基本情報

写真a

水谷 知裕(ミズタニ トモヒロ)

MIZUTANI Tomohiro


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化管先端治療学講座 助教
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 特任助教
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学    
  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2014年02月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化管先端治療学講座 助教
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 非常勤講師
  • 2020年03月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 消化器内科 助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 動物由来因子を使用しないヒト大腸幹細胞培養技術の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • ヒトiPS細胞由来複合型自己組織化腸管組織を用いた難治性腸炎モデルの確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒトiPS細胞由来自己組織化腸管スフェロイドによるグラフト製造および移植法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Go Ito, Ryuichi Okamoto, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Toru Nakata, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Lineage-specific expression of bestrophin-2 and bestrophin-4 in human intestinal epithelial cells. PLoS ONE. 2013.11; 8 (11): e79693. ( PubMed, DOI )

  2. Rao C, Frodyma DE, Southekal S, Svoboda RA, Black AR, Guda C, Mizutani T, Clevers H, Johnson KR, Fisher KW, Lewis RE. KSR1- and ERK-dependent translational regulation of the epithelial-to-mesenchymal transition. eLife. 2021.05; 10 ( PubMed, DOI )

  3. Reiko Kuno, Go Ito, Ami Kawamoto, Yui Hiraguri, Hady Yuki Sugihara, Sayaka Takeoka, Sayaka Nagata, Junichi Takahashi, Mao Tsuchiya, Sho Anzai, Tomohiro Mizutani, Hiromichi Shimizu, Shiro Yui, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Notch and TNF-α signaling promote cytoplasmic accumulation of OLFM4 in intestinal epithelium cells and exhibit a cell protective role in the inflamed mucosa of IBD patients. Biochem Biophys Rep. 2021.03; 25 100906. ( PubMed, DOI )

  4. Tsuchiya Mao, Ito Go, Hama Minami, Nagata Sayaka, Kawamoto Ami, Suzuki Kohei, Shimizu Hiromichi, Anzai Sho, Takahashi Junichi, Kuno Reiko, Takeoka Sayaka, Hiraguri Yui, Sugihara Hady Yuki, Mizutani Tomohiro, Yui Shiro, Oshima Shigeru, Tsuchiya Kiichiro, Watanabe Mamoru, Okamoto Ryuichi. Functional analysis of isoflavones using patient-derived human colonic organoids BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2021.02; 542 40-47. ( PubMed, DOI )

  5. Morikawa Ryo, Nemoto Yasuhiro, Yonemoto Yuki, Tanaka Shohei, Takei Yuria, Oshima Shigeru, Nagaishi Takashi, Tsuchiya Kiichiro, Nozaki Kengo, Mizutani Tomohiro, Nakamura Tetsuya, Watanabe Mamoru, Okamoto Ryuichi. Intraepithelial Lymphocytes Suppress Intestinal Tumor Growth by Cell-to-Cell Contact via CD103/E-Cadherin Signal CELLULAR AND MOLECULAR GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2021; 11 (5): 1483-1503. ( PubMed, DOI )

  6. Yong-Hee Cho, Eun Ji Ro, Jeong-Su Yoon, Tomohiro Mizutani, Dong-Woo Kang, Jong-Chan Park, Tae Il Kim, Hans Clevers, Kang-Yell Choi. 5-FU promotes stemness of colorectal cancer via p53-mediated WNT/β-catenin pathway activation. Nat Commun. 2020.10; 11 5321.

  7. Cho YH, Ro EJ, Yoon JS, Mizutani T, Kang DW, Park JC, Il Kim T, Clevers H, Choi KY. 5-FU promotes stemness of colorectal cancer via p53-mediated WNT/β-catenin pathway activation. Nature communications. 2020.10; 11 (1): 5321. ( PubMed, DOI )

  8. Tanaka N, Kanatani S, Kaczynska D, Fukumoto K, Louhivuori L, Mizutani T, Kopper O, Kronqvist P, Robertson S, Lindh C, Kis L, Pronk R, Niwa N, Matsumoto K, Oya M, Miyakawa A, Falk A, Hartman J, Sahlgren C, Clevers H, Uhlén P. Three-dimensional single-cell imaging for the analysis of RNA and protein expression in intact tumour biopsies. Nature biomedical engineering. 2020.09; 4 (9): 875-888. ( PubMed, DOI )

