基本情報

写真a

小池 博之(コイケ ヒロユキ)

KOIKE Hiroyuki


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-5803-5166

メールアドレス

hiroyuki.koike@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

オルガノイド、シングルセル解析、iPS細胞、器官形成、加齢、肝臓、マクロファージ、三次元培養、幹細胞生物学、再生医学

分野紹介URL

https://www.tmd.ac.jp/dept/medicine/mbc/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部  分子化学工学科  2007年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学研究科  バイオ工学専攻  修士課程  2009年03月  修了

  • 横浜市立大学  医学研究科  医科学専攻  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  横浜市立大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年03月
    -
    2018年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 助教
  • 2018年05月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子細胞生物学 助教
  • 2023年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    帝人株式会社 マテリアル事業 素材研究開発職
  • 2014年04月
    -
    2015年11月
    Stanford University School of Medicine, Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Postdoctoral Fellow
  • 2015年11月
    -
    2018年02月
    Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, Division of Gastroenterology, Hepatology and Nutrition, Research Fellow
  • 2019年04月
    -
    2022年03月
    日本医科大学 生化学・分子生物学(代謝・栄養学) 助教
  • 2022年04月
    -
    2023年06月
    日本医科大学 生化学・分子生物学(代謝・栄養学) 講師
  • 2022年04月
    -
    2023年06月
    日本医科大学 大学院医学研究科 代謝・栄養学 講師(兼担)

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本抗加齢医学会

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学

  • 医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 疾患特異的iPS細胞を用いたケロイドの病態解明と治療法の確立,2023年04月 - 2026年03月

  • オルガノイドの代謝特性を利用した循環培養系の構築,2022年06月 - 2025年03月

  • オルガノイドの代謝特性を利用した循環培養系の構築,2022年06月 - 2025年03月

  • Modeling the link between lipid accumulation and aging using on-chip liver organoids,2021年11月 - 2022年03月

  • 1細胞解析による脂質代謝を介した骨格筋再生制御機構の解明,2021年04月 - 2024年03月

  • 1細胞解析による脂質代謝を介した骨格筋再生制御機構の解明,2021年04月 - 2024年03月

  • 高度オルガノイド技術を利用した革新的がん遺伝子治療モデリングと腫瘍溶解性機構解明,2021年04月 - 2024年03月

  • 高度オルガノイド技術を利用した革新的がん遺伝子治療モデリングと腫瘍溶解性機構解明,2021年04月 - 2024年03月

  • 幹細胞-免疫細胞間の相互作用を軸としたヒト骨格筋再生機構のモデル化,2020年06月 - 2023年03月

  • 幹細胞-免疫細胞間の相互作用を軸としたヒト骨格筋再生機構のモデル化,2020年06月 - 2023年03月

  • 骨格筋の恒常性維持を担う筋衛星細胞-マクロファージ間の相互作用解析,2019年04月 - 2021年03月

  • 骨格筋の恒常性維持を担う筋衛星細胞-マクロファージ間の相互作用解析,2019年04月 - 2021年03月

  • マクロファージと筋衛星細胞のクロストークによる筋再生制御機構の解明,2018年08月 - 2020年03月

  • マクロファージと筋衛星細胞のクロストークによる筋再生制御機構の解明,2018年08月 - 2020年03月

  • 器官形成を誘導する分子・細胞・力学要素の時空間構造の解明,2016年07月 - 2019年03月

  • 器官形成を誘導する分子・細胞・力学要素の時空間構造の解明,2016年07月 - 2019年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オルガノイドの代謝特性を利用した循環培養系の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2024年

  • 1細胞解析による脂質代謝を介した骨格筋再生制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • マクロファージと筋衛星細胞のクロストークによる筋再生制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • マクロファージ亜集団を介した骨格筋再生制御機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hiroyuki Koike, Kentaro Iwasawa, Rie Ouchi, Mari Maezawa, Kirsten Giesbrecht, Norikazu Saiki, Autumn Ferguson, Masaki Kimura, Wendy L Thompson, James M Wells, Aaron M Zorn, Takanori Takebe. Modelling human hepato-biliary-pancreatic organogenesis from the foregut-midgut boundary. Nature. 2019.10; 574 (7776): 112-116. ( PubMed, DOI )

  2. Takahisa Matsuzaki, Yuma Kawano, Momoka Horikiri, Yuko Shimokawa, Takashi Yamazaki, Nao Okuma, Hiroyuki Koike, Masaki Kimura, Ryuzo Kawamura, Yosuke Yoneyama, Yasuro Furuichi, Fumihiko Hakuno, Shin-Ichiro Takahashi, Seiichiro Nakabayashi, Satoshi Okamoto, Hiromitsu Nakauchi, Hideki Taniguchi, Takanori Takebe, Hiroshi Y Yoshikawa. Preparation of mechanically patterned hydrogels for controlling the self-condensation of cells. STAR Protocols. 2023.07; 4 (3): 102471. ( PubMed, DOI )

  3. Aiko Watanabe, Hiroyuki Koike, Naoki Kumagami, Shigeki Shimba, Ichiro Manabe, Yumiko Oishi. Arntl deficiency in myeloid cells reduces neutrophil recruitment and delays skeletal muscle repair. Scientific Reports. 2023.04; 13 (1): 6747. ( PubMed, DOI )

  4. Rie Ouchi, Hiroyuki Koike. Modeling human liver organ development and diseases with pluripotent stem cell-derived organoids. Frontiers in Cell and Developmental Biology. 2023.02; 11 1133534. ( PubMed, DOI )

