基本情報

写真a

原 倫太朗(ハラ リンタロウ)

HARA Rintaro


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部  化学生命工学科  2007年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院 博士前期課程  新領域創成科学研究科  メディカルゲノム専攻  博士課程  2009年03月  修了

  • 東京大学大学院 博士後期課程  新領域創成科学研究科  メディカルゲノム専攻  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    東京大学大学院 新領域創成科学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京大学大学院 新領域創成科学研究科 特任研究員
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本糖質学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本核酸医薬学会

  • 日本核酸化学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年02月
    -
    2016年11月
    日本核酸医薬学会第2回年会 事務局
  • 2017年02月
    -
    2017年11月
    The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry Secretariat
  • 2017年08月
    -
    2017年11月
    核酸化学若手フォーラム2017 世話人代表
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 心筋・骨格筋の任意の遺伝子制御を可能とする革新的な核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 優れた有効性と低い副作用を同時に実現する、人工カチオン性分子連結核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kazuki Sato , Hiroki Imai , Tomohito Shuto , Rintaro Iwata Hara , Takeshi Wada. Solid-Phase Synthesis of Phosphate/Boranophosphate Chimeric DNAs using the H-Phosphonate–H-Boranophosphonate Method Journal of Organic Chemistry. 2019.10; 84 (23): 15032-15041. ( DOI )

  • Rintaro Iwata Hara, Tatsuya Saito, Tomoki Kogure, Yuka Hamamura, Naoki Uchiyama, Yohei Nukaga, Naoki Iwamoto,Takeshi Wada. Stereocontrolled Synthesis of Boranophosphate DNA by an Oxazaphospholidine Approach and Evaluation of Its Properties Journal of Organic Chemistry. 2019.06; 84 (12): 7971-7983. ( DOI )

  • Yusuke Maeda, Rintaro Iwata Hara, Kazutaka Nishina, Kie Yoshida-Tanaka, Taiichi Sakamoto, Takanori Yokota and Takeshi Wada. Artificial cationic peptides that increase nuclease resistance of siRNA without disturbing RNAi activity Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids. 2019.01; 38 (5): 338-348. ( DOI )

  • Rintaro Iwata Hara, Yusuke Maeda, Haruna Fujimaki, Takeshi Wada. Enhancement in RNase H activity of a DNA/RNA hybrid duplex using artificial cationic oligopeptides Chemical Communications. 2018.08; 54 (61): 8526-8529. ( DOI )

  • Rintaro Iwata Hara, Aya Yaoita, Katsuya Takeda, Hiroaki Ueki, Ayumu Ishii, Hideyuki Imoto, Satoshi Kobayashi, Michi Sano, Mihoko Noro, Kazuki Sato, Takeshi Wada. Solid-Phase Synthesis of Fluorinated Analogues of Glycosyl 1-Phosphate Repeating Structures from Leishmania using the Phosphoramidite Method ChemistryOpen. 2018.06; 7 439-446. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ビタミンE研究会. ビタミンE研究の進歩17巻. 2016.12 p20-24

  • 核酸医薬の創製と応用展開. シーエムシー出版, 2016.02 第7章 カチオン性人工分子を用いる核酸医薬の安定化とデリバリー

  • 日本化学会 生体機能関連部会 NEWS LETTER Vol. 29. 日本化学会 生体機能関連部会, 2014.02 p3-6 A 型二重鎖核酸結合性オリゴジアミノガラクトースの合成とその性質

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2018年09月

  • 日本化学会第94春季年会 優秀講演賞(学術),日本化学会,2014年04月

  • 日本化学会第 92 春季年会(2012)学生講演賞,日本化学会,2012年04月

  • Nucleic Acids Research Award,6th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry,2009年10月

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • メディカルゲノムサイエンス指導実習,東京大学大学院新領域創成科学研究科

  • 医薬資源学実習,東京理科大学薬学部

  • 基礎薬学実習,東京理科大学薬学部

  • 天然物化学実習,東京理科大学薬学部

  • 情報リテラシー,東京理科大学薬学部

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • サイエンスアゴラ2008 出展,2008年11月

  • サイエンスアゴラ2007 出展,2007年11月