基本情報

写真a

河本 亜美(カワモト アミ)

KAWAMOTO Ami


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 医員
  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2019年10月
     
     
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2023年03月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 消化器内科 特任助教
  • 2023年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 特殊診療領域 光学医療診療部 助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患におけるユビキチン様分子UBDの蛋白制御機能を介した新規病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 食餌由来因子ゲニステインの腸上皮機能調節作用の解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sho Anzai, Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Reiko Kuno, Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. TGF-β promotes fetal gene expression and cell migration velocity in a wound repair model of untransformed intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.04; 524 (3): 533-541. ( PubMed, DOI )

  2. Ryuichi Okamoto, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. Organoid-based regenerative medicine for inflammatory bowel disease. Regen Ther. 2020.03; 13 1-6. ( PubMed, DOI )

  3. Makoto Naganuma, Naohiro Nakamura, Reiko Kunisaki, Katsuyoshi Matsuoka, Shojiro Yamamoto, Ami Kawamoto, Daisuke Saito, Taku Kobayashi, Kosaku Nanki, Kazuyuki Narimatsu, Hisashi Shiga, Motohiro Esaki, Shinichiro Yoshioka, Shingo Kato, Masayuki Saruta, Shinji Tanaka, Eriko Yasutomi, Kaoru Yokoyama, Kei Moriya, Yoshikazu Tsuzuki, Makoto Ooi, Mikihiro Fujiya, Atsushi Nakazawa, Tomohisa Takagi, Teppei Omori, Toshiyuki Tahara, Tadakazu Hisamatsu & The Japanese UC Study Group . Medical treatment selection and outcomes for hospitalized patients with severe ulcerative colitis as defined by the Japanese criteria. J Gastroenterol. 2024.04; 59 (4): 302-314. ( PubMed, DOI )

  4. Nanako Hashido, Masanori Kobayashi, Ami Kawamoto, Suguru Mabuchi, Hiromune Katsuda, Kazuo Ohtsuka, Yasuhiro Asahina, Masayoshi Hashimoto, Ryuichi Okamoto. Sphincter of Oddi dysfunction that could not be diagnosed with Rome IV: a case report. Clin J Gastroenterol. 2023.12; 16 (6): 913-918. ( PubMed, DOI )

  5. Makoto Naganuma, Taku Kobayashi, Reiko Kunisaki, Katsuyoshi Matsuoka, Shojiro Yamamoto, Ami Kawamoto, Daisuke Saito, Kosaku Nanki, Kazuyuki Narimatsu, Hisashi Shiga, Motohiro Esaki, Shinichiro Yoshioka, Shingo Kato, Masayuki Saruta, Shinji Tanaka, Eriko Yasutomi, Kaoru Yokoyama, Kei Moriya, Yoshikazu Tsuzuki, Makoto Ooi, Mikihiro Fujiya, Atsushi Nakazawa, Takayuki Abe, Tadakazu Hisamatsu, . Real-world efficacy and safety of advanced therapies in hospitalized patients with ulcerative colitis. J Gastroenterol. 2023.12; 58 (12): 1198-1210. ( PubMed, DOI )

  6. Ami Kawamoto, Kento Takenaka, Shuji Hibiya, Yoshio Kitazume, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. Combination of leucine-rich alpha-2 glycoprotein and fecal markers detect Crohn's disease activity confirmed by balloon-assisted enteroscopy. Intest Res. 2023.11; Online ahead of print ( PubMed, DOI )

  7. Shuji Hibiya, Takashi Fujii, Toshimitsu Fujii, Shinji Suzuki, Mayumi Kondo, Shinya Ooka, Yohei Furumoto, Seishin Azuma, Kei Tanaka, Hitoshi Kurata, Shohei Tanaka, Masayuki Kurosaki, Kazuyoshi Nagayama, Fumihiko Kusano, Yasuhiro Iizuka, Takahiro Kawamura, Hidekazu Ikemiyagi, Shinya Sakita, Tsunehito Yauchi, Hideki Watanabe, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. COVID-19 severity is associated with the risk of gastrointestinal bleeding. BMJ Open Gastroenterol. 2023.11; 10 (1): ( PubMed, DOI )

