基本情報

写真a

日比谷 秀爾(ヒビヤ シュウジ)

HIBIYA Shuji


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 技術職員
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2018年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヒトIBD付随大腸発がん体外モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 腸管上皮幹細胞における炎症塑性リセット機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Nobukatsu Horita, Sho Watanabe, Tomoaki Shirasaki, Ryu Nishimura, Natsuko Kimura, Tatsunori Nishimura, Noriko Gotoh, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Long-term Inflammation Transforms Intestinal Epithelial Cells of Colonic Organoids. J Crohns Colitis. 2017.05; 11 (5): 621-630. ( PubMed, DOI )

  • Shuji Hibiya, Yusuke Matsuyama, Toshimitsu Fujii, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kimiko Ito, Hiromichi Shimizu, Ami Kawamoto, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Kazuo Ohtsuka, Takeo Fujiwara, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis. Aliment Pharmacol Ther. 2020.11; Online ahead of print. ( PubMed, DOI )

  • Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Rapid prediction of 1-year efficacy of tofacitinib for treating refractory ulcerative colitis. Intest Res. 2020.06; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  • 大塚和朗、竹中健人、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、清水寛路、日比谷秀爾、長堀正和、土屋輝一郎、渡辺 守. 重症度評価と粘膜治癒の意義 消化器内視鏡. 2020.02; 32 (2): 256-261.

  • Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Small Bowel Healing Detected by Endoscopy in Patients With Crohn's Disease After Treatment With Antibodies Against Tumor Necrosis Factor. Clin. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.08; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 勝倉暢洋、日比谷秀爾、土屋輝一郎. The role of intestinal differentiation system in carcinogenesis of IPMN. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 Web開催

  • 日比谷秀爾、白崎友彬、勝倉暢洋、渡辺 翔、岡本隆一、土屋輝一郎、渡辺 守. ヒト小腸オルガノイドを用いたクローン病病態解明の試み. 第106回 日本消化器病学会 2020.08.11 Web開催

  • 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  • 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  • Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kento Takenaka, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Mamoru Watanabe. Intolerance to 5-aminosalicylate is a risk of poor prognosis in Ulcerative colitis patients.. ECCO2020 2020.02.14 Vienna(Austria)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 学長裁量経費 ビッグデータに係る研究提案の公募「IBD患者レジストリ構築と日常症状データ連結による疾患病勢予測システムの構築」 受賞者:日比谷秀爾,2020年07月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究:19K17425「腸管上皮幹細胞における炎症塑性リセット機構の解明」 研究代表者:日比谷秀爾,2020年04月

  • UEGW2019 Posters of Excellence 「Establishment of chronic inflammation model using human small intestinal and colonic organoids」 受賞者:日比谷秀爾,2019年07月

  • AOCC2019 Excellent Poster 「Long-term inflammation model using human colonic organoids」 受賞者:日比谷秀爾,2019年06月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究:19K17425 「腸管上皮幹細胞における炎症塑性リセット機構の解明」 研究代表者:日比谷秀爾,2019年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 潰瘍性大腸炎の体外モデル作成に成功 東京医歯大、慢性変化・発がん過程の一部再現 , 土屋輝一郎、日比谷秀爾、渡辺 守 , QLifePro 医療ニュース 11月15日,2017年11月

     

  • 潰瘍性大腸炎のモデル、マウス細胞で再現=東京医科歯科大 , 土屋輝一郎、日比谷秀爾、渡辺 守 , 時事通信 11月28日 ,2017年11月

     

  • 東京医科歯科大、潰瘍性大腸炎の体外モデル作成に成功 , 土屋輝一郎、日比谷秀爾、渡辺 守 , マイナビニュース 11月11日,2016年11月

     

  • 「潰瘍性大腸炎の体外モデル作成に成功」-病態リセットを標的とした創薬に期待-,2016年11月

    Journal of Crohn's and Colitis