基本情報

写真a

橋本 良秀(ハシモト ヨシヒデ)

HASHIMOTO Yoshihide


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年12月
    -
    2015年10月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 脱細胞化再生医療材料学研究部門 助教
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 物質医工学 助教
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 物質医工学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • ライフサポート学会

  • 日本人工臓器学会

  • 日本再生医療学会

  • 高分子学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本心臓血管外科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    現在
    ライフサポート学会  フロンティア講演会運営委員
  • 2017年04月
    -
    2017年11月
    日本バイオマテリアル 学会 第39回日本バイオマテリアル学会大会 実行委員
  • 2018年
    -
    現在
    日本材料科学会 インフォマティック・バイオマテリアル基礎研究会 運営委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学

  • 高分子化学

  • 生体化学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • プログラム細胞死細胞を原料とした新しい人工細胞外小胞の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 脱細胞化角膜実質足場での再生メカニズム解析と角膜類似構造体の構築に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 脱細胞化生体組織を規範とするTissueoid(人工生体組織)の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 脱細胞化組織を基盤とするソフトナノ粒子複合材料の開発と心筋梗塞治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 細胞微小環境の協奏的制御による神経組織の再生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 脱細胞化角膜実質足場での再生メカニズム解析と角膜類似構造体の構築に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 反応性スパッタによるチタン製循環器用材料の開発と抗血栓性発現メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脱細胞化組織機能の解明によるDestination Useデバイス設計指針の獲得

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脱細胞化角膜実質足場での再生メカニズム解析と角膜類似構造体の構築に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mika Suzuki、Tsuyoshi Kimura、Yukina Yoshida、Mako Kobayashi、Yoshihide Hashimoto、Hironobu Takahashi、Tatsuya Shimizu、Shota Anzai、Naoko Nakamura、Akio Kishida. In Vitro Tissue Reconstruction Using Decellularized Pericardium Cultured with Cells for Ligament Regeneration Polymers. 2022.06; 14 (12): ( DOI )

  2. Yoshihide Hashimoto, Akitatsu Yamashita, Jun Negishi, Tsuyoshi Kimura, Seiichi Funamoto, and Akio Kishida. 4-Arm PEG-Functionalized Decellularized Pericardium for Effective Prevention of Postoperative Adhesion in Cardiac Surgery ACS Biomaterials Science & Engineering . 2022.01; 8 (1): 261-272. ( DOI )

  3. Shunji Kurokawa,Yoshihide Hashimoto,Seiichi Funamoto,Kozue Murata,Akitatsu Yamashita,Kazuhiro Yamazaki,Tadashi Ikeda,Kenji Minatoya,Akio Kishida,Hidetoshi Masumoto . In vivo recellularization of xenogeneic vascular grafts decellularized with high hydrostatic pressure method in a porcine carotid arterial interpose model PLoS One. 2021.07; 16 (7): ( DOI )

  4. Tsuyoshi Kimura, Rino Tokunaga, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Tumor growth suppression by implantation of an anti-CD25 antibody-immobilized material near the tumor via regulatory T cell capture Science and Technology of Advanced Materials. 2021.06; 22 (1): 607-615.

  5. Mako Kobayashi,Masako Ohara,Yoshihide Hashimoto,Naoko Nakamura,Toshiya Fujisato,Tsuyoshi Kimura,Akio Kishida. Effect of luminal surface structure of decellularized aorta on thrombus formation and cell behavior PLOS ONE. 2021.05; 16 (5): e0246221. ( DOI )

  6. Kotaro Yanagisawa, Seiichi Funamoto, Yoshihide Hashimoto, Jun Negishi. Introduction of cells into porous Poly (L-lactic) acid scaffolds using impregnation techniques Tissue Eng Part C: Methods. 2020.12; 26 (12): 608-616. ( DOI )

  7. Mako Kobayashi, Masao Ohara, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Toshiya Fujisato, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. In vitro evaluation of surface biological properties of decellulaized cardiovasucular use J Mater Chem B. 2020.12; 8 10977-10989. ( DOI )

  8. Masaki Watanabe, Hanao Maedam, Yoshihide Hashimoto, Tsuyorhi Kimura, Akio Kishida. Protein adsorption and cell adhension behavior of engineering plastics plasticized by supercritical carbon dioxide Dent Mater J. 2020.12; 39 (6): 1033-1038. ( DOI )

  9. Yongwei Zhang, Kwangwoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Pingli Wu, Naoko Nakamura, Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Akio Kishida. Preparation of gradient-type biological tissue–polymer complex for interlinking device Mater Sci Eng C-Mater Biol App. 2020.09; 114 111017. ( DOI )

  10. Mako Kobayashi,Junpei Kadota,Yoshihide Hashimoto,Toshiya Fujisato,Naoko Nakamura,Tsuyoshi Kimura,Akio Kishida. Elastic Modulus of ECM Hydrogels Derived from Decellularized Tissue A ects Capillary Network Formation in Endothelial Cells Int J Mol Sci. 2020.09; 21 (17): 6304. ( DOI )

  11. Masaki Watanabe, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Characterization of engineering plastics plasticized using supercritical CO2 Polymers. 2020.01; 12 (1): 134. ( DOI )

  12. Jun Negishi, Seiichi Funamoto, Yoshihide Hashimoto, Kotaro Yanagisawa. PLA-collagen composite scaffold fabrication by vacuum pressure impregnation Tissue Eng Part C: Methods. 2019.12; 25 (12): 742-747. ( DOI )

  13. Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Shuji Sasaki, Jun Negishi, Shinya Hattori, Takako Honda, Tsuyoshi Kimura, Hisatoshi Kobayashi, Akio Kishida. Re-epithelialization and remodeling of decellularized corneal matrix in a rabbit corneal epithelial wound model Mater Sci Eng C-Mater Biol App. 2019.09; 102 238-246. ( DOI )

  14. Tsuyoshi Kimura, Mayuka Kondo, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Surface topography of PDMS replica transferred from various decellularized aortic lumens affects cellular orientation ACS Biomater Sci Eng. 2019.04; 5 (11): 5721-5726. ( DOI )

  15. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Yoshihiro Sasaki, Kazunari Akiyoshi. Nanogel tectonics for tissue engineering: Protein delivery systems with nanogel chaperones Adv Healthc Mater. 2018.12; 7 (23): e1800729. ( DOI )

  16. Yongwei Zhang, Takuya Iwata, Kwangwoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Pingli Wu, Naoko Nakamura, Yoshihide Hashimoto, Akio Kishida. Water absorption by decellularized dermis Heliyon. 2018.04; 4 (4): e00600. ( DOI )

  17. Jun Negishi, Yoshihide Hashimoto, Akitatsu Yamashita, Yongwei Zhang, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida, Seiichi Funamoto. Evaluation of small-diameter vascular grafts reconstructed from decellularized aorta sheets J Biomed Mater Res Part A. 2017.05; 105 (5): 1293-1298. ( PubMed, DOI )

  18. Hiroki Maeda, Hiroshi Kobayashi, Takayuki Miyahara, Yoshihide Hashimoto, Kazunari Akiyoshi, Shohei Kasugai. Effects of a polysaccharide nanogel-crosslinked membrane on wound healing J Biomed Mater Res Part B Appl Biomater. 2017.04; 105 (3): 544-550. ( PubMed, DOI )

  19. Tsuyoshi Kimura, Naoko Nakamura, Kanji Umeda, Yoshihide Hashimoto, Akio Kishida. Capture and release of cells using a temperature-responsive surface that immobilizes an antibody through DNA duplex formation J Biomater Sci Polym Ed. 2017.03; 28 (10-12): 1172-1182. ( PubMed, DOI )

  20. Gunce E. Cinay, Pelin Erkoc, Mohammad Alipour, Yoshihide Hashimoto, Yoshihiro Sasaki, Kazunari Akiyoshi, Seda Kizilel. Nanogel-integrated pH responsive composite hydrogels for controlled drug delivery ACS Biomaterials Science and Engineering. 2017.01; 3 (3): 370-380. ( DOI )

  21. Jun Negishi, Yoshihide Hashimoto, Akitatsu Yamashita, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida, Seiichi Funamoto. Histological structure affects recellularization of decellularized arteries Mater Sci Eng C Mater Biol Appl. 2017.01; 70 (Pt 1): 450-455. ( PubMed, DOI )

  22. Tsuyoshi Kimura, Naoko Nakamura, Nao Sasaki, Yoshihide Hashimoto, Shimon Sakaguchi, Shunsaku Kimura, Akio Kishida. Capture and release of target cells using a surface that immobilizes an antibody via desthiobiotin–avidin interaction Sens Mater. 2016.12; 28 (12): 1255-1263.

