基本情報

写真a

河本 亜美(カワモト アミ)

KAWAMOTO Ami


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 医員
  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2019年10月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患におけるユビキチン様分子UBDの蛋白制御機能を介した新規病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sho Anzai, Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Reiko Kuno, Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. TGF-β promotes fetal gene expression and cell migration velocity in a wound repair model of untransformed intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.04; 524 (3): 533-541. ( PubMed, DOI )

  • Ryuichi Okamoto, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Sayaka Takeoka, Hady Yuki Sugihara, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. Organoid-based regenerative medicine for inflammatory bowel disease. Regen Ther. 2020.03; 13 1-6. ( PubMed, DOI )

  • Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kouhei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is Upregulated by Synergy of Notch Signalling and TNF-α in the Inflamed Intestinal Epithelia of IBD Patients. J Crohns Colitis. 2019.03; 13 (4): 495-509. ( PubMed, DOI )

  • Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Konomi Kuwabara, Junichi Takahashi, Minami Hama, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Kento Takenaka, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. J. Gastroenterol.. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  • Fumiaki Ishibashi, Hiromichi Shimizu, Toru Nakata, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Sayaka Nagata, Go Ito, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Cells to the Homeostasis, Repair, and Tumorigenesis of the Colonic Epithelium. Stem Cell Reports. 2018.01; 10 (1): 27-42. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  • 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  • 川井麻央、河本亜美、永田紗矢香、安斎 翔、高橋純一、久野玲子、平栗優衣、鈴木康平、清水寛路、油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 患者由来腸上皮オルガノイドを用いたイソフラボン類による腸上皮機能調節機構の解析. 第56回日本消化器免疫学会総会 2019.08.02 メルパルク京都(京都府京都市)

  • Kawai M, Hama M, Nagata S, Kawamoto A, Suzuki K, Shimizu H, Anzai S, Takahashi J, Kuno R, Takeoka S, Hiraguri Y, Yui S, Okamoto R, Watanabe M. Functional analysis of isoflavones using patient-derived intestinal organoids. AOCC2019 2019.06.14 Taipei(Taiwan)

  • Ryuichi Okamoto, Mao Kawai, Minami Hama, Sayaka Nagata, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Reiko Kuno, Sayaka Takeoka, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Mamoru Watanabe. 【The 6th JSGE International Topic Conference Lifestyle-related Diseases in Gastroenterology】Gastrointestinal tract(role of gut microbiome and diet). 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.10 ホテル日航金沢(石川県金沢市)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本応用酵素協会 2019年度度研究助成金(全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成)「炎症性腸疾患におけるユビキチン様分子による蛋白制御を介した新規病態の解明」受賞者:河本亜美,2019年12月

  • 2019年度 文部科学省科学研究費補助金 研究活動スタート支援「炎症性腸疾患におけるユビキチン様分子UBDの蛋白制御機能を介した新規病態の解明」研究代表者:河本亜美,2019年08月

  • UEGW2017 Travel Grant Award「The ubiquitin-like protein ubiquitin d is up-regulated by synergy of notch and pro-inflammatory cytokines in the inflamed intestinal epithelia of ibd patients」受賞者:河本亜美,2017年11月

  • The 5th Annual Meeting of AOCC Distinguished Investigator Award, Best Abstract Award「Synergy of Notch signaling and pro-inflammatory cytokines leads to up-regulation of UBD in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients」受賞者:河本亜美,2017年06月

  • CCFA2016 Travel Award「Notch signaling and TNF-α synergistically up-regulate stem cell-specific genes, OLFM4 and UBD, in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients」受賞者:河本亜美,2016年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 炎症性腸疾患の腸上皮における新たな炎症・再生応答の協調機構を解明」― 早期の治療効果予測に期待 ―,2018年12月

    Journal of Crohn's and Colitis