基本情報

写真a

吉岡 耕太郎(ヨシオカ コウタロウ)

YOSHIOKA Kotaro


職名

特任助教

生年

1982年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45(3号館12階神経内科医局)

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

kotanuro@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dept/medicine/nuro/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2007年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  脳神経病態学分野  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2020年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2020年07月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    国保旭中央病院 臨床研修医
  • 2010年06月
    -
    2012年03月
    横浜市立みなと赤十字病院 神経内科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本神経学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    現在
    日本核酸医薬学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 核酸医薬

  • 神経内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 血液脳関門を自由自在に通過するオーバーハング2本鎖核酸技術の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • グリオーシス回避を可能とする2本鎖核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Motohiro Suzuki, Satoru Ishibashi, Eri Iwasawa , Takahiro Oguma, Yasuhiro Saito, Fuying Li, Shinichi Otsu, Keiko Ichinose, Kotaro Yoshioka, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Effective silencing of miR-126 after ischemic stroke by means of intravenous α-tocopherol-conjugated heteroduplex oligonucleotide in mice. Scientific reports. 2021.07; 11 (1): 14237. ( PubMed, DOI )

  2. Daisuke Ono, Ken Asada, Daishi Yui, Fumika Sakaue, Kotaro Yoshioka, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Separation-related rapid nuclear transport of DNA/RNA heteroduplex oligonucleotide: unveiling distinctive intracellular trafficking. Molecular therapy. Nucleic acids. 2021.03; 23 1360-1370. ( PubMed, DOI )

  3. Asami Yutaro, Nagata Tetsuya, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Yoshida-Tanaka Kie, Bennett C. Frank, Seth Punit P., Yokota Takanori. Efficient Gene Suppression by DNA/DNA Double-Stranded Oligonucleotide In Vivo. Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy. 2021.02; 29 (2): 838-847. ( PubMed, DOI )

  4. Yuki Kishimoto, Osamu Nakagawa, Akane Fujii, Kotaro Yoshioka, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota, Yoshiyuki Hari, Satoshi Obika. 2',4'-BNA/LNA with 9-(2-Aminoethoxy)-1,3-diaza-2-oxophenoxazine Efficiently Forms Duplexes and Has Enhanced Enzymatic Resistance*. Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany). 2021.02; 27 (7): 2427-2438. ( PubMed, DOI )

  5. Lei Mon SS, Yoshioka K, Jia C, Kunieda T, Asami Y, Yoshida-Tanaka K, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Nagata T, Yokota T. Highly efficient gene silencing in mouse brain by overhanging-duplex oligonucleotides via intraventricular route. FEBS letters. 2020.05; 594 (9): 1413-1423. ( PubMed, DOI )

  6. Yoshioka K, Kunieda T, Asami Y, Guo H, Miyata H, Yoshida-Tanaka K, Sujino Y, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Hara RI, Nagata T, Wada T, Obika S, Yokota T. Highly efficient silencing of microRNA by heteroduplex oligonucleotides. Nucleic acids research. 2019.08; 47 (14): 7321-7332. ( PubMed, DOI )

  7. Ozaki Kokoro, Ohkubo Takuya, Yamada Tetsuo, Yoshioka Kotaro, Ichijo Masahiko, Majima Takamasa, Kudo Shunsuke, Akashi Takumi, Honda Keiji, Ito Eisaku, Watanabe Mayumi, Sekine Masaki, Hamagaki Miwako, Eishi Yoshinobu, Sanjo Nobuo, Ishibashi Satoru, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori. Progressive Encephalomyelitis with Rigidity and Myoclonus Resolving after Thymectomy with Subsequent Anasarca: An Autopsy Case Internal Medicine. 2018.12; 57 (23): 3451-3458. ( 医中誌 )

  8. Guo Huijia, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Miyata Haruka, Yoshida-Tanaka Kie, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. Efficacy of microRNA silencing by lipid-conjugated double-stranded antisense oligonucleotides Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.06; 65 (2): 83-88. ( 医中誌 )

