基本情報

写真a

小藤 智史(コフジ サトシ)

KOFUJI Satoshi


職名

講師

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/dbio/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学部  薬学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学系研究科  修士課程  2005年03月  修了

  • 東京大学  薬学系研究科  博士課程  2008年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  東京大学

  • 修士(薬学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 発生再生生物学分野 講師
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 未来生命科学研究部門 発生再生生物学分野 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2008年07月
    東京大学 大学院薬学系研究科 特任研究員
  • 2008年08月
    -
    2009年03月
    秋田大学 医学部 特任助教
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    秋田大学 大学院医学系研究科 特任助教
  • 2012年04月
    -
    2013年11月
    秋田大学 大学院医学系研究科 教育系補佐員
  • 2013年12月
    -
    2014年03月
    秋田大学 生体情報研究センター 特任助教
  • 2014年04月
    -
    2017年04月
    米国オハイオ州シンシナティ大学 医学部 博士研究員
  • 2017年05月
     
     
    米国オハイオ州シンシナティ大学 医学部 リサーチ・サイエンティスト
  • 2017年06月
    -
    2019年03月
    広島大学 大学院医歯薬保健学研究科(薬) 助教
  • 2019年04月
    -
    2019年11月
    広島大学 大学院医系科学研究科(薬) 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本Cell death学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態医化学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍における GTP 代謝スイッチの分子機構と意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 細胞張力を制御するHippo-YAPシグナル経路の肝発生・再生における役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 加齢依存的脂肪性肝疾患の病態と分子機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Shibata T, Kawana H, Nishino Y, Ito Y, Sato H, Onishi H, Kano K, Inoue A, Taketomi Y, Murakami M, Kofuji S, Nishina H, Miyazawa A, Kono N, Aoki J. Abnormal male reproduction and embryonic development induced by downregulation of a phospholipid fatty acid-introducing enzyme Lpgat1 in zebrafish. Scientific reports. 2022.05; 12 (1): 7312. ( PubMed, DOI )

  2. Sunaga S, Kofuji S, Nishina H. YAP drives cell competition by activating choline metabolism. Biochemical and biophysical research communications. 2021.08; 572 178-184. ( PubMed, DOI )

  3. Alifu Y, Kofuji S, Sunaga S, Kusaba M, Hirayama J, Nishina H. The Light-Inducible Genes Per2, Cry1a, and Cry2a Regulate Oxidative Status in Zebrafish. Biological & pharmaceutical bulletin. 2021.08; 44 (8): 1160-1165. ( PubMed, DOI )

  4. Alifu Yikelamu, Kofuji Satoshi, Sunaga Sachi, Kusaba Mizuki, Hirayama Jun, Nishina Hiroshi. The Light-Inducible Genes Per2, Cry1a, and Cry2a Regulate Oxidative Status in Zebrafish(和訳中) Biological & Pharmaceutical Bulletin. 2021.08; 44 (8): 1160-1165. ( 医中誌 )

  5. Ikeda Y, Hirayama A, Kofuji S, Hirota Y, Kamata R, Osaka N, Fujii Y, Sasaki M, Ikeda S, Smith EP, Bachoo R, Soga T, Sasaki AT. SI-MOIRAI: A new method to identify and quantify the metabolic fate of nucleotides. Journal of biochemistry. 2021.07; 170 (6): 699-711. ( PubMed, DOI )

  6. Shin T, Hiraoka Y, Yamasaki T, Marth JD, Penninger JM, Kanai-Azuma M, Tanaka K, Kofuji S, Nishina H. MKK7 deficiency in mature neurons impairs parental behavior in mice. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2020.10; 26 (1): 5-17. ( PubMed, DOI )

  7. Kofuji Satoshi, Sasaki Atsuo T.. GTP metabolic reprogramming by IMPDH2: unlocking cancer cells' fuelling mechanism(和訳中) The Journal of Biochemistry. 2020.10; 168 (4): 319-328. ( 医中誌 )

