基本情報

写真a

加納 嘉人(カノウ ヨシヒト)

KANO Yoshihito


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5391

研究室FAX番号

03-5803-0416

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

腫瘍内科、がんゲノム医学、分子標的治療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  消化器病態学  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員(医病)
  • 2016年06月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 非常勤講師
  • 2019年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床腫瘍学 特任助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床腫瘍学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京厚生年金病院 臨床研修医
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    癌研有明病院 臨床研修医
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    土浦協同病院 消化器内科 医員(医病)
  • 2014年04月
    -
    2019年03月
    University of Toronto Faculty of Medicine, Department of Laboratory Medicine and Pathobiology Postdoctral Fellow

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本癌学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本肝癌研究会

  • 日本頭頸部癌学会

  • 日本臨床疫学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    現在
    頭頸部がん診療連携プログラム 東京医科歯科大学医学部附属病院 施設担当者(がん薬物療法専門医)
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本臨床腫瘍学会 東京医科歯科大学医学部附属病院 施設担当者

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

  • 腫瘍診断、治療学

  • 腫瘍生物学

  • 消化器内科学

  • 内科学一般

  • 分子生物学

▼全件表示

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修指導医

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医

  • 日本消化器病学会 消化器病専門医

  • 日本内科学会 認定内科医

  • 医師

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • KRAS変異固形癌に対するSHP2阻害剤の臨床応用への基盤解明,2019年10月 - 2021年03月

  • 固形癌に対するがんゲノム医療の応用

  • がんゲノム医療における頭頸部癌治療応答基盤解明

  • KRAS標的治療の応用開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • KRAS変異固形癌に対するSHP2阻害剤の臨床応用への基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゲノム検査を用いた口腔多発癌症例の特異的遺伝子変異の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規RASシグナル阻害剤の頭頸部癌治療応答基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Noji R, Tohyama K, Kugimoto T, Kuroshima T, Hirai H, Tomioka H, Michi Y, Tasaki A, Ohno K, Ariizumi Y, Onishi I, Suenaga M, Mori T, Okamoto R, Yoshimura R, Miura M, Asakage T, Miyake S, Ikeda S, Harada H, Kano Y. Comprehensive Genomic Profiling Reveals Clinical Associations in Response to Immune Therapy in Head and Neck Cancer. Cancers. 2022.07; 14 (14): ( PubMed, DOI )

  2. Noji R, Kano Y*(*corresponding author), Hirai H, Onishi I, Nishii N, Yoshimura R, Miyake S, Ikeda S, Harada H. MYC-PDL1 axis reduces sensitivity to nivolumab in recurrent head and neck squamous cell carcinoma. Oral oncology. 2021.12; 124 105666. ( PubMed, DOI )

  3. Gebregiworgis T*, Kano Y* (*contributed equally), St-Germain J, Radulovich N, Udaskin ML, Mentes A, Huang R, Poon BPK, He W, Valencia-Sama I, Robinson CM, Huestis M, Miao J, Yeh JJ, Zhang ZY, Irwin MS, Lee JE, Tsao MS, Raught B, Marshall CB, Ohh M, Ikura M. The Q61H mutation decouples KRAS from upstream regulation and renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitors. Nature communications. 2021.11; 12 (1): 6274. ( PubMed, DOI )

  4. Yoshihito Kano, Teklab Gebregiworgis, Christopher B Marshall, Nikolina Radulovich, Betty P K Poon, Jonathan St-Germain, Jonathan D Cook, Ivette Valencia-Sama, Benjamin M M Grant, Silvia Gabriela Herrera, Jinmin Miao, Brian Raught, Meredith S Irwin, Jeffrey E Lee, Jen Jen Yeh, Zhong-Yin Zhang, Ming-Sound Tsao, Mitsuhiko Ikura, Michael Ohh. Tyrosyl phosphorylation of KRAS stalls GTPase cycle via alteration of switch I and II conformation. Nat Commun. 2019.01; 10 (1): 224. ( PubMed, DOI )

  5. Yoshihito Kano, Jonathan D Cook, Jeffrey E Lee, Michael Ohh. New structural and functional insight into the regulation of Ras. Semin. Cell Dev. Biol. 2016.10; 58 70-78. ( PubMed, DOI )

  6. Severa Bunda, Kelly Burrell, Pardeep Heir, Lifan Zeng, Amir Alamsahebpour, Yoshihito Kano, Brian Raught, Zhong-Yin Zhang, Gelareh Zadeh, Michael Ohh. Inhibition of SHP2-mediated dephosphorylation of Ras suppresses oncogenesis. Nature Communications. 2015.11; 6 8859. ( PubMed, DOI )

  7. Yoshihito Kano, Kiichiro Tsuchiya, Xiu Zheng, Nobukatsu Horita, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Yuhki Yamauchi, Tatsunori Nishimura, Kunihiko Hinohara, Noriko Gotoh, Shinji Suzuki, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. The acquisition of malignant potential in colon cancer is regulated by the stabilization of Atonal homolog 1 protein. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2013.03; 432 (1): 175-181. ( PubMed, DOI )

  8. Onishi Iichiroh, Kirimura Susumu, Wakejima Ryo, Okubo Kenichi, Odai Tamami, Kakuta Ryota, Kano Yoshihito, Ikeda Sadakatsu, Akashi Takumi, Kitagawa Masanobu. Primary pulmonary choriocarcinoma with a genomic sequence(和訳中) Pathology International. 2022.02; 72 (2): 141-143. ( 医中誌 )

  9. Aoyagi Y, Kano Y, Tohyama K, Matsudera S, Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Harada Y, Sato A, Nakamura H, Sueoka E, Aragane N, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Akahoshi K, Ono H, Ishikawa T, Tokunaga M, Nakagawa T, Oshima N, Nakamura R, Takagi M, Asakage T, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Kinugasa Y, Ikeda S. Clinical utility of comprehensive genomic profiling in Japan: Result of PROFILE-F study. PloS one. 2022; 17 (3): e0266112. ( PubMed, DOI )

  10. Ikeda Sadakatsu, Kudo Ryo, Yamashita Yamato, Noji Rika, Yokobori Jyunko, Ohki Mika, Takamine Eriko, Kobayashi Yumi, Egawa Makiko, Ebana Yusuke, Kimura Koichiro, Yokoyama Kohta, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Kirimura Susumu, Kinowaki Yuko, Tanimoto Kosuke, Miya Fuyuki, Kano Yoshihito, Yoshida Masayuki, Miyake Satoshi. Clinical utility of multi-disciplinary expert panel discussion in precision cancer medicine ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S287. ( DOI )

  11. Kano Yoshihito, Gebregiworgis Teklab, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko, Miyake Satoshi, Ohh Michael. KRAS Q61H mutation evades the regulation of tyrosyl phosphorylation and renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitor ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S306. ( DOI )

  12. Matsudera S, Kano Y, Ikeda S. ASO Author Reflections: Impact of Liquid Biopsy Using Plasma Cell-Free DNA in Solid Tumors in Japan. Annals of surgical oncology. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  13. Matsudera S, Kano Y, Aoyagi Y, Tohyama K, Takahashi K, Kumaki Y, Mitsumura T, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Ban D, Ono H, Kudo A, Oshima N, Ogino K, Watanabe S, Tani Y, Yamaguchi T, Nakajima M, Morita S, Yamaguchi S, Takagi M, Ishikawa T, Nakagawa T, Okamoto K, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Tsuchioka T, Kojima K, Ikeda S. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study). Annals of surgical oncology. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  14. Kano Yoshihito, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko. Evasion of KRAS Q61H regulation by tyrosine phosphorylation renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitors CANCER SCIENCE. 2021.02; 112 171.

