基本情報

写真a

冨井 翔平(トミイ ショウヘイ)

TOMII Shohei


職名

非常勤講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 人体病理学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 診断病理学 助教
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 病理部 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 人体病理学分野 非常勤講師

▼全件表示

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kinowaki Y, Abe S, Abe S, Tomii S, Yukimori A, Akashi T, Tokunaga M, Kitagawa M. Synovial sarcoma of the stomach: a case report and a systematic review of literature. Clinical journal of gastroenterology. 2021.04; ( PubMed, DOI )

  2. Kato Shu, Shimizu Hiromichi, Tomii Shohei, Uchida Hitoshi, Kawamoto Ami, Hibiya Shuji, Motobayashi Maiko, Takenaka Kento, Fujii Toshimitsu, Saito Eiko, Nagahori Masakazu, Ohtsuka Kazuo, Negi Mariko, Akashi Takumi, Matsuyama Takatoshi, Kinugasa Yusuke, Watanabe Mamoru. 重症不応性潰瘍性大腸炎症例における、顕著なEpstein-Barrウイルス再活性化悪化の原因である可能性(Substantial Epstein-Barr virus reactivation in a case of severe refractory ulcerative colitis: a possible role in exacerbation) Clinical Journal of Gastroenterology. 2021.04; 14 (2): 584-588. ( 医中誌 )

  3. Shunichi Baba, Takumi Akashi, Kou Kayamori, Tomoyuki Ohuchi, Ikuko Ogawa, Nobuhisa Kubota, Keisuke Nakano, Hitoshi Nagatsuka, Hiromasa Hasegawa, Kenichi Matsuzaka, Shohei Tomii, Keisuke Uchida, Noriko Katsuta, Takahiro Sekiya, Noboru Ando, Keiko Miura, Hironori Ishibashi, Yousuke Ariizumi, Takahiro Asakage, Yasuyuki Michi, Hiroyuki Harada, Kei Sakamoto, Yoshinobu Eishi, Kenichi Okubo, Tohru Ikeda. Homeobox transcription factor engrailed homeobox 1 is a possible diagnostic marker for adenoid cystic carcinoma and polymorphous adenocarcinoma. Pathol Int. 2021.02; 71 (2): 113-123. ( PubMed, DOI )

  4. Baba Shunichi, Akashi Takumi, Kayamori Kou, Ohuchi Tomoyuki, Ogawa Ikuko, Kubota Nobuhisa, Nakano Keisuke, Nagatsuka Hitoshi, Hasegawa Hiromasa, Matsuzaka Kenichi, Tomii Shohei, Uchida Keisuke, Katsuta Noriko, Sekiya Takahiro, Ando Noboru, Miura Keiko, Ishibashi Hironori, Ariizumi Yousuke, Asakage Takahiro, Michi Yasuyuki, Harada Hiroyuki, Sakamoto Kei, Eishi Yoshinobu, Okubo Kenichi, Ikeda Tohru. Homeobox transcription factor engrailed homeobox 1 is a possible diagnostic marker for adenoid cystic carcinoma and polymorphous adenocarcinoma(和訳中) Pathology International. 2021.02; 71 (2): 113-123. ( 医中誌 )

  5. Shu Kato, Hiromichi Shimizu, Shohei Tomii, Hitoshi Uchida, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mariko Negi, Takumi Akashi, Takatoshi Matsuyama, Yusuke Kinugasa, Mamoru Watanabe. Substantial Epstein-Barr virus reactivation in a case of severe refractory ulcerative colitis: a possible role in exacerbation. Clin J Gastroenterol. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  6. Keiko Miura, Takumi Akashi, Takeshi Namiki, Tsunekazu Hishima, Yuan Bae, Urara Sakurai, Keimei Murano, Junichi Shiraishi, Masahiro Warabi, Toru Tanizawa, Michio Tanaka, Ekapot Bhunchet, Jiro Kumagai, Shinya Ayabe, Takahiro Sekiya, Noboru Ando, Hiroshi Shintaku, Yuko Kinowaki, Shohei Tomii, Susumu Kirimura, Kou Kayamori, Kurara Yamamoto, Takashi Ito, Yoshinobu Eishi. Engrailed Homeobox 1 and Cytokeratin 19 Are Independent Diagnostic Markers of Eccrine Porocarcinoma and Distinguish It From Squamous Cell Carcinoma. Am J Clin Pathol. 2020.09; 154 (4): 499-509. ( PubMed, DOI )

