基本情報

写真a

森 雄太郎(モリ ユウタロウ)

MORI Yutaro


職名

助教

分野紹介URL

東京医科歯科大学 腎臓内科

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2008年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  医歯学系専攻器官システム制御学講座腎臓内科学分野  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

  • 学士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 学生
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 中央診療施設等 総合教育研修センター 臨床研修医
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2022年02月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    秀和総合病院 臨床研修医
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    総合病院土浦協同病院 腎臓内科 内科医師(腎臓内科、嘱託)
  • 2015年11月
    -
    2017年03月
    総合病院土浦協同病院 腎臓内科 内科医師(腎臓内科、職員)
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    ハーバード大学医学大学院 ブリガムアンドウィメンズ病院 内科 腎臓部門 客員博士研究員
  • 2018年04月
    -
    2022年01月
    ハーバード大学医学大学院 ブリガムアンドウィメンズ病院 内科 腎臓部門 博士研究員
  • 2020年04月
    -
    2022年01月
    独立行政法人日本学術振興会 海外特別研究員

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本透析医学会

  • アメリカ腎臓学会

  • アメリカ心臓協会

  • 日本分子生物学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    一般社団法人 日本内科学会 病歴要約1次評価委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本腎臓学会 評議員
  • 2020年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本内科学会 内科専門研修病歴要約査読委員
  • 2022年04月
    -
    現在
    国立大学法人 東京医科歯科大学 オープンイノベーション・プロモーター

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生理学

  • 医療薬学

  • 医化学

  • 内科学一般

  • 腎臓内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内科学会認定内科医

  • 日本腎臓学会腎臓専門医

  • 日本内科学会総合内科専門医

  • 日本透析医学会透析専門医

  • 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了

  • 日本腎臓学会指導医

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 慢性腎臓病患者由来kidney-on-a-chipの開発,2024年06月

  • マイクロ流体デバイスを用いた慢性腎臓病患者由来kidney-on-a-chipの樹立,2023年12月 - 2025年03月

  • 尿細管上皮細胞をターゲットとした新規の糖尿病性腎臓病治療薬の開発,2023年09月 - 2028年03月

  • 尿細管上皮細胞をターゲットとした新規の糖尿病性腎臓病治療薬の開発,2023年09月 - 2028年03月

  • 免疫チェックポイント分子の制御による慢性腎臓病の新規治療法開発,2023年07月 - 2026年03月

  • 免疫チェックポイント分子の制御による慢性腎臓病の新規治療法開発,2023年07月 - 2026年03月

  • 尿細管オルガノイドを用いた慢性腎臓病病態モデルの開発と病因細胞のプロファイリング,2023年07月 - 2025年03月

  • 尿細管オルガノイドを用いた慢性腎臓病病態モデルの開発と病因細胞のプロファイリング,2023年07月 - 2025年03月

  • ヒト患者由来の薬剤腎臓毒性試験プラットフォームの開発,2023年07月 - 2024年03月

  • ヒト患者由来の薬剤腎臓毒性試験プラットフォームの開発,2023年07月 - 2024年03月

  • 1. 腎臓・肺の上皮細胞における新型コロナウイルス感染症の新規受容体の同定と創薬/2. 細胞老化や代謝変化に着目した慢性腎臓病・糖尿病性腎臓病の病態解明/3. ヒト摘出腎由来尿細管オルガノイドによる各種の新規腎疾患モデルの作製,2023年04月 - 2024年03月

  • 細胞内糖代謝に着目した糖尿病性腎臓病の病態解明,2023年03月 - 2024年04月

  • 細胞内糖代謝に着目した糖尿病性腎臓病の病態解明,2023年03月 - 2024年04月

  • KIM-1阻害薬とSGLT2阻害薬の併用による糖尿病性腎臓病治療法の開発,2023年01月 - 2024年12月

  • KIM-1阻害薬とSGLT2阻害薬の併用による糖尿病性腎臓病治療法の開発,2023年01月 - 2024年12月

  • 尿細管オルガノイドによるsemi-personalized病態モデルの構築,2022年08月 - 2024年03月

  • 尿細管オルガノイドによるsemi-personalized病態モデルの構築,2022年08月 - 2024年03月

  • 尿細管オルガノイドによるsemi-personalized病態モデルの構築,2022年08月 - 2024年03月

  • 初代培養オルガノイドによる薬剤テスト,2022年08月 - 2023年03月

  • 初代培養オルガノイドによる薬剤テスト,2022年08月 - 2023年03月

  • 細胞老化と免疫チェックポイント分子をターゲットとした慢性腎臓病の病態解明,2022年04月 - 2023年03月

  • 細胞老化と免疫チェックポイント分子をターゲットとした慢性腎臓病の病態解明,2022年04月 - 2023年03月

  • 細胞老化と免疫チェックポイント分子をターゲットとした慢性腎臓病の病態解明および新規創薬,2022年02月 - 2026年03月

  • 細胞老化と免疫チェックポイント分子をターゲットとした慢性腎臓病の病態解明および新規創薬,2022年02月 - 2026年03月

  • 細胞老化と免疫チェックポイント分子をターゲットとした慢性腎臓病の病態解明および新規創薬,2022年02月 - 2026年03月

  • Kidney Injury Molecule-1 in Epithelial Repair,2021年08月 - 2022年01月

  • KIM-1と遊離脂肪酸をターゲットとした糖尿病性腎臓病の新規治療薬の開発,2020年04月 - 2022年01月

  • KIM-1と遊離脂肪酸をターゲットとした糖尿病性腎臓病の新規治療薬の開発,2020年04月 - 2022年01月

  • KIM-1と遊離脂肪酸をターゲットとした糖尿病性腎臓病の新規治療薬の開発,2020年04月 - 2022年01月

  • KIM-1に関連した糖尿病性腎臓病の病態解明と新規創薬,2019年04月 - 2020年03月

  • KIM-1に関連した糖尿病性腎臓病の病態解明と新規創薬,2019年04月 - 2020年03月

  • KIM-1に関連した糖尿病性腎臓病の病態解明と新規創薬,2019年04月 - 2020年03月

  • オートファジーによる腎臓でのWNKキナーゼおよび血圧・電解質制御機構の解明,2016年08月 - 2017年03月

  • オートファジーによる腎臓でのWNKキナーゼおよび血圧・電解質制御機構の解明,2016年08月 - 2017年03月

  • オートファジーによる腎臓でのWNKキナーゼおよび血圧・電解質制御機構の解明,2016年08月 - 2017年03月

  • ハーバード大学との戦略的提携による器官恒常性破綻病態に対する新規治療法の開発,2015年04月 - 2018年03月

  • ハーバード大学との戦略的提携による器官恒常性破綻病態に対する新規治療法の開発,2015年04月 - 2018年03月

  • ハーバード大学との戦略的提携による器官恒常性破綻病態に対する新規治療法の開発,2015年04月 - 2018年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 尿細管オルガノイドによるsemi-personalized病態モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2023年