  9. Yutaro Asami, Kotaro Yoshioka, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Drug delivery system of therapeutic oligonucleotides. Drug Discov Ther. 2016.10; 10 (5): 256-262. ( PubMed, DOI )

  10. Kotaro Yoshioka, Kosuke Watanabe, Satoshi Zeniya, Yoko Ito, Masaki Hizume, Toshiro Kanazawa, Makoto Tomita, Satoru Ishibashi, Hirotomo Miake, Hiroaki Tanaka, Takanori Yokota, Hidehiro Mizusawa. A Score for Predicting Paroxysmal Atrial Fibrillation in Acute Stroke Patients: iPAB Score. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2015.10; 24 (10): 2263-2269. ( PubMed, DOI )

  11. Kazutaka Nishina, Wenying Piao, Kie Yoshida-Tanaka, Yumiko Sujino, Tomoko Nishina, Tsuyoshi Yamamoto, Keiko Nitta, Kotaro Yoshioka, Hiroya Kuwahara, Hidenori Yasuhara, Takeshi Baba, Fumiko Ono, Kanjiro Miyata, Koichi Miyake, Punit P Seth, Audrey Low, Masayuki Yoshida, C Frank Bennett, Kazunori Kataoka, Hidehiro Mizusawa, Satoshi Obika, Takanori Yokota. DNA/RNA heteroduplex oligonucleotide for highly efficient gene silencing. Nat Commun. 2015.08; 6 7969. ( PubMed, DOI )

  12. Kotaro Yoshioka, Satoru Ishibashi, Atsushi Shiraishi, Takanori Yokota, Hidehiro Mizusawa. Distal hyperintense vessels on FLAIR images predict large-artery stenosis in patients with transient ischemic attack. Neuroradiology. 2013.02; 55 (2): 165-169. ( PubMed, DOI )

  13. 柳平 貢, 吉岡 耕太郎, 登利屋 修一, 横田 隆徳. 核酸医薬品の創出に向けた産官学の取り組み(第(5)回) ヘテロ2本鎖核酸 PHARM TECH JAPAN. 2020.03; 36 (4): 661-667. ( 医中誌 )

  14. 吉岡 耕太郎, 石橋 哲. 【臨床予測ルールを救急で正しく活用しよう!Clinical prediction rule「そのルール、目の前の患者さんに使っていいんですか?」論文から読み解く本当の目的と使いどころ】【よく出合う疾患の臨床予測ルール】脳卒中 レジデントノート. 2019.08; 21 (7): 1226-1233. ( 医中誌 )

  15. 山田 大貴, 吉岡 耕太郎, 横田 隆徳. 【加速する核酸医薬開発】 第3の核酸医薬プラットフォーム・ヘテロ2本鎖核酸 医薬ジャーナル. 2019.02; 55 (2): 607-613. ( 医中誌 )

  16. 國枝 泰希, 吉岡 耕太郎. 【核酸医薬の現状と展望】 microRNAを標的にした核酸医薬の現状 最新医学. 2018.06; 73 (6): 787-793. ( 医中誌 )

  17. 永田 哲也, 吉岡 耕太郎, 横田 隆徳. 【ALS治療に光】 [第1部]ALSに対する核酸医薬治療 難病と在宅ケア. 2017.05; 23 (2): 24-27. ( 医中誌 )

  18. 佐野 達彦, 吉岡 耕太郎, 永田 哲也, 横田 隆徳. 【神経内科疾患のtrends & topics 2017】 神経疾患の核酸医学と遺伝子治療 Mebio. 2016.11; 33 (11): 89-98. ( 医中誌 )

  19. 小野 大介, 吉岡 耕太郎, 永田 哲也, 横田 隆徳. 【革新バイオ医薬品】 DNA/RNAヘテロ2本鎖核酸の開発 Medical Science Digest. 2016.09; 42 (10): 458-461. ( 医中誌 )

  20. 吉岡 耕太郎, 笹栗 弘貴, 横田 隆徳. 【筋萎縮性側索硬化症の最近の知見とリハビリテーション】 病態と治療の現況、未来 Journal of Clinical Rehabilitation. 2016.03; 25 (3): 216-223. ( 医中誌 )

  21. 佐野達彦,吉岡耕太郎,永田哲也,横田隆徳. 神経疾患の核酸医学と遺伝子治療 Mebio. 2016; 33 (11): 89-98.

