基本情報

写真a

田中 ひかり(タナカ ヒカリ)

Tanaka Hikari


職名

講師

生年

1993年

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経病理学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経病理学 大学院生
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 神経病理学分野 日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2021年06月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 神経病理学分野 助教
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態制御科学研究部門 神経病理学分野 講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アルツハイマー病におけるRNA顆粒制御に関わる新規分子の解明

    厚生労働省 : 2020年08月 - 2021年03月

  • アルツハイマー病におけるstress granule制御に関わる新規分子の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • シナプス関連遺伝子発現のカロリー依存的マスター制御分子PQBP1の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tanaka H, Okazawa H. PQBP1: The Key to Intellectual Disability, Neurodegenerative Diseases, and Innate Immunity. Int J Mol Sci. 2022.06; 23 (11): 6227. ( PubMed, DOI )

  2. Shiwaku H, Katayama S, Kondo K, Nakano Y, Tanaka H, Yoshioka Y, Fujita K, Tamaki H, Takebayashi H, Terasaki O, Nagase Y, Nagase T, Kubota T, Ishikawa K, Okazawa H, Takahashi H. Autoantibodies against NCAM1 from patients with schizophrenia cause schizophrenia-related behavior and changes in synapses in mice. Cell Rep Med. 2022.04; 3 (4): 100597. ( PubMed, DOI )

  3. Jin M, Shiwaku H, Tanaka H, Obita T, Ohuchi S, Yoshioka Y, Jin X, Kondo K, Fujita K, Homma H, Nakajima K, Mizuguchi M, Okazawa H. Tau activates microglia via the PQBP1-cGAS-STING pathway to promote brain inflammation. Nat Commun. 2021.11; 12 (1): 6565. ( PubMed, DOI )

  4. Okazawa H, Tanaka H. Molecular Dissection and Therapeutic Application of SCA1 Pathologies Revealed by Comprehensive Approaches. Cerebellum as a CNS Hub. 2021.11; 479-486.

  5. Tanaka H, Kondo K, Fujita K, Homma H, Tagawa K, Jin X, Jin M, Yoshioka Y, Takayama S, Masuda H, Tokuyama R, Nakazaki Y, Saito T, Saido T, Murayama S, Ikura T, Ito N, Yamamori Y, Tomii K, Bianchi ME, Okazawa H. HMGB1 signaling phosphorylates Ku70 and impairs DNA damage repair in Alzheimer's disease pathology. Commun Biol. 2021.10; 4 (1): 1175. ( PubMed, DOI )

  6. Jin M, Jin X, Homma H, Fujita K, Tanaka H, Murayama S, Akatsu H, Tagawa K, Okazawa H. Prediction and verification of the AD-FTLD common pathomechanism based on dynamic molecular network analysis. Communications biology. 2021.08; 4 (1): 961. ( PubMed, DOI )

  7. Kondo K, Ikura T, Tanaka H, Fujita K, Takayama S, Yoshioka Y, Tagawa K, Homma H, Liu S, Kawasaki R, Huang Y, Ito N, Tate SI, Okazawa H. Hepta-Histidine Inhibits Tau Aggregation. ACS chemical neuroscience. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  8. Homma H, Tanaka H, Jin M, Jin X, Huang Y, Yoshioka Y, Bertens CJ, Tsumaki K, Kondo K, Shiwaku H, Tagawa K, Akatsu H, Atsuta N, Katsuno M, Furukawa K, Ishiki A, Waragai M, Ohtomo G, Iwata A, Yokota T, Inoue H, Arai H, Sobue G, Sone M, Fujita K, Okazawa H. DNA damage in embryonic neural stem cell determines FTLDs' fate via early-stage neuronal necrosis. Life science alliance. 2021.07; 4 (7): ( PubMed, DOI )

  9. Tanaka Hikari, Kondo Kanoh, Chen Xigui, Homma Hidenori, Tagawa Kazuhiko, Saido Takaomi, Muramatsu Shin-ichi, Fujita Kyota, Okazawa Hitoshi. 超早期アルツハイマー病においてSRRM2リン酸化はシナプス病理を誘発する(Phosphorylation of SRRM2 leads to synaptic pathology at ultra-early phase of Alzheimer's disease) 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S345. ( 医中誌 )