  • オートファジーによる腎臓でのWNKキナーゼおよび血圧・電解質制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yuta Nakano, Shintaro Mandai, Shotaro Naito, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Eisei Sohara, Shinichi Uchida. Effect of osteosarcopenia on longitudinal mortality risk and chronic kidney disease progression in older adults Bone. 2024.02; 179 116975. ( DOI )

  2. Takuya Fujimaru, Takayasu Mori, Motoko Chiga, Shintaro Mandai, Hiroaki Kikuchi, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Koichiro Susa, Yuta Nakano, Takao Shoji, Yuichiro Fukudome, Naoto Inaba, Kenichiro Kitamura, Taichi Nakanishi, Keiko Uchida, Toshihiro Kimura, Teiichi Tamura, Kiyoshi Ozawa, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Genetic diagnosis of adult hemodialysis patients with unknown etiology Kidney International Reports. 2024.01;

  3. Hisazumi Matsuki, Shintaro Mandai, Hiroki Shiwaku, Takaaki Koide, Naohiro Takahashi, Tomoki Yanagi, Shunsuke Inaba, Saaya Ida, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Eisei Sohara, Hidehiko Takahashi, Shinichi Uchida. Chronic kidney disease causes blood-brain barrier breakdown via urea-activated matrix metalloproteinase-2 and insolubility of tau protein Aging. 2023.10; 15 (20): 10972-10995. ( PubMed, DOI )

  4. JMA Journal. Association of Admission Functional Status and Body Mass Index with Mortality in Patients Receiving Chronic Dialysis: A Nationwide Observational Cohort Study JMA Journal. 2023.10; 6 (4): 404-413. ( DOI )

  5. Hisazumi Matsuki, Taku Genma, Shintaro Mandai, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Kiyohide Fushimi, Shinichi Uchida. National Trends in Mortality and Urgent Dialysis after Acute Hypertension in Japan From 2010 Through 2019 Hypertension. 2023.10; 80 (12): 2591-2600. ( PubMed, DOI )

  6. Hideki Yanagawa, Yu Hara, Fumiaki Ando, Soichiro Suzuki, Tamami Fujiki, Daisuke Oikawa, Naofumi Yui, Shintaro Mandai, Yutaro Mori, Koichiro Susa, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Fuminori Tokunaga, Shinichi Uchida. LRBA signalosomes activate vasopressin‐induced AQP2 trafficking at recycling endosomes 2023.10; 601 (23): 5437-5451. ( PubMed, DOI )

  7. Nobuhisa Morimoto, Takayasu Mori, Shingo Shioji, Hatsumi Watanabe, Keigo Sakai, Katsuo Mori, Ayumi Yamamura, Asami Hanioka, Yuichiro Akagi, Tamami Fujiki, Shintaro Mandai, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Eisei Sohara, Shinichi Uchida. Thrombocytopenia during avacopan administration: A case report International Journal of Rheumatic Diseases. 2023.03; 26 (8): 1603-1607. ( PubMed, DOI )

  8. Absence of ULK1 decreases AMPK activity in the kidney, leading to chronic kidney disease progression 2022.11; 28 (1): 5-14. ( DOI )

  9. Jialing Liu, Yi Li, Lingna Lyu, Liang Xiao, Aliza A Memon, Xin Yu, Arvin Halim, Shivani Patel, Abdikheyre Osman, Wenqing Yin, Jie Jiang, Said Naini, Kenneth Lim, Aifeng Zhang, Jonathan D Williams, Ruth Koester, Kevin Z Qi, Quynh-Anh Fucci, Lai Ding, Steven Chang, Ankit Patel, Yutaro Mori, Advika Chaudhari, Aaron Bao, Jia Liu, Tzong-Shi Lu, Andrew Siedlecki. Integrin α5 Is Regulated by miR-218-5p in Endothelial Progenitor Cells. J Am Soc Nephrol. 2022.03; 33 (3): 565-582. ( PubMed, DOI )

  10. Yutaro Mori, Corby Fink, Takaharu Ichimura, Keisuke Sako, Makiko Mori, Nathan N Lee, Philipp Aschauer, Krishna M Padmanabha Das, SoonGweon Hong, Minsun Song, Robert F Padera, Astrid Weins, Luke P Lee, Mahmoud L Nasr, Gregory A Dekaban, Jimmy D Dikeakos, Joseph V Bonventre. KIM-1/TIM-1 is a Receptor for SARS-CoV-2 in Lung and Kidney. medRxiv. 2022.01; 2020.09.16.20190694 ( PubMed, DOI )

  11. Christian Wiraja, Yutaro Mori, Takaharu Ichimura, Jangsun Hwang, Chenjie Xu, Joseph V Bonventre. Nephrotoxicity Assessment with Human Kidney Tubuloids using Spherical Nucleic Acid-Based mRNA Nanoflares. Nano Lett. 2021.07; 21 (13): 5850-5858. ( PubMed, DOI )

  12. Li Li, Pierre Galichon, Xiaoyan Xiao, Ana C Figueroa-Ramirez, Diana Tamayo, Jake J-K Lee, Marian Kalocsay, David Gonzalez-Sanchez, Maria S Chancay, Kyle W McCracken, Nathan N Lee, Takaharu Ichimura, Yutaro Mori, M Todd Valerius, Julia Wilflingseder, Dario R Lemos, Elazer R Edelman, Joseph V Bonventre. Orphan nuclear receptor COUP-TFII enhances myofibroblast glycolysis leading to kidney fibrosis. EMBO Rep. 2021.06; 22 (6): e51169. ( PubMed, DOI )

  13. Takuya Fujimaru, Kunio Kawanishi, Takayasu Mori, Eikan Mishima, Akinari Sekine, Motoko Chiga, Masayuki Mizui, Noriaki Sato, Motoko Yanagita, Yuki Ooki, Kiyotaka Nagahama, Yuko Ohnuki, Naoto Hamano, Saki Watanabe, Toshio Mochizuki, Katsushi Nagatsuji, Kenichi Tanaka, Tatsuo Tsukamoto, Hideo Tsushima, Mamiko Shimamoto, Takahiro Tsuji, Tamaki Kuyama, Shinya Kawamoto, Kenji Maki, Ai Katsuma, Mariko Oishi, Kouhei Yamamoto, Shintaro Mandai, Hiroaki Kikuchi, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Tatemitsu Rai, Junichi Hoshino, Yoshifumi Ubara, Mariko Miyazaki, Michio Nagata, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Genetic Background and Clinicopathologic Features of Adult-onset Nephronophthisis. Kidney Int Rep. 2021.05; 6 (5): 1346-1354. ( PubMed, DOI )