  9. Nobuyuki Tanaka, Shigeaki Kanatani, Dagmara Kaczynska, Keishiro Fukumoto, Lauri Louhivuori, Tomohiro Mizutani, Oded Kopper, Pauliina Kronqvist, Stephanie Robertson, Claes Lindh, Lorand Kis, Robin Pronk, Naoya Niwa, Kazuhiro Matsumoto, Mototsugu Oya, Ayako Miyakawa, Anna Falk, Johan Hartman, Cecilia Sahlgren, Hans Clevers, Per Uhlén. Three-dimensional single-cell imaging for the analysis of RNA and protein expression in intact tumour biopsies. Nat Biomed Eng. 2020.06; 4 875-888.

  10. Tomohiro Mizutani, Hans Clevers. Primary intestinal epithelial organoid culture. Methods Mol Biol. 2020.06; 2171 185-200.

  11. Cayetano Pleguezuelos-Manzano, Jens Puschhof, Axel Rosendahl Huber, Arne van Hoeck, Henry M Wood, Jason Nomburg, Carino Gurjao, Freek Manders, Guillaume Dalmasso, Paul B Stege, Fernanda L Paganelli, Maarten H Geurts, Joep Beumer, Tomohiro Mizutani, Yi Miao, Reinier van der Linden, Stefan van der Elst, K Christopher Garcia, Janetta Top, Rob JL Willems, Marios Giannakis, Richard Bonnet, Phil Quirke, Matthew Meyerson, Edwin Cuppen, Ruben van Boxtel, Hans Clevers. Mutational signature in colorectal cancer caused by genotoxic pks+ E. coli. Nature. 2020.04; 580 269-273.

  12. Pleguezuelos-Manzano C, Puschhof J, Rosendahl Huber A, van Hoeck A, Wood HM, Nomburg J, Gurjao C, Manders F, Dalmasso G, Stege PB, Paganelli FL, Geurts MH, Beumer J, Mizutani T, Miao Y, van der Linden R, van der Elst S, Genomics England Research Consortium., Garcia KC, Top J, Willems RJL, Giannakis M, Bonnet R, Quirke P, Meyerson M, Cuppen E, van Boxtel R, Clevers H. Mutational signature in colorectal cancer caused by genotoxic pks<sup>+</sup> E. coli. Nature. 2020.04; 580 (7802): 269-273. ( PubMed, DOI )

  13. Mizutani T, Clevers H. Primary Intestinal Epithelial Organoid Culture. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2020; 2171 185-200. ( PubMed, DOI )

  14. Joosten SPJ, Mizutani T, Spaargaren M, Clevers H, Pals ST. MET Signaling Overcomes Epidermal Growth Factor Receptor Inhibition in Normal and Colorectal Cancer Stem Cells Causing Drug Resistance. Gastroenterology. 2019.10; 157 (4): 1153-1155.e1. ( PubMed, DOI )

  15. Sander PJ Joosten, Tomohiro Mizutani, Marcel Spaargaren, Hans Clevers, Steven T Pals. MET signaling overcomes epidermal growth factor receptor inhibition in normal and colorectal cancer stem cells causing drug resistance. Gastroenterology. 2019.06; 157 1153-1155.

  16. Fumiaki Ishibashi, Hiromichi Shimizu, Toru Nakata, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Sayaka Nagata, Go Ito, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Contribution of ATOH1+ Cells to the Homeostasis, Repair, and Tumorigenesis of the Colonic Epithelium. [Epub ahead of print] Stem Cell Reports. 2017.12; ( PubMed, DOI )

  17. Jarno Drost, Ruben van Boxtel, Francis Blokzijl, Tomohiro Mizutani, Nobuo Sasaki, Valentina Sasselli, Joep de Ligt, Sam Behjati, Judith E Grolleman, Tom van Wezel, Serena Nik-Zainal, Roland P Kuiper, Edwin Cuppen, Hans Clevers. Use of CRISPR-modified human stem cell organoids to study the origin of mutational signatures in cancer Science. 2017.09; 358 (6360): 234-238. ( PubMed, DOI )

