基本情報

写真a

鈴木 敏彦(スズキ トシヒコ)

SUZUKI Toshihiko


職名

教授

研究分野・キーワード

感染免疫学、病原体感染の分子機構

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  病因・病理学専攻  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 細菌感染制御学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 細菌感染制御学 教授
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 細菌感染制御学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年11月
    東京大学 医科学研究所 助手
  • 2001年11月
    -
    2005年03月
    科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけ 研究者(兼任)
  • 2001年12月
    -
    2006年05月
    東京大学 医科学研究所 講師
  • 2006年06月
    -
    2015年06月
    琉球大学 大学院医学研究科 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会、日本免疫学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 病原細菌の感染機構および宿主免疫応答,2000年11月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • インフラマゾーム活性化機構の新機軸

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 低酸素環境が拓く細菌感染―宿主応答機構の新機軸

    文部科学省/日本学術振興会

  • 環境→ヒト伝播に必要なMycobacterium ulcerans病原因子の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 骨格筋における代謝異常・サルコペニア肥満と歯周炎の関わり-健康長寿を目指して-

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ashida H, Sasakawa C, Suzuki T. A unique bacterial tactic to circumvent the cell death crosstalk induced by blockade of caspase-8. The EMBO journal. 2020.07; e104469. ( PubMed, DOI )

  • Saeki A, Tsuchiya K, Suda T, Into T, Hasebe A, Suzuki T, Shibata KI. Gasdermin D-independent release of interleukin-1b by living macrophages in response to mycoplasmal lipoproteins and lipopeptides. Immunology. 2020.06; ( PubMed, DOI )

  • Kinoshita-Daitoku R, Kiga K, Sanada T, Ogura Y, Bo Z, Iida T, Yokomori R, Kuroda E, Tanaka M, Sood A, Suzuki T, Nakai K, Hayashi T, Mimuro H. Mutational diversity in mutY deficient Helicobacter pylori and its effect on adaptation to the gastric environment. Biochemical and biophysical research communications. 2020.05; 525 (3): 806-811. ( PubMed, DOI )

  • Tanaka M, Kinoshita-Daitoku R, Kiga K, Sanada T, Zhu B, Okano T, Aikawa C, Iida T, Ogura Y, Hayashi T, Okubo K, Kurosawa M, Hirahashi J, Suzuki T, Nakagawa I, Nangaku M, Mimuro H. Group A Streptococcus establishes pharynx infection by degrading the deoxyribonucleic acid of neutrophil extracellular traps. Scientific reports. 2020.02; 10 (1): 3251. ( PubMed, DOI )

  • Prah Isaac, Ayibieke Alafate, 井口 純, Mahazu Samiratu, 佐藤 和佳菜, 鈴木 敏彦, 山岡 昇司, 岩永 史朗, Ablordey Anthony, 齋藤 良一. Virulence Profile of Diarrheagenic E. coli from the Western region of Ghana(和訳中) 日本細菌学雑誌. 2020.01; 75 (1): 118. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 芦田浩, 鈴木志穂, 鈴木敏彦. 細胞. ニューサイエンス社, 2017.12 病原細菌によるインフラマソーム制御戦略

  • 芦田浩, 鈴木敏彦, 笹川千尋. 化学療法の領域. 医薬ジャーナル社, 2017.01 赤痢菌による自然免疫抑制戦略の解明

  • 鈴木志穂, 鈴木敏彦. 化学療法の領域. 医薬ジャーナル社, 2016.09 赤痢菌の感染機構と宿主免疫からの回避の手口

  • 鈴木敏彦 他. 化学療法の領域. 医薬ジャーナル社, 2016.02 病原細菌の感染と宿主応答の分子論 :細菌感染によるインフラマゾーム活性化機構およびレプトスピラの持続感染機構

  • 鈴木敏彦. 最新医学 感染性胃腸炎. 最新医学社, 2015.11 赤痢菌の感染と宿主応答

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Tokuju Okano, Miwa Sasai, Masahiro Yamamoto, Toshihiko Suzuki. Aggregatibacter actinomycetemcomitans induces activation of noncanonical inflammasome via lysosomal degradation. The 48th annual meeting of the Japanese Society for Immunology 2019.12.13 Hamamatsu

  • Okano Tokuju, Suzuki Toshihiko. Hypoxia induces enhancement of inflammasome activation by P. gingivalis. 7th International Cytokine and Interferon Society 2019.10.20 Vienna

  • 岡野 徳壽, 鈴木 志穂, 庄子 幹郎, 中山 浩次, 鈴木 敏彦. 低酸素状態はP.gingivalis感染によるインフラマソーム活性化を増強する. 第92回日本細菌学会総会 2019.04.23 札幌

  • 鈴木 志穂, 鈴木 敏彦, 笹川 千尋. GLMN-cIAP1/2は細菌感染に対するインフラマソーム活性をコントロールする. 第92回日本細菌学会総会 2019.04.23 札幌

  • 山村 清展, 岡野 徳壽, 大谷 郁, 鈴木 敏彦. ウェルシュ菌によるインフラマゾーム活性化. 第92回日本細菌学会総会 2019.04.23 札幌

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会関東支部・支部総会長賞—若手奨励賞—(岡野徳壽),第100回日本細菌学会関東支部総会,2017年09月

  • 奨励賞(鈴木敏彦),沖縄県医科学財団,2007年02月

  • 黒屋奨学賞(鈴木敏彦),日本細菌学会,2001年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「腸管病原菌による宿主細胞死クロストーク抑制機構の解明」―赤痢菌の新たな感染戦略を解明―,2020年07月

    EMBO Journal