基本情報

写真a

高地 雄太(コウチ ユウタ)

KOCHI Yuta


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  医学科  1999年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  内科学専攻  博士課程  2005年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 ゲノム機能多様性分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年06月
    -
    2000年05月
    東京大学医学部附属病院 内科 臨床研修医
  • 2000年06月
    -
    2001年05月
    大宮赤十字病院内科 臨床研修医
  • 2001年04月
    -
    2005年03月
    東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学 大学院生
  • 2006年04月
    -
    2008年03月
    理化学研究所遺伝子多型研究センター関節リウマチ研究チーム 研究員
  • 2008年04月
    -
    2014年06月
    理化学研究所ゲノム医科学研究センター自己免疫疾患研究チーム 上級研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本免疫学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

  • 日本人類遺伝学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • システムゲノム科学

  • 膠原病・アレルギー内科学

  • 人類遺伝学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 免疫細胞におけるsplicing QTLを介した自己免疫疾患病因メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 免疫細胞におけるsplicing QTLを介した自己免疫疾患病因メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 網羅的遺伝子解析によるメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の遺伝的危険因子の探索

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Inamo J, Kochi Y, Takeuchi T. Is type 2 diabetes mellitus an inverse risk factor for the development of rheumatoid arthritis? Journal of human genetics. 2021.02; 66 (2): 219-223. ( PubMed, DOI )

  • Bing N, Zhou H, Chen X, Hirose T, Kochi Y, Tsuchida Y, Ishigaki K, Sumitomo S, Fujio K, Zhang B, Valdez H, Vincent MS, Martin D, Clark JD. Contribution of a European-Prevalent Variant near CD83 and an East Asian-Prevalent Variant near IL17RB to Herpes Zoster Risk in Tofacitinib Treatment: Results of Genome-Wide Association Study Meta-Analyses. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.). 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Yin X, Kim K, Suetsugu H, Bang SY, Wen L, Koido M, Ha E, Liu L, Sakamoto Y, Jo S, Leng RX, Otomo N, Laurynenka V, Kwon YC, Sheng Y, Sugano N, Hwang MY, Li W, Mukai M, Yoon K, Cai M, Ishigaki K, Chung WT, Huang H, Takahashi D, Lee SS, Wang M, Karino K, Shim SC, Zheng X, Miyamura T, Kang YM, Ye D, Nakamura J, Suh CH, Tang Y, Motomura G, Park YB, Ding H, Kuroda T, Choe JY, Li C, Niiro H, Park Y, Shen C, Miyamoto T, Ahn GY, Fei W, Takeuchi T, Shin JM, Li K, Kawaguchi Y, Lee YK, Wang Y, Amano K, Park DJ, Yang W, Tada Y, Yamaji K, Shimizu M, Atsumi T, Suzuki A, Sumida T, Okada Y, Matsuda K, Matsuo K, Kochi Y, Japanese Research Committee on Idiopathic Osteonecrosis of the Femoral Head., Kottyan LC, Weirauch MT, Parameswaran S, Eswar S, Salim H, Chen X, Yamamoto K, Harley JB, Ohmura K, Kim TH, Yang S, Yamamoto T, Kim BJ, Shen N, Ikegawa S, Lee HS, Zhang X, Terao C, Cui Y, Bae SC. Meta-analysis of 208370 East Asians identifies 113 susceptibility loci for systemic lupus erythematosus. Annals of the rheumatic diseases. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  • Tsuchiya H, Ota M, Sumitomo S, Ishigaki K, Suzuki A, Sakata T, Tsuchida Y, Inui H, Hirose J, Kochi Y, Kadono Y, Shirahige K, Tanaka S, Yamamoto K, Fujio K. Parsing multiomics landscape of activated synovial fibroblasts highlights drug targets linked to genetic risk of rheumatoid arthritis. Annals of the rheumatic diseases. 2020.11; ( PubMed, DOI )

  • 高地 雄太. 【ヒト免疫疾患研究の新たなアプローチ】ヒト免疫疾患のゲノム解析からのアプローチ 多因子遺伝疾患 炎症と免疫. 2020.10; 28 (6): 460-464. ( 医中誌 )

全件表示 >>