  18. Tomohiro Mizutani, Yoshiyuki Tsukamoto, Hans Clevers. Oncogene-inducible organoids as a miniature platform to assess cancer characteristics. J. Cell Biol. 2017.06; 216 (6): 1505-1507. ( PubMed, DOI )

  19. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Sayaka Nagata, Go Ito, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Reiko Kuno, Sho Anzai, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Data showing proliferation and differentiation of intestinal epithelial cells under targeted depletion of Notch ligands in mouse intestine. Data Brief. 2017.02; 10 551-556. ( PubMed, DOI )

  20. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Sayaka Nagata, Go Ito, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Reiko Kuno, Sho Anzai, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Indispensable role of Notch ligand-dependent signaling in the proliferation and stem cell niche maintenance of APC-deficient intestinal tumors. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2017.01; 482 (4): 1296-1303. ( PubMed, DOI )

  21. Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Toru Nakata, Tatsuro Murano, Go Ito, Hiromichi Shimizu, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Akihiro Araki, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. PGE2 is a direct and robust mediator of anion/fluid secretion by human intestinal epithelial cells. Sci Rep. 2016.11; 6 36795. ( PubMed, DOI )

  22. Taichi Matsumoto, Wakana Mochizuki, Yoichi Nibe, Shintaro Akiyama, Yuka Matsumoto, Kengo Nozaki, Masayoshi Fukuda, Ayumi Hayashi, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Tetsuya Nakamura. Retinol Promotes In Vitro Growth of Proximal Colon Organoids through a Retinoic Acid-Independent Mechanism. PLoS ONE. 2016.08; 11 (8): e0162049. ( PubMed, DOI )

  23. Kengo Nozaki, Wakana Mochizuki, Yuka Matsumoto, Taichi Matsumoto, Masayoshi Fukuda, Tomohiro Mizutani, Mamoru Watanabe, Tetsuya Nakamura. Co-culture with intestinal epithelial organoids allows efficient expansion and motility analysis of intraepithelial lymphocytes. J. Gastroenterol. 2016.03; 51 (3): 206-213. ( PubMed, DOI )

  24. Nobukatsu Horita, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Masayoshi Fukuda, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Yasuhiro Nemoto, Shiro Yui, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fluorescent labelling of intestinal epithelial cells reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt. Biochem Biophys Res Commun. 2014.10; 454 (4): 493-499. ( PubMed, DOI )

  25. Masayoshi Fukuda, Tomohiro Mizutani, Wakana Mochizuki, Taichi Matsumoto, Kengo Nozaki, Yuriko Sakamaki, Shizuko Ichinose, Yukinori Okada, Toshihiro Tanaka, Mamoru Watanabe, Tetsuya Nakamura. Small intestinal stem cell identity is maintained with functional Paneth cells in heterotopically grafted epithelium onto the colon. Genes Dev. 2014.08; 28 (16): 1752-1757. ( PubMed, DOI )

  26. Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Distinct expression patterns of Notch ligands, Dll1 and Dll4, in normal and inflamed mice intestine. PeerJ. 2014.05; 2 (1): e370. ( PubMed, DOI )

  27. Tomohiro Mizutani, Tetsuya Nakamura, Ryo Morikawa, Masayoshi Fukuda, Wakana Mochizuki, Yuhki Yamauchi, Kengo Nozaki, Shiro Yui, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe. Real-time analysis of P-glycoprotein-mediated drug transport across primary intestinal epithelium three-dimensionally cultured in vitro. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2012.03; 419 (2): 238-243. ( PubMed, DOI )

  28. Shiro Yui, Tetsuya Nakamura, Toshiro Sato, Yasuhiro Nemoto, Tomohiro Mizutani, Xiu Zheng, Shizuko Ichinose, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Hans Clevers, Mamoru Watanabe. Functional engraftment of colon epithelium expanded in vitro from a single adult Lgr5⁺ stem cell. Nat. Med.. 2012.03; 18 (4): 618-623. ( PubMed, DOI )