  8. Kofuji S, Sasaki AT. GTP Metabolic Reprogramming by IMPDH2: Unlocking Cancer Cells' Fueling Mechanism. Journal of biochemistry. 2020.07; 168 (4): 319-328. ( PubMed, DOI )

  9. Ishihara E, Nagaoka Y, Okuno T, Kofuji S, Ishigami-Yuasa M, Kagechika H, Kamimura K, Terai S, Yokomizo T, Sugimoto Y, Fujita Y, Suzuki A, Nishina H. Prostaglandin E<sub>2</sub> and its receptor EP2 trigger signaling that contributes to YAP-mediated cell competition. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2020.03; 25 (3): 197-214. ( PubMed, DOI )

  10. Naffouje R, Grover P, Yu H, Sendilnathan A, Wolfe K, Majd N, Smith EP, Takeuchi K, Senda T, Kofuji S, Sasaki AT. Anti-Tumor Potential of IMP Dehydrogenase Inhibitors: A Century-Long Story. Cancers. 2019.09; 11 (9): ( PubMed, DOI )

  11. Takemasu S, Nigorikawa K, Yamada M, Tsurumi G, Kofuji S, Takasuga S, Hazeki K. Phosphorylation of TMEM55B by Erk/MAPK regulates lysosomal positioning. Journal of biochemistry. 2019.08; 166 (2): 175-185. ( PubMed, DOI )

  12. Kofuji S, Hirayama A, Eberhardt AO, Kawaguchi R, Sugiura Y, Sampetrean O, Ikeda Y, Warren M, Sakamoto N, Kitahara S, Yoshino H, Yamashita D, Sumita K, Wolfe K, Lange L, Ikeda S, Shimada H, Minami N, Malhotra A, Morioka S, Ban Y, Asano M, Flanary VL, Ramkissoon A, Chow LML, Kiyokawa J, Mashimo T, Lucey G, Mareninov S, Ozawa T, Onishi N, Okumura K, Terakawa J, Daikoku T, Wise-Draper T, Majd N, Kofuji K, Sasaki M, Mori M, Kanemura Y, Smith EP, Anastasiou D, Wakimoto H, Holland EC, Yong WH, Horbinski C, Nakano I, DeBerardinis RJ, Bachoo RM, Mischel PS, Yasui W, Suematsu M, Saya H, Soga T, Grummt I, Bierhoff H, Sasaki AT. IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma. Nature cell biology. 2019.08; 21 (8): 1003-1014. ( PubMed, DOI )

  13. Wolfe K, Kofuji S, Yoshino H, Sasaki M, Okumura K, Sasaki AT. Dynamic compartmentalization of purine nucleotide metabolic enzymes at leading edge in highly motile renal cell carcinoma. Biochemical and biophysical research communications. 2019.08; 516 (1): 50-56. ( PubMed, DOI )

  14. Takemasu Shinya, Nigorikawa Kiyomi, Yamada Miho, Tsurumi Go, Kofuji Satoshi, Takasuga Shunsuke, Hazeki Kaoru. Erk/MAPKによるTMEM55Bのリン酸化はリソソームのポジショニングを制御する(Phosphorylation of TMEM55B by Erk/MAPK regulates lysosomal positioning) The Journal of Biochemistry. 2019.08; 166 (2): 175-185. ( 医中誌 )

  15. Nigorikawa Kiyomi, Matsumura Takuma, Sakamoto Hiromi, Morioka Shin, Kofuji Satoshi, Takasuga Shunsuke, Hazeki Kaoru. Sac1ホスホイノシチドホスファターゼは、マクロファージにおけるSR-A発現を調節することにより、泡沫細胞の形成を制御する(Sac1 Phosphoinositide Phosphatase Regulates Foam Cell Formation by Modulating SR-A Expression in Macrophages) Biological & Pharmaceutical Bulletin. 2019.06; 42 (6): 923-928. ( 医中誌 )