  23. Yoshihide Hashimoto, Shinya Hattori, Shuji Sasaki, Takako Honda, Tsuyoshi Kimura, Seiichi Funamoto, Hisatoshi Kobayashi, Akio Kishida. Ultrastructural analysis of the decellularized cornea after interlamellar keratoplasty and microkeratome-assisted anterior lamellar keratoplasty in a rabbit model Sci Rep. 2016.06; 6 27734. ( PubMed, DOI )

  24. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-chi Sawada, Yoshihiro Sasaki, Kazunari Akiyoshi. Advanced artificial extracellular matrices using amphiphilic nanogel-crosslinked thin films to anchor adhesion proteins and cytokines ACS Biomater Sci Eng. 2016.02; 2 (3): 375-384.

  25. Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Shuji Sasaki, Jun Negishi, Takako Honda, Shinya Hattori, Kwangwoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Manabu Mochizuki, Hisatoshi Kobayashi, Akio Kishida. Corneal Regeneration by Deep Anterior Lamellar Keratoplasty (DALK) Using Decellularized Corneal Matrix PLoS ONE. 2015.07; 10 (7): e0131989. ( PubMed, DOI )

  26. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-ichi Sawada, Yoshihiro Sasaki, Kazunari Akiyoshi. Nanogel tectonic porous gel loading biologics, nanocarriers, and cells for advanced scaffold Biomaterials. 2015.01; 37 107-115. ( PubMed, DOI )

  27. Hidetaka Fujii, Masaharu Shin-Ya, Shigeo Takeda, Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-ichi Sawada, Tetsuya Adachi, Kazunari Akiyoshi, Tsuneharu Miki, Osam Mazda. Cycloamylose-nanogel drug delivery system-mediated intratumor silencing of the vascular endothelial growth factor regulates neovascularization in tumor microenvironment Cancer Sci. 2014.12; 105 (12): 1616-1625. ( PubMed, DOI )

  28. Jun Negishi, Kwangwoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Tetsuya Higami, Toshiya Fujisato, Akio Kishida. Fabrication of a heparin-PVA complex hydrogel for application as a vascular access J Biomed Mater Res Part B Appl Biomater. 2014.10; 102 (7): 1426-1433. ( PubMed, DOI )

  29. Jun Negishi, Yoshihide Hashimoto, Kwangoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Seiichi Funamoto, Akio Kishida. Application of a vacuum pressure impregnation technique for rehydrating decellularized tissues Tissue Eng Part C: Methods. 2014.09; 20 (9): 724-730. ( PubMed, DOI )

  30. Masako Yokota, Yukiho Kobayashi, Jumpei Morita, Hiroyuki Suzuki, Yoshihide Hashimoto, Yoshihiro Sasaki, Kazunari Akiyoshi, Keiji Moriyama. Therapeutic effect of nanogel-based delivery of soluble FGFR2 with S252W mutation on craniosynostosis PLoS ONE. 2014.07; 9 (7): e101693. ( PubMed, DOI )

  31. Kwangwoo Nam, Yuuki Sakai, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Fabrication of a heterostructural fibrillated collagen matrix for the regeneration of soft tissue function Soft Matter. 2012.01; 8 (2): 472-480. ( DOI )

  32. Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Tsuyoshi Kimura, Kwangwoo Nam, Toshiya Fujisato, Akio Kishida. The effect of decellularized bone/bone marrow produced by high-hydrostatic pressurization on the osteogenic differentiation of mesenchymal stem cells Biomaterials. 2011.10; 32 (29): 7060-7067. ( PubMed, DOI )

  33. Kwangwoo Nam, Rie Fukaya, Yoshihide Hashimoto, Yukiko Ito, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Human Mesenchymal Stem cell behavior on concentrated polymer brushes presenting different surface stiffness Chem Lett. 2010.11; 39 (11): 1164-1165. ( DOI )

  34. Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Shuji Sasaki, Takako Honda, Shinya Hattori, Kwangwoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Manabu Mochizuki, Toshiya Fujisato, Hisatoshi Kobayashi, Akio Kishida. Preparation and characterization of decellularized cornea using high-hydrostatic pressurization for corneal tissue engineering Biomaterials. 2010.05; 31 (14): 3941-3948. ( PubMed, DOI )

  35. Seiichi Funamoto, Kwangwoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Ayako Murakoshi, Yoshihide Hashimoto, Kazuo Niwaya, Soichiro Kitamura, Toshiya Fujisato, Akio Kishida. The use of high-hydrostatic pressure treatment to decellularize blood vessels Biomaterials. 2010.05; 31 (13): 3590-3595. ( PubMed, DOI )

  36. Chiaki Yoshikawa, Yoshihide Hashimoto, Shinya Hattori, Takako Honda, Kun Zhang, Dohiko Terada, Akio Kishida, Yoshinobu Tsujii, Hisatoshi Kobayashi. Suppression of cell adhesion on well-defined concentrated polymer brushes of hydrophilic polymer Chem Lett. 2010.02; 39 (2): 142-143. ( DOI )

  37. Shuji Sasaki, Seiichi Funamoto, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Takako Honda, Shinya Hattori, Hisatoshi Kobayashi, Akio Kishida, Manabu Mochizuki. In vivo evaluation of a novel scaffold for artificial corneas prepared by using ultrahigh hydrostatic pressure to decellularize porcine corneas Mol Vis. 2009.10; 15 2022-2028. ( PubMed )

  38. 山下暁立, 舩本誠一, 張 永巍, 橋本良秀, 岸田晶夫. 小口径グラフトとしての生体由来脱細胞化血管の有用性 日本心臓外科学会誌. 2020.03; 49 (2): 45-51. ( DOI )

  39. 山下暁立, 舩本誠一, 張永巍, 橋本良秀, 岸田晶夫. 開心術後の癒着防止材料の評価を目的とした心膜癒着動物モデルの構築および製品評価 胸部外科. 2018.09; 71 (9): 658-663.

  40. 木村剛, 中村奈緒子, 橋本良秀, 坂口志文, 木村俊作, 岸田晶夫. 解離型分子を介した抗体固定化グラフト表面を用いた選択的な細胞捕獲・回収による細胞分離 高分子論文集. 2018.03; 75 (2): 155-163. ( DOI )

  41. 橋本良秀, 舩本誠一, 根岸淳, 岸田晶夫. 人工角膜の最前線 材料の科学と工学. 2017.02; 54 (1): 10-13.