  29. 水谷 知裕, 清水 寛路, 永田 紗矢香, 杉原 ハディ優樹, 平栗 優衣, 竹岡 さや香, 高橋 純一, 伊藤 剛, 岡本 隆一, 渡辺 守. 再生医療の最前線 炎症性腸疾患に対する再生医療 日本病理学会会誌. 2021.03; 110 (1): 139. ( 医中誌 )

  30. 水谷 知裕, 岡本 隆一. 【My Medicine(マイ・メディシン)-オルガノイド研究が拓く新しい医療のかたち】移植再生研究の観点から 腸オルガノイドによるマイ・メディシン 炎症性腸疾患に対する腸上皮幹細胞再生医療 医学のあゆみ. 2021.02; 276 (6): 662-666. ( 医中誌 )

  31. 水谷 知裕, 岡本 隆一. 【My Medicine(マイ・メディシン)-オルガノイド研究が拓く新しい医療のかたち】移植再生研究の観点から 腸オルガノイドによるマイ・メディシン 炎症性腸疾患に対する腸上皮幹細胞再生医療 医学のあゆみ. 2021.02; 276 (6): 662-666. ( 医中誌 )

  32. 水谷知裕、清水寛路、高橋純一、土屋麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、伊藤 剛、油井史郎、渡辺 守、岡本隆一. 特集:IBD話題の治療法の現況を知る! 「IBDにおける腸管上皮再生医療」 IBD Research. 2020.09; 14 (3):

  33. 水谷 知裕, 清水 寛路, 高橋 純一, 土屋 麻央, 平栗 優衣, 竹岡 さや香, 杉原 ハディ優樹, 永田 紗矢香, 伊藤 剛, 油井 史郎, 渡辺 守, 岡本 隆一. 【IBD話題の治療法の現況を知る!】IBDにおける腸管上皮再生医療 IBD Research. 2020.09; 14 (3): 166-171. ( 医中誌 )

  34. 水谷 知裕. 培養上皮移植法を用いる腸上皮再生機構解析 日本応用酵素協会誌. 2017.03; (51): 106-107. ( 医中誌 )

  35. 岡本隆一、林 歩美、藤井 悟、水谷知裕、土屋輝一郎、中村哲也、渡辺 守. 【特集:消化管の再生】上皮幹細胞を用いた消化管再生医療 Medical Sciense Digest. 2016.02; 42 (2): 69-72.

  36. 水谷知裕, 中村哲也, 渡辺 守. 【腸管免疫の制御】 腸管上皮幹細胞と腸管上皮の恒常性維持機構 臨床免疫・アレルギー科. 2015.10; 64 (4): 332-337. ( 医中誌 )

  37. 水谷知裕, 中村哲也. 【消化管の再生医療】大腸上皮移植による再生医療 G.I.Research. 2014.10; 22 (5): 20-26. ( 医中誌 )

  38. 伊藤 剛, 岡本隆一, 清水寛路, 村野竜朗, 水谷知裕, 油井史郎, 土屋輝一郎, 中村哲也, 渡辺 守. 腫瘍をめぐるQ&A(Question45) Lgr5とは? Surgery Frontier. 2012.06; 19 (2): 224-227. ( 医中誌 )

  39. 中村 哲也, 油井 史郎, 水谷 知裕, 渡辺 守. 【消化器幹細胞研究の可能性】 腸上皮の幹細胞 G.I.Research. 2012.02; 20 (1): 16-20. ( 医中誌 )

  40. 岡本 隆一, 清水 寛路, 村野 竜朗, 伊藤 剛, 堀田 伸勝, 鄭 秀, 加納 嘉人, 野崎 賢吾, 福田 将義, 水谷 知裕, 油井 史郎, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【免疫統御からみた新しいIBD治療】 腸管細胞の分化・再生の制御機構からみたIBD治療へのアプローチ IBD Research. 2011.12; 5 (4): 226-231. ( 医中誌 )

  41. 水谷 知裕, 中村 哲也, 油井 史郎, 渡辺 守. 【消化管幹細胞】 腸管上皮幹細胞研究の新展開 細胞. 2011.07; 43 (8): 286-289. ( 医中誌 )

  42. 水谷知裕, 中村哲也, 渡辺 守. 【消化器癌のCancer Stem Cell、Cancer Initiating Cell】 腸管上皮の幹細胞を探る 分子消化器病. 2011.03; 8 (1): 7-13. ( 医中誌 )