  7. Yuka Kikuchi, Mio Mori, Tomoyuki Fujioka, Emi Yamaga, Goshi Oda, Tsuyoshi Nakagawa, Anri Koyanagi, Shohei Tomii, Kazunori Kubota, Ukihide Tateishi. Feasibility of ultrafast dynamic magnetic resonance imaging for the diagnosis of axillary lymph node metastasis: A case report. Eur J Radiol Open. 2020; 7 100261. ( PubMed, DOI )

  8. Kenro Kawada, Taro Sugimoto, Ryuhei Okada,Kazuya Yamaguchi, Yudai Kawamura,Masafumi Okuda, Yuuichiro Kume,Andres Mora,Tairo Ryotokuji,Takuta Okada,Akihiro Hoshino,Yutaka Tokairin,Yausaki Nakajima,Yusuke kiyokawa,Fuminori Nomura,Yosuke Ariizumi, Shohei Tomii, Takashi Ito, Takahiro Asakage, Yusuke Kinugasa, Tatsuyuki Kawano. A case of simultaneous triple primary cancers of the hypopharynx, esophagus and stomach which were dissected by endoscopic laryngo-pharyngeal surgery combined with endoscopic submucosal dissection Open Journal of Gastroenterilogy. 2018.03; 8 (3): 94-102. ( DOI )

  9. Ohara Masahiro, Ozaki Kokoro, Ohkubo Takuya, Yamada Akane, Numasawa Yoshiyuki, Tanaka Keisuke, Tomii Shohei, Ishibashi Satoru, Sanjo Nobuo, Yokota Takanori. 胸腺摘除術後、長期にわたりタクロリムス療法を行った、重症筋無力症に合併した非特定型末梢性T細胞リンパ腫(PTCL-NOS)(Myasthenia Gravis Complicated with Peripheral T-cell Lymphoma, Not Otherwise Specified(PTCL-NOS), Following Thymectomy and Longstanding Tacrolimus Therapy) Internal Medicine. 2018.02; 57 (4): 601-604. ( 医中誌 )

  10. Ohara Masahiro, Ozaki Kokoro, Ohkubo Takuya, Yamada Akane, Numasawa Yoshiyuki, Tanaka Keisuke, Tomii Shohei, Ishibashi Satoru, Sanjo Nobuo, Yokota Takanori. Myasthenia Gravis Complicated with Peripheral T-cell Lymphoma, Not Otherwise Specified (PTCL-NOS), Following Thymectomy and Longstanding Tacrolimus Therapy INTERNAL MEDICINE. 2018; 57 (4): 601-604. ( PubMed, DOI )

  11. Shohei Tomii, Takumi Akashi, Noboru Ando, Tomoki Tamura, Akira Sakurai, Asami Terada, Asuka Furukawa, Yoshimi Suzuki, Kou Kayamori, Kei Sakamoto, Hironori Ishibashi, Yoshinobu Eishi. Cortical Actin Alteration at the Matrix-Side Cytoplasm in Lung Adenocarcinoma Cells and Its Significance in Invasion. Pathobiology. 2016.12; ( PubMed, DOI )

  12. Ryuichi Okamoto, Mariko Negi, Syohei Tomii, Yoshinobu Eishi, Mamoru Watanabe. Diagnosis and treatment of microscopic colitis. Clin J Gastroenterol. 2016.08; 9 (4): 169-174. ( PubMed, DOI )