  5. Sumio Hayakawa, Atsushi Tamura, Nikita Nikiforov, Hiroyuki Koike, Fujimi Kudo, Yinglan Cheng, Takuro Miyazaki, Marina Kubekina, Tatiana V Kirichenko, Alexander N Orekhov, Nobuhiko Yui, Ichiro Manabe, Yumiko Oishi. Activated cholesterol metabolism is integral for innate macrophage responses by amplifying Myd88 signaling. JCI Insight. 2022.11; 7 (22): e138539. ( PubMed, DOI )

  6. Hiroyuki Koike, Ichiro Manabe, Yumiko Oishi. Mechanisms of cooperative cell-cell interactions in skeletal muscle regeneration. Inflammation and Regeneration. 2022.11; 42 (1): 48. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  7. Takahisa Matsuzaki, Yuko Shimokawa, Hiroyuki Koike, Masaki Kimura, Yuma Kawano, Nao Okuma, Ryuzo Kawamura, Yosuke Yoneyama, Yasuro Furuichi, Fumihiko Hakuno, Shin-Ichiro Takahashi, Seiichiro Nakabayashi, Satoshi Okamoto, Hiromitsu Nakauchi, Hideki Taniguchi, Takanori Takebe, Hiroshi Y Yoshikawa. Mechanical guidance of self-condensation patterns of differentiating progeny. iScience. 2022.10; 25 (10): 105109. ( PubMed, DOI )

  8. Ryo Yuzawa, Hiroyuki Koike, Ichiro Manabe, Yumiko Oishi. VDR regulates simulated microgravity-induced atrophy in C2C12 myotubes. Scientific Reports. 2022.01; 12 (1): 1377. ( PubMed, DOI )

  9. Lin Liu, Hiroyuki Koike, Takehito Ono, Shinichiro Hayashi, Fujimi Kudo, Atsushi Kaneda, Hiroyuki Kagechika, Ichiro Manabe, Tomoki Nakashima, Yumiko Oishi. Identification of a KLF5-dependent program and drug development for skeletal muscle atrophy. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021.08; 118 (35): e2102895118. ( PubMed, DOI )

  10. Hiroyuki Koike, Kentaro Iwasawa, Rie Ouchi, Mari Maezawa, Masaki Kimura, Asuka Kodaka, Shozo Nishii, Wendy L Thompson, Takanori Takebe. Engineering human hepato-biliary-pancreatic organoids from pluripotent stem cells. Nature Protocols. 2021.02; 16 (2): 919-936. ( PubMed, DOI )

  11. Tadahiro Shinozawa, Masaki Kimura, Yuqi Cai, Norikazu Saiki, Yosuke Yoneyama, Rie Ouchi, Hiroyuki Koike, Mari Maezawa, Ran-Ran Zhang, Andrew Dunn, Autumn Ferguson, Shodai Togo, Kyle Lewis, Wendy L Thompson, Akihiro Asai, Takanori Takebe. High-Fidelity Drug-Induced Liver Injury Screen Using Human Pluripotent Stem Cell-Derived Organoids. Gastroenterology. 2021.02; 160 (3): 831-846.e10. ( PubMed, DOI )

  12. Lu Han, Praneet Chaturvedi, Keishi Kishimoto, Hiroyuki Koike, Talia Nasr, Kentaro Iwasawa, Kirsten Giesbrecht, Phillip C Witcher, Alexandra Eicher, Lauren Haines, Yarim Lee, John M Shannon, Mitsuru Morimoto, James M Wells, Takanori Takebe, Aaron M Zorn. Single cell transcriptomics identifies a signaling network coordinating endoderm and mesoderm diversification during foregut organogenesis. Nature Communications. 2020.08; 11 (1): 4158. ( PubMed, DOI )

  13. Generation of hepato-biliary-pancreatic organoid from human pluripotent stem cells 2019.11; ( DOI )

  14. Rie Ouchi, Shodai Togo, Masaki Kimura, Tadahiro Shinozawa, Masaru Koido, Hiroyuki Koike, Wendy Thompson, Rebekah A Karns, Christopher N Mayhew, Patrick S McGrath, Heather A McCauley, Ran-Ran Zhang, Kyle Lewis, Shoyo Hakozaki, Autumn Ferguson, Norikazu Saiki, Yosuke Yoneyama, Ichiro Takeuchi, Yo Mabuchi, Chihiro Akazawa, Hiroshi Y Yoshikawa, James M Wells, Takanori Takebe. Modeling Steatohepatitis in Humans with Pluripotent Stem Cell-Derived Organoids. Cell Metabolism. 2019.08; 30 (2): 374-384.e6. ( PubMed, DOI )

  15. John Ong, Maria Paola Serra, Joe Segal, Ana-Maria Cujba, Soon Seng Ng, Richard Butler, Val Millar, Stephanie Hatch, Salman Zimri, Hiroyuki Koike, Karen Chan, Andrew Bonham, Michelle Walk, Ty Voss, Nigel Heaton, Ragai Mitry, Anil Dhawan, Daniel Ebner, Davide Danovi, Hiromitsu Nakauchi, S Tamir Rashid. Imaging-Based Screen Identifies Laminin 411 as a Physiologically Relevant Niche Factor with Importance for i-Hep Applications. Stem Cell Reports. 2018.03; 10 (3): 693-702. ( PubMed, DOI )

  16. Hiroyuki Koike, Ran-Ran Zhang, Yasuharu Ueno, Keisuke Sekine, Yun-Wen Zheng, Takanori Takebe, Hideki Taniguchi. Nutritional modulation of mouse and human liver bud growth through a branched-chain amino acid metabolism. Development. 2017.03; 144 (6): 1018-1024. ( PubMed, DOI )

  17. Hiroyuki Koike, Takanori Takebe. Generating Mini-Organs in Culture Current Pathobiology Reports. 2016.06; 4 (2): 59-68. ( DOI )

