基本情報

写真a

橋本 良秀(ハシモト ヨシヒデ)

HASHIMOTO Yoshihide


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年12月
    -
    2015年10月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 脱細胞化再生医療材料学研究部門 助教
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 物質医工学 助教
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 物質医工学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオマテリアル学会

  • ライフサポート学会

  • 日本人工臓器学会

  • 日本再生医療学会

  • 高分子学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    現在
    ライフサポート学会  フロンティア講演会運営委員
  • 2017年04月
    -
    2017年11月
    日本バイオマテリアル 学会 第39回日本バイオマテリアル学会大会 実行委員
  • 2018年
    -
    現在
    日本材料科学会 インフォマティック・バイオマテリアル基礎研究会 運営委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学

  • 高分子化学

  • 生体関連化学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脱細胞化生体組織を規範とするTissueoid(人工生体組織)の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 脱細胞化組織を基盤とするソフトナノ粒子複合材料の開発と心筋梗塞治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 細胞微小環境の協奏的制御による神経組織の再生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 反応性スパッタによるチタン製循環器用材料の開発と抗血栓性発現メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脱細胞化角膜実質足場での再生メカニズム解析と角膜類似構造体の構築に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • M. Watanabe, Y. Hashimoto, T. Kimura, A. Kishida. Characterization of engineering plastics plasticized using supercritical CO2 Polymers. 2020.01; 12 (1): 134. ( DOI )

  • J. Negishi, S. Funamoto, Y. Hashimoto, K. Yanagisawa. PLA-collagen composite scaffold fabrication by vacuum pressure impregnation Tissue Eng Part C: Methods. 2019.12; 25 (12): 742-747. ( DOI )

  • Y. Hashimoto, S. Funamoto, S. Sasaki, J. Negishi, S. Hattori, T. Honda, T. Kimura, H. Kobayashi, A. Kishida. Re-epithelialization and remodeling of decellularized corneal matrix in a rabbit corneal epithelial wound model Mater Sci Eng C-Mater Biol App. 2019.09; 102 238-246. ( DOI )

  • T. Kimura, M. Kondo, Y. Hashimoto, T. Fujisato, N. Nakamura, A. Kishida. Surface topography of PDMS replica transferred from various decellularized aortic lumens affects cellular orientation ACS Biomater Sci Eng. 2019.04; 5 (11): 5721-5726. ( DOI )

  • Y. Hashimoto, S. Mukai, Y. Sasaki, K. Akiyoshi. Nanogel tectonics for tissue engineering: Protein delivery systems with nanogel chaperones Adv Healthc Mater. 2018.12; 7 (23): e1800729. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Y. Hashimoto, S. Funamoto, S. Sasaki, T. Kimura, H. Kobayashi, A. Kishida. Decellularized matrix for corneal tissue engineering: Recent advances in development and clinical potential. RSC publishing, 2019.12 Chapter 12 (ISBN : 978-1-78801-467-0)

  • 舩本誠一, 橋本良秀. 第II編 第2章 脱細胞化組織の作製法, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. シーエムシー出版, 2019.04 第II編 第2章 脱細胞化組織の作製法

  • 小林尚俊, 橋本良秀, 舩本誠一, 岸田晶夫. 第III編 第14章 角膜, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. 2019.04

  • 橋本良秀, 秋吉一成. 第15章 ペプチド・タンパク質性医薬品の新規投与形態の開発: 3 機能性ナノゲルを用いたタンパク質デリバリー, 非経口投与製剤の開発と応用. 2013.06 (ISBN : 978-4-7813-0798-5)

  • 橋本良秀, 秋吉一成. 第5章 高分子合成・加工技術: 5.2 ナノキャリアとイメージング材料, 化学便覧 応用化学編 第7版. 丸善出版株式会社, 2013.01

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • T. Kimura, J. Kadota, N. Nakamura, Y. Hashimoto, A. Kishida. Network formation of endothelial cells on decellularized ECM hydrogels. MRM2019 2019.12.10 Kanagawa, Japan

  • A. Kishida, J. Kadota, N. Nakamura, Y. Hashimoto, T. Kimura. Network formation of endothelial cells on hydrogels derived from decellurarized matrices. TERMIS-AM Annual Congress and Exhibition 2019.12.02 Orland,USA

  • M.Kobayashi, M,Ohara, Y. Hashimoto, N.Nakamura, T. Fujisato, T. Kimura, A. Kishida. Effect of basement membrane structure on cell behavior and function on decellularized aorta. TERMIS-AM Annual Congress and Exhibition 2019.12.02 Orland,USA

  • 小林尚俊, 橋本良秀, 岸田晶夫, 根岸淳, 舩本誠一, 藤里俊哉. 透明化脱細胞化角膜実質足場の保存性と安定性. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.26 つくば

  • 橋本良秀, 山下暁立, 根岸淳, 張永巍, 木村剛, 舩本誠一, 岸田晶夫. 脱細胞化心膜を基材とした胸部癒着防止膜の開発と特性評価. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.26 つくば

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • The 16th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery Systems Young Scientist Poster Award,The 16th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery Systems,2013年02月

  • 第32回 日本バイオマテリアル学会大会 若手研究者ポスター発表 大会長賞,日本バイオマテリアル学会大会,2010年11月

  • Award for NIMS Internship Program 2008,2008年04月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学,2018年 - 現在

  • 医用材料工学特論,2018年 - 現在

  • 応用生体材料学,2016年 - 現在

  • Applied Biomaterial,2016年 - 現在

  • 生体機能材料学特論,2016年 - 2017年