  14. Yutaro Mori, Amrendra K Ajay, Jae-Hyung Chang, Shan Mou, Huiping Zhao, Seiji Kishi, Jiahua Li, Craig R Brooks, Sheng Xiao, Heung-Myong Woo, Venkata S Sabbisetti, Suetonia C Palmer, Pierre Galichon, Li Li, Joel M Henderson, Vijay K Kuchroo, Julie Hawkins, Takaharu Ichimura, Joseph V Bonventre. KIM-1 mediates fatty acid uptake by renal tubular cells to promote progressive diabetic kidney disease. Cell Metab. 2021.05; 33 (5): 1042-1061.e7. ( PubMed, DOI )

  15. Yutaro Mori, Amrendra K. Ajay, Jae-Hyung Chang, Shan Mou, Huiping Zhao, Seiji Kishi, Jiahua Li, Craig R. Brooks, Sheng Xiao, Heung-Myong Woo, Venkata S. Sabbisetti, Suetonia C. Palmer, Pierre Galichon, Li Li, Joel M. Henderson, Vijay K. Kuchroo, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre. KIM-1 Mediated Tubular Fatty Acid Uptake Leads to Progressive Diabetic Kidney Disease SSRN Electronic Journal (Sneak Peek 2.0, Cell Metabolism). 2020.07; ( DOI )

  16. Li Li;Pierre Galichon;Xiaoyan Xiao;Ana C Figueroa-Ramirez;Diana Tamayo;Jake June-Koo Lee;Marian Kalocsay;David Gonzalez-Sanchez;Maria S Chancay;Kyle McCracken;Dario Lemos;Nathan Lee;Takaharu Ichimura;Yutaro Mori;M. Todd Valerius;Xiaoming Sun;Elazer R Edelman;Joseph V Bonventre. Orphan nuclear receptor COUP-TFII drives the myofibroblast metabolic shift leading to fibrosis bioRxiv. 2020.06; 2020.06.05.135889. ( DOI )

  17. Xiaojie Wang, Jialing Liu, Wenqing Yin, Farhiya Abdi, Paul D Pang, Quynh-Anh Fucci, Molly Abbott, Steven L Chang, Graeme Steele, Ankit Patel, Yutaro Mori, Aifeng Zhang, Shikai Zhu, Tzong-Shi Lu, Adam S Kibel, Bin Wang, Kenneth Lim, Andrew M Siedlecki. miR-218 Expressed in Endothelial Progenitor Cells Contributes to the Development and Repair of the Kidney Microvasculature. Am J Pathol. 2020.03; 190 (3): 642-659. ( PubMed, DOI )

  18. Seiji Kishi, Craig R Brooks, Kensei Taguchi, Takaharu Ichimura, Yutaro Mori, Akinwande Akinfolarin, Navin Gupta, Pierre Galichon, Bertha C Elias, Tomohisa Suzuki, Qian Wang, Leslie Gewin, Ryuji Morizane, Joseph V Bonventre. Proximal tubule ATR regulates DNA repair to prevent maladaptive renal injury responses. J Clin Invest. 2019.11; 129 (11): 4797-4816. ( PubMed, DOI )

  19. T Fujimaru, T Mori, A Sekine, S Mandai, M Chiga, H Kikuchi, F Ando, Y Mori, N Nomura, S Iimori, S Naito, T Okado, T Rai, J Hoshino, Y Ubara, S Uchida, E Sohara. Kidney enlargement and multiple liver cyst formation implicate mutations in PKD1/2 in adult sporadic polycystic kidney disease. Clin Genet. 2018.07; 94 (1): 125-131. ( PubMed, DOI )

  20. Toshiyuki Makino, Yoshitatsu Ohara, Namiko Kobayashi, Yohei Kono, Ayumu Nomizu, Mariko Ichijo, Yutaro Mori, Noriaki Matsui, Dai Kishida, Takayuki Toda. Atypical familial Mediterranean fever developed in a long-term hemodialysis patient. Hemodial Int. 2018.04; 22 (2): E19-E22. ( PubMed, DOI )

  21. Wang Y,Nomura N,Zeniya M,Mori Y,Takahashi D,Naito S,Rai T,Uchida S,Sohara E. High potassium concentration regulates the WNK3–SPAK–NKCC1 phosphorylation cascade via kelch-like protein 2 in mouse vascular smooth muscle cells Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.03; 65 (1): 35-44. ( DOI )

  22. Yuki Yoshizaki, Takayasu Mori, Mari Ishigami-Yuasa, Eriko Kikuchi, Daiei Takahashi, Moko Zeniya, Naohiro Nomura, Yutaro Mori, Yuya Araki, Fumiaki Ando, Shintaro Mandai, Yuri Kasagi, Yohei Arai, Emi Sasaki, Sayaka Yoshida, Hiroyuki Kagechika, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Drug-Repositioning Screening for Keap1-Nrf2 Binding Inhibitors using Fluorescence Correlation Spectroscopy. Sci Rep. 2017.06; 7 (1): 3945. ( PubMed, DOI )

  23. Shintaro Mandai, Susumu Furukawa, Manami Kodaka, Yutaka Hata, Takayasu Mori, Naohiro Nomura, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Daiei Takahashi, Yuki Yoshizaki, Yuri Kasagi, Yohei Arai, Emi Sasaki, Sayaka Yoshida, Yasuro Furuichi, Nobuharu L Fujii, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Loop diuretics affect skeletal myoblast differentiation and exercise-induced muscle hypertrophy. Sci Rep. 2017.04; 7 46369. ( PubMed, DOI )

  24. Emi Sasaki, Koichiro Susa, Takayasu Mori, Kiyoshi Isobe, Yuya Araki, Yuichi Inoue, Yuki Yoshizaki, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Shintaro Mandai, Moko Zeniya, Daiei Takahashi, Naohiro Nomura, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Knockout Mice Reveal the Physiological Role of KLHL3 and the Pathophysiology of Pseudohypoaldosteronism Type II Caused by Mutant KLHL3. Mol Cell Biol. 2017.03; 37 (7): ( PubMed, DOI )

  25. Wakana Shoda, Naohiro Nomura, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Calcineurin inhibitors block sodium-chloride cotransporter dephosphorylation in response to high potassium intake. Kidney Int. 2017.02; 91 (2): 402-411. ( PubMed, DOI )

  26. Yuki Yoshizaki, Yutaro Mori, Yoshihito Tsuzaki, Takayasu Mori, Naohiro Nomura, Mai Wakabayashi, Daiei Takahashi, Moko Zeniya, Eriko Kikuchi, Yuya Araki, Fumiaki Ando, Kiyoshi Isobe, Hidenori Nishida, Akihito Ohta, Koichiro Susa, Yuichi Inoue, Motoko Chiga, Tatemitsu Rai, Sei Sasaki, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Impaired degradation of WNK by Akt and PKA phosphorylation of KLHL3. Biochem Biophys Res Commun. 2015.11; 467 (2): 229-234. ( PubMed, DOI )

  27. Yutaro Mori, Takayasu Mori, Mai Wakabayashi, Yuki Yoshizaki, Moko Zeniya, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Involvement of selective autophagy mediated by p62/SQSTM1 in KLHL3-dependent WNK4 degradation. Biochem J. 2015.11; 472 (1): 33-41. ( PubMed, DOI )