  15. Liotti F, Kumar N, Prevete N, Marotta M, Sorriento D, Ieranò C, Ronchi A, Marino FZ, Moretti S, Colella R, Puxeddu E, Paladino S, Kano Y, Ohh M, Scala S, Melillo RM. PD-1 blockade delays tumor growth by inhibiting an intrinsic SHP2/Ras/MAPK signalling in thyroid cancer cells. Journal of experimental & clinical cancer research : CR. 2021.01; 40 (1): 22. ( PubMed, DOI )

  16. Katsukura N, Watanabe S, Shirasaki T, Hibiya S, Kano Y, Akahoshi K, Tanabe M, Kirimura S, Akashi T, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M, Tsuchiya K. Intestinal phenotype is maintained by Atoh1 in the cancer region of intraductal papillary mucinous neoplasm. Cancer science. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  17. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Ogino Kei, Okamoto Kentaro, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Takagi Masatoshi, Ikeda Sadakatsu. Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling for Pediatric and AYA Solid Tumor Patients PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2020.12; 67

  18. Aoyagi Yasuko, Kano Yoshihito, Ban Daisuke, Tokunaga Masanori, Nakajima Yasuaki, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Kinugasa Yusuke, Ikeda Sadakatsu. Future perspectives of cancer genomic medicine in gastroenterological surgery Clinical utility of multiple genomic testing in patients with advanced solid tumor(和訳中) 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 WS14-3. ( 医中誌 )

  19. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Ogino Kei, Okamoto Kentaro, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Takagi Masatoshi, Ikeda Sadakatsu. 小児・AYA世代の進行再発固形がん患者におけるがん遺伝子パネル検査の臨床的有用性の検討(Clinical utility of comprehensive genomic profiling for pediatric and AYA solid tumor patients) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2020.10; 57 (4): 243. ( 医中誌 )

  20. 加納 嘉人, Gebregiworgis Teklab, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko, Ohh Michael. ドライバー遺伝子異常陽性がん治療の新たな局面 KRASQ61H変異によるSHP2阻害剤耐性機構解析 日本癌学会総会記事. 2020.10; 79回 IS1-3. ( 医中誌 )

  21. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 青柳 康子, 遠山 皓基, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 竹本 暁, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 田邉 稔, 三宅 智, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 池田 貞勝. Liquid biopsyが変えるがん治療 がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの臨床的有用性の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2020.10; 58回 WS12-4. ( 医中誌 )

  22. Ivette Valencia-Sama, Yagnesh Ladumor, Lynn Kee, Teresa Adderley, Gabriella Christopher, Claire M Robinson, Yoshihito Kano, Michael Ohh, Meredith S Irwin. Status determines sensitivity to SHP2 inhibitor combination therapies targeting the RAS-MAPK pathway in neuroblastoma. Cancer Res. 2020.08; 80 (16): 3413-3423. ( PubMed, DOI )

  23. Takahashi Kenta, Gen Yasuyuki, Tanimoto Kousuke, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ban Daisuke, Takemoto Akira, Onishi Iichiro, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Kano Yoshihito, Miyake Satoshi, Miyasaka Naoyuki, Tanabe Minoru, Inazawa Johji, Ikeda Sadakatsu. Clinical impact of hemizygous deletion detection and panel-size in comprehensive genomic profiling. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.05; 38 (15):

  24. Claire M Robinson, Betty P K Poon, Yoshihito Kano, Fred G Pluthero, Walter H A Kahr, Michael Ohh. A hypoxia-inducible HIF1-GAL3ST1-sulfatide axis enhances ccRCC immune evasion via increased tumor cell-platelet binding. Mol Cancer Res. 2019.08; 17 (11): 2306-2317. ( PubMed, DOI )

  25. Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Yoshihito Kano, Nobukatsu Horita, Shuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Keisuke Kitagaki, Mariko Negi, Eisaku Itoh, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atonal homolog 1 protein stabilized by tumor necrosis factor α induces high malignant potential in colon cancer cell line. Cancer Science. 2015.08; 106 (8): 1000-1007. ( PubMed, DOI )

  26. Fukushima Keita, Tsuchiya Kiichiro, Kano Yoshihito, Horita Nobukatsu, Hibiya Shuji, Hayashi Ryohei, Kitagaki Keisuke, Negi Mariko, Itoh Eisaku, Akashi Takumi, Eishi Yoshinobu, Oshima Shigeru, Nagaishi Takashi, Okamoto Ryuichi, Nakamura Tetsuya, Watanabe Mamoru. 腫瘍壊死因子αにより安定化するatonal homolog 1タンパク質は大腸癌細胞株において高悪性度を引き起こす(Atonal homolog 1 protein stabilized by tumor necrosis factor α induces high malignant potential in colon cancer cell line) Cancer Science. 2015.08; 106 (8): 1000-1007. ( 医中誌 )

  27. Nobukatsu Horita, Kiichiro Tsuchiya, Ryohei Hayashi, Keita Fukushima, Shuji Hibiya, Masayoshi Fukuda, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Yasuhiro Nemoto, Shiro Yui, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Fluorescent labelling of intestinal epithelial cells reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2014.11; 454 (4): 493-499. ( PubMed, DOI )

  28. Yoshihito Kano, Sei Kakinuma, Fumio Goto, Seishin Azuma, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe, Susumu Kirimura, Tomonori Amano, Takashi Ito, Takumi Akashi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Primary hepatic neuroendocrine carcinoma with a cholangiocellular carcinoma component in one nodule. Clin J Gastroenterol. 2014.10; 7 (5): 449-454. ( PubMed, DOI )

  29. Kano Yoshihito, Kakinuma Sei, Goto Fumio, Azuma Seishin, Nishimura-Sakurai Yuki, Itsui Yasuhiro, Nakagawa Mina, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Kirimura Susumu, Amano Tomonori, Ito Takashi, Akashi Takumi, Asahina Yasuhiro, Watanabe Mamoru. 結節の一つに胆管細胞癌部分を合併した原発性肝神経内分泌癌(Primary hepatic neuroendocrine carcinoma with a cholangiocellular carcinoma component in one nodule) Clinical Journal of Gastroenterology. 2014.10; 7 (5): 449-454. ( 医中誌 )

  30. Severa Bunda, Pardeep Heir, Tharan Srikumar, Jonathan D Cook, Kelly Burrell, Yoshihito Kano, Jeffrey E Lee, Gelareh Zadeh, Brian Raught, Michael Ohh. Src promotes GTPase activity of Ras via tyrosine 32 phosphorylation. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2014.09; 111 (36): E3785-E3794. ( PubMed, DOI )

  31. Tatsuro Murano, Ryuichi Okamoto, Go Ito, Toru Nakata, Shuji Hibiya, Hiromichi Shimizu, Satoru Fujii, Yoshihito Kano, Tomohiro Mizutani, Shiro Yui, Junko Akiyama-Morio, Yasuhiro Nemoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Hes1 promotes the IL-22-mediated antimicrobial response by enhancing STAT3-dependent transcription in human intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2014.01; 443 (3): 840-846. ( PubMed, DOI )

