基本情報

写真a

桑原 宏哉(クワハラ ヒロヤ)

KUWAHARA Hiroya


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

h-kuwahara.nuro@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/nuro/

研究分野・キーワード

脳神経内科、核酸医薬、ドラッグデリバリー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  認知行動医学系(脳神経病態学)  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2005年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2007年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2007年06月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2011年04月
    -
    2011年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    国家公務員共済組合連合会虎の門病院 内科 臨床研修医
  • 2005年06月
    -
    2007年05月
    国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院 神経内科 医員
  • 2011年06月
    -
    2013年03月
    東京都立墨東病院 内科(神経内科) 医員
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    厚生労働省医政局研究開発振興課治験推進室/経済課ベンチャー等支援戦略室 室長補佐

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本神経学会

  • 日本神経治療学会

  • 日本神経病理学会

  • 日本神経感染症学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内科学会 認定内科医

  • 日本内科学会 総合内科専門医

  • 日本神経学会 神経内科専門医

  • 日本神経学会 指導医

全件表示 >>

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Su Su Lei Mon, Kotaro Yoshioka, Chunyan Jia, Taiki Kunieda, Yutaro Asami, Kie Yoshida-Tanaka, Wenying Piao, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Highly efficient gene silencing in mouse brain by overhanging-duplex oligonucleotides via intraventricular route. FEBS Lett. 2020.05; 594 (9): 1413-1423. ( PubMed, DOI )

  • 桑原宏哉. 神経疾患治療ノート ビタミンB6欠乏症 Clinical Neuroscience. 2020.03; 38 (3): 385-387.

  • 桑原宏哉,横田隆徳. 【中枢神経疾患に対するDDSのトランスレーショナルリサーチ】血中グルコース濃度の変化に応答した効率的な血液脳関門通過型DDS Drug Delivery System. 2019.11; 34 (5): 352-359.

  • Masaki Ohyagi, Takashi Irioka, Takuya Ohkubo, Satoru Ishibashi, Yuko K Takahashi, Eiichiro Amano, Akira Machida, Hiroya Kuwahara, Takanori Yokota. Intrathecal IgG Synthesis and Persistent Inflammation Are Associated with White Matter Lesions in HIV-negative Patients with Cryptococcal Meningoencephalitis. Intern Med. 2019.11; 58 (21): 3077-3082. ( PubMed, DOI )

  • Kotaro Yoshioka, Taiki Kunieda, Yutaro Asami, Huijia Guo, Haruka Miyata, Kie Yoshida-Tanaka, Yumiko Sujino, Wenying Piao, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Rintaro Iwata Hara, Tetsuya Nagata, Takeshi Wada, Satoshi Obika, Takanori Yokota. Highly efficient silencing of microRNA by heteroduplex oligonucleotides. Nucleic Acids Res. 2019.08; 47 (14): 7321-7332. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 桑原宏哉,横田隆徳. 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図(第3版). 医学書院, 2019.10 筋萎縮

  • 桑原宏哉,横田隆徳. 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向. 技術情報協会, 2019.05 血液脳関門を標的とした核酸医薬による分子標的治療の開発

  • 桑原宏哉,横田隆徳. アルツハイマー病発症メカニズムと新規診断法・創薬・治療開発. エヌ・ティー・エス, 2018.08 血液脳関門通過性DDSの開発

  • 桑原宏哉、横田隆徳. 最新DDS技術の先端バイオ医薬品への応用開発~ナノDDS、リポソーム、表面修飾、プロドラッグなどの最新技術と製剤への具体的応用~. 技術情報協会, 2017.03 核酸医薬におけるナノDDS技術の応用

  • 桑原宏哉,横田隆徳. 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図(第2版). 医学書院, 2014.11 筋萎縮

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Hiroya Kuwahara, Jindong Song, Takahiro Shimoura, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota.. Modulation of blood-brain barrier function by heteroduplex oligonucleotide in vivo.. The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2017.07.22 Chiba

  • Hiroya Kuwahara, Yasutaka Anraku, Kazunori Kataoka, Takanori Yokota. Investigation of delivery mechanism of BBB-crossing nanomachine. 3rd COINS International Symposium 2016.12.15 Kawasaki

  • 桑原宏哉. アカデミアによる分子生物学の研究成果を創薬開発につなげる試み. 第4回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム 2016.12.01 横浜

  • Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jindong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota. Novel oligonucleotide to regulate the blood-brain barrier. 3rd International Conference on Biomaterials Science 2016.11.28 Tokyo

  • Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jindong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Masaki Ohyagi, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota. New platform technology to regulate the blood-brain barrier function in vivo. 19th International Symposium on Signal Transduction at the Blood-Brain Barriers 2016.09.15 Copenhagen

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤送達用のキャリア、コンジュゲートおよびこれらを含んでなる組成物並びにこれらの投与方法

    特許番号: 9,937,263

  • 薬剤送達用のキャリア、コンジュゲートおよびこれらを含んでなる組成物並びにこれらの投与方法

    特許番号: 201480063806.3

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第36回日本神経治療学会学術集会優秀演題賞,2018年11月

  • 2018 AAN Annual Meeting Abstract of Distinction Award,2018年04月

  • 第56回日本神経学会学術大会最優秀口演賞(基礎部門),日本神経学会,2015年05月

  • 第7回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウム優秀賞,東京医科歯科大学脳統合機能研究センター,2015年02月

  • 第20回アンチセンスシンポジウム学生講演賞(川原賞),アンチセンスDNA/RNA研究会,2010年12月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ―,2018年06月

    Journal of Controlled Release

  • 「生体内で血液脳関門の機能を制御するバイオテクノロジーを開発」 認知症などの脳疾患への治療応用に期待 ―,2018年03月

    Scientific Reports

  • 東京医科歯科大学発バイオベンチャー「株式会社ブレイゾン・セラピューティクス」の設立について,2017年11月

    バイオベンチャー

  • グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発,2017年10月

    Nature Communications