  18. Takanori Takebe, Masahiro Enomura, Emi Yoshizawa, Masaki Kimura, Hiroyuki Koike, Yasuharu Ueno, Takahisa Matsuzaki, Takashi Yamazaki, Takafumi Toyohara, Kenji Osafune, Hiromitsu Nakauchi, Hiroshi Y Yoshikawa, Hideki Taniguchi. Vascularized and Complex Organ Buds from Diverse Tissues via Mesenchymal Cell-Driven Condensation. Cell Stem Cell. 2015.05; 16 (5): 556-565. ( PubMed, DOI )

  19. Hiroyuki Koike, Rie Ouchi, Yasuharu Ueno, Susumu Nakata, Yuta Obana, Keisuke Sekine, Yun-Wen Zheng, Takanori Takebe, Kyoichi Isono, Haruhiko Koseki, Hideki Taniguchi. Polycomb group protein Ezh2 regulates hepatic progenitor cell proliferation and differentiation in murine embryonic liver. PLoS One. 2014.08; 9 (8): e104776. ( PubMed, DOI )

  20. Ran-Ran Zhang, Takanori Takebe, Leina Miyazaki, Maho Takayama, Hiroyuki Koike, Masaki Kimura, Masahiro Enomura, Yun-Wen Zheng, Keisuke Sekine, Hideki Taniguchi. Efficient hepatic differentiation of human induced pluripotent stem cells in a three-dimensional microscale culture. Methods in Molecular Biology. 2014.08; 1210 131-141. ( PubMed, DOI )

  21. Hiroyuki Koike, Yasuharu Ueno, Takako Naito, Tomoya Shiina, Susumu Nakata, Rie Ouchi, Yuta Obana, Keisuke Sekine, Yun-Wen Zheng, Takanori Takebe, Kyo-ichi Isono, Haruhiko Koseki, Hideki Taniguchi. Ring1B promotes hepatic stem/progenitor cell expansion through simultaneous suppression of Cdkn1a and Cdkn2a in mice. Hepatology. 2014.07; 60 (1): 323-333. ( PubMed, DOI )

  22. R Zhang, T Takebe, K Sekine, H Koike, Y Zheng, H Taniguchi. Identification of proliferating human hepatic cells from human induced pluripotent stem cells. Transplantation Proceedings. 2014.05; 46 (4): 1201-1204. ( PubMed, DOI )

  23. Takanori Takebe, Ran-Ran Zhang, Hiroyuki Koike, Masaki Kimura, Emi Yoshizawa, Masahiro Enomura, Naoto Koike, Keisuke Sekine, Hideki Taniguchi. Generation of a vascularized and functional human liver from an iPSC-derived organ bud transplant. Nature Protocols. 2014.02; 9 (2): 396-409. ( PubMed, DOI )

  24. Takanori Takebe, Keisuke Sekine, Masahiro Enomura, Hiroyuki Koike, Masaki Kimura, Takunori Ogaeri, Ran-Ran Zhang, Yasuharu Ueno, Yun-Wen Zheng, Naoto Koike, Shinsuke Aoyama, Yasuhisa Adachi, Hideki Taniguchi. Vascularized and functional human liver from an iPSC-derived organ bud transplant. Nature. 2013.07; 499 (7459): 481-484. ( PubMed, DOI )

  25. Hiroyuki Koike, Koji Kubota, Keisuke Sekine, Takanori Takebe, Rie Ouchi, Yun-Wen Zheng, Yasuharu Ueno, Naoki Tanigawa, Hideki Taniguchi. Establishment of automated culture system for murine induced pluripotent stem cells. BMC Biotechnology. 2012.11; 12 81. ( PubMed, DOI )

  26. Hiroyuki Koike, Hideki Taniguchi. Characteristics of hepatic stem/progenitor cells in the fetal and adult liver. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2012.11; 19 (6): 587-593. ( PubMed, DOI )

  27. 小池 博之, 大石 由美子. 【栄養・代謝物シグナルと食品機能 転写、エピゲノムの制御から代謝性疾患の治療・予防に向けて】(第1章)食品の機能性と栄養・代謝物シグナル 骨格筋萎縮に対するビタミンA誘導体の機能評価 実験医学. 2022.05; 40 (7): 1027-1031. ( 医中誌 )

  28. 大石 由美子, 小池 博之. フレイル、サルコペニアのバイオマーカー 加齢による筋損傷後再生不全のメカニズム 日本老年医学会雑誌. 2022.05; 59 (Suppl.): 49. ( 医中誌 )

  29. 小池 博之. 骨格筋再生を主導する多細胞間相互作用ネットワークの解析 日本応用酵素協会誌. 2022.03; (56): 79-80. ( 医中誌 )

  30. 大石 由美子, 小池 博之. 脂質生物学の新しいパラダイム マクロファージの「脂質」による再生・組織修復の制御 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2021.11; 94回 [2S01m-05]. ( 医中誌 )

  31. 小池 博之, 大石 由美子. 生体恒常性および疾患を制御する間質細胞生物学 骨格筋幹細胞とマクロファージ亜集団の相互作用による組織修復制御 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2021.11; 94回 [2S04e-05]. ( 医中誌 )

  32. 佐藤 荘, 小池 博之, 伊藤 美菜子, 北岡 志保, 住田 智一, 増田 隆博. 生体恒常性および疾患を制御する間質細胞生物学 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2021.11; 94回 [JB2-1]. ( 医中誌 )

  33. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. 骨髄球系細胞が持つ細胞内時計の錯乱が筋再生に及ぼす影響 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集. 2021.11; 7回 116. ( 医中誌 )

  34. 小池 博之, 大石 由美子. 【糖尿病治療・研究の最前線2021】基礎研究 骨格筋組織再生を対象としたシングルセルRNA-seq解析 医学のあゆみ. 2021.01; 276 (5): 443-447. ( 医中誌 )