  16. Takemasu S, Ito M, Morioka S, Nigorikawa K, Kofuji S, Takasuga S, Eguchi S, Nakanishi H, Matsuoka I, Sasaki J, Sasaki T, Hazeki K. Lysophosphatidylinositol-acyltransferase-1 is involved in cytosolic Ca<sup>2+</sup> oscillations in macrophages. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2019.05; 24 (5): 366-376. ( PubMed, DOI )

  17. Isobe Y, Nigorikawa K, Tsurumi G, Takemasu S, Takasuga S, Kofuji S, Hazeki K. PIKfyve accelerates phagosome acidification through activation of TRPML1 while arrests aberrant vacuolation independent of the Ca2+ channel. Journal of biochemistry. 2019.01; 165 (1): 75-84. ( PubMed, DOI )

  18. Isobe Yuri, Nigorikawa Kiyomi, Tsurumi Go, Takemasu Shinya, Takasuga Shunsuke, Kofuji Satoshi, Hazeki Kaoru. PIKfyveはTRPML1活性化を介してファゴソーム酸性化を促進するが、Ca2+チャネルとは無関係に異常な空胞形成を阻止する(PIKfyve accelerates phagosome acidification through activation of TRPML1 while arrests aberrant vacuolation independent of the Ca2+ channel) The Journal of Biochemistry. 2019.01; 165 (1): 75-84. ( 医中誌 )

  19. Yoshino H, Yin G, Kawaguchi R, Popov KI, Temple B, Sasaki M, Kofuji S, Wolfe K, Kofuji K, Okumura K, Randhawa J, Malhotra A, Majd N, Ikeda Y, Shimada H, Kahoud ER, Haviv S, Iwase S, Asara JM, Campbell SL, Sasaki AT. Correction: Identification of lysine methylation in the core GTPase domain by GoMADScan. PloS one. 2019; 14 (10): e0224443. ( PubMed, DOI )

  20. Nigorikawa K, Matsumura T, Sakamoto H, Morioka S, Kofuji S, Takasuga S, Hazeki K. Sac1 Phosphoinositide Phosphatase Regulates Foam Cell Formation by Modulating SR-A Expression in Macrophages. Biological & pharmaceutical bulletin. 2019; 42 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

  21. Yoshino H, Yin G, Kawaguchi R, Popov KI, Temple B, Sasaki M, Kofuji S, Wolfe K, Kofuji K, Okumura K, Randhawa J, Malhotra A, Majd N, Ikeda Y, Shimada H, Kahoud ER, Haviv S, Iwase S, Asara JM, Campbell SL, Sasaki AT. Identification of lysine methylation in the core GTPase domain by GoMADScan. PloS one. 2019; 14 (8): e0219436. ( PubMed, DOI )

  22. 劉 瀟瀟, 合山 進, 四方 紫織, 林 康貴, 岩村 浩幸, 齊藤 基輝, 杉浦 悠毅, 滝澤 仁, 小藤 智史, 壽美田 一貴, 佐々木 敦朗, Schibler Janet, Mulloy James C., 北村 俊雄. IMPDH阻害剤による新規白血病治療法の開発 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [1P-0963]. ( 医中誌 )

  23. 小藤智史. がんにおける代謝変化 臨床免疫・アレルギー科. 2021.08; 76 (2): 190-195.

