基本情報

写真a

加納 嘉人(カノウ ヨシヒト)

KANO Yoshihito


職名

特任助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4873

研究室FAX番号

03-5803-0416

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

腫瘍内科、がんゲノム医学、分子標的治療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  消化器病態学  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員(医病)
  • 2016年06月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 非常勤講師
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床腫瘍学 特任助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京厚生年金病院 臨床研修医
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    癌研有明病院 臨床研修医
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    土浦協同病院 消化器内科 医員(医病)
  • 2014年04月
    -
    2019年03月
    University of Toronto Faculty of Medicine, Department of Laboratory Medicine and Pathobiology Postdoctral Fellow

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本癌学会

  • 日本肝臓学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    現在
    頭頸部がん診療連携プログラム 東京医科歯科大学医学部附属病院 施設担当者(がん薬物療法専門医)
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本臨床腫瘍学会 東京医科歯科大学医学部附属病院 施設担当者

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム医科学

  • 腫瘍治療学

  • 腫瘍生物学

  • 消化器内科学

  • 内科学一般(含心身医学)

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修指導医

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医

  • 日本消化器病学会 消化器病専門医

  • 日本内科学会 認定内科医

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • KRAS変異固形癌に対するSHP2阻害剤の臨床応用への基盤解明,2019年10月 - 2021年03月

  • KRAS標的治療の応用開発

  • 固形癌に対するがんゲノム医療の応用

  • がんゲノム医療における頭頸部癌治療応答基盤解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • KRAS変異固形癌に対するSHP2阻害剤の臨床応用への基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゲノム検査を用いた口腔多発癌症例の特異的遺伝子変異の解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Matsudera S, Kano Y, Aoyagi Y, Tohyama K, Takahashi K, Kumaki Y, Mitsumura T, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Ban D, Ono H, Kudo A, Oshima N, Ogino K, Watanabe S, Tani Y, Yamaguchi T, Nakajima M, Morita S, Yamaguchi S, Takagi M, Ishikawa T, Nakagawa T, Okamoto K, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Tsuchioka T, Kojima K, Ikeda S. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study). Annals of surgical oncology. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  • Matsudera S, Kano Y, Ikeda S. ASO Author Reflections: Impact of Liquid Biopsy Using Plasma Cell-Free DNA in Solid Tumors in Japan. Annals of surgical oncology. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  • Kano Yoshihito, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko. Evasion of KRAS Q61H regulation by tyrosine phosphorylation renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitors CANCER SCIENCE. 2021.02; 112 171.

  • Liotti F, Kumar N, Prevete N, Marotta M, Sorriento D, Ieranò C, Ronchi A, Marino FZ, Moretti S, Colella R, Puxeddu E, Paladino S, Kano Y, Ohh M, Scala S, Melillo RM. PD-1 blockade delays tumor growth by inhibiting an intrinsic SHP2/Ras/MAPK signalling in thyroid cancer cells. Journal of experimental & clinical cancer research : CR. 2021.01; 40 (1): 22. ( PubMed, DOI )

  • Katsukura N, Watanabe S, Shirasaki T, Hibiya S, Kano Y, Akahoshi K, Tanabe M, Kirimura S, Akashi T, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M, Tsuchiya K. Intestinal phenotype is maintained by Atoh1 in the cancer region of intraductal papillary mucinous neoplasm. Cancer science. 2020.12; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 加納嘉人. 乳がん治療におけるがんゲノム医療の現状と展望 . 乳がん診療Webセミナー御茶ノ水 2021.02.25

  • YOSHIHITO KANO, Teklab Gebregiworgis, Christopher Marshall, Mitsuhiko Ikura, Satoshi Miyake, Michael Ohh. KRAS Q61H mutation evades the regulation of tyrosyl phosphorylation and renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitor. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.20

  • 加納 嘉人,野地 理夏, 山下 大和, 工藤 亮, 田崎 彰久, 大野 十央, 有泉 陽介, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 岡本 隆一, 三宅 智, 池田 貞勝. Clinical utility of tumor-profiling multiplex gene panel testing in advanced head and neck cancer at TMDU. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18

  • 加納嘉人、野地理夏、山下大和、工藤亮、大西威一郎、谷本幸介、宮冬樹、中川剛士、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介、田邉稔、朝蔭孝宏、原田浩之、岡本隆一、三宅智、池田貞勝. Detection of RAS mutation in solid cancers using NGS-based genome profiling tests. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18

  • 野地理夏、加納嘉人、山下大和、工藤亮、平井秀明、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、三浦雅彦、吉村亮一、朝蔭孝宏、三宅智、池田貞勝、原田浩之. 口腔癌に対するがんゲノム解析と臨床的有用性. 第39回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 学長裁量経費 ビッグデータに関わる研究提案「がんゲノム医療ビッグデータを駆使した頭頸部癌治療応答への基盤解明」 受賞者:加納嘉人,東京医科歯科大学,2020年07月

  • 東京医科歯科大学医科同窓会 第33回研究奨励賞 受賞者:加納嘉人,2020年03月

  • 令和元年度東京都医師会医学研究賞 受賞者:加納嘉人,2020年03月

  • 2019年度薬力学研究会研究助成「三次元培養を用いたKRAS変異固形癌に対する標的治療基盤の構築」 受賞者:加納嘉人,公益財団法人 薬力学研究会,2020年02月

  • 科学研究費助成事業(KAKEN): 研究活動スタート支援 受賞者:加納嘉人,2019年09月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • M3消化器ブロック 肝胆膵癌の薬物治療,2020年 - 現在

  • 修士(医歯理工保健学専攻)薬理学,2020年 - 現在