基本情報

写真a

塩飽 裕紀(シワク ヒロキ)

SHIWAKU Hiroki


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 非常勤講師
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 精神科 医員
  • 2017年01月
    -
    2017年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 医員(医病)
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 精神科 医員
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 精神科 特任助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 統合失調症の難治症状を形成する核内構造変化の分子病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 統合失調症のprimary cilia病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • シナプス分子に対する新規自己抗体による難治性精神症状の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規自己抗体が形成する進行性・難治性精神疾患のシナプス病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Katayama S, Kubota T, Takahashi H, Shiwaku H. Anti-rods/rings autoantibodies in a patient with pancreatic injury. Autoimmunity reviews. 2022.01; 21 (1): 102922. ( PubMed, DOI )

  2. Jin Meihua, Shiwaku Hiroki, Tanaka Hikari, Obita Takayuki, Ohuchi Sakurako, Yoshioka Yuki, Jin Xiaocen, Kondo Kanoh, Fujita Kyota, Homma Hidenori, Nakajima Kazuyuki, Mizuguchi Mineyuki, Okazawa Hitoshi. Tau activates microglia via the PQBP1-cGAS-STING pathway to promote brain inflammation NATURE COMMUNICATIONS. 2021.11; 12 (1): 6565. ( PubMed, DOI )

  3. Homma Hidenori, Tanaka Hikari, Jin Meihua, Jin Xiaocen, Huang Yong, Yoshioka Yuki, Bertens Christian J. F., Tsumaki Kohei, Kondo Kanoh, Shiwaku Hiroki, Tagawa Kazuhiko, Akalsu Hiroyasu, Atsuta Naoki, Katsuno Masahisa, Furukawa Katsutoshi, Ishiki Aiko, Waragai Masaaki, Ohtomo Gaku, Iwata Atsushi, Yokota Takanori, Inoue Haruhisa, Arai Hiroyuki, Sobue Gen, Sone Masaki, Fujita Kyota, Okazawa Hitoshi. DNA damage in embryonic neural stem cell determines FTLDs' fate via early-stage neuronal necrosis LIFE SCIENCE ALLIANCE. 2021.07; 4 (7): ( PubMed, DOI )

  4. Shiwaku Hiroki, Doi Satomi, Miyajima Miho, Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. COVID-19パンデミックにおける医療従事者の精神的および社会的ストレスを評価するための新しい簡易なスクリーニング尺度、Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic(TMDP)(Novel brief screening scale, Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic(TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic) Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2021.02; 75 (1-2): 24-25. ( 医中誌 )

  5. Shiwaku Hiroki, Doi Satomi, Miyajima Miho, Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Novel brief screening scale, Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic (TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2021.01; 75 (1): 24-25. ( PubMed, DOI )

  6. Shiwaku Hiroki, Fujita Masako, Takahashi Hidehiko. Benzodiazepines Reduce Relapse and Recurrence Rates in Patients with Psychotic Depression JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE. 2020.06; 9 (6): ( PubMed, DOI )

  7. Shiwaku H, Nakano Y, Kato M, Takahashi H. Detection of autoantibodies against GABA<sub>A</sub>Rα1 in patients with schizophrenia. Schizophrenia research. 2019.12; 216 543-546. ( PubMed, DOI )

  8. Tamura T, Shiwaku H, Jitoku D, Kurumaji A. Effect of Tandospirone, a Partial Agonist of the 5-HT1A Receptor, in a Patient With Chronic Poststroke Emotional Incontinence With Anxiousness. The primary care companion for CNS disorders. 2019.09; 21 (5): ( PubMed, DOI )

  9. Fujita Kyota, Mao Ying, Uchida Shigenori, Chen Xigui, Shiwaku Hiroki, Tamura Takuya, Ito Hikaru, Homma Hidenori, Tagawa Kazuhiko, Okazawa Hitoshi. 発達期のYAPdeltaCは脊髄小脳失調症1型モデルマウスにおける成体の病理を決定する(Developmental YAPdeltaC determines adult pathology in a mouse model of spinocerebellar ataxia type 1) 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S200. ( 医中誌 )

