基本情報

写真a

小林 美穂(コバヤシ ミホ)

KOBAYASHI Miho


職名

助教

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

血管、細胞骨格、シグナル伝達

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  生命科学研究科  分子生命科学専攻  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    2019年04月
    金沢医科大学 病理学I 助教
  • 2017年06月
    -
    2018年08月
    Max-Planck-Institute for Heart and Lung Research 特任研究員
  • 2012年04月
    -
    2018年08月
    東北大学 加齢医学研究所 助教
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    財団法人 がん研究振興財団 リサーチ・レジデント

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本血管生物医学会

  • 日本分子生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
    -
    現在
    日本血管生物医学会 評議員、事務局

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 血管生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Vasohibin-1 (VASH1) の生物学的機能とその分子機構の解明,2017年07月 - 現在

  • 内皮間葉移行EndMTにおけるexosomeの役割,2019年09月 - 現在

  • 抗血管新生因子VASH1による血管安定化機構の解明,2014年04月 - 現在

  • SARS-CoV-2 感染機構における微小管の役割解明と感染制御方法の開発,2020年08月 - 現在

  • デバイスを用いた生体内血流再現下における血管安定化を目指したVASH1の機能解明,2017年04月 - 2018年08月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍の臓器向性転移における血管の役割とその分子機構

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kobayashi M, Wakabayashi I, Suzuki Y, Fujiwara K, Nakayama M, Watabe T, Sato Y. Tubulin carboxypeptidase activity of vasohibin-1 inhibits angiogenesis by interfering with endocytosis and trafficking of pro-angiogenic factor receptors Angiogenesis. 2021.02; 24 (1): 159-176. ( PubMed, DOI )

  • Yoshimatsu Y, Wakabayashi I, Kimuro S, Takahashi N, Takahashi K, Kobayashi M, Maishi N, Podyma-Inoue KA, Hida K, Miyazono K, Watabe T. TNF-α enhances TGF-β-induced endothelial-to-mesenchymal transition via TGF-β signal augmentation. Cancer Science. 2020.07; 111 (7): 2385-2399. ( PubMed, DOI )

  • 小林美穂、鈴木康弘、佐藤靖史. 微小管の翻訳後修飾による受容体シグナル伝達の制御 東北医学雑誌. 2017.06; 129 (1):

  • Kobayashi M, Suzuki Y, Sato Y.. The post‐translational modification of microtubules mediates The American Society th for Cell Biology 56th Annual Meeting. 2016.12; p383.

  • Phowichit S, Kobayashi M, Fujinoya Y, Sato Y, Sanphanya K, Vajragupta O, Chularojmontri L, Wattanapitayakul SK.. Antiangiogenic Effects of VH02, a Novel Urea Derivative: In Vitro and in Vivo Studies. Molecules. 2016.09; 21 (9): 1258.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小林 美穂、若林 育海、鈴木 康弘、藤原 花汐、中山 雅敬、佐藤 靖史、渡部 徹郎. Vasohibin-1による微小管の翻訳後修飾を介したシグナル伝達の調節機構. 第85回 口腔病学会学術大会 2020.12.05 東京

  • Miho KOBAYASHI, Ikumi Wakabayashi, Yasuhiro Suzuki, Kashio Fujiwara, Masanori Nakayama, Yasufumi Sato, Tetsuro Watabe. Vasohibin-1 induced post-translational modification of microtubules mediates VEGF-signaling in angiogenesis. 第42回日本分子生物学会年会(MBSJ2020) 2020.12.03 WEB

  • Miho Kobayashi. - Novel inhibition mechanism of signaling - Anti-angiogenic mechanism by vasohibin-1. 第6回 日本血管生物学会若手研究会 2020.11.21 WEB

  • 若林育海,吉松康裕,紀室志織,高橋直也,高橋和樹,伊東史子,小林美穂,井上カタジナアンナ,宮園浩平,渡部徹郎. TNF-αはTGF-βシグナルの増強を介してTGF-βによって 誘導される血管の内皮間葉移行を促進する. 第93回日本生化学会大会 2020.09.14 WEB開催

  • Miho Kobayashi,Ikumi Wakabayashi,Yasuhiro Suzuki,Yasufumi Sato,Tetsuro Watabe. Vasohibin-1 Inhibits Angiogenesis via the Increase of Detyrosinated α-Tubulin. The 21st International Vascular Biology Meeting (IVBM2020) 2020.09.09 Korea (WEB hybrid)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • The JVBMO/IVBM 2020 Best E-poster Awards (1st Place),日本血管生物医学会、国際血管生物学会,2020年09月

  • 第39回 日本分子生物学会 優秀ポスター発表賞,日本分子生物学会,2016年12月

  • IVBM2010 Travel Award,日本血管生物医学会,2010年06月

  • 第3回 東北大学バイオサイエンスシンポジウム 最優秀ポスター賞,東北大学,2005年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Hinder Handing the Message - Stopping Tumors from Creating New Blood Vessels,2020年12月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「血管新生を抑制できる新規シグナル伝達調節機構を発見」― 病的な血管新生を抑えながら副作用の少ない新規治療法への導出に期待 ―,2020年10月

    Angiogenesis

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生命の分子基盤:生化学実習,2019年 - 現在

  • 生化学:血管の形成におけるシグナルネットワーク,2019年 - 現在