Erythematosus with Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder Manifestations ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  59. Hiroyuki Nakamura, Kenji Oku, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Complement Activation in Antiphospholipid Syndrome Due to the Multi-Activated Pathways of the Complement System ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  60. Shinsuke Yasuda, Kazumasa Ohmura, Hiroshi Kanazawa, Takashi Kurita, Yujiro Kon, Tomonori Ishii, Satoshi Jodo, Kazuhide Tanimura, Michio Minami, Tomomasa Izumiyama, Takumi Matsumoto, Yoshiharu Amasaki, Yoko Suzuki, Hideki Kasahara, Naofumi Yamauchi, Akito Tsutsumi, Hiromitsu Takemori, Takao Koike, Tatsuya Atsumi. Maintenance Treatment Using Abatacept with Dose Reduction after Achievement of Low Disease Activity in Patients with Rheumatoid Arthritis (MATADOR) - a Prospective, Multicentered, Single Arm Clinical Trial ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  61. Atsushi Noguchi, Shinsuke Yasuda, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Sanae Shimamura, Yuka Shimizu, Masaru Kato, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Miho Suzuki, Yoshihiro Matsumoto, Tatsuya Atsumi. Anti-CCP Antibody Titers Decrease with Altered B-Cell Subpopulation in RA Patients Treated with Tocilizumab ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  62. Kazumasa Ohmura, Masaru Kato, Toshiyuki Watanabe, Ryo Hisada, Masatoshi Kanda, Sanae Shimamura, Ikuma Nakagawa, Yuka Shimizu, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Preventive Effect of Combined Treatment with Bisphosphonate and Vitamin D on Atherosclerosis in Patients with Systemic Lupus Erythematosus ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016.10; 68

  63. Masaru Kato, Caroline Ospelt, Christoph Kolling, Tomohiro Shimizu, Michihito Kono, Shinsuke Yasuda, Beat A. Michel, Renate E. Gay, Steffen Gay, Kerstin Klein, Tatsuya Atsumi. AAA-ATPase p97 suppresses apoptotic and autophagy-associated cell death in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts ONCOTARGET. 2016.09; 7 (39): 64221-64232. ( PubMed, DOI )

  64. Yuka Shimizu, Shinsuke Yasuda, Yuki Kako, Shin Nakagawa, Masatoshi Kanda, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Sanae Shimamura, Haruki Shida, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Ichiro Kusumi, Tatsuya Atsumi. Post-steroid neuropsychiatric manifestations are significantly more frequent in SLE compared with other systemic autoimmune diseases and predict better prognosis compared with de novo neuropsychiatric SLE AUTOIMMUNITY REVIEWS. 2016.08; 15 (8): 786-794. ( PubMed, DOI )

  65. Kenji Oku, Olga Amengual, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Ikuma Nakagawa, Toshiyuki Watanabe, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Autoantibodies against a complement component 1 q subcomponent contribute to complement activation and recurrent thrombosis/pregnancy morbidity in anti-phospholipid syndrome RHEUMATOLOGY. 2016.08; 55 (8): 1403-1411. ( PubMed, DOI )

  66. T. Bohgaki, S. Yasuda, M. Kato, K. Oku, O. Amengual, T. Horita, T. Atsumi. INDUCTION OF TYPE-I INTERFERON MRNA IN HUMAN CD14+CELLS TREATED WITH NEUTROPHIL EXTRACELLULAR TRAPS CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2016.07; 34 (4): S42.

  67. Yuichiro Fujieda, Olga Amengual, Masaki Matsumoto, Kimiko Kuroki, Hidehisa Takahashi, Michihito Kono, Takashi Kurita, Kotaro Otomo, Masaru Kato, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Katsumi Maenaka, Shigetsugu Hatakeyama, Keiichi I. Nakayama, Tatsuya Atsumi. Ribophorin II is involved in the tissue factor expression mediated by phosphatidylserine-dependent antiprothrombin antibody on monocytes RHEUMATOLOGY. 2016.06; 55 (6): 1117-1126. ( PubMed, DOI )

  68. R. Hisada, M. Kato, E. Sugawara, K. Ohmura, I. Nakagawa, K. Oku, T. Bohgaki, O. Amengual, T. Horita, S. Yasuda, T. Atsumi. THROMBOCYTOPENIA IN PATIENTS WITH ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODIES: A PARADOXICAL THROMBOTIC RISK FACTOR ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2016.06; 75 315. ( DOI )

  69. Tatsuya Atsumi, Kazuhiko Yamamoto, Tsutomu Takeuchi, Hisashi Yamanaka, Naoki Ishiguro, Yoshiya Tanaka, Katsumi Eguchi, Akira Watanabe, Hideki Origasa, Shinsuke Yasuda, Yuji Yamanishi, Yasuhiko Kita, Tsukasa Matsubara, Masahiro Iwamoto, Toshiharu Shoji, Toshiyuki Okada, Desiree van der Heijde, Nobuyuki Miyasaka, Takao Koike. The first double-blind, randomised, parallel-group certolizumab pegol study in methotrexate-naive early rheumatoid arthritis patients with poor prognostic factors, C-OPERA, shows inhibition of radiographic progression ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2016.01; 75 (1): 75-83. ( PubMed, DOI )

  70. Shinsuke Yasuda. Antiphospholipid Antibodies as a Thrombotic Risk Factor in Connective Tissue Diseases and Idiopathic/immune Thrombocytopenic Purpura - Proposal for Altered Cut-off values for Better Prediction INTERNAL MEDICINE. 2016; 55 (6): 557-558. ( PubMed, DOI )

  71. Kenji Oku, Olga Amengual, Hiroyuki Nakamura, Ryo Hisada, Kazumasa Oomura, Masaru Mato, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Markers of thrombotic events in autoimmune diseases: Comparison of Antiphospholipid Score (aPL-S) and Global Anti-phospholipid Syndrome Score (GAPSS) JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY. 2015.11; 112 129-130. ( DOI )

  72. Kenji Oku, Yusaku Kanetsuka, Olga Amengual, Hiroyuki Nakamura, Kazumasa Oomura, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Bas Delaat, Tatsuya Atsumi. Procoagulant Property of a Novel Patient-Derived Autoimmune IgG Type Monoclonal Anticardiolipin Antibody That Binds to Beta 2 Glycoprotein Domain I but Not to Total Beta 2 Glycoprotein I Molecule ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015.10; 67

  73. Toshiyuki Watanabe, Kenji Oku, Olga Amengual, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Haruki Shida, Yuka Shimizu, Masaru Kato, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Akihiro Ishizu, Hisashi Arase, Tatsuya Atsumi. Reduction of HLA Class II Expression and Beta-2-Glycoprotein I Presentation By Fluvastatin in Vitro and in Vivo: Possible Mechanism of Statin-Induced-Deprocoagulation in the Antiphospholipid Syndrome ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015.10; 67

  74. Masaru Kato, Kerstin Klein, Caroline Ospelt, Christoph Kolling, Michihito Kono, Shinsuke Yasuda, Renate E. Gay, Steffen Gay, Tatsuya Atsumi. AAA-Atpase p97-HDAC6 Controlled Poly-Ubiquitin Turnover Regulates Apoptotic and Autophagy-Associated Cell Death in Arthritis ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015.10; 67

  75. Takehiro Yamada, Nobuhisa Ishiguro, Kenji Oku, Issei Higuchi, Ikuma Nakagawa, Atsushi Noguchi, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Fukumoto, Sumio Iwasaki, Kouji Akizawa, Ayako Furugen, Hiroaki Yamaguchi, Ken Iseki. Successful Colistin Treatment of Multidrug-Resistant Pseudomonas aeruginosa Infection Using a Rapid Method for Determination of Colistin in Plasma: Usefulness of Therapeutic Drug Monitoring BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 2015.09; 38 (9): 1430-1433. ( PubMed, DOI )

  76. Michihito Kono, Shinsuke Yasuda, Toshiyuki Watanabe, Tatsuya Atsumi. Projectile haemorrhage of a brachial artery in a patient with clinically amyopathic dermatomyositis RHEUMATOLOGY. 2015.08; 54 (8): 1530-1531. ( PubMed, DOI )

  77. Takashi Kurita, Shinsuke Yasuda, Koji Oba, Toshio Odani, Michihito Kono, Kotaro Otomo, Yuichiro Fujieda, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi. The efficacy of tacrolimus in patients with interstitial lung diseases complicated with polymyositis or dermatomyositis. Rheumatology (Oxford, England). 2015.08; 54 (8): 1536. ( PubMed, DOI )

  78. Shinsuke Yasuda, Takashi Kurita, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi. Comment on: The efficacy of tacrolimus in patients with interstitial lung diseases complicated with polymyositis or dermatomyositis: reply RHEUMATOLOGY. 2015.06; 54 (6): 1129. ( PubMed, DOI )

  79. K. Oku, O. Amengual, T. Bohgaki, T. Horita, S. Yasuda, T. Atsumi. An independent validation of the Global Anti-Phospholipid Syndrome Score in a Japanese cohort of patients with autoimmune diseases LUPUS. 2015.06; 24 (7): 774-775. ( PubMed, DOI )

  80. M. Kato, K. Klein, C. Ospelt, C. Kolling, M. Kono, S. Yasuda, R. E. Gay, S. Gay, T. Atsumi. AAA-ATPASE P97 REGULATES APOPTOTIC AND AUTOPHAGY-ASSOCIATED CELL DEATH IN ARTHRITIS ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2015.06; 74 207-208. ( DOI )

  81. A. Noguchi, S. Yasuda, M. Kono, M. Kato, K. Oku, T. Bohgaki, O. Amengual, T. Horita, T. Sato, I. Tsujino, M. Nishimura, T. Atsumi. CARDIAC MAGNETIC RESONANCE IMAGING DETECTS DISEASE-SPECIFIC BIVENTRICULAR INVOLVEMENT IN PATIENTS WITH SYSTEMIC SCLEROSIS-ASSOCIATED PULMONARY ARTERIAL HYPERTENSION ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2015.06; 74 1124. ( DOI )

  82. K. Oku, O. Amengual, R. Hisada, K. Oomura, Nakagawa, I, T. Watanabe, T. Bohgaki, T. Horita, S. Yasuda, T. Atsumi. Predictive markers for thrombotic events in autoimmune diseases: comparison of antiphospholipid score (APL-S) and global anti-phospholipid syndrome score (GAPSS) JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2015.06; 13 775.

  83. S. Yasuda, Y. Shimizu, M. Kono, S. Shimamura, A. Noguchi, H. Shida, T. Watanabe, M. Kato, K. Oku, T. Bohgaki, O. Amengual, T. Horita, T. Atsumi. Myxovirus resistance protein 1 (Mx1) levels are elevated in T cells of the patients with SLE and serum Mx1 is a marker of Neuropsychiatric SLE CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2015.05; 33 (3): S20.

  84. Tanimura K, Jin H, Suenaga T, Morikami S, Arase N, Kishida K, Hirayasu K, Kohyama M, Ebina Y, Yasuda S, Horita T, Takasugi K, Ohmura K, Yamamoto K, Katayama I, Sasazuki T, Lanier LL, Atsumi T, Yamada H, Arase H. β2-glycoprotein I / HLA class II complexes are novel autoantigens in antiphospholipid syndrome. Blood. 2015.04; 125 (18): 2835-2844. ( PubMed, DOI )

  85. Hayato Yamazaki, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Yasunari Miyazaki, Michi Tanaka, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Shinsuke Yasuda, Takashi Kurita, Yuko Kaneko, Yoshiya Tanaka, Yasuhiko Nishioka, Yoshinari Takasaki, Kenji Nagasaka, Hayato Nagasawa, Shigeto Tohma, Makoto Dohi, Takahiko Sugihara, Haruhito Sugiyama, Yasushi Kawaguchi, Naohiko Inase, Sae Ochi, Hiroyuki Hagiyama, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Assessment of Risks of Pulmonary Infection During 12 Months Following Immunosuppressive Treatment for Active Connective Tissue Diseases: A Large-scale Prospective Cohort Study JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2015.04; 42 (4): 614-622. ( PubMed, DOI )

  86. Ryoko Sakai, Soo-Kyung Cho, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Michi Tanaka, Ryuji Koike, Yoshiya Tanaka, Kazuyoshi Saito, Shintaro Hirata, Koichi Amano, Hayato Nagasawa, Takayuki Sumida, Taichi Hayashi, Takahiko Sugihara, Hiroaki Dobashi, Shinsuke Yasuda, Tetsuji Sawada, Kazuhiko Ezawa, Atsuhisa Ueda, Takao Fujii, Kiyoshi Migita, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. Head-to-head comparison of the safety of tocilizumab and tumor necrosis factor inhibitors in rheumatoid arthritis patients (RA) in clinical practice: results from the registry of Japanese RA patients on biologics for long-term safety (REAL) registry ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY. 2015.03; 17 74. ( PubMed, DOI )

  87. Michihito Kono, Shinsuke Yasuda, Richard L. Stevens, Hideyuki Koide, Takashi Kurita, Yuka Shimizu, Yusaku Kanetsuka, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Tomohiro Shimizu, Tokifumi Majima, Takao Koike, Tatsuya Atsumi. Ras Guanine Nucleotide-Releasing Protein 4 Is Aberrantly Expressed in the Fibroblast-like Synoviocytes of Patients With Rheumatoid Arthritis and Controls Their Proliferation ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015.02; 67 (2): 396-407. ( PubMed, DOI )

  88. Kanako Watanabe, Shinsuke Yasuda, Atsushi Noguchi, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi. Clinical Images: Coronary and mesenteric involvement in polyarteritis nodosa ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015.02; 67 (2): 583. ( PubMed, DOI )

  89. Kurita T, Yasuda S, Oba K, Odani T, Kono M, Otomo K, Fujieda Y, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Horita T, Atsumi T. The efficacy of tacrolimus in patients with interstitial lung diseases complicated with polymyositis or dermatomyositis. Rheumatology (Oxford, England). 2015.01; 54 (1): 39-44. ( PubMed, DOI )

  90. Hiroshi Kataoka, Shinsuke Yasuda, Shinji Fukaya, Kenji Oku, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi, Takao Koike. Decreased expression of Runx1 and lowered proportion of Foxp3(+)CD25(+)CD4(+) regulatory T cells in systemic sclerosis MODERN RHEUMATOLOGY. 2015.01; 25 (1): 90-95. ( PubMed, DOI )

  91. T. Kurita, S. Yasuda, O. Amengual, T. Atsumi. The efficacy of calcineurin inhibitors for the treatment of interstitial lung disease associated with polymyositis/dermatomyositis LUPUS. 2015.01; 24 (1): 3-9. ( PubMed, DOI )

  92. Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi, Sanae Shimamura, Kota Ono, Keiju Hiromura, Kenei Sada, Masaaki Mori, Syuji Takei, Yasushi Kawaguchi, Naoto Tamura, Yoshinari Takasaki. Surveillance for the use of mycophenolate mofetil for adult patients with lupus nephritis in Japan MODERN RHEUMATOLOGY. 2015; 25 (6): 854-857. ( DOI )

  93. Ryoki Hara, Hirotaka Miyazawa, Kenichi Nishimura, Takahiro Momoi, Tomo Nozawa, Masako Kikuchi, Nodoka Sakurai, Toshitaka Kizawa, Sanae Shimamura, Shinsuke Yasuda, Keiju Hiromura, Ken-ei Sada, Yasushi Kawaguchi, Naoto Tamura, Syuji Takei, Yoshinari Takasaki, Tatsuya Atsumi, Masaaki Mori. A national survey on current use of mycophenolate mofetil for childhood-onset systemic lupus erythematosus in Japan MODERN RHEUMATOLOGY. 2015; 25 (6): 858-864. ( PubMed, DOI )

  94. Yuka Shimizu, Shinsuke Yasuda, Takashi Kurita, Sanae Shimamura, Ikuma Nakagawa, Atsushi Noguchi, Haruki Shida, Toshiyuki Watanabe, Michihito Kono, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi. Upregulation of Myxovirus Resistance Protein 1 in Patients with Neuropsychiatric Systemic Lupus Erythematosus ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S718-S719. ( DOI )

  95. M. Kono, S. Yasuda, M. Kato, Y. Kanetsuka, T. Kurita, Y. Fujieda, K. Otomo, T. Horita, K. Oba, M. Kondo, M. Mukai, M. Yanai, Y. Fukasawa, T. Atsumi. Long-term outcome in Japanese patients with lupus nephritis LUPUS. 2014.10; 23 (11): 1124-1132. ( PubMed, DOI )

  96. Ikuma Nakagawa, Kenji Oku, Olga Amengual, Ryo Hisada, Eri Sugawara, Kazumasa Ohmura, Tomoko Fukui, Sanae Shimamura, Haruki Shida, Toshiyuki Watanabe, Yuka Shimizu, Michihito Kono, Takashi Kurita, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Thrombocytopenia in Primary Antiphospholipid Syndrome Is Related to Arterial Thrombosis ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S1.

  97. Takashi Kurita, Shinsuke Yasuda, Vaishali Moulton, Yuka Shimizu, Michihito Kono, Hideyuki Koide, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, George C. Tsokos, Tatsuya Atsumi. Decreased Levels of SRSF1 (Serin/Arginine-Rich Splicing Factor1) Induced Lower Levels of RasGRP1 in T Cells from Patients with Systemic Lupus Erythematosus. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S1171.

  98. Kenji Oku, Olga Amengual, Ryo Hisada, Kazumasa Oomura, Ikuma Nakagawa, Toshiyuki Watanabe, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Markers of Thrombotic Events in Autoimmune Diseases: Comparison of Antiphospholipid Score (aPL-S) and Global Anti-Phospholipid Syndrome Score (GAPSS). ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S1251-S1252.

  99. Michihito Kono, Shinsuke Yasuda, Kazumasa Ohmura, Tomoko Fukui, Sanae Shimamura, Ikuma Nakagawa, Atsushi Noguchi, Haruki Shida, Toshiyuki Watanabe, Yuka Shimizu, Takashi Kurita, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Keita Sakamoto, Tamotsu Kamishima, Tatsuya Atsumi. Efficacy of Tocilizumab in Patients with Rheumatoid Arthritis: Sequential Evaluation Using Whole-Body Magnetic Resonance Imaging. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S518. ( DOI )

  100. Toshiyuki Watanabe, Kenji Oku, Olga Amengual, Eri Sugawara, Ryo Hisada, Kazumasa Ohmura, Tomoko Fukui, Sanae Shimamura, Ikuma Nakagawa, Atsushi Noguchi, Haruki Shida, Michihito Kono, Yuka Shimizu, Takashi Kurita, Toshiyuki Bohgaki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. The Protective Effects of Statins for Thrombosis in Patients with Systemic Lupus Erythematosus Positive for Antiphospholipid Antibodies. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S1154-S1155.

  101. Tomoko Fukui, Shinsuke Yasuda, Toshiyuki Watanabe, Kazumasa Ohmura, Sanae Shimamura, Ikuma Nakagawa, Atsushi Noguchi, Haruki Shida, Yuka Shimizu, Michihito Kono, Takashi Kurita, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Olga Amengual, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi. Antiphospholipid-Associated Nephropathy Is a Risk for Developing Arterial Thromboses in Patients with Systemic Lupus Erythematosus ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S3.

  102. Masaru Kato, Kerstin Klein, Caroline Ospelt, Christoph Kolling, Michihito Kono, Shinsuke Yasuda, Renate E. Gay, Steffen Gay, Tatsuya Atsumi. AAA-Atpase p97 Regulates Autophagy-Associated Cell Death in Arthritis ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2014.10; 66 S195.

