基本情報

写真a

原園 陽介(ハラゾノ ヨウスケ)

HARAZONO Yosuke


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2019年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 特任助教
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 特任助教
  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 特任助教
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔外科系診療領域 口腔外科 助教

▼全件表示

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 国際顎顔面外科専門医

  • 日本口腔外科学会専門医

  • 日本口腔科学会認定医

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 口腔顎顔面における神経鞘腫の後方的解析,2020年 - 2021年

  • Galectin-3の様々な癌種における癌抑制機能,2013年04月 - 2015年03月

  • miR-655はEMT抑制型microRNAでZEB1とTGFBR2を標的とする,2010年04月 - 2013年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 育成医療対象疾患の実態把握に関する研究

    厚生労働省 : 2024年04月 - 2026年03月

  • 口腔扁平上皮癌におけるmicroRNA-655の腫瘍浸潤能マーカーとしての開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 顎骨骨幹異形成症における骨形成線維腫の発症と増殖メカニズム解明への基礎研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Erina Tonouchi, Kei-Ichi Morita, Yosuke Harazono, Kyoko Hoshino, Tetsuya Yoda. NF1 with 47,XYY mosaicism diagnosed by mandibular neurofibromas. Hum Genome Var. 2024.05; 11 (1): 22. ( PubMed, DOI )

  2. TONOUCHI Erina, MORITA Kei‒ichi, HARAZONO Yosuke, ANZAI Eri, TAKAHARA Namiaki and YODA Tetsuya. Double level fixation of premaxilla during alveolar bone grafting with premaxillary osteotomy in patients with bilateral cleft lip and palate The Journal of the Stomatological Society, Japan. 2024.03;

  3. Takuya Iwasaki, Yosuke Harazono, Yuki Fukawa, Atsushi Kaida, Kou Kayamori, Yoshiyuki Sasaki, Hiroyuki Harada, Tetsuya Yoda. Retrospective analysis of odontogenic myxoma and odontogenic myxofibroma in the oral and maxillofacial region: a fibrous tissue-related differentiation. Br J Oral Maxillofac Surg. 2024.02; ( PubMed, DOI )

  4. Yosuke Harazono, Hiroyuki Yoshitake, Yuki Fukawa, Tohru Ikeda, Tetsuya Yoda. Osteoblastoma in the mandible of an older adult patient without FOS gene rearrangement: A case report and literature review Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2024.01;

  5. Noboru Maruta,Kei-ichi Morita,Yosuke Harazono,Eri Anzai,Yu Akaike,Kotaro Yamazaki,Erina Tonouchi,Tetsuya Yoda. Automatic machine learning-based classification of mandibular third molar impaction status Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2023.07; 35 (4): 327-334.

  6. Otsuru M, Yanamoto S, Yamada SI, Nakashiro K, Harazono Y, Kohgo T, Nakamura M, Nomura T, Kasamatsu A, Tanaka S, Kirita T, Kioi M, Ogawa M, Sasaki M, Ota Y, Umeda M. Radiotherapy Plus Cetuximab for Squamous Cell Carcinoma of the Oral Cavity: A Multicenter Retrospective Study of 79 Patients in Japan. International journal of environmental research and public health. 2023.03; 20 (5): ( PubMed, DOI )

  7. Y Harazono, K Morita, E Tonouchi, E Anzai, N Takahara, T Kohmoto, I Imoto, T Yoda. TP63 mutation mapping information in TP63 mutation-associated syndromes Advances in Oral and Maxillofacial Surgery. 2022.01; 5

  8. Shibata Eri, Morita Kei-ichi, Kayamori Kou, Tange Shoichiro, Shibata Hiroki, Harazono Yosuke, Michi Yasuyuki, Ikeda Tohru, Harada Hiroyuki, Imoto Issei, Yoda Tetsuya. Detection of novel fusion genes by next-generation sequencing-based targeted RNA sequencing analysis in adenoid cystic carcinoma of head and neck ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY. 2021.10; 132 (4): 426-433. ( DOI )

  9. Iwanaga J, Kim HJ, Wysiadecki G, Obata K, Harazono Y, Ibaragi S, Tubbs SR.. Localizing the nerve to the mylohyoid using the mylohyoid triangle. Anat Cell Biol. 2021.09; 54 (3): 304-307. ( PubMed, DOI )