  42. 舩本誠一, 吾郷友亮, 橋本良秀, 根岸淳, 南 広祐, 木村 剛, 樋上哲哉, 岸田晶夫. 酸素供給マトリクスとしての脱細胞化肝臓の応用 ライフサポート. 2013.10; 25 (3): 76-81. ( DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Shuji Sasaki, Tsuyoshi Kimura, Hisatoshi Kobayashi, Akio Kishida. Decellularized matrix for corneal tissue engineering: Recent advances in development and clinical potential, Decellularized Extracellular Matrix: Characterization, Fabrication and Applications. RSC Publishing, 2019.12 Chapter 12 Decellularized matrix for corneal tissue engineering: Recent advances in development and clinical potential (ISBN : 978-1-78801-467-0)

  2. Akio Kishida, Seiichi Funamoto, Jun Negishi, Yoshihide Hashmoto, Kwangoo Nam, Tsuyoshi Kimura, Toshiya Fujisato, Hisatoshi Kobayashi. Tissue Engineering with Natural Tissue Matrics, Advances in Science and Technology. Trans Tech Publications, Switzerland, 2010.10

  3. 小林尚俊, 橋本良秀, 舩本誠一, 岸田晶夫. 第III編 第14章 角膜, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. 2019.04 第III編 第14章 角膜

  4. 舩本誠一, 橋本良秀. 第II編 第2章 脱細胞化組織の作製法, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. シーエムシー出版, 2019.04 第II編 第2章 脱細胞化組織の作製法

  5. 橋本良秀, 秋吉一成. 第5章 高分子合成・加工技術: 5.2 ナノキャリアとイメージング材料, 化学便覧 応用化学編 第7版. 丸善出版株式会社, 2014.01 第5章 高分子合成・加工技術: 5.2 ナノキャリアとイメージング材料

  6. 橋本良秀, 秋吉一成. 第15章 ペプチド・タンパク質性医薬品の新規投与形態の開発: 3 機能性ナノゲルを用いたタンパク質デリバリー, 非経口投与製剤の開発と応用-次世代型医薬品の新規投与形態の開拓を目指して-. 2013.06 第15章 ペプチド・タンパク質性医薬品の新規投与形態の開発: 3 機能性ナノゲルを用いたタンパク質デリバリー (ISBN : 978-4-7813-0798-5)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Mika Suzuki、Yuta Nakano、Yoshihide Hashimoto、Hironobu Takahashi、Tatsuya Shimizu、Noko Nakamura、Tsuyoshi Kimura、Akio Kishida. Recellularization of partially mineralized membranous decellularized tissue for locomotor regeneration. MRM2021 2021.12.13 神奈川

  2. Tsuyohi Kimura、Rino Tokunaga、Yoshihide Hashimoto、Naoko Nakamura、Akio Kishida. Tumor growth suppression by releasing cancer immune suppression using an anti-CD25 antibody-immobilized material. MRM2021 2021.12.13 神奈川

  3. Mika Suzuki, Yuta Nakano, Yoshihide Hashimoto, Hironobu Takahashi, Tatsuya Shimizu, Naoko Nakamura,Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida . Preparation of a mineralized decellularized pericardium by alternate soaking for enhancing bone affinity. ISBE2021 2021.12.02 Web

  4. Tsuyoshi Kimura, Eri Yasuda, Yoshihide Hashimoto, Ikuro Suzuki, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Classification of HHP and SDS decellularized tissue histology images using artificial intelligence. ISBE2021 2021.12.02 Web

  5. Yoshihide Hashimoto, Akitatsu Yamashita, Jun Negishi, Tsuyoshi Kimura, Seiichi Funamoto, Akio Kishida. Four-arm PEG-functionalized decellularized pericardium as an effective post-operative pericardial adhesion barrier. ISBE2021 2021.12.02 Web

  6. Tsuyoshi Kimura、Mika Suzuki、Yoshihide Hashimoto、Hironobu Takahashi、Tatsuya Shimizu、Naoko Nakamura、Akio Kishida. In vitro tissue reconstruction using decellularized pericardium cultured with cells for ligament regeneration. 2021 6th TERMIS-WC 2021.11.15 WEB開催

  7. Mako Kobayashi、Naoki Ishida、Yoshihide Hashimoto、Jun Negishi、Hideki Saga、Yoshihiro Sasaki、Kazunari Akiyoshi、Tsuyoshi Kimura、Akio Kishida. Extraction of matrix-bound nanovesicles (MBVs) from high-hydrostatic pressure decellularized tissue and evaluation on vascular endothelial cells. 2021 6th TERMIS-WC 2021.11.15 WEB開催

  8. Shota Toda、Yoshihide Hashimoto、Tsuyoshi Kimura、Akio Kishida. Preparation of macrophage adhering particles for immunological evaluation of biomaterials . 2021 6th TERMIS-WC 2021.11.15 WEB開催

  9. T. Kimura, J. Kadota, N. Nakamura, Y. Hashimoto, A. Kishida. Network formation of endothelial cells on decellularized ECM hydrogels. MRM2019 2019.12.10 Kanagawa, Japan

  10. A. Kishida, J. Kadota, N. Nakamura, Y. Hashimoto, T. Kimura. Network formation of endothelial cells on hydrogels derived from decellurarized matrices. TERMIS-AM Annual Congress and Exhibition 2019.12.02 Orland,USA

  11. M.Kobayashi, M,Ohara, Y. Hashimoto, N.Nakamura, T. Fujisato, T. Kimura, A. Kishida. Effect of basement membrane structure on cell behavior and function on decellularized aorta. TERMIS-AM Annual Congress and Exhibition 2019.12.02 Orland,USA

  12. S. Kurokawa, H. Masumoto, Y. Hashimoto, S. Funamoto, T. Ikeda, A. Kishida, K. Minatoya. Evaluation for patency and recellularization of decellularized vascular grafts with high hydrostatic pressure method in a xenotransplantation animal model. AHA 2019 2019.11.16 Philadelphia, USA

  13. Tsuyoshi Kimura, Rino Tokunaga, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Development of an implantable immunomodulatory material basaed on cell moving for cancer treatment. International Federation for Artificial Organs (IFAO) 2019 2019.11.13

  14. Tsuyoshi Kimura, Rino Tokunaga, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Development of an immunomodulatory biomaterial for cancer. International Conference on Materials and Systems for Sustainability (ICMaSS) 2019.11.02 Nagoya

  15. T.Kimura,J.Kadota,N.Nakamura,Y.Hashimoto,A.Kishida. Network formation of endothelial cells on Hydrogels Deriverd from Decellularized Matrices. TERMIS-AP 2019 2019.10.14 AUSTRALIA

  16. Akio Kishida,Rino Tokunaga,Yoshihide Hashimoto,Naoko Nakamura,Tsuyoshi Kimura. Development of an antibody-immobilized filter for capturing target Cells. ESB2019 2019.09.09 Dresden,Germany

  17. Tsuyoshi Kimura, Mako Kobayashi, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Naoko Nakamura, Akio Kishida. A synthetic replica having surface morphology of decellularized tissue regulated orientation and shape of cells. SFB2019 Annual Meeting and Exposition 2019.04.03 Seattle, USA

  18. Mako Kobayashi, Mayuka Kondo, Ayano Tamura, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. The effect of decellularization method on cell behavior on the decellularized aorta. SFB2019 Annual Meeting and Exposition 2019.04.03 Seattle,USA

  19. Junpei Kadota, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Characterization of ECM hydrogels prepared by different decellularization methods. 1st G’L’owing Polymer Symposium in KANTO 2018.12.15 Tokyo

  20. Mako Kobayashi, Mayuka Kondo, Ayano Tamura, Yoshihide Hashimoto,Toshiya Fujisato, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Cell behavior on the decellularized aorta with various basement membrane structures. 1st G’L’owing Polymer Symposium in KANTO 2018.12.15 Tokyo

  21. Junpei Kadota, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Preparation and characterization of ECM hydrogels derived from acellular urinary bladder matrix (UBM) and small intestinal submucosa (SIS). 3rd International Sympodium on Creation of Life Innovation Materials for Interdiciplinary and International Researcher Development (iLIM-3) 2018.09.25 Tokyo