  28. Moko Zeniya, Nobuhisa Morimoto, Daiei Takahashi, Yutaro Mori, Takayasu Mori, Fumiaki Ando, Yuya Araki, Yuki Yoshizaki, Yuichi Inoue, Kiyoshi Isobe, Naohiro Nomura, Katsuyuki Oi, Hidenori Nishida, Sei Sasaki, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Kelch-Like Protein 2 Mediates Angiotensin II-With No Lysine 3 Signaling in the Regulation of Vascular Tonus. J Am Soc Nephrol. 2015.09; 26 (9): 2129-2138. ( PubMed, DOI )

  29. Katsuhito Ihara, Shotaro Naito, Tomokazu Okado, Tatemitu Rai, Yutaro Mori, Takayuki Toda, Shinichi Uchida, Sei Sasaki, Noriaki Matsui. Successful recovery from an acute kidney injury due to amniotic fluid embolism. Intern Med. 2015; 54 (1): 49-54. ( PubMed, DOI )

  30. Koichiro Susa, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Moko Zeniya, Yutaro Mori, Takayasu Mori, Motoko Chiga, Naohiro Nomura, Hidenori Nishida, Daiei Takahashi, Kiyoshi Isobe, Yuichi Inoue, Kenta Takeishi, Naoki Takeda, Sei Sasaki, Shinichi Uchida. Impaired degradation of WNK1 and WNK4 kinases causes PHAII in mutant KLHL3 knock-in mice. Hum Mol Genet. 2014.10; 23 (19): 5052-5060. ( PubMed, DOI )

  31. Katsuhito Ihara, Shotaro Naito, Wakaba Yamaguchi, Yutaro Mori, Takayuki Toda, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Sei Sasaki, Noriaki Matsui. Hepatic cyst infection in an autosomal dominant polycystic kidney disease patient diagnosed by right pleural effusion. Intern Med. 2014; 53 (12): 1355-1359. ( PubMed, DOI )

  32. Yutaro Mori, Mai Wakabayashi, Takayasu Mori, Yuya Araki, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Sei Sasaki, Shinichi Uchida. Decrease of WNK4 ubiquitination by disease-causing mutations of KLHL3 through different molecular mechanisms. Biochem Biophys Res Commun. 2013.09; 439 (1): 30-34. ( PubMed, DOI )

  33. Daiei Takahashi, Takayasu Mori, Mai Wakabayashi, Yutaro Mori, Koichiro Susa, Moko Zeniya, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Sei Sasaki, Shinichi Uchida. KLHL2 interacts with and ubiquitinates WNK kinases. Biochem Biophys Res Commun. 2013.08; 437 (3): 457-462. ( PubMed, DOI )

  34. Mai Wakabayashi, Takayasu Mori, Kiyoshi Isobe, Eisei Sohara, Koichiro Susa, Yuya Araki, Motoko Chiga, Eriko Kikuchi, Naohiro Nomura, Yutaro Mori, Hiroshi Matsuo, Tomohiro Murata, Shinsuke Nomura, Takako Asano, Hiroyuki Kawaguchi, Shigeaki Nonoyama, Tatemitsu Rai, Sei Sasaki, Shinichi Uchida. Impaired KLHL3-mediated ubiquitination of WNK4 causes human hypertension. Cell Rep. 2013.03; 3 (3): 858-868. ( PubMed, DOI )

  35. Nobuhisa Morimoto, Takayasu Mori, Shingo Shioji, Towako Taguchi, Hatsumi Watanabe, Keigo Sakai, Katsuo Mori, Ayumi Yamamura, Asami Hanioka, Yuichiro Akagi, Tamami Fujiki, Shintaro Mandai, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Eisei Sohara, Kenichi Ohashi, Shinichi Uchida. Rapidly progressive IgA nephropathy with membranoproliferative glomerulonephritis-like lesions in an elderly man following the third dose of an mRNA COVID-19 vaccine: a case report BMC Nephrology. 2023.04; 24 (1): 108. ( PubMed, DOI )

  36. 森 槙子, 仲尾 祐輝, 森 雄太郎. 新たな病態モデルとしての尿細管オルガノイド 月刊 細胞. 2023.04; 55 (4): 76-79.

  37. 森 槙子, 森 雄太郎. 【尿細管と腎線維化】臨床と病理 糖尿病と腎線維化 腎と透析. 2022.12; 93 (6): 890-893.

  38. 森 槙子, 森 雄太郎. 【腎臓症候群(第3版)-その他の腎臓疾患を含めて-[I]】尿細管輸送異常症 Liddle症候群 日本臨床. 2022.08; 別冊腎臓症候群I 257-261.

  39. 森 雄太郎, 村上 尚加. 【腎臓とミトコンドリア】腎移植とミトコンドリア 腎臓内科. 2022.05; 15 (5): 544-550.

  40. 森雄太郎, 村上尚加. 【腎臓とミトコンドリア】腎移植とミトコンドリア 腎臓内科. 2022; 15 544-550.

  41. 森槙子, 森雄太郎. 【尿細管と腎線維化】臨床と病理 糖尿病と腎線維化 腎と透析. 2022; 93 890-893.

  42. 森槙子, 森雄太郎. 【腎臓症候群(第3版)-その他の腎臓疾患を含めて-[I]】尿細管輸送異常症 Liddle症候群 日本臨床. 別冊腎臓症候群. 2022; I 257-261.

  43. 森 雄太郎,渭原 克仁,山口 若葉,藤井 徹郎,戸田 孝之,松井 則明. 当院腎センターでの震災時緊急透析 茨城県救急医学会雑誌. 2013.03; 35 100.

  44. 森 雄太郎,渭原 克仁,山口 若葉,藤井 徹郎,戸田 孝之,長田 道夫,松井 則明. ミコフェノール酸モフェチル(MMF)とステロイドの併用療法で不完全寛解I型が得られた特発性膜性増殖性糸球体腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2013; 55 (2): 177-184. ( PubMed )

  45. 中原 毅,高野 真史,久松 学,倉持 龍彦,関 貴弘,寺田 紀子,黒須 唯之,上野 信一,藤岡 恵子,山口 若葉,渭原 克仁,森 雄太郎,藤井 徹郎,戸田 孝之,松井 則明. 性能評価 東レ社製ポリスルフォン膜ダイアライザーNVシリーズにおける抗血栓性の評価 腎と透析. 2012.11; 73 (別冊 ハイパフォーマンスメンブレン'12): 55-57.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Takayasu Mori, Takuya Fujimaru, Chunyu Liu, Karynne Patterson, Kohei Yamamoto, Takefumi Suzuki, Motoko Chiga, Shintaro Mandai, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Koichiro Susa, Yue-Qiu Tan, Feng Zhang, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Discovery of a Novel Candidate Gene Implicated in X-Linked Polycystic Kidney Disease. Kidney Week 2023 2023.11.04