  103. Olga Amengual, Tetsuya Horita, Walter Binder, Gary L. Norman, Zakera Shums, Masaru Kato, Kotaro Otomo, Yuichiro Fujieda, Kenji Oku, Toshiyuki Bohgaki, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Comparative analysis of different enzyme immunoassays for assessment of phosphatidylserine-dependent antiprothrombin antibodies RHEUMATOLOGY INTERNATIONAL. 2014.09; 34 (9): 1225-1230. ( PubMed, DOI )

  104. Hui Jin, Noriko Arase, Kouyuki Hirayasu, Masako Kohyama, Tadahiro Suenaga, Fumiji Saito, Kenji Tanimura, Sumiko Matsuoka, Kosuke Ebina, Kenrin Shi, Noriko Toyama-Sorimachi, Shinsuke Yasuda, Tetsuya Horita, Ryosuke Hiwa, Kiyoshi Takasugi, Koichiro Ohmura, Hideki Yoshikawa, Takashi Saito, Tatsuya Atsumi, Takehiko Sasazuki, Ichiro Katayama, Lewis L Lanier, Hisashi Arase. Autoantibodies to IgG/HLA class II complexes are associated with rheumatoid arthritis susceptibility. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2014.03; 111 (10): 3787-92. ( PubMed, DOI )

  105. Soo-Kyung Cho, Ryoko Sakai, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Hayato Nagasawa, Yoshiya Tanaka, Atsuo Nakajima, Shinsuke Yasuda, Atsushi Ihata, Kazuhiko Ezawa, Soyoung Won, Chan-Bum Choi, Yoon-Kyoung Sung, Tae-Hwan Kim, Jae-Bum Jun, Dae-Hyun Yoo, Nobuyuki Miyasaka, Sang-Cheol Bae, Masayoshi Harigai. A comparison of incidence and risk factors for serious adverse events in rheumatoid arthritis patients with etanercept or adalimumab in Korea and Japan Modern Rheumatology. 2014; 24 (4): 572-579. ( PubMed, DOI )

  106. Ryoko Sakai, Soo-Kyung Cho, Toshihiro Nanki, Ryuji Koike, Kaori Watanabe, Hayato Yamazaki, Hayato Nagasawa, Koichi Amano, Yoshiya Tanaka, Takayuki Sumida, Atsushi Ihata, Shinsuke Yasuda, Atsuo Nakajima, Takahiko Sugihara, Naoto Tamura, Takao Fujii, Hiroaki Dobashi, Yasushi Miura, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. The risk of serious infection in patients with rheumatoid arthritis treated with tumor necrosis factor inhibitors decreased over time: a report from the registry of Japanese rheumatoid arthritis patients on biologics for long-term safety (REAL) database Rheumatology International. 2014; 34 (12): 1729-1736. ( PubMed, DOI )

  107. M. Kato, T. Atsumi, K. Oku, O. Amengual, H. Nakagawa, Y. Fujieda, K. Otomo, T. Horita, S. Yasuda, T. Koike. The involvement of CD36 in monocyte activation by antiphospholipid antibodies Lupus. 2013.07; 22 (8): 761-771. ( PubMed, DOI )

  108. T. Watanabe, K. Oku, O. Amengual, S. Shimamura, I. Nakagawa, A. Noguchi, Y. Kanetsuka, M. Kono, T. Kurita, Y. Fujieda, T. Bohgaki, S. Yasuda, T. Horita, T. Atsumi. THE ANALYSIS OF RISK AND PROTECTIVE FACTORS FOR THROMBOSIS IN SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS WITH OR WITHOUT ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODIES ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2013.06; 72 482.

  109. Olga Amengual, Tatsuya Atsumi, Kenji Oku, Eriko Suzuki, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Takao Koike. Phospholipid scramblase 1 expression is enhanced in patients with antiphospholipid syndrome Modern Rheumatology. 2013.01; 23 (1): 81-88. ( PubMed, DOI )

  110. Shinsuke Yasuda. Disseminated intravascular coagulation in the presence of antiphospholipid antibodies: The differential diagnosis from catastrophic or microangiopathic antiphospholipid syndrome Internal Medicine. 2013; 52 (2): 169-170. ( PubMed, DOI )

  111. Kenji Oku, Olga Amengual, Polona Zigon, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi. Essential role of the p38 mitogen-activated protein kinase pathway in tissue factor gene expression mediated by the phosphatidylserine-dependent antiprothrombin antibody Rheumatology (United Kingdom). 2013; 52 (10): 1775-1784. ( PubMed, DOI )

  112. Y. Fujieda, T. Atsumi, O. Amengual, T. Odani, K. Otomo, M. Kato, K. Oku, Y. Kon, T. Horita, S. Yasuda, T. Koike. Predominant prevalence of arterial thrombosis in Japanese patients with antiphospholipid syndrome LUPUS. 2012.12; 21 (14): 1506-1514. ( PubMed, DOI )

  113. Toshio Odani, Shinsuke Yasuda, Yuko Ota, Yuichiro Fujieda, Yujiro Kon, Tetsuya Horita, Yasushi Kawaguchi, Tatsuya Atsumi, Hisashi Yamanaka, Takao Koike. Up-regulated expression of HLA-DRB5 transcripts and high frequency of the HLA-DRB5*01:05 allele in scleroderma patients with interstitial lung disease RHEUMATOLOGY. 2012.10; 51 (10): 1765-1774. ( PubMed, DOI )

  114. Hayato Yamazaki, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Yasunari Miyazaki, Michi Tanaka, Toshihiro Nanki, Kaori Watanabe, Shinsuke Yasuda, Takashi Kurita, Yuko Kaneko, Yoshiya Tanaka, Yasuhiko Nishioka, Yoshinari Takasaki, Kenji Nagasaka, Koichi Amano, Shigeto Tohma, Makoto Dohi, Takahiko Sugihara, Haruhito Sugiyama, Yasushi Kawaguchi, Naohiko Inase, Sae Ochi, Hiroyuki Hagiyama, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai. How to Assess Risks for Pulmonary Infection in Patients Receiving Immunosuppressive Treatment for Rheumatic Diseases? A Report From a Large-Scale Prospective Cohort Study. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2012.10; 64 (10): S44.

  115. T. Odani, S. Yasuda, M. Kono, T. Kurita, Y. Fujieda, K. Otomo, Y. Kon, T. Horita, T. Atsumi. EFFECTIVENESS OF AUTOLOGOUS HEMATOPOIETIC STEM CELL TRANSPLANTATION FOR INTERSTITIAL LUNG DISEASES IN PATIENTS WITH SYSTEMIC SCLEROSIS ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2012.06; 71 241.

  116. T. Kurita, S. Yasuda, K. Oba, K. Otomo, H. Shida, T. Watanabe, Y. Kanetsuka, M. Kono, T. Odani, Y. Fujieda, Y. Kon, T. Horita, N. Sato, T. Atsumi. THE EFFICACY OF TACROLIMUS IN PATIENTS WITH INTERSTITIAL LUNG DISEASES COMPLICATED WITH POLYMYOSITIS OR DERMATOMYOSITIS ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2012.06; 71 233.

  117. Kotaro Otomo, Tatsuya Atsumi, Olga Amengual, Yuichiro Fujieda, Masaru Kato, Kenji Oku, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Takao Koike. Efficacy of the antiphospholipid score for the diagnosis of antiphospholipid syndrome and its predictive value for thrombotic events ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2012.02; 64 (2): 504-512. ( PubMed, DOI )

  118. Kato Masaru, Atsumi Tatsuya, Kurita Takashi, Odani Toshio, Fujieda Yuichiro, Otomo Kotaro, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Koike Takao. Hepatitis B Virus Reactivation by Immunosuppressive Therapy in Patients with Autoimmune Diseases: Risk Analysis in Hepatitis B Surface Antigen-negative Cases JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2011.10; 38 (10): 2209-2214. ( DOI )

  119. Kato M., Kataoka H., Odani T., Fujieda Y., Otomo K., Oku K., Horita T., Yasuda S., Atsumi T., Ohira H., Tsujino I., Nishimura M., Koike T.. The short-term role of corticosteroid therapy for pulmonary arterial hypertension associated with connective tissue diseases: report of five cases and a literature review LUPUS. 2011.10; 20 (10): 1047-1056. ( DOI )

  120. Sakai Ryoko, Komano Yukiko, Tanaka Michi, Nanki Toshihiro, Koike Ryuji, Nakajima Atsuo, Atsumi Tatsuya, Yasuda Shinsuke, Tanaka Yoshiya, Saito Kazuyoshi, Tohma Shigeto, Fujii Takao, Ihata Atsushi, Tamura Naoto, Kawakami Atsushi, Sugihara Takahiko, Ito Satoshi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. The REAL database reveals no significant risk of serious infection during treatment with a methotrexate dose of more than 8 mg/week in patients with rheumatoid arthritis MODERN RHEUMATOLOGY. 2011.08; 21 (4): 444-448. ( DOI )

  121. K. Otomo, O. Amengual, T. Atsumi, Y. Fujieda, M. Kato, T. Horita, S. Yasuda, W. Binder, T. Koike. Phosphatidylserine-dependent antiprothrombin antibodies (aPS/Pt) is a useful predictive marker of thrombosis in patients with autoimmune diseases JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2011.07; 9 419-420.

  122. Y. Fujieda, T. Atsumi, K. Otomo, M. Kato, K. Oku, O. Amegual, S. Yasuda, T. Horita, T. Koike. Predominant prevalence of stroke in Japanese patients with the antiphospholipid syndrome JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2011.07; 9 514-515.

  123. K. Oku, T. Atsumi, O. Amengual, Y. Fujieda, K. Otomo, M. Kato, S. Furukawa, H. Kitakawa, S. Yasuda, T. Horita, Y. Hori, T. Nishikawa, K. Nihei, M. Ieko, T. Koike. Platelet activation and paradoxical inhibition of ADP induced aggregation by antiphospholipid antibodies in vitro JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2011.07; 9 165.

  124. Fujieda Yuichiro, Kataoka Hiroshi, Odani Toshio, Otomo Kotaro, Kato Masaru, Fukaya Shinji, Oku Kenji, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Atsumi Tatsuya, Koike Takao. Clinical features of reversible posterior leukoencephalopathy syndrome in patients with systemic lupus erythematosus MODERN RHEUMATOLOGY. 2011.06; 21 (3): 276-281. ( DOI )

  125. Bohgaki Miyuki, Matsumoto Masaki, Atsumi Tatsuya, Kondo Takeshi, Yasuda Shinsuke, Horita Tetsuya, Nakayama Keiichi I., Okumura Fumihiko, Hatakeyama Shigetsugu, Koike Takao. Plasma gelsolin facilitates interaction between beta(2) glycoprotein I and alpha(5)beta(1) integrin JOURNAL OF CELLULAR AND MOLECULAR MEDICINE. 2011.01; 15 (1): 141-151. ( DOI )

  126. Toko Hashimoto, Shinsuke Yasuda, Hideyuki Koide, Hiroshi Kataoka, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi, Takao Koike. Aberrant splicing of the hRasGRP4 transcript and decreased levels of this signaling protein in the peripheral blood mononuclear cells in a subset of patients with rheumatoid arthritis ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY. 2011; 13 (5): R154. ( PubMed, DOI )

  127. Suzuki Eriko, Amengual Olga, Atsumi Tatsuya, Oku Kenji, Hashimoto Toko, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Ieko Masahiro, Fukushima Kazuaki, Koike Takao. Increased Expression of Phospholipid Scramblase 1 in Monocytes from Patients with Systemic Lupus Erythematosus JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2010.08; 37 (8): 1639-1645. ( DOI )

  128. Matsuura E., Shen L., Matsunami Y., Quan N., Makarova M., Geske F. J., Boisen M., Yasuda S., Kobayashi K., Lopez L. R.. Pathophysiology of beta(2)-glycoprotein I in antiphospholipid syndrome LUPUS. 2010.04; 19 (4): 379-384. ( DOI )

  129. Nakagawa Hisako, Yasuda Shinsuke, Matsuura Eiji, Kobayashi Kazuko, Ieko Masahiro, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Atsumi Tatsuya, Koike Takao. Nicked beta 2-glycoprotein I binds angiostatin 4.5 (plasminogen kringle 1-5) and attenuates its antiangiogenic property BLOOD. 2009.09; 114 (12): 2553-2559. ( DOI )

  130. Horita T., Atsumi T., Yoshida N., Nakagawa H., Kataoka H., Yasuda S., Koike T.. STAT4 single nucleotide polymorphism, rs7574865 G/T, as a risk for antiphospholipid syndrome ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2009.08; 68 (8): 1366-1367. ( DOI )

  131. Sakai Yoshie, Atsumi Tatsuya, Ieko Masahiro, Amengual Olga, Furukawa Shin, Furusaki Akira, Bohgaki Miyuki, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Koike Takao. The Effects of Phosphatidylserine-Dependent Antiprothrombin Antibody on Thrombin Generation ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2009.08; 60 (8): 2457-2467. ( DOI )

  132. Oku K., Atsumi T., Bohgaki M., Amengual O., Kataoka H., Horita T., Yasuda S., Koike T.. Complement activation in patients with primary antiphospholipid syndrome ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2009.06; 68 (6): 1030-1035. ( DOI )

  133. Bohgaki Toshiyuki, Atsumi Tatsuya, Bohgaki Miyuki, Furusaki Akira, Kondo Makoto, Sato-Matsumura Kazuko C., Abe Riichiro, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Amasaki Yoshiharu, Nishio Mitsufumi, Sawada Ken-Ichi, Shimizu Hiroshi, Koike Takao. Immunological Reconstitution after Autologous Hematopoietic Stem Cell Transplantation in Patients with Systemic Sclerosis: Relationship Between Clinical Benefits and Intensity of Immunosuppression JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2009.06; 36 (6): 1240-1248. ( DOI )

  134. Yamada Hideto, Atsumi Tatsuya, Kobashi Gen, Ota Chikako, Kato Emi H., Tsuruga Noriko, Ohta Kaori, Yasuda Shinsuke, Koike Takao, Minakami Hisanori. Antiphospholipid antibodies increase the risk of pregnancy-induced hypertension and adverse pregnancy outcomes JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY. 2009.01; 79 (2): 188-195. ( DOI )

  135. Fukaya S., Yasuda S., Hashimoto T., Oku K., Kataoka H., Horita T., Atsumi T., Koike T.. Clinical features of haemophagocytic syndrome in patients with systemic autoimmune diseases: analysis of 30 cases RHEUMATOLOGY. 2008.11; 47 (11): 1686-1691. ( DOI )

  136. Tetsuya Horita, Nobuya Yoshida, Hisako Nakagawa, Hiroshi Kataoka, Shinsuke Yasuda, Tatsuya Atsumi, Takao Koike. STAT4 polymorphisms are associated with not only systemic lupus erythematosus, but also antiphospholipid syndrome ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2008.09; 58 (9): S175-S176.

  137. Shinsuke Yasuda, Richard L. Stevens, Tomoko Terada, Toko Hashimoto, Hiroshi Kataoka, Tetsuya Horita, Tatsuya Atsumi, Takao Koike. Alternative splicing of RasGRP1 in lupus patients: Frequency, clinical features and cytokine production ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2008.09; 58 (9): S817-S818.

  138. Kenji Oku, Tatsuya Atsumi, Olga Amengual, Eriko Miyamoto, Kotaro Otomo, Masaru Kato, Hiroshi Kataoka, Tetsuya Horita, Shinsuke Yasuda, Takao Koike. The phosphatidylserine-dependent monoclonal antiprothrombin antibody with lupus anticoagulant activity induces tissue factor and adhesion molecules expression on endothelial cells: Possible implication of p38 mitogen-activate protein kinase (MAPK) pathway ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2008.09; 58 (9): S404-S405.

  139. Kataoka Hiroshi, Atsumi Tatsuya, Hashimoto Toko, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Koike Takao. Polymyalgia rheumatica as the manifestation of unclassified aortitis MODERN RHEUMATOLOGY. 2008.02; 18 (1): 105-108. ( DOI )

  140. Y. Kon, T. Atsumi, H. Hagiwara, A. Furusaki, H. Kataoka, T. Horita, S. Yasuda, O. Amengual, K. Takao. Thrombotic microangiopathy in patients with phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibodies and antiphospholipid syndrome CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2008.01; 26 (1): 129-132. ( PubMed )

  141. Kon Y., Atsumi T., Hagiwara H., Furusaki A., Kataoka H., Horita T., Yasuda S., Amengual O., Takao K.. Thrombotic microangiopathy in patients with phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibodies and antiphospholipid syndrome CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2008; 26 (1): 129-132.

  142. Yasuda Shinsuke, Stevens Richard L., Terada Tomoko, Takeda Masumi, Hashimoto Toko, Fukae Jun, Horita Tetsuya, Kataoka Hiroshi, Atsumi Tatsuya, Koike Takao. Defective expression of ras guanyl nucleotide-releasing protein 1 in a subset of patients with systemic lupus erythematosus JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2007.10; 179 (7): 4890-4900.

  143. Shinsuke Yasuda, Richard L. Stevens, Tomoko Terada, Masumi Takeda, Toko Hashimoto, Jun Fukae, Tetsuya Horita, Hiroshi Kataoka, Tatsuya Atsumi, Takao Koike. Defective expression of ras guanyl nucleotide-releasing protein 1 in a subset of patients with systemic lupus erythematosus JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2007.10; 179 (7): 4890-4900. ( PubMed )

  144. Amengual Olga, Atsumi Tatsuya, Komano Yukiko, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Koike Takao. A polymorphism in human platelet antigen 6b and risk of thrombocytopenia in patients with systemic lupus erythematosus ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2007.08; 56 (8): 2803-2805. ( DOI )

  145. T. Hashimoto, S. Yasuda, H. Kataoka, T. Horita, T. Atsumi, R. L. Stevens, T. Koike. Altered expression of RASGRP4 in a subset of patients with rheumatoid arthritis ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2007.07; 66 289.

  146. T. Bohgaki, T. Atsumi, M. Bohgaki, A. Furusaki, M. Kondo, M. Nishio, H. Kataoka, T. Horita, S. Yasuda, Y. Amasaki, T. Koike. Clinical effect of autologous hematopoietic stem cell transplantation against interstitial pneumonia in patients with systemic sclerosis ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2007.07; 66 202.

  147. H. Kataoka, Y. Kawase, T. Horita, S. Yasuda, T. Atsumi, T. Koike. Impaired homeostasis of regulatory T cells in patients with systemic lupus erythematosus ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2007.07; 66 309.

  148. T. Horita, H. Nakagawa, Y. Sakai, H. Kataoka, S. Yasuda, T. Atsumi, T. Koike. CD45 exon 6 A138G polymorphism is associated with antiphospholipid syndrome CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2007.03; 25 (2): 137.

  149. K. Oku, T. Atsumi, O. Amengual, H. Kataoka, T. Horita, S. Yasuda, T. Koike. Phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibody induces p38 mitogen-activated protein kinase (MAPK) phosphorylation leading to tissue factor expression CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY. 2007.03; 25 (2): 160.

  150. Horita T., Ichikawa K., Kataoka H., Yasuda S., Atsumi T., Koike T.. Human monoclonal antibodies against the complex of phosphatidylserine and prothrombin from patients with the antiphospholipid antibodies LUPUS. 2007; 16 (7): 509-516. ( DOI )

  151. T. Horita, K. Ichikawa, H. Kataoka, S. Yasuda, T. Atsumi, T. Koike. Human monoclonal antibodies against the complex of phosphatidylserine and prothrombin from patients with the antiphospholipid antibodies LUPUS. 2007; 16 (7): 509-516. ( PubMed, DOI )

  152. Furukawa S., Yasuda S., Amengual O., Horita T., Atsumi T., Koike T.. Protective effect of pravastatin on vascular endothelium in patients with systemic sclerosis: a pilot study ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2006.08; 65 (8): 1118-1120. ( DOI )

  153. A. Kusunoki, S. Yasuda, T. Horita, T. Atsumi, T. Koike. R131 allele of Fcg receptor IIA polymorphism is a risk factor in patients with systemic lupus erythematosus ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2006.07; 65 203.

  154. Kasahara H, Matsuura E, Kaihara K, Yamamoto D, Kobayashi K, Inagaki J, Ichikawa K, Tsutsumi A, Yasuda S, Atsumi T, Yasuda T, Koike T. Antigenic structures recognized by anti-beta 2-glycoprotein I auto-antibodies INTERNATIONAL IMMUNOLOGY. 2005.12; 17 (12): 1533-1542. ( DOI )

  155. Fukae J, Amasaki Y, Yamashita Y, Bohgaki T, Yasuda S, Jodo S, Atsumi T, Koike T. Butyrate suppresses tumor necrosis factor alpha production by regulating specific messenger RNA degradation mediated through a cis-acting AU-rich element ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2005.09; 52 (9): 2697-2707. ( DOI )

  156. A Tatsuya, O Amengual, Y Sakai, T Horita, S Yasuda, T Koike. Induction of tissue factor by monoclonal phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibody. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2005.09; 52 (9): S599-S600.

  157. K Oku, T Atsumi, M Bohgaki, Y Sakai, T Horita, S Yasuda, T Koike. High prevalence of hypocomplementemia in patients with primary antiphospholipid syndrome. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2005.09; 52 (9): S596.

  158. Y Sakai, T Atsumi, O Amengual, S Yasuda, M Ieko, T Koike. Effects of phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibody on thrombin generation in vitro. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2005.09; 52 (9): S599.

