基本情報

写真a

浅野 豪文(アサノ トシフミ)

ASANO Toshifumi


職名

助教

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/cbio/

研究分野・キーワード

細胞工学、光遺伝学、骨格筋組織構築

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学  物理科学研究科  構造分子科学専攻  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 助教
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    日本学術振興会 総合研究大学院大学物理科学研究科 特別研究員(DC2)
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    分子科学研究所 生体分子情報研究部門 博士研究員
  • 2010年04月
    -
    2013年03月
    日本学術振興会 東北大学大学院生命科学研究科 特別研究員(PD)
  • 2013年03月
    -
    2014年12月
    大阪大学 大学院工学研究科 助教
  • 2018年10月
    -
    2020年01月
    University of Bonn Institute for Physiology I Visiting Researcher(兼任)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本再生医療学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 光時空間動態操作による生体内筋機能制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2020年

  • 細胞内イオン環境の時空間変動による細胞可塑性の光制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 細胞内イオン動態の光操作による細胞応答機構の理解

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 細胞内イオン動態の光操作による細胞応答機構の理解

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 光時空間動態操作による生体内筋機能制御

    文部科学省/日本学術振興会

  • オプトケモメカニカル変換機能をもつ生命機械融合ウェットロボティクスの創製

    文部科学省/日本学術振興会

  • 筋組織恒常性維持機構における細胞内イオンの分配制御

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tomoya Uchimura, Toshifumi Asano, Takao Nakata, Akitsu Hotta, Hidetoshi Sakurai. A muscle fatigue-like contractile decline was recapitulated using skeletal myotubes from Duchenne muscular dystrophy patient-derived iPSCs. Cell Reports Medicine. 2021.06; 2 (6): 100298. ( PubMed, DOI )

  2. Toshifumi Asano, Daniel Boon Loong Teh, Hiromu Yawo. Application of Optogenetics for Muscle Cells and Stem Cells Advances in Experimental Medicine and Biology. 2021.01; 1293 359-375. ( PubMed, DOI )

  3. Moe Sato, Toshifumi Asano, Jun Hosomichi, Takashi Ono, Takao Nakata. Optogenetic manipulation of intracellular calcium by BACCS promotes differentiation of MC3T3-E1 cells. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018.11; 506 (3): 716-722. ( PubMed, DOI )

  4. Toshifumi Asano, Hiroyuki Igarashi, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo. Organelle Optogenetics: Direct Manipulation of Intracellular Ca2+ Dynamics by Light Frontiers in Neuroscience. 2018.08; 12 561. ( PubMed, DOI )

  5. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo. Myogenic Maturation by Optical-Training in Cultured Skeletal Muscle Cells. Methods in Molecular Biology. 2017; 1668 135-145. ( PubMed, DOI )

  6. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Keisuke Morishima. Development of biotrandcusers driven by photostimulation Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (TRANSDUCERS2015). 2015.06; 1605-1608.

  7. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Keisuke Morishima, Hiromu Yawo. Optogenetic induction of contractile ability in immature C2C12 myotubes Scientific Reports. 2015.02; 5 8317. ( PubMed, DOI )

  8. Masaya Hirooka, Sze Ping Beh, Toshifumi Asano, Yoshitake Akiyama, Takayuki Hoshino, Keita Hoshino, Hidenobu Tsujimura, Kikuo Iwabuchi, Keisuke Morishima. Evaluation and optical control of somatic muscle micro bioactuator of channelrhodopsin transgenic drosophila melano-gaster 2014 IEEE 27th International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS). 2014.01; 196-199. ( DOI )

  9. Hiromu Yawo, Toshifumi Asano, Seiichiro Sakai, Toru Ishizuka. Optogenetic manipulation of neural and non-neural functions. Development Growth and Differentiation. 2013.05; 55 (4): 474-490. ( PubMed, DOI )

  10. Ayumi Ando, Toshifumi Asano, Md. Abu Sayed, Ryugo Tero, Katsuhisa Kitano, Tsuneo Urisu, Satoshi Hamaguchi. Extracellular Matrix Patterning for Cell Alignment by Atmospheric Pressure Plasma Jets Japanese Journal of Applied Physics. 2012.03; 51 (3 1): 036201. ( DOI )