  35. 高田賢, 小池博之, 佐藤日向, 大石由美子. マクロファージのSREBP1aは腫瘍の増殖を制御する 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2021; 44th

  36. 大石由美子, 小池博之. 筋損傷後の再生・修復を主導する骨格筋マクロファージの多様性 日本肥満学会・日本肥満症治療学会合同学術集会プログラム・抄録集. 2021; 41st-38th (Web)

  37. 小池 博之, 大石 由美子. シングルセルトランスクリプトーム解析からみた骨格筋再生における細胞間相互作用の変化 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2020.09; 20回 220. ( 医中誌 )

  38. 大石 由美子, 小池 博之. シングルセル解析で読み解く間質細胞の多様性 シングルセルトランスクリプトーム解析でみた骨格筋マクロファージの多様性 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020.09; 93回 [2S04e-04]. ( 医中誌 )

  39. 小池博之, 武部貴則. 多能性幹細胞を用いたヒト肝・胆・膵システムの一括創出 実験医学. 2020.03; 38 (4): 590-593.

  40. 劉 琳, 小池 博之, 林 晋一郎, 大石 由美子, 淺原 弘嗣. Zincフィンガー転写因子のKLF5は筋萎縮症の病状形成に関与する(Zinc-finger transcription factor KLF5 is involved in the pathogenesis of muscle atrophy) 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集. 2019.08; 5回 109. ( 医中誌 )

  41. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. 時計遺伝子Bmal1欠損によるマクロファージ形質変化の阻害は筋再生を遷延させる 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集. 2019.08; 5回 95. ( 医中誌 )

  42. 小池 博之, 武部 貴則. 臓器の芽を作成する革新的な培養手法 自動車技術. 2015.11; 69 (11): 108-109.

  43. 大崎 達哉, 福田 淳二, 小池 博之, 武部 貴則. ヒトiPS細胞を用いた複雑臓器の成形加工と移植医療への応用 実験医学. 2015.05; 33 (8): 1259-1265. ( 医中誌 )

  44. 谷口英樹, 小池博之. 膵がんにおけるがん幹細胞の特性解析 実験医学. 2011.12; 29 (20): 3254-3261. ( 医中誌 )

  45. 小池 博之, 中田 晋, 谷口 英樹. 膵癌 臨床検査. 2011.05; 55 (5): 495-499. ( DOI 医中誌 )

  46. 小池博之. 多能性幹細胞を用いたヒト肝臓と周辺臓器の一括創出 日本再生医療学会総会(Web). 2021; 20th

  47. 東郷祥大, 東郷祥大, 大内梨江, 篠澤忠紘, 小池博之, 吉川洋史, 武部貴則. ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2018; 65th

  48. 東郷祥大, 東郷祥大, 大内梨江, 篠澤忠紘, 小池博之, 吉川洋史, 武部貴則. ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2017; 78th

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Hiroyuki Koike, Tamir Rashid, Takanori Takebe. Reviews in Cell Biology and Molecular Medicine. Wiley‐VCH, 2016.11 Growing Mini‐Organs from Stem Cells (ISBN : 978-3-5276-0090-8)

  2. Ran-Ran Zhang, Hiroyuki Koike, Takanori Takebe. Hyper Bio Assembler for 3D Cellular Systems. Springer, 2015.07 The Visualization of Human Organogenesis from Stem Cells by Recapitulating Multicellular Interactions (ISBN : 978-4-431-55297-0)

  3. Ran-Ran Zhang, Takanori Takebe, Leina Miyazaki, Maho Takayama, Hiroyuki Koike, Masaki Kimura, Masahiro Enomura, Yun-Wen Zheng, Keisuke Sekine, Hideki Taniguchi. Stem Cells and Tissue Repair: Methods and Protocols. Humana Press, 2014.08 Efficient Hepatic Differentiation of Human Induced Pluripotent Stem Cells in a Three-Dimensional Microscale Culture (ISBN : 978-1-4939-1435-7)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Cell-cell interactions of post-injury muscle regeneration and tissue repair. 2023.09.14

  2. Oishi Yumiko, Koike Hiroyuki. 骨格筋再生を制御するマクロファージの多様性(Macrophage diversity that regulates skeletal muscle regeneration). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2021.11.01

  3. Engineering human hepato-biliary-pancreatic organoids from pluripotent stem cells.. 2021.01.26

  4. 劉 琳, 小池 博之, 林 晋一郎, 淺原 弘嗣, 大石 由美子. Zincフィンガー転写因子のKLF5は筋萎縮症の病状形成に関与する. 日本筋学会第5回学術集会 2019.08.03 東京都文京区

  5. Lin Liu, Hiroyuki Koike, Yumiko Oishi. Zn-finger transcription factor Klf5 is involved in the pathogenesis of muscle atrophy in vivo.. The 41st Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan 2018.11.28

  6. Lin Liu, Hiroyuki Koike, Yumiko Oishi. Zn-finger transcription factor Klf5 is involved in the pathogenesis of muscle atrophy in vivo.. The 41st Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan 2018.11.28

  7. Hiroyuki Koike. Anterior-posterior gut boundary interaction initiate hepatic specification program from human iPSC.. Endoderm Club Research Seminar 2017.04.18 Cincinnati, OH, USA

  8. Hiroyuki Koike, Takanori Takebe. Sequential boundary interaction initiate multi-organ budding program from iPSC. Digestive Health Center Annual Scientific Retreat 2017.02.28 Cincinnati, OH, USA

  9. Rie Ouchi, Tadahiro Shinozawa, Shodai Togo, Hiroyuki Koike, Takanori Takebe. in vitro human NAFLD model using human iPSC derived liver organoids.. The Japan-US Science Forum in Boston 2016.11.12 Cambridge, MA, USA

  10. Hiroyuki Koike. Modeling early human organogenesis using iPSCs.. Liver Research Round Table Discussion 2016.10.24 Cincinnati, OH, USA