  32. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1蛋白安定による癌幹細胞形質獲得とニッチ形成(Atoh1 protein stabilization acquired cancer stem cell phenotype and niche in colon cancer) 日本癌学会総会記事. 2013.10; 72回 137. ( 医中誌 )

  33. Fukushima Keita, Tsuchiya Kiichiro, Kano Yoshihito, Hibiya Shuji, Horita Nobukatsu, Zheng Xiu, Okamoto Ryuichi, Nakamura Tetsuya, Mamoru Watanabe. 結腸癌においてTNF-αによりAtoh1タンパク質の安定化は癌stemnessを獲得する(Stabilization of Atoh1 Protein by TNF-α in Colon Cancer Acquires Cancer Stemness) 日本消化器病学会雑誌. 2013.02; 110 (臨増総会): A467. ( 医中誌 )

  34. Kano Y., Tsuchiya K., Watanabe M.. NEW CLASSIFICATION BASED ON ATOH1 EXPRESSION IN COLON CANCER MIGHT BE USEFUL AS BIOMARKER ANNALS OF ONCOLOGY. 2012.10; 23 119.

  35. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh 1蛋白安定による癌幹細胞形質獲得機構解析(The acquirement of cancer stemness in colon cancer by the Atoh1 protein stabilization) 日本癌学会総会記事. 2012.08; 71回 243-244. ( 医中誌 )

  36. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 炎症関連大腸癌におけるAtoh1蛋白安定はがん幹細胞形質と抗がん剤耐性を獲得する(The stabilization of Atoh1 protein in colitic cancer induces cancer stemness and chemoresistance) 日本癌学会総会記事. 2012.08; 71回 98. ( 医中誌 )

  37. Xiu Zheng, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Michiko Iwasaki, Yoshihito Kano, Naoya Sakamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Suppression of hath1 gene expression directly regulated by hes1 via notch signaling is associated with goblet cell depletion in ulcerative colitis. Inflamm. Bowel Dis.. 2011.11; 17 (11): 2251-2260. ( PubMed, DOI )

  38. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 大腸癌におけるAtoh1蛋白安定は粘液癌の形質を模倣する(The stabilization of Atoh1 protein in colorectal cancer mimics mucinous adenocarcinoma) 日本癌学会総会記事. 2011.09; 70回 227. ( 医中誌 )

  39. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 大腸癌におけるAtoh1蛋白安定発現は分化形質だけでなく癌悪性形質を誘導する(Atoh1 protein stabilization in colorectal cancer promotes not only the differentiation but also the malignancy) 日本癌学会総会記事. 2011.09; 70回 338. ( 医中誌 )

  40. Michiko Iwasaki, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Xiu Zheng, Yoshihito Kano, Eiko Okamoto, Eriko Okada, Akihiro Araki, Shinji Suzuki, Naoya Sakamoto, Keisuke Kitagaki, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Longitudinal cell formation in the entire human small intestine is correlated with the localization of Hath1 and Klf4. J. Gastroenterol.. 2011.02; 46 (2): 191-202. ( PubMed, DOI )

  41. Iwasaki Michiko, Tsuchiya Kiichiro, Okamoto Ryuichi, Zheng Xiu, Kano Yoshihito, Okamoto Eiko, Okada Eriko, Araki Akihiro, Suzuki Shinji, Sakamoto Naoya, Kitagaki Keisuke, Akashi Takumi, Eishi Yoshinobu, Nakamura Tetsuya, Watanabe Mamoru. ヒト全小腸における長軸方向の細胞形成はHath1およびKlf4の局在と相関する(Longitudinal cell formation in the entire human small intestine is correlated with the localization of Hath1 and Klf4) Journal of Gastroenterology. 2011.02; 46 (2): 191-202. ( 医中誌 )

  42. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1蛋白可視化による未分化大腸がん分化誘導機構解析(The induction of the differentiation of colorectal cancer cells indicated by the visualization of Atoh1 protein) 日本癌学会総会記事. 2010.08; 69回 256. ( 医中誌 )

  43. 加納 嘉人. 【革新的技術が変える肝疾患診療】リキッドバイオプシーがもたらすがん診療の変革 消化器・肝臓内科. 2022.04; 11 (4): 479-482. ( 医中誌 )

  44. 遠山 皓基, 加納 嘉人, 野地 理夏, 青柳 康子, 松寺 翔太郎, 大野 十央, 有泉 陽介, 道 泰之, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 三宅 智, 三浦 雅彦, 池田 貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対する網羅的がんゲノム解析と臨床的有用性 頭頸部癌. 2021.12; 47 (4): 359-365. ( 医中誌 )

  45. 井浦 亜有子, 坂東 夏菜, 長尾 俊景, 角田 龍太, 加納 嘉人, 池田 貞勝, 野上 彩子, 田中 陽典, 森 毅彦. 胸腰椎圧迫骨折、高カルシウム血症を契機に診断されたパラガングリオーマの1例 日本内科学会関東地方会. 2021.09; 671回 32. ( 医中誌 )

  46. 野地 理夏, 加納 嘉人, 平井 秀明, 山下 大和, 工藤 亮, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 大西 威一郎, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 三宅 智, 池田 貞勝, 原田 浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頬粘膜癌の一例 頭頸部癌. 2021.05; 47 (2): 182. ( 医中誌 )

  47. 加納 嘉人, 朝比奈 靖浩. 【肝癌治療の進歩】ゲノム医療の肝癌診療への応用 消化器・肝臓内科. 2020.11; 8 (5): 509-512. ( 医中誌 )

  48. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 青柳 康子, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 竹本 暁, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 高木 正稔, 三宅 智, 池田 貞勝. 小児・AYA世代の固形がん患者におけるがん遺伝子パネル検査の有用性の検討 日本小児外科学会雑誌. 2020.09; 56 (5): 586. ( 医中誌 )

  49. 安東 敬大, 西山 直樹, 本多 隆行, 桐村 進, 榊原 里江, 三ツ村 隆弘, 遠山 皓基, 加納 嘉人, 池田 貞勝, 宮崎 泰成. 遺伝子パネル検査を組み合わせることで、確定診断と適正な治療選択が可能となった、上顎洞癌の胸膜転移の1例 肺癌. 2020.08; 60 (4): 364-370. ( 医中誌 )

  50. 青柳康子、遠山皓基、松寺翔太郎、加納嘉人、絹笠祐介、田邉稔、池田貞勝. ゲノム医療 がん遺伝子パネル検査と連携協力体制 臨床外科. 2020.08; 75 (8): 947-951.