  43. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. IBDの最新の話題 基礎編(第14回) 炎症粘膜上皮の再生制御機構 IBD Research. 2010.06; 4 (2): 121-126. ( 医中誌 )

  44. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 クローン病・潰瘍性大腸炎の難治性潰瘍も幹細胞を用いた再生医療で治せるか 分子消化器病. 2009.12; 6 (4): 353-358. ( 医中誌 )

  45. 水谷知裕, 瀬戸洋平, 横田亜矢. 神経科長期入院の66歳男性が低体温・低血糖・痙攣をきたし死亡した1例 旭中央病院医報. 2007.02; 28 (2): 210-214. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 水谷知裕,中村哲也,福田将義,渡辺 守. 【再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線】 (第1章)多能性幹細胞と体性幹細胞 腸管上皮幹細胞と培養上皮幹細胞を利用した移植技術. 羊土社, 2015.02

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ishibashi F, Shimizu H, Nakata T, Fujii S, Suzuki K, Kawamoto A, Anzai S, Kuno R, Nagata S, Ito G, Murano T, Mizutani T, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Okamoto R, Watanabe M. Lineage tracing reveals contribution of atoh1+ cell-derived stem cells in the homeostasis, repair, and carcinogenesis of the intestinal epithelium. DDW2017 2017.05.09 Chicago(USA)

  2. Minami Hama, Ayumi Hayashi, Tomohiro Mizutani, Satoru Fujii, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ken Watanabe, Norio Shimizu, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Prevalence of viral DNA in the mucosal tissue and cultured organoids of inflammatory bowel disease patients.. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  3. Fujii, Satoru , Okamoto, Ryuichi , Nakata, Toru , Suzuki, Kohei , Ishibashi, Fumiaki, Kawamoto, Ami , Segawa, Sayaka Ohashi, Mizutani, Tomohiro , Tsuchiya, Kiichiro, Nakamura, Tetsuya , Watanabe, Mamoru . Establishment of a 3D cell culture-based screening platform to identify natural products that can regulate transepithelial water transport of the human gastrointestinal tract. Pacifichem2015 2015.12.17 Hawaii

  4. Nobuyuki Horita, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Masayoshi Fukuda, Tomohiro Mizutani, Ryuichi Okamoto, Testuya Nakamura and Mamoru Watanabe. A novel fluorescent labelling system into small intestinal organoid reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt.. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  5. Kohei Suzuki,Satoru Fujii,Toru Nakata,Ami Kawamoto,Fumiaki Ishibashi,Sayaka Ohashi Segawa, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya,Kazuo Otsuka,Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe . Enrichment of Intestinal Stem Cells by the 3D-Culture of IBD Patient Derived Intestinal epithelium. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  6. Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Satoru Fujii, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Distinct Expression Patterns of Notch Ligands, DLL1 and DLL4, in Normal and Inflamed Mice Intestine. The 2nd Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis 2014.06.21 Seoul

  7. Mizutani T. Successful Engraftment of Cultured Small Intestinal Epithelial Stem Cells onto Damaged Colonic Mucosa by Heterotopic Transplantation. GI Research Academy 2014 2014.06.06 Tokyo

  8. Mizutani T, Fukuda M, Mochizuki W, Matsumoto T, Nozaki K, Ichinose S, Watanabe M, Nakamura T. Successful Engraftment of Cultured Small Intestinal Epithelial Stem Cells onto Damaged Colonic Mucosa by Heterotopic Transplantation. Digestive Disease Week 2014 2014.05.03 Chicago

  9. 岡本隆一,村野竜朗,伊藤 剛,中田 徹,日比谷秀爾,藤井 悟,清水寛路,水谷知裕,土屋輝一郎,中村哲也,渡辺 守. 炎症性腸疾患におけるNotch-Hes1シグナルを介した粘膜再生機構の解析. 浜名湖シンポジウム 2013.12.21 浜松

  10. Mizutani T, Nakamura T, Morikawa R, Fukuda M, Mochizuki W, Yamauchi Y, Nozaki K, Yui S, Okamoto R, Tsuchiya K, Watanabe M. Real-time analysis of p-glycoprotein-mediated drug transport across primary intestinal epitherial cells three-dimensionally cultured in vitro. DDW 2012 2012.05.19 San Diego

