基本情報

写真a

位髙 啓史(イタカ ケイジ)

ITAKA Keiji


職名

教授

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

03-5280-8088

研究室FAX番号

03-5280-8088

メールアドレス

itaka.bif@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/biofunctions/biofunctions-j.html

研究分野・キーワード

DDS、遺伝子治療、再生医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  医学科  1991年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1991年06月
    -
    1991年12月
    東京大学医学部附属病院 整形外科 臨床研修医
  • 1992年01月
    -
    1992年06月
    関東逓信病院 麻酔科 臨床研修医
  • 1992年07月
    -
    1993年12月
    榛原総合病院 整形外科 医師
  • 1994年01月
    -
    1995年06月
    関東中央病院 整形外科 医師
  • 1995年07月
    -
    1996年12月
    三井記念病院 整形外科 医師
  • 1997年01月
    -
    1997年12月
    東京大学医学部附属病院 整形外科 助手
  • 1998年01月
    -
    1998年12月
    東京大学医学部附属病院分院 整形外科 医員(医病)
  • 1999年01月
    -
    1999年06月
    武蔵野赤十字病院 整形外科 医師
  • 2003年04月
    -
    2004年08月
    東京大学大学院 工学系研究科 特任研究員
  • 2004年09月
    -
    2008年11月
    東京大学 大学院医学系研究科 特任講師
  • 2006年06月
    -
    2007年12月
    Harvard Medical School Massachusetts General Hospital Visiting Researcher
  • 2008年12月
    -
    2017年03月
    東京大学 大学院医学系研究科 特任准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本DDS学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本再生医療学会

  • 日本核酸医薬学会

  • 遺伝子・デリバリー研究会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    現在
    遺伝子・デリバリー研究会 役員
  • 2008年
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 評議員
  • 2012年
    -
    2013年
    日本バイオマテリアル学会 理事
  • 2014年
    -
    現在
    日本DDS学会 評議員
  • 2017年
    -
    現在
    The Journal of Gene Medicine Editorial Board
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 理事
  • 2018年07月
    -
    現在
    日本核酸医薬学会 評議員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ドラッグデリバリーシステム

  • 整形外科学

  • ナノバイオサイエンス

  • 生体医工学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 整形外科専門医

  • 再生医療認定医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • mRNA医薬の変形性関節症治療への応用:軟骨組織内軟骨細胞へのアプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • mRNA投与による脊髄損傷治療

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • DDSを応用した脳組織へのmRNA導入と脳神経保護・機能改善治療への展開

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 神経細胞を標的としたmRNA送達システム確立と難治神経疾患・外傷治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • mRNA投与による脊髄損傷治療

    文部科学省/日本学術振興会

  • mRNA医薬の変形性関節症治療への応用:軟骨組織内軟骨細胞へのアプローチ

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脳内に核酸医薬を送達する高分子ミセルの創製と脳神経系難病の標的治療への展開

    文部科学省/日本学術振興会

  • 心筋疾患に対する新たな臨床応用可能な核酸医療薬の開発と評価

    文部科学省/日本学術振興会

  • 大脳白質障害に対する再生医療実現のための基盤研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • メッセンジャーRNA医薬を用いた神経障害性疼痛の新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • RNA送達を用いた生体リプログラミングによる1型糖尿病の根治法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • RNA送達を用いた生体リプログラミングによる1型糖尿病の根治法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • mRNAのPhotochemical Internalization

    文部科学省/日本学術振興会

  • ワクチンに向けた経皮的ナノバブル超音波穿孔法でのキャリアフリーmRNA導入の確立

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Deng J, Fukushima Y, Nozaki K, Nakanishi H, Yada E, Terai Y, Fueki K, Itaka K. Anti-Inflammatory Therapy for Temporomandibular Joint Osteoarthritis Using mRNA Medicine Encoding Interleukin-1 Receptor Antagonist Pharmaceutics. 2022.08; 14 (9): 1785.

