基本情報

写真a

仁部 洋一(ニベ ヨウイチ)

NIBE Yoichi


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸炎の病態形成における新規オートファジー関連分子の役割

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 仁部洋一、大島 茂、渡辺 守. 知らなきゃ損 腸管免疫学っておもしろい!(第3回) 自然免疫におけるオートファジー 腹は減っても戦はできる! 消化器病学サイエンス. 2017.12; 1 (3): 160-165. ( 医中誌 )

  • Yoichi Nibe, Shigeru Oshima, Masanori Kobayashi, Chiaki Maeyashiki, Yu Matsuzawa, Kana Otsubo, Hiroki Matsuda, Emi Aonuma, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Shinichiro Nakada, Mamoru Watanabe. Novel polyubiquitin imaging system, PolyUb-FC, reveals that K33-linked polyubiquitin is recruited by SQSTM1/p62. Autophagy. 2017.11; 1-43. ( PubMed, DOI )

  • Chiaki Maeyashiki, Shigeru Oshima, Kana Otsubo, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Yu Matsuzawa, Michio Onizawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. HADHA, the alpha subunit of the mitochondrial trifunctional protein, is involved in long-chain fatty acid-induced autophagy in intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2017.03; 484 (3): 636-641. ( PubMed, DOI )

  • Masanori Kobayashi, Shigeru Oshima, Chiaki Maeyashiki, Yoichi Nibe, Kana Otsubo, Yu Matsuzawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. The ubiquitin hybrid gene UBA52 regulates ubiquitination of ribosome and sustains embryonic development. Sci Rep. 2016.11; 6 36780. ( PubMed, DOI )

  • Taichi Matsumoto, Wakana Mochizuki, Yoichi Nibe, Shintaro Akiyama, Yuka Matsumoto, Kengo Nozaki, Masayoshi Fukuda, Ayumi Hayashi, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Mamoru Watanabe, Tetsuya Nakamura. Retinol Promotes In Vitro Growth of Proximal Colon Organoids through a Retinoic Acid-Independent Mechanism. PLoS ONE. 2016.08; 11 (8): e0162049. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大島 茂、小林正典、田村皓子、松田浩紀、青沼映美、大坪加奈、仁部洋一、渡辺 守. ユビキチンコード遺伝子の大腸腫瘍における役割. 第56回日本消化器免疫学会 2019.08.01 メルパルク京都

  • Kana Otsubo, Yoichi Nibe, Chiaki Maeyashiki, Akiko Tamura, Emi Aonuma, Hiroki Matsuda, Mamoru Watanabe, Shigeru Oshima. The role of ubiquitination in crosstalk of intestinal epithelial cell death and autophagic signaling was revealed by a novel polyubiquitin imaging system.. 19th International congress of mucosal immunology 2019.07.17 the Brisbane Convention & Exhibition Centre(Brisbane, Australia)

  • Oshima Shigeru, Nibe Yoichi, Tamura Akiko, Matsuda Hiroki, Aonuma Emi, Otsubo Kana, Watanabe Mamoru. K33-linked polyubiquitin is recruited by SQSTM1/p62. Keystone Symposia: Autophagy(B2) 2019.02.19 Eldorado Hotel &Spa(Santa Fe, New Mexico, USA )

  • 大島 茂、仁部洋一、松田浩紀、田村皓子、青沼映美、大坪加奈、渡辺 守. 独自ポリユビキチン鎖可視化技術を用いた新規腸炎調節分子の同定. 第55回日本消化器免疫学会総会 2018.12.08 アクロス福岡(福岡県福岡市)

  • 大島 茂、仁部洋一、田村皓子、青沼映美、松田浩紀、大坪加奈、鬼澤道夫、渡辺 守. 免疫疾患制御を目標としたユビキチン鎖可視化技術(PolyUb-FC)の開発. 第46回日本臨床免疫学会総会 2018.11.08 軽井沢プリンスホテルウエスト(長野県北佐久郡)

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「ポリユビキチン鎖形成の可視化に世界で初めて成功」K33型ポリユビキチン鎖もオートファジーに関与する―,2018年01月

    Autophagy