  2. Yuki Nakao, Yutaro Mori, Makiko Mori, Shintaro Mandai, Tamami Fujiki, Fumiaki Ando, Koichiro Susa, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Shinichi Uchida. Tubuloids on Primary Human Renal Tubular Epithelial Cells (hRTECs) Recapitulates Cisplatin-Induced Kidney Injury. Kidney Week 2023 2023.11.04 Philadelphia

  3. Amrendra K. Ajay, Yutaro Mori, Venkata Sabbisetti, Joseph V. Bonventre. Screening for Small-Molecule Inhibitor for KIM-1 and Its Functional Validation in Kidney Fibrosis. Kidney Week 2023 2023.11.04

  4. Takuya Fujimaru, Takayasu Mori, Motoko Chiga, Shintaro Mandai, Yu Hara, Tamami Fujiki, Hiroaki Kikuchi, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Shinichi Uchida, Eisei Sohara.. Monoallelic IFT140 Pathogenic Variants in Adult Polycystic Kidney Disease Patients Without Family History.. ASN Kidney Week 2023 2023.11.04 Philadelphia

  5. Makiko Mori, Yutaro Mori, Corby Fink, Takaharu Ichimura, Keisuke Sako, Yuki Nakao, Astrid Weins, Shinichi Uchida, Joseph V. Bonventre. Kidney Injury Molecule-1 Is an Independent Receptor from ACE2 for SARS-CoV-2 in Lung and Kidney. Kidney Week 2023 2023.11.03 Philadelphia

  6. Yu Hara, Fumiaki Ando, Hideki Yanagawa, Soichiro Suzuki, Tamami Fujiki, Shintaro Mandai, Yutaro Mori, Koichiro Susa, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Shinichi Uchida.. LRBA Signalosomes Activate Vasopressin-Induced AQP2 Trafficking at Recycling Endosomes.. ASN Kidney Week 2023 2023.11.03 Philadelphia

  7. Shunsuke Inaba, Shintaro Mandai, Yuta Nakano, Hisazumi Matsuki, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Eisei Sohara, Shinichi Uchida.. The Transcriptomic Landscape of microRNAs Encapsulated in Circulating Extracellular Vesicles and CKD Progression in Japanese Adults.. ASN Kidney Week 2023 2023.11.03 Philadelphia

  8. Yuta Nakano, Shintaro Mandai, Shotaro Naito, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Eisei Sohara, Shinichi Uchida.. Association Among Bone Mass, Muscle Mass and Strength, Mortality, and CKD Progression in Older Adults.. ASN Kidney Week 2023 2023.11.02 Philadelphia

  9. Takayasu Mori, Takuya Fujimaru, Chunyu Liu, Karynne Patterson, Kohei Yamamoto, Takefumi Suzuki, Motoko Chiga, Shintaro Mandai, Fumiaki Ando, Yutaro Mori, Koichiro Susa, University of Washington Center for Rare Disease Research, Yue-Qiu Tan, Feng Zhang, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Discovery of a Novel Candidate Gene Implicated in X-Linked Polycystic Kidney Disease. ASN Kidney Week 2023 2023.11 Philadelphia

  10. Makiko Mori, Yutaro Mori, Takaharu Ichimura, Keisuke Sako, Shinichi Uchida, Joseph V. Bonventre. Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) is a Receptor for SARS-CoV-2 in Lung and Kidney. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.10 横浜

  11. Hisazumi Matsuki, Shintaro Mandai, Takaaki Koide, Naohiro Takahashi, Tomoki Yanagi, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Eisei Sohara, Shinichi Uchida. A brain proteomic signature of chronic kidney disease uncovers blood-brain barrier breakdown via urea-activated matrix metalloproteinase-2. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.09 横浜

  12. Yuta Nakano, Shintaro Mandai, Shotaro Naito, Tamami Fujiki, Yutaro Mori, Fumiaki Ando, Takayasu Mori, Koichiro Susa, Soichiro Iimori, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Impact of Osteosarcopenia on Mortality and CKD Progression: A Prospective Observational Cohort Study. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.09 横浜

  13. Underlying Genetic Causes of Adult Patients With ESKD Undergoing Hemodialysis Therapy. 2022.11.05

  14. Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) Shapes the Kidney Immune Microenvironment via Lymphotoxin Beta Receptor (LTbR) Signaling. 2022.11.04

  15. Small Molecule Screening Identifies TW-37 as a KIM-1 Inhibitor and Potential Anti-Fibrotic Molecule. 2022.11.03

  16. MORI Yutaro. KIM-1 mediates fatty acid uptake by renal tubular cells to promote progressive diabetic kidney disease. 第26回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 2022.10.12 京都

  17. Yutaro Mori, Seiji Kishi, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre. Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1)-mediated Proximal Tubular (PT) Uptake of Fatty Acid (FA)-Albumin Leads to Progressive Diabetic Kidney Disease (DKD). 第64回日本腎臓学会学術総会 2021.06.18 横浜、オンライン

  18. Yutaro Mori. KIM-1/TIM-1 is a Receptor/Attachment Factor for SARS-CoV-2 in Lung and Kidney. Basic Science Research Seminar, Renal Division, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School 2021.02.03 ボストン

  19. Yutaro Mori, Amrendra K. Ajay, Ankit B. Patel, Andrew M. Siedlecki, Seiji Kishi, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre. Inhibition of KIM-1-Mediated Fatty Acid Uptake by a Novel Inhibitor Attenuates Pro-Fibrotic Responses in Multiple Models of Human Primary Kidney Epithelial Cells Including Kidney Tubuloids. Kidney Week 2020 (The 53rd Annual Meeting of the American Society of Nephrology) 2020.10.22 オンライン開催

  20. Takaharu Ichimura, Mahmoud L. Nasr, Samuel Mon-Wei Yu, Yutaro Mori, Joseph V. Bonventre. Kidney Injury Molecule 1 Is a Receptor for SARS-CoV-2. Kidney Week 2020 (The 53rd Annual Meeting of the American Society of Nephrology) 2020.10.22 オンライン開催

  21. Li J, Chang JH, Suzuki T, Yang C, Mori Y, Yamashita M, Sabbisetti V, Ichimura T, Bonventre JV. Altered Citrate Metabolism Leads to Maladaptive Repair After Tubular Injury and Facilitates Kidney Fibrosis in Diabetic Nephropathy. The 52nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2019.11.09 Washington, DC

  22. Mori Y, Ichimura T, Patel AB, Siedlecki AM, Bonventre JV. Protocol to Make Renal Tubuloids from Human Kidneys. The 52nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2019.11.09 Washington, DC

  23. Yang M, Mori Y, Murakami N, Ichimura T, Bonventre JV. Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) Promotes Tertiary Lymphoid Tissue (TLT) Development in the Kidney Through LTaβ/LTβR Signaling. The 52nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2019.11.08 Washington, DC