  159. A Olga, A Tatsuya, S Yoshie, T Horita, S Yasuda, T Koike. Induction of lipid scramblase mRNA by antiphosphospholip antibodies: A new possible pathogenic mechanism of thrombosis in patients with antiphosphopholipid syndrome. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2005.09; 52 (9): S252-S253.

  160. Atsumi T, Amengual O, Yasuda S, Matsuura E, Koike T. Research around beta 2-glycoprotein I: A major target for antiphospholipid antibodies AUTOIMMUNITY. 2005.08; 38 (5): 377-381. ( DOI )

  161. Abonia JP, Friend DS, Austen WG, Moore FD, Carroll MC, Chan R, Afnan J, Humbles A, Gerard C, Knight P, Kanaoka Y, Yasuda S, Morokawa N, Austen KF, Stevens RL, Gurish MF. Mast cell protease 5 mediates ischemia-reperfusion injury of mouse skeletal muscle JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2005.06; 174 (11): 7285-7291.

  162. JP Abonia, DS Friend, WG Austen, FD Moore, MC Carroll, R Chan, J Afnan, A Humbles, C Gerard, P Knight, Y Kanaoka, S Yasuda, N Morokawa, KF Austen, RL Stevens, MF Gurish. Mast cell protease 5 mediates ischemia-reperfusion injury of mouse skeletal muscle JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2005.06; 174 (11): 7285-7291. ( PubMed )

  163. Yasuda S, Morokawa N, Wong GW, Rossi A, Madhusudhan MS, Sali A, Askew YS, Adachi R, Silverman GA, Krilis SA, Stevens RL. Urokinase-type plasminogen activator is a preferred substrate of the human epithelium serine protease tryptase epsilon/PRSS22 BLOOD. 2005.05; 105 (10): 3893-3901. ( DOI )

  164. Yasuda S, Atsumi T, Matsuura E, Kaihara K, Yamamoto D, Ichikawa K, Koike T. Significance of valine/leucine(247) polymorphism of beta(2)-glycoprotein I in antiphospholipid syndrome - Increased reactivity of anti-beta(2)-glycoprotein I autoantibodies to the valine(247) gamma(2)-glycoprotein I variant ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2005.01; 52 (1): 212-218. ( DOI )

  165. Yasuda S, Bohgaki M, Atsumi T, Koike T. Pathogenesis of antiphospholipid antibodies: impairment of fibrinolysis and monocyte activation via the p38 mitogen-activated protein kinase pathway IMMUNOBIOLOGY. 2005; 210 (10): 775-780. ( DOI )

  166. Bohgaki M, Atsumi T, Yamashita Y, Yasuda S, Sakai Y, Furusaki A, Bohgaki T, Amengual O, Amasaki Y, Koike T. The p38 mitogen-activated protein kinase (MAPK) pathway mediates induction of the tissue factor gene in monocytes stimulated with human monoclonal anti-beta(2)Glycoprotein I antibodies INTERNATIONAL IMMUNOLOGY. 2004.11; 16 (11): 1633-1641. ( DOI )

  167. T Bohgaki, Y Amasaki, N Nishimura, Y Yamashita, M Nishio, K Sawada, S Yasuda, T Atsumi, T Koike. Specific upregulation of tumor necrosis factor alpha (TNFa) converting enzyme(TACE) expression in patients with systemic sclerosis ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2004.09; 50 (9): S639.

  168. O Amengual, T Atsumi, S Yasuda, Y Amasaki, T Koike. Diagnostic value of matrix metalloproteinase 3 (MMP-3) in serum of patients with arthralgias ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2004.09; 50 (9): S161-S162.

  169. S Furukawa, S Yasuda, Y Sakai, M Kondo, Y Kon, O Amengual, Y Amasaki, T Atsumi, T Koike. Protective effect of pravastatin on vascular endothelium in patients with systemic sclerosis: A pilot study ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2004.09; 50 (9): S693.

  170. S Yasuda, T Atsumi, M Ieko, E Matsuura, Y Amasaki, T Koike. Nicked beta2-glycoprotein I binds to plasminogen and plays a role in extrinsic fibrinolysis via negative feedback mechanism ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2004.09; 50 (9): S640.

  171. T Atsumi, M Ieko, Y Sakai, Y Kon, S Furukawa, O Amengual, S Yasuda, Y Amasaki, T Koike. Phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibodies provide one of the best diagnostic values for the laboratory evaluation in patients with antiphospholipid syndrome. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2004.09; 50 (9): S68-S69.

  172. Yasuda S, Atsumi T, Ieko M, Matsuura E, Kobayashi K, Inagaki J, Kato H, Tanaka H, Yamakado M, Akino M, Saitou H, Amasaki Y, Jodo S, Amengual O, Koike T. Nicked beta(2)-glycoprotein I: a marker of cerebral infarct and a novel role in the negative feedback pathway of extrinsic fibrinolysis BLOOD. 2004.05; 103 (10): 3766-3772. ( DOI )

  173. Shinsuke Yasuda, Nobutaka Ogura, Tetsuya Horita, Izumi Yasuda, Takaya Hioka, Nobuo Kondo, Atsushi Fujisaku. Abacterial prostatitis and primary biliary cirrhosis with Sjögren's syndrome Modern Rheumatology. 2004.03; 14 (1): 70-72. ( PubMed, DOI )

  174. S Yasuda, GW Wong, A Rossi, MS Madhusudhan, N Morokawa, A Sali, SA Krilis, RL Stevens. Urokinase-type plasminogen activator is a preferred substrate of the human epithelium serine protease tryptase epsilon/PRSS22 FASEB JOURNAL. 2004.03; 18 (5): A793.

  175. Wong GW, Yasuda S, Morokawa N, Li LX, Stevens RL. Mouse chromosome 17A3.3 contains 13 genes that encode functional tryptic-like serine proteases with distinct tissue and cell expression patterns JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2004.01; 279 (4): 2438-2452. ( DOI )

  176. Atsumi T, Amengual O, Yasuda S, Koike T. Antiprothrombin antibodies-are they worth assaying? THROMBOSIS RESEARCH. 2004; 114 (5-6): 533-538. ( DOI )

  177. Yasuda S, Atsumi T, Ieko M, Koike T. beta 2-glycoprotein I, anti-beta 2-glycoprotein 1, and fibrinolysis THROMBOSIS RESEARCH. 2004; 114 (5-6): 461-465. ( DOI )

  178. T Atsumi, O Amengual, S Yasuda, T Koike. Antiprothrombin antibodies-are they worth assaying? THROMBOSIS RESEARCH. 2004; 114 (5-6): 533-538. ( DOI )

  179. Y Sakai, T Atsumi, Y Kon, M Bohgaki, S Yasuda, O Amengual, Y Amasaki, T Koike. Clinical and immunological manifestations of Japanese patients with antiphospholipid syndrome (APS): A cohort of 82 patients THROMBOSIS RESEARCH. 2004; 114 (5-6): 663-664.

  180. O Amengual, T Atsumi, K Yujiro, Y Sakai, M Bohgaki, S Furukawa, S Yasuda, Y Amasaki, M Ieko, T Koike. The value of IGM phosphatidylserine dependent antiprothrombin antibody determination for the diagnosis of antiphospholipid syndrome THROMBOSIS RESEARCH. 2004; 114 (5-6): 671-672.

  181. Y Kon, T Atsumi, M Kondo, Y Sakai, S Yasuda, Y Amasaki, T Koike. Thrombotic thrombocytopenic purpura in two patients with antiphospholipid syndrome THROMBOSIS RESEARCH. 2004; 114 (5-6): 651.

  182. S Yasuda, GW Wong, SA Krilis, RL Stevens. Activation of urokinase-type plasminogen activator (uPA) by human tryptase epsilon/PRSS22 FASEB JOURNAL. 2003.04; 17 (7): C12.

  183. GW Wong, Y Yang, S Yasuda, RL Stevens, LX Li. Mouse mast cells (MCs) express the tryptic-like serine protease neuropsin/KLK8/Prss19 FASEB JOURNAL. 2003.04; 17 (7): C11.

  184. Wong GW, Yang Y, Yasuda S, Li LX, Stevens RL. Mouse mast cells express the tryptic protease neuropsin/Prss19 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2003.03; 303 (1): 320-325. ( DOI )

  185. Wong GW, Foster PS, Yasuda S, Qi JC, Mahalingam S, Mellor EA, Katsoulotos G, Li LX, Boyce JA, Krilis SA, Stevens RL. Biochemical and functional characterization of human transmembrane tryptase (TMT)/tryptase gamma JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2002.11; 277 (44): 41906-41915. ( DOI )

  186. Yasuda S, Tsutsumi A, Atsumi T, Bertolaccini ML, Ichikawa K, Khamashta MA, Hughes GRV, Koike T. Gene polymorphisms of tissue plasminogen activator and plasminogen activator inhibitor-1 in patients with antiphospholipid antibodies JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2002.06; 29 (6): 1192-1197.

  187. S Yasuda, A Tsutsumi, T Atsumi, ML Bertolaccini, K Ichikawa, MA Khamashta, GRV Hughes, T Koike. Gene polymorphisms of tissue plasminogen activator and plasminogen activator inhibitor-1 in patients with antiphospholipid antibodies JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2002.06; 29 (6): 1192-1197. ( PubMed )

  188. Horita T, Tsutsumi A, Takeda T, Yasuda S, Takeuchi R, Amasaki Y, Ichikawa K, Atsumi T. Significance of magnetic resonance imaging in the diagnosis of nodular regenerative hyperplasia of the liver complicated with systemic lupus erythematosus: a case report and review of the literature LUPUS. 2002; 11 (3): 193-196.

  189. T Horita, A Tsutsumi, T Takeda, S Yasuda, R Takeuchi, Y Amasaki, K Ichikawa, T Atsumi. Significance of magnetic resonance imaging in the diagnosis of nodular regenerative hyperplasia of the liver complicated with systemic lupus erythematosus: a case report and review of the literature LUPUS. 2002; 11 (3): 193-196. ( PubMed, DOI )

  190. Wong GW, Yasuda S, Madhusudhan MS, Li LX, Yang Y, Krilis SA, Sali A, Stevens RL. Human tryptase epsilon (PRSS22), a new member of the chromosome 16p13.3 family of human serine proteases expressed in airway epithelial cells JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2001.12; 276 (52): 49169-49182. ( DOI )

  191. Yasuda S, Tsutsumi A, Chiba H, Yanai H, Miyoshi Y, Takeuchi R, Horita T, Atsumi T, Ichikawa K, Matsuura E, Koike T. beta(2)-glycoprotein I deficiency: prevalence, genetic background and effects on plasma lipoprotein metabolism and hemostasis ATHEROSCLEROSIS. 2000.10; 152 (2): 337-346.

  192. S Yasuda, A Tsutsumi, H Chiba, H Yanai, Y Miyoshi, R Takeuchi, T Horita, T Atsumi, K Ichikawa, E Matsuura, T Koike. beta(2)-glycoprotein I deficiency: prevalence, genetic background and effects on plasma lipoprotein metabolism and hemostasis ATHEROSCLEROSIS. 2000.10; 152 (2): 337-346. ( PubMed, DOI )

  193. S Yasuda, T Atsumi, K Ichikawa, E Matsuura, K Kaihara, T Yasuda, Y Amasaki, T Koike. Valine/leucine(247) polymorphism of beta 2-glycoprotein 1 affects the reactivity of anti-beta 2-glycoprotein 1 antibodies. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2000.09; 43 (9): S404.

  194. Takeuchi R, Atsumi T, Ieko M, Takeya H, Yasuda S, Ichikawa K, Tsutsumi A, Suzuki K, Koike T. Coagulation and fibrinolytic activities in 2 siblings with beta(2)-glycoprotein I deficiency BLOOD. 2000.08; 96 (4): 1594-1595.

  195. R Takeuchi, T Atsumi, M Ieko, H Takeya, S Yasuda, K Ichikawa, A Tsutsumi, K Suzuki, T Koike. Coagulation and fibrinolytic activities in 2 siblings with beta(2)-glycoprotein I deficiency BLOOD. 2000.08; 96 (4): 1594-1595. ( PubMed )

  196. A Tsutsumi, K Sasaki, R Takeuchi, T Horita, S Yasuda, Y Miyoshi, T Atsumi, K Ichikawa, T Koike. Mannose binding lectin polymorphism in patients with collagen diseases. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 1999.09; 42 (9): S312.

  197. S Yasuda, A Tsutsumi, T Atsumi, ML Bertolaccini, K Ichikawa, MA Khamashta, GRV Hughes, T Koike. Gene polymorphisms of tissue plasminogen activator and plasminogen activator inhibitor-1 in patients with antiphospholipid syndrome. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 1999.09; 42 (9): S371.

  198. T Atsumi, M Ieko, ML Bertolaccini, R Takeuchi, T Horita, S Yasuda, Y Miyoshi, K Ichikawa, A Tsutsumi, T Koike. Anti phosphatidylserine-prothrombin antibody as a specific marker for clinical features of antiphospholipid syndrome in systemic autoimmune diseases. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 1999.09; 42 (9): S364.

  199. Yasuda S, Tsutsumi A, Nakabayashi T, Horita T, Ichikawa K, Ieko M, Koike T. Haemophagocytic syndrome in a patient with dermatomyositis BRITISH JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 1998.12; 37 (12): 1357-1358.

  200. S Yasuda, A Tsutsumi, T Nakabayashi, T Horita, K Ichikawa, M Ieko, T Koike. Haemophagocytic syndrome in a patient with dermatomyositis BRITISH JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 1998.12; 37 (12): 1357-1358. ( PubMed )

  201. T Atsumi, M Ieko, R Takeuchi, T Horita, S Yasuda, H Kasahara, Y Miyoshi, K Ichikawa, A Tsutsumi, T Koike. Clinical significance of anti prothrombin-phosphatidylserine antibodies and their association with lupus anticoagulant in patients with autoimmune diseases. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 1998.09; 41 (9): S169.

  202. 細矢 匡, 馬場 洋行, 近藤 祐真, 保田 晋助. 炎症性疾患の発症・再燃を予防する新規薬剤の開発 臨床薬理の進歩. 2023.06; (44): 11-22. ( 医中誌 )

  203. 川田 大介, 細矢 匡, 保田 晋助. 抗リン脂質抗体症候群—Antiphospholipid syndrome—特集 全身性エリテマトーデス(SLE)と臓器障害 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology / 臨床免疫・アレルギー科編集委員会 編. 2023.04; 79 (4): 405-411.

  204. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 庭野 智子, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 山本 晃央, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19関連血栓症と抗リン脂質抗体の関連 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 851. ( 医中誌 )

  205. 内田 嶺花, 齋藤 鉄也, 梅澤 夏佳, 庭野 智子, 細矢 匡, 保田 晋助. VEXAS症候群などの後天性自己炎症症候群 VEXAS症候群2症例の長期経過 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 734. ( 医中誌 )

  206. 梅澤 夏佳, 藤本 穣, 木村 直樹, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 上阪 等, 仲 哲治, 保田 晋助. 大型血管炎の診断 大血管炎のバイオマーカーとしての血清leucine-rich alpha-2 glycoproteinの有用性 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 521. ( 医中誌 )

  207. 川田 大介, 岩井 秀之, 大庭 聖也, 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 SARS-CoV-2 S蛋白は由来株によるCOVID-19重症度を反映してマクロファージを直接活性化する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 704. ( 医中誌 )

  208. 小宮 陽仁, 神谷 麻理, 川田 大介, 大庭 聖也, 岩井 秀之, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 COVID-19の肺障害はFAS依存性の肺胞上皮細胞の細胞死により重症化する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67回 703. ( 医中誌 )

  209. 野田 聖二, 細矢 匡, 保田 晋助. 【リウマチ性疾患における加齢を考える】年齢を考慮したリウマチ性多発筋痛症・巨細胞性動脈炎のマネジメント リウマチ科. 2022.08; 68 (2): 186-192. ( 医中誌 )

  210. 川田 大介, 細矢 匡, 保田 晋助. 【ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)の病態・診断・治療】COVID-19とHIT様病態 炎症と免疫. 2022.04; 30 (3): 248-253. ( 医中誌 )

  211. 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. 【関節リウマチの治療の現状と問題点】COVID-19治療中の関節リウマチ治療 リウマチ科. 2022.04; 67 (4): 432-439. ( 医中誌 )

  212. 相関 良紀, 斎藤 鉄也, 金子 修也, 清水 正樹, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 保田 晋助. IL-18/CXCL9/sTNFRIIプロファイリングが病勢評価に有効であったマクロファージ活性化症候群合併成人発症スチル病の2例 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 726. ( 医中誌 )

  213. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID-19感染症 COVID-19における抗リン脂質抗体と臨床像の特徴 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 359. ( 医中誌 )

  214. 桑名 正隆, 田村 直人, 保田 晋助, 藤尾 圭志, 正路 章子, 山口 裕子, 岩崎 勝彦, 槙島 美佐子, 河田 祐一, 山下 勝久, 五十嵐 中. 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチ(RA)患者における分子標的薬の費用対効果評価に関する分析 モデルシミュレーションとリアルワールドデータを用いた異なる評価によるアプローチ 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2022.03; 66回 452. ( 医中誌 )

  215. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19における血栓症の予測因子と特徴に関する後方視的コホート研究 日本内科学会雑誌. 2022.02; 111 (Suppl.): 188. ( 医中誌 )

  216. 馬場 洋行, 細矢 匡, 近藤 佑真, 石田 良典, 初澤 早貴, 影近 弘之, 保田 晋助. High-throughput screeningで見出した新規NF-κB抑制性化合物の動物モデルにおける抗炎症作用の検討 日本臨床薬理学会学術総会抄録集. 2022; 43 3-C-O09-4. ( DOI )

  217. 保田 晋助, 大庭 聖也, 細矢 匡. COVID-19による血栓症について インフルエンザ. 2021.10; 22 (3): 165-169. ( 医中誌 )

  218. 細矢 匡, 斉藤 鉄也, 馬場 洋行, 田中 奈緒, 野田 聖二, 小宮 陽仁, 田川 泰寛, 山本 晃央, 保田 晋助. 全身性自己免疫疾患の新たな病態 細胞周期制御分子CDK4/6は転写因子JUNの安定性制御を介してリウマチ滑膜線維芽細胞のサイトカイン産生能を調節する 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2021.10; 49回 53. ( 医中誌 )

  219. 保田 晋助. 【腎臓医が診る指定難病】指定難病各論 膠原病関連腎疾患 全身性エリテマトーデス 腎と透析. 2021.07; 91 (1): 131-135.

  220. 細矢 匡, 杉原 毅彦, 保田 晋助. リウマチ性多発筋痛症におけるdrug-free remissionを可能にする新たな治療法 リウマチ科. 2021.07; 66 (1): 113-124. ( 医中誌 )

  221. 保田 晋助. 【全身性エリテマトーデス(SLE)の病態解明と治療の進歩】ウイルス感染によるSLEの発症メカニズム 臨床免疫・アレルギー科. 2021.06; 75 (6): 664-667.

  222. 保田 晋助. 【Jak阻害薬による免疫介在性炎症性疾患の治療】全身性エリテマトーデスに対するJak阻害薬の臨床開発 リウマチ科. 2021.05; 65 (5): 550-554.

  223. 保田 晋助. 【膠原病-分子標的薬による膠原病治療から病態の解明へ】実地医家が知っておくべき膠原病の基礎知識 抗リン脂質抗体症候群の病態と管理 Medical Practice. 2021.03; 38 (3): 399-404.

  224. 近藤 文彬, 杉原 毅彦, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 木村 直樹, 溝口 史高, 森 雅亮, 保田 晋助. 成人スチル病の治療 治療導入初期の成人発症Still病に対する副腎皮質ステロイド療法における治療反応不良因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021.03; 65回 430. ( 医中誌 )

  225. 村岡 成, 山田 善登, 廣瀬 恒, 河野 肇, 保田 晋助, 南木 敏宏. 関節リウマチの治療:共刺激阻害薬 csDMARDsで効果不十分な高齢と若年の関節リウマチ患者におけるアバタセプトの有効性の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2021.03; 65回 328. ( 医中誌 )

  226. 馬場 洋行, 細矢 匡, 保田 晋助. ステロイドに代わる新たなNF-κB抑制性化合物の探索 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2020.10; 48回 121. ( 医中誌 )

  227. 保田 晋助. 【全身性エリテマトーデス:診断と治療の進歩】今後期待されるSLEの新規治療 炎症と免疫. 2020.04; 28 (3): 229-234. ( 医中誌 )

  228. 保田 晋助, 藤枝 雄一郎. 【過凝固状態と抗凝固療法・止血療法のモニター】APSの凝固亢進状態と抗凝固・抗血小板療法ならびにモニター Thrombosis Medicine. 2020.03; 10 (1): 32-37. ( 医中誌 )

  229. 篠原 陸斗, 加藤 将, 渥美 達也, 菅原 正成, 吉村 大, 麻生 邦之, 佐藤 太貴, 蜷川 慶太, 阿部 靖矢, 狩野 皓平, 下山 修平, 尾形 裕介, 大西 直樹, 河野 通仁, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 保田 晋助. 長期間経過していた原発性Sjoegren症候群に合併した血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の一例 日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会抄録集. 2019.11; 29回 85. ( 医中誌 )

  230. 藤枝 雄一郎, 堀田 哲也, 谷村 一秀, 天崎 吉晴, 笠原 英樹, 古川 真, 竹田 剛, 深谷 進司, 松井 和生, 佐川 昭, 片山 耕, 竹内 薫, 勝俣 一晃, 栗田 崇史, 加藤 将, 奥 健志, 保田 晋助, 岩崎 倫政, 渥美 達也. ステロイド性骨粗鬆症 ステロイド性骨粗鬆症を合併する関節リウマチにおけるsodium risedronateの骨密度増加効果(RISOTTO試験) プラセボ対照多施設共同二重盲検比較研究 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.03; 63回 485.