  13. 金森 透, 宇田川 智宏, 奥津 美夏, 多田 憲正, 元吉 八重子, 冨井 翔平, 大橋 健一, 森尾 友宏. 低補体血症の有無によるMPGN様腎炎の比較検討 日本小児腎臓病学会雑誌. 2021.05; 34 (1Suppl.): 114. ( 医中誌 )

  14. 宇田川 智宏, 奥津 美夏, 金森 透, 小西 愛美, 渡邉 浩太郎, 真保 麻実, 山崎 晋, 清水 正樹, 高瀬 博, 冨井 翔平, 瀧本 浩幸, 森 雅亮, 森尾 友宏. 再燃時に肘関節痛症状を呈したがMMFが奏功した難治性TINU症候群の1女児例 日本小児腎臓病学会雑誌. 2021.05; 34 (1Suppl.): 177. ( 医中誌 )

  15. 田中 真由子, 大科 枝里, 河崎 翔, 田中 将平, 河本 亜美, 日比谷 秀爾, 清水 寛路, 竹中 健人, 齊藤 詠子, 藤井 俊光, 長堀 正和, 松山 貴俊, 絹笠 祐介, 今井 耕輔, 冨井 翔平, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 先天性角化不全症に伴う免疫不全症関連腸炎に合併した早期大腸癌の1例 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集. 2021.04; 364回 32. ( 医中誌 )

  16. 山本 くらら, 内田 佳介, 古川 あすか, 田村 友樹, 冨井 翔平, 小林 大輔, 伊藤 崇, 明石 巧, 江石 義信, 大橋 健一. アクネ菌カタラーゼはサルコイドーシスリンパ節内での菌の持続的な細胞内感染に関与している 日本病理学会会誌. 2021.03; 110 (1): 270. ( 医中誌 )

  17. 新宅 洋, 冨井 翔平, 足立 淳一郎, 笠原 一郎, 小宮 力, 赤星 径一, 横山 みなと, 明石 巧. 免疫チェックポイント阻害薬による膵島炎の2例 日本病理学会会誌. 2021.03; 110 (1): 317. ( 医中誌 )

  18. 小林 大輔, 内田 佳介, 古川 あすか, 関根 正喜, 伊藤 崇, 山本 くらら, 冨井 翔平, 江石 義信, 大橋 健一. ホルマリン固定パラフィンブロックからのピロリ菌CagA蛋白の分子多型同定法の確立と症例解析 日本病理学会会誌. 2021.03; 110 (1): 299-300. ( 医中誌 )

  19. 五月女 浩子, 河本 亜美, 小金井 一隆, 冨井 翔平, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 清水 寛路, 伊藤 剛, 水谷 知裕, 油井 史郎, 根本 泰宏, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 永石 宇司, 長堀 正和, 大塚 和朗, 岡本 隆一. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集. 2021.02; 363回 20. ( 医中誌 )

  20. 小西 愛美, 奥津 美夏, 宇田川 智宏, 冨井 翔平, 高瀬 博, 森尾 友宏. TINU症候群5例の臨床像と腎病理学的浸潤細胞の検討 日本小児腎臓病学会雑誌. 2020.12; 33 (1Suppl.): 120. ( 医中誌 )

  21. 大島 拓美, 福井 健一, 嶋田 謙, 五木田 憲太朗, 冨井 翔平. 術前診断が困難であった膵過誤腫の1例 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集. 2020.10; 56回 S85-S86. ( 医中誌 )

  22. 向田 幸世, 足立 淳一郎, 大坪 尚也, 松田 祐輔, 冨井 翔平, 笠原 一郎, 神保 江莉加, 福井 智康, 小林 哲郎, 山田 哲也. 抗PD-1抗体投与中に劇症1型糖尿病を発症した1剖検例 糖尿病. 2020.10; 63 (10): 711-716. ( 医中誌 )

  23. 大島 拓美, 福井 健一, 嶋田 謙, 五木田 憲太朗, 冨井 翔平. 術前診断が困難であった膵過誤腫の1例 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集. 2020.10; 56回 S85-S86. ( 医中誌 )