  11. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo. Optically controlled contraction of photosensitive skeletal muscle cells. Biotechnology and Bioengineering. 2012.01; 109 (1): 199-204. ( PubMed, DOI )

  12. Ayumi Ando, Toshifumi Asano, Tsuneo Urisu, Satoshi Hamaguchi. Micro-pattern formation of extracellular matrix (ECM) layers by atmospheric-pressure plasmas and cell culture on the patterned ECMs Journal of physics D: Applied physics. 2011.12; 44 (48): 482002. ( DOI )

  13. Toshifumi Asano, Takuya Nakamura, Akihiro Wakahara, Tsuneo Urisu. Noise Properties of Incubation-Type Planar Ion Channel Biosensor Japanese Journal of Applied Physics. 2009.02; 48 (2): 027001. ( DOI )

  14. Yuichi Utsumi, Toshifumi Asano, Yoshiaki Ukita, Katsuhiro Matsui, Masahiro Takeo, Seiji Negoro. High sensitive immunoassay for endocrine disrupting chemicals using antibody immobilized microcapillary bundle structure Microsystem Technologies. 2008.10; 14 (9-11): 1399-1403. ( DOI )

  15. Tsuneo Urisu, Toshifumi Asano, Zhenlong Zhang, Hidetaka Uno, Ryugo Tero, Han Junkyu, Isoda Hiroko, Yusuke Arima, Hiroo Iwata, Koji Shibasaki, Makoto Tominaga. Incubation type Si-based planar ion channel biosensor Analytical and Bioanalytical Chemistry. 2008.08; 391 (8): 2703-2709. ( PubMed, DOI )

  16. Toshifumi Asano, Hidetaka Uno, Koji Shibasaki, Makoto Tominag and Tsuneo Urisu. A Cell-Culture-Type Planar Ion Channel Biosensor Transactions of the Materials Research Society of Japan. 2008; 33 767-770.

  17. Yoshiaki Ukita, Toshifumi Asano, Kuniyo Fujiwara, Katsuhiro Matsui, Masahiro Takeo and Seiji Negoro, Tomohiko Kanie, Makoto Katayama, Yuichi Utsumi. Application of vertical microreactor stack with polystylene microbeads to immunoassay Sensors and Actuators A: Physical. 2008; 145 (SI): 449-455. ( DOI )

  18. Katsuhiro Matsui, Isao Kawaji, Yuichi Utsumi, Yoshiaki Ukita, Toshifumi Asano, Masahiro Takeo, Dai-ichiro Kato, Seiji Negoro. Immunoassay using microfluid filters constructed by deep X-ray lithography. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2007.12; 71 (12): 3098-3101. ( PubMed, DOI )

  19. Katsuhiro Matsui, Isao Kawaji, Yuichi Utsumi, Yoshiaki Ukita, Toshifumi Asano, Masahiro Takeo, Dai-ichiro Kato, Seiji Negoro. Enzyme-linked immunosorbent assay for nonylphenol using antibody-bound microfluid filters in vertical fluidic operation. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2007.10; 104 (4): 347-350. ( PubMed, DOI )

  20. Yoshiaki Ukita, Toshifumi Asano, Yuichi Utsumi. Fluid filter fabricated by deep X-ray lithography for micro fluidics Microsystem Technologies. 2007.03; 13 (5-6): 435-439. ( DOI )

  21. Toshifumi Asano, Yoshiaki Ukita, Katsuhiro Matsui, Masahiro Takeo, Seiji Negoro, Yuichi Utsumi. Fabrication of a micro reactor for vertical unit operation using multifunctional fluid filter and its application to biochemical reaction Microsystem Technologies. 2007.03; 13 (5-6): 441-446. ( DOI )

  22. Yoshiaki Ukita, Toshifumi Asano, Kuniyo Fujiwara, Takuya Yokoyama, Katsuhiro Matsui, Masahiro Takeo, Seiji Negoro, Tsunemasa Saiki, Yuichi Utsumi. Novel characteristics of multifunctional fluid filters fabricated by high-energy synchrotron radiation lithography Japanese Journal of Applied Physics. 2006.09; 45 (9A): 7203-7208. ( DOI )

  23. Yuichi Utsumi, Toshifumi Asano, Yoshiaki Ukita, Katsuhiro Matsui, Masahiro Takeo, Seiji Negoro. Proposal of a new microreactor for vertical chemical operation Journal of vacuum science and technologies B. 2006; 24 2606-2610.