  231. 大西 直樹, 保田 晋助. 【血栓止血の臨床-研修医のために[第2版]】血栓性疾患 抗リン脂質抗体症候群の治療 日本血栓止血学会誌. 2019.02; 30 (1): 28-31. ( 医中誌 )

  232. 藤枝 雄一郎, 保田 晋助. 中枢神経ループスと視神経脊髄炎における抗体レパトワの共通性 リウマチ科. 2018.12; 60 (6): 635-640. ( 医中誌 )

  233. 瀬野 結実香, 勝海 友里, 藤森 元嗣, 堀江 達則, 西田 睦, 神島 保, 加藤 將, 保田 晋助, 渥美 達也. 関節リウマチの関節破壊進行予測におけるパワードプラ超音波検査の定量的評価の有用性 北海道医学雑誌. 2018.11; 93 (2): 123. ( 医中誌 )

  234. 保田 晋助. 【膠原病 膠原病診療のPearls and Myths】セミナー 実地医療に役立つ膠原病の診断・臓器障害のPearls and Myths 膠原病を疑う血小板減少と鑑別診断 Medical Practice. 2018.06; 35 (6): 929-935. ( 医中誌 )

  235. 保田 晋助, 堀田 哲也, 遠藤 知之. 医学用語解説 BAFF/BLyS 炎症と免疫. 2018.06; 26 (4): 352-354. ( 医中誌 )

  236. 保田 晋助, 堀田 哲也, 遠藤 知之. 医学用語解説 BAFF/BLyS 炎症と免疫. 2018.06; 26 (4): 352-354.

  237. 保田 晋助, 堀田 哲也, 遠藤 知之. 医学用語解説 BAFF/BLyS 炎症と免疫. 2018.06; 26 (4): 352-354. ( 医中誌 )

  238. 阿部 靖矢, 奥 健志, Amengual Olga, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 森 臨太郎, 森下 英理子, 井上 克枝, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体関連血小板減少症に対する治療法 システマティックレビューとメタ解析 日本血栓止血学会誌. 2018.05; 29 (2): 207. ( 医中誌 )

  239. 保田 晋助. 【関節リウマチの診断・治療法の進歩:ベストプラクティスを目指して】T細胞選択的共刺激調節薬のベストプラクティス Clinical Calcium. 2018.04; 28 (5): 668-676. ( 医中誌 )

  240. 保田 晋助. 【関節リウマチ治療の新しいエビデンス】セルトリズマブ・ペゴルのエビデンス C-EARLYに至るまで リウマチ科. 2018.03; 59 (3): 287-290. ( 医中誌 )

  241. 保田 晋助. リウマチ性多発筋痛症(PMR)診療のポイント 新薬と臨牀. 2017.10; 66 (10): 1325-1329. ( 医中誌 )

  242. 保田 晋助, 藤枝 雄一郎. 【診断と治療のABC[126]関節リウマチ】(第2章)病理・病態生理 関節外病変 最新医学. 2017.09; 別冊 (関節リウマチ): 53-58. ( 医中誌 )

  243. 清水 裕香, 保田 晋助. 免疫病動物モデルの特長と限界(第4回) 全身性エリテマトーデス動物モデル 炎症と免疫. 2017.06; 25 (4): 330-334. ( 医中誌 )

  244. 河野 通大, 保田 晋助. 【リウマチ、膠原病領域で注目される薬剤のbest use-適応症例と使用上の注意点】ループス腎炎に対するミコフェノール酸モフェチル リウマチ科. 2017.04; 57 (4): 370-376. ( 医中誌 )

  245. 中村 浩之, 奥 健志, 大西 直樹, 久田 諒, 大村 一将, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ, 保田 晋助, 渥美 達也. 高陽性的中率検査の組み合わせによる効率的な抗リン脂質抗体症候群のスクリーニングについて 日本血栓止血学会誌. 2017.04; 28 (2): 230.

  246. 大村 一将, 奥 健志, 北折 珠央, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 保田 晋助, 杉浦 真弓, 渥美 達也. 抗C1q自己抗体は習慣性流産の原因となる新たな病原性自己抗体である 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2017.04; 54回 65.

  247. 中村 浩之, 奥 健志, 大西 直樹, 久田 諒, 大村 一将, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ, 保田 晋助, 渥美 達也. H因子の低下による補体代替経路活性化が抗リン脂質抗体症候群の向血栓性に関与する 日本血栓止血学会誌. 2017.04; 28 (2): 243.

  248. 久田 諒, 加藤 将, 菅原 恵理, 中村 浩之, 大村 一将, 中川 久子, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群における末梢血リンパ球サブセットおよび一塩基多型(SNP)の解析 日本血栓止血学会誌. 2017.04; 28 (2): 229. ( 医中誌 )

  249. 藤枝 雄一郎, 保田 晋助. 【全身性エリテマトーデスの病態解明・治療法の進歩】SLEにおける精神神経症状 up to date リウマチ科. 2017.03; 57 (3): 245-252. ( 医中誌 )

  250. 河野 通大, 保田 晋助, 阿部 早和子, 大西 直樹, 土井 基嗣, 谷村 瞬, 久田 諒, 菅原 恵理, 中村 浩之, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 清水 裕香, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 活動性ループス腎炎に対する中等量ステロイド併用ミコフェノール酸モフェチルによる寛解導入療法の有効性 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 460.

  251. 保田 晋助, 大村 一将, 金澤 洋, 栗田 崇史, 近 祐次郎, 石井 智徳, 藤枝 雄一郎, 浄土 智, 谷村 一秀, 三浪 三千男, 泉山 朋政, 松本 巧, 天崎 吉晴, 鈴木 陽子, 笠原 英樹, 山内 尚文, 加藤 将, 神島 保, 堤 明人, 竹森 弘光, 小池 隆夫, 渥美 達也. 関節リウマチの治療 用法・用量・スイッチ・無効・減量・中止 アバタセプト減量による関節リウマチ維持療法 北海道・東北地域での多施設前向き介入試験 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 565.

  252. 河野 通大, 保田 晋助. 【全身性エリテマトーデス:病態解明の進歩】ループス腎炎 炎症と免疫. 2017.02; 25 (2): 139-145. ( 医中誌 )

  253. 久田 諒, 加藤 将, 菅原 恵理, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 保田 晋助, 渥美 達也. P1-19 抗リン脂質抗体症候群における末梢血リンパ球サブセット解析および抗体産生機序の解明 日本臨床免疫学会会誌. 2017; 40 (4): 302c. ( DOI )

  254. 保田 晋助, 神島 保. 【知っておきたい関節リウマチの診断から治療まで】検査・評価 MRIの有用性 診断と治療. 2016.12; 104 (12): 1525-1529. ( 医中誌 )

  255. 保田 晋助, 嶋村 抄苗. 【リウマチ性疾患に使用する免疫抑制薬の使い方】ミコフェノール酸モフェチル リウマチ科. 2016.09; 56 (3): 249-254. ( 医中誌 )

  256. 奥 健志, 家子 正裕, アメングアル・オルガ, 大村 一将, 加藤 将, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体測定の意義 スコア化について 日本検査血液学会雑誌. 2016.07; 17 (学術集会): S153.

  257. 久田 諒, 加藤 将, 大村 一将, 中川 育磨, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体陽性血小板減少症における血栓症発症リスク 日本血栓止血学会誌. 2016.05; 27 (2): 222.

  258. 嶋村 抄苗, 保田 晋助. ループス腎炎に対するミコフェノール酸モフェチル治療 リウマチ科. 2016.03; 55 (3): 298-302. ( 医中誌 )

  259. 河野 通大, 保田 晋助, 河野 通仁, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 久田 諒, 菅原 恵理, 中村 浩之, 服部 敏之, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 志田 玄貴, 清水 裕香, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, オルガ・アメングアル, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 ループス腎炎 ループス腎炎の長期腎予後ならびに寛解導入治療に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.03; 60回 351.

  260. 中村 浩之, Amengual Olga, 河野 通大, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 久田 諒, 菅原 恵理, 服部 敏之, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 野口 淳史, 志田 玄貴, 清水 裕香, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. リウマチ性疾患の合併症 膠原病性肺高血圧症における予後不良因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.03; 60回 476.

  261. 久田 諒, 加藤 将, 河野 通大, 柴田 悠平, 谷村 瞬, 菅原 恵理, 大村 一将, 神田 真聡, 服部 敏之, 中村 浩之, 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 志田 玄貴, 清水 裕香, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 SLE臨床 全身性エリテマトーデス患者における特発性大腿骨頭壊死症の背景因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.03; 60回 416.

  262. 清水 裕香, 保田 晋助, 神田 真聡, 河野 通大, 久田 諒, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 志田 玄貴, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経ループス 高用量ステロイド投与時に発症した全身性エリテマトーデスにおける精神神経症状の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.03; 60回 353.

  263. 大村 一将, 奥 健志, 渡邊 俊之, アメングアル・オルガ, 河野 通大, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 中村 浩之, 久田 諒, 菅原 恵理, 服部 敏之, 嶋村 抄苗, 野口 淳史, 中川 育磨, 志田 玄貴, 清水 裕香, 加藤 将, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経ループス 全身性エリテマトーデス患者における動脈硬化進展の予測因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.03; 60回 352.

  264. 保田 晋助, 河野 通仁, 嶋村 抄苗, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 渥美 達也. 全身性自己免疫疾患の臓器合併症の予後と免疫治療の進歩 日本臨床免疫学会会誌. 2016.02; 39 (1): 8-17. ( 医中誌 )

  265. Shinsuke Yasuda, Michihito Kono, Sanae Shimamura, Takashi Kurita, Toshio Odani, Tatsuya Atsumi. Prognosis and progress in immunotherapies for organ involvements in systemic autoimmune diseases Japanese Journal of Clinical Immunology. 2016; 39 (1): 8-17. ( PubMed, DOI )

  266. 大村 一将, 神田 真聡, 嶋村 抄苗, 清水 裕香, 加藤 将, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 奥 健志, 渡邊 俊之, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 河野 通大, 久田 諒, 菅原 恵理, 中村 浩之. P1-22 全身性エリテマトーデス患者における動脈硬化進展と骨塩量との関連 日本臨床免疫学会会誌. 2016; 39 (4): 385b. ( DOI )

  267. 河野 通大, 菅原 恵理, 久田 諒, 神田 真聡, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 清水 裕香, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 尾形 裕介, 阿部 早和子, 大西 直樹, 土井 基嗣, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 中村 浩之. P1-23 ループス腎炎に対する寛解導入治療におけるミコフェノール酸モフェチルの短期的治療効果 日本臨床免疫学会会誌. 2016; 39 (4): 386a. ( DOI )

  268. 奥 健志, 村島 温子, 大村 一将, オルガ・アメングアル, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 金子 佳代子, 中西 功, 野澤 和久, 杉浦 真弓, 渥美 達也. 本邦における抗リン脂質抗体症候群関連妊娠合併症の診療の実際 内科医への質問表調査から 日本臨床免疫学会会誌. 2015.12; 38 (6): 457-465.

  269. 保田 晋助. ゲノムDNAに取り込まれたリボヌクレオチドの除去障害がSLE発症に関与する リウマチ科. 2015.11; 54 (5): 551-555. ( 医中誌 )

  270. 野口 淳史, 保田 晋助. 【膠原病に伴う循環器疾患】抗リン脂質抗体症候群と弁膜症 呼吸と循環. 2015.11; 63 (11): 1051-1055. ( 医中誌 )

  271. 奥 健志, オルガ・アメングアル, 中村 浩之, 久田 諒, 大村 一将, 加藤 将, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 血栓症発症を予測する定量マーカーとしての抗リン脂質抗体 抗リン脂質抗体スコアとGlobal Anti-Phospholipid Syndrome Score(GAPSS)の比較 Reproductive Immunology and Biology. 2015.11; 30 (1-2): 109.

  272. 保田 晋助, 堀田 哲也. 【一般内科医のためのリウマチ膠原病の診断基準(分類基準)・治療ガイドラインの使い方と注意点】リウマチ性多発筋痛症 日本内科学会雑誌. 2015.10; 104 (10): 2157-2162. ( 医中誌 )

  273. 久田 諒, 加藤 将, 中川 育磨, 坊垣 暁之, 奥 健志, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体陽性血小板減少症における血栓症発症リスク 日本臨床免疫学会会誌. 2015.09; 38 (4): 352. ( DOI )

  274. 保田 晋助. 【膠原病】これからの実地診療の2大課題を学ぶ 膠原病の疫学・重症度評価と基本的な治療方針 Medical Practice. 2015.07; 32 (7): 1082-1090. ( 医中誌 )

  275. 奥 健志, オルガ・アメングアル, 久田 諒, 大村 一将, 中川 育磨, 渡邊 俊之, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 完全自動化測定器による抗リン脂質抗体測定の意義 日本臨床免疫学会会誌. 2015.06; 38 (3): 157-163.

  276. 保田 晋助. 【関節リウマチに対する早期治療介入の効果】TNF阻害薬(アダリムマブとセルトリズマブペゴルを中心に) Rheumatology Clinical Research. 2015.04; 4 (1): 19-23. ( 医中誌 )

  277. 中川 育磨, 奥 健志, 久田 諒, 菅原 恵理, 大村 一将, 服部 敏之, 嶋村 抄苗, 渡邊 敏之, 志田 玄貴, 清水 裕香, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗好中球細胞質抗体関連血管炎における免疫抑制療法は血栓症発症を抑制する 日本血栓止血学会誌. 2015.04; 26 (2): 182.

  278. 奥 健志, アメングアル・オルガ, 大村 一将, 中川 育磨, 渡邊 俊之, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 定量マーカーとしての抗リン脂質抗体 抗リン脂質抗体スコアとGAPSSの比較 日本血栓止血学会誌. 2015.04; 26 (2): 185.

  279. 森 雅亮, 原 良紀, 西村 謙一, 野澤 智, 菊地 雅子, 保田 晋助, 渥美 達也, 嶋村 抄苗, 廣村 桂樹, 佐田 憲映, 武井 修治, 川口 鎮司, 田村 直人, 高崎 芳成. リウマチ性疾患の新しい治療法 小児期SLEにおけるミコフェノール酸モフェチルの有用性 本邦使用実態調査成績からの解析 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2015.03; 59回 440.

  280. 野口 淳史, 保田 晋助, 河野 通仁, 菅原 恵理, 久田 諒, 大村 一将, 服部 敏之, 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 清水 裕香, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 関節リウマチの治療 生物学的製剤(TNF阻害薬以外) 当科における関節リウマチに対するトシリズマブ休薬後の寛解維持予測因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2015.03; 59回 324.

  281. 保田 晋助. 【MTXを使いこなすためには?】MTXと生物学的製剤併用の有用性 リウマチ科. 2015.02; 53 (2): 169-173. ( 医中誌 )

  282. Fujieda Y, Shida H, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Horita T, Yasuda S, Atsumi T. [Clinical significance of antiphospholipid antibody measured by EliA anticardiolipin antibodies and anti-β2Glycoprotein I antibodies in antiphospholipid syndrome]. Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology. 2015.01; 37 (5): 430-436. ( PubMed, DOI )

  283. 渡邊 俊之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 石津 明洋, 荒瀬 尚, 渥美 達也, 奥 健志, アメングアル オルガ, 久田 諒, 大村 一将, 志田 玄貴, 清水 裕香, 加藤 将, 坊垣 暁之. P3-006 フルバスタチンはHLA classIIによるβ-2グリコプロテインIの抗原提示を抑制する 日本臨床免疫学会会誌. 2015; 38 (4): 326b. ( DOI )

  284. 保田 晋助. 【関節リウマチの早期診断と治療】早期関節リウマチの分子病態 Keynote R・A. 2014.10; 2 (4): 185-190. ( 医中誌 )

  285. 野口 淳史, 河野 通仁, 保田 晋助. PAHに伴う心肺病変について考えるシンポジウム 膠原病性肺疾患にPHを合併した症例に対する介入 心臓. 2014.08; 46 (8): 1167-1170. ( 医中誌 )

  286. 清水 裕香, 保田 晋助, 栗田 崇史, 中川 育磨, 野口 淳史, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 河野 通仁, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 精神神経ループスにおけるMx1の解析 日本臨床免疫学会会誌. 2014.08; 37 (4): 344. ( DOI )

  287. 渡邊 俊之, 保田 晋助. 【リウマチ性疾患における血液・造血器異常】血栓症 リウマチ科. 2014.04; 51 (4): 421-427. ( 医中誌 )

  288. 奥 健志, オルガ・アメングアル, 大村 一将, 中川 育磨, 渡邊 敏之, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗C1q抗体は抗リン脂質抗体症候群における補体活性化及び予防治療下の再発に関与する 日本血栓止血学会誌. 2014.04; 25 (2): 243.

  289. 渡邊 俊之, 奥 健志, Amengual Olga, 中川 育磨, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体陽性全身性エリテマトーデスにおけるスタチン初期投与の血栓症発症抑制効果 日本血栓止血学会誌. 2014.04; 25 (2): 244.

  290. 福井 智子, 保田 晋助, 渡邊 俊之, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 中川 育磨, 野口 淳史, 志田 玄貴, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, オルガ・アメングアル, 堀田 哲也, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群・MCTD ループス腎炎患者における抗リン脂質抗体関連腎症の臨床的特徴についての検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 301.

  291. 清水 裕香, 保田 晋助, 神田 真聡, 大村 一将, 秋田 佳奈恵, 福井 智子, 中川 育磨, 野口 淳史, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 河野 通仁, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 高用量ステロイド投与時に発症した精神神経症状の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 633.

  292. 秋田 佳奈恵, 保田 晋助, 大村 一将, 神田 真聡, 中川 育磨, 野口 淳史, 福井 智子, 渡邊 俊之, 志田 玄貴, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 関節リウマチの関節外病変 関節リウマチに合併する肺病変の変化について 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 460.

  293. 河野 通仁, 保田 晋助, 清水 智弘, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, オルガ・アメングアル, 堀田 哲也, 渥美 達也. 関節リウマチの病因・病態 RasGRP4(Ras guanine nucleotidereleasing protein 4)は関節リウマチ患者の線維芽細胞様滑膜細胞に発現し、その増殖を促進する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 439.

  294. 大村 一将, 堀田 哲也, 神田 真聡, 秋田 佳奈恵, 福井 智子, 中川 育磨, 野口 淳史, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 清水 裕香, 河野 通仁, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 渥美 達也. 血管炎 Takayasu arteritisの予後不良因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 413.

  295. 野口 淳史, 保田 晋助, 河野 通仁, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 福井 智子, 中川 育磨, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 清水 裕香, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 強皮症 強皮症性肺高血圧症の診断における%肺拡散能/全肺胞気量と心臓MRIの有用性 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 371.

  296. 渡邊 俊之, 奥 健志, Olga Amengual, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 中川 育磨, 野口 淳史, 福井 智子, 志田 玄貴, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE 全身性エリテマトーデス患者における動脈硬化の臨床像とリスク因子 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 360.

  297. 栗田 崇史, 保田 晋助, 河野 通仁, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE スプライシング因子ASF/SF2はSLE患者T細胞におけるRasGRP1スプライシングを制御する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 310.

  298. 中川 育磨, 奥 健志, オルガ・アメングアル, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 福井 智子, 野口 淳史, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群・MCTD 原発性抗リン脂質抗体症候群における血小板減少症は動脈血栓症のリスクと関連する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014.03; 58回 301.