  11. Hiroyuki Koike. Modeling early human organogenesis using iPSCs.. Endoderm Club Research Seminar 2016.05.01 Cincinnati, OH, USA

  12. Hiroyuki Koike. Modeling multi-organ budding from human iPSCs.. Developmental Mechanisms, Organogenesis and Stem Cells Annual Retreat 2016 2016.04.01 College Corner, OH, USA

  13. Yuko Shimokawa, Hiroyuki Koike, Takahisa Matsuzaki, Masahiro Enomura, Masaki Kimura, Seiichiro Nakabayashi, Hiromitsu Nakauchi, Hideki Taniguchi, Takanori Takebe, Hiroshi Y. Yoshikawa. Design of Mechanically Patterned Hydrogel for Directing Organ Bud Self-Formation. Pacifichem 2015 2015.12.15 Honolulu, Hawaii, USA

  14. Yuko Shimokawa, Hiroyuki Koike, Takahisa Matsuzaki, Masahiro Enomura, Masaki Kimura, Seiichiro Nakabayashi, Hiromitsu Nakauchi, Hideki Taniguchi, Takanori Takebe, Hiroshi Y. Yoshikawa. Mechanical Study of Formation of Cell Aggregates on Hydrogel. The 53rd Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan 2015.09.13 Kanazawa, Japan

  15. Hiroyuki Koike. Modeling liver organogenesis in culture. Stem Cell Club 2015.06.01 Stanford, CA, USA

  16. Hiroyuki Koike, Ran-Ran Zhang, Yasuharu Ueno, Takanori Takebe, Hideki Taniguchi. Valine supplement stimulates expansion of human iPSC-derived hepatic progenitor cells. The 18th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience 2015.01.15 Osaka, Japan

  17. Susumu Nakata, Yasuharu Ueno, Hiroyuki Koike, Keisuke Sekine, Hideki Taniguchi. Localization of repressive histone marks and target genes dynamically switch through murine hepatic differentiation. The 72nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2013.10.03 Yokohama, Japan

  18. Keisuke Sekine, Takanori Takebe, Ran-Ran Zhang, Yasuharu Ueno, Masahiro Enomura, Hiroyuki Koike, Yun-Wen Zheng, Hideki Taniguchi. Generation of hepatic cells from human induced pluripotent stem cells. The 20th Annual Meeting of The Japanese Society for the Research of Hepatic Cells 2013.09.26 Osaka, Japan

  19. Maho Takayama, Takanori Takebe, Reina Miyazaki, Masaki Kimura, Hiroyuki Koike, Masahiro Enomura, Keisuke Sekine, Hideki Taniguchi. A Scalable Microculture For Generating Functional Hepatic Cell Spheroids from Human induced Pluripotent Stem Cells. The 20th Annual Meeting of The Japanese Society for the Research of Hepatic Cells 2013.09.26 Osaka, Japan

  20. Takanori Takebe, Keisuke Sekine, Masahiro Enomura, Hiroyuki Koike, RanRan Zhang, Masaki Kimura, Takunori Ogaeri, Emi Yoshizawa, Fumika Kawamata, Naoto Koike, Yasuharu Ueno, Yun-Wen Zheng, Hideki Taniguchi. Creation of vascularized and functional human liver from an induced pluripotent stem cell-derived organ bud transplant. The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation 2013.09.03 Kyoto, Japan

  21. Hiroyuki Koike, Takanori Takebe, Yasuharu Ueno, Hideki Taniguchi. In vitro expansion of self-renewing hepatic stem/progenitor cells by controlling metabolic state. International Society for Stem Cell Research 11th Annual Meeting 2013.06.12 Boston, MA, USA

  22. Takanori Takebe, Keisuke Sekine, Masahiro Enomura, Hiroyuki Koike, Ran-Ran Zhang, Masaki Kimura, Takunori Ogaeri, Naoto Koike, Yasuharu Ueno, Yun-Wen Zheng, Hideki Taniguchi. Vascularized and functional human liver tissue from an induced pluripotent stem cell-derived organ bud transplant. International Society for Stem Cell Research 11th Annual Meeting 2013.06.12 Boston, MA, USA

  23. Rie Ouchi, Yasuharu Ueno, Hiroyuki Koike, Haruhiko Koseki, Hideki Taniguchi. Polycomb group protein Ezh2 regulates the expansion of murine hepatic stem/progenitor cells.. The 71st Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2012.09.19 Sapporo, Japan

  24. Hiroyuki Koike, Yasuharu Ueno, Takako Naito, Rie Ouchi, Haruhiko Koseki, Hideki Taniguchi. Ring1B regulates the expansion of hepatic stem/progenitor cells by the suppression of Cdkn1a and Cdkn2a. The 71st Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2012.09.19 Sapporo, Japan

  25. Hiroyuki Koike, Koji Kubota, Keisuke Sekine, Takanori Takebe, Yun-Wen Zheng, Yasuharu Ueno, Naoki Tanigawa, Hideki Taniguchi. Establishment of automated culture system for induced pluripotent stem cells. 15th International Biotechnology Symposium and Exhibition 2012.09.16 Daegu, Korea

  26. Takanori Takebe, Keisuke Sekine, Masahiro Enomura, Yuka Suzuki, Hiroyuki Koike, Ran-Ran Zhang, Naoto Koike, Yasuharu Ueno, Yun-Wen Zheng, Hideki Taniguchi. Creation of vascularized human organ from induced pluripotent stem cells.. International Society for Stem Cell Research 10th Annual Meeting 2012.06.13 Yokohama, Japan