  2. Hashimoto Yasumasa, Kuniishi Hiroshi, Sakai Kazuhisa, Fukushima Yuta, Du Xuan, Yamashiro Kunihiko, Hori Kei, Motohashi Norio, Imamura Michihiro, Hoshino Mikio, Yamada Mitsuhiko, Araki Toshiyuki, Sakagami Hiroyuki, Takeda Shin'ichi, Itaka Keiji, Ichinohe Noritaka, Muntoni Francesco, Sekiguchi Masayuki, Aoki Yoshitsugu. Brain Dp140 alters glutamatergic transmission and social behaviour in Duchenne muscular dystrophy mouse model NEUROMUSCULAR DISORDERS. 2021.10; 31

  3. Fukushima Yuta, Uchida Satoshi, Imai Hideaki, Nakatomi Hirofumi, Kataoka Kazunori, Saito Nobuhito, Itaka Keiji. Treatment of ischemic neuronal death by introducing brain-derived neurotrophic factor mRNA using polyplex nanomicelle BIOMATERIALS. 2021.03; 270 120681. ( PubMed, DOI )

  4. Li Jinyu, Sasaki Naoko, Itaka Keiji, Terpstra Margo, Levato Riccardo, Matsusaki Michiya. Regulation of Chondrocyte Differentiation by Changing Intercellular Distances Using Type II Collagen Microfibers ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING. 2020.10; 6 (10): 5711-5719. ( PubMed, DOI )

  5. Uchida S, Yanagihara K, Matsui A, Kataoka K, Itaka K. mRNA as a Tool for Gene Transfection in 3D Cell Culture for Future Regenerative Therapy. Micromachines. 2020.04; 11 (4): ( PubMed, DOI )

  6. Hayashi Kenichiro, Nozaki Kosuke, Tan Zhenquan, Fujita Kazuhisa, Nemoto Reina, Yamashita Kimihiro, Miura Hiroyuki, Itaka Keiji, Ohara Satoshi. Enhanced Antibacterial Property of Facet-Engineered TiO2 Nanosheet in Presence and Absence of Ultraviolet Irradiation MATERIALS. 2020.01; 13 (1): ( PubMed, DOI )

  7. Crowley Samuel T., Fukushima Yuta, Uchida Satoshi, Kataoka Kazunori, Itaka Keiji. Enhancement of Motor Function Recovery after Spinal Cord Injury in Mice by Delivery of Brain-Derived Neurotrophic Factor mRNA MOLECULAR THERAPY-NUCLEIC ACIDS. 2019.09; 17 465-476. ( PubMed, DOI )

  8. Matsumoto Masahito, Itaka Keiji. Pax6の骨およびグルコース代謝の調節における細胞分化を介した二重機能の役割(Dual functional roles of Pax6 in the regulation of bone and glucose metabolism via cell differentiation) 組織培養研究. 2019.06; 38 (2): 59. ( 医中誌 )

  9. Lin CY, Crowley ST, Uchida S, Komaki Y, Kataoka K, Itaka K. Treatment of Intervertebral Disk Disease by the Administration of mRNA Encoding a Cartilage-Anabolic Transcription Factor. Molecular therapy. Nucleic acids. 2019.02; 16 162-171. ( PubMed, DOI )

  10. Akitsugu Matsui, Satoshi Uchida, Akimasa Hayashi, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Prolonged engraftment of transplanted hepatocytes in the liver by transient pro-survival factor supplementation using ex vivo mRNA transfection. J Control Release. 2018.09; 285 1-11. ( PubMed, DOI )

  11. Kayoko Yanagihara, Satoshi Uchida, Shinsuke Ohba, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Treatment of Bone Defects by Transplantation of Genetically Modified Mesenchymal Stem Cell Spheroids. Mol Ther Methods Clin Dev. 2018.06; 9 358-366. ( PubMed, DOI )

  12. Samuel T Crowley, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Combined CatWalk Index: an improved method to measure mouse motor function using the automated gait analysis system. BMC Res Notes. 2018.04; 11 (1): 263. ( PubMed, DOI )

  13. Y Anraku, H Kuwahara, Y Fukusato, A Mizoguchi, T Ishii, K Nitta, Y Matsumoto, K Toh, K Miyata, S Uchida, K Nishina, K Osada, K Itaka, N Nishiyama, H Mizusawa, T Yamasoba, T Yokota, K Kataoka. Glycaemic control boosts glucosylated nanocarrier crossing the BBB into the brain. Nat Commun. 2017.10; 8 (1): 1001. ( PubMed, DOI )

  14. Satoshi Uchida, Naoto Yoshinaga, Kayoko Yanagihara, Eiji Yuba, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Designing immunostimulatory double stranded messenger RNA with maintained translational activity through hybridization with poly A sequences for effective vaccination. Biomaterials. 2017.09; ( PubMed, DOI )