  299. 保田 晋助. 【実臨床の苦悩:治療をあきらめるべきか?】全身性自己免疫疾患と関節リウマチを合併する症例に対する治療戦略 Rheumatology Clinical Research. 2013.12; 2 (3): 189-193. ( 医中誌 )

  300. 保田 晋助. 【リウマチ・膠原病における重要臓器障害と難治性病態-病態と治療の進歩】トピックス 難治性の病態 抗リン脂質抗体症候群 日本内科学会雑誌. 2013.10; 102 (10): 2621-2630. ( 医中誌 )

  301. 保田 晋助. 【リウマチ性疾患の症状・徴候から診断へ】リウマチ性疾患の造血器症状・徴候 リウマチ科. 2013.09; 50 (3): 330-334. ( 医中誌 )

  302. 保田 晋助. 【関節リウマチ薬物治療の最前線】TNF阻害薬の使い分けと有効性 薬事. 2013.09; 55 (9): 1531-1537. ( 医中誌 )

  303. 中川 育磨, 小谷 俊雄, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 当科で経験したMTX関連リンパ増殖性疾患10例の検討 北海道医学雑誌. 2013.09; 88 (4-5): 159.

  304. 保田 晋助. IL-6から見える景色(第1回) 反応編 IL-6と免疫反応 Keynote R・A. 2013.08; 1 (1): 26-27. ( 医中誌 )

  305. 渡邊 俊之, 保田 晋助. 【寛解を目指す膠原病診療】早期診断と治療 抗リン脂質抗体症候群 内科. 2013.07; 112 (1): 67-71. ( 医中誌 )

  306. 金塚 雄作, 奥 健志, Amengual Olga, 藤枝 雄一郎, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 高田 賢蔵, 渥美 達也. 患者由来IgG型モノクローナル抗カルジオリピン/β2-グリコプロテインI抗体の機能と特異性 日本血栓止血学会誌. 2013.04; 24 (2): 229.

  307. 野口 淳史, 河野 通仁, 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也. リウマチ性疾患の肺病変 膠原病性肺動脈性肺高血圧症26例の臨床像の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 287.

  308. 大友 耕太郎, 金塚 雄作, Amengual Olga, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 関節リウマチの治療 生物学的製剤(TNF阻害薬) インフリキシマブのオンデマンド増量法の長期有用性に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 414.

  309. 渡邊 俊之, 奥 健志, オルガ・アメングアル, 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 野口 淳史, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE/NPSLE 全身性エリテマトーデス患者における血栓症の危険因子に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 400.

  310. 栗田 崇史, 保田 晋助, 河野 通仁, 藤枝 雄一郎, 橋本 陶子, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE/NPSLE SLE患者T細胞におけるSF2発現レベルの検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 375.

  311. 藤枝 雄一郎, 金塚 雄作, 大友 耕太郎, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群/MCTD 抗リン脂質抗体症候群における血栓形成機序 向血栓細胞における抗プロトロンビン自己抗体とRibophorinIIの意義 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 334.

  312. 金塚 雄作, 奥 健志, Amengual Olga, 中川 育磨, 渡邊 俊之, 藤枝 雄一郎, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群/MCTD 抗カルジオリピン/β2-グリコプロテインI抗体の多様性 患者由来IgG型モノクローナル抗体を用いた検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 334.

  313. 河野 通仁, 保田 晋助, 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 野口 淳史, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 橋本 陶子, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 関節リウマチの治療 生物学的製剤(TNF阻害薬以外) 当科における関節リウマチに対するトシリズマブの有効性について First biologic agentとしての可能性 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2013.03; 57回・22回 422.

  314. 保田 晋助. 【リウマチ性疾患における間質性肺病変の新たな知見】強皮症と間質性肺病変 リウマチ科. 2013.02; 49 (2): 181-186. ( 医中誌 )

  315. 中川 育磨, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 渡邊 俊之, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 野口 淳史, 志田 玄貴, 河野 通仁, 栗田 崇史. P7-07  抗好中球細胞質抗体関連血管炎における血栓症発症の危険因子についての検討 日本臨床免疫学会会誌. 2013; 36 (5): 406b. ( DOI )

  316. 狩野 皓平, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 中川 育磨, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 野口 淳史, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 河野 通仁. P9-10  進行性の神経症状を呈した若年女性の結節性多発動脈炎の一例 日本臨床免疫学会会誌. 2013; 36 (5): 421b. ( DOI )

  317. 黒木 茜, 栗田 崇史, 坊垣 暁之, 奥 健志, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 神田 真聡, 河野 通仁, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 中川 育磨, 野口 淳史, 志田 玄貴, 渡邊 俊之. P8-01  当科におけるループス腸炎の臨床的検討 日本臨床免疫学会会誌. 2013; 36 (5): 408b. ( DOI )

  318. 保田 晋助. SLEにおける血管内皮前駆細胞機能不全とinflammasome リウマチ科. 2012.10; 48 (4): 453-457. ( 医中誌 )

  319. 保田晋助. SLEにおける血管内皮前駆細胞機能不全とinflammasome 月刊リウマチ科. 2012.10; 48 (4): 453-457.

  320. 藤枝 雄一郎, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, Olga Amengual, 渥美 達也. APS患者における抗カルジオリピン-IgG/IgMおよび抗β2グリコプロテインI-IgG/IgM測定の有用性 日本臨床免疫学会会誌. 2012.08; 35 (4): 369. ( DOI )

  321. 大友 耕太郎, 渥美 達也, AMENGUAL Olga, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 奥 健志, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群の診断における抗リン脂質抗体スコアの有用性と血栓症イベント予測の可能性 北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia. 2012.08; 87 (4):

  322. 保田 晋助. 【もっと深くエビデンスを読む】ファーストチョイスの対象分子はTNFか、IL-6か ASPIRE vs.SAMURAI 分子リウマチ治療. 2012.07; 5 (3): 118-122. ( 医中誌 )

  323. 保田 晋助, 渥美 達也. 関節リウマチに対する作用メカニズムからみたヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体「トシリズマブ」の有用性 Mebio. 2012.06; 29 (6): 8-13. ( 医中誌 )

  324. 保田晋助, 渥美達也. 関節リウマチに対する作用メカニズムからみたヒト化抗ヒトIL‐6レセプターモノクローナル抗体「トシリズマブ」の有用性 Mebio. 2012.06; 29 (6): 8-13.

  325. 大友 耕太郎, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 奥 健志, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. プロトコルに沿ったインフリキシマブ増量の有用性の検討 低疾患活動性を目指したT2Tの実践 臨床リウマチ. 2012.06; 24 (2): 118-124. ( DOI )

  326. 保田 晋助. ループス腎炎モデルマウスにおけるIFN-α投与と治療抵抗性 リウマチ科. 2012.05; 47 (5): 551-555. ( 医中誌 )

  327. 保田晋助. ループス腎炎モデルマウスにおけるIFN‐α投与と治療抵抗性 月刊リウマチ科. 2012.05; 47 (5): 551-555.

  328. 河野 通仁, 加藤 将, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, 近 祐次郎, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. リウマチ性疾患の肺病変(1) 膠原病性肺動脈性肺高血圧症23例の臨床像の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 307.

  329. 中川 久子, 保田 晋助, 藤枝 雄一郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 日本人抗リン脂質抗体症候群患者におけるβ2 Glycoprotein I 379T/-多型の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 666.

  330. 渡邊 俊之, 藤枝 雄一郎, 志田 玄貴, 金塚 雄作, 河野 通仁, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 大友 耕太郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 原発性抗リン脂質抗体症候群における全身性エリテマトーデス発症予測因子 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 666.

  331. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 大田 ゆう子, 中川 久子, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 川口 鎮司, 山中 寿, 小池 隆夫. 強皮症(1) 強皮症の間質性肺病変に関連する因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 449.

  332. 藤枝 雄一郎, 渥美 達也, 渡邊 俊之, 志田 玄貴, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 加藤 将, 大友 耕太郎, Amengual Olga, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群/MCTD 抗リン脂質抗体症候群患者の動脈血栓症再発予防に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 433.

  333. 志田 玄貴, 渥美 達也, 加藤 将, 渡邊 俊之, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 保田 晋助, Amengual Olga, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群/MCTD 抗カルジオリピン抗体および抗β2-グリコプロテインI抗体単独陽性の意義 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 432.

  334. 大友 耕太郎, 渥美 達也, 藤枝 雄一郎, 中川 久子, 加藤 将, Amengual Olga, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群/MCTD 抗β2GPI抗体が誘導する組織因子の発現におけるapolipoprotein B100および酸化LDLの役割 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 432.

  335. 金塚 雄作, 堀田 哲也, 大友 耕太郎, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 河野 通仁, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 血管炎(4) 中枢神経症状を呈した全身性血管炎15例の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 389.

  336. 栗田 崇史, 保田 晋助, 大友 耕太郎, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 河野 通仁, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 多発性筋炎・皮膚筋炎(2) 間質性肺炎を合併した皮膚筋炎・多発性筋炎の予後因子 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2012.03; 56回・21回 371.

  337. 保田 晋助. 【SLE】SLE分類基準の変遷とその課題 Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2011.11; 5 (4): 212-216. ( 医中誌 )

  338. 保田晋助. SLE【テーマ1】SLE分類基準の変遷とその課題 Front Rheumatol Clin Immunol. 2011.11; 5 (4): 212-216.

  339. 加藤 将, 保田 晋助. 補体経路と凝固経路のクロストーク リウマチ科. 2011.09; 46 (3): 259-263. ( 医中誌 )

  340. 加藤将, 保田晋助. 補体経路と凝固経路のクロストーク 月刊リウマチ科. 2011.09; 46 (3): 259-263.

  341. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【抗体医療Update-開発コンセプトから最新治療実績まで】臨床 リウマチ性疾患に対する抗体治療 全身性エリテマトーデスに対する抗体治療 分子標的治療開発の道のりと現状 医学のあゆみ. 2011.08; 238 (6): 675-681. ( 医中誌 )

  342. 中川 久子, 保田 晋助, 藤枝 雄一郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 遺伝子多型・遺伝子異常 β2-Glycoprotein I 379T/-フレームシフト変異と抗β2GPI抗体の関連性 日本臨床免疫学会会誌. 2011.08; 34 (4): 256. ( DOI )

  343. 中川 靖子, 片岡 浩, 栗田 崇史, 中川 久子, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. シェーグレン症候群患者末梢血B細胞におけるアダプター分子Act1の関与 日本臨床免疫学会会誌. 2011.08; 34 (4): 283. ( DOI )

  344. 堀田 哲也, 中川 久子, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 自己抗体 抗リン脂質抗体症候群と遺伝子多型 日本臨床免疫学会会誌. 2011.08; 34 (4): 259. ( DOI )

  345. 加藤 将, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 関節リウマチ患者における従来の非ステロイド性消炎鎮痛薬からcyclooxygenase-2選択的阻害薬セレコキシブへの切り替えによる臨床効果の検討 新薬と臨牀. 2011.07; 60 (7): 1337-1344.

  346. 加藤 将, 渥美 達也, 奥 健志, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, Amengual Olga, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群 抗リン脂質抗体症候群の病態形成におけるCD36の関与 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 245.

  347. 金塚 雄作, 堀田 哲也, 大友 耕太郎, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 深谷 進司, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 血管炎 血管炎症候群に対するシクロフォスファミド間欠静注療法(IVCY)の長期有用性の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 442.

  348. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 清水 裕香, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 強皮症 強皮症の間質性肺病変に関連する因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 405.

  349. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 清水 裕香, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 強皮症 強皮症患者の間質性肺病変に対する自家末梢血幹細胞移植(aPBSCT)の有効性の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 404.

  350. 栗田 崇史, 保田 晋助, 大友 耕太郎, 金塚 雄作, 河野 通仁, 清水 裕香, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. リウマチ性疾患の肺病変 間質性肺炎を有する皮膚筋炎・多発性筋炎の予後因子の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 335.

  351. 大友 耕太郎, 加藤 将, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. インフリキシマブ 疾患活動性に応じたインフリキシマブ増量法の有用性に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 288.

  352. 河野 通仁, 渥美 達也, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 清水 裕香, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 保田 晋助, 堀田 哲也, 近藤 真, 向井 正也, 小池 隆夫. ループス腎炎 ループス腎炎患者の腎予後の検討 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 286.

  353. 清水 裕香, 渥美 達也, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. SLE 高用量ステロイド投与時に発症した精神神経症状の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 252.

  354. 堀田 哲也, 中川 久子, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, 加藤 将, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群 抗リン脂質抗体患者におけるAGTRL1とPRKCH遺伝子多型の解析 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 246.

  355. 保田 晋助. 【全身性エリテマトーデスの診断と治療の進歩】Euro-Lupus regimenによるループス腎炎の治療 リウマチ科. 2011.03; 45 (3): 260-265. ( 医中誌 )

  356. 保田晋助. 全身性エリテマトーデスの診断と治療の進歩 Euro‐Lupus regimenによるループス腎炎の治療 月刊リウマチ科. 2011.03; 45 (3): 260-265.

  357. 保田 晋助. 【リウマチ性疾患の画像診断と評価】強皮症の画像診断 リウマチ科. 2010.08; 44 (2): 146-150. ( 医中誌 )

  358. 保田晋助. リウマチ性疾患の画像診断と評価 強皮症の画像診断 月刊リウマチ科. 2010.08; 44 (2): 146-150.

  359. 山崎 雅英, 保田 晋助, 野島 順三, 家子 正裕, 吉田 美香. 抗リン脂質抗体部会 : 抗リン脂質抗体症候群診断に向けた新展開 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis. 2010.08; 21 (4): 433-435.

  360. 中川 久子, 保田 晋助, 松浦 栄次, 小林 和子, 家子 正裕, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. Nicked β2-Glycoprotein IとAngiostatin Kringle 1-4.5の血管新生に与える影響 日本血栓止血学会誌. 2010.06; 21 (3): 314-318. ( 医中誌 )

  361. 中川 久子, 保田 晋助, 松浦 栄次, 小林 和子, 家子 正裕, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. Nicked β2-Glycoprotein I と Angiostatin Kringle 1-4.5 の血管新生に与える影響 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis. 2010.06; 21 (3): 314-318. ( DOI )

  362. 中川 久子, 保田 晋助, 松浦 栄次, 小林 和子, 家子 正裕, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. Angiostatin 4.5を介したNicked β2GlycoproteinIの血管新生に与える影響 日本血栓止血学会誌. 2010.04; 21 (2): 234. ( 医中誌 )

  363. 保田 晋助. 【リウマチ性疾患のアウトカム研究】全身性エリテマトーデスの生命予後は改善したか リウマチ科. 2010.04; 43 (4): 354-357. ( 医中誌 )

  364. 保田晋助. リウマチ性疾患のアウトカム研究 全身性エリテマトーデスの生命予後は改善したか 月刊リウマチ科. 2010.04; 43 (4): 354-357.

  365. 保田 晋助. 【関節リウマチ治療の最前線 現状と展望】新しい薬物治療の将来展望 セルトリズマブ Pharma Medica. 2010.03; 28 (3): 53-55. ( 医中誌 )

  366. 保田晋助. 関節リウマチ治療の最前線;現状と展望 新しい薬物治療の将来展望 セルトリズマブ Pharma Med. 2010.03; 28 (3): 53-55.

  367. 保田 晋助. 関節リウマチとビタミンD リウマチ科. 2009.11; 42 (5): 540-544. ( 医中誌 )

  368. 保田晋助. 関節リウマチとビタミンD 月刊リウマチ科. 2009.11; 42 (5): 540-544.

  369. 保田 晋助. 【自己免疫の発生に関与する要因】自己免疫の発症とRasGRP1 臨床免疫・アレルギー科. 2009.04; 51 (4): 356-362. ( 医中誌 )

  370. 保田 晋助. 自己免疫の発症とRasGRP1 (特集 自己免疫の発生に関与する要因) 臨床免疫・アレルギー科. 2009.04; 51 (4): 356-362.

  371. 保田晋助. 自己免疫の発生に関与する要因 自己免疫の発症とRasGRP1 月刊臨床免疫・アレルギー科. 2009.04; 51 (4): 356-362.

  372. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【呼吸器症候群(第2版) その他の呼吸器疾患を含めて】肺循環の異常 肺高血圧症 原発性抗リン脂質抗体症候群 日本臨床. 2009.02; 別冊 (呼吸器症候群II): 256-260. ( 医中誌 )

  373. 保田晋助, 小池隆夫. 肺循環の異常 C.肺高血圧症 原発性抗リン脂質抗体症候群 日本臨床. 2009.02; 256-260.

  374. 保田 晋助. Ras guanyl nucleotide-releasing protein 1とリウマチ性疾患 リウマチ科. 2008.09; 40 (3): 293-297. ( 医中誌 )

  375. 保田晋助. Ras guanyl nucleotide‐releasing protein1とリウマチ性疾患 月刊リウマチ科. 2008.09; 40 (3): 293-297.

  376. 中川 靖子, 片岡 浩, 保田 晋助, 深江 淳, 堀田 哲也, 渥美 達也, 柏崎 晴彦, 小池 隆夫, 井上 農夫男. シェーグレン症候群のB細胞における転写因子E2A・Id3の発現異常 北海道歯学雑誌. 2007.06; 28 (1): 27-35.

  377. 保田 晋助. ビジュアル分子リウマチ学 ニックβ2-グリコプロテインIの構造と機能 分子リウマチ. 2007.02; 4 (1): 68-71. ( 医中誌 )

  378. 保田晋助. ビジュアル分子リウマチ学 第1回 ニックβ<sub>2</sub>―グリコプロテインIの構造と機能 分子リウマチ. 2007.02; 4 (1): 68-71.

  379. 神島 保, 渥美 達也, 堀田 哲也, 酒井 良江, 深江 淳, 保田 晋助, 白土 博樹, 小池 隆夫. 造影全身MRIによる関節リウマチの評価 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2007.02; 66回 S367.

  380. 保田 晋助, 堀田 哲也, 片岡 浩, 渥美 達也, 小池 隆夫. 【内科診療最前線2007 この1年の動向を踏まえて】アレルギー・リウマチ・膠原病 内科. 2006.12; 98 (6): 1066-1073. ( 医中誌 )

  381. 保田晋助, 堀田哲也, 片岡浩, 渥美達也, 小池隆夫. 内科診療最前線2007―この1年の動向を踏まえて アレルギー・リウマチ・膠原病 内科. 2006.12; 98 (6): 1066-1073.

  382. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【From bedside to Bench 臨床が基礎医学・生物学に与えたインパクト】抗リン脂質抗体の病原性解明へ 日本臨床免疫学会会誌. 2006.10; 29 (5): 311-318. ( 医中誌 )

  383. 奥 健志, 渥美 達也, 橋本 陶子, 川瀬 義明, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫, 国原 孝. シクロフォスファミド(CPA)大量投与併用自己末梢血単核球注入による血管新生が奏功したrheumatoid vasculitisの一例 北海道医学雑誌. 2006.09; 81 (5): 466.

  384. 深谷 進司, 渥美 達也, 橋本 陶子, 奥 健志, 川瀬 義明, 片岡 浩, 深江 淳, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 膠原病に合併した血球貪食症候群 17例の解析 日本臨床免疫学会会誌. 2006.08; 29 (4): 248. ( DOI )

  385. 中川 靖子, 片岡 浩, 保田 晋助, 深江 淳, 堀田 哲也, 渥美 達也, 井上 農夫男, 小池 隆夫. シェーグレン症候群における転写因子E2AとId3のバランス異常 日本臨床免疫学会会誌. 2006.08; 29 (4): 275. ( DOI )

  386. 奥 健志, 渥美 達也, 橋本 陶子, 川瀬 義明, 片岡 浩, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫, 国原 孝. シクロフォスファミド(CPA)大量投与併用自己末梢血単核球注入による血管新生が奏功したrheumatoid vasculitisの一例 日本臨床免疫学会会誌. 2006.08; 29 (4): 251. ( DOI )

  387. 中川 靖子, 片岡 浩, 保田 晋助, 深江 淳, 堀田 哲也, 渥美 達也, 井上 農夫男, 小池 隆夫. シェーグレン症候群における転写因子E2A-Id3の発現異常 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2006.07; 43回 86.

  388. 保田 晋助, 渥美 達也, 片岡 浩, 深江 淳, 堀田 哲也, 小池 隆夫. SLE患者におけるRasGRP1スプライス異常の検討 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2006.07; 43回 86.

  389. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【自己抗体の産生のメカニズムにおける新たな知見】抗リン脂質抗体の病原性 臨床免疫. 2006.06; 45 (6): 656-662. ( 医中誌 )

  390. 保田晋助, 小池隆夫. 自己抗体の産生のメカニズムにおける新たな知見 抗リン脂質抗体の病原性 臨床免疫. 2006.06; 45 (6): 656-662.