  8. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yoshio Kitazume, Toshimitsu Fujii, Yumi Udagawa, Hiromichi Shimizu, Shuji Hibiya, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Transmural Remission Characterized by High Biologic Concentrations Demonstrates Better Prognosis in Crohn's Disease. J Crohns Colitis. 2023.06; 17 (6): 855-862. ( PubMed, DOI )

  9. Kento Takenaka, Yoshio Kitazume, Ami Kawamoto, Toshimitsu Fujii, Yumi Udagawa, Ryosuke Wanatabe, Hiromichi Shimizu, Shuji Hibiya, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Hiroyuki Sato, Akihiro Hirakawa, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Serum Leucine-Rich α2 Glycoprotein: A Novel Biomarker for Transmural Inflammation in Crohn's Disease. Am J Gastroenterol. 2023.06; 118 (6): 1028-1035. ( PubMed, DOI )

  10. Fujiwara S, Kawamoto A, Motobayashi M, Hibiya S, Takenaka K, Shimizu H, Saito E, Fujii T, Nagahori M, Kawata D, Umezawa N, Hosoya T, Yasuda S, Ohtsuka K, Okamoto R. Hemorrhagic gastric ulcer in a patient with Behcet's disease successfully treated with infliximab. DEN open. 2023.04; 3 (1): e196. ( PubMed, DOI )

  11. Eiko Saito, Kazuo Ohtsuka, Ami Kawamoto, Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Shuji Hibiya, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Shohei Tomii, Ryuichi Okamoto. A case of venous stasis colitis possibly caused by eplerenone. Clin J Gastroenterol. 2023.02; 16 (1): 69-72. ( PubMed, DOI )

  12. Ami Kawamoto, Toshimitsu Fujii, Ryuji Mitani, Yasuhiro Suzuki, Tsunehito Yauchi, Ryuichi Okamoto. Serum Levels of Infliximab Biosimilar in a Child Delivered From a Mother Treated for Ulcerative Colitis.( Online ahead of print.) Inflamm Bowel Dis. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  13. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Yumi Udagawa, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Mucosal healing of small intestinal stricture is associated with improved prognosis post-dilation in Crohn's disease. BMC Gastroenterol. 2022.05; 22 (1): 218. ( PubMed, DOI )

  14. Ami Kawamoto, Kento Takenaka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Systematic review of artificial intelligence-based image diagnosis for inflammatory bowel disease. Dig Endosc. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  15. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Kenji Kinoshita, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Intravenous tacrolimus is a superior induction therapy for acute severe ulcerative colitis compared to oral tacrolimus. BMC Gastroenterol. 2021.12; 21 (1): 494. ( PubMed, DOI )

  16. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Kazuo Ohtsuka. Editorial: higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease-authors' reply. Aliment Pharmacol Ther. 2021.10; 54 (8): 1087. ( PubMed, DOI )

  17. A Kawamoto, K Takenaka, S Hibiya, K Ohtsuka, R Okamoto, M Watanabe. Serum Leucine-Rich α 2 Glycoprotein: A Novel Biomarker For Small Bowel Mucosal Activity in Crohn's Disease Clin Gastroenterol Hepatol. 2021.06; ( PubMed, DOI )

  18. Reiko Kuno, Go Ito, Ami Kawamoto, Yui Hiraguri, Hady Yuki Sugihara, Sayaka Takeoka, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Tsuchiya, Sho Anzai, Tomohiro Mizutani, Hiromichi Shimizu, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Notch and TNF-α signaling promote cytoplasmic accumulation of OLFM4 in intestinal epithelium cells and exhibit a cell protective role in the inflamed mucosa of IBD patients. Biochem Biophys Rep. 2021.03; 25 100906. ( PubMed, DOI )

  19. Shuji Hibiya, Yusuke Matsuyama, Toshimitsu Fujii, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kimiko Ito, Hiromichi Shimizu, Ami Kawamoto, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Kazuo Ohtsuka, Takeo Fujiwara, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis. Aliment Pharmacol Ther. 2021.01; 53 (1): 103-113. ( PubMed, DOI )