  22. Tsuyoshi Kimura, Mayuka Kondo, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Bio-surface replicated from decellularized tissue. 3rd International Sympodium on Creation of Life Innovation Materials for Interdiciplinary and International Researcher Development (iLIM-3) 2018.09.25 Tokyo

  23. Tsuyoshi Kimura, Mayuka Kondo, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Cellular behavior on decellularized tissue and its replica. Frontier 2018 2018.09.19 lausanne, Switzerland

  24. Junpei Kadota, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. In vitro microvascular network formation in/on hydrogels derived from decellularized tissues. Frontier 2018 2018.09.19 lausanne, Switzerland

  25. Tsuyoshi Kimura, Mayuka Kondo, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Basement membrane topology of decellularized aorta and its synthetic replica affected endothelial cell behavior. 5th TERMIS World Congress 2018.09.05 Kyoto

  26. Tsuyoshi Kimura, Mayuka Kondo, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Surface topology of decellularized aorta and its synthetic replica affected cell behavior. 5th TERMIS World Congress 2018.09.04 Kyoto

  27. Junpei Kadota, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Preparation and characterization of hydrogels derived fromdecellularized urinary bladder matrix (UBM) and small intestinal submucosa (SIS). 5th TERMIS World Congress 2018.09.04 Kyoto

  28. Naruki Kimura, Kei Oya, Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Yuki Suzuki, Yuichiro Nawa, Akio Kishida, Takeo Nakano. Fabrication of visible marker on decellularized tissue for non-invasive techniques via sputtering. 5th TERMIS World Congress 2018.09.04 Kyoto

  29. Akio Kishida, Mayuka Kondo, Yoshihide Hashimoto, Toshiya Fujisato, Naoko Nakamura, Tsuyoshi Kimura.. Topological study of basement membrane of decellularized aorta using its synthetic replica. Finland-Japan Workshop: The next generation medical engineering in biomaterials 2018.06.17 Oulu, Finland

  30. Tsuyoshi Kimura, Naoko Nakamra, Yoshihide Hashimoto, Akio Kishida. Induction of immunogenic cell death of cancer cell by using chemical detergent treatment and its activation of immune system. Experimental Biology 2018 2018.04.21 SanDiego, USA

  31. T. Kimura, N. Nakamura, Y. Hashimoto, A. Kishida. Development of an antibody immobilizing device for label-free selective capture and collection of stem cells. TERMIS-AM 2017 2017.12.03

  32. Jun Negishi,Seiichi Funamoto,Yoshihide Hashimoto,Akitatsu Yamashita,Yongwei Zhang,Akio Kishida. Evaluation of Adult and Fetal Porcine Decellularized Tissues. 第2回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウム 2017.11.09 東京都

  33. Naruki Kimura,Kei Oya,Yoshihide Hashimoto,Yuki Suzuki,Yuichiro Nawa,Seiichi Funamoto,Akio Kishida,Takeo Nakano. Sputter-deposition of Distinguishable Marker on Decellularized Tissue for Non-invasive Imaging Techniques. 第2回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウム 2017.11.09 東京都

  34. Naoko Nakamura,Tsuyoshi Kimura,Yoshihide Hashimoto,Shimon Sakaguchi,Shunsaku Kimura,Akio Kishida. Label-free Capture and Collection of Target Cells Using a Surface Immobilizing Antibody Via Desthiobiotin-avidin Interaction. 第2回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウム 2017.11.09 東京都

  35. Tsuyoshi Kimura,Takaaki Kubota,Naoko Nakamura,Yoshihide Hashimoto,Akio Kishida. Preparation of ICD induced cancer cells and activation of immune system. iLIM-2 2017.09.29 Nagoya,Japan

  36. Naruki Kimura, Yoshihide Hashimoto, Seiichi Funamoto, Akio Kishida, Yongwei Zhang, Akitatsu Yamashita, Kei Oya, Takeo Nakano. Fabrication of visible marker on decellularized tissue for ultrasonography via reactive sputtering. 2017 TERMIS-EU Conference 2017.06.26 Davos, Switzerland

  37. T. Kimura, N. Nakamura, Y. Hashimoto, S. Sakaguchi, S. Kimura, A. Kishida. Label-free capture of lymphocytes using a surface immobilizing antibody. 第66回 高分子学会年次大会 2017.05.29 千葉

  38. T.Kimura,N.Nakamura,Y.Hashimoto,A.Odawara,I.Suzuki,A.Kishida. Neural network reconstruction on sliced acellular brains for brain organoids. SFB2017 Annual Meeting and Exposition 2017.04.05 Minneapolis,USA

  39. T.Kimura,N.Nakamura,Y.Hashimoto,S.Sakaguchi,S.Kimura,A.Kishida. Selective Capture of Regulatory T Cells for Cancer Immunotherapy. SFB2017 Annual Meeting and Exposition 2017.04.05 Minneapolis,USA

  40. N. Nakamura, T. Kimura, Y. Hashimoto, T. Fujisato, T. Tsuji, A. Kishida . Periodontal tissue reconstruction using decellularized PDL matrix and 3D-printed tooth. 2016 TERMIS-Americas Conference & Exhibition 2016.12.11 San Diego,USA

  41. T. Kimura, N. Nakamura, Y. Hashimoto, S. Sakaguchi, S. Kimura, A. Kishida . Label-free capture and collection of target cells using a surface immobilizing antibody. 2016 TERMIS-Americas Conference & Exhibition 2016.12.11 San Diego,USA

  42. T. Kimura, N. Nakamura, Y. Hashimoto, S. Sakaguchi, S. Kimura, A. Kishida. Capture and release of lymphocyte on an antibody-immobilized surface. ICBS2016 2016.11.28 Tokyo,Japan

  43. T. Kimura, Y. Hashimoto, N. Nakamura, Y. Igari, T. Kubota, M. Kondo, S. Higashino, A. Kishida. Development of decellularaized tissues for controlling stem cell functions. The International Symposium on Visualization in Joining & Welding Science through Advanced Measurements and Simulation 2016.10.17 Osaka,Japan

  44. T. Kimura, P. Wu, H. Morita, N. Nakamura, Y. Hashimoto, A. Yamashita, S. Funamoto, T. Fujisato, A. Kishida. Mechanical and biological properties of small-diameter decellularized vascular graft covered by electrospun fibers. 9th International Conference on Fiber and Polymer Biotechnology 2016.09.07 osaka,Japan

  45. A. Yamashita, Y. Hashimoto, Y. Zhang, S. Funamoto, A. Kishida. Animal model for evaluation of anti-adhesive materials after open heart surgery. 9th International Conference on Fiber and Polymer Biotechnology 2016.09.07 Osaka,Japan

  46. Yoshihide Hashimoto, Jun Negishi, Masaki Tabuchi, Akitatsu Yamashita, Akio Kishida, Seiichi Funamoto. Evaluation of decellularized tissue powder using a rat myocardial infarct model. 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2015.08 Milan, Italy

  47. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-ichi Sawada, Kazunari Akiyoshi. Fabrication of nanogel-crosslinked porous gels for tissue engineering applications. 41th CRS Annual Meeting & Exposition 2014.07 Chicago, USA

  48. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-ichi Sawada, Kazunari Akiyoshi. Nanogel-crosslinked porous gel for tissue engineering. 7th International Forum for Environment and Energy 2014.03 Kyoto, Japan

  49. Sada-atsu Mukai, Yoshihide Hashimoto, Yoshiro Tahara, Shin-ichi Sawada, Kazunari Akiyoshi. Structural and mechanical properties of nanogel-crosslinked materials. KIPS-ESPCI Workshop on Polymer Science 2013 2013.11 Paris, France

  50. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-ichi Sawada, Kazunari Akiyoshi. Nanogel crosslinked hydrogel with an interconnective porous structure for tissue engineering. 10th International Symposium on Frontiers in Biomedical Polymers 2013.06 Vancouver, Canada

