基本情報

写真a

井原 健介(イハラ ケンスケ)

IHARA Kensuke


職名

助教

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生体情報薬理学分野

研究室電話番号

03-5803-4950

研究室FAX番号

03-5803-0364

研究分野・キーワード

循環器内科学、不整脈、心臓電気生理

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  循環制御内科学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 循環制御内科学 医員(医病)
  • 2014年04月
    -
    2014年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 分子細胞循環器学 技術補佐員
  • 2014年11月
    -
    2015年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任研究員
  • 2015年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体情報薬理学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床研修医
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    横須賀共済病院 臨床研修医
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    横浜南共済病院 医員(医病)
  • 2009年04月
    -
    2011年03月
    さいたま赤十字病院 医員(医病)
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    横浜市立みなと赤十字病院 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本循環器学会

  • 日本不整脈心電学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内科学会認定内科医

  • 循環器専門医

  • 不整脈専門医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヒト加齢性不整脈発症に関わる非コード領域の制御機構

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • in vivoゲノム編集を応用した次世代型生物学的ペースメーカの作成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • in vivoゲノム編集による長期的生物学的ペースメーカの作成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • in vivoゲノム編集による長期的生物学的ペースメーカの作成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • ヒト先天性心疾患発症を惹起する非コード領域の制御機構の理解と基盤研究

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Lee Jiyoung, Sutani Akito, Kaneko Rin, Takeuchi Jun, Sasano Tetsuo, Kohda Takashi, Ihara Kensuke, Takahashi Kentaro, Yamazoe Masahiro, Morio Tomohiro, Furukawa Tetsushi, Ishino Fumitoshi. In vitro generation of functional murine heart organoids via FGF4 and extracellular matrix NATURE COMMUNICATIONS. 2020.09; 11 (1): 4283. ( PubMed, DOI )

  • 山添 正博, 井原 健介, 笹野 哲郎. 【臨床医が知っていてほしい循環器基礎研究最新の成果】不整脈 心房細動を分子生物学的に理解する 循環器内科. 2020.05; 87 (5): 601-606. ( 医中誌 )

  • 古川 哲史, 井原 健介, 山添 正博, 笹野 哲郎. 【心臓電気生理を理解して不整脈診療に活かす】識る 臨床医が知っておくべき抗不整脈薬の作用機序 Heart View. 2019.06; 23 (6): 559-565. ( 医中誌 )

  • Yu Natsume, Kasumi Oaku, Kentaro Takahashi, Wakana Nakamura, Ai Oono, Satomi Hamada, Masahiro Yamazoe, Kensuke Ihara, Takeshi Sasaki, Masahiko Goya, Kenzo Hirao, Tetsushi Furukawa, Tetsuo Sasano. Combined Analysis of Human and Experimental Murine Samples Identified Novel Circulating MicroRNAs as Biomarkers for Atrial Fibrillation. Circ. J.. 2018.03; 82 (4): 965-973. ( PubMed, DOI )

  • Kensuke Ihara, Koji Sugiyama, Kentaro Takahashi, Masahiro Yamazoe, Tetsuo Sasano, Tetsushi Furukawa. Electrophysiological Assessment of Murine Atria with High-Resolution Optical Mapping Journal of Visualized Experiments. 2018.02;

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • [編集]磯部光章、平尾見三、足利貴志、合屋雅彦、山本貴信 [著者]井原健介、他.. 循環器臨床のリアルワールド. . メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2017.09

  • [編集]山根貞一 [著者]井原健介、他.. 3-D mapping:アブレーションにどう活用するか. . メジカルビュー社, 2012.03

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ihara K, Kuroyanagi H, Hiraoka Y, Sasano T, Furukawa T.. A mutation in the RSRSP stretch of Rbm20 causes atrial fibrillation in mice. . The 4th JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research. 2020.09.26 Online (Nagoya)

  • Sasano T, Yamazoe M, Ihara K, Mieda R, Kobayashi K, Hamamoto R, Furukawa T. . Novel Risk Stratification for Atrial Fibrillation Focusing on Atrial Remodeling. . The 84th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society. 2020.07.27

  • Ihara K, Kuroyanagi H, Hiraoka Y, Sasano T, Furukawa T. . Cytoplasmic Expansion of RNA-Binding Motif Protein 20 (RBM20) is Critical for Development of Atrial Fibrillation in Mice. . The 84th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society. 2020.07.27 Online (Kyoto)

  • Ihara K, Sasano T, Kentaro T, Yamazoe M, Furukawa T.. Pannexin-1 Contributes to Maintenance of Cardiac Function against Acute Pressure-overload and Rapid Ventricular Pacing. . The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan. 2020.03.17 Oita

  • 黒柳秀人, 井原健介, 大野-都甲麻理奈, 平岡優一, 木村彰方, 笹野哲郎.. 拡張型心筋症の原因となるスプライシング制御因子RBM20の変異解析とモデルマウスの作成. . 第23回日本心不全学会学術集会. 2019.10.04 広島

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,2016年09月

  • 臨床不整脈研究会優秀演題賞,2016年01月