  24. 小藤 智史. がんにおける代謝変化 臨床免疫・アレルギー科. 2021.08; 76 (2): 190-195. ( 医中誌 )

  25. 森川 みなみ, 小藤 智史, 濁川 清美, 野村 渉. 細胞内グアニンヌクレオチド維持機構の解析 日本薬学会年会要旨集. 2021.03; 141年会 29V05-am06. ( 医中誌 )

  26. 小藤 智史, 進 匡, 仁科 博史. 育仔行動におけるMKK7-JNKシグナル伝達経路の役割の解明 日本薬学会年会要旨集. 2021.03; 141年会 29V05-pm16. ( 医中誌 )

  27. 小藤 智史. 核小体の活性と腫瘍形成を制御するGTP代謝リプログラミング 生化学. 2020.11; 92 (5): 722-725. ( DOI )

  28. 小藤 智史. 核小体の活性と腫瘍形成を制御するGTP代謝リプログラミング 生化学. 2020.10; 92 (5): 722-725. ( 医中誌 )

  29. 小藤 智史. 細胞の特性と多様性を制御する代謝システム:生理的役割とその破綻による疾患発症 グアニンヌクレオチド代謝リプログラミングが制御する腫瘍形成のメカニズム 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020.09; 93回 [3S01m-04]. ( 医中誌 )

  30. 小藤 智史, 佐々木 敦朗. 脳腫瘍における核小体の活性化制御とGTP代謝リプログラミング 日本薬学会年会要旨集. 2020.03; 140年会 27I-pm14. ( 医中誌 )

  31. 高橋 宏隆, 壽美田 一貴, 河口 理紗, 小藤 智史, 笠原 亜希子, 井上 竜也, 櫻井 秀敬, 和田 直也, 久保田 一石, 佐々木 敦朗, 澤崎 達也. 多角的解析からみえてくるGTPの新たな機能と人疾患への治療戦略 GTP結合タンパク質PIP4Kβによって制御される、PI(5)Pの標的タンパク質の網羅的探索系の構築 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [4PW07-7]. ( 医中誌 )

  32. 河口 理紗, デホーン・ミヒル , 池田 幸樹, 小藤 智史, 平山 明由, 森 大, 曽我 朋義, 竹内 恒, 千田 俊哉, 佐々木 敦朗, 木立 尚孝. 多角的解析からみえてくるGTPの新たな機能と人疾患への治療戦略 時系列マルチオミクス解析によるGTP代謝とがん化をつなぐ制御メカニズムの解明 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [4PW07-2]. ( 医中誌 )

  33. 小藤 智史, 佐々木 敦朗. 多角的解析からみえてくるGTPの新たな機能と人疾患への治療戦略 グリオブラストーマにおける同化的増殖のためのGTP代謝変換 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [4PW07-8]. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Jing Pu,Satoshi Kofuji,Hiroshi Nishina. Identification of ceramide as a negative regulator of primitive streak formation. 2022年度日本生化学会関東支部例会 2022.06.18

  2. Satoshi Kofuji, Atsuo T Sasaki. A chemical-induced catastrophic vacuolization: potential anti-tumor effect . 第43回日本分子生物学会 2020.12.04

  3. 小藤智史, 佐々木敦朗. GTP-metabolic reprograming that regulates the nucleolar activity and tumorigenesis . 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.04

  4. 小藤智史. GTP metabolic switch drives cellular mass anabolism for glioblastomagenesis. Jensen Symposium on Breast Cancer 2016.11

  5. 小藤智史. Dynamic role of GTP metabolism in cancers. Cancer Metabolism Symposium 2016.05

  6. 小藤智史. GTP metabolic switch promotes malignant growth of brain tumors. American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting 2015.12

  7. 小藤智史. Dynamic Role of GTP-Metabolism in Glioblastoma. Cancer Biology & Hematology/Oncology Joint Retreat 2015.11

  8. 小藤智史. The novel mechanism of tumor suppression by inositol polyphosphate 4-phosphatase type II . The 8th Japan-Korea conference on cellular signaling for young scientists 2013.11

  9. 小藤智史. Genetic Screening for genes involved in apical trafficking using C. elegans. The 20th International Union of Biochemistry and Molecular Biology (IUBMB) 2006.06

  10. 小藤智史,Jing Pu,仁科博史. マウス初期胚形成を制御する代謝経路の同定. 第19回生命科学研究会 2022.07.01

  11. 小藤智史. 肝再生における神経細胞内 MKK7-JNK シグナル経路の機能解明. 第 30 回日本 Cell Death 学会学術集会 2022.06.26

