基本情報

写真a

坂上 史佳(サカウエ フミカ)

Fumika Sakaue


職名

特任助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 広島大学 医系科学研究科 寄付講座 助教
  • イェール大学 医学部 博士研究員
  • 東京大学 分子細胞生物学研究所 博士研究員
  • 東京大学 理学系研究科 生物化学専攻 修了
  • 東京都立大学 理学部 生物学科 卒業

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Society for Neuroscience

  • 日本神経化学会

  • 日本神経科学会

  • 日本核酸医薬学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経化学・神経薬理学

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Asada K, Sakaue F, Nagata T, Zhang JC, Yoshida-Tanaka K, Abe A, Nawa M, Nishina K, Yokota T. Short DNA/RNA heteroduplex oligonucleotide interacting proteins are key regulators of target gene silencing. Nucleic acids research. 2021.05; 49 (9): 4864-4876. ( PubMed, DOI )

  • Daisuke Ono, Ken Asada, Daishi Yui, Fumika Sakaue, Kotaro Yoshioka, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Separation-related rapid nuclear transport of DNA/RNA heteroduplex oligonucleotide: unveiling distinctive intracellular trafficking. Mol Ther Nucleic Acids. 2021.03; 23 1360-1370. ( PubMed, DOI )

  • Matsuhisa Koji, Cai Longjie, Saito Atsushi, Sakaue Fumika, Kamikawa Yasunao, Fujiwara Sachiko, Asada Rie, Kudo Yukitsuka, Imaizumi Kazunori. Toxic effects of endoplasmic reticulum stress transducer BBF2H7-derived small peptide fragments on neuronal cells. Brain Res. 2020.12; 1749 147139. ( PubMed, DOI )

  • Okamoto Takumi, Wu Yan, Matsuhisa Koji, Saito Atsushi, Sakaue Fumika, Imaizumi Kazunori, Kaneko Masayuki. Hypertonicity-responsive ubiquitin ligase RNF183 promotes Na, K-ATPase lysosomal degradation through ubiquitination of its β1 subunit. Biochem Biophys Res Commun. 2020.01; 521 (4): 1030-1035. ( PubMed, DOI )

  • Matsuhisa Koji, Saito Atsushi, Cai Longjie, Kaneko Masayuki, Okamoto Takumi, Sakaue Fumika, Asada Rie, Urano Fumihiko, Yanagida Kanta, Okochi Masayasu, Kudo Yukitsuka, Matsumoto Masaki, Nakayama Keiichi I, Imaizumi Kazunori. Production of BBF2H7-derived small peptide fragments via endoplasmic reticulum stress-dependent regulated intramembrane proteolysis. FASEB J. 2020.01; 34 (1): 865-880. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 坂上史佳, 横田隆徳. Annual Review 神経2018. 中外医学社, 2018.01 筋萎縮性側索硬化症と異常タンパク質(TDP-43・C9ORF72) (ISBN : 978-4-498-32806-8)

  • 秋山徹,奥山隆平,河府和義/編. 完全版マウス・ラット疾患モデル活用ハンドブック. 2010.12 (ISBN : 978-4-7581-2017-3)

  • 高分子学会編. 高分子辞典(第3版). 2005.06 (ISBN : 978-4-254-25248-4)