  24. Fujimaru T, Mori T, Nagata M, Mandai S, Chiga M, Kikuchi H, Ando F, Mori Y, Susa K, Isobe K, Iimori S, Nomura N, Naito S, Okado T, Rai T, Uchida S, Sohara E. Tubular Basement Membrane Duplication and Cell Interposition Are Distinctive Histological Findings in the Adult Patients Genetically Diagnosed with Nephronophthisis-Related Ciliopathies. The 52nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2019.11.08 Washington, DC

  25. Mori Y, Ajay AK, Chang JH, Zhao H, Kishi S, Li J, Galichon P, Brooks CR, Xiao S, Sabbisetti V, Palmer S, Henderson JM, Ichimura T, Bonventre JV. Proximal Tubular Uptake of Free Fatty Acid (FFA) by Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) Mediates Tubulointerstitial Damage in Diabetic Kidney Disease (DKD), Which Is Attenuated by a Novel Inhibitor. The 52nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2019.11.08 Washington, DC

  26. MORI Yutaro. Proximal tubular uptake of free fatty acids (FFAs) by KIM-1 mediates tubulointerstitial disease in diabetic kidney disease. 次世代腎研究アカデミー2019学術集会 2019.08.17 東京

  27. MORI Yutaro. The endocytotic uptake of free fatty acid by KIM-1 causes tubulointerstitial damage in diabetic kidney disease. Boston/Harvard Cell Death Initiative Seminar Series 2019.06.03 ボストン

  28. MORI Yutaro. KIM-1 - the New Therapeutic Target for Diabetic Nephropathy. Basic Science Research Seminar, Renal Division, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School 2018.11.07 ボストン

  29. Fujimaru T, Mori T, Mandai S, Chiga M, Kikuchi H, Ando F, Mori Y, Susa K, Isobe K, Iimori S, Nomura N, Naito S, Okado T, Rai T, Nagatsuji K, Nagahama K, Mishima E, Mochizuki T, Sekine A, Hoshino J, Ubara Y, Uchida S, Sohara E. Genomic Background of Adults with Suspected Ciliopathy on Renal Biopsy. The 51st Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2018.10.01 San Diego

  30. Mori Y, Chang JH, Mou S, Zhao H, Li J, Galichon P, Brooks CR, Xiao S, Sabbisetti VS, Palmer S, Kuchroo VK, Ichimura T, Bonventre JV. Proximal Tubular Uptake of Free Fatty Acid (FFA) by Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) Mediates Tubulointerstitial Disease in Diabetic Mice. The 51st Annual Meeting of the American Society of Nephrology. 2018.10.01 San Diego

  31. Mori Y, Chang JH, Mou S, Zhao H, Li J, Galichon P, Brooks CR, Xiao S, Woo HM, Sabbisetti VS, Palmer S, Henderson JM, Kuchroo VK, Ichimura T, Bonventre JV. Proximal tubular uptake of free fatty acid (FFA) by Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) mediates tubulointerstitial disease in diabetic nephropathy (DN). Cardio-Renal Research Symposium and Poster Session, Brigham and Women's Hospital 2018.05.01 Boston

  32. Fujimaru T, Mori T, Sekine A, Mandai S, Chiga M, Kikuchi H, Ando F, Mori Y, Nomura N, Naito S, Okado T, Rai T, Hoshino J, Ubara Y, Uchida S, Sohara E. Genomic Background of Adult Polycystic Kidney Disease Patients without a Family History. The 50th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 2017.11.01 New Orleans

  33. Mori Y, Galichon P, Brooks CR, Ichimura T, Bonventre JV. Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1) Mediates the Proximal Tubule Uptake of Free Fatty Acids (FFA) Resulting in Mitochondrial Injury and the DNA Damage Response (DDR). The 50th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 2017.11.01 New Orleans

  34. 中野 雄太, 萬代 新太郎, 内藤 省太郎, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. 高齢保存期 CKD 患者において骨格筋-骨-腎臓連関に寄与する因子の検討. 第13回腎不全研究会 2023.12.09 東京

  35. 仲尾 祐輝, 森 雄太郎, 森 槙子, 萬代 新太郎, 藤木 珠美, 安藤 史顕, 須佐 紘一郎, 森 祟寧, 蘇原 映誠, 内田 信一. 新たな病態モデルとしてのヒト患者由来腎尿細管オルガノイド. 第13回腎不全研究会 2023.12.09 東京

  36. 渡邉 初実, 森 崇寧, 森本 靖久, 塩路 慎吾, 赤木 祐一朗, 藤木 珠美, 萬代 新太郎, 安藤 史顕, 森 雄太郎, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. COVID-19 mRNAワクチン接種後に発症したPGNMIDの一例. 第53回日本腎臓学会東部学術大会 2023.09.17 仙台

  37. 熊谷 彩花, 塩路 慎吾, 田中 佑樹, 野城 仁志, 戸張 佑美, 壷谷 友宏, 森本 靖久, 原 悠, 藤木 珠美, 菊池 寛昭, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. 自然経過で軽快した2期梅毒に合併した膜性腎症の一例. 第53回日本腎臓学会東部学術大会 2023.09.17 仙台

  38. 野城 仁志, 森本 靖久, 塩路 慎吾, 赤木 祐一郎, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 萬代 新太朗, 森 崇寧, 飯盛 総一郎, 須佐 紘一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. COVID-19mRNAワクチン接種後に甲状腺中毒症と急性尿細管間質性腎炎を発症した一例. 第53回日本腎臓学会東部学術大会 2023.09.16 仙台

  39. 境 桂吾, 塩路 慎吾, 赤木 祐一朗, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 萬代 新太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. レオカーナにより救肢が得られたCLTIの一例. 第68回日本透析医学会学術集会 2023.06.18 神戸

  40. 森 雄太郎, 渡邉 初実, 小山 紗佑実, 東山 揚, 赤木 祐一朗, 安藤 史顕, 内藤 省太郎, 内田 信一. 肝肺症候群を来した透析患者の症例. 第68回日本透析医学会学術集会 2023.06.18 神戸

  41. 森 雄太郎, 萬代 新太郎, 渡邉 初実, 星野 幹, 池下 佳秀, 小山 紗佑実, 東山 揚, 赤木 祐一朗, 内藤 省太郎, 内田 信一. 腎移植から8年後に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した症例. 第68回日本透析医学会学術集会 2023.06.16 神戸

  42. 森 克夫, 萬代 新太郎, 塩路 慎吾, 赤木 祐一朗, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. 透析拒否により晩期透析導入となった2例の転帰. 第68回日本透析医学会学術集会 2023.06.16 横浜

  43. 池ノ内 健, 高橋 大栄, 萬代 新太郎, 小山 紗佑実, 高橋 直宏, 正田 若菜, 久山 環, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 伏見 清秀, 内田 信一. COVID-19透析患者の院内死亡,ADL低下リスクの全国規模調査. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.11 横浜

  44. 山村 あゆみ, 内藤 省太郎, 萬代 新太郎, 赤木 祐一朗, 森本 靖久, 塩路 慎吾, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. COVID-19患者における電解質異常と予後の検討. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.10 横浜

