基本情報

写真a

油井 史郎(ユイ シロウ)

YUI SHIRO


職名

准教授

生年

1977年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

yui.arm@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学部  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2022年02月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 准教授
  • 2017年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 准教授(再生医療研究センター)
  • 2020年01月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 講師
  • 2017年10月
    -
    2019年12月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 助教
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 メディカルフェロー
  • 2022年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成クラスター 再生医療研究センター 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    現在
    再生医療研究センター 准教授
  • 2020年01月
    -
    2020年09月
    再生医療研究センター 講師
  • 2017年10月
    -
    2019年12月
    再生医療研究センター 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 再生医療研究センター 特任助教
  • 2013年04月
    -
    2017年09月
    University of Copenhagen Biotech Research and Innovation Center 博士研究員
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    消化器病態学分野 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学分野 メディカルフェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 上皮傷害関連リプログラムにおける分子機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 培養大腸上皮細胞への遺伝子導入技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 原腸由来臓器の上皮細胞可塑性と互換性の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • オルガノイドデザインによる臓器創出と移植による全身制御

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sakurako Kobayashi, Nobuhiko Ogasawara, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Sakura Kirino, Yui Hiraguri, Masami Inoue, Sayaka Nagata, Yoshimi Okamoto-Uchida, Satoshi Kofuji, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Tomohiro Mizutani, Shinichi Yamauchi, Yusuke Kinugasa, Yoshihito Kano, Yasuhiro Nemoto, Mamoru Watanabe, Kiichiro Tsuchiya, Hiroshi Nishina, Ryuichi Okamoto, Shiro Yui. Collagen type I-mediated mechanotransduction controls epithelial cell fate conversion during intestinal inflammation. Inflamm Regen. 2022.11; 42 (1): 49. ( PubMed, DOI )

  2. Pawel J Schweiger, Marie Le Bouteiller, Shiro Yui, Malte Thodberg, Ditte Clement, Kim B Jensen. Extracellular matrix interactions provide tumor cells with an escape mechanism for commitment to differentiation. Gastroenterology. 2022.08; ( PubMed, DOI )

  3. Satoshi Watanabe, Sakurako Kobayashi, Nobuhiko Ogasawara, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Kim B Jensen, Shiro Yui. Transplantation of intestinal organoids into a mouse model of colitis. Nat Protoc. 2022.02; 17 (3): 649-671. ( PubMed, DOI )

  4. Jordi Guiu, Edouard Hannezo, Shiro Yui, Samuel Demharter, Svetlana Ulyanchenko, Martti Maimets, Anne Jørgensen, Signe Perlman, Lene Lundvall, Linn Salto Mamsen, Agnete Larsen, Rasmus H Olesen, Claus Yding Andersen, Lea Langhoff Thuesen, Kristine Juul Hare, Tune H Pers, Konstantin Khodosevich, Benjamin D Simons, Kim B Jensen. Tracing the origin of adult intestinal stem cells. Nature. 2019.06; 570 (7759): 107-111. ( PubMed, DOI )

  5. Shiro Yui, Luca Azzolin, Martti Maimets, Marianne Terndrup Pedersen, Robert P Fordham, Stine L Hansen, Hjalte L Larsen, Jordi Guiu, Mariana R P Alves, Carsten F Rundsten, Jens V Johansen, Yuan Li, Chris D Madsen, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ole H Nielsen, Pawel J Schweiger, Stefano Piccolo, Kim B Jensen. YAP/TAZ-Dependent Reprogramming of Colonic Epithelium Links ECM Remodeling to Tissue Regeneration. Cell Stem Cell. 2018.01; 22 (1): 35-49.e7. ( PubMed, DOI )

  6. Robert P Fordham, Shiro Yui, Nicholas R F Hannan, Christoffer Soendergaard, Alison Madgwick, Pawel J Schweiger, Ole H Nielsen, Ludovic Vallier, Roger A Pedersen, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Kim B Jensen. Transplantation of expanded fetal intestinal progenitors contributes to colon regeneration after injury. Cell Stem Cell. 2013.12; 13 (6): 734-744. ( PubMed, DOI )