  24. 向田 幸世, 足立 淳一郎, 大坪 尚也, 松田 祐輔, 冨井 翔平, 笠原 一郎, 神保 江莉加, 福井 智康, 小林 哲郎, 山田 哲也. 抗PD-1抗体投与中に劇症1型糖尿病を発症した1剖検例 糖尿病. 2020.10; 63 (10): 711-716. ( 医中誌 )

  25. 宮本 佳奈, 伊藤 孝美, 小川 晋一, 大西 威一郎, 冨井 翔平. 長期間にわたる胸水貯留の経過中に原発性体腔液リンパ腫類似リンパ腫と診断された2例 臨床血液. 2019.10; 60 (10): 1504. ( 医中誌 )

  26. 向田 幸世, 大坪 尚也, 松田 祐輔, 足立 淳一郎, 原 義人, 冨井 翔平, 笠原 一郎, 山田 哲也. ペムブロリズマブ投与中に劇症1型糖尿病で死亡し剖検した1例 糖尿病. 2019.07; 62 (7): 429. ( 医中誌 )

  27. Suzuki T, Furusawa H, Watanabe Y, Sakashita H, Fujii S, Tasaka Y, Shimada S, Majima H, Kawahara T, Katayanagi S, Ejima M, Nukui Y, Shirai T, Masuo M, Tateishi T, Fujie T, Tamaoka M, Taguchi T, Tomii S, Miyazak Y. [A Case of Pulmonary Enteric Adenocarcinoma with Soleus Muscle Metastasis]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.02; 46 (2): 267-270. ( PubMed )

  28. 鈴木 崇文, 古澤 春彦, 渡邉 雄大, 坂下 博之, 藤井 伸哉, 田坂 有理, 島田 翔, 馬嶋 秀考, 河原 達雄, 片柳 真司, 惠島 将, 貫井 義久, 白井 剛, 増尾 昌宏, 立石 知也, 藤江 俊秀, 玉岡 明洋, 田口 登和子, 冨井 翔平, 宮崎 泰成. ヒラメ筋転移をきたした腸型肺腺癌と考えられた1例 癌と化学療法. 2019.02; 46 (2): 267-270. ( 医中誌 )

  29. 河内 理, 山本 展弘, 多田 雅人, 竹本 暁, 根木 真理子, 冨井 翔平, 伊藤 崇, 小林 大輔. 細胞診が契機となった漿液性子宮内膜上皮内癌の一例 共済医報. 2018.10; 67 (Suppl.): 154. ( 医中誌 )

  30. Yoshimori M, Imadome KI, Tomii S, Yamamoto K, Miura O, Arai A. [Cerebrospinal fluid findings in chronic active Epstein-Barr virus infection with central nervous system involvement]. [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology. 2018; 59 (4): 367-372. ( PubMed, DOI )

  31. 大熊 英之, 橋本 貢士, 関 隆実, 土谷 麻衣子, 坊内 良太郎, 冨井 翔平, 有泉 陽介, 南 勲, 泉山 肇, 朝蔭 孝宏, 吉本 貴宣. 経過中に慢性甲状腺炎の発症を認めたMEN2Aの1例 日本内分泌学会雑誌. 2017.12; 93 (4): 1148. ( 医中誌 )

  32. 大熊 英之, 辻本 和峰, 重松 嵩朗, 山下 大翔, 震明 あすか, 増田 誠三郎, 中野 雄二郎, 宮地 康高, 冨井 翔平, 野村 文敬, 南 勲, 泉山 肇, 橋本 貢士, 朝蔭 孝宏, 吉本 貴宣. 原発性副甲状腺機能亢進症の局在診断にMIBI SPECT/CTを用いた2例 日本内分泌学会雑誌. 2017.10; 93 (2): 615. ( 医中誌 )

  33. 稲葉 俊介, 高橋 直宏, 冨井 翔平, 安藤 史顕, 森 崇寧, 磯部 清志, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. パルボウイルスB19感染後の管内増殖性糸球体腎炎でステロイド加療を要した1例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 862. ( 医中誌 )