  51. Yoshihide Hashimoto, Sada-atsu Mukai, Shin-ichi Sawada, Kazunari Akiyoshi. Biodegradable nanogel-crosslinked hydrogel with sustained drug release property for tissue engineering. 16th International Symposium on advances drug delivery systems 2013.01 SaltLake, USA

  52. 鈴木美加、木村剛、橋本良秀、岡田正弘、高橋宏信、清水達也、中村奈緒子、岸田晶夫. 硬-軟組織への適用を目指した膜状脱細胞化組織の石灰化および物性評価. 第51回医用高分子シンポジウム 2022.07.25 東京都

  53. 秋澤拓弥、橋本良秀、木村剛、岸田晶夫. 脱細胞化骨格筋マトリクスの筋サテライト細胞筋管形成促進効果の検討. 第51回医用高分子シンポジウム 2022.07.25 東京都

  54. 溝口 真司、木村 剛、橋本 良秀、中村 奈緒子、岸田 晶夫. 細胞集合体灌流による脱細胞化腎臓の再細胞化. 第61回日本生体医工学会大会 2022.06.28 新潟県

  55. 木村 剛,戸田 翔太,石垣 瑠梨,橋本 良秀,松島 隆英,浅原 弘嗣,野村 渉,中村 奈緒子,山本 雅哉. デザイナー細胞を⽤いた⾼分⼦材料の免疫評価. 第71回高分子学会年次大会 2022.05.25 オンライン

  56. 小林 真子,橋本 良秀,根岸 淳,嵯峨 秀樹,佐々木 善浩,秋吉 一成,木村 剛,岸田 晶夫. 種々の脱細胞化組織由来マトリクス結合型ナノベシクルの特性評価. 第71回高分子学会年次大会 2022.05.25 オンライン

  57. 鈴木美加, 木村剛, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 橋本良秀, 岸田晶夫. 硬-軟組織への適用を目指した膜状脱細胞化組織の再細胞化および部分石灰化. 第31回ライフサポート学会フロンティア講演会 2022.03.07 WEB開催

  58. 木村剛, 徳永梨乃, 萩原萌子, 橋本良秀, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 抗CD25抗体固定化材料を用いた制御性T細胞捕獲を介した腫瘍抑制. 第43回日本バイオマテリアル学会大会, 第8回アジアバイオマテリアル学会 2021.11.30 名古屋

  59. 戸田翔太, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. バイオマテリアルに対する免疫反応のin vitro評価を目指したマクロファージ担持微粒子の開発. 第43回日本バイオマテリアル学会大会, 第8回アジアバイオマテリアル学会 2021.11.29

  60. 小林真子, 橋本良秀, 根岸淳, 嵯峨秀樹, 佐々木善浩, 秋吉一成, 木村剛, 岸田晶夫. 種々の脱細胞化生体組織から抽出したマトリクス結合型ナノベシクルの細胞活性評価. 第43回日本バイオマテリアル学会大会, 第8回アジアバイオマテリアル学会 2021.11.29 名古屋

  61. 木村剛, 鈴木美加, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 岡田正弘, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 硬-軟境界組織の再生を目指した石灰化脱細胞化膜組織の調製. 第43回日本バイオマテリアル学会大会, 第8回アジアバイオマテリアル学会 2021.11.29 Web

  62. 戸田翔太、橋本良秀、木村剛、岸田晶夫. マクロファージ担持微粒子の調製と生体材料に対する異物反応のin vitro 評価法の開発. 第59回日本人工臓器学会大会 2021.11.25 千葉

  63. 橋本良秀、根岸淳、舩本誠一、木村剛、小林尚俊、岸田晶夫. 脱細胞化角膜実質による実質組織の再生. 第59回日本人工臓器学会大会 2021.11.25 千葉

  64. 木村剛、鈴木美加、橋本良秀、高橋宏信、清水達也、岡田正弘、中村奈緒子、岸田晶夫. 骨親和性向上のための脱細胞化心膜からなる靭帯様組織の石灰化. 第59回日本人工臓器学会大会 2021.11.25 千葉

  65. 小林真子、石田直樹、橋本良秀、根岸淳、嵯峨秀樹、佐々木善浩、秋吉一成、木村剛、岸田晶夫. 高静水圧法により作製した種々の脱細胞化組織由来マトリクス結合型ナノベシクルの評価. 第8回日本細胞外小胞学会学術集会 2021.10.18 WEB開催

  66. 木村 剛、戸田 翔太、前田 華子、橋本 良秀、松島 隆英、野村 渉、浅原 弘嗣、岸田 晶夫. デザイナー細胞による高分子生体材料評価法の開発. 第70回高分子討論会 2021.09.06 オンライン

  67. 木村 剛、鈴木 美加、橋本 良秀、高橋 宏信、清水 達也、中村 奈緒子、岸田 晶夫. 脱細胞化膜状組織を用いた立体組織の構築. 第50回医用高分子シンポジウム 2021.07.05 オンライン

  68. 鈴木 美加、中野 友太、木村 剛、橋本 良秀、高橋 宏信、清水 達也、中村 奈緒子、岸田 晶夫. 交互浸漬法による脱細胞化心膜の部分石灰化. 第50回医用高分子シンポジウム 2021.07.05 オンライン

  69. 木村剛,鈴木美加,橋本良秀,高橋宏信,清水達也,中村奈緒子,岸田晶夫. 靭帯再生を目指した脱細胞化膜状組織によるin vitro組織再構築. 第60回日本生体医工学会大会 2021.06.15 WEB開催

  70. 小林真子, 小原雅子, 橋本良秀, 中村奈緒子, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化血管の内腔表面が及ぼす血栓形成と内皮化への影響. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

  71. 橋本良秀, 根岸淳, 舩本誠一, 木村剛, 小林尚俊, 岸田晶夫. 角膜実質組織の再構築を目指した透明脱細胞化角膜実質の開発. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

  72. 木村剛, 鈴木美加, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 腱・靭帯再生を目指した膜状脱細胞化組織を用いたin vitro組織構築. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

  73. 徳野陽子, 木村剛, 新田渉, 内田健哉,橋本良秀, 岸田晶夫. 生体組織を模倣した三次元配向型コラーゲンナノファイバー構造体の液中における特性評価. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

  74. 木村剛, 徳野陽子, 新田渉, 内田健哉, 橋本良秀, 岸田晶夫. 生体組織を模倣した三次元配向型コラーゲンナノファイバーシートの生体適合性評価. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

  75. 鈴木美加, 木村剛, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 膜状脱細胞化組織を用いた立体組織構築に向けた脱細胞化心膜の再細胞化. 第30回ライフサポート学会フロンティア講演会 2021.03.10 オンライン開催

  76. 小原雅子, 小林真子, 橋本良秀, 木村剛, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 脱細胞化大動脈の内腔表面における血栓形成と細胞挙動に関する研究. 第30回ライフサポート学会フロンティア講演会 2021.03.09 オンライン開催

  77. 小林真子, 小原雅子, 橋本良秀, 中村奈緒子, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化生体組織を応用した循環器系デバイスの開発. 第30回ライフサポート学会フロンティア講演会 2021.03.09 オンライン開催

  78. 鈴木美加, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 木村剛, 岸田晶夫. 運動器再生を指向した脱細胞化心膜の再細胞化. 令和2年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2021.03.05 オンライン開催

  79. 木村剛, 安田英莉, 橋本良秀, 鈴木郁郎, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 深層学習による脱細胞化組織の分類と評価に関する研究. 令和2年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2021.03.05 オンライン開催

  80. 小林真子, 小原雅子, 橋本良秀, 中村奈緒子, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化血管上での内皮細胞・平滑筋細胞の挙動. 令和2年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2021.03.05 オンライン開催