  51. 青柳康子、加納嘉人、遠山皓基、松寺翔太郎、熊木裕一、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎 聡、石川敏明、伴 大輔、工藤 篤、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、田邉 稔、三宅 智、絹笠祐介、池田貞勝. がんゲノム医療は外科手術を変えるか 消化器がん患者におけるFoundationOne CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SY-14. ( 医中誌 )

  52. 加納嘉人. KRASチロシンリン酸化がスイッチI/II領域の構造変化を起こしGTPサイクルを制御する 東京都医師会雑誌. 2020.07; 73 (6): 497-500. ( 医中誌 )

  53. 遠山 皓基, 加納 嘉人, 青柳 康子, 松寺 翔太郎, 大野 十央, 有泉 陽介, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 三宅 智, 三浦 雅彦, 池田 貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 190. ( 医中誌 )

  54. 三ツ村隆弘、飯島裕基、榊原里江、本多隆行、熊木裕一、高橋健太、加納嘉人、坂下博之、宮崎泰成、池田貞勝. リキッドバイオプシーによりALK阻害薬耐性変異が検出された1例 日本内科学会関東地方会. 2019.10; 654回 37. ( 医中誌 )

  55. 加納嘉人、Michael Ohh、三宅智. 消化器癌に対する標準化学療法と今後の展望 Bio Clinica. 2018.02; 33 (2): 11-16.

  56. 加納 嘉人, Ohh Michael, 三宅 智. 【がんの化学療法】 消化器癌に対する標準化学療法と今後の展望 BIO Clinica. 2018.02; 33 (2): 111-116. ( 医中誌 )

  57. 加納嘉人. 【my laboratoryー海外留学生だより一】トロントラボライフ G.I.Research . 2016.06; 24 (3): 202-205.

  58. 福島 啓太, 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 白崎 友彬, 日比谷 秀爾, 岡本 隆一, 中村 哲也, 渡辺 守. ヒトLgr5発現可視化による粘液産生大腸癌ニッチ解析 日本消化器病学会雑誌. 2016.03; 113 (臨増総会): A236. ( 医中誌 )

  59. 加納 嘉人, Ohh Michael, 渡辺 守. シグナル伝達を理解するために必要な知識(第48回)(No.95) Rasを介したシグナル伝達 分子消化器病. 2015.12; 12 (4): 404-408. ( 医中誌 )

  60. 土屋輝一郎、福島啓太、日比谷秀爾、加納嘉人. 【特集 下部消化管:炎症からの発癌】炎症発癌の基礎研究(3)炎症発癌の癌形質獲得機構 INTESTINE. 2015.08; 19 (4): 342-347.

  61. 土屋 輝一郎, 福島 啓太, 日比谷 秀爾, 加納 嘉人. 【下部消化管:炎症からの発癌】 炎症発癌の基礎研究 炎症発癌の癌形質獲得機構 Intestine. 2015.07; 19 (4): 342-347. ( 医中誌 )

  62. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 【炎症と(悪性)腫瘍】 IBD(炎症性腸疾患)と腫瘍 臨床免疫・アレルギー科. 2015.01; 63 (1): 7-12. ( 医中誌 )

  63. 荒木 昭博, 新田 沙由梨, 渡辺 守, 藤井 俊光, 宍戸 華子, 岡田 英理子, 鈴木 康平, 竹中 康人, 長堀 正和, 和田 祥城, 加納 嘉人, 齊藤 詠子. カプセル内視鏡の画像保存 Gastroenterological Endoscopy. 2014.04; 56 (Suppl.1): 1073. ( 医中誌 )

  64. 土屋 輝一郎, 堀田 伸勝, 林 亮平, 日比谷 秀爾, 福島 啓太, 加納 嘉人, 渡辺 守. 病態生理から見た腸管病変 全小腸マッピング生検によるクローン病病態解析 栄養-評価と治療. 2014.02; 31 (1): 74. ( 医中誌 )

  65. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 【Colitic cancerの発生メカニズムと予防】 免疫異常・炎症性サイトカインとIBD発癌 G.I.Research. 2013.10; 21 (5): 326-331. ( 医中誌 )

  66. 仁部 洋一, 金子 俊, 竹中 健人, 後藤 文男, 岡本 英子, 加納 嘉人, 福田 将義, 新田 沙由梨, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 櫻井 幸, 岡田 英理子, 鈴木 伸治, 荒木 昭博, 大塚 和朗, 朝比奈 靖浩, 渡辺 守. 抗血栓薬内服患者におけるヘパリン置換法下での大腸内視鏡的粘膜切除術後出血の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2013.09; 55 (Suppl.2): 2847. ( 医中誌 )

  67. 熊木 裕一, 加納 嘉人, 東 正新, 柿沼 晴, 永石 宇司, 大岡 真也, 中村 哲也, 朝比奈 靖浩, 渡辺 守, 明石 巧. 肝細胞癌、肝内胆管癌に合併した肝原発Neuroendocrine carcinomaの1例 日本内科学会関東地方会. 2013.09; 599回 59. ( 医中誌 )

  68. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 消化器癌に対する幹細胞研究の現状と展望 Atoh 1発現大腸癌における幹細胞形質獲得とニッチ形成 日本消化器病学会雑誌. 2013.09; 110 (臨増大会): A792. ( 医中誌 )

  69. 藤本 祐未, 荒木 昭博, 金子 俊, 河合 富貴子, 加納 嘉人, 後藤 文男, 仁部 洋一, 新田 沙由梨, 長堀 正和, 岡田 英理子, 大塚 和朗, 渡辺 守, 天野 与稔, 伊藤 栄作, 河内 洋, 江石 義信. ESDを施行した胃底腺型腺癌の1例 Progress of Digestive Endoscopy. 2013.06; 82 (1): 144,11-145,11. ( 医中誌 )

  70. 岡田 英理子, 土屋 輝一郎, 岩嵜 美智子, 堀田 伸勝, 福島 啓太, 日比谷 秀爾, 加納 嘉人, 大塚 和朗, 荒木 昭博, 渡辺 守. NSAIDs服用患者における全長小腸粘膜の病理学的検討 Gastroenterological Endoscopy. 2013.04; 55 (Suppl.1): 1043. ( 医中誌 )

  71. 藤本 祐未, 金子 俊, 河合 富貴子, 加納 嘉人, 後藤 文男, 仁部 洋一, 新田 沙由梨, 中川 美奈, 東 正新, 長堀 正和, 岡田 英理子, 鈴木 伸治, 荒木 昭博, 大塚 和朗, 渡辺 守, 天野 与稔, 伊藤 栄作, 河内 洋, 北川 昌伸, 江石 義信. ESDを施行した胃底腺型胃癌の一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2012.12; 82 (Suppl.): s102. ( 医中誌 )

  72. 末松 聡史, 加納 嘉人, 長堀 正和, 荒木 昭博, 大塚 和朗, 朝比奈 靖浩, 渡辺 守, 杉原 健一, 根木 真理子, 明石 巧. MRIが有用であった孤発性小腸間膜原発デスモイド腫瘍の1例 日本内科学会関東地方会. 2012.09; 590回 54. ( 医中誌 )

  73. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 分子診断学からみた大腸腫瘍の治療成績と予後 新たな「分化度」スケーリングを用いた大腸癌形質制御と個別化医療への可能性 日本消化器病学会雑誌. 2012.09; 109 (臨増大会): A631. ( 医中誌 )

  74. 土屋 輝一郎, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岡本 隆一, 中村 哲也, 渡辺 守. 小腸上皮細胞初代培養による生理的フラジェリン応答解析 栄養-評価と治療. 2012.02; 29 (1): 72. ( 医中誌 )