  22. 小野大介,吉岡耕太郎,永田哲也,横田隆徳. DNA/RNAヘテロ2本鎖核酸の開発 Medical Science Digest. 2016; 42 (10): 18-21.

  23. 吉岡耕太郎,笹栗弘貴,横田隆徳. 病態と治療の現況,未来 Journal of Clinical Rehabilitation. 2016; 25 (3): 216-223.

  24. 仁科 一隆, 吉岡 耕太郎, 桑原 宏哉, 横田 隆徳. 【アカデミア発の創薬・研究治療】 神経疾患に対する核酸医薬による遺伝子治療 神経内科. 2015.10; 83 (4): 283-288. ( 医中誌 )

  25. 吉岡 耕太郎, 桑原 宏哉, 仁科 一隆, 永田 哲也, 横田 隆徳. 核酸医薬研究の現況と展望 日本臨床. 2015.06; 73 (6): 1057-1065. ( 医中誌 )

  26. Kotaro Yoshioka, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. [Recent progress and prospect in oligonucleotide therapeutics]. Nippon Rinsho. 2015.06; 73 (6): 1057-1065. ( PubMed )

  27. 渡邊 耕介, 吉岡 耕太郎, 日詰 正樹, 金澤 俊郎, 田中 宏明. 妊娠中に中耳炎を生じ産褥期にseptic dural sinus thrombosisに至った1例 脳卒中. 2014.09; 36 (5): 356-360. ( 医中誌 )

  28. 古川 迪子, 三條 伸夫, 工藤 俊介, 中道 一生, 鈴木 忠樹, 吉岡 耕太郎, 石橋 賢士, 石原 正一郎, 石橋 哲, 大久保 卓哉, 森尾 友宏, 江石 義信, 西條 政幸, 横田 隆徳, 水澤 英洋. BKウイルス感染による後根神経節炎が疑われた原発性無ガンマグロブリン血症の30歳男性 NEUROINFECTION. 2013.09; 18 (2): 160. ( 医中誌 )

  29. 吉岡 耕太郎. 【主訴・症状から考えられる疾患早わかりMAP付き救急看護に必要な疾患の知識 これだけBOOK】 (第2章)問診から合併症の対応まで これだけは押さえておきたい救急看護に必須の疾患別知識 (第1節)神経系疾患 一過性脳虚血発作 EMERGENCY CARE. 2012.07; (2012夏季増刊): 91-96. ( 医中誌 )

  30. 吉岡 耕太郎, 水澤 英洋. 【神経内科の病気のすべて】 運動ニューロン疾患・神経系感染症 プリオン病の分類と治療 からだの科学. 2010.05; (265): 134-136. ( 医中誌 )

  31. 吉岡 耕太郎, 石井 昭広, 山田 正俊. 化学療法後に胃横隔膜病変部の穿孔をきたし膿胸を合併し死亡に至った悪性リンパ腫の1例 旭中央病院医報. 2009.10; 31 135-140. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Yoshioka K, Nishina K, Nagata T, Yokota T.. Molecular Technology: Life Innovation. Wiley-VCH, Weinheim, 2018.12 DNA/RNA Heteroduples Oligonucleotides.