  81. 鈴木美加、木村剛、橋本良秀、高橋宏信、清水達也、中村奈緒子、岸田晶夫. 運動器再生のための膜状脱細胞化組織の再細胞化. 日本バイオマテリアル学会2020年度関東ブロック発表会 2021.01.13 WEB開催

  82. 小林真子、橋本良秀、根岸淳、嵯峨秀樹、佐々木善浩、秋吉一成、木村剛、岸田晶夫. 高静水圧法により作製した脱細胞化組織からのマトリクス結合型ナノベシクルの抽出と評価. 日本バイオマテリアル学会2020年度関東ブロック発表会 2021.01.13 WEB開催

  83. 木村剛, 鈴木美加, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 心膜由来dECMの再細胞化による組織再構築. 学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト 第5回公開討論会 2020.11.30 オンライン開催

  84. 安田英莉, 木村剛, 橋本良秀, 鈴木郁郎, 中村奈緒子, 岸田晶夫. AI技術を用いた脱細胞化組織の分類と評価. 第58回日本人工臓器学会大会 2020.11.13 高知県

  85. 浅野真穂, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化骨格筋ハイドロゲルの作製と物性評価. 2020年度ライフサポート学会 細胞制御工学研究会 2020.09.24 オンライン開催

  86. 石田直樹, 小林真子, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. 高静水圧脱細胞化組織からのマトリックス結合ナノベシクルズの抽出と評価. 2020年度ライフサポート学会 細胞制御工学研究会 2020.09.24 オンライン開催

  87. 戸田翔太, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. マクロファージ担持マイクロ粒子を用いた生体材料の免疫学的評価法の開発. 2020年度ライフサポート学会 細胞制御工学研究会 2020.09.24 オンライン開催

  88. 木村剛, 鈴木美加, 吉田幸奈, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 脱細胞化膜状組織を用いた3D組織の構築. 第69回高分子討論会 2020.09.18 オンライン開催

  89. 徳野陽子, 木村剛, 内田健哉, 新田渉, 植松育生, 橋本良秀, 岸田晶夫. 生体組織を模擬した三次元配向型コラーゲンナノファイバ構造体の作成と評価. 第19回日本再生医療学会総会 2020.05.18 WEB開催

  90. 木村剛, 徳野陽子, 内田健哉, 新田渉, 植松育生, 橋本良秀, 岸田晶夫. 生体組織コラーゲン構造体の生体適合性評価. 第19回日本再生医療学会総会 2020.05.18 WEB開催

  91. 山下暁立, 舩本誠一, 橋本良秀, 岸田晶夫. ハイドロキシアパタイト骨補填材(セラペーストNⅡ)による胸骨癒合に関する検討. 第19回日本再生医療学会総会 2020.05.18 オンライン開催

  92. 木村剛, 吉田幸奈, 橋本良秀, 岸田晶夫, 鈴木美加, 中村奈緒子, 高橋宏信, 清水達也. 脱細胞化膜状組織を用いた3D組織の再構築. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2020.03.13

  93. 木村剛, 小林真子, 橋本良秀, 岸田晶夫, 小原雅子, 中村奈緒子, 寺村裕治. 脱細胞化血管の抗血栓性および再細胞化能への脱細胞化方法の影響. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2020.03.13

  94. 根岸淳, 橋本良秀, 岸田晶夫. 胎児ブタ由来脱細胞化生体組織の機能解析. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2020.03.13

  95. 大塚渓, 岸田晶夫, 橋本良秀. 非侵襲的評価のための脱細胞化組織のマーキング技術の確立. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2020.03.13

  96. 鈴木美加, 橋本良秀, 中村奈緒子, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化心膜の表面形状を有するPDMS転写体の調製. 第29回ライフサポート学会フロンティア講演会 2020.03.12

  97. 吉田幸奈, 鈴木美加, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 中村奈緒子, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化膜状組織を用いた3D組織化に関する研究. 第29回ライフサポート学会フロンティア講演会 2020.03.12

  98. 木村剛,吉田幸奈,鈴木美加,橋本良秀,高橋宏信,清水達也,中村奈緒子,岸田晶夫. 脱細胞化膜状組織を用いた3次元組織の再構成. 6大学連携プロジェクト 第4回公開討論会 2020.03.04 東京

  99. 小林真子,小原雅子,橋本良秀,中村奈緒子,木村剛,岸田晶夫. 脱細胞化血管の抗血栓性と再細胞化能における脱細胞化法の影響. 6大学連携プロジェクト 第4回公開討論会 2020.03.04 東京

  100. 小林尚俊, 橋本良秀, 岸田晶夫, 根岸淳, 舩本誠一, 藤里俊哉. 透明化脱細胞化角膜実質足場の保存性と安定性. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.26 つくば

  101. 橋本良秀, 山下暁立, 根岸淳, 張永巍, 木村剛, 舩本誠一, 岸田晶夫. 脱細胞化心膜を基材とした胸部癒着防止膜の開発と特性評価. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.26 つくば

  102. 小原雅子, 小林真子, 橋本良秀, 中村奈緒子, 木村剛, 岸田晶夫. 種々の方法により調製した脱細胞化血管の抗血栓性. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.25 つくば

  103. 萩原萌子, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. 異なる脱細胞化法により作製した種々のECMハイドロゲルの特性評価. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.25 つくば

  104. 徳永梨乃, 木村剛, 橋本良秀, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 抗CD25抗体固定化材料を用いたTreg捕獲による腫瘍抑制. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.25 つくば

  105. 前田華子, 橋本良秀, 木村剛, 山岡昇司, 岸田晶夫. ネコカリシウイルス力価への高静水圧処理の影響. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.25 つくば

  106. 木村剛, 徳永梨乃, 前田華子, 橋本良秀, 中村奈緒子, 岸田晶夫. Treg捕獲を介する免疫調節材料の開発. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.25 つくば

  107. 木村剛, 門田純平, 橋本良秀, 藤里俊哉, 岸田晶夫. 脱細胞化ECMゲルを用いた微小血管網の構築. 第57回日本人工臓器学会大会 (JSAO2019) 2019.11.15 大阪

  108. 橋本良秀. 機能性バイオマテリアルとしての脱細胞化生体組織. 第4回 インフォマティク・バイオマテリアル研究会 2019.10.05 神奈川

  109. 木村剛, 徳永梨乃, 橋本良秀, 坂口志文, 木村俊作, 中村奈緒子, 岸田 晶夫. 免疫細胞捕獲を介したがん免疫調節の可能性. 第68回高分子討論会 2019.09.26 福井

  110. 木村剛,徳永梨乃,橋本良秀,中村奈緒子,岸田晶夫. Treg捕獲による腫瘍抑制を目指した抗CD25抗体固定化フィルターの開発. LIFE2019 2019.09.12 神奈川県

  111. 橋本良秀、門田純平、舩本誠一、木村剛、岸田晶夫. 生体由来組織の加工による機能性材料の開発. 2019年度砥粒加工学会学術講演会 2019.08.28 埼玉県

  112. 小原雅子,中村奈緒子,木村剛,小林真子,橋本良秀,岸田晶夫. THP-1細胞を用いた脱細胞化血管上でのマクロファージ活性化評価. 第48回医用高分子シンポジウム 2019.07.01 東京都

  113. 小林真子, 近藤真由香, 田村文乃, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化血管上の内皮細胞挙動および機能における基底膜構造の影響. 第48回医用高分子シンポジウム 2019.07.01 東京都

  114. 木村剛,門田純平,橋本良秀,岸田晶夫,藤里俊哉. 脱細胞化生体組織由来ECMヒドロゲルを用いた毛細血管網構築 . 第48回医用高分子シンポジウム 2019.07.01 東京都