  75. 岡本 隆一, 清水 寛路, 村野 竜朗, 伊藤 剛, 堀田 伸勝, 鄭 秀, 加納 嘉人, 野崎 賢吾, 福田 将義, 水谷 知裕, 油井 史郎, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【免疫統御からみた新しいIBD治療】 腸管細胞の分化・再生の制御機構からみたIBD治療へのアプローチ IBD Research. 2011.12; 5 (4): 226-231. ( 医中誌 )

  76. 岡本 隆一, 清水 寛路, 村野 竜朗, 伊藤 剛, 堀田 伸勝, 鄭 秀, 加納 嘉人, 野崎 賢吾, 福田 将義, 水谷 知裕, 油井 史郎, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【免疫統御からみた新しいIBD治療】 腸管細胞の分化・再生の制御機構からみたIBD治療へのアプローチ IBD Research. 2011.12; 5 (4): 226-231. ( 医中誌 )

  77. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 【大腸癌研究の新たな展開と治療戦略】 Hath1蛋白可視化による未分化大腸癌分化誘導機構解析 消化器内科. 2011.12; 53 (6): 607-612. ( 医中誌 )

  78. 鄭 秀, 土屋 輝一郎, 岩嵜 美智子, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岡本 隆一, 中村 哲也, 渡辺 守. 初代培養小腸上皮細胞による生理的フラジェリン応答解析 日本消化器病学会雑誌. 2011.09; 108 (臨増大会): A825. ( 医中誌 )

  79. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 消化器癌の悪性度・予後における分子診断 Atoh 1発現大腸癌における悪性形質獲得機構解析 日本消化器病学会雑誌. 2011.09; 108 (臨増大会): A639. ( 医中誌 )

  80. 土屋 輝一郎, 岩嵜 美智子, 鄭 秀, 岡本 英子, 加納 嘉人, 岡本 隆一, 中村 哲也, 荒木 昭博, 渡辺 守. ダブルバルーン内視鏡による全小腸マッピング生検の有用性 日本大腸検査学会雑誌. 2011.01; 27 (2): 58. ( 医中誌 )

  81. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 大腸がん研究の新たな展開と治療戦略 Hath 1蛋白可視化による未分化大腸がん分化誘導機構解析 日本消化器病学会雑誌. 2010.09; 107 (臨増大会): A634. ( 医中誌 )

  82. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. IBDの最新の話題 基礎編(第14回) 炎症粘膜上皮の再生制御機構 IBD Research. 2010.06; 4 (2): 121-126. ( 医中誌 )

  83. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. IBDの最新の話題 基礎編(第14回) 炎症粘膜上皮の再生制御機構 IBD Research. 2010.06; 4 (2): 121-126. ( 医中誌 )

  84. 伊藤 剛, 吉村 築, 池邉 佐和子, 鎌田 和明, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 大木 史郎, 相馬 友子, 永山 和宜, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一, 松井 則明, 藤原 秀臣. コイルによる動脈塞栓後、印象的な内視鏡像を呈した出血性十二指腸潰瘍の1例 茨城県臨床医学雑誌. 2010.03; (45): 21-22. ( 医中誌 )

  85. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 消化器癌に対する分子標的治療の現状 大腸がんの未分化形質維持機構による分化誘導療法の検討 日本消化器病学会雑誌. 2010.03; 107 (臨増総会): A93. ( 医中誌 )

  86. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 クローン病・潰瘍性大腸炎の難治性潰瘍も幹細胞を用いた再生医療で治せるか 分子消化器病. 2009.12; 6 (4): 353-358. ( 医中誌 )

  87. 岡本 隆一, 秋山 純子, 鄭 秀, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 油井 史郎, 岩嵜 美智子, 土屋 輝一郎, 中村 哲也, 渡辺 守. 【幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 クローン病・潰瘍性大腸炎の難治性潰瘍も幹細胞を用いた再生医療で治せるか 分子消化器病. 2009.12; 6 (4): 353-358. ( 医中誌 )

  88. 鎌田 和明, 草野 史彦, 池邉 佐和子, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 相馬 友子, 大木 史郎, 永山 和宜, 酒井 義法, 田沢 潤一. 小腸多発性憩室に合併した小腸穿孔の1例 日本内科学会関東地方会. 2009.06; 563回 30. ( 医中誌 )

  89. 池邉 佐和子, 伊藤 剛, 吉村 築, 鎌田 和明, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 大木 史郎, 相馬 友子, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一. 食道・胃・小腸・大腸・内視鏡検査と治療 偶発症とその対策 コイルによる動脈塞栓後、印象的な内視鏡像を呈した出血性十二指腸潰瘍の一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2009.06; 75 (1): 63. ( 医中誌 )

  90. 永山 和宜, 山根 道雄, 池邊 佐和子, 加納 嘉人, 鎌田 和明, 今西 暁, 伊藤 祐子, 大木 史郎, 相馬 友子, 望月 奈穂子, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一, 松井 則明, 藤原 秀臣. 在宅経腸栄養療法・アミノサリチル酸製剤と1回の手術のみで15年間加療できたクローン病の1例 茨城県臨床医学雑誌. 2009.03; (44): 6. ( 医中誌 )

  91. 鎌田 和明, 草野 史彦, 池邉 佐和子, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 相馬 友子, 大木 史郎, 永山 和宜, 酒井 義法, 田沢 潤一. 脳梗塞治療後に発症した腸間膜血腫の1例 日本内科学会関東地方会. 2008.12; 559回 29. ( 医中誌 )

  92. 加納 嘉人, 草野 史彦, 池邉 佐和子, 鎌田 和明, 伊藤 祐子, 相馬 友子, 大木 史郎, 望月 奈穂子, 永山 和宜, 酒井 義法, 田沢 潤一, 渡辺 守. 特徴的な画像所見を示し経乳頭的ドレナージにて内瘻化に成功したラジオ波熱凝固療法(RFA)後Bilomaの1例 日本消化器病学会雑誌. 2008.09; 105 (臨増大会): A870. ( 医中誌 )

  93. 加納 嘉人, 永山 和宜, 池邊 佐和子, 鎌田 和明, 今西 暁, 伊藤 祐子, 大木 史郎, 望月 奈穂子, 相馬 友子, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一, 渡辺 守. 多数の胃内異物により出血性胃潰瘍を生じたステロイド内服中の1例 Progress of Digestive Endoscopy. 2008.06; 72 (2): 58,4-59,4. ( 医中誌 )

  94. 加納 嘉人, 永山 和宜, 池邉 佐和子, 鎌田 和明, 今西 暁, 伊藤 祐子, 大木 史郎, 相馬 友子, 望月 奈穂子, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一. 拘置所収容中に包装袋の大量異食により出血性胃潰瘍を生じたステロイド内服中の一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2007.11; 72 (1): 94. ( 医中誌 )

  95. 酒井 義法, 鎌田 和明, 加納 嘉人, 池辺 佐和子, 伊藤 裕子, 今西 暁, 大木 史郎, 望月 奈穂子, 草野 史彦, 田沢 潤一. 電子クリニカルパスを用いた大腸癌に対するFOLOFOX療法 日本農村医学会雑誌. 2007.09; 56 (3): 229. ( 医中誌 )