  2. 吉岡耕太郎(編集:横田隆徳). 核酸医薬 : 本領を発揮する創薬モダリティ : 新たな作用機序を生む核酸のサイエンスから、新薬・ワクチン承認をもたらした核酸修飾・DDS技術、難治性疾患治療への挑戦まで. 羊土社, 2021.10 神経難病に対する核酸医薬品の開発

  3. 吉岡耕太郎, 横田隆徳.. Annual review神経2020. 中外医学社, 2020.04 神経疾患に対する核酸医薬の現状と展望

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 1. Yoshioka K, Kunieda T, Asami Y, Huijia G, Miyata H, Tanaka K, Sujino Y, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Iwata-Hara R, Nagata T, Wada T, Obika S, Yokota T. . Heteroduplex-oligonucleotides for highly efficient silencing of microRNA through a novel intracellular mechanism. 15th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society 2019.10.16

  2. Mon Su Su Lei, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. アンチセンスオリゴヌクレオチド二本鎖の新しい構造は脳室内経路を介した効果を改善する(A novel structure of duplex antisense oligonucleotides improves potency via intraventricular route). 臨床神経学 2018.12.01

  3. Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Guo Huija, Enomoto Seiya, Miyata Haruka, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. 新しい種類の二本鎖オリゴヌクレオチドはin vivoにおいてmicroRNAサイレンシングの効力を増強する(A new class of double-stranded oligonucleotide enhances in vivo potency of microRNA silencing). 臨床神経学 2018.12.01

  4. Kotaro Yoshioka, Taiki Kunieda, Yutaro Asami, Yumiko Sujino, Kie Tanaka, Wenying Piao, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata and Takanori Yokota. Dual overhanging-duplex oligonucleotide improved efficacy and safety in gene therapy for FAP. XX Ⅲ World Congress of Neurology 2017.09.20 Kyoto, JPN

  5. Nishina Kazutaka, Yoshioka Kotaro, Nishina Tomoko, Kuwahara Hiroya, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. DNA/RNAヘテロ二本鎖構造に基づく新規オリゴヌクレオチド(Novel oligonucleotide based on DNA/RNA heteroduplex structures). 臨床神経学 2016.12.01

  6. Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. 新型の二本鎖構造はFAPに対するアンチセンスオリゴヌクレオチドの効能を改善させる(A new type of double-stranded structure improved potency of antisense oligonucleotide for FAP). 臨床神経学 2016.12.01

  7. Li Fuying, Ishibashi Satoru, Yoshioka Kotaro, Wada Takehiko, Ichijo Masahiko, Iwasawa Eri, Song Jindong, Zhang Yongquan, Yokota Takanori. ヘテロ二重鎖オリゴヌクレオチドはマウス局所脳虚血において遺伝子発現を低下させる(Heteroduplex oligonucleotide reduced gene expression in focal ischemic brain in mice). 臨床神経学 2016.12.01

  8. 吉岡 耕太郎, 筋野 裕美子, 國枝 泰希, 下 剛典, 田中 規恵, 朴 文英, 桑原 宏哉, 仁科 一隆, 小比賀 聡, 横田 隆徳. Hetero-chimera-duplex-oligonucleotideによるエクソンスキッピング療法の開発(Development of exon-skipping therapy by hetero-chimera-duplex oligonucleotide). 臨床神経学 2015.12.01

  9. Kotaro Yoshioka, Yumiko Sujino, Kie Tanaka, Wenying Piao, Tomoko Nishina, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Takanori Yokota.. Hetero-chimera-duplex oligonucleotide (HCDO): A new class of oligonucleotide for enhancement of efficacy of microRNA inhibitor.. 10th annual meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society. 2014.10.12 San Diego.