  115. 徳永梨乃,木村剛,橋本良秀,岸田晶夫,中村奈緒子. 抗CD25抗体固定化材料を用いたTreg捕獲による腫瘍抑制. 第48回医用高分子シンポジウム 2019.07.01 東京都

  116. 木村剛、門田純平、橋本良秀、藤里俊哉、岸田晶夫. 脱細胞化生体組織由来ECMヒドロゲルを用いた毛細血管網構築. 第58回日本生体医工学会大会 2019.06.06 沖縄県

  117. 小林真子, 近藤真由香, 田村文乃, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化血管上での内皮細胞挙動における脱細胞化法の影響. 第18回日本再生医療学会総会 2019.03.21 兵庫

  118. 木村剛, 門田純平, 橋本良秀, 藤里俊哉, 岸田晶夫. 種々の脱細胞化ECMゲルを用いた血管網構築. 第18回日本再生医療学会総会 2019.03.21 兵庫

  119. 小林真子, 近藤真由香, 田村文乃, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 種々の脱細胞化血管上での内皮細胞挙動. 第28回ライフサポート学会フロンティア講演会 2019.03.15 埼玉県

  120. 小原雅子、小林真子、橋本良秀、中村奈緒子、木村剛、岸田晶夫. 脱細胞化血管上におけるマクロファージ細胞分極挙動. 第28回ライフサポート学会フロンティア講演会 2019.03.15 埼玉県

  121. 橋本良秀, 山下暁立, 張永巍, 舩本誠一, 岸田晶夫. ウシ血管を用いた脱細胞化小口径動脈グラフトの作製. 第21 回日本異種移植研究会 2019.02.16 沖縄

  122. 橋本良秀. 組織再生プラットフォームとしての脱細胞化生体組織とその周辺技術. 医工連携セミナー 医療系総合大学の理工学研究所による医療機器開発への挑戦〜医歯工連携の実現を目指して〜 2019.01.22 東京

  123. 小林真子, 近藤真由香, 田村文乃, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村剛,岸田晶夫. 脱細胞化血管上の内皮細胞挙動における基底膜構造の影響. 第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム 2019.01.11 東京

  124. 門田純平, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村剛, 岸田晶夫. 血管網構築を目指した脱細胞化ECMゲルの開発. 第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム 2019.01.11 東京

  125. 木村剛, 中村奈緒子, 橋本良秀, 高橋宏信, 清水達也, 岸田 晶夫. 脱細胞化生体組織を基盤とする階層・異方性組織の構築. 第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム 2019.01.11 東京

  126. 根岸 淳, 橋本良秀, 張 永巍, 山下暁立, 舩本誠一, 岸田晶夫. フィブリン糊被覆脱細胞化心膜による心臓-胸壁間の癒着防止. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  127. 木村 剛, 近藤真由香, 橋本良秀, 藤里俊哉, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 脱細胞化血管の内腔表面形状を有するPDMSレプリカの創製. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  128. 根岸淳, 橋本良秀, 岸田晶夫, 舩本誠一. 凍結乾燥生体由来材料の復元及び機能化への真空加圧含浸技術の応用. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  129. 橋本良秀, 山下暁立, 張永巍, 舩本誠一, 岸田晶夫. 脱細胞化小口径動脈グラフトの作製とin vivo評価. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  130. 小林真子, 近藤真由香, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村 剛, 岸田晶夫. 異なる基底膜構造を有する脱細胞化血管における細胞挙動. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  131. 門田純平, 橋本良秀, 藤里俊哉, 木村 剛, 岸田晶夫. 異なる脱細胞化方法で調製したECMヒドロゲルの特性評価. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  132. 木村剛, 近藤真由香, 田中文乃, 橋本良秀, 藤里俊哉, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 脱細胞化基底膜の表面形状を複製した構造体の調整. 第56回日本人工臓器学会大会 2018.11.02 東京

  133. 木村剛, 中村奈緒子, 橋本良秀, 坂口志文, 木村俊作, 岸田晶夫. 抗体固定化フィルターによる免疫細胞捕集. 第67回高分子討論会 2018.09.12 北海道

  134. 木村剛, 近藤真由香, 橋本良秀, 藤里俊哉, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 血管内腔面の表面形状を有する複製構造体の開発. 第67回高分子討論会 2018.09.12 北海道

  135. 橋本良秀. 人工角膜の最前線. サイエンスカフェ(最新医歯学研究) 2018.07.26 東京都

  136. 木村剛, 近藤真由香, 橋本良秀, 藤里俊哉, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 血管内腔表面形状を有する複製構造体における細胞挙動. 第47回医用高分子シンポジウム 2018.07.19 東京都

  137. 木村成輝、大家渓、橋本良秀、舩本誠一、岸田晶夫、中野武雄. 非侵襲診断のための脱細胞化組織用薄膜マーカーの作製. 日本材料科学会平成30年度学術講演大会 2018.05.31 神奈川県

  138. 木村剛, 近藤真由香, 橋本良秀, 藤里俊哉, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 脱細胞化血管基底膜を鋳型とした複製構造体の調製. 第67回高分子学会年次大会 2018.05.24 名古屋

  139. 橋本良秀, 東野早紀, 木村剛, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 多孔質ポリウレタンを基盤とした三次元構造体への細胞接着・分布制御に関する研究. ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト 第2回公開討論会 2018.03.30 大阪

  140. 木村剛, 近藤真由香, 橋本良秀, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 脱細胞化生体組織を鋳型とした基底膜複製体の創成. ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト 第2回公開討論会 2018.03.30 大阪

  141. 木村剛, 近藤真由香, 橋本良秀, 藤里俊哉, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 細胞挙動における脱細胞化血管の表面構造の影響. 第17回 日本再生医療学会総会 2018.03.21 神奈川

  142. 橋本良秀, 舩本誠一, 佐々木秀次, 根岸淳, 木村剛, 小林尚俊, 岸田晶夫. 角膜上皮の創傷治癒に伴う脱細胞化角膜実質のリモデリング. 第27回ライフサポート学会フロンティア講演会 2018.03.09 東京

  143. 木村剛, 橋本良秀, 中村奈緒子, 岸田晶夫. 生体内免疫調節を目指した細胞捕集技術開発. 第27回ライフサポート学会フロンティア講演会 2018.03.09 東京

  144. 近藤真由香, 中村奈緒子, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. 脱細胞化基底膜を鋳型とした複製構造体の創成と機能評価. 第27回ライフサポート学会フロンティア講演会 2018.03.09 東京

  145. 近藤真由香、橋本良秀、中村奈緒子、木村剛、岸田晶夫. 脱細胞化基底膜の表面形状解析. 第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム 2018.01.10 東京都

  146. 木村成輝, 橋本良秀, 舩本誠一, 大家渓, 鈴木夕稀, 名和裕一朗, 岸田晶夫, 中野武雄. チタン薄膜をスパッタした脱細胞化組織の生物学的評価. 日本バイオマテリアル学会 北陸信越ブロック 第6回若手研究発表会 2017.12.15 長野県

  147. 鈴木夕稀, 木村成輝, 橋本良秀, 舩本誠一, 大家渓, 岸田晶夫, 中野武雄. 超音波造影で視認可能な生体由来材料用マーカーの作製. 第30回 バイオエンジニアリング講演会 2017.12.14 京都

  148. 鈴木夕稀, 木村成輝, 橋本良秀, 舩本誠一, 大家渓, 岸田晶夫, 中野武雄. 超音波造影で視認可能な生体由来材料用マーカーの作製. 日本機械学会 第30回バイオエンジニアリング講演会 2017.12.14 京都

  149. 木村成輝,鈴木夕稀,名和裕一朗,橋本良秀,舩本誠一,張永巍,山下暁立,大家渓,岸田晶夫,中野武雄. スパッタ法を用いた超音波造影下で視認可能な脱細胞化組織用薄膜マーカーの作製. 第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017.11.20 東京都