  20. Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kouhei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is upregulated by synergy of notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. J Crohns Colitis. 2019.03; 13 (4): 495-509. ( PubMed, DOI )

  21. Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Konomi Kuwabara, Junichi Takahashi, Minami Hama, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Kento Takenaka, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. J. Gastroenterol.. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  22. Fumiaki Ishibashi, Hiromichi Shimizu, Toru Nakata, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Sayaka Nagata, Go Ito, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Cells to the Homeostasis, Repair, and Tumorigenesis of the Colonic Epithelium. Stem Cell Reports. 2018.01; 10 (1): 27-42. ( PubMed, DOI )

  23. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Sayaka Nagata, Go Ito, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Reiko Kuno, Sho Anzai, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Data showing proliferation and differentiation of intestinal epithelial cells under targeted depletion of Notch ligands in mouse intestine. Data Brief. 2017.02; 10 551-556. ( PubMed, DOI )

  24. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Sayaka Nagata, Go Ito, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Reiko Kuno, Sho Anzai, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Indispensable role of Notch ligand-dependent signaling in the proliferation and stem cell niche maintenance of APC-deficient intestinal tumors. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2017.01; 482 (4): 1296-1303. ( PubMed, DOI )

  25. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Tatsuro Murano, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. PGE2 is a direct and robust mediator of anion/fluid secretion by human intestinal epithelial cells. Sci Rep. 2016.11; 6 36795. ( PubMed, DOI )

  26. 大塚 和朗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 齊藤 詠子, 田村 皓子, 張 肇豐, 岡本 隆一. 【小腸画像診断のトピックス】新しい小腸画像診断のトピックス 像強調観察 シングルバルーン内視鏡(NBI,TXI,RDI) 胃と腸. 2023.11; 58 (11): 1531-1536.

  27. 河本 亜美, 木脇 祐子, 大塚 和朗. 【分類不能腸炎(IBDU)の現状と将来展望】潰瘍性大腸炎の治療経過中にIBDUと診断された1例 胃と腸. 2023.06; 58 (6): 803-807. ( DOI 医中誌 )

  28. 大塚 和朗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 齊藤 詠子, 岡本 隆一. 【進化し続けるIEE】IEEを使いこなす 小腸内視鏡/カプセル内視鏡 バルーン内視鏡 IEEをどう活用するか 消化器内視鏡. 2023.03; 35 (3): 369-372. ( DOI 医中誌 )

  29. 大塚 和朗, 竹中 健人, 齊藤 詠子, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 森川 亮, 藤井 俊光, 清水 寛路, 長堀 正和, 岡本 隆一 . 【炎症性腸疾患の粘膜治癒を再考する】Crohn病における小腸粘膜治癒評価の意義 バルーン内視鏡の立場から 胃と腸. 2022.02; 57 (2): 173-181. ( 医中誌 )

  30. 河本亜美、藤井俊光. 炎症性腸疾患の分子標的治療を総括する〜抗TNF-α抗体製剤〜 INTESTINE. 2021.09; 25 (3): 259-266.

  31. 河本亜美、村川美也子、土屋輝一郎. 肝血管肉腫 日本医事新報. 2021.04; (5060): 10-11.

  32. 河本亜美、竹中健人、岡本隆一. 炎症性腸疾患患者におけるロイシンリッチ α2グリコプロテイン測定について Modern Media. 2021.02; 67 (2): 37-39.

  33. 河本 亜美, 竹中 健人, 岡本 隆一. 臨床検査アップデート 炎症性腸疾患患者におけるロイシンリッチα2グリコプロテイン測定について Modern Media. 2021.02; 67 (2): 61-63. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ami Kawamoto, Kento Takenaka, Ryuichi Okamoto. Efficacy of biomarkers in predicting prognosis of Crohn’s disease patients with small bowel disease. 第107回日本消化器内視鏡学会総会 2024.05.30 国際館パミール

  2. T. Fujii , S. Hibiya , H. Shimizu , A. Kawamoto , K. Takenaka , E. Saito , M. Nagahori , K. Ohtsuka , R. Okamoto. DUAL THERAPY WITH CAROTEGRAST (AJM300: ORAL α4 INTEGRIN ANTAGONIST) AND BIOLOGICS FOR REFRACTORY ULCERATIVE COLITIS. UEGW2023 2023.10.15 Bella Center_Copenhagen

