基本情報

写真a

田澤 立之(タザワ リュウシ)

TAZAWA Ryushi


職名

教授

研究分野・キーワード

内科学 保健管理 呼吸器病学 臨床遺伝学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1988年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  内科学専攻  博士課程  1993年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 学生支援・保健管理機構 保健管理センター 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    2019年05月
    新潟大学医歯学総合病院 遺伝医療支援センター 准教授/病院教授
  • 2013年06月
    -
    2018年05月
    新潟大学医歯学総合病院 生命科学医療センター 准教授
  • 2008年09月
    -
    2008年12月
    米国シンシナテイ小児病院医療センター 肺生物学部門 客員研究員
  • 2008年03月
    -
    2013年05月
    新潟大学医歯学総合病院 生命科学医療センター 講師
  • 2004年09月
    -
    2008年02月
    東北大学病院 遺伝子・呼吸器内科 医局長

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本呼吸器学会

  • 日本癌学会

  • 米国胸部疾患学会

  • 日本人類遺伝学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内科学一般(含心身医学)

  • 疫学・予防医学

  • 呼吸器内科学

  • 人類遺伝学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 総合内科専門医

  • 認定産業医

  • 日本呼吸器学会指導医

  • 臨床遺伝専門医指導医

  • 呼吸器専門医

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 喫煙肺胞蛋白症患者のための新規GM-CSF吸入治療プロトコルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 骨髄異形成症候群に合併した肺胞蛋白症のドライバー遺伝子変異の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • GM-CSF吸入療法の新たな効能:肺胞/間質性マクロファージのバランスへの介入

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ryushi Tazawa, Nobutaka Kitamura, Koh Nakata. Inhaled GM-CSF for Pulmonary Alveolar Proteinosis. Reply. N. Engl. J. Med.. 2020.01; 382 (2): 198. ( PubMed, DOI )

  • Koh Nakata, Tatsuki Sugi, Keiko Kuroda, Kazutaka Yoshizawa, Toshinori Takada, Ryushi Tazawa, Takahiro Ueda, Ami Aoki, Mitsuhiro Abe, Koichiro Tatsumi, Ryosuke Eda, Shotaro Kondoh, Konosuke Morimoto, Takeshi Tanaka, Etsuro Yamaguchi, Ayumu Takahashi, Miku Oda, Haruyuki Ishii, Shinyu Izumi, Haruhito Sugiyama, Atsushi Nakagawa, Keisuke Tomii, Masaru Suzuki, Satoshi Konno, Shinya Ohkouchi, Taizou Hirano, Tomohiro Handa, Toyohiro Hirai, Yoshikazu Inoue, Toru Arai, Katsuaki Asakawa, Takuro Sakagami, Takahiro Tanaka, Ayako Mikami, Nobutaka Kitamura. Validation of a new serum granulocyte-macrophage colony-stimulating factor autoantibody testing kit. ERJ Open Res. 2020.01; 6 (1): ( PubMed, DOI )

  • Ryushi Tazawa, Takahiro Ueda, Mitsuhiro Abe, Koichiro Tatsumi, Ryosuke Eda, Shotaro Kondoh, Konosuke Morimoto, Takeshi Tanaka, Etsuro Yamaguchi, Ayumu Takahashi, Miku Oda, Haruyuki Ishii, Shinyu Izumi, Haruhito Sugiyama, Atsushi Nakagawa, Keisuke Tomii, Masaru Suzuki, Satoshi Konno, Shinya Ohkouchi, Naoki Tode, Tomohiro Handa, Toyohiro Hirai, Yoshikazu Inoue, Toru Arai, Katsuaki Asakawa, Takuro Sakagami, Atsushi Hashimoto, Takahiro Tanaka, Toshinori Takada, Ayako Mikami, Nobutaka Kitamura, Koh Nakata. Inhaled GM-CSF for Pulmonary Alveolar Proteinosis. N. Engl. J. Med.. 2019.09; 381 (10): 923-932. ( PubMed, DOI )