  34. 冨井 翔平, 山本 浩平, 新井 文子, 明石 巧, 江石 義信. 動脈瘤の形成と急速に進行する四肢の麻痺をみた慢性活動性EBウイルス感染症の剖検例 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 465-466. ( 医中誌 )

  35. 矢内 雅恵, 伊藤 栄作, 冨井 翔平, 笠原 一郎, 佐々木 賢一, 森永 正二郎, 北川 昌伸. 境界悪性類内膜性腫瘍と考えられる卵巣上皮型精巣腫瘍の一例 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 454. ( 医中誌 )

  36. 坂本 真一, 高田 隆, 小川 郁子, 栢森 高, 桐村 進, 冨井 翔平. 口蓋腫瘍(Pleomorphic adenoma with oncocytic metaplasia) 広島医学. 2017.02; 70 (2): 100. ( 医中誌 )

  37. 大塚 和朗, 藤井 俊光, 竹中 健人, 松岡 克善, 長堀 正和, 木村 麻衣子, 冨井 翔平, 渡辺 守. 【診断に迷うIBDの非典型例】 非典型像を呈したクローン病 Intestine. 2016.11; 20 (6): 559-564. ( 医中誌 )

  38. 冨井 翔平, 明石 巧, 鈴木 好美, 江石 義信. 肺腺癌において間質面に集積した皮質アクチン線維は収縮し、浸潤に重要な働きを果たす 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 377. ( 医中誌 )

  39. 冨井 翔平, 明石 巧, 安藤 登, 鈴木 好美, 古川 明日香, 江石 義信. 肺腺癌における皮質アクチン線維の細胞内局在と浸潤との相関 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 453. ( 医中誌 )

  40. 木脇 祐子, 阿部 志保, 山本 浩平, 冨井 翔平, 行森 茜, 阿部 晋也, 明石 巧, 江石 義信, 北川 昌伸. 胃原発滑膜肉腫の1症例 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 437. ( 医中誌 )

  41. 今田 安津子, 伊藤 栄作, 安藤 亮一, 佐藤 英彦, 浜口 欣一, 竹本 暁, 冨井 翔平, 河内 洋, 勝田 憲子, 関根 正喜, 安藤 登, 明石 巧, 江石 義信. ネフローゼ症候群を呈したCollagenofibrotic glomerulopathyの一例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 305. ( 医中誌 )

  42. 冨井 翔平, 明石 巧, 江石 義信, 今田 安津子, 竹本 暁, 田中 道雄. 心尖部肥大型心筋症の一剖検例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 258. ( 医中誌 )

  43. 古澤 春彦, 玉岡 明洋, 飯島 裕基, 園田 史朗, 根井 雄一郎, 宮崎 泰成, 冨井 翔平, 江石 義信, 稲瀬 直彦. 加湿器使用が増悪の契機となった間質性肺炎の1例 お茶の水医学雑誌. 2012.08; 60 (3): 235-239. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 冨井翔平,明石 巧, 安藤 登, 鈴木 好美, 古川 あすか,江石 義信. 肺腺癌における皮質アクチン線維の細胞内局在と浸潤との相関. 第104回日本病理学会総会 2015.05.01 名古屋国際会議場

  2. 冨井 翔平, 明石 巧, 江石 義信, 今田 安津子, 竹本 暁, 田中 道雄.. 心尖部肥大型心筋症の一剖検例.. 第103回日本病理学会総会, 広島国際会議場 2014.04.24 広島国際会議場

  3. 今田 安津子, 伊藤 栄作, 安藤 亮一, 佐藤 英彦, 浜口 欣一, 竹本 暁, 冨井 翔平, 河内 洋, 勝田 憲子, 関根 正喜, 安藤 登, 明石 巧, 江石 義信. . ネフローゼ症候群を呈したCollagenofibrotic glomerulopathyの一例.. 第103回日本病理学会総会 2014.04.24 広島国際会議場