  150. 木村 剛,中村奈緒子,橋本良秀,坂口志文,木村俊作,岸田晶夫 . 抗体固定化フィルターによる免疫細胞の捕集. 第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017.11.20 東京都

  151. 橋本良秀 山下暁立 根岸淳,張 永巍 木村剛, 舩本誠一 岸田晶夫. 多分岐PEG修飾脱細胞化心膜の開発と癒着防止材への応用. 第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017.11.20 東京都

  152. 木村 剛,近藤真由香,中村奈緒子,橋本良秀,藤里俊哉,岸田晶夫. 脱細胞化血管上でのin vitro細胞挙動における脱細胞化法の影響. 第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017.11.20 東京都

  153. 橋本良秀. ソフトナノ粒子の集積化による再生医療用材料の開発. 日本真空学会 機能薄膜部会 ナノ構造機能創成専門部会 第8回研究会 2017.11.16 東京

  154. 木村剛、中村奈緒子、橋本良秀、坂口志文、木村俊作、岸田晶夫. 抗体固定化フィルターを用いた免疫細胞補集. 第66回高分子討論会 2017.09.19 愛媛県

  155. 木村剛、中村奈緒子、橋本良秀、藤里俊哉、岸田晶夫. 血管スキャフォールドへのファイバー被覆化による力学機能制御. 第66回高分子討論会 2017.09.19 愛媛県

  156. 木村剛、中村奈緒子、橋本良秀、小田原あおい、鈴木郁郎、岸田晶夫. 脱細胞化スライス脳への神経細胞播種法の検討. LIFE2017 2017.09.15 東京都

  157. 木村剛、中村奈緒子、橋本良秀、山下暁立、舩本誠一、藤里俊哉、岸田晶夫. ファイバー複合化血管内膜マトリクス上のin vitro 細胞挙動評価. 第55回日本人工臓器学会大会 2017.09.01 東京都

  158. 木村剛、中村奈緒子、橋本良秀、小田原あおい、鈴木郁郎、岸田晶夫. 脱細胞化スライス脳上への神経細胞播種による神経ネットワーク構築. 第55回日本人工臓器学会大会 2017.09.01 東京都

  159. 木村剛, 中村奈緒子, 橋本良秀, 坂口志文, 木村俊作, 岸田晶夫. 免疫系セルセパレーターの開発を目指した界面設計. 第46回 医用高分子シンポジウム 2017.07.25 東京

  160. 根岸淳, 橋本良秀, 山下暁立, 張永巍, 舩本誠一, 岸田晶夫. 脱細胞化動脈構造の再細胞化への影響解析. 平成29年度繊維学会年次大会 2017.06.07 東京

  161. 木村剛, 窪田宰明, 中村奈緒子, 橋本良秀, 岸田晶夫. がんワクチンへの応用を目指した免疫原性細胞死誘導細胞の調製. 第66回 高分子学会年次大会 2017.05.29 千葉

  162. 窪田宰明、中村奈緒子、橋本良秀、木村剛、岸田晶夫. がんワクチン治療への応用を目指した免疫原性細胞死(ICD)の新規誘導に関する研究. 第26回ライフサポート学会フロンティア講演会 2017.03.10 東京

  163. 中村奈緒子, 木村剛,橋本良秀、藤里俊哉、 岸田晶夫. 人工歯周組織開発のための人工歯-歯根膜マトリクスの結合に関する検討. 第16回 日本再生医療学会総会 2017.03.07

  164. 木村剛, 猪狩優花, 中村奈緒子, 橋本良秀, 藤里俊哉, 小田原あおい, 鈴木郁郎, 岸田晶夫. 脱細胞化スライス脳を用いたin vitro三次元脳組織の再構築. 第16回 日本再生医療学会総会 2017.03.07 宮城

  165. 舩本誠一, 橋本良秀, 根岸淳, 佐々木秀次, 木村剛, 小林尚俊, 岸田晶夫. 脱細胞化角膜を用いた角膜再生へのアプローチ. 第19回日本異種移植研究会 2017.02.25 京都

  166. 窪田宰明, 中村奈緒子, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫. がんワクチン治療への応用を目指した免疫原性細胞死(ICD)の新規誘導法. 第14回日本免疫治療学研究会学術集会 2017.02.11 東京

  167. 木村剛, 中村奈緒子, 巻口遥翔, 橋本良秀, 坂口志文, 木村俊作, 岸田晶夫. 制御性T細胞の選択的捕獲・回収と機能評価. 第26回インテリジェント材料・システムシンポジウム 2017.01.11 東京都

  168. 中村奈緒子, 木村剛, 橋本良秀, 藤里俊哉, 辻孝, 岸田晶夫. 人工歯を用いた歯根膜/歯槽骨一体型人工歯周組織ユニットの開発. 第54回日本人工臓器学会大会 2016.11.23 鳥取県

  169. 張永巍, 木村剛, 橋本良秀, 南広祐, 中村奈緒子, 山下暁立, 舩本誠一, 岸田晶夫. 医療デバイスの生体適合性向上のための傾斜型生体由来組織一高分子複合体の検討. 第54回日本人工臓器学会大会 2016.11.23 鳥取県

  170. 木村剛, 森田裕子, 呉平麗, 中村奈緒子, 橋本良秀, 山下暁立, 舩本誠一 , 藤里俊哉, 岸田晶夫. ファイバー被覆化血管内膜マトリクスからなる小口径血管の開発. 第54回日本人工臓器学会大会 2016.11.23 鳥取県

  171. 中村奈緒子, 木村剛, 橋本良秀, 藤里俊哉, 辻孝, 岸田晶夫. 歯根膜マトリクスのin vivo 再細胞化による人工歯周組織ユニットの開発. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21 福岡県

  172. 木村剛, 中村奈緒子, 橋本良秀, 坂口志文, 木村俊作, 岸田晶夫. 免疫細胞分離のバイオインターフェイス開発. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21 福岡県

  173. 木村剛, 呉平麗, 中村奈緒子, 橋本良秀, 藤里俊哉, 岸田晶夫. ファイバー強化型小口径脱細胞化血管の開発. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21 福岡県

  174. 橋本良秀, 根岸淳, 佐々木秀次, 木村剛, 小林尚俊, 舩本誠一, 岸田晶夫. 透明性を有する脱細胞化角膜実質の開発とin vivo 評価. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21 福岡県

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度Yoshimi Memorial T.M.P Grant (橋本良秀),日本人工臓器学会,2020年11月

  • 16th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery Systems 2013 Young Scientist Poster Award,The 16th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery Systems,2013年02月

  • 第32回 日本バイオマテリアル学会大会 若手研究者ポスター発表 大会長賞,日本バイオマテリアル学会大会,2010年11月

  • Award for NIMS Internship Program 2008,2008年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • ナノゲルを集積して作る新規再生医療用ハイブリッドゲルフィルム: 細胞を接着し元気にする種々の生理活性物質を固定、放出しえるテーラーメイドなプラットフォーム,2015年05月

    ナノメートルスケールの多糖ゲル微粒子”ナノゲル”をビルディングブロックとした新規フィルムを作製することに成功した。このフィルムは様々な薬剤を取り込むことができ、薬剤を含むゲル微粒子を放出し、さらにそのゲル微粒子から薬剤を放出するという2段階の薬物徐放が可能である。また、フィルムの硬さやしなやかさなどの物理的な性質を制御することも可能である。このような特性から、ナノゲル架橋ハイブリッドフィルムは、再生医療における足場材料としての応用が期待される。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学,2018年 - 現在

  • 医用材料工学特論,2018年 - 現在

  • Applied Biomaterial,2016年 - 現在

  • 応用生体材料学,2016年 - 現在

  • 生体機能材料学特論,2016年 - 2017年