  45. 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 千賀 宗子, 萬代 新太郎, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 内田 信一. IFT140のヘテロ接合性変異は家族歴のない成人多発性腎嚢胞の一因である. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.10 横浜

  46. 藤丸 拓也, 蘇原 映誠, 森 崇寧, 千賀 宗子, 萬代 新太郎, 中野 雄太, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 須佐 紘一郎, 東海林 隆男, 福留 裕一郎, 稲葉 直人, 北村 健一郎, 中西 太一, 木村 寿宏, 田村 禎一, 小澤 潔, 内田 信一. 成人期に末期腎不全に至った患者の遺伝的背景の検討. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.10 横浜

  47. 柳 智貴, 蘇原 映誠, 菊池 寛昭, 竹内 恒, 須佐 紘一郎, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 本田 真也, 鳥居 暁, 清水 重臣, 頼 建光, 内田 信一. AMP感知機構をバイパスしたAMPK活性化によるCKDの新規治療戦略の発見. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.09

  48. 柳 智貴, 蘇原 映誠, 菊池 寛昭, 竹内 恒, 須佐 紘一郎, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 本田 真也, 鳥居 暁, 清水 重臣, 頼 建光, 内田 信一. AMP感知機構をバイパスしたAMPK活性化によるCKDの新規治療戦略の発見. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.09 横浜

  49. 柳川 英輝, 安藤 史顕, 及川 大輔, 七松 東, 原 悠, 鈴木 聡一郎, 藤木 珠美, 萬代 新太郎, 森 雄太郎, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 蘇原 映誠, 徳永 文稔, 内田 信一. LRBAは尿細管における塩および水の再吸収を制御する. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.09 横浜

  50. 森 雄太郎, 森 槙子. 尿細管・気道の上皮におけるKIM-1を介したCOVID-19感染機構の解明. 第66回日本腎臓学会学術総会 2023.06.09 横浜

  51. 山村 あゆみ, 内藤 省太郎, 萬代 新太郎, 赤木 祐一朗, 森本 靖久, 塩路 慎吾, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. COVID-19患者における電解質異常と予後の検討. 第2回御茶ノ水腎研究会 2023.06.01 東京

  52. 渡邉初実, 松永優里恵, 須佐紘一郎, 飯盛聡一郎, 塩路慎吾, 赤木祐一朗, 藤木珠美, 萬代新太郎, 安藤史顕, 森崇寧, 内藤省太郎, 蘇原映誠, 内田信一. ステロイドおよび血漿交換により透析を離脱し得た細動脈有意のANCA関連血管炎の一例. 第68回日本透析医学会学術集会・総会 2023.06 神戸

  53. 森 雄太郎. KIM-1による脂肪酸アルブミンの腎上皮への取り込みが糖尿病性腎臓病を増悪させる. 第95回日本生化学会大会 2022.11.09 名古屋

  54. 山村 あゆみ, 内藤 省太郎, 萬代 新太郎, 赤木 祐一朗, 森本 靖久, 塩路 慎吾, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. COVID-19入院患者における電解質異常と予後の関係. 第54回臨床体液研究会 2022.10.29 オンライン

  55. 境 桂吾, 赤木 祐一朗, 塩路 慎吾, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 萬代 新太郎, 安藤 史顕, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. 膵神経内分泌腫瘍に対し投与されたトレプトゾシンによる薬剤性尿細管間質性腎炎疑いの一例. 第52回日本腎臓学会東部学術大会 2022.10.23 東京

  56. 森 克夫, 赤木 祐一朗, 塩路 慎吾, 藤木 珠美, 安藤 史顕, 萬代 新太郎, 森 雄太郎, 飯盛 聡一郎, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 内田 信一. COVID-19ワクチン接種後の肉眼的血尿と高度蛋白尿を契機にIgA腎症と診断された1例. 第52回日本腎臓学会東部学術大会 2022.10.22 東京

  57. 渡邉 初実, 原 美都, 森 崇寧, 赤木 祐一朗, 藤木 珠美, 森 雄太郎, 萬代 新太郎, 安藤 史顕, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. 成人発症の治療抵抗性微小変化型ネフローゼにより維持透析に至った一例. 第52回日本腎臓学会東部学術大会 2022.10.22 東京

  58. 森 雄太郎. 糖尿病性腎臓病を中心とした新規のCKD進展メカニズム. Scientific Exchange Meeting CKD診療のUp to Date 2022.10.06 東京・オンライン

  59. 森 雄太郎. 糖尿病性腎臓病の克服を目指して -病態解明と新薬開発の試み-. DKD seminar 2022 2022.07.07 オンライン開催

  60. 森 雄太郎. KIM-1による脂肪酸結合アルブミンの尿細管上皮への取り込みが糖尿病性腎臓病を促進させる. 第2回研究者・学生の交流の会(Meetup) 2022.06.22 東京

  61. Yutaro Mori. KIM-1 mediates fatty acid uptake by renal tubular cells to promote progressive diabetic kidney disease. 第65回日本腎臓学会学術総会 2022.06.12 神戸・オンライン

  62. 森 雄太郎. KIM-1による尿細管上皮細胞への脂肪酸結合アルブミンの取り込みが糖尿病性腎臓病を促進させる. 第65回日本腎臓学会学術総会 2022.06.11 神戸・オンライン

  63. 森 雄太郎. KIM-1による脂肪酸結合アルブミンの取り込みが腎障害を促進させる. 第59回 新潟腎カンファランス 2022.02.24 新潟、オンライン

  64. 森 雄太郎, 岸 誠司, 市村 隆治, Joseph V. Bonventre. Kidney Injury Molecule-1 (KIM-1)を標的とした、糖尿病性腎臓病の病態解明と新規創薬. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.02 横浜、オンライン

  65. 森 雄太郎. 私の海外ポスドク経験. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.02 横浜、オンライン

  66. 森 雄太郎. KIM-1による尿細管上皮の脂肪酸結合アルブミンの取り込みが糖尿病性腎臓病を促進させる. 2021年度 日本人研究者交流会(夏) 2021.07.02 オンライン開催

  67. 森 雄太郎, 岸 誠司, 市村 隆治, Joseph V. Bonventre. KIM-1による尿細管上皮の脂肪酸結合アルブミンの取り込みが糖尿病性腎臓病を促進させる. 第33回腎と脂質研究会 2021.03.13 オンライン開催

  68. 森 雄太郎. 留学で拓けた基礎研究への道. 若手腎臓内科医のための腎臓基礎研究 Cutting Edge 2021 2021.03.07 オンライン開催

  69. 森 雄太郎. ベッドサイドとベンチを結べ 腎臓内科医の挑戦. ボストン日本人研究者交流会 第185回講演会 2020.12.19 オンライン開催

  70. 森 雄太郎. 糖尿病性腎臓病の克服をめざして -KIM-1から広がるtranslational research-. 水−金曜勉強会 2020.02.21 ボストン