  12. ⻑尾裕志,小藤智史,仁科博史. 肝再生における神経細胞内 MKK7-JNK シグナル経路の役割解明. 2022.06.18

  13. 小藤 智史,須永 沙智,仁科 博史. 転写共役因子YAPはコリン代謝を活性化させることにより細胞競合を引き起こす. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.01

  14. 小藤智史. 胎生致死から読み解くマウス原始線条形成機構. 第2回 細胞死コロキウム 2021.11.17

  15. 小藤智史. 核酸代謝リプログラミングと核小体の活性化. 第94回日本生化学会大会 2021.11.03

  16. 小藤 智史. 核小体の構造と機能の新たな発見 核酸代謝リプログラミングと核小体の活性化. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  17. 小藤 智史. 物質代謝異常によるがん発症機構の解明. 第1回 細胞死コロキアム 2020.11.11

  18. 小藤智史. グアニンヌクレオチド代謝リプログラミングが制御する腫瘍形成のメカニ ズム. 第93回日本生化学会大会 2020.09.16

  19. 進匡, 小藤智史, 仁科博史. MKK7-JNK シグナル伝達経路は育仔行動に必須である. 第 19 回次世代を担う若手のためのファーマ・バイオフォーラム 2020 2020.08.29

  20. 寺道 悠希, 河村 貴也, 濁川 清美, 小藤 智史, 野村 渉. ファゴリソソーム形成におけるイノシトールリン脂質4位リン酸化酵素PI4KIIαの役割 . 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2019.11.09

  21. 小藤智史. 神経膠芽腫における de novo GTP 合成経路の意義 . 第 18 回生命科学研究会 2019.06.28

  22. 小藤智史. 神経膠芽腫における GTP 代謝亢進の意義 . 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29

  23. 春名勇希, 濁川清美, 小藤智史, 櫨木薫. TMEM55 によるマクロファージスカベンジャー受容体の発現制御 . 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2018.11.10

  24. 竹増真也, 濁川清美, 小藤智史, 櫨木薫. リゾホスファチジルイノシトールアシル基転移酵素 ( LPIAT1 ) は G タンパク質依存性 Ca2+ 流入に寄与する. 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2018.11.10

  25. 鶴海剛, 濁川清美, 小藤智史, 櫨木薫. イノシトールリン脂質5位リン酸化酵素 PIKfyve の食胞成熟における役割 . 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2018.11.10

  26. 川波知裕, 濁川清美, 小藤智史, 櫨木薫. クラス II 型 PI3 キナーゼによるファゴサイトーシスの制御. 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2018.11.10

  27. 小藤智史. 脳腫瘍におけるグアニンヌクレオチド代謝の意義. 第215回 原医研セミナー 2018.09.12

  28. 小藤智史. 神経膠芽腫と GTP 代謝. 第1回 HiHA&HIRAKU 若手研究者 Workshop 2018.08.31

  29. 小藤智史. 神経膠芽腫における GTP 代謝の役割. 第 17 回生命科学研究会 2018.06

  30. 劉 瀟瀟, 合山 進, 四方 紫織, 林 康貴, 岩村 浩幸, 齊藤 基輝, 杉浦 悠毅, 滝澤 仁, 小藤 智 史, 壽美田 一貴, 佐々木 敦朗, Janet Schibler, James C. Mulloy, 北村 俊雄. IMPDH阻害剤による新規白血病治療法の開発. 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会 2017.12

  31. 小藤智史, 佐々木敦朗. グリオブラストーマにおける同化的増殖のためのGTP代謝変換. 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会 2017.12