  24. 浅野豪文,張振龍,宇野秀隆,手老龍吾,鈴井光一,中尾聡,皆藤孝,柴崎貢志,富永真琴,内海裕一,宇理須恒雄. SOI基板を用いたプレーナー型パッチクランプバイオセンサーの製作 表面科学. 2007.04; 28 385-390.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo. Muscular Optogenetics: Controlling Muscle Functions with Light. Muscle Cells: Development, Disorders and Regeneration, Nova Science Publishers, 2013.01 127-136 (Chapter 5) (ISBN : 978-1-62417-233-5)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Keisuke Morishima. Development of biotrandcusers driven by photostimulation. 18th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems Transducers 2015 2015.06.21 Alaska, USA

  2. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Keisuke Morishima. Optically controllable muscle for cell-based microdevice. 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2014) 2014.11.09 Nagoya, Japan

  3. Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Keisuke Morishima. Optogenetic manipulation of myogenic contraction and maturation in skeletal muscle cells. Optogenetics2013 2013.09.26 慶応義塾大学

  4. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛. Optogenetic manipulation of myogenic contraction and maturation in channelrhodopsin-expressing skeletal muscle myotubes. 第50回日本生物物理学会年会 2012.09.22 名古屋大学

  5. Toshifumi Asano, Yugo Fukazawa, Ryuichi Shigemoto, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Tsuneo Urisu. Planar Ion channel biosensor for Neural Network Function Analysis. 19th Symposium of the Materials Research Society of Japan (MRS-J) 2009.12.07 Yokohama, Japan

  6. Toshifumi Asano, Yugo Fukazawa, Ryuichi Shigemoto, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Tsuneo Urisu. Cell Patterning by Optimized Extracellular MatrixPattern on the Micropore-electrode of Planar Ion Channel Biosensor. 3rd International Symposium on Nanomedicine (ISNM2009-2) and Molecular Imaging and Systems Biology 2009.11.04 Aichi, Japan

  7. Toshifumi Asano, Koji Shibasaki, Makoto Tominaga, Tsuneo Urisu. Development of Cell Culture Type Planar Ion Channel Biosensor for Nerve Cell Signaling Analysis. Gordon Research Conference on Biointerface Science 2008.09.14 Aussois, France

  8. Toshifumi Asano, Koji Shibasaki, Makoto Tominaga, Tsuneo Urisu. Development of Cell Culture Type Planar Ion Channel Biosensor for Nerve Cell Signaling Analysis. 3rd International Workshop on Approaches to Single-cell Analysis 2008.09.11 Zurich, Switzerland

  9. 稲葉弘哲, 石井智浩, 浅野豪文, 中村里子, 後藤英仁, 中田隆夫. 組織バーチャルスライドを用いた画像分類AI作製グループワークの試み. 第127回日本解剖学会総会・全国学術集会 2022.03.26 オンライン

  10. 浅野 豪文, 中田 隆夫. 骨格筋芽細胞における細胞内カルシウムの特異的操作. 第19回日本再生医療学会総会 2020.05.18 オンライン

  11. 佐藤 萌,浅野 豪文,細道 純,小野 卓史,中田 隆夫. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第124 回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03.29 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

  12. 宮本孝則, 浅野 豪文, 中田 隆夫. 細胞活動依存的な神経筋接合部形成の検討. 第124 回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03.27 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

  13. 佐藤 萌,浅野 豪文,細道 純,石田 雄之,臼見 莉沙,清水 康広,金香 佐和,中田 隆夫,小野 卓史. 光遺伝学を用いた骨芽細胞分化メカニズムの解明と制御. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11.01 パシフィコ横浜