  7. Shiro Yui, Tetsuya Nakamura, Toshiro Sato, Yasuhiro Nemoto, Tomohiro Mizutani, Xiu Zheng, Shizuko Ichinose, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Hans Clevers, Mamoru Watanabe. Functional engraftment of colon epithelium expanded in vitro from a single adult Lgr5⁺ stem cell. Nat. Med.. 2012.03; 18 (4): 618-623. ( PubMed, DOI )

  8. Go Ito, Shiro Yui, Ryuichi Okamoto. A Cellular "Hub" Function to Resolve Colitis. Cell Mol Gastroenterol Hepatol. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  9. Reiko Kuno, Go Ito, Ami Kawamoto, Yui Hiraguri, Hady Yuki Sugihara, Sayaka Takeoka, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Tsuchiya, Sho Anzai, Tomohiro Mizutani, Hiromichi Shimizu, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Notch and TNF-α signaling promote cytoplasmic accumulation of OLFM4 in intestinal epithelium cells and exhibit a cell protective role in the inflamed mucosa of IBD patients. Biochem Biophys Rep. 2021.03; 25 100906. ( PubMed, DOI )

  10. Tsuchiya M, Ito G, Hama M, Nagata S, Kawamoto A, Suzuki K, Shimizu H, Anzai S, Takahashi J, Kuno R, Takeoka S, Hiraguri Y, Sugihara HY, Mizutani T, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Watanabe M, Okamoto R. Functional analysis of isoflavones using patient-derived human colonic organoids. Biochemical and biophysical research communications. 2021.01; 542 40-47. ( PubMed, DOI )

  11. Sho Anzai, Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Reiko Kuno, Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. TGF-β promotes fetal gene expression and cell migration velocity in a wound repair model of untransformed intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.04; 524 (3): 533-541. ( PubMed, DOI )

  12. Ryuichi Okamoto, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. Organoid-based regenerative medicine for inflammatory bowel disease. Regen Ther. 2020.03; 13 1-6. ( PubMed, DOI )

  13. Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kohei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Ohshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is up-regulated by synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. J Crohns Colitis. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  14. Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Konomi Kuwabara, Junichi Takahashi, Minami Hama, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Kento Takenaka, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. J. Gastroenterol.. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  15. Nobukatsu Horita, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Masayoshi Fukuda, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Yasuhiro Nemoto, Shiro Yui, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fluorescent labelling of intestinal epithelial cells reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt. Biochem Biophys Res Commun. 2014.10; 454 (4): 493-499. ( PubMed, DOI )

  16. Tatsuro Murano, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Toru Nakata, Shuji Hibiya, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Hes1 promotes the IL-22-mediated antimicrobial response by enhancing STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells. Biochem Biophys Res Commun. 2014.01; 443 (3): 840-846. ( PubMed, DOI )

  17. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin-2 and bestrophin-4 in human intestinal epithelial cells. PLoS ONE. 2013.11; 8 (11): e79693. ( PubMed, DOI )

  18. Tomohiro Mizutani, Tetsuya Nakamura, Ryo Morikawa, Masayoshi Fukuda, Wakana Mochizuki, Yuhki Yamauchi, Kengo Nozaki, Shiro Yui, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe. Real-time analysis of P-glycoprotein-mediated drug transport across primary intestinal epithelium three-dimensionally cultured in vitro. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2012.03; 419 (2): 238-243. ( PubMed, DOI )

  19. Junko Akiyama, Ryuichi Okamoto, Michiko Iwasaki, Xiu Zheng, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Delta-like 1 expression promotes goblet cell differentiation in Notch-inactivated human colonic epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2010.03; 393 (4): 662-667. ( PubMed, DOI )

  20. 小笠原暢彦、油井史郎、渡辺守. 腸上皮の老化に関わるストレス応答の2方向性 生体の科学. 2021.04; ( DOI )

  21. 水谷知裕、清水寛路、高橋純一、土屋麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、伊藤 剛、油井史郎、渡辺 守、岡本隆一. 特集:IBD話題の治療法の現況を知る! 「IBDにおける腸管上皮再生医療」 IBD Research. 2020.09; 14 (3):

  22. 小林桜子、油井史郎. 細胞包埋材料が規定する腸上皮オルガノイドの形質 The Trait of intestinal organoids defined by the type of embadding materials Medical Science Digest. 2019.09; 45 (10): 588-591.