  • Yoshitaka Uchida, Kazuyuki Nakagome, Ryushi Tazawa, Keiichi Akasaka, Masayuki Ito, Yoshiyuki Haga, Ken-Ichiro Komiyama, Tomoyuki Soma, Koh Nakata, Makoto Nagata. Modified eosinophil adhesion in pulmonary alveolar proteinosis caused by CSF2RA deletion. Allergol Int. 2019.09; 68S S14-S16. ( PubMed, DOI )

  • Takahito Nei, Shinya Urano, Natsuki Motoi, Atsushi Hashimoto, Nobutaka Kitamura, Takahiro Tanaka, Kazuhide Nakagaki, Jun Takizawa, Chinatsu Kaneko, Ryushi Tazawa, Koh Nakata. Memory B cell pool of autoimmune pulmonary alveolar proteinosis patients contains higher frequency of GM-CSF autoreactive B cells than healthy subjects. Immunol. Lett.. 2019.06; 212 22-29. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Nakata K, Tazawa R. Treatment of Cystic Fibrosis and Other Rare Lung Diseases (Milestones in Drug Therapy) Azuma A, Schechters MS, Ed.. Springer, 2017 Chapter 4. Pulmonary Alveolar Proteinosis: A Historic Perspective.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • R. Tazawa, T. Ueda, M. Abe, K. Tatsumi, R. Eda, S. Kondoh, K. Morimoto, T. Tanaka, E. Yamaguchi, A. Takahashi, M. Oda, H. Ishii, S. Izumi, H. Sugiyama, A. Nakagawa, K. Tomii, M. Suzuki, S. Konno, S. Ohkouchi, N. Tode, T. Handa, T. Hirai, Y. Inoue, T. Arai, K. Asakawa, T. Sakagami, A. Hashimoto, T. Tanaka, T. Takada, A. Mikami, N. Kitamura, K. Nakata. Antibody Against Granulocyte-Macrophage Colony-Stimulating Factor (GM-CSF) and Inhaled GM-CSF for Pulmonary Alveolar Proteinosis. ATS 2020 Virtual American Thoracic Society International Conference 2020.08.05

  • Ryushi Tazawa. Meet the Professor Seminar. MP601. Inhalation of Recombinant Human Granulocyte-Colony Stimulating Factor and Autoimmune Pulmonary Alveolar Proteinosis. ATS 2019 American Thoracic Society International Conference 2019.05.21 Dallas, TX, USA

  • R. Tazawa, K. Nakagaki, Y. Ito, M. Iizuka, A. Hashimoto, R. Nakano, U. Seino, T. Tanaka, K. Akasaka, S. Takeuchi, K. Nakata. Induction of Antibody against Granulocyte/Macrophage Colony Stimulating Factor (GM-CSF) through Repeated Inhalation of Recombinant Human GM-CSF in No Human Primates. ATS 2018 American Thoracic Society International Conference 2018.05.22 San Diego, CA, USA

  • R. Tazawa, K. Nakagaki, Y. Ito, M. Iizuka, A. Hashimoto, R. Nakano, T. Tanaka, K. Akasaka, S. Takeuchi, K. Nakata. Chronic Inhalation of Recombinant Human Granulocyte/Macrophage Colony Stimulating Factor (GM-CSF) and GM-CSF Antibody in Nonhuman Primates. ATS 2017 American Thoracic Society International Conference 2017.05.23 Washington, D.C., USA

  • R. Tazawa, M. Ito, K. Nakagome, K. Akasaka, H. Ohta , Y. Uchida, A. Shiono, T. Takada, M. Nagata, J. Tohyama, K. Hagiwara, M. Kanazawa, K. Nakata . Elderly-Onset Hereditary Pulmonary Alveolar Proteinosis and CSF2RA Mutation. ATS 2016 American Thoracic Society International Conference 2016.05.16 San Francisco, CA, USA

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回内科学会奨励賞,日本内科学会,2004年04月

  • 平成28年度新潟県医師会学術奨励賞,新潟県医師会,2016年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院修士課程 医歯学総合概論 統合呼吸器病学,2020年 - 現在

  • 大学院修士課程 人体機能学 肺の機能,2020年 - 現在

  • 大学院修士課程 人類遺伝学 単一遺伝子疾患②,2020年 - 現在