  10. Tanaka Hikari, Homma Hidenori, Fujita Kyota, Kondo Kanoh, Yamada Shingo, Jin Xiaocen, Waragai Masaaki, Ohtomo Gaku, Iwata Atsushi, Tagawa Kazuhiko, Atsuta Naoki, Katsuno Masahisa, Tomita Naoki, Furukawa Katsutoshi, Saito Yuko, Saito Takashi, Ichise Ayaka, Shibata Shinsuke, Arai Hiroyuki, Saido Takaomi, Sudol Marius, Muramatsu Shin-ichi, Okano Hideyuki, Mufson Elliott J., Sobue Gen, Murayama Shigeo, Okazawa Hitoshi. YAP-dependent necrosis occurs in early stages of Alzheimer's disease and regulates mouse model pathology NATURE COMMUNICATIONS. 2020.01; 11 (1): 507. ( PubMed, DOI )

  11. Tanaka Hikari, Kondo Kanoh, Chen Xigui, Homma Hidenori, Tagawa Kazuhiko, Kerever Aurelian, Aoki Shigeki, Saito Takashi, Saido Takaomi, Muramatsu Shin-ichi, Fujita Kyota, Okazawa Hitoshi. The intellectual disability gene PQBP1 rescues Alzheimer's disease pathology MOLECULAR PSYCHIATRY. 2018.10; 23 (10): 2090-2110. ( PubMed, DOI )

  12. 田中 ひかり, 本間 秀典, 藤田 慶大, 近藤 和, Jin Xiaocen, 田川 一彦, 岡澤 均. YAP依存的ネクローシスは超早期アルツハイマー病態を制御する Dementia Japan. 2020.10; 34 (4): 473. ( 医中誌 )

  13. 田中 ひかり, 近藤 和, 陳 西貴, 本間 秀典, 田川 一彦, 藤田 慶大, 岡澤 均. 発達障害原因遺伝子PQBP1はアルツハイマー病態を制御する Dementia Japan. 2020.10; 34 (4): 527. ( 医中誌 )

  14. 田中 ひかり, 岡澤 均. 【神経変性疾患の治療開発の現状-新たな戦略構築の基盤をめざして】各分野の動向 ダウンストリームを治療する 神経細胞死 医学のあゆみ. 2020.04; 273 (1): 93-97. ( 医中誌 )

  15. 田中 ひかり, 岡澤 均. 【よくわかる遺伝子治療-実用化の現状と展望】遺伝子治療各論 脊髄小脳失調症 Clinical Neuroscience. 2020.03; 38 (3): 365-368. ( 医中誌 )

  16. 田中 ひかり, 近藤 和, 陳 西貴, 田川 一彦, Kerever Aurelian, 青木 茂樹, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 村松 慎一, 藤田 慶大, 岡澤 均. 発達障害原因遺伝子PQBP1はアルツハイマー病態を制御する 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S461. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hikari Tanaka. HMGB1 signaling phosphorylates Ku70 and impairs DNA damage repair in Alzheimer’s disease pathology. 2022.07.03 Okinawa Convention Center

  2. Hikari Tanaka. Effect of YAP-dependent necrosis in the ultra early stage on Alzheimer's disease pathology. 2022.05.20

  3. 田中ひかり. 発達障害原因遺伝子PQBP1はアルツハイマー病態を制御する. 日本認知症学会 2020.11

  4. 田中ひかり. YAP依存的ネクローシスは超早期アルツハイマー病態を制御する. 2020.10

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年難治疾患研究所優秀論文賞(田中 ひかり),難治疾患研究所,2021年03月

  • 学会奨励賞,第39回日本認知症学会学術集会,2020年11月

  • 最優秀口頭発表賞,第12回CBIR・ONSA共催若手インスパイアシンポジウム,2020年02月

  • 2020年度時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞,2020年

  • NEURO2019 Travel Award,第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会,2019年07月

  • 平成30年度優秀論文賞(田中 ひかり),難治疾患研究所,2019年03月

  • 2018年度 難治疾患研究所 優秀論文賞,難治疾患研究所,2019年03月

  • 最優秀口頭発表賞受賞,第11回 CBIR・ONSA共催若手インスパイアシンポジウム,2019年02月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「神経変性が加速する分子メカニズムを解明」―老化・変性の加速媒介分子を標的とする認知症治療の実用化へ期待 ―,2021年10月

    Communications Biology

  • 2020年02月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「アルツハイマー病の超早期細胞死の解明と新たな治療標的を発見」―アミロイド仮説を修正する病態発症の新仮説を提唱―,2020年01月

    Nature