  23. 油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 【特集:急増する炎症性腸疾患に挑む】培養腸上皮細胞を用いた粘膜再生療法と再生の分子基礎 実験医学. 2018.11; 36 (18): 3092-3096.

  24. 油井史郎、渡辺 守、中村哲也. 炎症性腸疾患に対する上皮細胞移植治療戦略 臨床免疫・アレルギー科. 2018.06; 69 (6): 626-630.

  25. 油井史郎. 腸管上皮再生に際しECMのリモデリングに誘導されたYAP/TAZが細胞リプログラミングを促進する 消化器病サイエンス. 2018.06; 2 (2): 46-49.

  26. 油井史郎、中村哲也、渡辺 守、Stefano Piccolo、Kim Jensen. コラーゲン線維はYAP/TAZ活性を誘導し成体腸管上皮細胞の胎仔性獲得を促進する 実験医学. 2018.04; 36 (8): 1372-1374.

  27. 油井史郎、中村哲也、渡辺 守. 細胞外基質のリモデリングによりひき起こされるYAP/TAZに依存性の大腸上皮細胞のリプログラミングは大腸上皮組織の修復に不可欠である ライフサイエンス 新着論文レビュー. 2018.01; ( DOI )

  28. 油井史郎、中村哲也、渡辺 守. 移植の可能な胎生期の未熟な腸管上皮前駆細胞の体外における培養技術の確立 ライフサイエンス 新着論文レビュー. 2013.11; ( DOI )

  29. 油井 史郎, 中村 哲也, 渡辺 守. What's New in SURGERY FRONTIER(第76回) 消化器の幹細胞 下部消化管上皮幹細胞 最新の知見 Surgery Frontier. 2013.03; 20 (1): 66-68. ( 医中誌 )

  30. 伊藤 剛、岡本隆一、清水寛路、村野竜朗、水谷知裕、油井史郎、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 腫瘍をめぐるQ&A(Question45) Lgr5とは? Surgery Frontier. 2012.06; 19 (2): 224-227. ( 医中誌 )

  31. 中村 哲也, 油井 史郎, 渡辺 守. 【新しい技術を用いた消化器研究の最前線】 上皮細胞移植は消化管を再生できるか 分子消化器病. 2012.06; 9 (2): 113-118. ( 医中誌 )

  32. 中村 哲也, 油井 史郎, 水谷 知裕, 渡辺 守. 【消化器幹細胞研究の可能性】 腸上皮の幹細胞 G.I.Research. 2012.02; 20 (1): 16-20. ( 医中誌 )

  33. 岡本 隆一, 清水 寛路, 村野 竜朗, 伊藤 剛, 堀田 伸勝, 鄭 秀, 加納 嘉人, 野崎 賢吾, 福田 将義, 水谷 知裕, 油井 史郎, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【免疫統御からみた新しいIBD治療】 腸管細胞の分化・再生の制御機構からみたIBD治療へのアプローチ IBD Research. 2011.12; 5 (4): 226-231. ( 医中誌 )

  34. 水谷 知裕, 中村 哲也, 油井 史郎, 渡辺 守. 【消化管幹細胞】 腸管上皮幹細胞研究の新展開 細胞. 2011.07; 43 (8): 286-289. ( 医中誌 )

  35. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. IBDの最新の話題 基礎編(第14回) 炎症粘膜上皮の再生制御機構 IBD Research. 2010.06; 4 (2): 121-126. ( 医中誌 )

  36. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 クローン病・潰瘍性大腸炎の難治性潰瘍も幹細胞を用いた再生医療で治せるか 分子消化器病. 2009.12; 6 (4): 353-358. ( 医中誌 )

  37. 油井 史郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【消化管癌Update 研究・診断・治療・予防の進歩】 消化管癌発生メカニズム 腸管上皮幹細胞と大腸癌幹細胞 研究最前線 医学のあゆみ. 2009.09; 230 (10): 855-860. ( 医中誌 )

  38. 岡本隆一、秋山純子、小野塚泉、油井史郎、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 炎症性腸疾患における上皮分化 増殖機構の解析と粘膜再生治療への応用 大腸疾患NOW 2009. 2009.01; 153-157.

