基本情報

写真a

芦田 浩(アシダ ヒロシ)

ASHIDA Hiroshi


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  生命理工学部  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  生命理工学研究科  修士課程  2004年03月  修了

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 細菌感染制御学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 細菌感染制御学 准教授
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 細菌感染制御学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸管病原細菌感染現象の横断的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ashida H, Sasakawa C, Suzuki T. A unique bacterial tactic to circumvent the cell death crosstalk induced by blockade of caspase-8 EMBO J. 2020.08; e104469. ( DOI )

  • Ashida H, Suzuki T, Sasakawa C. Shigella infection and host cell death: A double-edged sword for the host and pathogen survival Current Opinion in Microbiology. 2020.08;

  • Nobuhiro Nakamoto, Nobuo Sasaki, Ryo Aoki, Kentaro Miyamoto, Wataru Suda, Toshiaki Teratani, Takahiro Suzuki, Yuzo Koda, Po-Sung Chu, Nobuhito Taniki, Akihiro Yamaguchi, Mitsuhiro Kanamori, Nobuhiko Kamada, Masahira Hattori, Hiroshi Ashida, Michiie Sakamoto, Koji Atarashi, Seiko Narushima, Akihiko Yoshimura, Kenya Honda, Toshiro Sato, Takanori Kanai. Gut pathobionts underlie intestinal barrier dysfunction and liver T helper 17 cell immune response in primary sclerosing cholangitis. Nat Microbiol. 2019; 4 (3): 492-503. ( PubMed, DOI )

  • Yamamura K, Ashida H, Okano T, Kinoshita-Daitoku R, Suzuki S, Ohtani K, Hamagaki M, Ikeda T, Suzuki T. Inflammasome Activation Induced by Perfringolysin O of Clostridium perfringens and Its Involvement in the Progression of Gas Gangrene Front Microbiol. 2019.10; 10 2406. ( DOI )

  • Ryota Otsubo, Hitomi Mimuro, Hiroshi Ashida, Jun Hamazaki, Shigeo Murata, Chihiro Sasakawa. Shigella effector IpaH4.5 targets 19S regulatory particle subunit RPN13 in the 26S proteasome to dampen cytotoxic T lymphocyte activation. Cell. Microbiol.. 2019.03; 21 (3): e12974. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「腸管病原菌による宿主細胞死クロストーク抑制機構の解明」―赤痢菌の新たな感染戦略を解明―,2020年07月

    EMBO Journal