  10. Shiwaku Hiroki, Nishikawa Toru. Paroxetine ameliorates whole-body allodynia EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY. 2018.07; 74 (7): 979-980. ( PubMed, DOI )

  11. Shiwaku Hiroki, Kimura Yukio, Narushima Kenji, Matsuda Hiroshi, Nishikawa Toru. Unilateral Atonia and Asymmetric Cholinergic Dysfunction in Ross Syndrome BIOLOGICAL PSYCHIATRY. 2018.01; 83 (2): E30-E31. ( PubMed, DOI )

  12. Fujita Kyota, Mao Ying, Uchida Shigenori, Chen Xigui, Shiwaku Hiroki, Tamura Takuya, Ito Hikaru, Watase Kei, Homma Hidenori, Tagawa Kazuhiko, Sudol Marius, Okazawa Hitoshi. Developmental YAPdeltaC determines adult pathology in a model of spinocerebellar ataxia type 1 NATURE COMMUNICATIONS. 2017.11; 8 (1): 1864. ( PubMed, DOI )

  13. Shiwaku Hiroki, Umino Asami, Umino Masakazu, Nishikawa Toru. Phencyclidine-induced dysregulation of primary cilia in the rodent brain BRAIN RESEARCH. 2017.11; 1674 62-69. ( PubMed, DOI )

  14. Shiwaku Hiroki, Masaki Hidekazu, Yasugi Daisuke, Narushima Kenji. A Case of a Depressed Patient With Major Titanium Cranial Base Reconstruction Successfully Treated by ECT AMERICAN JOURNAL OF PSYCHIATRY. 2015.10; 172 (10): 1024-1025. ( PubMed, DOI )

  15. Ito H., Shiwaku H., Yoshida C., Homma H., Luo H., Chen X., Fujita K., Musante L., Fischer U., Frints S. G. M., Romano C., Ikeuchi Y., Shimamura T., Imoto S., Miyano S., Muramatsu S-i, Kawauchi T., Hoshino M., Sudol M., Arumughan A., Wanker E. E., Rich T., Schwartz C., Matsuzaki F., Bonni A., Kalscheuer V. M., Okazawa H.. In utero gene therapy rescues microcephaly caused by Pqbp1-hypofunction in neural stem progenitor cells MOLECULAR PSYCHIATRY. 2015.04; 20 (4): 459-471. ( DOI )

  16. Shiwaku H., Okazawa H.. Impaired DNA Damage Repair as a Common Feature of Neurodegenerative Diseases and Psychiatric Disorders CURRENT MOLECULAR MEDICINE. 2015; 15 (2): 119-128.

  17. Barclay Sam S., Tamura Takuya, Ito Hikaru, Fujita Kyota, Tagawa Kazuhiko, Shimamura Teppei, Katsuta Asuka, Shiwaku Hiroki, Sone Masaki, Imoto Seiya, Miyano Satoru, Okazawa Hitoshi. Systems biology analysis of Drosophila in vivo screen data elucidates core networks for DNA damage repair in SCA1 HUMAN MOLECULAR GENETICS. 2014.03; 23 (5): 1345-1364. ( PubMed, DOI )

  18. Shiwaku Hiroki, Yagishita Saburo, Eishi Yoshinobu, Okazawa Hitoshi. Bergmann glia are reduced in spinocerebellar ataxia type 1 NEUROREPORT. 2013.08; 24 (11): 620-625. ( PubMed, DOI )

  19. Li Chan, Ito Hikaru, Fujita Kyota, Shiwaku Hiroki, Qi Yunlong, Tagawa Kazuhiko, Tamura Takuya, Okazawa Hitoshi. Sox2 Transcriptionally Regulates Pqbp1, an Intellectual Disability-Microcephaly Causative Gene, in Neural Stem Progenitor Cells PLOS ONE. 2013.07; 8 (7): e68627. ( PubMed, DOI )

