基本情報

写真a

吉岡 耕太郎(ヨシオカ コウタロウ)

YOSHIOKA Kotaro


職名

特任助教

生年

1982年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45(3号館12階神経内科医局)

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

kotanuro@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dept/medicine/nuro/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2007年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  脳神経病態学分野  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    国保旭中央病院 臨床研修医
  • 2010年06月
    -
    2012年03月
    横浜市立みなと赤十字病院 神経内科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本神経学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    現在
    日本核酸医薬学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 核酸医薬

  • 神経内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 血液脳関門を自由自在に通過するオーバーハング2本鎖核酸技術の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Lei Mon SS, Yoshioka K, Jia C, Kunieda T, Asami Y, Yoshida-Tanaka K, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Nagata T, Yokota T. Highly efficient gene silencing in mouse brain by overhanging-duplex oligonucleotides via intraventricular route. FEBS letters. 2020.05; 594 (9): 1413-1423. ( PubMed, DOI )

  • 柳平 貢, 吉岡 耕太郎, 登利屋 修一, 横田 隆徳. 核酸医薬品の創出に向けた産官学の取り組み(第(5)回) ヘテロ2本鎖核酸 PHARM TECH JAPAN. 2020.03; 36 (4): 661-667. ( 医中誌 )

  • Yoshioka K, Kunieda T, Asami Y, Guo H, Miyata H, Yoshida-Tanaka K, Sujino Y, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Hara RI, Nagata T, Wada T, Obika S, Yokota T. Highly efficient silencing of microRNA by heteroduplex oligonucleotides. Nucleic acids research. 2019.08; 47 (14): 7321-7332. ( PubMed, DOI )

  • 吉岡 耕太郎, 石橋 哲. 【臨床予測ルールを救急で正しく活用しよう!Clinical prediction rule「そのルール、目の前の患者さんに使っていいんですか?」論文から読み解く本当の目的と使いどころ】【よく出合う疾患の臨床予測ルール】脳卒中 レジデントノート. 2019.08; 21 (7): 1226-1233. ( 医中誌 )

  • 山田 大貴, 吉岡 耕太郎, 横田 隆徳. 【加速する核酸医薬開発】 第3の核酸医薬プラットフォーム・ヘテロ2本鎖核酸 医薬ジャーナル. 2019.02; 55 (2): 607-613. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 吉岡耕太郎, 横田隆徳.. Annual review神経2020. 中外医学社, 2020.04 神経疾患に対する核酸医薬の現状と展望

  • Yoshioka K, Nishina K, Nagata T, Yokota T.. Molecular Technology: Life Innovation. Wiley-VCH, Weinheim, 2018.12 DNA/RNA Heteroduples Oligonucleotides.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 1. Yoshioka K, Kunieda T, Asami Y, Huijia G, Miyata H, Tanaka K, Sujino Y, Piao W, Kuwahara H, Nishina K, Iwata-Hara R, Nagata T, Wada T, Obika S, Yokota T. . Heteroduplex-oligonucleotides for highly efficient silencing of microRNA through a novel intracellular mechanism. 15th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society 2019.10.16

  • 吉岡耕太郎. . 新規ヘテロ2本鎖核酸の開発.. 日本核酸医薬学会第5回年会 2019.07.09

  • 吉岡耕太郎. 脳梗塞診療の問題点と克服法. Embolism Forum in Mibu 2019.06.11

  • Mon Su Su Lei, Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. アンチセンスオリゴヌクレオチド二本鎖の新しい構造は脳室内経路を介した効果を改善する(A novel structure of duplex antisense oligonucleotides improves potency via intraventricular route). 臨床神経学 2018.12.01

  • Yoshioka Kotaro, Kunieda Taiki, Asami Yutaro, Guo Huija, Enomoto Seiya, Miyata Haruka, Tanaka Kie, Piao Wenying, Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Nagata Tetsuya, Yokota Takanori. 新しい種類の二本鎖オリゴヌクレオチドはin vivoにおいてmicroRNAサイレンシングの効力を増強する(A new class of double-stranded oligonucleotide enhances in vivo potency of microRNA silencing). 臨床神経学 2018.12.01

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • エクソンスキッピング効果を有する二本鎖アンチセンス核酸

    特許番号: 特許第6604544号

  • 治療用オリゴヌクレオチドを送達するための二本鎖剤

    特許番号: 3004347

  • 治療用オリゴヌクレオチドを送達するための二本鎖剤

    特許番号: 特許第6472087号

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「マイクロRNA の効率的な制御を可能にする新たな核酸医薬の開発に成功!」―癌・難病の新たな治療法へ道―,2019年06月

    Nucleic Acids Research