  391. 古崎 章, 坊垣 暁之, 渥美 達也, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 再生医療・骨髄移植のリウマチ性疾患への適応 強皮症に対する自家造血幹細胞移植療法の展望 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2006.03; 50回・15回 68.

  392. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【自己抗体研究の進歩 その病原性と新たな対応抗原】抗リン脂質抗体における最近の進歩 分子リウマチ. 2006.02; 3 (1): 46-54. ( 医中誌 )

  393. 保田晋助, 小池隆夫. 自己抗体研究の進歩―その病原性と新たな対応抗原―抗リン脂質抗体における最近の進歩 分子リウマチ. 2006.02; 3 (1): 46-54.

  394. 奥 健志, 渥美 達也, 酒井 良江, 坊垣 幸, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 原発性抗リン脂質抗体症候群における低補体血症 日本血栓止血学会誌. 2005.10; 16 (5): 590.

  395. 保田 晋助. 抗リン脂質抗体症候群における病原性の解明へ 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology. 2005.08; 28 (4):

  396. 堀田 哲也, Thomas Kenaz, 保田 晋助, 渥美 達也, Merrill Joan, 小池 隆夫. 全身性エリテマトーデス患者における可溶性血管内皮プロテインCレセプター(sEPCR),抗EPCR抗体,EPCR遺伝子多型に関する検討 日本臨床免疫学会会誌. 2005.08; 28 (4): 266. ( DOI )

  397. 保田 晋助, 渥美 達也, 家子 正裕, 堀田 哲也, 松浦 栄次, 小池 隆夫. ニックβ2-グリコプロテインIの新たな生物学的意義 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2005.07; 42回 72.

  398. 堀田 哲也, Thomas Kenaz, 保田 晋助, 渥美 達也, Merrill Joan, 小池 隆夫. SLE患者における可溶性EPCR,EPCR遺伝子多型,抗EPCR抗体に関する検討 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2005.07; 42回 73.

  399. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【内科医が診る関節リウマチ】関節リウマチの治療 専門医へのコンサルトが必要な病変・病態 悪性関節リウマチとは Medicina. 2005.05; 42 (5): 822-825. ( 医中誌 )

  400. 保田晋助, 小池隆夫. 関節リウマチの治療―専門医へのコンサルトが必要な病変・病態 悪性関節リウマチとは Medicina. 2005.05; 42 (5): 822-825.

  401. 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 【変わりゆく膠原病診療 最新治療の光と影】膠原病診療における最新のトピックス 抗リン脂質抗体症候群における血栓症の予防と対策 内科. 2005.03; 95 (3): 432-437. ( 医中誌 )

  402. 保田晋助, 渥美達也, 小池隆夫. 変わりゆくこう原病診療―最新治療の光と影 こう原病診療における最新のトピックス 抗リン脂質抗体症候群における血栓症の予防と対策 内科. 2005.03; 95 (3): 432-437.

  403. 保田 晋助, 小池 隆夫. 医学と医療の最前線 抗リン脂質抗体症候群 日本内科学会雑誌. 2004.10; 93 (10): 2216-2222. ( 医中誌 )

  404. 保田 晋助. <海外だより>ボストンも新緑の季節です 北海道医学雑誌. 2002.05; 77 (3): 299-300.

  405. 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. 【リウマチ科診療マニュアル】診療の実際 抗リン脂質抗体症候群の診療 リウマチ科. 2002.02; 27 (Suppl.1): 667-671. ( 医中誌 )

  406. 保田晋助, 渥美達也, 小池隆夫. リウマチ科診療マニュアル B. 各論 診療の実際 VI 抗リン脂質抗体症候群の診療 月刊リウマチ科. 2002.02; 27 667-671.

  407. 竹内 理恵, 家子 正裕, 渥美 達也, 保田 晋助, 堀田 哲也, 三好 義範, 天崎 吉晴, 市川 健司, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群(APS)における内因系線溶活性についての検討 リウマチ. 2001.04; 41 (2): 394.

  408. 堀田 哲也, 市川 健司, 渥美 達也, 保田 晋助, 竹内 理恵, 三好 義範, 天崎 吉晴, 小池 隆夫. ホスファチジルセリン依存性ヒトモノクローナル抗プロトロンビン抗体の作成とその免疫学的特性と凝固への影響 リウマチ. 2001.04; 41 (2): 392.

  409. 小泉 和輝, 保田 晋助, 小椋 庸隆, 藤咲 淳, 藤本 勝也, 西尾 充史, 澤田 賢一, 小池 隆夫. ミクリッツ症候群に合併した限局性原発性マクログロブリン血症(Solitary primary macrogulobulinemia (SPM)with Mikulicz's syndrome) International Journal of Hematology. 2001.03; 73 (Suppl.1): 158. ( 医中誌 )

  410. 保田晋助, 渥美達也, 小池隆夫. こう原病診断のための各種自己抗体測定意義の検討 二種の測定キット間での比較 月刊医学と薬学. 2000.12; 44 (6): 1087-1092.

  411. 保田 晋助, 渥美 達也, 松浦 栄次, 貝原 恵子, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴, 市川 健司. β2グリコプロテインI valine/leucine247遺伝子多型が抗β2-glycoprotein I抗体の結合性に与える影響 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2000.11; 30 104.

  412. 堀田 哲也, 市川 健司, 渥美 達也, 深江 淳, 片岡 浩, 保田 晋助, 竹内 理恵, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴. 抗リン脂質抗体症候群患者由来ホスファチジルセリン依存性モノクローナル抗プロトロンビン抗体の特異性 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2000.11; 30 108.

  413. 竹内 理恵, 家子 正裕, 渥美 達也, 片岡 浩, 深江 淳, 保田 晋助, 堀田 哲也, 三好 義範, 小椋 庸隆, 山下 由美. 抗リン脂質抗体症候群における抗β2GPI抗体と内因系線溶活性についての検討 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2000.11; 30 107.

  414. 三好 義範, 山下 由美, 片岡 浩, 深江 淳, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴, 市川 健司. 抗カルジオリピン抗体の対応抗原であるβ2グリコプロテインIの発現臓器の分子生物学的及び免疫学的解析 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2000.11; 30 104.

  415. 保田 晋助, 渥美 達也, 笠原 秀樹, 松浦 栄次, 市川 健司, 小池 隆夫. 【全身性エリテマトーデスの病態形成に関与する分子群】抗リン脂質抗体 臨床免疫. 2000.10; 34 (4): 470-474. ( 医中誌 )

  416. 保田晋助, 渥美達也, 笠原秀樹, 松浦栄次, 市川健司, 小池隆夫. 全身性エリテマトーデスの病態形成に関与する分子群 抗リン脂質抗体 臨床免疫. 2000.10; 34 (4): 470-474.

  417. 堀田 哲也, 渥美 達也, 保田 晋助, 竹内 理恵, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. 活動期の全身性エリテマトーデス(SLE)患者における抗カルジオリピン抗体(aCL)と抗プロトロンビン抗体(aPT)の臨床的意義の検討 北海道医学雑誌. 2000.09; 75 (5): 366-367.

  418. 大平 洋, 堤 明人, 保田 晋助, 堀田 哲也, 竹内 理恵, 笠原 英樹, 三好 義範, 渥美 達也, 市川 健司, 小池 隆夫. 重篤な中枢神経症状と腸管穿孔をきたしたBehcet病の1例 日本内科学会雑誌. 2000.07; 89 (7): 1435-1437. ( DOI )

  419. 竹内 理恵, 渥美 達也, 保田 晋助, 堀田 哲也, 片岡 浩, 深江 淳, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴, 市川 健司. 活動期SLEのCNSループス診断における抗ribosomal P抗体測定の有用性について リウマチ. 2000.04; 40 (2): 359.

  420. 片岡 浩, 堤 明人, 保田 晋助, 深江 淳, 堀田 哲也, 竹内 理恵, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴, 市川 健司. シクロフォスファミド(CPA)投与後に脳結核をきたした顕微鏡的多発血管炎(MPA)の1例 リウマチ. 2000.04; 40 (2): 504.

  421. 深江 淳, 渥美 達也, 天崎 吉晴, 片岡 浩, 保田 晋助, 堀田 哲也, 竹内 理恵, 三好 義範, 小椋 庸隆, 市川 健司. 急速に意識障害をきたしステロイドパルス療法が奏効した神経ベーチェットの2症例 リウマチ. 2000.04; 40 (2): 516.

  422. 市川 健司, 堤 明人, 渥美 達也, 天崎 吉晴, 小椋 庸隆, 三好 義範, 堀田 哲也, 竹内 理恵, 保田 晋助, 片岡 浩. ヒトIgGキメラ抗カルジオリピンを用いた抗リン脂質抗体価の測定と臨床像の検討 リウマチ. 2000.04; 40 (2): 387.

  423. 堤 明人, 佐々木 清貴, 保田 晋助, 三好 義範, 市川 健司, 片岡 浩, 深江 淳, 堀田 哲也, 竹内 理恵, 小椋 庸隆. 各種膠原病患者におけるMannose binding lectin遺伝子プロモーター領域の多型性 リウマチ. 2000.04; 40 (2): 350.

  424. 竹内 理恵, 渥美 達也, 保田 晋助, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健治, 堤 明人, 澤田 賢一, 小池 隆夫. 赤芽球癆(PRCA)を合併し,ステロイド治療が奏効した全身性エリテマトーデス(SLE)2例の検討 北海道医学雑誌. 1999.11; 74 (6): 479.

  425. 竹内 理恵, 家子 正裕, 渥美 達也, 保田 晋助, 堀田 哲也, 三好 義範, 堤 明人, 市川 健司, 小池 隆夫. 内因系線溶に及ぼすbeta2-glycoprotein I(β2GPI)及びモノクローナル抗β2GPI抗体の影響 日本血栓止血学会誌. 1999.10; 10 (5): 382.

  426. 保田 晋助, 堤 明人, 渥美 達也, 三好 義範, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 市川 健司, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群患者におけるtissue plasminogen activator及びplasminogen activator inhibitor-1遺伝子多型の検討 日本免疫学会総会・学術集会記録. 1999.10; 29 39.

  427. 竹内 理恵, 家子 正裕, 渥美 達也, 保田 晋助, 堀田 哲也, 三好 義範, 堤 明人, 市川 健司, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群(APS)における内因系線溶活性についての検討 日本免疫学会総会・学術集会記録. 1999.10; 29 36.

  428. 堀田 哲也, 渥美 達也, 保田 晋助, 竹内 理恵, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. 活動期の全身性エリテマトーデス(SLE)患者における抗カルジオリピン抗体(aCL)と抗プロトロンビン抗体(aPT)の臨床的意義の検討 日本免疫学会総会・学術集会記録. 1999.10; 29 36.

  429. 渥美 達也, 家子 正裕, Bertolaccini ML, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. プロトロンビンに対する自己抗体の免疫学的及び血液学的特徴の検討 日本免疫学会総会・学術集会記録. 1999.10; 29 35.

  430. 渥美 達也, 家子 正裕, Bertolaccini Laura M, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. ヒトプロトロンビンに対する自己抗体の検出法の検討 日本血栓止血学会誌. 1999.10; 10 (5): 395.

  431. 保田 晋助, 堤 明人, 小池 隆夫. 【検査異常から考える血液疾患】抗リン脂質抗体症候群の治療 Medicina. 1999.04; 36 (4): 663-665. ( 医中誌 )

  432. 保田晋助, 堤明人, 小池隆夫. 検査異常から考える血液疾患 抗リン脂質抗体症候群の治療 Medicina. 1999.04; 36 (4): 663-665.

  433. 笠原 英樹, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 樋口 正人, 三好 義範, 渥美 達也, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. 当科におけるループス腎炎(DPGN)に対するサイクロフォスファマイド大量静注療法(IVCY)の施行経験 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 375.

  434. 堤 明人, 佐々木 清貴, 保田 晋助, 三好 義範, 市川 健司, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 竹内 理恵, 渥美 達也, 小池 隆夫. 各種膠原病患者におけるMannose binding lectin遺伝子の多型性 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 282.

  435. 保田 晋助, 堤 明人, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 三好 義範, 渥美 達也, 市川 健司, 小池 隆夫. 強皮症の経過中に発症したMPO-ANCA関連血管炎の1例 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 482.

  436. 竹内 理恵, 渥美 達也, 保田 晋助, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 澤田 賢一, 小池 隆夫. 赤芽球癆(PRCA)を合併し,ステロイド治療が奏効した全身性エリテマトーデス(SLE)2症例の検討 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 476.

  437. 堀田 哲也, 堤 明人, 保田 晋助, 竹内 理恵, 笠原 英樹, 三好 義範, 渥美 達也, 市川 健司, 小池 隆夫. 結節性再生性過形成(NRH)による門脈圧亢進症を呈した全身性エリテマトーデス(SLE)の1例 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 474.

  438. 渥美 達也, Bertolaccini Laura, 家子 正裕, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人. 抗プロトロンビン抗体 臨床的意義と希釈ラッセル蛇毒時間との関係 リウマチ. 1999.04; 39 (2): 279.

  439. 竹内 理恵, 渥美 達也, 家子 正裕, 武谷 浩之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人. 先天性β2グリコプロテインI欠損者における凝固・線溶機能 日本臨床免疫学会会誌. 1998.10; (26回抄録集): 37.

  440. 渥美 達也, 家子 正裕, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. IgG/M抗プロトロンビン-ホスファチジルセリン抗体の臨床的意義 日本臨床免疫学会会誌. 1998.10; (26回抄録集): 239.

  441. 堀田 哲也, 竹内 理恵, 保田 晋助, 竹内 薫, 笠原 英樹, 三好 義範, 渥美 達也, 浄土 智, 中林 透, 市川 健司. 胸腺腫摘出後に全身性エリテマトーデス(SLE)を発症したと考えられる1例 北海道医学雑誌. 1998.09; 73 (5): 531-532.

  442. 竹内 理恵, 渥美 達也, 家子 正裕, 保田 晋助, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. 自己免疫疾患における各種ループスアンチコアグラント検出法の臨床的意義 日本血栓止血学会誌. 1998.08; 9 (4): 331.

  443. 渥美 達也, 家子 正裕, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. 自己免疫疾患における抗プロトロンビン抗体の臨床的意義 日本血栓止血学会誌. 1998.08; 9 (4): 332.

  444. 保田 晋助, 小池 隆夫. 【血液疾患 state of arts(Ver.2)】主要疾患 現況・病態・診断・治療 抗リン脂質抗体症候群 医学のあゆみ. 1998.06; 別冊 (血液疾患): 613-615. ( 医中誌 )

  445. 保田晋助, 小池隆夫. 血液疾患 state of arts(Ver.2) 主要疾患 現況・病態・診断・治療 抗リン脂質抗体症候群 医学のあゆみ. 1998.06; 613-615.

  446. 加藤健太郎, 大柏秀樹, 武岡哲良, 保田晋助, 清水匡, 加藤紘之. 動脈塞栓術が奏効したAVMに起因する虚血性大腸炎の1例 北海道外科雑誌. 1997.12; 42 (2): 208-211.

  447. Leucine-rich alpha-2 glycoprotein as a potential biomarker for large vessel vasculitides 2023.05; 10 ( DOI )

  448. SARS-CoV-2 RNA copy number is a factor associated with the mortality of COVID-19 and improves the predictive performance of mortality in severe cases. 2022.05; ( DOI )

  449. SATO Taiki, AMENGUAL Olga, FUJIEDA Yuichiro, OHNISHI Naoki, ABE Nobuya, KONO Michihito, KATO Masaru, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. IgM抗リン脂質抗体の長期持続と血栓症リスク 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  450. KARINO Kohei, KONO Michihito, KONO Michihiro, KURITA Takashi, ABE Nobuya, FUJIEDA Yuichiro, KATO Masaru, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 皮膚筋炎患者における血管炎由来症状に対する危険因子 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  451. OGATA Yusuke, FUJIEDA Yuichiro, SATO Taiki, OHNISHI Naoki, KONO Michihito, KATO Masaru, OKU Kenji, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 原発性抗リン脂質症候群患者における全身性エリテマトーデス発症の危険因子 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  452. KUDO Yuki, KATO Masaru, SHIBATA Yuhei, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 全身性硬化症関連肺動脈高血圧症特異的内皮細胞の確立とトランスクリプトーム解析 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  453. NINAGAWA Keita, KATO Masaru, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, OKU Kenji, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 全身性硬化症関連肺動脈高血圧症患者における左心疾患表現型の評価 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  454. 麻生邦之, 河野通仁, 藤枝雄一郎, 加藤将, 奥健志, AMENGUAL Olga, 保田晋助, 渥美達也. ループス腸炎の臨床的特徴と再燃の危険因子に関する検討 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  455. ABE Nobuya, OKU Kenji, KUDO Yuki, KARINO Kohei, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, AMENGUAL Olga, KATO Masaru, KAMIMURA Daisuke, YASUDA Shinsuke, MURAKAMI Masaaki, ATSUMI Tatsuya. マウスにおいて抗リン脂質抗体が認知機能およびミクログリア活性化に及ぼす影響 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  456. YOSHIMURA Masaru, FUJIEDA Yuichiro, KONO Michihito, KATO Masaru, OKU Kenji, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 関節リウマチ患者における深部静脈血栓症発症のリスク評価 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2020; 64th (CD-ROM)

  457. Sato T, Nakamura H, Fujieda Y, Ohnishi N, Abe N, Kono M, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Yasuda S, Atsumi T. Factor Xa inhibitors for preventing recurrent thrombosis in patients with antiphospholipid syndrome: a longitudinal cohort study. Lupus. 2019.11; 28 (13): 1577-1582. ( PubMed, DOI )

  458. Sugawara E, Kato M, Kudo Y, Lee W, Hisada R, Fujieda Y, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Yasuda S, Onodera T, Hatakeyama S, Atsumi T. Autophagy promotes citrullination of VIM (vimentin) and its interaction with major histocompatibility complex class II in synovial fibroblasts. Autophagy. 2019.09; 16 (5): 1-10. ( PubMed, DOI )

  459. Ninagawa K, Kato M, Nakamura H, Abe N, Kono M, Fujieda Y, Oku K, Yasuda S, Ohira H, Tsujino I, Atsumi T. Reduced diffusing capacity for carbon monoxide predicts borderline pulmonary arterial pressure in patients with systemic sclerosis. Rheumatology international. 2019.07; ( PubMed, DOI )

  460. Ohnishi N, Fujieda Y, Hisada R, Nakamura H, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Yasuda S, Atsumi T. Efficacy of dual antiplatelet therapy for preventing recurrence of arterial thrombosis in patients with antiphospholipid syndrome. Rheumatology (Oxford, England). 2019.06; 58 (6): 969-974. ( PubMed, DOI )

  461. Hisada R, Kato M, Ohnishi N, Sugawara E, Fujieda Y, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Yasuda S, Atsumi T. Antiphospholipid score is a novel risk factor for idiopathic osteonecrosis of the femoral head in patients with systemic lupus erythematosus. Rheumatology (Oxford, England). 2019.04; 58 (4): 645-649. ( PubMed, DOI )

  462. Fujieda Y, Mader S, Jeganathan V, Arinuma Y, Shimizu Y, Kato M, Oku K, Minami A, Shimizu C, Yasuda S, Atsumi T. Clinical significance of anti-DNA/N-methyl-D-aspartate receptor 2 antibodies in de novo and post-steroid cases with neuropsychiatric systemic lupus erythematosus. International journal of rheumatic diseases. 2019.03; 22 (3): 443-448. ( PubMed, DOI )

  463. Noguchi A, Yasuda S, Hisada R, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Suzuki M, Matsumoto Y, Atsumi T. Anti-cyclic citrullinated peptide antibody titers decrease in rheumatoid arthritis patients treated with tocilizumab: A pilot study. Modern rheumatology. 2019.02; 1-6. ( PubMed, DOI )

  464. LEE Wen Shi, KATO Masaru, SUGAWARA Eri, KONO Michihiro, HISADA Ryo, KUDO Yuki, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. オートファジー受容体オプチニューリンは関節リウマチの患者由来の滑膜線維芽細胞におけるRANKL発現を負に制御する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019; 63rd

  465. SUGAWARA Eri, KATO Masaru, KUDO Yuki, LEE Wenshi, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 結合組織病患者の妊娠合併症のリスク分析:母体および胎児の転帰に関する単一施設後向き研究 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019; 63rd