  27. Rie Ouchi, Yasuharu Ueno, Hiroyuki Koike, Tomoya Shiina, Yuta Obana, Kyoichi Isono, Haruhiko Koseki, Hideki Taniguchi. Role of the polycomb group protein Ezh2 in the murine hepatic stem/progenitor cells.. International Society for Stem Cell Research 10th Annual Meeting 2012.06.13 Yokohama, Japan

  28. Hiroyuki Koike, Yasuharu Ueno, Takako Naito, Tomoya Shiina, Rie Ouchi, Kyoichi Isono, Haruhiko Koseki, Hideki Taniguchi. Polycomb group protein Ring1B regulates proliferation and differentiation of mouse hepatic stem/progenitor cell by repressing cyclin-dependent kinase inhibitors. International Society for Stem Cell Research 10th Annual Meeting 2012.06.13 Yokohama, Japan

  29. Mitsuo Umetsu, Hiroyuki Koike, Takeshi Nakahishi, Izumi Kumagai. Build-up design of artificial antibody via coiled-coil peptide assembly. The 2009 Material Research Society (MRS) Spring Meeting 2009.04.13 San Francisco, CA, USA

  30. Mitsuo Umetsu, Takeshi Nakanishi, Keisuke Tanaka, Hiroyuki Koike, Toshihisa Mizuno, Toshiki Tanaka, Izumi Kumagai. Build-up design of artificial antibody via coiled-coil peptide assembly. The 46th annual meeting of the Biophysical Society of Japan 2008.12.03 Fukuoka, Japan

  31. 小池 博之. 骨格筋再生を主導する多細胞間相互作用ネットワークの解析. 日本応用酵素協会誌 2023.03.01

  32. 本田 梓, 小池 博之, 早川 清雄, 大石 由美子, 土肥 輝之, 小川 令. ケロイド組織の効率的な細胞単離法. 日本医科大学医学会雑誌 2022.12.01

  33. 大石 由美子, 小池 博之. 加齢による筋損傷後再生不全のメカニズム. 第64回日本老年医学会学術集会 2022.06.03 大阪

  34. 大石 由美子, 小池 博之. シングルセルトランスクリプトームから読み解く筋再生・修復メカニズム. 血管 2022.06.01

  35. 大石 由美子, 小池 博之. フレイル、サルコペニアのバイオマーカー 加齢による筋損傷後再生不全のメカニズム. 日本老年医学会雑誌 2022.05.01

  36. 小池 博之. 骨格筋再生を主導する多細胞間相互作用ネットワークの解析. 日本応用酵素協会誌 2022.03.01

  37. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. 骨髄球系細胞が持つ細胞内時計の錯乱が筋再生に及ぼす影響. 第7回 日本筋学会学術集会 2021.12.11 Web開催

  38. 高田 賢, 小池 博之, 佐藤 日向, 大石 由美子. マクロファージのSREBP1aは腫瘍の増殖を制御する. 第44回 日本分子生物学会年会 2021.12.03 横浜

  39. 大石 由美子, 小池 博之. 筋損傷後の再生・修復を主導する骨格筋マクロファージの多様性. 第44回 日本分子生物学会年会 2021.12.03 横浜

  40. 大石由美子, 小池博之. マクロファージの「脂質」による再生・組織修復の制御. 第94回日本生化学会大会 2021.11.04 Web開催

  41. 小池博之, 大石由美子. 骨格筋幹細胞とマクロファージ亜集団の相互作用による組織修復制御. 第94回日本生化学会大会 2021.11.04 Web開催

  42. 佐藤 荘, 小池 博之, 伊藤 美菜子, 北岡 志保, 住田 智一, 増田 隆博. 生体恒常性および疾患を制御する間質細胞生物学. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  43. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. 骨髄球系細胞が持つ細胞内時計の錯乱が筋再生に及ぼす影響. 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 2021.11.01

  44. 大石 由美子, 小池 博之. 脂質生物学の新しいパラダイム マクロファージの「脂質」による再生・組織修復の制御. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  45. 小池 博之, 大石 由美子. 生体恒常性および疾患を制御する間質細胞生物学 骨格筋幹細胞とマクロファージ亜集団の相互作用による組織修復制御. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  46. 大石由美子, 小池博之. 筋損傷後の再生・修復を主導する骨格筋マクロファージの多様性. 第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会学術集会 2021.03.20

  47. 小池博之. 多能性幹細胞を用いたヒト肝臓と周辺臓器の一括創出. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 Web開催

  48. 小池 博之. 不飽和脂肪酸代謝による 骨格筋再生における免疫細胞の機能制御. 第43回日本分子生物学会年会 2020.12.03 オンライン開催

  49. 本田 梓, 小川 令, 早川 清雄, 小池 博之, 大石 由美子. CD206陽性マクロファージは創傷治癒を制御する. 日本医科大学医学会雑誌 2020.10.01

  50. 小池 博之. 免疫細胞と骨格筋幹細胞のクロストークによる再生制御機構. 日本医科大学医学会雑誌 2020.10.01

  51. 小池博之, 大石由美子. シングルセルトランスクリプトーム解析からみた骨格筋再生における細胞間相互作用の変化. 第20回日本抗加齢医学会総会 2020.09.25

  52. 大石 由美子, 小池 博之. シングルセルトランスクリプトーム解析でみた骨格筋マクロファージの多様性. 第93回日本生化学会大会 2020.09.15 Web開催

  53. 本田梓, 早川清雄, 小池博之, 小川令, 大石由美子. CD206陽性マクロファージは創傷治癒を制御する. 第88回日本医科大学医学会総会 2020.09.05

  54. 小池 博之. 免疫細胞と骨格筋幹細胞のクロストークによる再生制御機構. 第88回日本医科大学医学会総会 2020.09.05

  55. 大石 由美子, 小池 博之. シングルセル解析で読み解く間質細胞の多様性 シングルセルトランスクリプトーム解析でみた骨格筋マクロファージの多様性. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2020.09.01