  20. Fujita Kyota, Nakamura Yoko, Oka Tsutomu, Ito Hikaru, Tamura Takuya, Tagawa Kazuhiko, Sasabe Toshikazu, Katsuta Asuka, Motoki Kazumi, Shiwaku Hiroki, Sone Masaki, Yoshida Chisato, Katsuno Masahisa, Eishi Yoshinobu, Murata Miho, Taylor J. Paul, Wanker Erich E., Kono Kazuteru, Tashiro Satoshi, Sobue Gen, La Spada Albert R., Okazawa Hitoshi. A functional deficiency of TERA/VCP/p97 contributes to impaired DNA repair in multiple polyglutamine diseases NATURE COMMUNICATIONS. 2013.05; 4 1816. ( PubMed, DOI )

  21. Nakamura Yoko, Tagawa Kazuhiko, Oka Tsutomu, Sasabe Toshikazu, Ito Hikaru, Shiwaku Hiroki, La Spada Albert R., Okazawa Hitoshi. Ataxin-7 associates with microtubules and stabilizes the cytoskeletal network HUMAN MOLECULAR GENETICS. 2012.03; 21 (5): 1099-1110. ( PubMed, DOI )

  22. Tamura Takuya, Sone Masaki, Barclay Sam, Ito Hikaru, Shiwaku Hiroki, Tagawa Kazuhiko, Okazawa Hitoshi. DNA damage repair in Spinocerebellar ataxia 1 NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011; 71 E193. ( DOI )

  23. 榎戸 靖, 田村 拓也, 伊藤 比加瑠, 小室 晃彦, 塩飽 裕紀, Wanker Erich E., 岡澤 均. 変異ハンチンチン蛋白質によるDNA修復酵素Ku70の阻害(Mutant Huntingtin impairs Ku70-mediated DNA repair) 神経化学. 2010.08; 49 (2-3): 505. ( 医中誌 )

  24. Shiwaku Hiroki, Yoshimura Natsue, Tamura Takuya, Sone Masaki, Ogishima Soichi, Watase Kei, Tagawa Kazuhiko, Okazawa Hitoshi. Suppression of the novel ER protein Maxer by mutant ataxin-1 in Bergman glia contributes to non-cell-autonomous toxicity EMBO JOURNAL. 2010.07; 29 (14): 2446-2460. ( PubMed, DOI )

  25. Enokido Yasushi, Tamura Takuya, Ito Hikaru, Arumughan Anup, Komuro Akihiko, Shiwaku Hiroki, Sone Masaki, Foulle Raphaele, Sawada Hirohide, Ishiguro Hiroshi, Ono Tetsuya, Murata Miho, Kanazawa Ichiro, Tomilin Nikolai, Tagawa Kazuhiko, Wanker Erich E., Okazawa Hitoshi. Mutant huntingtin impairs Ku70-mediated DNA repair JOURNAL OF CELL BIOLOGY. 2010.05; 189 (3): 425-443. ( PubMed, DOI )

  26. Enokido Yasushi, Tamura Takuya, Ito Hikaru, Komuro Akihiko, Shiwaku Hiroki, Wanker Erich E., Okazawa Hitoshi. Mutant Huntingtin impairs Ku70-mediated DNA repair NEUROSCIENCE RESEARCH. 2010; 68 E94. ( DOI )

  27. Chin Ji-Hyang, Shiwaku Hiroki, Goda Olga, Komuro Akihiko, Okazawa Hitoshi. Neural stem cells express Oct-3/4 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2009.10; 388 (2): 247-251. ( PubMed, DOI )

  28. Sone Masaki, Uchida Atsuko, Komatsu Ayumi, Suzuki Emiko, Ibuki Ikue, Asada Megumi, Shiwaku Hiroki, Tamura Takuya, Hoshino Mikio, Okazawa Hitoshi, Nabeshima Yo-ichi. Loss of yata, a Novel Gene Regulating the Subcellular Localization of APPL, Induces Deterioration of Neural Tissues and Lifespan Shortening PLOS ONE. 2009.02; 4 (2): e4466. ( PubMed, DOI )