  10. Harazono Y, Kayamori K, Sakamoto J, Akaike Y, Kurasawa Y, Tsushima F, Sasaki Y, Harada H, Yoda T. A retrospective analysis of schwannoma in the oral maxillofacial region: the clinicopathological characteristics and the specific pathology of ancient change British Journal of Oral & Maxillofacial Surgery. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  11. Samira Bernardino Ramos do Prado, Tânia Misuzu Shiga, Yosuke Harazono, Victor A Hogan, Avraham Raz, Nicholas C Carpita, João Paulo Fabi. Migration and proliferation of cancer cells in culture are differentially affected by molecular size of modified citrus pectin. Carbohydr Polym. 2019.05; 211 141-151. ( PubMed, DOI )

  12. Samira Bernardino Ramos do Prado, Gabrielle Fernandez Ferreira, Yosuke Harazono, Tânia Misuzu Shiga, Avraham Raz, Nicholas C Carpita, João Paulo Fabi. Ripening-induced chemical modifications of papaya pectin inhibit cancer cell proliferation. Sci Rep. 2017.11; 7 (1): 16564. ( PubMed, DOI )

  13. Kosei Nakajima, Dhong Hyo Kho, Takashi Yanagawa, Yosuke Harazono, Victor Hogan, Wei Chen, Rouba Ali-Fehmi, Rohit Mehra, Avraham Raz. Galectin-3 Cleavage Alters Bone Remodeling: Different Outcomes in Breast and Prostate Cancer Skeletal Metastasis. Cancer Res.. 2016.03; 76 (6): 1391-1402. ( PubMed, DOI )

  14. Yosuke Harazono, Dhong Hyo Kho, Vitaly Balan, Kosei Nakajima, Victor Hogan, Avraham Raz. Extracellular galectin-3 programs multidrug resistance through Na+/K+-ATPase and P-glycoprotein signaling. Oncotarget. 2015.08; 6 (23): 19592-19604. ( PubMed, DOI )

  15. Tianpeng Zhang, Dhong Hyo Kho, Ying Wang, Yosuke Harazono, Kosei Nakajima, Youming Xie, Avraham Raz. Gp78, an E3 ubiquitin ligase acts as a gatekeeper suppressing nonalcoholic steatohepatitis (NASH) and liver cancer. PLoS ONE. 2015.03; 10 (3): e0118448. ( PubMed, DOI )

  16. Yosuke Harazono, Masashi Yamashiro, Hiroyuki Yoshitake, Kou Kayamori, Toshiyuki Izumo, Kiyoshi Harada. A case of highly suspected small cell osteosarcoma in the mandible Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2015.01;

  17. Kosei Nakajima, Dhong Hyo Kho, Takashi Yanagawa, Yosuke Harazono, Xiaoge Gao, Victor Hogan, Avraham Raz. Galectin-3 inhibits osteoblast differentiation through notch signaling. Neoplasia. 2014.11; 16 (11): 939-949. ( PubMed, DOI )

  18. Yosuke Harazono, Dhong Hyo Kho, Vitaly Balan, Kosei Nakajima, Tianpeng Zhang, Victor Hogan, Avraham Raz. Galectin-3 leads to attenuation of apoptosis through Bax heterodimerization in human thyroid carcinoma cells. Oncotarget. 2014.10; 5 (20): 9992-10001. ( PubMed, DOI )

  19. Y Harazono, K Nakajima, A Raz. Why anti-Bcl-2 clinical trials fail: a solution. Cancer Metastasis Rev.. 2014.03; 33 (1): 285-294. ( PubMed, DOI )

  20. Harazono Y, Muramatsu T, Endo H, Uzawa N, Kawano T, Harada K, Inazawa J, Kozaki K. miR-655 is an EMT-suppressive microRNA targeting ZEB1 and TGFBR2 PLoS One. 2013.05;

  21. 倉沢 泰浩, 森田 圭一, 高原 楠旻, 友松 伸允, 佐久間 朋美, 原園 陽介, 池田 通, 依田 哲也. エナメル上皮腫再発に関与する因子の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2022.04; 68 (4): 184-192. ( 医中誌 )

  22. Harazono Yosuke, Kayamori Kou, Sakamoto Junichiro, Akaike Yu, Kurasawa Yasuhiro, Tsushima Fumihiko, Sasaki Yoshiyuki, Harada Hiroyuki, Yoda Tetsuya. Retrospective analysis of schwannoma in the oral and maxillofacial region: clinicopathological characteristics and specific pathology of ancient change BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY. 2022.04; 60 (3): 326-331. ( DOI )

  23. 原園陽介、辻祐子、山城正司、奈良智之、依田哲也. NST介入によって栄養状態の改善をはかった歯肉癌の1例 日本口腔内科学会雑誌. 2020.12; 26 (2): 84-89.