  10. Kotaro Yoshioka, Kie Tanaka, Wenying Piao, Kazutaka Nishina, Takanori Yokota.. A new class of oligonucleotide drug; DNA/RNA heteroduplex oligonucleotide for highly efficient gene silencing.. 6th TMDU International Summer Program (ISP2014). 2014.08.26

  11. 吉岡 耕太郎, 渡邉 耕介, 日詰 正樹, 金澤 俊郎, 石橋 哲, 田中 宏明, 横田 隆徳, 水澤 英洋. 虚血性脳卒中患者における発作性心房細動に関する簡易スコア(A Simple Score For Paroxysmal Atrial Fibirillation in Ischemic Stroke Patients). 臨床神経学 2013.12.01

  12. 吉岡耕太郎. . 新規ヘテロ2本鎖核酸の開発.. 日本核酸医薬学会第5回年会 2019.07.09

  13. 吉岡耕太郎. 脳梗塞診療の問題点と克服法. Embolism Forum in Mibu 2019.06.11

  14. 吉岡 耕太郎. 難治性神経筋疾患で始まった核酸医薬による原因治療-1 核酸医薬総論. 神経治療学 2018.11.01

  15. 吉岡耕太郎. 潜因性脳梗塞診療の問題点と克服法. Arrhythmia and Stroke Forum 2018.02.28

  16. 渡辺 知恵, Yi Cheng, 渡利 彰浩, 八木 清仁, 吉岡 耕太郎, 吉田 規恵, 仁科 一隆, 横田 隆徳, 村上 正裕. 新規DNA/RNAヘテロ二本鎖核酸のm19を用いた経腸デリバリー技術による標的遺伝子抑制効果. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2017.06.01

  17. 沼波 仁, 尾崎 心, 大久保 卓哉, 一條 真彦, 吉岡 耕太郎, 石橋 哲, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 抗グリシン受容体抗体陽性PERMの2例の検討. 臨床神経学 2016.12.01

  18. 吉岡耕太郎, 筋野裕美子, 國枝泰希, 新田佳子, 田中規恵, 朴文英, 仁科智子, 桑原宏哉, 仁科一隆, 横田隆徳.. 二本鎖ヘテロキメラ核酸:新規二本鎖構造核酸によるマイクロRNA阻害薬での増強効果. . アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム. 2014.09.09 東京

  19. 吉岡耕太郎, 筋野裕美子, 田中規恵, 朴文英, 仁科智子, 桑原宏哉, 仁科一隆, 横田隆徳.. 新規二本鎖ヘテロキメラ構造によるマイクロRNA抑制薬の増強効果.. 第6回日本RNAi研究会. 2014.08.28 広島

  20. 吉岡耕太郎, 渡邊耕介, 伊藤陽子, 銭谷怜史, 日詰正樹, 金澤俊郎, 石橋哲, 三明裕知, 田中宏明, 横田隆徳, 水澤英洋.. 急性期脳梗塞患者における発作性心房細動の予測スコアの作成と多施設での検証.. 第55回日本神経学会総会. 2014.05.23 福岡

  21. 工藤 俊介, 三條 伸夫, 古川 迪子, 吉岡 耕太郎, 一條 真彦, 斎藤 和幸, 石原 正一郎, 石橋 哲, 横田 隆徳, 水澤 英洋. 後根神経節にCD8陽性Tリンパ球浸潤を伴った原発性無ガンマグロブリン血症の30歳男性. 神経免疫学 2013.11.01

  22. 吉岡 耕太郎, 渡邊 耕介, 日詰 正樹, 金澤 俊郎, 田中 宏明. 感覚障害とhyperkinesie volitionnelleが一側下肢から亜急性に拡大したプリオン病の74歳女性. 臨床神経学 2013.02.01

  23. 渡邊 耕介, 吉岡 耕太郎, 日詰 正樹, 金澤 俊郎, 田中 宏明. 出産後7日目に乳突蜂巣炎から波及した脳静脈血栓症. 日本内科学会関東地方会 2012.02.01

  24. 日詰 正樹, 渡邊 耕介, 吉岡 耕太郎, 金澤 俊郎, 田中 宏明. 脳梗塞に対する抗凝固療法中に、高CK血症を契機に深部筋内血腫が判明した2例. 臨床神経学 2011.12.01

  25. 三木 一徳, 吉岡 耕太郎, 三浦 義治, 沼沢 祥行, 石原 正一郎, 石橋 哲, 小寺 実, 新谷 周三, 水澤 英洋. 頭蓋内主幹動脈近位部閉塞におけるProminent PCA laterality signの臨床的検討. 臨床神経学 2011.12.01

