基本情報

写真a

小藤 智史(コフジ サトシ)

KOFUJI Satoshi


職名

講師

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/dbio/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学部  薬学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学系研究科  修士課程  2005年03月  修了

  • 東京大学  薬学系研究科  博士課程  2008年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  東京大学

  • 修士(薬学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 発生再生生物学分野 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2008年07月
    東京大学 大学院薬学系研究科 特任研究員
  • 2008年08月
    -
    2009年03月
    秋田大学 医学部 特任助教
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    秋田大学 大学院医学系研究科 特任助教
  • 2012年04月
    -
    2013年11月
    秋田大学 大学院医学系研究科 教育系補佐員
  • 2013年12月
    -
    2014年03月
    秋田大学 生体情報研究センター 特任助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態医化学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍における GTP 代謝スイッチの分子機構と意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 細胞張力を制御するHippo-YAPシグナル経路の肝発生・再生における役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kofuji S, Hirayama A, Eberhardt AO, Kawaguchi R, Sugiura Y, Sampetrean O, Ikeda Y, Warren M, Sakamoto N, Kitahara S, Yoshino H, Yamashita D, Sumita K, Wolfe K, Lange L, Ikeda S, Shimada H, Minami N, Malhotra A, Morioka S, Ban Y, Asano M, Flanary VL, Ramkissoon A, Chow LML, Kiyokawa J, Mashimo T, Lucey G, Mareninov S, Ozawa T, Onishi N, Okumura K, Terakawa J, Daikoku T, Wise-Draper T, Majd N, Kofuji K, Sasaki M, Mori M, Kanemura Y, Smith EP, Anastasiou D, Wakimoto H, Holland EC, Yong WH, Horbinski C, Nakano I, DeBerardinis RJ, Bachoo RM, Mischel PS, Yasui W, Suematsu M, Saya H, Soga T, Grummt I, Bierhoff H, Sasaki AT. IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma. Nature cell biology. 2019.08; 21 (8): 1003-1014. ( PubMed, DOI )

  • Naffouje R, Grover P, Yu H, Sendilnathan A, Wolfe K, Majd N, Smith EP, Takeuchi K, Senda T, Kofuji S, Sasaki AT. Anti-Tumor Potential of IMP Dehydrogenase Inhibitors: A Century-Long Story. Cancers. 2019.09; 11 (9): ( PubMed, DOI )

  • Wolfe K, Kofuji S, Yoshino H, Sasaki M, Okumura K, Sasaki AT. Dynamic compartmentalization of purine nucleotide metabolic enzymes at leading edge in highly motile renal cell carcinoma. Biochemical and biophysical research communications. 2019.08; 516 (1): 50-56. ( PubMed, DOI )

  • Takemasu S, Nigorikawa K, Yamada M, Tsurumi G, Kofuji S, Takasuga S, Hazeki K. Phosphorylation of TMEM55B by Erk/MAPK regulates lysosomal positioning. Journal of biochemistry. 2019.08; 166 (2): 175-185. ( PubMed, DOI )

  • Takemasu S, Ito M, Morioka S, Nigorikawa K, Kofuji S, Takasuga S, Eguchi S, Nakanishi H, Matsuoka I, Sasaki J, Sasaki T, Hazeki K. Lysophosphatidylinositol-acyltransferase-1 is involved in cytosolic Ca<sup>2+</sup> oscillations in macrophages. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2019.05; 24 (5): 366-376. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Satoshi Kofuji, Atsuo T Sasaki. A chemical-induced catastrophic vacuolization: potential anti-tumor effect . 第43回日本分子生物学会 2020.12.04

  • 小藤 智史. 物質代謝異常によるがん発症機構の解明. 第1回 細胞死コロキアム 2020.11.11

  • 小藤智史. グアニンヌクレオチド代謝リプログラミングが制御する腫瘍形成のメカニ ズム. 第93回日本生化学会大会 2020.09.16

  • 進匡, 小藤智史, 仁科博史. MKK7-JNK シグナル伝達経路は育仔行動に必須である. 第 19 回次世代を担う若手のためのファーマ・バイオフォーラム 2020 2020.08.29

  • 小藤智史, 佐々木敦朗. GTP-metabolic reprograming that regulates the nucleolar activity and tumorigenesis . 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.04

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • UJA Midwest Conference 2016, Presentation Award,2016年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 発生・再生科学,2020年 - 現在