  24. 星 礼子, 森田 圭一, 安西 絵梨, 原園 陽介, 高原 楠旻, 依田 哲也. 口唇口蓋裂患者の歯槽骨形成に対する歯肉骨膜形成術の有効性の検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2020.05; 45 (2): 120. ( 医中誌 )

  25. 原園 陽介, 長谷川 和樹, 濱田 啓一, 野里女 明代, 宮本 日出雄. 下顎骨関節突起骨折に対するTransmasseteric Anteroparotid(TMAP)アプローチを用いた観血的整復術の経験 日本口腔外科学会雑誌. 2018.04; 64 (4): 200-206. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Joe Iwanaga, R.Shane Tubbs, Jingo Kusukawa, Shin, Daniel E., Solomon, Charles S., Tomaszewska, Iwona M., He, Puhan, Soichiro Ibaragi, Katsuichiro Maruo, Tomaszewska, Iwona M., Tatsuo Okui, Yosuke Harazono, Norie Yoshioka, Shogo Kikuta, Koichi Watanabe, Ramdhan, Rebecca C., Tsuyoshi Tanaka, Yasuhiko Kamura, Masayoshi Uezono. Anatomical Variations in Clinical Dentistry . 2019 Anatomy and Variations of the Submandibular Fossa (ISBN : 978-3-319-97961-8)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Harazono Y, Kozaki K, Muramatsu T, Endo H, Uzawa N, Kawano T, Harada K, Inazawa J. miR-655 is an EMT-suppressive microRNA targeting ZEB1 and TGFBR2.. 9th Joint Conference of the American Association for Cancer Research and the Japanese Cancer Association 2013.02

  2. Harazono Y, Kozaki K, Muramatsu T, Kurasawa Y, Teruo A, Inazawa J. Exploration of EMT-related microRNAs using function-based screening with expression analysis of E-cadherin in Panc1 line. American Association for Cancer Research, 103th Annual Meeting 2012.04

  3. Harazono Y, Kozaki K, Muramatsu T, Kurasawa Y, Yamashiro M, Inazawa J. Exploration of MET-induced microRNA using function-based screening with expression analysis of E-cadherin. 平成23年度難治疾患研究所研究発表会 2012.03.08

  4. 外内えり奈、森田圭一、原園陽介、依田哲也. 神経線維腫症1型患者の新規原因遺伝子変異の同定. 第88回口腔病学会学術大会 2023.12.02 東京

  5. 原園陽介、山崎功太郎、外内えり奈、森田圭一、原田浩之、依田哲也. Gorlin症候群に対する臨床的検討. 第68回日本口腔外科学会総会・学術大会 2023.11.10 大阪

  6. 外内 えり奈, 森田 圭一, 原園 陽介, 小川 卓也, 森山 啓司, 米満 郁男, 小野 卓史, 依田 哲也. 口蓋形成術後の咬合状態に関する検討. 第47回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2023.05.25

  7. 正木 啓太、隅田 由香、外内 えり奈、原園 陽介、森田 圭一. 自閉スペクトラム症を併存する舌小帯短縮症のある児に構音訓練及び手術を行った1例. 第47回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2023.05.25 東京

  8. 石橋麗未、原園陽介、加地博一、高原楠旻、依田哲也. 舌潰瘍とButterfly appearanceを呈する咽頭部粘膜斑を認めた梅毒の1例. 第214回 日本口腔外科学会関東支部学術集会 2022.12.10 東京

  9. 外内えり奈, 高原楠旻, 森田圭一, 倉沢泰浩, 友松伸允, 原園陽介, 加地博一, 岩﨑拓也, 依田哲也. Le Fort I型骨切り術後の正中上顎に生じたsurgical ciliated cystの1例. 第 214 回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2022.12.10 東京

  10. 丸田 上、原園陽介、安西 絵梨、赤池 優、山崎功太郎、外内えり奈、森田圭一、依田哲也. 機械学習を用いた下顎智歯埋伏状態の自動分類の試み. 第87回口腔病学会学術大会 2022.12.03 東京