  3. A. Kawamoto, K. Takenaka, S. Hibiya, Y. Kitazume, K. Ito, H. Shimizu, T. Fujii, E. Saito, K. Ohtsuka, R. Okamoto. COMBINING LEUCINE-RICH ALPHA-2 GLYCOPROTEIN AND FAECAL BIOMARKERS FOR ACCURATE MONITORING OF SMALL BOWEL ACTIVITY IN CROHN’S DISEASE. UEGW2023 2023.10.14 Bella Center_Copenhagen

  4. Ami Kawamoto. Novel Biomarkers for Small Intestinal Crohn’s Disease. UEG Week 2022 2022.10.11

  5. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一 . 【誌面発表】COVID-19蔓延下におけるスマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和3年度 第1回総会 2021.07.15 Web開催

  6. Kawai M, Hama M, Nagata S, Kawamoto A, Suzuki K, Shimizu H, Anzai S, Takahashi J, Kuno R, Takeoka S, Hiraguri Y, Yui S, Okamoto R, Watanabe M. Functional analysis of isoflavones using patient-derived intestinal organoids. AOCC2019 2019.06.14 Taipei(Taiwan)

  7. Ryuichi Okamoto, Mao Kawai, Minami Hama, Sayaka Nagata, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Reiko Kuno, Sayaka Takeoka, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. 【The 6th JSGE International Topic Conference Lifestyle-related Diseases in Gastroenterology】Gastrointestinal tract(role of gut microbiome and diet). 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.10 ホテル日航金沢(石川県金沢市)

  8. Kawamoto A, Nagata S, Anzai S, Takahashi J, Kawai M, Hama M, Nogawa D, Yamamoto K, Kuno R, Suzuki K, Shimizu H, Hiraguri Y, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients leads to up-regulation of UBD, a ubiquitin-like protein. ECCO2019 2019.03.08 Copenhagen(Denmark)

  9. Suzuki K, Shimizu H, Kawai M, Takahashi J, Anzai S, Kawamoto A, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M . UC-related and segment-specific properties of patientderived colonic organoids. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  10. Ishibashi F, Kuwabara K, Kawamoto A, Anzai S, Takahashi J, Nagata S, Shimizu H, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Ectopic expression of reg3a in the mice distal Colon is mediated by interactions between notch and Il-22 signaling pathways, and promotes tissue repair By the augmentation of EGFR signaling. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  11. Kuwabara K, Ishibashi F, Kawamoto A, Anzai S, Takahashi J, Nagata S, Shimizu H, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Long-lived secretory cells residing in the Mouse proximal colon serve as reserve stem cells Under DNA damage-induced mucosal injury. UEGW 2018 2018.10.22 Vienna(Austria)

  12. Suzuki K, Murano T, Hiraguri Y, Takahashi J, Shimizu H,Anzai S, Kuwabara K, Kawamoto A, Ishibashi F, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Watanabe M, Okamoto R... Crohn’s disease patient-derived small intestinal organoids reveal disease-status related modification of stem cell properties.. 5th TERMIS World Congress 2018 2018.09.06 Kyoto(JAPAN)

  13. Ishibashi F, Shimizu H, Kawamoto A, Suzuki K, Anzai S, Kuwabara K, Takahashi J, Nagata S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Watanabe M, Okamoto R. Mouse colonic secretory cells de-differentiate into intestinal stem cells and promote mucosal repair through activation of NF-KB signalin. ISSCR2018 2018.06.20 Melbourne

  14. Suzuki K, Kuwabara K, Takahashi J, Anzai S, Kuno R, Kawamoto A, Ishibashi F, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M.. Single-cell level analysis of organoids derived from CD patients reveals disease-status related modifications of small intestinal stem cells. DDW2018 2018.06.04 Washington D.C (USA)