  15. Federico Perche, Satoshi Uchida, Hiroki Akiba, Chin-Yu Lin, Masaru Ikegami, Anjaneyulu Dirisala, Toshihiro Nakashima, Keiji Itaka, Kohei Tsumoto, Kazunori Kataoka. Improved Brain Expression of Anti-Amyloid β scFv by Complexation of mRNA Including a Secretion Sequence with PEG-based Block Catiomer. Curr Alzheimer Res. 2017.03; 14 (3): 295-302. ( PubMed, DOI )

  16. 福島 雄大, 今井 英明, 内田 智士, 中冨 浩文, 片岡 一則, 位高 啓史, 斉藤 延人. mRNAデリバリーによる虚血性神経細胞死治療 Enhancement of neuroprotective effect of astrocytes 脳循環代謝. 2017.11; 29 (1): 221. ( 医中誌 )

  17. 位髙啓史、秋永士朗、井上貴雄. mRNA医薬開発の世界的動向 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, PMDRS. 2019.05; 50 (5): 242-249.

  18. 位髙啓史. mRNA医薬の研究開発動向と将来展望 医薬ジャーナル. 2019.02; 55 (2): 627-632.

  19. 位髙啓史、福島雄大. mRNA医薬を用いた脳神経疾患の治療戦略 バイオマテリアル-生体材料-. 2018.06; 36 (3): 220-223.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 位髙啓史. 脳神経疾患におけるmRNA医薬の応用を目指した技術開発. (株)技術情報協会, 2019.04 認知症の早期診断技術と進行抑制/予防薬・機能性食品の開発

  2. 位髙啓史. 3次元細胞凝集塊の非侵襲的な回収および細胞機能向上を目的とした細胞培養技術開発. (株)情報機構, 2019.04 三次元培養における培養手法と周辺技術動向

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kosuke Nozaki, Kenichiro Hayashi, Zhenquan Tan, Kimihiro Yamashita, Hiroyuki Miura, Satoshi Ohara, and Keiji Itaka. Antibacterial effect of highly oriented TiO2 nanosheet in dark conditions. The 4th International Symposium on Biomedical Engineering (ISBE2019) 2019.11.14

  2. Keiji Itaka. mRNA medicine as a new paradigm of gene therapy for intractable diseases and regenerative medicine. 6th International mRNA Health Conference 2018.11.13 Boston, USA

  3. Keiji Itaka. mRNA-based therapy for intractable diseases and regenerative medicine. 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018.11.08 広島大学、広島

  4. Kenichiro Hayashi, Kosuke Nozaki, Zhenquan Tan, Naohiro Horiuchi, Kimihiro Yamashita, Hiroyuki Miura, Keiji Itaka and Satoshi Ohara4. Antibacterial property of titania nanosheet synthesized by organic ligand-assisted hydrothermal reaction. The 3rd International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development (iLIM-3) 2018.09.25

  5. Keiji Itaka, Shinsuke Ohba, Satoshi Uchida, Ung-il Chung, Kazunori Kataoka. mRNA-based therapy for cartilage degeneration diseases. 5th TERMIS World Congress – 2018 Kyoto, Japan 2018.09.04

  6. Keiji Itaka. mRNA-based therapy for intractable diseases and regenerative medicine. The 6th Japan-China Symposium on Nanomedicine 2018.05.26

  7. Samuel Crowley, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Enhancement of motor function recovery in mice by delivery of mRNA nanomicelles encoding brain derived neurotrophic factor.. 3rd Japan-US Technical Information Exchange Forum on Blast Injury (JUFBI 2018) 2018.05.09

  8. Keiji Itaka. mRNA-based therapy for intractable diseases and regenerative medicine. 5th International mRNA Health Conference 2017.11.12 Berlin, Germany

  9. K. Nozaki, K. Fujita, N. Horiuchi, K. Yamashita, H. Miura, A. Nagai, K. Itaka. Regulation of periodontal ligament-derived cell morphology by type III collagen-coated hydroxyapatite. 2nd International Symposium on Creation of Life Innovation Materials 2017.09.30

  10. Kosuke Nozaki, Takayuki Endo, Naohiro Horiuchi, Kimihiro Yamashita, Kazuaki Hashimoto, Keiji Itaka, Akiko Nagai. Electrical and structural evaluation of sodium ion doped beta-tricalcium phosphate. The Tenth International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-10) 2017.08.02

  11. Samuel T. Crowley, Satoshi Uchida, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Nonviral Delivery of BDNF mRNA Polyplex Improves Recovery After Spinal Cord Injury in Mice. ASGCT 20th Annual Meeting 2017.05.12 Washington, DC, USA