  11. 丸田 上、森田圭一、原園陽介、赤池 優、山崎功太郎、外内えり奈、安西絵梨、依田哲也. 機械学習を用いた下顎智歯の埋伏状態分類に関する検討. 第67回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2022.11.04 幕張

  12. 原園陽介、外内えり奈、石橋麗美、正木啓太、安西絵梨、高原楠旻、森田圭一、依田哲也. 粘膜下口蓋裂の治療方針に関する臨床的検討. 第46回 日本口蓋裂学会 2022.05.26 鹿児島

  13. 赤池 優、香月佑子、原園陽介、友松伸允、赤津千絵、丸田 上、依田哲也. . ブドウ糖硬化療法が奏功せずOK-432が有効であった舌下顎下方ラヌーラ(ガマ腫)の1例. 第213回 日本口腔外科学会関東支部学術集会 2022.05.21 東京

  14. 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 岩崎 拓也, 赤池 優, 原園 陽介, 木村 敦, 佐久間 朋美, 倉沢 泰浩, 細木 美佐, 依田 哲也. 上下顎骨骨切り術におけるハイドロキシアパタイト含有ポリ-L-乳酸製骨接合材に関わる偶発症の検討. 第32回 日本顎変形症学会総会・学術大会 2022.05.01 新潟

  15. 加地博一, 高原楠旻, 原園陽介, 倉沢泰浩, 山本大介, 津田晋平, 坂本啓, 依田哲也. 上顎骨内に発生した腺腫様歯原性腫瘍. 第212回 日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.12.18 東京

  16. 外内 えり奈, 原園 陽介, 安西 絵梨, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. 中間顎骨切り併施顎裂部骨移植術における中間顎固定法の工夫. 2021.11.12

  17. 外内えり奈、正木啓太、原園陽介、星礼子、安西絵梨、高原楠旻、森田圭一、依田哲也. Pushback法とFurlow法における鼻咽腔閉鎖機能の初期獲得状況に関する比較. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 大阪

  18. 柴田恵理、森田圭一、栢森高、原園陽介、道泰之、池田通、原田浩之. 新規融合遺伝子の同定を含めた腺様嚢胞癌の遺伝子検索. 第39回日本口腔腫瘍学会総会 2021.01.28 WEB開催

  19. 原園陽介、森田圭一、安西絵梨、外内えり奈、依田哲也. p63変異関連疾患に関する遺伝子変異情報の再マッピング . 第65回日本口腔外科学会総会 2020.11.13 名古屋

  20. 倉沢泰浩、森田圭一、佐久間朋美、原園陽介、依田哲也. エナメル上皮腫再発に関する因子の臨床的検討. 第65回日本口腔外科学会総会. 第65回日本口腔外科学会総会 2020.11.13 名古屋

  21. 原園陽介、辻祐子、山城正司、奈良智之. NST介入を含めた多職種連携によって栄養状態の改善をはかった歯肉癌の1例. 第35回日本静脈経腸栄養学会 2020.02.27 京都

  22. 辻 祐子, 原園 陽介. NST介入により摂食嚥下機能と栄養状態が改善できた口腔癌患者の一症例. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2019.12.01

  23. 柴田恵里,森田圭一,栢森高,横川美咲,及川悠,道泰之,池田通,原田浩之,依田哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobinとETV6 splitとの関連性についての検討. 第64回大会日本人類遺伝学会 2019.11.08

  24. 小杉真智子、中久木康一、友松伸允、高原楠旻、木村敦、原園陽介、依田哲也. HA含有ポリ-L-乳酸製骨接合性プレートによる上下顎骨骨切り術後の下顎の安定性の検討. 第64回日本口腔外科学会総会 2019.10.25 札幌

  25. 辻祐子、原園陽介. NST介入により摂食嚥下機能と栄養状態が改善できた口腔癌患者の一症例. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2019.09 新潟

  26. 加地博一、山城正司、水谷美保、原園陽介. 仮性動脈瘤による抜歯後出血に対して動脈塞栓術を施行した一例. 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.04 川越

  27. 鈴木志保、水谷美保、原園陽介、加地博一、鈴木恵美子、加藤瞳、鈴木美帆、山城正司. エピシル®口腔用液の疼痛緩和効果. 第37回口腔腫瘍学会 2019.01.25 長崎