  15. F. Ishibashi H. Shimizu A. Kawamoto G. Ito T. Nakata S. Fujii K. Suzuki R. Kuno S. Anzai K. Kuwabara M. Kawai J. Takahashi M. Hama S. Nagata K. Tsuchiya T. Nakamura R. Okamoto M. Watanabe. Reprogrammed Atoh1+ intestinal epithelial cells contribute to regenerate damaged colonic mucosa in DSS-induced colitis. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  16. Kawamoto A, Ito G, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Ishibashi F, Shimizu H, Nagata S, Anzai S, Kuno R, Kuwabara K, Kawai M, Takahashi J, Hama M, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. The ubiquitin-like protein ubiquitin d is up-regulated by synergy of notch and pro-inflammatory cytokines in the inflamed intestinal epithelia of ibd patients.. UEGW2017 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  17. Kawamoto A, Ito G, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Ishibashi F, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signaling and pro-inflammatory cytokines leads to up-regulation of UBD in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis 2017.06.16 Seoul (Korea)

  18. Ishibashi F, Shimizu H, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Kawamoto A, Anzai S, Kuno R, Nagata S, Ito G, Murano T, Mizutani T, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Lineage tracing reveals contribution of atoh1+ cell-derived stem cells in the homeostasis, repair, and carcinogenesis of the intestinal epithelium. DDW2017 2017.05.09 Chicago(USA)

  19. Kawamoto A, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Ishibashi F, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Notch signaling and TNF-α synergistically up-regulate stem cell-specific genes, OLFM4 and UBD, in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. 2016 Advances in Inflammatory Bowel Diseases, Crohn’s & Colitis Foundation of America's Clinical & Research Conference (CCFA) 2016.12.10 Orlando, Florida

  20. Kawamoto A, Ito G, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Ishibashi F, Shimizu H, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. OLFM4 and UBD are up-regulated in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients by synergy of Notch signaling and TNF-α. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  21. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. In Vitro organoid model reveals PGF2 as a Robust Mediator of chloride & water secretion bt human intestinal epithelial cells. DDW2016 2016.05.23 San Diego(USA)

  22. Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Jagged1 is indispensable for the maintenance of tumor stem cell niche in APC-Deficient intestinal adenomas. DDW2016 2016.05.22 San Diego(USA)

  23. Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Otsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Single-cell level analysis reveals hoterogeneous expression of stem-cell specific genes in human small intestinal organoids. DDW2016 2016.05.21 San Diego(USA)

  24. 竹中 健人, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 生物学的製剤によるクローン病狭窄性病変に対する効果. 第118回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2024.06.15

  25. 根本 淳子, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 河本 亜美, 村川 美也子, 福田 将義, 金子 俊, 小林 正典, 大塚 和朗, 朝比奈 靖浩, 奥野 圭祐, 山本 浩平, 加藤 祐己, 國枝 純子, 明石 巧, 岡本 隆一. 治療終了10年後に再発した転移性小腸腫瘍の一例. 第118回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2024.06.15 シェーンバッハ・サボー

  26. 田村 皓子, 清水 寛路, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎に対するトファシチニブとウパダシチニブの有効性,安全性比較. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.10 アスティとくしま

  27. 藤井 俊光, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 田村 皓子, 森川 亮, 小林 桜子, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 竹中 健人, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎に対するカロテグラストのReal-World Experienceと難治例におけるbiologicsとのdual therapyの試み. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.10 アスティとくしま

  28. 日比谷 秀爾, 藤井 俊光, 田村 皓子, 小林 桜子, 森川 亮, 河本 亜美, 竹中 健人, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎患者における5-ASA不耐症の臨床検査所見の検討. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.10

  29. 河本 亜美, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 大塚 和朗, 岡本 隆一. クローン病の腸管狭窄に対する生物学的製剤の影響の比較. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.09 アスティとくしま

  30. 森川 亮, 藤井 俊光, 田村 皓子, 小林 桜子, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. risankizumabのクローン病に対する有効性及び安全性のリアルワールドデータに基づく検討. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.09 アスティとくしま

  31. 竹中 健人, 清水 寛路, 田村 皓子, 森川 亮, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 大塚 和朗, 藤井 俊光, 岡本 隆一. 生物学的製剤によるクローン病の狭窄の変化. 日本消化器病学会関東支部第379回例会 2024.04.27 海運クラブ