  39. 酒井 義法, 伊藤 祐子, 油井 史郎, 松本 浩之, 市田 崇, 幾世橋 佳, 望月 奈穂子, 玄 世峰, 草野 史彦, 田沢 潤一, 滝口 典聡, 平沼 進, 堀越 建一, 常盤 英文. 電子クリニカルパスを利用したFOLFOX療法の展開 茨城県農村医学会雑誌. 2007.10; 20 14-18. ( 医中誌 )

  40. 油井 史郎, 永山 和宜, 伊藤 祐子, 市田 崇, 松本 浩之, 幾世橋 佳, 望月 奈穂子, 玄 世鋒, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一, エーカポット・パンナチェート , 渡辺 守. 副腎皮質ステロイドが奏効したCronkhite-Canada症候群の1例 Progress of Digestive Endoscopy. 2007.06; 70 (2): 116-117,10. ( 医中誌 )

  41. 久保田 大輔, 金井 隆典, 油井 史郎, 松本 智子, 河村 貴広, 井津井 康浩, 岡田 英理子, 陳 正新, 大岡 真也, 長堀 正和, 土屋 輝一郎, 荒木 昭博, 坂本 直哉, 宮田 達也, 渡辺 守. 高用量ステロイド投与を行わず、シクロスポリンにて緩解導入した潰瘍性大腸炎の1例 日本消化器病学会雑誌. 2007.01; 104 (1): 42-46. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Watanabe, Satoshi ; Ogasawara, Nobuhiko ; Kobayashi, Sakurako ; Ito, Go ; Kano, Yoshito ; Mizutani, Tomohiro ; Shimizu, Hiromichi ; Watanabe, Mamoru ; Okamoto, Ryuichi ; Yui, Shiro. APPLICATION OF DSS-GRAFTING ASSAY TO EVALUATE THE POTENTIAL OF CECUM ORGANOIDS AS A USEFUL CELLULAR SOURCE FOR THE TREATMENT OF COLITIS. Digestive Disease Week, 2022 2022.05.22 San Diego

  2. Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Kousuke Tanimoto, Ryu Nishimura, Sayaka Nagata, Masami Inoue, Kouhei Suzuki, Sei Kakinuma, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Takanori Takebe, Shiro Yui. Conceptual basis of lineage shift between intestinal epithelium and hepatocytes. Keystone Symposia, Tissue Organoids as Models of Host Physiology and Pathophysiology of Disease 2020.01.22 Vancouver(Canada)

  3. Shiro Yui. Regenerative medicine in treatment of IBD. APDW 2019 2019.12.12 Kolkata (India)

  4. Shiro Yui, Mamoru Watanabe. Stem Cells in Gut, Who are They and How They Work, What Can We Count on Them. AOCC2019 2019.06.16 Taipei(Taiwan)

  5. Kawai M, Hama M, Nagata S, Kawamoto A, Suzuki K, Shimizu H, Anzai S, Takahashi J, Kuno R, Takeoka S, Hiraguri Y, Yui S, Okamoto R, Watanabe M. Functional analysis of isoflavones using patient-derived intestinal organoids. AOCC2019 2019.06.14 Taipei(Taiwan)

  6. Ryuichi Okamoto, Mao Kawai, Minami Hama, Sayaka Nagata, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Reiko Kuno, Sayaka Takeoka, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. 【The 6th JSGE International Topic Conference Lifestyle-related Diseases in Gastroenterology】Gastrointestinal tract(role of gut microbiome and diet). 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.10 ホテル日航金沢(石川県金沢市)

  7. Kawamoto A, Nagata S, Anzai S, Takahashi J, Kawai M, Hama M, Nogawa D, Yamamoto K, Kuno R, Suzuki K, Shimizu H, Hiraguri Y, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients leads to up-regulation of UBD, a ubiquitin-like protein. ECCO2019 2019.03.08 Copenhagen(Denmark)

  8. Suzuki K, Shimizu H, Kawai M, Takahashi J, Anzai S, Kawamoto A, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M . UC-related and segment-specific properties of patientderived colonic organoids. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  9. Ishibashi F, Kuwabara K, Kawamoto A, Anzai S, Takahashi J, Nagata S, Shimizu H, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Ectopic expression of reg3a in the mice distal Colon is mediated by interactions between notch and Il-22 signaling pathways, and promotes tissue repair By the augmentation of EGFR signaling. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  10. Suzuki K, Takahashi J, Hiraguri Y, Yui S, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M. . Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal diseasestatus related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.07 Kyoto(JAPAN)