  56. 小池 博之, 大石 由美子. シングルセルトランスクリプトーム解析からみた骨格筋再生における細胞間相互作用の変化. 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 2020.09.01

  57. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. マクロファージの細胞内時計錯乱による炎症応答の遷延が筋再生に与える影響. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.06 福岡県, 福岡市

  58. 熊上 尚樹, 小池 博之, 渡辺 藍子, 早川 清雄, 眞鍋 一郎, 大石 由美子. 不飽和脂肪酸代謝遺伝子の欠損による単球の遊走能低下は筋再生を遅延させる. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.04 福岡県, 福岡市

  59. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. マクロファージの細胞内時計の錯乱が筋再生に与える影響. 第7回若手による骨格筋細胞研究会 2019.10.23 京都府, 京都市

  60. 小池 博之, 大石 由美子. シングルセルトランスクリプトームによる骨格筋再生における細胞間相互作用解析. 第1回 PHILOSOPHY 2019.10.13 東京都千代田区

  61. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. 時計遺伝子 Bmal1 欠損によるマクロファージ形質変化の阻害は 筋再生を遅延させる. 日本筋学会第5回学術集会 2019.08.02 東京都文京区

  62. 渡辺 藍子, 小池 博之, 大石 由美子. 時計遺伝子Bmal1欠損によるマクロファージ形質変化の阻害は筋再生を遷延させる. 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 2019.08.01

  63. 劉 琳, 小池 博之, 林 晋一郎, 大石 由美子, 淺原 弘嗣. Zincフィンガー転写因子のKLF5は筋萎縮症の病状形成に関与する(Zinc-finger transcription factor KLF5 is involved in the pathogenesis of muscle atrophy). 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 2019.08.01

  64. 小池 博之. ヒトiPS細胞からミニ肝臓を創出する技術開発. 第37回NMS金曜会 2018.06.22 東京

  65. 小池 博之. ヒトiPS細胞からミニ肝臓を創出する技術開発. 第37回NMS金曜会 2018.06.22 東京

  66. 東郷 祥大, 大内 梨江, 篠澤 忠紘, 小池 博之, 吉川 洋史, 武部 貴則. ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築. 第65回応用物理学会春季学術講演会 2018.03.18 東京

  67. 東郷 祥大, 大内 梨江, 篠澤 忠紘, 小池 博之, 吉川 洋史, 武部 貴則. ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築. 第65回応用物理学会春季学術講演会 2018.03.18 東京

  68. 東郷 祥大, 大内 梨江, 篠澤 忠紘, 小池 博之, 吉川 洋史, 武部 貴則. ミニ肝臓を用いた脂肪酸蓄積による臓器構造・機能の時空間ダイナミクスの解明. 第7回CSJ化学フェスタ 2017.10.17

  69. 東郷 祥大, 大内 梨江, 篠澤 忠紘, 小池 博之, 吉川 洋史, 武部 貴則. ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築. 第78回応用物理学会秋季学術講演会 2017.09.05 福岡

  70. 東郷 祥大, 大内 梨江, 篠澤 忠紘, 小池 博之, 吉川 洋史, 武部 貴則. ヒトiPS細胞由来肝臓オルガノイドを用いた炎症・線維化モデルの構築. 第78回応用物理学会秋季学術講演会 2017.09.05 福岡

  71. 宮崎 令奈, 武部 貴則, 高山 真秀, 木村 昌樹, 小池 博之, 江野村 允宏, 川又史佳, 関根 圭輔, 谷口 英樹. ヒトiPSC由来肝細胞スフェア大量創出法の開発. 第13回日本再生医療学会総会 2014.03.06 京都

  72. 大鐘 ひなつ, 武部 貴則, 小池 博之, 川又 史佳, 木村 昌樹, 関根 圭輔, 谷口 英樹. ヒトiPS細胞の肝細胞分化誘導プロトコルの至適化. 第13回日本再生医療学会総会 2014.03.05 京都

  73. 大内 梨江, 上野 康晴, 小池 博之, 小花 裕太, 磯野 恭一, 古関 明彦, 谷口 英樹. 肝幹細胞の増殖・分化におけるポリコーム群タンパク質Ezh2の機能解析. 第12回日本再生医療学会総会 2013.03.21 横浜

  74. 武部 貴則, 関根 圭輔, 江野村允宏, 小池 博之, 張 冉冉, 木村 昌樹, 魚返 拓則, 吉澤 絵美, 川又 史佳, 上野 康晴, 鄭 允文, 小池 直人, 谷口 英樹. 多能性幹細胞を用いた機能的なヒト臓器の創出. 第39回日本臓器保存生物医学会学術集会 2012.11.16 福島

  75. 武部 貴則, 関根 圭輔, 江野村 允宏, 小池 博之, 張 冉冉, 三橋 優登, 上野 康晴, 鄭 允文, 谷口 英樹. 多能性幹細胞を用いた機能的なヒト臓器の創出. 第11回日本再生医療学会総会 2012.06.14 横浜

  76. 小池 博之, 上野 康晴, 小花 祐太, 椎名 智也, 磯野 協一, 古関 明彦, 谷口 英樹. マウス肝幹/前駆細胞におけるポリコーム群タンパク質Ezh2の機能解析. 第10回日本再生医療学会総会 2011.03.01 東京

  77. 上野 康晴, 小池 博之, 椎名 智也, 内藤 貴子, 磯野 協一, 古関 明彦, 谷口 英樹. ポリコーム群タンパク質Ring1Bを介したマウス肝幹細胞の自己複製制御. 第10回日本再生医療学会総会 2011.03.01 東京

  78. 小池 博之, 上野 康晴, 内藤 貴子, 椎名 智也, 小花 祐太, 磯野 協一, 古関 明彦, 谷口 英樹. 肝幹前駆細胞におけるポリコーム群タンパク質Ring1Bの機能解析. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 2010.12.07 神戸