  14. 青木 結香, 浅野 豪文, 中田 隆夫. 神経筋接合部形成における神経細胞活動依存性の検討. 第123回日本解剖学会総会・学術集会 2018.03.28 日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学

  15. 浅野豪文, 中田隆夫. 筋細胞分化の活動依存的な調節機構. 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017.12.06 神戸ポートアイランド

  16. 浅野豪文, 中田隆夫. 細胞活動の動的光制御による筋分化調節. 第16回日本再生医療学会総会 2017.03.07 仙台国際センター

  17. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛,森島圭祐. 骨格筋細胞の光分化誘導. 第14回日本再生医療学会総会 2015.03.19 パシフィコ横浜

  18. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛. 光遺伝学刺激による筋細胞機能操作. 第7回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウム 2015.02.21 東京医科歯科大学

  19. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛,森島圭祐. 光遺伝学刺激によって誘導された筋成熟. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11.25 パシフィコ横浜

  20. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛,森島圭祐. ソフトアクチュエータとしての光応答性筋肉. 第32回日本ロボット学会学術講演会 2014.09.04 九州産業大学

  21. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛,森島圭祐. In vitro筋モデルとしての光応答性筋肉の創製. ROBOMECH2014 2014.08.25 富山国際会議場

  22. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛,森島圭祐. 筋細胞機能の光遺伝学的操作. 第13回日本再生医療学会総会 2014.03.04 京都国際会館

  23. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛,森島圭祐. 光を用いた筋細胞機能の光遺伝学的操作. 第36回日本分子生物学会年会 2013.12.03 神戸ポートアイランド

  24. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛. オプトジェネティクスを用いた筋細胞機能の光操作. 「細胞を創る」研究会5.0 2012.11.21 東京工業大学

  25. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛. オプトジェネティクスを用いた骨格筋細胞における収縮活動と成熟の光操作. 第4回光操作研究会 2012.09.27 岡崎カンファレンスセンター

  26. 浅野豪文,石塚 徹,八尾 寛. 光収縮制御可能な培養筋細胞の開発. 第33回日本バイオマテリアル学会大会 2011.11.21 京都テルサ

  27. 浅野豪文,深澤有吾,重本隆一,石塚徹,八尾寛,宇理須恒雄. バイオパッチクランプチップを用いた培養神経細胞のネットワーク形成と膜電位制御. ナノ学会第8回大会 2010.05.13 岡崎コンファレンスセンター

  28. 浅野豪文,柴崎貢志,宇野秀隆,富永真琴,宇理須恒雄. 培養プレーナーパッチクランプ法を用いたTRPV1の再活性化のタイムラプス計測. 第57回応用物理学関係連合講演会 2010.03.17 東海大学

  29. 浅野豪文,深澤有吾,重本隆一,石塚徹,八尾寛,宇理須恒雄. タンパク質パターニングによる神経回路網の形成と光刺激法の開発. 第29回表面科学学術講演会 2009.10.27 タワーホール船堀

  30. 浅野豪文,深澤有吾,重本隆一,石塚徹,八尾寛,宇理須恒雄. 細胞パターニングと光刺激法を用いた細胞間シグナル解析バイオセンサー. ナノ学会第7回大会 2009.05.09 東京大学

  31. 浅野豪文,宇野秀隆,深澤有吾,重本隆一,石塚徹,八尾寛,宇理須恒雄. 光受容イオンチャネルChR2を用いた光刺激の神経ネットワークへの応用検討. 第56回応用物理学関係連合講演会 2009.03.30 筑波大学

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • パッチクランプ素子用基板、平面基板型パッチクランプ素子及び細胞イオンチャンネル活性測定方法

    出願番号: 特願2008-046145

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Award,2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2014),2014年11月

  • Award for Encouragement of Research of Materials Science,19th Symposium of Materials Research Society of Japan,2010年01月

  • The Best Poster Award,2nd International Symposium on Nanomedicine,2009年02月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学,2022年 - 現在

  • 組織学,2020年 - 現在

  • 組織学実習,2020年 - 現在

  • 組織学,2016年 - 2018年

  • 組織学実習,2016年 - 2018年

  • 頭頸部・基礎,2020年 - 現在

▼全件表示