  32. 河口 理紗, デホーン ミヒル, 池田 幸樹, 小藤 智史, 平山 明由, 森 大, 曽我 朋義, 竹内 恒, 千田 俊哉, 佐々木 敦朗, 木立 尚孝. 時系列マルチオミクス解析によるGTP代謝とがん化をつなぐ制御メカニズムの解明 . 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会 2017.12

  33. 高橋 宏隆, 壽美田 一貴, 河口 理紗, 小藤 智史, 笠原 亜希子, 井上 竜也, 櫻井 秀敬, 和田 直也, 久保田 一石, 佐々木 敦朗, 澤崎 達也. GTP結合タンパク質 PIP4 Kβによって制御され る、PI(5)Pの標的タンパク質の網羅的探索系の構築. 2017年度生命科学系合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会 2017.12

  34. 山本 花怜, 濁川 清美, 小藤 智史, 櫨木 薫. ファゴソームの成熟におけるホスファチジルイノシトール4-リン酸の役割. 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2017.10

  35. 坂本 裕美, 濁川 清美, 小藤 智史, 櫨木 薫. ホスファチジ ルイノシトール4- リン酸による S R - A の細胞表面発現制御 . 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2017.10

  36. 瀬川 智裕, 濁川 清美, 小藤 智史, 岡田 恵梨, 櫨木 薫. イ ノ シト ー ル リ ン 脂 質 4 位 脱 リ ン 酸 化 酵 素 T M E M 5 5 a は マ ク ロ フ ァ ー ジ 食 胞 内 の 酸 性 化 を促進する. 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2017.10

  37. 野々村 朋哉, 濁川 清美, 小藤 智史, 川波 知裕, 櫨木 薫. クラスII型PI3キナーゼによるマクロファージの貪食制御. 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2017.10

  38. 礒部 百合, 濁川 清美, 小藤 智史, 櫨木 薫. イノシトールリン脂質 5 位リン酸化酵素 PIKfyve のエンドソームの酸性化と空胞化における役割. 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2017.10

  39. 小藤智史. グリオブラストーマにおける de novo GTP 経路の意義. 第 16 回生命科学研究会 2017.06

  40. 小藤智史. De novo GTP pathway is required for the proliferation of glioblastoma. 第 39 回日本分子生物学会 2016年11月 2016.11

  41. 小藤智史. The mechanism of the switch of GTP energy metabolism in Cancer. UJA Midwest, Conference 2016.10

  42. 小藤智史. The novel mechanism of tumor suppression by inositol polyphosphate 4-phosphatase type II (INPP4B). 第 36 回日本分子生物学会 2013.12

  43. 小藤智史. The novel mechanism of tumor suppression by inositol polyphosphate 4-phosphatase type II (INPP4B). 第 12 回生命科学研究会 2013.06

  44. 小藤智史. Regulation of T cells by the novel lipid-metabolizing enzyme. 第 8 回北東北血液研究会 2010.05

  45. 小藤智史. Inositol polyphosphate phosphatase 4B and PTEN cooperatively suppresses thyroid tumorigenesis. 第 32 回日本分子生物学会 2009.12

  46. 小藤智史. Analysis of the localization mechanism of the drug transporter, P-glycoprotein, at the apical membranes. 第 5 回ファーマバイオフォーラム 2006.12

  47. 小藤智史. The decapping enzyme Dcp1 plays a role in the translation termination reaction in addition to mRNA decay. 第 27 回日本分子生物学会 2004.12

  48. 小藤智史. Checkpoint regulation of DNA damage and replication through mRNA decay. 第 26 回日本分子生物学会 2003.12

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • UJA論文賞,一般社団法人 海外日本人研究者ネットワーク,2021年04月

  • UJA Midwest Conference 2016, Presentation Award,2016年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 発生・再生科学(英語),2021年 - 現在

  • 疾患生命科学特論,2021年 - 現在

  • 発生・再生科学,2020年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 分子薬理学,法政大学

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • パブリックアフェア委員会委員,2020年09月 - 現在

  • 環境安全管理室員,2020年04月 - 現在