  11. Suzuki K, Murano T, Hiraguri Y, Takahashi J, Shimizu H,Anzai S, Kuwabara K, Kawamoto A, Ishibashi F, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Watanabe M, Okamoto R... Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal disease-status related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.06 Kyoto(JAPAN)

  12. Suzuki K, Kuwabara K, Takahashi J, Anzai S, Kuno R, Kawamoto A, Ishibashi F, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M.. Single-cell level analysis of organoids derived from CD patients reveals disease-status related modifications of small intestinal stem cells. DDW2018 2018.06.04 Washington D.C (USA)

  13. Shiro Yui,Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fetalization of colonic epithelium medicated by YAP/TAZ links ECM remodeling to tissue regeneration. 16th Stem Cell Research Symposium 2018.06.02 Hyakunenn-Koudou, Kyushu University, Fukuoka(Japan)

  14. Shiro Yui, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fetalization of colonic epithelium medicated by YAP/TAZ links ECM remodeling to tissue regeneration. GI Research Academy 2018 2018.05.25 Tokyo (Japan)

  15. Yui S (招待講演). Dissecting the molecular and cellular mechanisms responsible for tissue repair in inflammatory bowel disease.. First international conference on tissue repair, regeneration, and fibrosis. 2016.09.23 Rhodes, Greece

  16. Yui S, Guiu J, Schweigher P, Hanson G, Jensen K. Regional identity of cellular materials dictates the clinical potential in regenerative medicine for inflammatory bowel disease. . Stem Cell Niche conference, Development and Disease 2016.05.26 Favrholm, Denmark

  17. Yui Shiro Y, Jordi Guiu, Pawel Schweiger, Carsten Friis Rundsen, Kim Jensen. The Cellular Plasticity of Adult and Fetal Intestinal Epithelium and its functional Evaluation by Grafting Assay.. DDW2015 2015.05.16 Washington DC

  18. Shiro Yui, Jordi Guiu, Pawel Schweiger, Carsten Friis Rundsen, Kim Jensen. The Cellular Plasticity of Adult and Fetal Intestinal Epithelium and its functional Evaluation by Grafting Assay. DDW 2015 2015.05.16 Washington, D.C.

  19. 油井史郎、中村哲也、渡辺 守. マウスおよびヒトの正常な腸管上皮初代培養法の確立.. 第3回Japan Gut Forum 2012.11.24 東京

  20. Shiro Yui, Tetsuya Nakamura, Yasuhiro Nemoto, Tomohiro Mizutani, Masayoshi Fukuda, Kengo Nozaki, Yuuishi Yamauchi, Wakana Mochizuki, Xiu Zheng, Takashi Nagaichi, Ryuichi Okamoto, Kiishiro Ysuchiya, Mamoru Watanabe. 【Colon Stem Cell】Regeneration of damaged colon epithelium by transplanted colon Lgr5+ stem cells maintained and expanded in vitro. 第10回幹細胞シンポジウム 2012.06.01 淡路夢舞台国際会議場(兵庫県)

  21. Yui S. Regeneration of damaged colon epithelium by transplanted colon atem cells maintained and expanded in vitro.. The 5th Japan & US Collaboration Conference in Gastroenterology 2011.11.09 Tokyo

  22. Yui S, Nemoto Y, Mizutani T, Zheng X, Nagaishi T, Tsuchiya K, Watanabe M, Nakamura T, Okamoto R, Ichinose S, Sato T, Clevers H. Regeneration of damaged colonic tissue by transplanted colonic epithelial stem cells maintained and expanded in vitro.. GI Research Academy 2011 2011.06.17 Kyoto

  23. Yui S, Nakamura T, Nemoto Y, Mizutani T, Zheng X, Ichinose S, Nagaishi T, Okamoto R, Tsuchiya K, Sato T, Clevers H, Watanabe M. Regeneration of Damaged Colonic Tissue by Transplantation of Colonic Epithelial Stem Cells Maintained and Expanded In Vitro.. DDW2011 2011.05.07 McCormick Place(Chicago,USA)