  32. 藤井 俊光, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 田村 皓子, 森川 亮, 小林 桜子, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 竹中 健人, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎に対するカロテグラストとbiologicsのdual therapyの試み. 日本消化器病学会関東支部 第379回例会 2024.04.27 海運クラブ

  33. 藤井 俊光, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 田村 皓子, 森川 亮, 小林 桜子, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 竹中 健人, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎におけるカロテグラストとbiologicsのdual therapy. 第20回日本消化管学会総会学術集会 2024.02.10 沖縄コンベンションセンター

  34. 田村 皓子, 河本 亜美, 竹中 健人, 小林 桜子, 森川 亮, 日比谷 秀爾, 清水 寛路, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. クローン病の小腸病変モニタリングにおけるバイオマーカーの有用性. 第20回日本消化管学会総会学術集会 2024.02.09 沖縄コンベンションセンター

  35. 竹中 健人, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 生物学的製剤によるクローン病狭窄性病変の変化. 第117回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2023.12.10 シェーンバッハ・サボー

  36. 河本 亜美. ランチョンセミナー2「クローン病診療におけるバイオマーカーを用いたモニタリングと治療」. 第117回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2023.12.09 海運クラブ

  37. 青鹿 奈南子, 延澤 翼, 金子 俊, 河本 亜美, 村川 美也子, 小林 正典, 福田 将義, 山本 浩平, 朝比奈 靖浩, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 分類不能型免疫不全症に合併した門脈圧亢進症の一例. 日本消化器病学会関東支部第377回例会 2023.12.09 海運クラブ

  38. 早川 優香, 福田 将義, 田村 皓子, 森川 亮, 小林 桜子, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 藤井 俊光, 大塚 和朗, 山本 くらら, 伊藤 崇, 大橋 健一, 岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎罹患粘膜に発生した腫瘍における術前生検診断能の検討. 第14回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2023.12.02

  39. 藤井 俊光, 田村 皓子, 河本 亜美, 森川 亮, 小林 桜子, 日比谷 秀爾, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 竹中 健人, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎におけるupadacitinib投与に伴う尋常性痤瘡の解析. 第14回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2023.12.02

  40. 藤井 俊光, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 田村 皓子, 森川 亮, 小林 桜子, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 竹中 健人, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎に対するカロテグラストのリアルワールドとbiologicsとのdual therapy. 2023.12.02

  41. 田村 皓子, 清水 寛路, 森川 亮, 小林 桜子, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎治療におけるウパダシチニブの使用成績. 第14回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2023.12.02 シーサイドホテル舞子ビラ神戸

  42. 日比谷 秀爾, 藤井 俊光, 田村 皓子, 小林 桜子, 森川 亮, 河本 亜美, 竹中 健人, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 5-ASA不耐をきたした潰瘍性大腸炎患者の臨床的特徴の検討. 第14回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2023.12.01 シーサイドホテル舞子ビラ神戸

  43. 竹中 健人, 河本 亜美, 藤井 俊光, 日比谷 秀爾, 田村 皓子, 森川 亮, 小林 桜子, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. クローン病肛門病変の生物学的製剤に対する内視鏡評価. 第14回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2023.12.01 シーサイドホテル舞子ビラ神戸

  44. 森川 亮, 藤井 俊光, 田村 皓子, 小林 桜子, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. リアルワールドにおけるrisankizumabのクローン病に対する有効性及び安全性の検討. 第14回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2023.12.01

  45. 河本 亜美, 竹中 健人, 岡本 隆一. 血中・便中バイオマーカーを用いたクローン病小腸病変の予後予測. JDDW2023 2023.11.04 神戸コンベンションセンター

  46. 藤井 俊光, 青沼 優子, 清水 寛路, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 齊藤 詠子, 竹中 健人, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎に対するcarotegrastおよびbiologicsのdual therapyの検討. JDDW2023 日本消化器関連学会週間 2023.11.02 神戸コンベンションセンター

  47. 中村 遼太, 森川 亮, 竹中 健人, 清水 寛路, 延澤 翼, 田村 晧子, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 小林 正典, 金子 俊, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 福田 将義, 大塚 和朗. 入院中の難治性潰瘍性大腸炎に対してウパダシチニブが有効であった3症例. 日本消化器病学会関東支部第376回例会 2023.09.02