  96. 加納 嘉人, 西尾 誠人, 岡野 義夫, 堀池 篤, 大柳 文義, 宝来 威, 今清水 恒太, 小川 史洋, 安江 英晴, 佐藤 之俊, 奥村 栄, 中川 健, 平松 美也子, 二宮 浩範, 石川 雄一. 小細胞癌として治療を行った前縦隔腫瘍の2例 肺癌. 2007.06; 47 (3): 293. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 岡本 健太郎, 鈴木 完, 小嶋 一幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんゲノム医療推進のためのがんプレシジョンメディシンフェローシッププログラム. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2021.10.01

  2. YOSHIHITO KANO, Teklab Gebregiworgis, Christopher Marshall, Mitsuhiko Ikura, Satoshi Miyake, Michael Ohh. KRAS Q61H mutation evades the regulation of tyrosyl phosphorylation and renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitor. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.20

  3. 加納 嘉人,野地 理夏, 山下 大和, 工藤 亮, 田崎 彰久, 大野 十央, 有泉 陽介, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 岡本 隆一, 三宅 智, 池田 貞勝. Clinical utility of tumor-profiling multiplex gene panel testing in advanced head and neck cancer at TMDU. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18

  4. 加納嘉人、野地理夏、山下大和、工藤亮、大西威一郎、谷本幸介、宮冬樹、中川剛士、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介、田邉稔、朝蔭孝宏、原田浩之、岡本隆一、三宅智、池田貞勝. Detection of RAS mutation in solid cancers using NGS-based genome profiling tests. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18

  5. Aoyagi Yasuko, Kano Yoshihito, Ban Daisuke, Tokunaga Masanori, Nakajima Yasuaki, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Kinugasa Yusuke, Ikeda Sadakatsu. 消化器外科とゲノム医療の将来展望 進行性固形腫瘍患者における包括的ゲノムプロファイリングの臨床的有用性(Future perspectives of cancer genomic medicine in gastroenterological surgery Clinical utility of multiple genomic testing in patients with advanced solid tumor). 日本消化器外科学会総会 2020.12.01

  6. Yoshihito Kano, Teklab Gebregiworgis, Christopher B. Marshall, Mitsuhiko Ikura, Michael Ohh. Evasion of KRASQ61H regulation by tyrosine phosphorylation renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitor. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 Hiroshima

  7. 加納 嘉人, Gebregiworgis Teklab, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko, Ohh Michael. ドライバー遺伝子異常陽性がん治療の新たな局面 KRASQ61H変異によるSHP2阻害剤耐性機構解析. 日本癌学会総会記事 2020.10.01

  8. Yoshihito Kano, Teklab Gebregiworgis, Christopher Marshall,Mitsuhiko Ikura, Michael Ohh. Inhibition of SHP2 promotes the tyrosyl phosphorylation of KRAS and suppresses the pancreatic cancer growth. 第78回日本癌学会学術集会 2019.09.28 京都

  9. 加納 嘉人, Gebregiworgis Teklab, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko, Ohh Michael. チロシンリン酸化モデルに基づくKRAS変異膵癌に対する治療戦略(Inhibition of SHP2 promotes the tyrosyl phosphorylation of KRAS and suppresses the pancreatic cancer growth). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  10. 加納嘉人,Teklab Gebregiworgis, Christopher Marshall, 伊倉 光彦, Michael Ohh. KRASチロシンリン酸化モデルに基づく膵癌新規分子機構と治療戦略. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.18

  11. Yoshihito Kano, Teklab Gebregiworgis, Christopher B. Marshall, Nikolina Radulovich, Betty P.K. Poon, Zhong-Yin Zhang, Ming-Sound Tsao, Mitsuhiko Ikura and Michael Ohh. TYROSYL PHOSPHORYLATION OF KRAS DISRUPTS THE GTPASE CYCLE AND INHIBITS PANCREATIC CANCER CELL GROWTH.. DDW2018 2018.06.05

  12. Teklab Gebregiworgis, Christopher B. Marshall, Yoshihito Kano, Nikolina Radulovich, Ming-Sound Tsao, Michael Ohh, Mitsuhiko Ikura. Altering the regulation of KRAS GTPase cycle via Src and SHP2 creates a potential therapeutic vulnerability for pancreatic cancer. . AACR 2018 2018.04.17

  13. Kano Y. Tyrosyl phosphorylation of KRAS disrupts the GTPase cycle and inhibits pancreatic cancer cell growth. Pizza Talk of Department of Biochemistry 2018.03.21 Toronto(Canada)

  14. Kano Y, Gebregiworgis T, Marshall CB, Radulovich N, Poon B P.K. , Zhang Z, Tsao M, Ikura M, Ohh M. Tyrosyl phosphorylation of KRAS disrupts the GTPase cycle and inhibits pancreatic cancer cell growth. . The Terry Fox Research Institute Ontario Node Research Symposium 2017.12.04 Toronto(Canada)

  15. Kano Y, Poon P.K. B, Radulovich N, Zhang Z, Tsao M, Ohh M. Novel treatment strategy for pancreatic cancer by targeting SHP2-mediated dephosphorylation of KRAS oncoprotein. The 4th Canadian Cancer Research Conference 2017.11.06 Vancouver(Canada)

  16. Kano Y. Poster Judge. 20th Annual LMP Graduate Research Conference 2017.04.13 Toronto(Canada)

  17. 8. Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Yoshihito Kano, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe.. Atoh1 Protein Expression by TNF-a and the Acquisition of Malignant Potential in Colitis- Associated Colorectal Cancer. . DDW 2015 2015.05.17

  18. 9. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Yoshihito Kano, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura,Mamoru Watanabe. Continuous stimulation with cytokines leads to irreversible accumulation of NF-κB signaling in colonic epithelial cells.. The 5th International Symposium on Carcinogenic Spiral 2015.02.26

  19. 11. Horita N, Tsuchiya K, Hayashi R, Fukushima K, Hibiya S, Fukuda M, Kano Y, Mizutani T, Nemoto Y, Yui S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. Establishment of the gene transduction into the primary intestinal organoid identified the subpopulation of the stem cells in a crypt.. 第12回幹細胞シンポジウム 2014.05.31

  20. 12. Hibiya S, Tsuchiya K, Fukushima K, Hayashi R, Horita N, Kano Y, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M.. Long-term stimulation with cytokines acquires irreversible accumulation of NF-κB signaling in primary colonic epithelial cells. . 4th International Symposium on Carcinogenic Spiral 2014.02.11

  21. 15. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1 protein stabilization acquired cancer stem cell phenotype and niche in colon cancer.. 第72回日本癌学会総会 2013.10.03

  22. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1蛋白安定による癌幹細胞形質獲得とニッチ形成(Atoh1 protein stabilization acquired cancer stem cell phenotype and niche in colon cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  23. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1蛋白安定による癌幹細胞形質獲得とニッチ形成(Atoh1 protein stabilization acquired cancer stem cell phenotype and niche in colon cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  24. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1 protein stabilization acquired cancer stem cell phenotype and niche in colon cancer. . GI Research Academy 2013 2013.06.05

  25. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh 1蛋白安定による癌幹細胞形質獲得機構解析(The acquirement of cancer stemness in colon cancer by the Atoh1 protein stabilization). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  26. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh 1蛋白安定による癌幹細胞形質獲得機構解析(The acquirement of cancer stemness in colon cancer by the Atoh1 protein stabilization). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  27. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 炎症関連大腸癌におけるAtoh1蛋白安定はがん幹細胞形質と抗がん剤耐性を獲得する(The stabilization of Atoh1 protein in colitic cancer induces cancer stemness and chemoresistance). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  28. 20. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守.. NEW CLASSIFICATION BASED ON ATOH1 EXPRESSION IN COLON CANCER MIGHT BE USEFUL AS BIOMARKER.. 第10回日本臨床腫瘍学会学術総会 2012.07.26