  24. Yui S, Nakamura T, Nemoto Y, Mizutani T, Zheng X, Ichinose S, Nagaishi T, Okamoto R, Tsuchiya K, Watanabe M. A well-defined culture system for colonic epithelial cells thet allows efficient enrichment of LGR5+ stem cells. The 1st JSGE International Topic Conference 2010.09.25 Kamakura Park Hotel(Kanagawa Japan)

  25. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  26. 川西真明、河﨑 翔、田中将平、伊藤 剛、北畑富貴子、水谷知裕、新田沙由梨、福田将義、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、朝比奈靖浩、岡本隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会 関東支部第362回例会 2020.12.05

  27. 「渡辺諭、」「高橋純一、」「小林桜子、」「土屋輝一郎、」「岡本隆一、」「Gunnar Hansson、」「Kim Jensen、」「渡辺守、」「油井史郎」. 1. 腸炎細胞治療におけるオルガノイド特性の最適化. 第106回日本消化器病学会総会 2020.08.01

  28. 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  29. 久壽米木駿、勝田景統、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、石田尚子、伊藤 崇 . 肝膿症との鑑別を要したG-CSF生産を伴う肝内胆管癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第358回例会 2020.02.22 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  30. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  31. 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  32. 川井麻央、河本亜美、永田紗矢香、安斎 翔、高橋純一、久野玲子、平栗優衣、鈴木康平、清水寛路、油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 患者由来腸上皮オルガノイドを用いたイソフラボン類による腸上皮機能調節機構の解析. 第56回日本消化器免疫学会総会 2019.08.02 メルパルク京都(京都府京都市)

  33. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京)

  34. 油井史郎. 消化管疾患の主役『上皮細胞』の医学研究. Next Generation’s GI meeting 2019.07.26 ザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区)

  35. 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13

  36. 油井史郎、中村哲也、渡辺 守. 【パネルディスカッション1:消化器領域における幹細胞研究とその応用】腸管炎症による間質線維化が誘導する上皮幹細胞の胎児型形質転換. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.09 ANAクラウンプラザホテル金沢(石川県金沢市)

  37. 油井史郎、岡本隆一、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. YAP/TAZ依存症の胎児化誘導を介した間質リモデリングの上皮再生促進機構. 第4回 G-PLUS 2018.12.15 ホテルイースト21東京(東京都江東区)

  38. 油井史郎. 【基調講演】日本の消化器内科医が主導する世界のオルガノイド研究 ~ IBD の病態解明から再生医療へ~. 第24回 東京西部 消化器先端医療勉強会 2018.06.28 小田急 ホテルセンチュリーサザンタワー(東京都新宿区)

  39. 油井史郎. TMDU細胞が拓く創生医学の臨床展開. 「創成医学コンソーシアム」キックオフシンポジウム 2018.05.14 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  40. 鈴木康平, 村野竜朗, 平栗優衣, 高橋純一, 河本亜美, 石橋史明 , 安斎 翔, 久野玲子, 桒原小の実, 川井麻央, 永田紗矢香, 油井史郎, 土屋輝一郎, 中村哲也, 大塚和朗, 渡辺 守, 岡本隆一. クローン病由来の小腸上皮オルガノイド構築による幹細胞形質の解析. 第17回再生医療学会総会 2018.03.22 パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  41. 水谷知裕、中村哲也、福田将義、望月和歌菜、山内祐樹、野崎賢吾、油井史郎、根本泰宏、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. 正常小腸上皮培養細胞を用いたP-gp依存性薬剤排出機構の解析. 第20回浜名湖シンポジウム 2012.12.22 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

  42. 油井史郎. 【ワークショップ2:消化管stem cellリサーチの進歩】培養上皮幹細胞移植による障害大腸上皮の修復と組織再生. 第8回日本消化管学会 2012.02.11 仙台国際センター(宮城県仙台市)

  43. 油井史郎、中村哲也、根本泰宏、水谷知裕、鄭 秀、一ノ瀬志津子、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. 大腸上皮幹細胞新規培養法と培養幹細胞移植による大腸組織修復. 第18回浜名湖シンポジウム 2010.12.25 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