  71. 藤丸拓也, 蘇原映誠, 森崇寧, 萬代新太郎, 千賀宗子, 菊地寛昭, 安藤史顕, 森雄太郎, 野村尚弘, 岡戸丈和, 頼建光, 長田道夫, 内田信一. 腎生検にてNPHP‐MCKD complexと診断された成人症例の遺伝的背景. 第62回日本腎臓学会学術総会 2019.06.21 名古屋

  72. 藤丸 拓也, 蘇原 映誠, 森 崇寧, 関根 章成, 萬代 新太郎, 千賀 宗子, 菊池 寛昭, 安藤 史顕, 森 雄太郎, 野村 尚弘, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 岡戸 丈和, 頼 建光, 星野 純一, 乳原 善文, 内田 信一. 家族歴のない成人多発性腎嚢胞患者における網羅的遺伝子解析を用いた遺伝子診断と臨床所見の検討. 第61回日本腎臓学会学術総会 2018.06.10 新潟

  73. 藤丸拓也, 森崇寧, 関根章成, 萬代新太郎, 千賀宗子, 菊池寛昭, 安藤史顕, 森雄太郎, 野村尚弘, 飯盛聡一郎, 内藤省太郎, 岡戸丈和, 頼建光, 星野純一, 乳原善文, 蘇原映誠, 内田信一. 家族歴のない成人多発性腎嚢胞患者における網羅的遺伝子解析を用いた遺伝子診断と臨床所見の検討. 第28回バゾプレシン研究会 2018.01.06 東京

  74. 戸田 孝之, 野水 歩, 河野 洋平, 小原 由達, 一條 真梨子, 森 雄太郎, 小林 凡子, 松井 則明. 橈側シャント血流を温存しながら同側尺側でシャント手術を行った2例. 第62回日本透析医学会学術集会・総会 2017.06.16 横浜

  75. 藤丸 拓也, 蘇原 映誠, 森 崇寧, 萬代 新太郎, 千賀 宗子, 菊池 寛昭, 安藤 史顕, 森 雄太郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 次世代シークエンサーにおける嚢胞性腎疾患遺伝子診断パネルの構築. 第60回日本腎臓学会学術総会 2017.05.27 仙台

  76. 正田若菜, 野村尚弘, 安藤史顕, 森雄太郎, 森崇寧, 蘇原映誠, 頼建光, 内田信一. 高カリウムはカリシニューリンを活性化しNa‐Cl共輸送体(NCC)を脱リン酸化して尿中カリウム排泄を促進する. 第27回バゾプレシン研究会 2017.01.07 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 森 雄太郎. 日本医師会医学研究奨励賞,公益社団法人 日本医師会,2023年11月

  • 森雄太郎. 令和4年度東京都医師会医学研究賞奨励賞,公益社団法人 東京都医師会,2023年03月

  • 森雄太郎. Young Investigator Award,一般社団法人 日本腎臓学会,2022年06月

  • 森雄太郎. 第35回研究奨励賞,東京医科歯科大学医科同窓会,2022年03月

  • 森雄太郎. 令和3年度医師会賞,東京医科歯科大学医師会,2022年02月

  • MORI Yutaro. Cardio-Renal Research Award,Brigham and Women's Hospital,2018年05月

  • 森雄太郎. 第46回日本腎臓学会東部学術大会優秀演題賞,一般社団法人 日本腎臓学会,2016年10月

  • 森雄太郎. 第57回日本腎臓学会学術総会優秀演題賞,一般社団法人 日本腎臓学会,2014年07月

  • 森雄太郎. 2013年度内科学術奨励賞,総合病院土浦協同病院,2014年03月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 医学科第4学年 仲尾 祐輝さんが、 第121回日本内科学会ことはじめで優秀演題賞を受賞しました,2024年04月

  • [資格]身体障害者福祉法第15条指定医師(腎臓機能障害の診断),2022年10月

  • [資格]難病指定医,2014年12月

    海外留学のため2018年12月〜2022年3月の間失効

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床導入実習,2022年 - 現在

  • 臨床実習,2022年 - 現在

  • 体液制御・泌尿器,2022年 - 現在

  • 医学導入,2022年 - 2023年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 森雄太郎. Physiology論文査読,American Physiological Society,2023年12月03日 - 2024年01月04日

  • 森雄太郎. 共用試験医学生臨床実習前客観的臨床能力試験外部評価者,公益社団法人 医療系大学間共用試験実施評価機構,2023年11月17日

  • 森雄太郎. 大学模擬授業,東京都立武蔵高等学校,東京都立武蔵高等学校,2023年11月15日

  • 森雄太郎. Frontiers in Bioscience-Landmark論文査読,IMR Press,2023年11月01日 - 2024年01月25日

  • 森雄太郎. Biomedicine & Pharmacotherapy論文査読,Elsevier,2023年09月03日

  • 森雄太郎. ベッドサイドとベンチを繋ぐtranslational researchを通して社会貢献を目指す,独立行政法人 日本学術振興会,卓越研究員の声,2023年01月

  • 森雄太郎. 特別寄稿 UJA 留学のすゝめ 2021 日本の科学技術を推進するネットワーク構築 @ MBSJ2021,メルク株式会社,情報誌 SigMania Vol.13,2022年04月

  • 森雄太郎. UJA留学のすゝめ2021 @MBSJ2021 日本の科学技術を推進するネットワーク構築 開催報告,一般社団法人 海外日本人研究者ネットワーク,2022年02月14日

  • 森雄太郎. Frontiers in Pharmacology論文査読,Frontiers,2022年02月04日

  • Yutaro Mori. Zeroing in on the Role of KIM-1 in Diabetic Kidney Disease,National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases,NIDDK Recent Advances & Emerging Opportunities,Kidney, Urologic, and Hematologic Diseases,2022年01月

  • Yutaro Mori, Journal of Zhejiang University-SCIENCE B論文査読,Zhejiang University Press and Springer Science+Business Media,2021年10月21日 - 2022年01月19日

  • In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal論文査読,Springer Science+Business Media,2021年07月06日 - 2021年08月18日

  • ボストンでの研究生活,公益財団法人 上原記念生命科学財団,2019年度 上原記念生命科学財団 一年のあゆみ,6.海外留学だより,2020年08月

  • Kidney360論文査読,American Society of Nephrology,2020年07月 - 2021年10月

  • 茨城県立土浦第一高等学校 Science Explorers Group,茨城県立土浦第一高等学校・株式会社リバネス,2019年03月

  • Scientific Reports論文査読,Nature Research,2017年12月 - 2021年04月

  • 東京医科歯科大学・土浦第一高校高大連携,国立大学法人東京医科歯科大学・茨城県立土浦第一高等学校,2014年08月

  • 東京医科歯科大学・土浦第一高校高大連携,国立大学法人東京医科歯科大学・茨城県立土浦第一高等学校,2012年08月

▼全件表示