  29. 21. Kano Y, Tsuchiya K, Zheng X, Horita N, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M.. The acquisition of cancer stemness in colon cancer by the Atoh1 protein stabilization. International Society for Stem Cell Research 2012 2012.06.14

  30. 22. Tsuchiya K, Zheng X, Kano Y, Horita N, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M.. Flagellin Response via TLR5 on Basolateral Membrane of Primary Intestinal Epithelial Cells is Regulated by Notch Signaling. . DDW2012 2012.05.22

  31. 23. Kano Y, Tsuchiya K, Zheng X, Horita N, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. . The acquisition of cancer stemness in colon cancer by the Atoh1 protein stabilization.. DDW2012 2012.05.19

  32. 26. Kano Y, Tsuchiya K, Zheng X, Horita N, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. The acquirement of cancer stemness in colon cancer by the Atoh1 protein stabilization.. 1st GDRI France-Japan Cancer Meeting 2011.11.23

  33. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 大腸癌におけるAtoh1蛋白安定は粘液癌の形質を模倣する(The stabilization of Atoh1 protein in colorectal cancer mimics mucinous adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  34. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 大腸癌におけるAtoh1蛋白安定発現は分化形質だけでなく癌悪性形質を誘導する(Atoh1 protein stabilization in colorectal cancer promotes not only the differentiation but also the malignancy). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  35. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 大腸癌におけるAtoh1蛋白安定は粘液癌の形質を模倣する(The stabilization of Atoh1 protein in colorectal cancer mimics mucinous adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  36. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 大腸癌におけるAtoh1蛋白安定発現は分化形質だけでなく癌悪性形質を誘導する(Atoh1 protein stabilization in colorectal cancer promotes not only the differentiation but also the malignancy). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  37. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1蛋白可視化による未分化大腸がん分化誘導機構解析(The induction of the differentiation of colorectal cancer cells indicated by the visualization of Atoh1 protein). 日本癌学会総会記事 2010.08.01

  38. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. Atoh1蛋白可視化による未分化大腸がん分化誘導機構解析(The induction of the differentiation of colorectal cancer cells indicated by the visualization of Atoh1 protein). 日本癌学会総会記事 2010.08.01

  39. 野地 理夏, 工藤 亮, 角田 龍太, 及川 悠, 大迫 利光, 釘本 琢磨, 黒嶋 雄志, 平井 秀明, 島本 裕彰, 富岡 寛文, 道 泰之, 三宅 智, 池田 貞勝, 原田 浩之, 加納 嘉人. 頭頸部癌免疫療法におけるリキッドバイオプシーモニタリングの有用性の検討. 頭頸部癌 2022.05.01

  40. 加納嘉人、朝比奈靖浩、岡本隆一. 進行肝癌に対するがんゲノム診療における臨床的問題点とリアルワールドデータ解析. 第108回 日本消化器病学会総会 2022.04.23 東京

  41. 加納 嘉人, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. ゲノム情報のもたらす消化器病学へのインパクト 進行肝癌に対するがんゲノム診療における臨床的問題点とリアルワールドデータ解析. 日本消化器病学会雑誌 2022.03.01

  42. 屋富祖 大騎, 加納 嘉人, 工藤 亮, 野地 理夏, 角田 龍太, 田口 登和子, 小林 大輔, 大井 啓司, 三宅 智, 池田 貞勝. がんゲノム解析により左房intimal sarcomaに対する術後薬物療法が有効であった1例. 日本内科学会関東地方会 2022.02.01

  43. 木村 晶平, 河本 亜美, 江川 隆英, 日比谷 秀爾, 竹中 健人, 小林 正典, 清水 寛路, 村川 美也子, 福田 将義, 加納 嘉人, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 東 正新, 長堀 正和, 朝比奈 靖浩, 大塚 和明, 岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎の治療中に重篤なリステリア髄膜炎・脈絡叢炎を発症した1例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2022.02.01

  44. 樗木 幹久, 藤原 俊, 加納 嘉人, 小林 正典, 大塚 和明, 朝比奈 靖浩, 前嶋 康浩, 桐村 進, 田村 一洋, 岡本 隆一. 癌性腹膜炎を契機に診断された悪性心膜中皮腫の1例. 日本内科学会関東地方会 2021.12.01

  45. 加納嘉人. 肝胆膵癌におけるがんゲノム医療の意義と実践 リキッドバイオプシーを中心に. 第2回 お茶の水肝癌WEBセミナー 2021.11.17

  46. 加納嘉人. がんゲノム医療時代の頭頸部癌薬物療法. 第66回 日本口腔外科学会総会・学術大会 ランチョンセミナー6 2021.11.13

  47. 加納嘉人. 消化器がんにおけるがんゲノム医療の実践と体制整備. 第26回 栃木県癌臨床フォーラム講演会 2021.11.09

  48. 加納嘉人、北畑富貴子、村川美也子、柿沼晴、東正新、中川美奈、 井津井康浩、新田沙由梨、三好正人、田邉稔、三宅智、池田貞勝、 岡本隆一、朝比奈靖浩. 肝内胆管癌の臨床的問題点と網羅的がんゲノム解析の有用性検討. 第57回肝癌研究会 2021.07.23

  49. 野地理夏,加納嘉人,平井秀明,山下大和,工藤亮,富岡寛文,島本裕彰,道泰之,大西威一郎,三浦雅彦,吉村亮一,三宅智,池田貞勝,原田浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頬粘膜癌の一例. 第45回日本頭頸部癌学会 2021.06.17

  50. 加納嘉人. 乳がん治療におけるがんゲノム医療の現状と展望 . 乳がん診療Webセミナー御茶ノ水 2021.02.25

  51. 野地理夏、加納嘉人、山下大和、工藤亮、平井秀明、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、三浦雅彦、吉村亮一、朝蔭孝宏、三宅智、池田貞勝、原田浩之. 口腔癌に対するがんゲノム解析と臨床的有用性. 第39回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28

  52. 加納嘉人、北畑富貴子、村川美也子、柿沼晴、東正新、中川美奈、 井津井康浩、新田沙由梨、三好正人、青柳康子、松寺翔太郎、遠山皓基、 田邉稔、三宅智、池田貞勝、朝比奈靖浩. 進行肝細胞癌に対するがんゲノム診療における網羅的遺伝子パネル検査の有用性とバイオマーカー探索. 第56回日本肝癌研究会  2020.12.22

  53. 加納嘉人. モーニングセミナー1:新たな時代を迎えた頭頸部がん薬物療法 「内科医におけるポイント」. 第59回日本鼻科学会 2020.10.10 東京

  54. 加納嘉人. ゲノム医療の実際とがんゲノム拠点病院としての体制整備. 2019年度 がんの薬物療法研修会プログラム 2020.02.01 がん研究会有明病院(東京都江東区)