  26. 三木 一徳, 吉岡 耕太郎, 石橋 哲, 三浦 義治, 沼沢 祥行, 石原 正一郎, 吉野 義一, 小寺 実, 新谷 周三, 根本 繁, 水澤 英洋. 脳主幹動脈閉塞による脳梗塞急性期MRIを利用した側副血行評価法の検討. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2011.11.01

  27. 吉岡 耕太郎, 渡邊 睦房, 石川 欽也, 横田 隆徳, 水澤 英洋. TIA様発作を繰り返したリウマチ性髄膜炎の68才男性例. 臨床神経学 2011.01.01

  28. 吉岡 耕太郎, 石橋 哲, 白石 淳, 石川 欽也, 横田 隆徳, 水澤 英洋. 一過性脳虚血発作におけるFLAIR画像のhyperintense vessel signの臨床的検討. 臨床神経学 2010.12.01

  29. 須佐 紘一郎, 吉岡 耕太郎, 銭谷 怜史, 高田 茂, 磯部 清志, 赤澤 正信, 志熊 聡美, 渡邊 睦房, 太田 哲人, 太田 英里子, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 水澤 英洋, 佐々木 成. 一過性脳虚血発作(TIA)との鑑別に苦慮したリウマチ性髄膜炎の透析患者. 日本透析医学会雑誌 2010.05.01

  30. 吉岡 耕太郎, 石井 昭広, 山田 正俊. 化学療法後に胃横隔膜病変部の穿孔をきたし膿胸を合併し死亡に至った悪性リンパ腫の1例. 旭中央病院医報 2009.10.01

  31. 吉岡 耕太郎, 渡辺 睦房, 石川 欽也, 横田 隆徳, 水澤 英洋. 無菌性髄膜炎後に遅発的に抗NMDA受容体脳炎様の精神症状・不随意運動を伴った25歳の若年女性の1例. NEUROINFECTION 2009.10.01

  32. 吉岡 耕太郎, 中村 朗, 神戸 敏行. PET-CTのみ肝鎌状間膜周辺の感染が診断可能であった肺炎球菌菌血症の1例. 日本内科学会関東地方会 2008.09.01

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • ヘテロ二本鎖型antimiR

    特許番号: 特許第6974872号

  • オーバーハングを有する二本鎖核酸複合体

    特許番号: US 11260134

  • エクソンスキッピング効果を有する二本鎖アンチセンス核酸

    特許番号: 特許第6604544号

  • エクソンスキッピング効果を有する二本鎖アンチセンス核酸

    特許番号: EP3010514

  • 治療用オリゴヌクレオチドを送達するための二本鎖剤

    特許番号: US11028387

  • 治療用オリゴヌクレオチドを送達するための二本鎖剤

    特許番号: 3004347

  • 治療用オリゴヌクレオチドを送達するための二本鎖剤

    特許番号: 特許第6472087号

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Dr. Alan M. Gewirtz Memorial Scholarship Award,2021年09月

  • Outstanding Team Presentation award,2021年02月

  • 日本核酸医薬学会・奨励賞,2020年11月

  • 東京医科歯科大学医科同窓会第33回研究奨励賞,2020年03月

  • 若手研究者研究奨励賞,東京医科歯科大学,2019年09月

  • 第19回福岡臨床研究奨励賞,東京医科歯科大学医科同窓会,2017年03月

  • 第1回年会優秀発表者賞 (川原賞),日本核酸医薬学会,2015年11月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 新たな核酸医薬の候補、DNA/DNA 2本鎖核酸による効率的な遺伝子抑制を達成 」 ― 難病治療薬の開発に向けた一歩 ―,2020年12月

    Molecular Therapy

  • 「マイクロRNA の効率的な制御を可能にする新たな核酸医薬の開発に成功!」―癌・難病の新たな治療法へ道―,2019年06月

    Nucleic Acids Research