  466. KARINO Kohei, KONO Michihiro, KONO Michihito, ABE Nobuya, FUJIEDA Yuichiro, KATO Masaru, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 筋膜炎症は皮膚筋炎における急速進行性間質性肺疾患の新規リスク因子である:全身MRIを用いた研究 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019; 63rd

  467. ABE Nobuya, FUJIEDA Yuichiro, KARINO Kohei, KONO Michihito, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 炎症性関節炎の生物製剤への不十分な反応に関連する疼痛処理領域の強化された静止状態機能的結合 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019; 63rd

  468. LEE Wen Shi, KATO Masaru, SUGAWARA Eri, KONO Michihiro, KUDO Yuki, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 滑膜線維芽細胞におけるオートファジー受容体オプチニューリンは関節リウマチにおける関節破壊に対して保護的役割を果たす 日本免疫学会総会・学術集会記録(CD-ROM). 2019; 48

  469. 佐藤太貴, 中村浩之, 藤枝雄一郎, 大西直樹, 麻生邦之, 蜷川慶太, 阿部靖矢, 河野通仁, 加藤将, 奥健志, 坊垣暁之, アメングアル オルガ, 保田晋助, 渥美達也. 抗リン脂質抗体症候群患者に対する第Xa因子阻害薬とワルファリンの比較検討 日本血栓止血学会誌. 2019; 30 (2):

  470. 工藤友喜, 加藤将, 柴田悠平, リー ウェンシー, 河野通大, 菅原恵理, 河野通仁, 藤枝雄一郎, 坊垣暁之, AMENGUAL Olga, 奥健志, 保田晋助, 渥美達也. 患者由来iPS細胞を用いた強皮症性肺動脈性肺高血圧症の病態解明 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  471. 菅原恵理, 菅原恵理, 加藤将, 河野通仁, 藤枝雄一郎, AMENGUAL Olga, 奥健志, 保田晋助, 渥美達也. 当科における膠原病合併妊娠コホート 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  472. 大西直樹, 藤枝雄一郎, 河野通仁, 加藤将, 奥健志, AMENGUAL Olga, 保田晋助, 荒瀬尚, 渥美達也. 単球細胞表面上のプロトロンビン/MHCクラスII分子複合体はホスファチジルセリン依存性抗プロトロンビン抗体の新規対応抗原である 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  473. 麻生邦之, 河野通仁, 河野通大, 蜷川慶太, 佐藤太貴, 渡邉俊之, 清水裕香, 藤枝雄一郎, 加藤将, 奥健志, AMENGUAL Olga, 保田晋助, 渥美達也. 全身性エリテマトーデス患者における精神神経ループスを伴うflareの危険因子に関する検討 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  474. ASO Kuniyuki, KONO Michihito, KONO Michihiro, NINAGAWA Keita, SATO Taiki, WATANABE Toshiyuki, SHIMIZU Yuka, FUJIEDA Yuichiro, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, OLGA Amengual, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 全身性エリテマトーデス患者における神経精神医学的フレアの予測因子 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019; 63rd

  475. 狩野皓平, 河野通仁, 麻生邦之, 阿部靖矢, 藤枝雄一郎, 加藤将, 奥健志, 保田晋助, 渥美達也. ループス腎炎に合併した免疫性血小板減少症に対するミコフェノール酸モフェチルの有効性 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  476. 阿部靖矢, 阿部靖矢, 奥健志, 狩野皓平, 河野通仁, 藤枝雄一郎, AMENGUAL Olga, 田中勇希, 上村大輔, 保田晋助, 村上正晃, 渥美達也. マウスモデルにおける抗リン脂質抗体の精神神経症状や中枢神経系細胞への影響 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  477. OHNISHI Naoki, FUJIEDA Yuichiro, KONO Michihito, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. プロコアグラント細胞に発現するプロトロンビン/MHCクラスII複合体は,病原性抗リン脂質抗体の標的である 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019; 63rd

  478. LEE Wen Shi, 加藤將, 菅原恵理, 河野通大, 工藤友喜, 河野通仁, 藤枝雄一郎, 坊垣暁之, AMENGUAL Olga, 奥建志, 保田晋助, 渥美達也. 関節リウマチ患者の滑膜線維芽細胞においてRANKL発現をオプチニューリンは負制御する 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  479. 菅原正成, 藤枝雄一郎, 吉村大, 麻生邦之, 佐藤太貴, 蜷川慶太, 阿部靖矢, 狩野晧平, 下山修平, 大西直樹, 柴田悠平, 河野通仁, 加藤将, 保田晋助, 渥美達也. 骨髄異形成/骨髄増殖性腫瘍に合併した大血管炎の一例 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2019; 47th

  480. Karino K, Fujieda Y, Kawamura T, Abe N, Shimoyama S, Kono M, Kato M, Yasuda S, Atsumi T. Anti-TIF1γ antibody predicted malignancy of thymic tumor with dermatomyositis as an "autoimmune tumor marker": A case report. Medicine. 2018.12; 97 (49): e13563. ( PubMed, DOI )

  481. Abe N, Oku K, Amengual O, Fujieda Y, Kato M, Bohgaki T, Yasuda S, Mori R, Morishita E, Suzuki-Inoue K, Atsumi T. Potential therapeutics for antiphospholipid antibody associated thrombocytopenia: a systematic review and meta-analysis. Modern rheumatology. 2018.12; 30 (1): 1-21. ( PubMed, DOI )

  482. Nakamura H, Fujieda Y, Yasuda S, Nakai M, Atsumi T. Remission of Nephrotic Syndrome After Therapy for Chronic Hepatitis C Virus Infection in a Patient With Systemic Lupus Erythematosus. Annals of internal medicine. 2018.09; 169 (5): 352-353. ( PubMed, DOI )

  483. Shen L, Azmi NU, Tan XW, Yasuda S, Wahyuningsih AT, Inagaki J, Kobayashi K, Ando E, Sasaki T, Matsuura E. Mutants of β2-glycoprotein I: Their features and potent applications. Best practice & research. Clinical rheumatology. 2018.08; 32 (4): 572-590. ( PubMed, DOI )

  484. Yasuda S. Emerging Targets for the Treatment of Lupus Erythematosus: There is No Royal Road to Treating Lupus. Modern rheumatology. 2018.06; 29 (1): 1-25. ( PubMed, DOI )

  485. Nakamura H, Odani T, Yasuda S, Noguchi A, Fujieda Y, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Sugita J, Endo T, Teshima T, Atsumi T. Autologous haematopoietic stem cell transplantation for Japanese patients with systemic sclerosis: Long-term follow-up on a phase II trial and treatment-related fatal cardiomyopathy. Modern rheumatology. 2018.01; 28 (5): 1-6. ( PubMed, DOI )

  486. OHNISHI Naoki, FUJIEDA Yuichiro, KONO Michihiro, TANIMURA Syun, HISADA Ryo, SUGAWARA Eri, NAKAMURA Hiroyuki, SHIMAMURA Sanae, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 10年間の抗リン脂質抗体症候群患者の罹患率と死亡率:日本人患者157例の縦断コホート研究 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018; 62nd

  487. 狩野皓平, 藤枝雄一郎, 阿部靖矢, 下山修平, 谷村瞬, 加藤将, 奥健志, 坊垣暁之, アメングアル オルガ, 保田晋助, 渥美達也. ANCA関連血管炎患者60例に対するシクロフォスファミド間欠静注療法またはリツキシマブによる寛解導入療法 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018; 62nd

  488. SUGAWARA Eri, KATO Masaru, KONO Michihito, FUJIEDA Yuichiro, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, OKU Kenji, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. オートファジーは滑膜線維芽細胞におけるビメンチンのシトルリン化および主要組織適合複合体クラスIIとの相互作用を促進する 日本免疫学会総会・学術集会記録(CD-ROM). 2018; 47

  489. ABE Nobuya, OKU Kenji, OLGA Amengual, FUJIEDA Yuichiro, KATO Masaru, BOHGAKI Toshiyuki, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 血小板減少症関連抗リン脂質抗体の管理における既存治療法の有効性と安全性:システマティックレビューとメタ分析 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018; 62nd

  490. 下山修平, 藤枝雄一郎, 阿部靖矢, 狩野皓平, 加藤将, 奥健志, 坊垣暁之, アメングアル オルガ, 保田晋助, 渥美達也. 肺病変を有する関節リウマチ患者の長期予後 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018; 62nd

  491. ABE Nobuya, KATO Masaru, KARINO Kohei, SHIMOYAMA Shuhei, NAKAMURA Hiroyuki, NOGUCHI Atsushi, FUJIEDA Yuichiro, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 結合組織疾患に関連した肺高血圧症における心臓磁気共鳴と右心カテーテル法を併用した右室機能評価と予後予測 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018; 62nd

  492. 久田諒, 加藤将, 菅原恵理, 藤枝雄一郎, 奥健志, 坊垣暁之, AMENGUAL Olga, 保田晋助, 渥美達也. 抗リン脂質抗体症候群における末梢血リンパ球サブセットおよび抗体産生機序の解明 日本血栓止血学会誌. 2018; 29 (2):

  493. 大西直樹, 藤枝雄一郎, 久田諒, 中村浩之, 加藤将, 奥健志, 坊垣暁之, AMENGUAL Olga, 保田晋助, 渥美達也. 抗リン脂質抗体症候群における抗血小板薬二剤併用療法の血栓予防効果と安全性の検討 日本血栓止血学会誌. 2018; 29 (2):

  494. 加藤将, 久田諒, 菅原恵理, 藤枝雄一郎, 奥健志, 坊垣暁之, AMENGUAL Olga, 保田晋助, 渥美達也. 抗リン脂質抗体スコアを用いた特発性大腿骨頭壊死発生リスク評価 日本血栓止血学会誌. 2018; 29 (2):

  495. HISADA Ryo, KATO Masaru, SUGAWARA Eri, FUJIEDA Yuichiro, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 形質芽細胞の増殖は,Toll様受容体7多型およびI型インターフェロンの上方制御と関連し,抗リン脂質抗体症候群における抗体産生に寄与する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018; 62nd

  496. HISADA Ryo, KATO Masaru, SUGAWARA Eri, FUJIEDA Yuichiro, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 形質芽球増殖はToll様受容体7多形性と関係し,抗リン脂質症候群の患者における自己抗体産生に寄与する 日本免疫学会総会・学術集会記録(CD-ROM). 2018; 47

  497. 麻生邦之, 加藤将, 阿部靖矢, 谷村瞬, 河野通仁, 藤枝雄一郎, 奥健志, 坊垣暁之, アメングアル オルガ, 保田晋助, 渥美達也. 全身MRIを用いた脊椎関節炎の評価 日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集. 2018; 33rd

  498. SHIMAMURA Sanae, YASUDA Shinsuke, KONO Michihiro, NAKAMURA Hiroyuki, KONO Michihito, SHIMIZU Yuka, FUJIEDA Yuichiro, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, ATSUMI Tatsuya. RasGRP4はRas-MARK経路を介して線維芽細胞様滑膜細胞の増殖を誘発する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017; 61st

  499. 下山修平, 加藤将, 阿部靖矢, 狩野皓平, 阿部早和子, 大西直樹, 河野通大, 谷村瞬, 菅原恵理, 久田諒, 中村浩之, 嶋村抄苗, 藤枝雄一郎, 奥健志, 坊垣暁之, 保田晋助, 渥美達也. 肺静脈閉塞症,間質性肺疾患を合併した強皮症関連肺高血圧症の一例 日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集. 2017; 32nd

  500. TANIMURA Shun, FUJIEDA Yuichiro, KONO Michihiro, HISADA Ryo, SUGAWARA Eri, NAKAMURA Hiroyuki, OHMURA Kazumasa, SHIMAMURA Sanae, SHIMIZU Yuka, WATANABE Toshiyuki, SHIDA Haruki, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, HORITA Tetsuya, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 結合組織病の患者における血漿プレセプシン濃度の臨床的意義 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017; 61st

  501. OHNISHI Naoki, FUJIEDA Yuichiro, OGATA Yusuke, ABE Sawako, KONO Michihiro, TANIMURA Shun, HISADA Ryo, SUGAWARA Eri, NAKAMURA Hiroyuki, OHMURA Kazumasa, SHIMAMURA Sanae, DOI Mototsugu, SHIMIZU Yuka, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 抗リン脂質症候群の患者における再発動脈血栓症の予防 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017; 61st

  502. OHMURA Kazumasa, OKU Kenji, KITAORI Tamao, AMENGUAL Olga, KONO Michihiro, TANIMURA Shun, NAKAMURA Hiroyuki, SUGAWARA Eri, HISADA Ryo, SHIMAMURA Sanae, SHIMIZU Yuka, FUJIDEDA Yuichiro, KATO Masaru, BOHGAKI Toshiyuki, YASUDA Shinsuke, SUGIURA-OGASAWARA Mayumi, ATSUMI Tatsuya. 抗C1q抗体は補体活性化を介して再発流産の病因に寄与する 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017; 61st

  503. NAKAMURA Hiroyuki, OKU Kenji, ABE Sawako, OHNISHI Naoki, KONO Michihiro, TANIMURA Shun, HISADA Ryo, SUGAWARA Eri, OHMURA Kazumasa, SHIMAMURA Sanae, SHIMIZU Yuka, DOI Mototsugu, FUJIEDA Yuichiro, KATO Masaru, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, YASUDA Shinsuke, ATSUMI Tatsuya. 原発性抗リン脂質抗体症候群におけるH因子欠如に起因する補体第二経路の活性化 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017; 61st

  504. SHIMIZU Yuka, YASUDA Shinsuke, OHMURA Kazumasa, SHIMAMURA Sanae, SUGAWARA Eri, HISADA Ryo, KONO Michihiro, NAKAMURA Hiroyuki, FUJIEDA Yuchiro, KATO Masaru, OKU Kenji, BOHGAKI Toshiyuki, AMENGUAL Olga, HORITA Tetsuya, ATSUMI Tatsuya. ループス腎炎患者の腎組織におけるインターフェロン誘導性Mx1蛋白質の発現 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017; 61st

  505. Yasuda S, Horita T. [Diagnostic (Classification) Criteria and Treatment Guidelines of Collagen-vascular Diseases: Hos to Use and Cautions on Applying Them for General Physicians. Topics: VIII. Polymyalgia Rheumatica]. Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine. 2015.10; 104 (10): 2157-2162. ( PubMed )

  506. Oku K, Murashima A, Oomura K, Amengual O, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Kaneko K, Nakanishi I, Nozawa K, Sugiura-Ogasawara M, Atsumi T. The participations of the physicians on the diagnosis and treatments of antiphospholipid related pregnancy morbidities in Japan: from the result of nationwide survey. Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology. 2015; 38 (6): 457-465. ( PubMed, DOI )

  507. Oku K, Amengual O, Hisada R, Oomura K, Nakagawa I, Watanabe T, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Atsumi T. [The function and the significance of full-automated tests for detecting antiphospholipid antibodies]. Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology. 2015; 38 (3): 157-163. ( PubMed, DOI )

  508. Kurita Takashi, Yasuda Shinsuke, Moulton Vaishali R, Kono Michihito, Koide Hideyuki, Oku Kenji, Bohgaki Toshiyuki, Amengual Olga, Horita Tetsuya, Tsokos George C, Atsumi Tatsuya. Decreased Levels Of Splicing Factor 2/Alternative Splicing Factor (SF2/ASF) Correlate With Lower Transcript Levels Of The RasGRP1 Normal Isoform In Lupus T Cells. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2013.10; 65 S691.

  509. Oku Kenji, Amengual Olga, Nakagawa Ikuma, Watanabe Toshiyuki, Kanetsuka Yusaku, Bohgaki Toshiyuki, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Atsumi Tatsuya. Autoantibodies Against Component Of Complement One Contribute To The Complement Activation and Clinical Manifestation Of Antiphospholipid Syndrome (APS) Especially In Refractory Cases ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2013.10; 65 S7-S8.

  510. Fujieda Yuichiro, Amengual Olga, Watanabe Toshiyuki, Kono Michihito, Kanetsuka Yusaku, Kurita Takashi, Odani Toshio, Otomo Kotaro, Bohgaki Toshiyuki, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Atsumi Tatsuya. Dual Antiplatelet Therapy As Prophylaxis of Recurrent Arterial Thrombosis in Patients with antiphospholipid Syndrome. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2012.10; 64 (10): S1036.

  511. Fujieda Yuichiro, Amengual Olga, Kanetsuka Yusaku, Odani Toshio, Otomo Kotaro, Oku Kenji, Bohgaki Toshiyuki, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Kuroki Kimiko, Maenaka Katsumi, Matsumoto Masaki, Hatakeyama Shigetsugu, Atsumi Tatsuya. Ribophorin II Is Involved in the Tissue Factor Expression Mediated by Phosphatidylserine-Dependent Antiprothrombin Antibody On Monocytes. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2012.10; 64 (10): S741.

  512. Odani Toshio, Yasuda Shinsuke, Kubota Ayaka, Nakagawa Hisako, Fujieda Yuichiro, Otomo Kotaro, Kato Masaru, Horita Tetsuya, Atsumi Tatsuya, Koike Takao. HLA-DRB5*01:05 Is a Risk Factor for Systemic Sclerosis with Interstitial Lung Disease ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2011.10; 63 (10): S902-S903.

  513. Otomo Kotaro, Atsumi Tatsuya, Fujieda Yuichiro, Nakagawa Hisako, Kato Masaru, Amengual Olga, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Matsumoto Masaki, Hatakeyama Shigetsugu, Koike Takao. Role of Apolipoprotein B100 and Oxidized Low-Density Lipoprotein in Anti-beta2 Glycoprotein I Induced Tissue Factor Expression on Monocytes ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2011.10; 63 (10): S6.

  514. Amengual Olga, Atsumi Tatsuya, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Koike Takao. Beta2glycoprotein I-Dependent anticardiolipin antibodies-induced tissue factor expression is enhanced by interferon alpha; A crucial role for lipid scramblase 1. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2006.09; 54 (9): S560.

  515. Yasuda Shinsuke, Atsumi Tatsuya, Horita Tetsuya, Kataoka Hiroshi, Fukae Jun, Stevens Richard L, Koike Takao. Increased expression of aberrant isoforms of Ras-Guanyl releasing protein 1 (RasGRP1) in patients with systemic lupus erythematosus (SLE). ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2006.09; 54 (9): S292.

