基本情報

写真a

渡部 徹郎(ワタベ テツロウ)

WATABE TETSURO


職名

教授

ホームページ

http://cellular-biochemistry-tmdu.net/

研究分野・キーワード

がん、血管新生、リンパ管新生、TGF-β

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 教授
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 病態生化学分野 教授

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本血管生物学会 理事・副理事長
  • 日本生化学会 評議員
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本リンパ学会 常任理事
  • 2018年10月
     
     
    12th International BMP Conference 組織委員

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • シングルセル解析による口腔がんの増殖と運動・転移を司るメカニズムの解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ナノマテリアル吸入曝露影響評価のための効率的慢性試験法の開発に関する研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2024年03月

  • がんの悪性化とがん微小環境変化を誘導するエクソソームを標的とした治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 免疫系の修飾による放射線増感機構:腫瘍細胞動態からの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • リンパ管内皮間葉移行を司る分子機構の解明と関連疾患治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • GPCR転写ネットワーク制御と骨再生を目指したRNA核酸医療への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nishino K, Yoshimatsu Y, Muramatsu T, Sekimoto Y, Mitani K, Kobayashi E, Okamoto S, Ebana H, Okada Y, Kurihara M, Suzuki K, Inazawa J, Takahashi K, Watabe T, Seyama K. Isolation and characterisation of lymphatic endothelial cells from lung tissues affected by lymphangioleiomyomatosis. Scientific reports. 2021.04; 11 (1): 8406. ( PubMed, DOI )

  • Terasawa K, Kato Y, Ikami Y, Sakamoto K, Ohtake K, Kusano S, Tomabechi Y, Kukimoto-Niino M, Shirouzu M, Guan JL, Kobayashi T, Iwata T, Watabe T, Yokoyama S, Hara-Yokoyama M. Direct homophilic interaction of LAMP2A with the two-domain architecture revealed by site-directed photo-crosslinks and steric hindrances in mammalian cells. Autophagy. 2021.04; 1-19. ( PubMed, DOI )

  • Fujimoto M, Kamiyama M, Fuse K, Ryuno H, Odawara T, Furukawa N, Yoshimatsu Y, Watabe T, Prchal-Murphy M, Sexl V, Tahara H, Hayakawa Y, Sato T, Takeda K, Naguro I, Ichijo H. ASK1 suppresses NK cell-mediated intravascular tumor cell clearance in lung metastasis. Cancer science. 2021.04; 112 (4): 1633-1643. ( PubMed, DOI )

  • Kobayashi M, Wakabayashi I, Suzuki Y, Fujiwara K, Nakayama M, Watabe T, Sato Y. Tubulin carboxypeptidase activity of vasohibin-1 inhibits angiogenesis by interfering with endocytosis and trafficking of pro-angiogenic factor receptors. Angiogenesis. 2021.02; 24 (1): 159-176. ( PubMed, DOI )

  • Sakakitani Shintaro, Podyma-Inoue Katarzyna A., Takayama Rina, Takahashi Kazuki, Ishigami-Yuasa Mari, Kagechika Hiroyuki, Harada Hiroyuki, Watabe Tetsuro. Activation of β2-adrenergic receptor signals suppresses mesenchymal phenotypes of oral squamous cell carcinoma cells(和訳中) Cancer Science. 2021.01; 112 (1): 155-167. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小林 美穂, 藤原 花汐, 鈴木 康弘, 若林 育海, 中山 雅敬, 佐藤 靖史, 渡部 徹郎. Vasohibin-1による細胞内輸送調節を通したシグナル伝達制御機構とその役割. 第44回 日本分子生物学会年会 2021.12.01 横浜

  • 小林 美穂、若林 育海、藤原 花汐、鈴木 康弘、中山 雅敬、佐藤 靖史、 渡部 徹郎. 微小管の翻訳後修飾を介した受容体エンドサイトーシス阻害と新規脈管新生抑制機構. 第2回New Lymphology Research Conference  2021.09.10 静岡

  • 小林 美穂、若林 育海、藤原 花汐、鈴木 康弘、中山 雅敬、佐藤 靖史、渡部 徹郎. Vasohibin-1が誘導する微小管の翻訳後修飾を介した受容体エンドサイトーシス阻害と新規脈管新生抑制機構. 第45回日本リンパ学会総会 2021.06.04

  • Miho Kobayashi、Kashio Fujiwara、Ikumi Wakabayashi、Yasuhiro Suzuki、Masanori Nakayama、Yasufumi Sato、Tetsuro Watabe. Novel anti-angiogenic mechanism of VASH1 through the modification of microtubules. CVMW2020心血管代謝週間(第28回日本血管生物医学会学術集会) 2021.03.12 Web

  • 小林 美穂、若林 育海、鈴木 康弘、藤原 花汐、中山 雅敬、佐藤 靖史、渡部 徹郎. Vasohibin-1による微小管の翻訳後修飾を介したシグナル伝達の調節機構. 第85回 口腔病学会学術大会 2020.12.05 東京

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年12月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • β2アドレナリン受容体シグナルの活性化が、がんの悪性化を抑制することを発見― 副作用の少ない口腔がんの新規治療法の開発に期待 ―,2020年11月

    Cancer Science

  • 2020年10月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「腫瘍組織における血管内皮細胞からの因子により、がんが進展するしくみを解明」 ―がん微小環境ネットワークシグナルを標的とした新規治療法の開発に期待―,2020年07月

    Cancer Science

  • 「がん悪性化因子を阻害する新規タンパク質を開発」―がん微小環境ネットワークシグナルを標的とした新規治療法への導出に期待―,2020年07月

    Journal of Biological Chemistry

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生命の分子的基盤,2016年 - 現在

  • 栄養と代謝,2016年 - 現在

  • 遺伝子の分子的基盤,2016年 - 現在