  11. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  12. 五月女 浩子, 河本 亜美, 小金井 一隆, 冨井 翔平, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 清水 寛路, 伊藤 剛, 水谷 知裕, 油井 史郎, 根本 泰宏, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 永石 宇司, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2021.02.01

  13. 川西真明、河﨑 翔、田中将平、伊藤 剛、北畑富貴子、水谷知裕、新田沙由梨、福田将義、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、朝比奈靖浩、岡本隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会 関東支部第362回例会 2020.12.05

  14. 川西 真明, 河崎 翔, 田中 将平, 伊藤 剛, 北畑 富貴子, 水谷 知裕, 新田 沙由梨, 福田 将義, 村川 美也子, 油井 史郎, 根本 泰宏, 岡田 英理子, 大島 茂, 井津井 康浩, 中川 美奈, 土屋 輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2020.12.01

  15. 水谷知裕、岡本隆一、渡辺 守. 炎症性腸疾患に対する上皮再生医療. 第48回 日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 Web開催

  16. 水谷 知裕, 岡本 隆一, 渡辺 守. 炎症性腸疾患に対する上皮再生医療. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  17. 水谷知裕. 自らの手で大腸癌を作り出せるか? 〜ヒト大腸オルガノイドを用いた逆説的アプローチ〜. 第26回 東京西部消化器先端医療勉強会 2020.06.04 Web開催

  18. 水谷知裕、中村哲也、渡辺 守. 【パネルディスカッション1:Translational medicine への展開を目指した腸疾患研究】消化管上皮幹細胞を用いた腸炎治療法の開発. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.23 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  19. 鈴木康平、石橋史明、河本亜美、藤井 悟、中田 徹、清水寛路、伊藤 剛、土屋輝一郎、水谷知裕、中村哲也、岡本隆一、渡辺 守. 【IBD 基礎1】炎症性腸疾患における小腸上皮幹細胞・体外培養の試み. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  20. 岡本隆一、林 歩美、水谷知裕、渡邉 健、清水則夫、松岡克善、土屋輝一郎、大塚和朗、中村哲也、関矢一郎、渡辺 守. 炎症性腸疾患の患者粘膜及び培養腸上皮細胞におけるウィルスDNA検出の試み. 第15回日本再生医療学会総会 2016.03.19 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  21. 堤 大樹、 秋山慎太郎、 松岡克善、 和田祥城、 北畑富貴子、 福島啓太、 水谷知裕、 新田沙由梨、 藤井俊光、 岡田英里子、 大島 茂、 岡本隆一、 東 正新、 土屋輝一郎、 永石宇司、 長堀正和、 中村哲也、 朝比奈靖浩、 渡辺 守、 大塚和朗. 鋸歯状病変を合併した潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍の一例. 日本消化器病学会関東支部第336回例会 2015.09.26 東京

  22. 引山智香、大谷賢志、勝倉暢洋、藤井俊光、松岡克善、水谷知裕、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、東 正新、永石宇司、長堀正和、荒木昭博、中村哲也、渡邊 守、岡田英里子、福田将義、大塚和朗、渡邊 健、石田信也. クローン病で免疫調節薬による加療中に好中球減少を認め、自己免疫性無顆粒球症と診断した一例 . 日本消化器病学会関東支部第335回例会 2015.07.18 東京

  23. 秋山慎太郎、大岡真也、水谷知裕、松岡克善、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫染色が診断の一助となった肝内胆管癌小腸転移の1例. 第100回日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  24. 水谷知裕. 専修医セッション「小腸」(座長). 日本消化器病学会関東支部第333回例会 2015.05.23 東京

  25. 勝倉暢洋、秋山慎太郎、井上恵美、竹中健人、木村麻衣子、松沢 優、水谷知裕、福田将義、村川美也子、清水寛路、和田祥城、藤井俊光、櫻井 幸、斎藤詠子、渡辺貴子、藤田めぐみ、井津井康浩、岡田英里子、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、大岡真也、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肺血栓塞栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例. 第23回御茶の水消化器セミナー 2015.03.25 東京