  516. Oku Kenji, Atsumi Tatsuya, Sakai Yoshie, Kataoka Hiroshi, Horita Tetsuya, Yasuda Shinsuke, Koike Takao. Significance of hypocomplementemia in patients with primary antiphospholipid syndrome: A correlation to elevated plasma tumor necrosis factor alfa levels. ARTHRITIS AND RHEUMATISM. 2006.09; 54 (9): S796.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 嶋村 抄苗, 保田 晋助, 河野 通仁, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 奥 健志, 渥美 達也. 関節リウマチ患者の線維芽細胞様滑膜細胞においてfarnesyltransferase阻害薬はRasGRP4-RAS-MAPキナーゼ経路を抑制する(Farnesyltransferase inhibitor suppresses the RasGRP4-Ras- MAP kinase pathway in fibroblast-like synoviocytes from patients with rheumatoid arthritis). 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  2. 中川 久子, 保田 晋助, 松浦 栄次, 小林 和子, 家子 正裕, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. ニックβ2-糖蛋白質Iはアンギオスタチン4.5と結合しその血管新生阻害を減弱化する(Nicked β2-glycoprotein I binds angiostatin 4.5 and attenuates its anti-angiogenic property). 日本血栓止血学会誌 2010.04.01

  3. 木内英美, 青木惇, 福田夏菜, 平野瑛子, 岡﨑玲, 濱田大輔, 内田諭, 村上正憲, 柴久美子, 辻本和峰, 小宮力, 池田賢司, 保田晋助, 山田哲也. ノボラピッド注からフィアスプ注への変更で食後高血糖改善を認めた 自己免疫性多内分泌腺症候群3型に合併した1型糖尿病の一例.. 第22回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 2021.09.25

  4. 蜷川 慶太, 藤枝 雄一郎, 松井 雄一郎, 神島 保, 麻生 邦之, 佐藤 太貴, 河野 通仁, 加藤 将, 奥 健志, Olga Amengual, 保田 晋助, 岩崎 倫政, 渥美 達也. MRIで米粒体を認めた全身性エリテマトーデス患者の非結核性抗酸菌性腱鞘滑膜炎の1例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  5. 保田 晋助. 成人SLEの評価・治療の問題点と展望 ガイドラインをふまえた分子標的治療の位置づけ. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.10.01

  6. 保田 晋助. 関節リウマチにおける滑膜線維芽細胞のシグナル異常とTNF阻害治療の効果. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  7. 中村 祐哉, 佐藤 太貴, 奥 健志, 麻生 邦之, 蜷川 慶太, 河野 通仁, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 保田 晋助, 渥美 達也. SLEとの鑑別を要したTAFRO症候群の1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.03.01

  8. 保田 晋助. 抗リン脂質抗体症候群の診断と治療. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019.03.01

  9. 瀬越 尚人, 麻生 邦之, 藤枝 雄一郎, 高橋 育子, 佐藤 太貴, 蜷川 慶太, 河野 通仁, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングア・オルガ , 保田 晋助, 渥美 達也. Vessel Wall Imagingが脳血管炎の診断に有用だった精神神経ループスの一例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  10. 宮本 郁未, 阿部 靖矢, 狩野 皓平, 下山 修平, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 保田 晋助, 渥美 達也. Sjoegren症候群を背景としたTAFRO症候群の一例. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  11. 中村 浩之, 保田 晋助, 河野 通大, 嶋村 抄苗, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 渥美 達也. 関節リウマチの病因・病態1 関節リウマチ患者に高発現したRasGRP2は線維芽細胞様滑膜細胞の接着および遊走に関与する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  12. 中村 浩之, 奥 健志, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群における補体制御因子の解析. 補体 2017.09.01

  13. 久田 諒, 加藤 将, 菅原 恵理, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 保田 晋助, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群における末梢血リンパ球サブセット解析および抗体産生機序の解明. 日本臨床免疫学会会誌 2017.08.01

  14. 中村 浩之, 奥 健志, 大西 直樹, 久田 諒, 大村 一将, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 保田 晋助, 渥美 達也. H因子の低下による補体代替経路活性化が抗リン脂質抗体症候群の向血栓性に関与する. 日本血栓止血学会誌 2017.04.01

  15. 河野 通大, 保田 晋助, 阿部 早和子, 大西 直樹, 土井 基嗣, 谷村 瞬, 久田 諒, 菅原 恵理, 中村 浩之, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 清水 裕香, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 活動性ループス腎炎に対する中等量ステロイド併用ミコフェノール酸モフェチルによる寛解導入療法の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  16. 保田 晋助, 大村 一将, 金澤 洋, 栗田 崇史, 近 祐次郎, 石井 智徳, 藤枝 雄一郎, 浄土 智, 谷村 一秀, 三浪 三千男, 泉山 朋政, 松本 巧, 天崎 吉晴, 鈴木 陽子, 笠原 英樹, 山内 尚文, 加藤 将, 神島 保, 堤 明人, 竹森 弘光, 小池 隆夫, 渥美 達也. 関節リウマチの治療 用法・用量・スイッチ・無効・減量・中止 アバタセプト減量による関節リウマチ維持療法 北海道・東北地域での多施設前向き介入試験. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  17. 保田 晋助. ループス腎炎における免疫抑制剤治療の意義. 日本臨床免疫学会会誌 2016.08.01

  18. 河野 通大, 保田 晋助, 尾形 裕介, 阿部 早和子, 大西 直樹, 土井 基嗣, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 中村 浩之, 菅原 恵理, 久田 諒, 神田 真聡, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 清水 裕香, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. ループス腎炎に対する寛解導入治療におけるミコフェノール酸モフェチルの短期的治療効果. 日本臨床免疫学会会誌 2016.08.01

  19. 保田 晋助. 成人ループス腎炎の予後と治療戦略. 日本腎臓学会誌 2016.05.01

  20. 久田 諒, 加藤 将, 河野 通大, 柴田 悠平, 谷村 瞬, 菅原 恵理, 大村 一将, 神田 真聡, 服部 敏之, 中村 浩之, 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 志田 玄貴, 清水 裕香, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 SLE臨床 全身性エリテマトーデス患者における特発性大腿骨頭壊死症の背景因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.03.01

  21. 保田 晋助, 深江 淳, 河野 通仁, 神島 保, 谷村 一秀, 渥美 達也. 今後のRA治療 Post RemissionイメージングによるRA治療選択の可能性 全身MRIによるRA評価と手指MRIを用いた低疾患活動性導入後の予後予測. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.03.01

  22. 清水 裕香, 保田 晋助, 神田 真聡, 河野 通大, 久田 諒, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 志田 玄貴, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, アメングアル・オルガ , 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経ループス 高用量ステロイド投与時に発症した全身性エリテマトーデスにおける精神神経症状の解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.03.01

  23. 大村 一将, 奥 健志, 渡邊 俊之, アメングアル・オルガ , 河野 通大, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 中村 浩之, 久田 諒, 菅原 恵理, 服部 敏之, 嶋村 抄苗, 野口 淳史, 中川 育磨, 志田 玄貴, 清水 裕香, 加藤 将, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 精神神経ループス 全身性エリテマトーデス患者における動脈硬化進展の予測因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.03.01

  24. 河野 通大, 保田 晋助, 河野 通仁, 谷村 瞬, 柴田 悠平, 久田 諒, 菅原 恵理, 中村 浩之, 服部 敏之, 大村 一将, 嶋村 抄苗, 志田 玄貴, 清水 裕香, 加藤 将, 奥 健志, 坊垣 暁之, オルガ・アメングアル , 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE・抗リン脂質抗体症候群 ループス腎炎 ループス腎炎の長期腎予後ならびに寛解導入治療に関する検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.03.01

  25. 保田 晋助. 関節リウマチ・リウマチ性血管炎における神経障害の病因・診断・治療. 臨床神経学 2015.12.01

  26. 保田 晋助. SLEの難治性病態 全身性エリテマトーデスにおける血栓症および血管障害. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.03.01

  27. 保田 晋助, 渥美 達也, 嶋村 抄苗, 廣村 桂樹, 佐田 憲映, 森 雅亮, 武井 修治, 川口 鎮司, 田村 直人, 高崎 芳成. リウマチ性疾患の新しい治療法 成人ループス腎炎患者におけるミコフェノール酸モフェチルの使用実態調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.03.01

  28. 保田 晋助. 全身性エリテマトーデスにおける病態の理解と重要臓器病変の治療方針. 日本臨床免疫学会会誌 2014.08.01

  29. 栗田 崇史, 保田 晋助, 河野 通仁, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE スプライシング因子ASF/SF2はSLE患者T細胞におけるRasGRP1スプライシングを制御する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  30. 秋田 佳奈恵, 保田 晋助, 大村 一将, 神田 真聡, 中川 育磨, 野口 淳史, 福井 智子, 渡邊 俊之, 志田 玄貴, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 関節リウマチの関節外病変 関節リウマチに合併する肺病変の変化について. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  31. 河野 通仁, 保田 晋助, 清水 智弘, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, オルガ・アメングアル , 堀田 哲也, 渥美 達也. 関節リウマチの病因・病態 RasGRP4(Ras guanine nucleotidereleasing protein 4)は関節リウマチ患者の線維芽細胞様滑膜細胞に発現し、その増殖を促進する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  32. 福井 智子, 保田 晋助, 渡邊 俊之, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 中川 育磨, 野口 淳史, 志田 玄貴, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, オルガ・アメングアル , 堀田 哲也, 渥美 達也. 抗リン脂質抗体症候群・MCTD ループス腎炎患者における抗リン脂質抗体関連腎症の臨床的特徴についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  33. 野口 淳史, 保田 晋助, 河野 通仁, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 福井 智子, 中川 育磨, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 清水 裕香, 栗田 崇史, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 渥美 達也. 強皮症 強皮症性肺高血圧症の診断における%肺拡散能/全肺胞気量と心臓MRIの有用性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  34. 保田 晋助. 強皮症 基礎から臨床まで 強皮症における造血幹細胞移植. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  35. 渡邊 俊之, 奥 健志, Olga Amengual, 秋田 佳奈恵, 大村 一将, 神田 真聡, 中川 育磨, 野口 淳史, 福井 智子, 志田 玄貴, 河野 通仁, 清水 裕香, 栗田 崇史, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE 全身性エリテマトーデス患者における動脈硬化の臨床像とリスク因子. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  36. 栗田 崇史, 保田 晋助, 河野 通仁, 藤枝 雄一郎, 橋本 陶子, 奥 健志, 坊垣 暁之, Amengual Olga, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE/NPSLE SLE患者T細胞におけるSF2発現レベルの検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  37. 保田 晋助. リウマチ性疾患とヒト免疫 自己免疫疾患におけるRasGRPの発現異常. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  38. 渡邊 俊之, 奥 健志, オルガ・アメングアル , 嶋村 抄苗, 中川 育磨, 野口 淳史, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 坊垣 暁之, 保田 晋助, 堀田 哲也, 渥美 達也. SLE/NPSLE 全身性エリテマトーデス患者における血栓症の危険因子に関する検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  39. 藤枝 雄一郎, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 奥 健志, 坊垣 暁之, 堀田 哲也, 保田 晋助, Olga Amengual, 渥美 達也. APS患者における抗カルジオリピン-IgG/IgMおよび抗β2グリコプロテインI-IgG/IgM測定の有用性. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  40. 栗田 崇史, 保田 晋助, 大友 耕太郎, 志田 玄貴, 渡邊 俊之, 金塚 雄作, 河野 通仁, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 多発性筋炎・皮膚筋炎(2) 間質性肺炎を合併した皮膚筋炎・多発性筋炎の予後因子. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  41. 藤枝 雄一郎, 渥美 達也, 渡邊 俊之, 志田 玄貴, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 加藤 将, 大友 耕太郎, Amengual Olga, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群/MCTD 抗リン脂質抗体症候群患者の動脈血栓症再発予防に関する検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  42. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 大田 ゆう子, 中川 久子, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 大友 耕太郎, 加藤 将, 近 祐次郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 川口 鎮司, 山中 寿, 小池 隆夫. 強皮症(1) 強皮症の間質性肺病変に関連する因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  43. 清水 裕香, 渥美 達也, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. SLE 高用量ステロイド投与時に発症した精神神経症状の解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  44. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 清水 裕香, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 強皮症 強皮症患者の間質性肺病変に対する自家末梢血幹細胞移植(aPBSCT)の有効性の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  45. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 清水 裕香, 河野 通仁, 金塚 雄作, 栗田 崇史, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 大友 耕太郎, 深谷 進司, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 強皮症 強皮症の間質性肺病変に関連する因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  46. 栗田 崇史, 保田 晋助, 大友 耕太郎, 金塚 雄作, 河野 通仁, 清水 裕香, 小谷 俊雄, 藤枝 雄一郎, 加藤 将, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. リウマチ性疾患の肺病変 間質性肺炎を有する皮膚筋炎・多発性筋炎の予後因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  47. 藤枝 雄一郎, 保田 晋助, 栗田 崇史, 小谷 俊雄, 加藤 将, 大友 耕太郎, 堀田 哲也, 渥美 達也, 南須原 康行, 小池 隆夫. 関節リウマチ患者における肺病変の検討. Inflammation and Regeneration 2010.07.01

  48. 中川 久子, 保田 晋助, 松浦 栄次, 小林 和子, 家子 正裕, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. Nicked β2 Glycoprotein Iの血管新生に与える影響. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2010.04.01

  49. 小谷 俊雄, 保田 晋助, 藤枝 雄一郎, 奥 健志, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. MCTD・強皮症 強皮症患者の間質性肺病変に対する自家末梢血幹細胞移植(aPBSCT)の有効性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  50. 橋本 陶子, 保田 晋助, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 眞島 任史, 小池 隆夫. RAの病因・病態 関節リウマチ患者におけるRas guanyl nucleotide-releasing protein 4(RasGRP4)発現. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  51. 深谷 進司, 外丸 詩野, 松井 由希, 保田 晋助, 堀田 哲也, 片岡 浩, 渥美 達也, 小池 隆夫, 笠原 正典, 石津 明洋. TNFα変換酵素(TACE)トランスジェニックマウスの解析. 日本病理学会会誌 2010.03.01

  52. 神島 保, 堀田 哲也, 大友 耕太郎, 藤枝 雄一郎, 片岡 浩, 保田 晋助, 加藤 将, 渥美 達也, 小池 隆夫. RA患者における手関節造影MRIを用いた炎症性滑膜定量による生物学的製剤の効果判定. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  53. 中川 久子, 藤枝 雄一郎, 堀田 哲也, 片岡 浩, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. SLEの病因・病態 全身性エリテマトーデスおよび抗リン脂質抗体症候群におけるBANK1とBLKの一塩基多型の関連. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  54. 中川 久子, 保田 晋助, 松浦 栄次, 小林 和子, 家子 正裕, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群 Angiostatin 4.5(plasminogen Kringle 1-4.5)を介したnicked β2GPIの血管新生に与える影響. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  55. 中川 久子, 堀田 哲也, 吉田 修也, 片岡 浩, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. Tyrosine Kinase 2およびInterferon Regulatory Factor5の一塩基多型と抗リン脂質抗体症候群の関連. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2008.04.01

  56. 保田 晋助, Richard Stevens, 寺田 智子, 堀田 哲也, 片岡 浩, 渥美 達也, 小池 隆夫. 全身性エリテマトーデスの病態解明 SLE患者におけるRasGRP1発現の異常. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2008.04.01

  57. 片岡 浩, 川瀬 義明, 堀田 哲也, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. Tregとnon-Tregとのバランス異常とSLEの病態. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2007.07.01

  58. 保田 晋助, 渥美 達也, 寺田 智子, 片岡 浩, 堀田 哲也, 小池 隆夫. 全身性エリテマトーデス患者におけるRasGRP1発現異常の検討. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2007.07.01

  59. 堀田 哲也, 中川 久子, 酒井 良江, 片岡 浩, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. CD45 exon 6 A138G遺伝子多型と全身性エリテマトーデス(SLE)ならびに抗リン脂質抗体症候群(APS)との関連. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2007.04.01

  60. 保田 晋助, 渥美 達也, 寺田 智子, 堀田 哲也, 片岡 浩, Stevens Richard, 小池 隆夫. SLE患者におけるRas-guanyl releasing protein I(RasGRP1)スプライス異常と蛋白発現の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2007.04.01

  61. 酒井 良江, 渥美 達也, 片岡 浩, 堀田 哲也, 保田 晋助, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群101人の臨床像. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2007.04.01

  62. 橋本 陶子, 保田 晋助, 片岡 浩, 堀田 哲也, 渥美 達也, 小池 隆夫. 関節リウマチ患者におけるRas guanyl nucleotide-releasing protein(RasGRP4)の発現検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2007.04.01

  63. 保田 晋助, 渥美 達也, 片岡 浩, 深江 淳, 堀田 哲也, 小池 隆夫. SLE患者におけるRasGRP1スプライス異常の検討. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2006.07.01

  64. 保田 晋助, 渥美 達也, 堀田 哲也, 深江 淳, 片岡 浩, 小池 隆夫. 全身性エリテマトーデスの病因・病態/全身性エリテマトーデスのシグナル伝達異常 SLE患者におけるRas-guanyl releasing protein 1(RasGRP1)発現の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2006.03.01

  65. 酒井 良江, 渥美 達也, 坊垣 幸, 古崎 章, 堀田 哲也, 保田 晋助, 家子 正裕, 小池 隆夫. 抗リン脂質抗体症候群/混合性結合組織病とオーバーラップ症候群 ホスファチジルセリン依存性抗プロトロンビン抗体(aPS/PT)の血栓症およびループスアンチコアグラントにおける役割についての検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2006.03.01

  66. 保田 晋助, 渥美 達也, 家子 正裕, 小池 隆夫. 上皮細胞に発現するTryptase εはurokinase-type plasminogen activatorを活性化する. 日本血栓止血学会誌 2005.10.01

  67. 保田 晋助. From Bedside to Bench 臨床が基礎医学・生物学に与えたインパクト 抗リン脂質抗体症候群における病原性の解明へ. 日本臨床免疫学会会誌 2005.08.01

  68. 堀田 哲也, Thomas Kenaz, 保田 晋助, 渥美 達也, Merrill Joan, 小池 隆夫. SLE患者における可溶性EPCR,EPCR遺伝子多型,抗EPCR抗体に関する検討. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2005.07.01

  69. 保田 晋助, 渥美 達也, 家子 正裕, 堀田 哲也, 松浦 栄次, 小池 隆夫. ニックβ2-グリコプロテインIの新たな生物学的意義. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2005.07.01

  70. 深江 淳, 天崎 吉晴, 坊垣 暁之, 古崎 章, 片岡 浩, 保田 晋助, 渥美 達也, 小池 隆夫. TNFα産生に対する酪酸の抑制効果の検討. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 2005.07.01

  71. 坊垣 幸, 山下 由美, 渥美 達也, 保田 晋助, 酒井 良江, 古崎 章, 坊垣 暁之, 天崎 吉晴, 小池 隆夫. β2グリコプロテインI依存性抗カルジオリピン抗体による細胞刺激シグナルの検討. 日本免疫学会総会・学術集会記録 2004.11.01

  72. 保田 晋助, 渥美 達也, 松浦 栄次, 貝原 恵子, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴, 市川 健司. β2グリコプロテインI valine/leucine247遺伝子多型が抗β2-glycoprotein I抗体の結合性に与える影響. 日本免疫学会総会・学術集会記録 2000.11.01

  73. 保田 晋助, 渥美 達也, 堤 明人, 片岡 浩, 深江 淳, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 三好 義範, 小椋 庸隆, 天崎 吉晴. 抗リン脂質抗体症候群におけるβ2-glycoprotein I valine/leucine247多型の検討. リウマチ 2000.04.01

  74. 保田 晋助, 堤 明人, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 笠原 英樹, 三好 義範, 渥美 達也, 市川 健司, 小池 隆夫. 強皮症の経過中に発症したMPO-ANCA関連血管炎の1例. リウマチ 1999.04.01

  75. 渥美 達也, 家子 正裕, 竹内 理恵, 堀田 哲也, 保田 晋助, 笠原 英樹, 三好 義範, 市川 健司, 堤 明人, 小池 隆夫. IgG/M抗プロトロンビン-ホスファチジルセリン抗体の臨床的意義. 日本臨床免疫学会会誌 1998.10.01

  76. 保田 晋助, 堤 明人, 堀田 哲也, 三好 義範, 竹内 理恵, 笠原 英樹, 渥美 達也, 市川 健司, 松浦 栄次, 小池 隆夫. β2グリコプロテインI欠損者における脂質代謝に関する検討. 日本臨床免疫学会会誌 1998.10.01

  77. 保田 晋助. β2 glycoprotein I(β2 GPI)欠損家系に関する遺伝子学的検討. リウマチ 1998.04.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学医学部エクセレントティーチャー優秀賞,北海道大学医学部,2017年08月

  • 北海道大学医学部エクセレントティーチャー優秀賞,北海道大学医学部,2016年08月

  • 北海道大学医学部エクセレントティーチャー優秀賞,北海道大学医学部,2015年08月

  • 北海道大学医学部優秀教員賞,北海道大学医学部,2014年08月

  • 第33回日本炎症・再生学会優秀演題賞,日本炎症・再生学会,2012年07月

  • 日本リウマチ学会奨励賞,日本リウマチ学会,2006年04月

  • 第3回北大医学部フラテ研究奨励賞,北海道大学医学部,2005年02月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Finding the source of debilitating, body-wide muscular pain and weakness,2023年12月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 特発性炎症性筋疾患においてPD-1/PD-L1は病態形成に寄与する 」 ― PD-1+CD8+T細胞による攻撃と筋線維のPD-L1を介した反撃 ―,2023年11月

    Journal of Autoimmunity

  • When it comes to COVID-19, belly fat upsets the apple cart,2023年06月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 内臓脂肪の増加がCOVID-19のリスクとなるメカニズムを解明 」 ― 内臓型肥満はかくれ炎症状態? ―,2023年05月

    Proceedings of the National Academy of Sciences

  • A novel drug suppresses muscle inflammation and restores muscle weakness,2022年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • グルカゴン様ペプチド-1受容体作動薬は炎症性筋疾患モデルを改善させる ― 炎症抑制と筋力改善効果を有する新規治療法として期待 ―,2022年07月

    Journal of Cachexia Sarcopenia and Muscle

  • Targeting necroptosis for inflammatory myopathies,2022年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「筋細胞のネクロトーシスを標的とした治療が炎症性筋疾患モデルを改善させる」― 炎症性筋疾患に対する新たな治療法開発の糸口 ―,2022年01月

    Nature Communications

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 皮膚・アレルギー・膠原病 (M3),2020年

  • 免疫学II(医学部2年次),2020年

  • 静態検査学特論II(検査学科修士課程2年),2020年

  • 膠原病内科疾患総論(検査学科4年次),2020年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 経験者から学ぶ!難病との向き合い方,株式会社 ジャンプコーポレーション,健康カプセル!ゲンキの時間,2021年08月31日 - 2021年09月16日