  28. 大山厳雄、長谷川和樹、原園陽介、野里女明代、宮本日出雄. セツキシマブ併用放射線治療後、縮小手術により良好な経過を辿った高齢者の進行舌癌の1例.. 第37回口腔腫瘍学会 2019.01 長崎

  29. 原園陽介、水谷美保、加地博一、山城正司. 上顎に発生した周辺型エナメル上皮腫の1例. 第36回口腔腫瘍学会 2018.01.26

  30. 加地博一、水谷美保、原園陽介、斎藤健一、山城正司. 上下歯肉癌が疑われたEBV陽性リンパ増殖性口腔粘膜潰瘍の1例. 第204回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2017.12

  31. 野里女明代、長谷川和樹、宮本日出雄、原園陽介. 上顎に生じた歯原性粘液線維種の1例. 第62回日本口腔外科学会総会 2017.10

  32. 水谷美保、加地博一、原園陽介、斎藤健一、山城正司. 上唇に発生した良性線維性組織球腫の1例. 第62回日本口腔外科学会総会 2017.10

  33. 原園陽介、長谷川和樹、野里女明代、宮本日出雄. 気管内挿管管理を要した高齢者の深頸部膿瘍の1例. 第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会 2017.05.13

  34. 原園陽介. がん治療とお口の管理. あなたを支えるがん診療. 静岡市立静岡病院市民公開講座 2017.01.28

  35. 原園陽介、長谷川和樹、野里女明代、宮本日出雄. 下顎骨関節突起骨折に対するTransmasseteric Anteroparotidアプローチの1例. 第61回日本口腔外科学会総会 2016.11

  36. 原園陽介、長谷川和樹、宮本日出雄、柴田真里. 肩甲骨皮弁による硬性再建後、デンタルインプラントを応用した悪性黒色腫の1例. . 第34回口腔腫瘍学会 2016.01

  37. 村松智輝、谷中淑光、原園陽介、小崎健一、稲澤譲治. miR-655とmiR-544aはEMTレポーターシステムにより同定されたEMT制御miRNAである. . 第74回日本癌学会学術総会 2015.10

  38. 原園陽介、小崎健一、村松智輝、河野辰幸、原田清、稲澤譲治. E-cadherinの発現変化を指標とした機能的スクリーニングによるMET誘導性microRNAの探索. 第71回日本癌学会学術総会 2012.09

  39. 原園陽介、小崎健一、村松智輝、倉沢泰浩、天笠光雄、稲澤譲治. 膵癌細胞株におけるE-cadherinの発現変化を指標とした機能的スクリーニングによるEMT関連microRNAの探索. 第70回日本癌学会学術総会 2011.11

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 原園 陽介:第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 優秀ポスター賞「p63変異関連疾患に関する遺伝子変異情報の再マッピング」,日本口腔外科学会,2020年11月

  • 平成25年度細胞科学財団育成助成,公益財団法人細胞科学研究財団,2013年04月

  • 第26回 財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 研究交流助成金,財団法人金原一郎記念医学医療振興財団,2012年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人日本学術振興会科学研究費2024年度基盤研究C(一般),2024年04月

  • 令和6年度 厚生労働科学研究費補助金(障害者政策統合研究事業) ,2024年04月

    障害者政策総合研究事業に係る「育成医療対象疾患の実態把握に関する研究」について研究を分担する

  • 独立行政法人日本学術振興会科学研究費2019年度研究活動スタート支援,2019年04月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床イントロダクション 歯学科3年,2023年 - 現在

  • 歯科医師国家試験準備学習 歯学科6年,2022年 - 現在

  • 抜歯および薬剤処方 歯学科5年 Phase I,2021年 - 現在

  • 骨系統疾患 歯学科5年,2021年 - 現在

  • 後期臨床セミナー 歯学科6年,2021年

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯学生共用試験臨床実習前OSCE評価者,2023年12月 - 現在

  • CPX認定,2022年05月 - 2028年03月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2024年度デジタル化施策(研究) 歯科病理報告書の電子化,2024年04月 - 2025年03月

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面外科学分野 医局長,2023年07月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 国際口腔顎顔面外科専門医説明会,日本口腔外科学会,第66回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会,幕張メッセ,2021年11月13日

  • オリンピック支援,国際オリンピック委員会,Olympic 2020 Tokyo,オリンピック選手村(勝どき),2021年07月21日 - 2021年08月06日