基本情報

写真a

金山 剛士(カナヤマ マサシ)

Masashi Kanayama


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  医学研究科  医学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    日本学術振興会 特別研究員
  • 2011年04月
    -
    2011年10月
    北海道大学遺伝子病制御研究所 分子免疫分野 博士研究員
  • 2011年11月
    -
    2017年05月
    デューク大学医学部 ポスドク
  • 2016年04月
    -
    2016年10月
    日本学術振興会 海外特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 免疫学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 造血制御による疾患治療を目指した感染特異的造血機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 金山剛士, 篠原眞理. 分泌型および細胞内型のオステオポンチンによるミエロイド系細胞とリンパ球系細胞とのバランスの制御 臨床免疫・アレルギー科 . 2018.03; 63 (3): 219-224.

  • 金山 剛士, 篠原 眞理. 【リンパ球の分化と機能制御】 分泌型および細胞内型のオステオポンチンによるミエロイド系細胞とリンパ球系細胞のバランス制御 臨床免疫・アレルギー科. 2018.03; 69 (3): 219-224. ( 医中誌 )

  • Kanayama Masashi, Xu Shengjie, Danzaki Keiko, Gibson Jason R., Inoue Makoto, Gregory Simon G., Shinohara Mari L.. Skewing the population balance between lymphoid and myeloid cells by osteopontin isoforms CYTOKINE. 2017.12; 100 161.

  • Kanayama Masashi, Xu Shengjie, Gibson Jason R, Inoue Makoto, Gregory Simon G, Shinohara Mari L. Hematopoiesis and immune environments Balancing population sizes of myeloid and lymphoid cells by osteopontin isoforms(和訳中) 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2017.12; 46 (Proceedings): 1-G. ( 医中誌 )

  • 遠藤 努, 伊藤 甲雄, 森本 純子, 金山 剛士, 太田 大地, 池末 昌弘, 今 重之, 小野寺 智洋, 高橋 大介, 岩崎 倫政, 上出 利光. Syndecan-4 regulates development of autoimmune arthritis by modulating B cell migration and germinal center formation 自己免疫性関節炎におけるシンデカン-4の機能解析 北海道整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 59 (1): 11-17. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Masashi Kanayama. Analysis with an alternative marker for Sca-1 revealed unexpected hematopoietic responses during infection. 第17回 幹細胞シンポジウム 2019.05.25 兵庫県淡路島

  • 金山剛士. オステオポンチンによるミエロイド細胞とリンパ球系細胞のバランスの制御. 福山大学 グリーンサイエンス講演会2018 2018.01.19 福山大学

  • Masashi Kanayama. Balancing population sizes of myeloid and lymphoid cells by osteopontin isoforms. The 46th Annual Meeting of the Japanease Society for Immunology 2017.12.12 Sendai, Japan

  • 金山剛士. 二種類のオステオポンチンアイソフォームによるミエロイド細胞とリンパ球系細胞のバランス制御. 微生物学免疫学教室特別セミナー 2017.08.03 慶應義塾大学

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ベストプレゼンテーション賞,日本免疫学会,2017年12月

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2017年08月

  • ベストプレゼンテーション賞,日本免疫学会,2016年12月

  • 優秀ポスター賞,日本分子生物学会,2016年12月

  • AAI Young Investigator Award,Southeastern Immunology Symposium,2016年07月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 分泌型および細胞内型のオステオポンチンによるミエロイド系細胞とリンパ球系細胞とのバランスの制御,2017年07月

    ライフサイエンス新着論文レビュー

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学実習,2018年