  55. 遠山皓基、加納嘉人、松寺翔太郎、青柳康子、本多隆行、宮崎泰成、桐村進、三浦雅彦、池田貞勝. 上顎歯肉を原発とした胸膜転移の診断・治療にがん遺伝子パネル検査が有用であった1例. 第38回 日本口腔腫瘍学会 2020.01.24 学士会館(東京都千代田区)

  56. 加納嘉人. 司会. irAE management seminar in お茶ノ水 2019.11.19

  57. 加納嘉人. 肝癌の最新薬物治療と今後の展望. Liver Web Seminar-Lecture on Live Streaming 2019.10.16

  58. 三ツ村隆弘、飯島裕基、榊原里江、本多隆行、熊木裕一、高橋健太、加納嘉人、坂下博之、宮崎泰成池田貞勝. リキッドバイオプシーによりALK阻害薬耐性変異が検出された1例. 第654回日本内科学会関東地方会  2019.10.05 東京

  59. 加納嘉人. がんゲノム医療ってどんなもの?. 第6回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座 2019.09.23

  60. 加納嘉人. チロシンリン酸化モデルに基づくKRAS制御機構の解明と治療応用の可能性. 大阪大学蛋白質研究所セミナー「がん研究の新機軸」 2019.07.05 大阪

  61. 加納嘉人. Drugging the Undruggable ~新規分子標的治療による難治癌克服への挑戦~. 第25回東京西部消化器先端医療勉強会 2019.06.06 東京

  62. 福島啓太、土屋輝一郎、加納嘉人、白崎友彬、日比谷秀爾、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 【プレナリーセッション:大腸癌】ヒトLgr5 発現可視化による粘液産生大腸癌ニッチ解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.23 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  63. 土屋 輝一郎, 堀田 伸勝, 林 亮平, 日比谷 秀爾, 福島 啓太, 加納 嘉人, 渡辺 守. 病態生理から見た腸管病変 全小腸マッピング生検によるクローン病病態解析. 栄養-評価と治療 2014.02.01

  64. 14. 仁部洋一 , 金子 俊, 竹中健人, 後藤文男, 岡本英子, 加納嘉人, 福田将義, 新田沙由梨, 藤井俊光, 齊藤詠子, 櫻井 幸, 岡田英理子, 鈴木伸治, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守.. 抗血栓薬内服患者におけるへパリン置換法下での大腸内視鏡的粘膜切除術後出血の検討.. JDDW2013 2013.10.11

  65. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 消化器癌に対する幹細胞研究の現状と展望 Atoh 1発現大腸癌における幹細胞形質獲得とニッチ形成. 日本消化器病学会雑誌 2013.09.01

  66. 17. 岡田 英理子, 土屋 輝一郎, 岩嵜 美智子, 堀田 伸勝, 福島 啓太, 日比谷 秀爾, 加納 嘉人, 大塚 和朗, 荒木 昭博, 渡辺 守.. NSAIDs服用患者における全長小腸粘膜の病理学的検討. . Gastroenterological Endoscopy 2013.04.01

  67. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 分子診断学からみた大腸腫瘍の治療成績と予後 新たな「分化度」スケーリングを用いた大腸癌形質制御と個別化医療への可能性. 日本消化器病学会雑誌 2012.09.01

  68. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 分子診断学からみた大腸腫瘍の治療成績と予後 新たな「分化度」スケーリングを用いた大腸癌形質制御と個別化医療への可能性. 日本消化器病学会雑誌 2012.09.01

  69. 25. 加納嘉人、土屋輝一郎、鄭 秀、堀田伸勝、岡本隆一、中村哲也、渡辺 守. 新たな「分化度」スケーリングを用いた大腸がん形質制御と個別化医療への可能性.. 第19回浜名湖シンポジウム 2011.12.23

  70. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 消化器癌の悪性度・予後における分子診断 Atoh 1発現大腸癌における悪性形質獲得機構解析. 日本消化器病学会雑誌 2011.09.01

  71. 土屋 輝一郎, 岩嵜 美智子, 鄭 秀, 岡本 英子, 加納 嘉人, 岡本 隆一, 中村 哲也, 荒木 昭博, 渡辺 守. ダブルバルーン内視鏡による全小腸マッピング生検の有用性. 日本大腸検査学会雑誌 2011.01.01

  72. 加納 嘉人, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 大腸がん研究の新たな展開と治療戦略 Hath 1蛋白可視化による未分化大腸がん分化誘導機構解析. 日本消化器病学会雑誌 2010.09.01

  73. 土屋 輝一郎, 加納 嘉人, 渡辺 守. 消化器癌に対する分子標的治療の現状 大腸がんの未分化形質維持機構による分化誘導療法の検討. 日本消化器病学会雑誌 2010.03.01

  74. 池邉 佐和子, 伊藤 剛, 吉村 築, 鎌田 和明, 加納 嘉人, 水谷 知裕, 大木 史郎, 相馬 友子, 草野 史彦, 酒井 義法, 田沢 潤一. 食道・胃・小腸・大腸・内視鏡検査と治療 偶発症とその対策 コイルによる動脈塞栓後、印象的な内視鏡像を呈した出血性十二指腸潰瘍の一例. Progress of Digestive Endoscopy 2009.06.01

  75. 青柳康子、加納嘉人、遠山皓基、松寺翔太郎、熊木裕一、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡﨑聡、石川敏昭、伴大輔、工藤篤、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、田邉稔、三宅智、絹笠祐介、池田貞勝. 消化管がん患者におけるFoundationOne® CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度 東京医科歯科大学医師会賞,東京医科歯科大学医師会,2022年06月

  • 2020年度 学長裁量経費 ビッグデータに関わる研究提案「がんゲノム医療ビッグデータを駆使した頭頸部癌治療応答への基盤解明」 受賞者:加納嘉人,東京医科歯科大学,2020年07月

  • 東京医科歯科大学医科同窓会 第33回研究奨励賞 受賞者:加納嘉人,2020年03月

  • 令和元年度東京都医師会医学研究賞 受賞者:加納嘉人,2020年03月

  • 2019年度薬力学研究会研究助成「三次元培養を用いたKRAS変異固形癌に対する標的治療基盤の構築」 受賞者:加納嘉人,公益財団法人 薬力学研究会,2020年02月

  • 科学研究費助成事業(KAKEN): 研究活動スタート支援 受賞者:加納嘉人,2019年09月

  • 東京医科歯科大学 学長裁量経費 若手研究者研究奨励賞 受賞者:加納嘉人,2019年09月

  • Certificate of Recognition as Young Investigator,Digestive Disease Week,,2018年06月

  • Top 10 abstract and Rapid Fire Talk Presenter for The Terry Fox Research Institute Ontario Node Research Symposium 「Tyrosyl phosphorylation of KRAS disrupts the GTPase cycle and inhibits pancreatic cancer cell growth. 」受賞者:加納嘉人,2017年12月

  • 住友生命文化福祉財団 海外医学研究助成,住友生命文化福祉財団,2013年

  • 第19回浜名湖シンポジウム優秀演題賞,公益財団法人 国際科学振興財団,2011年

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 未来がん医療プロフェッショナル養成プログラム 『がんゲノム』,2020年 - 現在

  • M3消化器ブロック 肝胆膵癌の薬物治療,2020年 - 現在

  • 修士(医歯理工保健学専攻)薬理学,2020年 - 現在