  48. 日比谷秀爾,藤井俊光,河本亜美,竹中健人,福田将義,金子俊,小林正典,朝比奈靖浩,大塚和朗,岡本隆一. 初回治療より 13 年後に再発しクローン病との鑑別を要したアメーバ腸炎の一例. 日本消化器病学会 関東支部 第374回例会 2023.04.22 海運クラブ

  49. 青沼 優子, 日比谷 秀爾, 藤井 俊光, 河本 亜美, 竹中 健人, 清水 寛路, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎における5-ASA不耐症の臨床的特徴の探索. 第109回日本消化器病学会総会 2023.04.06 出島メッセ長崎

  50. 竹中健人,河本亜美,日比谷秀爾,大塚和朗,岡本隆一. クローン病のTransmural remissionはEndoscopic remissionより高い治療目標となるか. 第115回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2022.12.10

  51. 清水寛路,青沼優子,河本亜美,日比谷秀爾,竹中健人,藤井俊光,齊藤詠子,長堀正和,大塚和朗,岡本隆一. 当院における潰瘍性大腸炎に対するフィルゴチニブの治療成績. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.26

  52. 宇田川 祐実,藤井 俊光,日比谷 秀爾,清水 寛路,竹中 健人,河本 亜美,齊藤 詠子,長堀 正和,大塚 和朗,岡本 隆一. 炎症性腸疾患が患者の労働生産性に与える影響についての検討. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.26

  53. 河本 亜美,竹中 健人,日比谷 秀爾,藤井 俊光,齊藤 詠子,清水 寛路,本林 麻衣子,長堀 正和,大塚 和朗,渡辺 守,岡本 隆一. クローン病の小腸病変モニタリングにおける新規バイオマーカーの有効性. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.26

  54. 青沼 優子.清水 寛路,河本 亜美,日比谷 秀爾,竹中 健人,藤井 俊光,齊藤 詠子,長堀 正和,大塚 和朗,岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎治療におけるトファシチニブの長期使用成績. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.25

  55. 藤原 俊,日比谷 秀爾,前屋舗 千明,藤井 俊光,宇田川 祐実,河本 亜美,竹中 健人,清水 寛路,齊藤 詠子,長堀 正和,大塚 和朗,岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎の急性重症例にに対するustekinumabの有効性. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.25

  56. 河本亜美,竹中健人,岡本隆一. クローン病の小腸病変モニタリングにおけるバイオマーカーの比較. JDDW 2022 2022.10.29

  57. 竹中 健人、河本 亜美、日比谷 秀爾、大塚 和朗、岡本 隆一. クローン病小腸病変とサイトカイン阻害薬との関係. 第113 回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.12.05

  58. 清水寛路,河本亜美,日比谷秀爾,竹中健人,藤井俊光,齊藤詠子,長堀正和,大塚和朗,岡本隆一. Real worldにおける難治性潰瘍性大腸炎に対するトファシチニブの長期治療成績. 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27

  59. 宇田川 祐実、藤井 俊光、清水 寛路、日比谷 秀爾、竹中 健人、河本 亜美、齊藤 詠子、長堀 正和、大塚 和朗、田中 真琴、岡本 隆一. IBDセンター初診時に患者が感じていた不安の変化:IBD Nurseの活動評価 . 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  60. 河本亜美、竹中健人、岡本隆一. クローン病における小腸潰瘍に対するLRGの有効性. JDDW2021 2021.11.06 神戸国際展示場(兵庫)

  61. 竹中健人、河本亜美、日比谷秀爾、大塚和朗、岡本隆一. クローン病の小腸潰瘍に対するLRGの有効性. 第112回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.06.12 Web開催

  62. 竹中健人, 河本亜美, 大塚和朗. クローン病小腸潰瘍に対する LRG の有効性. 第101回日本消化器内視鏡学会総会 2021.05.04 リーガロイヤルホテル広島(広島県)