  12. Keiji Itaka. mRNA-based therapeutics for intractable diseases and regenerative medicine. TIDES: Oligonucleotide&Peptide Therapeutics 2017.05.01

  13. 福島雄大、内田智士、今井英明、片岡一則、斉藤延人、位髙啓史. mRNA-based therapy for cerebral ischemia -Enhanced neuroprotective effects of astrocytes by BDNF mRNA. 第2回日米爆傷フォーラム(Japan-US Technical Information Exchange Forum on Blast Injury JUFBI 2017) 2017.04.16

  14. 野崎 浩佑,林 建一郎,譚 振権,山下 仁大1三浦 宏之,大原 智,位髙 啓史. 高次構造制御チタニアナノシートによる暗所下における抗菌活性の向上. 第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019.11.26

  15. 位高啓史. mRNA医薬を用いたファブリー病の治療法開発を進めています. 臨床遺伝学公開シンポジウム2018 2018.12.14 明治薬科大学、東京

  16. 位高啓史. 寝たきりを防ぐ:遺伝子治療・創生医療の応用. 第13回四大学連合文化講演会 2018.11.22 一橋講堂、東京

  17. 野崎 浩佑,林 建一郎,譚 振権,堀内 尚紘,山下 仁大,三浦 宏之,大原 智,位高 啓史. 高次構造制御による抗菌性チタニアナノシートの最適化. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12

  18. 位髙啓史. mRNA医薬を用いた脳神経疾患治療. 第37回日本認知症学会学術集会 2018.10.14 ロイトン札幌, 札幌

  19. 位髙啓史. mRNAが生み出すパラダイムシフト~新たな核酸医薬品開発に向けて~. 第24回創剤フォーラム若手研究会 2018.09.22

  20. 位髙啓史. mRNA医薬の研究開発動向. 日本核酸医薬学会第4回年会 2018.07.09

  21. Samuel Crowley, 内田智士、片岡一則、位髙啓史. Treatment of spinal cord injury by injection of therapeutic mRNA-containing nanomicelles. 第34回日本DDS学会学術集会 2018.06.21

  22. 位髙啓史. mRNA 生体内送達を用いた医薬品開発のパラダイムシフト. 第144回小児血液腫瘍免疫懇話会 2018.05.11

  23. 位髙啓史. 寝たきりを防ぐ:遺伝子治療・再生医療の研究現場から. 学際生命科学東京コンソーシアム第12回市民講演会 2017.10.21 北里大学 コンベンションホール、東京

  24. 位髙啓史. 変形性関節症治療用の遺伝子核酸医薬品の開発. 技術情報協会セミナー 2017.10.12 技術情報協会、東京

  25. 野崎浩佑,遠藤敬幸,堀内尚紘,山下仁大,橋本和明,位高啓史,永井亜希子. ナトリウムイオン固溶β型リン酸三カルシウムの電気特性と構造評価. 第26回無機リン化学討論会 2017.08.25

  26. 松井秋倫、内田智士、片岡一則、位高啓史. 抗アポトーシス因子Bcl-2 mRNA導入による細胞移植効率向上メカニズムの解析. 遺伝子・デリバリー研究会第17回夏期セミナー 2017.07.29 KKRホテル熱海、熱海

  27. 位髙啓史. mRNA-based therapeutics for intractable diseases and regenerative medicine. 第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会 2017.07.21 岡山コンベンションセンター,岡山

  28. 福島雄大, 今井英明, 内田智士, 中冨浩文, 片岡一則, 位髙啓史, 斉藤延人. mRNA-based therapy for ischemic neuronal death: Enhanced neuroprotective effects of astrocytes by BDNF mRNA. 第40回日本神経科学大会 2017.07.20 幕張メッセ,千葉

  29. 内田智士、Federico Perche, 秋葉宏樹、位髙啓史、津本浩平、片岡一則. mRNA搭載ナノミセルを用いた抗アミロイドβ単鎖抗体導入によるアルツハイマー病治療. 日本核酸医薬学会第3回年会 2017.07.13 札幌コンベンションセンター,北海道

  30. 福島雄大, 内田智士,今井英明,中冨浩文, 片岡一則, 斉藤延人, 位高啓史. 脳神経疾患に対するmRNA投与による神経保護治療. 第33回日本DDS学会学術集会 2017.07.06 京都市勧業館みやこめっせ,京都