  26. 水谷知裕、中村哲也、福田将義、渡辺 守. 大腸への異所移植における培養小腸上皮幹細胞の固有性とパネート細胞機能の維持. 第33回Cytoprotection研究会 2015.03.20 京都

  27. 杉本京子、勝倉暢洋、藤井俊光、斎藤詠子、松岡克善、水谷知裕、藤田めぐみ、岡田英理子、土屋輝一郎、柿沼 晴、岡本隆一、東 正新、大岡真也、永石宇司、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会関東支部第333回例会 2015.02.28 東京

  28. 水谷知裕. 大腸への異所性移植における培養小腸上皮幹細胞の固有性とパネート細胞機能の維持. 日本応用酵素協会「全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成 第4回研究発表会 2014.12.04 東京

  29. 水谷知裕. 正常腸管上皮培養法を用いたin vitroにおける腸管上皮機能解析モデルの確立. 第4回Japan Gut Forum 2013.01

  30. 水谷知裕、中村哲也、福田将義、望月和歌菜、山内祐樹、野崎賢吾、油井史郎、根本泰宏、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. 正常小腸上皮培養細胞を用いたP-gp依存性薬剤排出機構の解析. 第20回浜名湖シンポジウム 2012.12.22 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

  31. 水谷知裕,中村哲也,渡辺 守. 正常小腸上皮培養細胞を用いたP-gp依存性薬剤排出機構の解析. 第50回小腸研究会 2012.11.12 京都

  32. 水谷知裕. 腸管上皮培養技術が切り開く新しい可能性. 第18回多摩消化器先端医療勉強会 2012.06.12 東京

  33. 水谷知裕,中村哲也,渡辺 守. 正常小腸上皮培養細胞を用いたMDR1依存性薬剤排出機構の解析. 第98階日本消化器病学会総会 2012.04.20 東京

  34. 油井史郎、中村哲也、根本泰宏、水谷知裕、鄭 秀、一ノ瀬志津子、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. 大腸上皮幹細胞新規培養法と培養幹細胞移植による大腸組織修復. 第18回浜名湖シンポジウム 2010.12.25 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究開発代表者:渡辺 守 研究開発分担者:岡本隆一、水谷知裕、清水寛路,2021年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 研究活動スタート支援「ヒトiPS細胞由来自己組織化腸管スフェロイドによるグラフト製造および移植法の開発」研究代表者:水谷知裕,2020年09月

  • 公益社団法人日本応用酵素協会 2015年度 若手研究助成事業−全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成「培養上皮移植法を用いる腸上皮再生機構解析」受賞者:水谷知裕,2015年09月

  • 東京医科歯科大学学内研究助成 平成27年度学長裁量優秀若手研究者奨励賞「培養上皮移植による上皮キメリズムモデル作成と上皮境界維持機構の解明」受賞者:水谷知裕,2015年09月

  • 平成27年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:水谷知裕,2015年04月

  • 平成26年度 独立行政法人 科学技術振興機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:水谷知裕,平成26年度 独立行政法人 科学技術振興機構,2014年04月

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B): 課題番号25860524「動物由来因子を使用しないヒト大腸幹細胞培養技術の確立」研究代表者:水谷知裕,2014年04月

  • 日本消化器病学会 海外学会参加助成 (2014年度AGA-DDW)「Successful Engraftment of Cultured Small Intestinal Epithelial Stem Cells onto Damaged Colonic Mucosa by Heterotopic Transplantation.」研究代表者:水谷知裕,2014年

  • 財団法人 国際科学振興財団 平成25年度消化器領域研究助成(第20回浜名湖シンポジウム)「正常小腸上皮培養細胞を用いたP-gp依存性薬剤排出機構の解析」研究代表者:水谷知裕,2013年12月

  • 2013年度 Japan Gut Club研究奨励助成金 奨励賞「正常腸管上皮培養法を用いたin vitroにおける腸管上皮機能解析モデルの確立」研究代表者:水谷知裕,2013年

  • 財団法人日本応用酵素協会 平成25年度「全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成」研究助成金「小腸上皮培養細胞を用いた上皮移植技術の確立」研究代表者:水谷知裕,2013年

▼全件表示