基本情報

写真a

梅澤 夏佳(ウメザワ ナツカ)

UMEZAWA Natsuka


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 臨床免疫学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マクロファージを標的とした炎症性筋疾患の新規治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 病変局所のIL-23産生マクロファージを標的とした炎症性筋疾患の新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Natsuki Aokia , Taro Fujikawaa , Natsuka Umezawab , Yoshiyuki Kawashimaa , Taku Itoa , Keiji Hondaa , and Takeshi Tsutsumia. 3Tesla magnetic resonance imaging reveals vasculitis-caused otitis media in a patient with giant cell arteritis ACTA OTO-LARYNGOLOGICA CASE REPORTS. 2021; 6 6-10. ( DOI )

  • Fujikawa T, Honda K, Ito T, Kishino M, Kimura N, Umezawa N, Hirano M, Aoki N, Kawashima Y, Tsutsumi T. Enhanced fallopian canal as a potential marker for temporal bone vasculitis. Laryngoscope investigative otolaryngology. 2020.12; 5 (6): 1168-1175. ( PubMed, DOI )

  • Tanaka N, Terao C, Nakayama Y, Sasai T, Umezawa N, Yagyu Y, Ito K, Koike R, Nakashima R, Hatta K, Mizoguchi F. Anti-MDA5 antibody-positive dermatomyositis with rapidly progressive interstitial lung disease disguising as anti-synthetase syndrome. Rheumatology (Oxford, England). 2020.10; ( PubMed, DOI )

  • 梅澤 夏佳. 特発性炎症性筋疾患に対する分子標的治療の可能性 リウマチ科. 2020.04; 63 (4): 433-437.

  • 梅澤 夏佳. PM/DM患者組織におけるIL-18発現と免疫抑制療法の効果 リウマチ科. 2019.05; ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 近藤 文彬, 杉原 毅彦, 梅澤 夏佳, 長谷川 久紀, 細矢 匡, 木村 直樹, 溝口 史高, 森 雅亮, 保田 晋助. 成人スチル病の治療 治療導入初期の成人発症Still病に対する副腎皮質ステロイド療法における治療反応不良因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  • 梅澤 夏佳, 前嶋 康浩, 藤本 穣, 保田 晋助, 上阪 等, 仲 哲治, 溝口 史高. 大血管炎における活動性指標としての血清leucine-rich α-2 glycoproteinの有用性. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  • 吉塚 陸, 長谷川 久紀, 神谷 麻理, 梅澤 夏佳, 保田 晋助. 抗リン脂質抗体症候群による血小板減少に対してベリムマブが有効であった症例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  • 梅澤 夏佳, 溝口 史高, 木村 直樹, 上阪 等, 小池 竜司. 多発性筋炎・皮膚筋炎(研究) 炎症性筋疾患を対象とした低侵襲筋生検法の有用性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  • 梅澤 夏佳. 【特発性炎症性筋疾患update】特発性炎症性筋疾患に対する分子標的治療の可能性. リウマチ科 2020.04.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Young Investigator's Award,2017年07月