  44. 油井史郎、中村哲也、渡辺 守. 正常大腸上皮幹細胞の培養法とそのin vitroにおける挙動の可視化. JDDW2010 2010.10.14 パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  45. 油井史郎. 世界初、大腸上皮細胞の体外培養を用いて移植治療を試みる. 第16回 多摩消化器先端医療勉強会 2010.06.14 東京

  46. 油井史郎. タンパク漏出性胃腸症を呈し、上部消化管内視鏡検査でびまん性の胃粘膜過形成を認めた1例. 第6回 御茶ノ水消化器セミナー 2006.08.26 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):「大腸Label-retaining杯細胞の同定・機能解析と炎症粘膜再生への応用」 研究代表者:岡本隆一 分担研究者:油井史郎,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」 研究代表者:渡辺 守 分担研究者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎,2020年04月

  • 2019年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究 「上皮傷害関連リプログラムにおける分子機序の解明」研究代表者:油井史郎 ,2019年04月

  • 2019年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム「成体由来・高可塑性腸上皮オルガノイドのリプログラミング法開発」研究代表者:油井史郎 ,2019年04月

  • 2019年度 文部科学省科学科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析 研究代表者:渡辺 守 研究分担者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎,2019年04月

  • 平成30年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム「成体由来・高可塑性腸上皮オルガノイドのリプログラミング法開発」研究代表者:油井史郎,2018年05月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究 「上皮傷害関連リプログラムにおける分子機序の解明」研究代表者:油井史郎,2018年04月

  • 平成30年度 土田直樹研究助成金「上皮傷害関連リプログラムにおける分子機序の解明」研究代表者:油井史郎,2018年03月

  • 平成24年度 東京医科歯科大学医学研究奨励賞「クローン病・潰瘍性大腸炎患者内視鏡検体を用いた初代培養系の確立とHath1発現解析」受賞者:油井史郎,2012年11月

  • 平成24年度 難病医学研究財団-第37回医学奨励助成「クローン病・潰瘍性大腸炎患者内視鏡検体を用いた 初代培養系の確立とHath1発現解析」受賞者:油井史郎,2012年08月

  • 平成24年度日本消化管学会賞「Functional engraftment of colon epithelium expanded in vitro from a single adult Lgr5+ stem cell 」受賞者:油井史郎,2012年07月

  • 平成24年度三四会奨励賞「大腸上皮幹細胞の新規体外培養技術の開発と培養大腸上皮幹細胞を用いた大腸上皮再生」受賞者:油井史郎,2012年06月

  • 2012年度Japan Gut Club研究奨励賞 「マウス及びヒトの正常な腸管上皮初代培養法の確立」受賞者:油井史郎,2012年05月

  • 平成23年度サイトプロテクション研究会奨励賞 「培養上皮幹細胞を用いた傷害上皮の修復」受賞者:油井史郎,2011年03月

  • 国際科学振興財団フォーラム第18回浜名湖シンポジウム研究助成 「大腸上皮幹細胞新規培養法と培養幹細胞移植による大腸組織修復」受賞者:油井史郎,2010年12月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • From grave to cradle: Collagen-induced gut cell reprogramming,2023年01月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 Ⅰ型コラーゲンを介した腸上皮の炎症・再生機構の解明 」 ― 細胞外基質が細胞運命の転換を司る ―,2022年12月

    Inflammation and Regeneration

  • Infusion of 3D cellular structures might repair damaged intestine,2022年02月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「マウス腸炎モデルへの腸オルガノイド移植法」―大腸難病に対する世界初のオルガノイド治療開発に向けて―,2022年02月

    Nature Protocols

  • 「創生医学コンソーシアム」キックオフシンポジウム取材のご案内,2018年05月

    -

  • 「 細胞の胎児返りが腸管上皮の再生を担保する 」 コラーゲン繊維の未知の能力 ―,2017年12月

    Cell Stem Cell

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大腸に小腸の機能 幹細胞 培養し移植 慶大 動物実験に成功,読売新聞社,読売新聞,2021年03月02日

  • 日本最年少の医学部教授が実現に導くIPS細胞由来臓器移植実用化に向かう腸管オルガノイドによる炎症性腸疾患の移植治療,日経BP社,日経メディカル、日経メディカルオンライン,2018年07月03日