  29. Takahashi Keiko, Yoshina Sawako, Masashi Maekawa, Ito Wakana, Inoue Takao, Shiwaku Hiroki, Arai Hiroyuki, Mitani Shohei, Okazawa Hitoshi. Nematode Homologue of PQBP1, a Mental Retardation Causative Gene, Is Involved in Lipid Metabolism PLOS ONE. 2009.01; 4 (1): e4104. ( PubMed, DOI )

  30. Shiwaku Hiroki, Sone Masaki, Tamura Takuya, Okazawa Hitoshi. 新規微小管関連蛋白質Maxcellの同定と性状解析(Identification and characterization of Maxcell, a novel microtubule-associated protein) Neuroscience Research. 2008.07; 61 (Suppl.1): S69. ( 医中誌 )

  31. Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Shiwaku Hiroki, Miyajima Miho, Doi Satomi, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Factors affecting mental illness and social stress in hospital workers treating COVID-19: Paradoxical distress during pandemic era JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH. 2021.05; 137 298-302. ( PubMed, DOI )

  32. 塩飽 裕紀, 中野 悠里, 竹林 裕直, 寺崎 太洋, 高橋 英彦. 統合失調症におけるGABAA受容体に対する自己抗体及び新規自己抗体の解析 精神神経学雑誌. 2020.09; (2020特別号): S551. ( 医中誌 )

  33. 塩飽 裕紀, 藤田 雅子, 治徳 大介, 杉原 玄一, 高橋 英彦. うつ病の再発予防にベンゾジアゼピンが有用な患者群の同定 精神病性うつ病への治療戦略 精神神経学雑誌. 2020.09; (2020特別号): S430. ( 医中誌 )

  34. 塩飽 裕紀, 中野 悠里, 高橋 英彦. 統合失調症における抗GABA受容体抗体および新規シナプス抗体の解析 日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集. 2020.08; 50回・42回・4回 175. ( 医中誌 )

  35. 三宮 真奈, 塩飽 裕紀, 治徳 大介, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 背側脳幹萎縮を有するレム睡眠行動異常症においてコリンエステラーゼ阻害薬が奏効した1例 精神神経学雑誌. 2020.06; 122 (6): 481. ( 医中誌 )

  36. 高橋 教, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 治徳 大介, 車地 暁生, 西川 徹. GSK3とドパミンに注目したステロイド誘発性双極性感情障害の発症機序 精神科治療学. 2019.06; 34 (6): 707-714. ( 医中誌 )

  37. 小林 七彩, 三瀬 耕平, 塩江 遼太, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 治徳 大介, 車地 暁生. 注意欠陥多動性障害の診断及び治療が双極性感情障害の寛解維持に有用であった一例 精神神経学雑誌. 2019.06; (2019特別号): S451. ( 医中誌 )

  38. 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 治徳 大介, 車地 暁生, 西川 徹. Donepezilにより精神病症状を伴う重症うつ病エピソードが誘発された1例 精神科治療学. 2019.02; 34 (2): 231-236. ( 医中誌 )

  39. 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 治徳 大介, 車地 曉生, 西川 徹. ドネペジルにより精神病症状を伴う重症うつ病エピソードが誘発された1例 精神神経学雑誌. 2018.06; (2018特別号): S357. ( 医中誌 )

  40. 武藤 貴弘, 田村 赳紘, 若山 由賀里, 野口 澄子, 塩飽 裕紀, 中野谷 貴子, 塩江 遼太, 治徳 大介, 車地 曉生, 西川 徹. tardive dyskinesia治療薬としてのaripiprazole投与の可能性 異なる転帰を示した3症例の検討から 精神神経学雑誌. 2018.06; (2018特別号): S549. ( 医中誌 )