  79. 小花 祐太, 上野 康晴, 小池 博之, 椎名 智也, 磯野 協一, 古関 明彦, 谷口 英樹. 肝幹細胞におけるポリコーム群タンパク質Ezh2の機能解析. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 2010.12.07 神戸

  80. 梅津 光央, 小池 博之, 中西 猛, 田中 圭介, 浅野 竜太郎, 熊谷 泉. 会合ペプチドユニットによる低分子抗体アセンブリ技術とその応用. 第9回日本蛋白質科学会年会 2009.05.20 熊本

  81. 小池 博之, 梅津 光央, 中西 猛, 田中 圭介, 水野 稔久, 田中 俊樹, 熊谷 泉. コイルドコイルを用いたin vitroタンパク質間接合による機能性抗体の作製. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会 2008.12.09 神戸

  82. 梅津 光央, 小池 博之, 田中 圭介, 中西 猛, 熊谷 泉. 会合機能ペプチドデザインによる多機能抗体デザイン. 2008年高分子学会東北支部研究発表会 2008.11.13 仙台

  83. 梅津 光央, 中西 猛, 田中 圭介, 小池 博之, 水野 稔久, 田中 俊樹, 熊谷 泉. 会合機能ペプチドデザインによるビルドアップ抗体アセンブリ. 第3回バイオ関連化学合同シンポジウム2008 2008.09.18 横浜

  84. 梅津 光央, 中西 猛, 田中 圭介, 小池 博之, 渡辺 志緒美, 熊谷 泉. コイルドコイルペプチドを用いた多機能抗体デザイン. 第20回生体機能関連化学若手の会サマースクール 2008.08.06 白石

  85. 小池 博之, 梅津 光央, 中西 猛, 宮田 雄一郎, 熊谷 泉. フェリチンをナノ核とした抗体断片のクラスター化. 第22回生体機能関連化学シンポジウム若手フォーラム 2007.09.28 仙台

  86. 高羽 洋充, 小池 博之, 坪井 秀行, 古山 通久, 畠山 望, 遠藤 明, 久保 百司, Del Carpio Carlos, 西島 和三, 一本松 正道, 宮本 明. タンパク質の相互作用解析へのマルチスケール計算化学の応用. 第7回日本蛋白質科学会年会 2007.05.24 仙台

  87. 小池 博之, 坪井 秀行, 古山 通久, 畠山 望, 遠藤 明, 高羽 洋充, 久保 百司, Del Carpio Carlos, 一本松 正道, 宮本 明. 人工透析膜による血中タンパク質活性化への影響の計算化学的検討. 第99回触媒討論会 2007.03.28 神戸

  88. 小池 博之, 坪井 秀行, 古山 通久, 畠山 望, 遠藤 明, 高羽 洋充, 久保 百司, Del Carpio Carlos, 一本松 正道, 宮本 明. 計算化学手法による人工透析膜の生体適合性の検討. 化学工学会第72年会 2007.03.19 京都

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医学系研究助成,公益財団法人 武田科学振興財団,2020年11月

  • 成人病の病因・病態の解明に関する研究助成,公益財団法人 日本応用酵素協会,2020年06月

  • 丸山記念研究助成金,日本医科大学,2019年09月

  • 2018年度学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2018年09月

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2018年09月

  • 平成25年度横浜市立大学大学院医学研究科優秀論文賞,横浜市立大学,2014年03月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 転写因子KLF5が筋萎縮の発症に重要であることを発見 〜KLF5 の働きを抑える薬が筋萎縮を防ぐ治療法となる可能性〜,2021年08月

    雑誌名: Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
    論文タイトル: Identification of a KLF5-dependent program and drug development for skeletal muscle atrophy
    著者: Lin Liu, Hiroyuki Koike, Takehito Ono, Shinichiro Hayashi, Fujimi Kudo, Atsushi Kaneda, Hiroyuki Kagechika, Ichiro Manabe, Tomoki Nakashima, and Yumiko Oishi

  • World’s First Three-Organoid System Opens Doors for Medical Research and Diagnosis,2019年09月

    Original Title: Modelling human hepato-biliary-pancreatic organogenesis from the foregut–midgut boundary
    Published in: Nature
    Publish date: Sept. 25, 2019

  • 「ヒトiPS 細胞からミニ多臓器(肝臓・胆管・膵臓)の作製に成功」―単一臓器再生、から、多臓器一括創生へのパラダイムシフト!―,2019年09月

    掲載誌:Nature
    論文タイトル:Modelling human hepato-biliary-pancreatic organogenesis from the foregut–midgut boundary
    Hiroyuki Koike, Kentaro Iwasawa, Rie Ouchi, Mari Maezawa, Kirsten Giesbrecht, Norikazu Saiki, Autumn Ferguson, Masaki Kimura, Wendy Thompson, James M. Wells, Aaron M. Zorn & Takanori Takebe

  • 必須アミノ酸バリンの代謝、肝臓発生に重要な役割 -iPS細胞からミニ肝臓を安価に大量創出する技術へ期待ー,2017年03月

    Development (2017) 144, 1018-1024 doi:10.1242/dev.143032

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生化学,2023年 - 現在

  • 生化学実習,2023年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 基礎医学 Small Group Learning (SGL),日本医科大学

  • 生化学・分子生物学(代謝・栄養学),日本医科大学

  • 生化学実習,日本医科大学

  • 研究配属,日本医科大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • もっとくわしく#みんなの肝臓リサーチ,日本科学未来館,「ヒューマン・オルガノイド」プロジェクト,2022年09月10日

  • 丸山記念研究助成金を受賞して,日本医科大学同窓会,日本医科大学同窓会報 第421号,2020年10月25日