  31. 松井秋倫、内田智士、片岡一則、位髙啓史. 抗アポトーシス因子Bcl-2mRNA導入による細胞移植効率向上メカニズムの解析. 第35回日本DDS学会学術集会 2017.07.06

  32. 内田智士、Federico Perche, 秋葉宏樹、位髙啓史、津本浩平、片岡一則. 抗アミロイドβ単鎖抗体発現mRNA搭載ナノミセルを用いたアルツハイマー病治療. 第34回日本DDS学会学術集会 2017.07.06 京都市勧業館みやこめっせ,京都

  33. 福島雄大、内田智士、今井英明、中冨浩文、片岡一則、斉藤延人、位髙啓史. mRNA投与による虚血性脳神経疾患に対する神経保護治療. 遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム 2017.05.27 大阪研修センター江坂, 大阪

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best Abstract Award,4rd International mRNA Health Conference,2016年11月

  • 第9回日本DDS学会水島賞,日本DDS学会,2016年07月

  • 優秀演題賞,日本炎症・再生医学会,2016年06月

  • Best poster award,3rd International mRNA Health Conference,2015年11月

  • 科学奨励賞,日本バイオマテリアル学会,2011年11月

  • 奨励賞,遺伝子・デリバリー研究会,2002年05月

  • CRS-Capsugel graduate/posdoc award,28th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials,2001年06月

  • The Nagai Foundation Tokyo CRS Graduate Student/Posdoc Award,28th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials,2001年06月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 脳ジストロフィンの欠損で生じる自閉症スペクトラム様の症状は遺伝子治療で改善 -筋ジストロフィーと自閉症の新たな治療につながる世界初の成果-,2022年06月

  • 「合成メッセンジャーRNAからタンパク質への翻訳を制御する新システムの開発」 ― 治療対象の細胞選択的な治療用タンパク質の産生を実現 ―,2022年03月

    ACS Synthetic Biology

  • アクセリード、東京医科歯科大学との急性期脳梗塞及び蘇生後脳症の mRNA医薬品開発に関する共同研究を開始,2022年02月

  • 2021年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「メッセンジャーRNA 医薬の新しい展開:脳虚血性疾患に対する新たな治療法開発」,2021年01月

    Biomaterials

  • 「メッセンジャーRNA医薬を用いた脊髄損傷の新たな治療法を開発」― 神経機能修復・再生療法への応用に光! ―,2019年07月

    Molecular Therapy - Nucleic Acids

  • 「メッセンジャーRNA(mRNA)医薬を用いた椎間板疾患治療」― 運動器疾患の根治療法、組織再生療法への応用に期待 ―,2019年02月

    Molecular Therapy - Nucleic Acids

  • 「免疫賦活化効果を高めた核酸を用いたワクチンの開発」,2017年10月

    Biomaterials

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • がん治療のワクチン、2030 年までに実現の見通し mRNA で広がる治療や予防の可能性とは,TBSテレビ,まるっと!サタデー,2022年10月27日 - 2022年10月29日

  • mRNAの創薬などへの応用について,読売新聞社,読売新聞,2022年03月25日

  • 『mRNA医薬』の原理、現状と展望など,桜の花出版株式会社,未定,2021年11月25日

  • mRNAの現状と今後の可能性,フジテレビ,日曜報道 THEPRIME,2021年10月24日

  • カタリン・カリコとmRNA(mRNAの可能性),テレビ朝日,大下容子ワイド!スクランブル,2021年10月11日

  • 新型コロナワクチン実現した「mRNA」,日本テレビ,news zero「プライチ」,2021年10月04日

  • ノーベル賞 4日から受賞者発表 注目はワクチン開発貢献の2人,NHK,ニュース,2021年09月29日

  • 「変形性関節症」治療の治験について,読売新聞社,読売新聞,2021年09月02日

  • mRNAワクチンの仕組みについて(監修),NHK,クローズアップ現代,2021年05月19日

  • mRNA技術 新薬革命 コロナワクチン迅速開発 欧州系研究者05年に発表,読売新聞社,読売新聞,2021年04月24日

  • mRNA医薬の現状と可能性,日本ケーブルテレビジョン(JCTV),BS朝日「人生 120 年の最新医学」,2021年04月22日 - 2021年07月01日

  • mRNA医薬について,NHK world ,The Signs,2021年01月28日

  • ポストゲノム時代の最先端研究,NHK,サイエンスZERO,2021年01月21日

  • mRNAワクチンとモデルナ社について,テレビ朝日,「グッド!モーニング」,2020年05月19日

▼全件表示