  41. 橋本 彩, 塩飽 裕紀, 武藤 仁志, 車地 暁生, 西川 徹. 左後頭葉脳動静脈瘤摘出術後に精神病症状が出現し、20年来統合失調症様の幻覚妄想を呈した1例 精神神経学雑誌. 2017.10; 119 (10): 800. ( 医中誌 )

  42. 高橋 教, 田村 赳紘, 塩飽 裕紀, 治徳 大介, 車地 暁生, 西川 徹. 関節リウマチに対するステロイド投与中に双極性障害の臨床経過を示した精神科既往歴のない高齢男性の1例 精神神経学雑誌. 2017.10; 119 (10): 799. ( 医中誌 )

  43. 塩飽 裕紀, 西川 徹. ROSS症候群における片側の脱力発作と脳幹の新規アセチルコリン病態 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2017.09; 39回・47回 203. ( 医中誌 )

  44. 高橋 教, 田村 赳紘, 治徳 大介, 塩飽 裕紀, 車地 暁生, 西川 徹. ステロイド誘発性双極性障害の一例 病相とステロイド投与後の時間的関連に着目した検討 精神神経学雑誌. 2017.06; (2017特別号): S490. ( 医中誌 )

  45. 塩飽裕紀,西川徹. 統合失調症の分子機序という視点で今後の薬物治療展開を考える 臨床精神薬理. 2016.10; 19 (10): 1403-1410.

  46. 塩飽 裕紀, 西川 徹. 統合失調症の分子機序という視点で今後の薬物治療展開を考える 臨床精神薬理. 2016.10; 19 (10): 1403-1410. ( 医中誌 )

  47. 塩飽 裕紀. 神経変性疾患・精神疾患・神経発達障害の共通病態 お茶の水医学雑誌. 2016.01; 64 (1): 121-130. ( 医中誌 )

  48. 塩飽 裕紀, 西川 徹. 統合失調症のprimary cilia病態の解析 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2015.09; 37回・45回 170. ( 医中誌 )

  49. 塩飽 裕紀, 正木 秀和, 安来 大輔, 成島 健二. がん患者及びチタン製人工頭蓋骨患者へのECTの適応 精神神経学雑誌. 2015.06; (2015特別): S328. ( 医中誌 )

  50. 藤田 慶大, 中村 蓉子, 岡 努, 伊藤 日加瑠, 田村 拓也, 田川 一彦, 笹邊 俊和, 勝田 明寿香, 本木 和美, 塩飽 裕紀, 吉田 千里, 曽根 雅紀, 岡澤 均. TERA/VCP/p97のDNA修復機能不全は複数の神経変性疾患に関与する 臨床神経学. 2014.12; 54 (Suppl.): S197. ( 医中誌 )

  51. 塩飽 裕紀, 光定 博生, 武田 充弘, 車地 暁生, 西川 徹. 糖尿病入院治療中の減塩食によりlithium中毒を発症した双極性障害の1例 精神医学. 2014.07; 56 (7): 585-589. ( 医中誌 )

  52. 塩飽 裕紀, 光定 博生, 平井 伸英, 武田 充弘, 車地 暁生, 西川 徹. ベンゾジアゼピン依存症の治療 エチゾラム換算で90mg以上内服していた症例 精神神経学雑誌. 2014.04; 116 (4): 341. ( 医中誌 )

  53. 田村 拓也, 中村 蓉子, 塩飽 裕紀, 岡澤 均. PQBP1遺伝子発現量と症状の相関関係 Dementia Japan. 2012.10; 26 (4): 517. ( 医中誌 )

  54. 塩飽 裕紀, 岡澤 均. 【精神発達遅滞・自閉症の分子医学】既知の遺伝子異常による発達障害・精神遅滞の分子医学 PQBP1遺伝子異常による発達障害の分子医学 医学のあゆみ. 2011.11; 239 (6): 653-659. ( 医中誌 )