  63. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  64. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、河本亜美、日比谷秀爾、清水寛路、本林麻衣子、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価に関するAIシステム開発. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  65. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  66. 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  67. 川井麻央、河本亜美、永田紗矢香、安斎 翔、高橋純一、久野玲子、平栗優衣、鈴木康平、清水寛路、油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 患者由来腸上皮オルガノイドを用いたイソフラボン類による腸上皮機能調節機構の解析. 第56回日本消化器免疫学会総会 2019.08.02 メルパルク京都(京都府京都市)

  68. 鈴木康平, 村野竜朗, 平栗優衣, 高橋純一, 河本亜美, 石橋史明 , 安斎 翔, 久野玲子, 桒原小の実, 川井麻央, 永田紗矢香, 油井史郎, 土屋輝一郎, 中村哲也, 大塚和朗, 渡辺 守, 岡本隆一. クローン病由来の小腸上皮オルガノイド構築による幹細胞形質の解析. 第17回再生医療学会総会 2018.03.22 パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  69. 岡本隆一、鈴木康平、永田紗矢香、河本亜美、石橋史明、安斎 翔、久野玲子、中田 徹、藤井 悟、村野竜朗、平栗優衣、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 炎症性腸疾患における小腸上皮幹細胞・体外培養の試み. 第16回日本再生医療学会総会 2017.03.08 仙台国際センター(宮城県仙台市)

  70. 藤井 悟、中田 徹、石橋史明、河本亜美、鈴木康平、清水寛路、伊藤 剛、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【腸管上皮幹細胞制御探索プロジェクト:a.疑似腸管モデルの構築に関わる技術開発】ヒト腸上皮オルガノイドを用いた腸上皮による体液調節機構の解析法開発. 平成28年度日本医療研究開発機構(AMED)委託費難治性疾患実用化研究事業「独自の体外病態モデルによる難治性炎症性腸疾患の革新的治療薬開発に関する研究」班 平成28年度第1回総会 2016.07.22 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  71. 藤井 悟、中田 徹、鈴木康平、石橋史明、河本亜美、伊藤 剛、清水寛路、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【消化管 基礎】ヒト小腸上皮における体液調節機構の解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  72. 鈴木康平、石橋史明、河本亜美、藤井 悟、中田 徹、清水寛路、伊藤 剛、土屋輝一郎、水谷知裕、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【IBD 基礎1】炎症性腸疾患における小腸上皮幹細胞・体外培養の試み. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JSIBD若手研究助成(カテゴリーC1)「クローン病患者における生物学的製剤による部位別治療効果の解析」受賞者:河本 亜美,日本炎症性腸疾患学会,2023年04月

  • JSGE-UEG Rising Stars 2022「Novel Biomarkers for Small Intestinal Crohn’s Disease. 」受賞者:河本亜美,2022年10月

  • 日本応用酵素協会 2019年度度研究助成金(全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成)「炎症性腸疾患におけるユビキチン様分子による蛋白制御を介した新規病態の解明」受賞者:河本亜美,2019年12月

  • 2019年度 文部科学省科学研究費補助金 研究活動スタート支援「炎症性腸疾患におけるユビキチン様分子UBDの蛋白制御機能を介した新規病態の解明」研究代表者:河本亜美,2019年08月

  • UEGW2017 Travel Grant Award「The ubiquitin-like protein ubiquitin d is up-regulated by synergy of notch and pro-inflammatory cytokines in the inflamed intestinal epithelia of ibd patients」受賞者:河本亜美,2017年11月

  • The 5th Annual Meeting of AOCC Distinguished Investigator Award, Best Abstract Award「Synergy of Notch signaling and pro-inflammatory cytokines leads to up-regulation of UBD in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients」受賞者:河本亜美,2017年06月

  • CCFA2016 Travel Award「Notch signaling and TNF-α synergistically up-regulate stem cell-specific genes, OLFM4 and UBD, in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients」受賞者:河本亜美,2016年10月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 炎症性腸疾患の腸上皮における新たな炎症・再生応答の協調機構を解明」― 早期の治療効果予測に期待 ―,2018年12月

    Journal of Crohn's and Colitis

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大学とそのキャンパスの紹介,読売新聞社,読売新聞,2022年11月09日 - 現在