  55. 塩飽 裕紀, 田村 拓也, 曽根 雅紀, 岡澤 均. 神経幹細胞に発現する新規微小管結合分子Maxcellの同定と神経発生制御 臨床神経学. 2009.12; 49 (12): 1140. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. H. Shiwaku. Detection of autoantibodies against GABAARα1 in patients with schizophrenia. Australasian Neuroscience society annual scientific meeting 2019.11.04 Aderaide

  2. 塩飽 裕紀. 精神疾患における新規自己抗体病態の解明. 日本生物学的精神医学会誌 2021.12.01

  3. 藤田 慶大, 本間 秀典, 田中 ひかり, Jin Meihua, Jin Xiaocen, Huang Yong, 吉岡 優希, 近藤 和, 塩飽 裕紀, 田川 一彦, 曽根 雅紀, 岡澤 均. 胎児期神経幹細胞のDNA損傷が早期神経細胞ネクローシスを介してFTLD発症を運命付ける. Dementia Japan 2021.10.01

  4. 上田 光人, 林 賢秀, 沢尻 修司, 丸尾 享司, 市橋 雅典, 宮島 美穂, 松本 有紀子, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 竹内 崇, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 失語症や失声症との鑑別を要した緘黙を主体とするうつ病性カタトニアの1例. 精神神経学雑誌 2021.08.01

  5. 塩飽 裕紀. 統合失調症の自己抗体病態の解明. 先進医薬研究振興財団研究成果報告集 2021.03.01

  6. 治徳 大介, 竹内 崇, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 平井 伸英, 三宅 智, 野口 詩織, 大橋 花菜子, 四手井 友紀, 市橋 雅典, 小林 七彩, 藤野 純也, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 宮島 美穂, 高橋 英彦. 東京医科歯科大学におけるCOVID-19に関連した職員メンタルヘルスの実際. 総合病院精神医学 2020.11.01

  7. 塩飽 裕紀, 中野 悠里, 髙橋 英彦. 統合失調症における抗GABA受容体抗体および新規シナプス抗体の解析. NPBPPP2020 合同年会(第42回日本生物学的精神医学会年会・第50回日本神経精神薬理学会年会・第4回日本精神薬学会総会) 2020.08.21

  8. 塩飽 裕紀, 中野 悠里, 髙橋 英彦. 統合失調症における抗GABAA受容体α1抗体の検出. 第43回日本神経科学大会 2020.07.29

  9. 高橋 教, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 治徳 大介, 車地 暁生, 西川 徹. ステロイド誘発性双極性障害の一例~病相とステロイド投与後の時間的関連に着目した検討~. 第113回日本精神神経学会学術総会 2017.06.23 名古屋

  10. 高橋 教, 田村 赳紘, 塩飽 裕紀, 治徳 大介, 車地 暁生, 西川 徹. 関節リウマチに対するステロイド投与中に双極性障害の臨床経過を示した精神科既往歴のない高齢男性の1例. 東京精神医学会第109回学術集会 2017.03.11 東京

  11. 塩飽裕紀,西川徹. 統合失調症におけるGABA神経細胞に蓄積するDNAダメージ. 第 38回日本生物学的精神医学会・第 59回日本神経化学会大会 合同年会 2016.09.09 福岡県

  12. 塩飽裕紀,西川徹. 統合失調症のprimary cilia病態の解析. 第8回 CBIR + ONSA 共催若手インスパイアシンポジウム 2016.02.18 東京都

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生物学的精神医学会 第9回若手研究者育成プログラム 奨励賞,2020年

  • 第20回 東京医科歯科大学 医科同窓会 福岡臨床研究奨励賞 ,2018年

  • 難治疾患研究所 最優秀論文賞 ,2015年

  • 第24回 東京医科歯科大学 医科同窓会 研究奨励賞 ,2011年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Body versus brain: New evidence for an autoimmune cause of schizophrenia,2022年06月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 統合失調症でシナプスを障害する自己抗体を発見 」 ― 統合失調症の原因解明と新しい治療法へ ―,2022年04月

    Cell Reports Medicine