基本情報

写真a

桑原 宏哉(クワハラ ヒロヤ)

KUWAHARA Hiroya


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

h-kuwahara.nuro@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/nuro/

研究分野・キーワード

脳神経内科、核酸医薬、ドラッグデリバリー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  認知行動医学系(脳神経病態学)  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2005年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2007年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2007年06月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2011年04月
    -
    2011年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 医員(医病)
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任助教
  • 2018年05月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学分野 非常勤講師
  • 2019年05月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学分野 非常勤講師
  • 2020年04月
    -
    2020年07月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経内科 助教
  • 2020年08月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師
  • 2021年05月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経内科 講師
  • 2021年06月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経内科 講師
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 脳・神経・精神診療領域 脳神経内科 講師
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    国家公務員共済組合連合会虎の門病院 内科 臨床研修医
  • 2005年06月
    -
    2007年05月
    国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院 神経内科 医員
  • 2011年06月
    -
    2013年03月
    東京都立墨東病院 内科(神経内科) 医員
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    厚生労働省医政局研究開発振興課治験推進室/経済課ベンチャー等支援戦略室 室長補佐

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本神経学会

  • 日本神経治療学会

  • 日本神経病理学会

  • 日本神経感染症学会

  • 日本神経免疫学会

  • 日本神経科学学会

  • 日本核酸医薬学会

  • 日本遺伝子治療学会

  • 日本分子生物学会

  • American Academy of Neurology

  • American Society of Gene and Cell Therapy

  • Oligonucleotide Therapeutics Society

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年05月
    -
    2025年05月
    日本神経学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内科学会 認定内科医

  • 日本内科学会 総合内科専門医

  • 日本神経学会 神経内科専門医

  • 日本神経学会 指導医

  • 難病指定医

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • グリオーシス回避を可能とする2本鎖核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 血液脳関門通過型核酸医薬としてのヘテロ核酸搭載グルコースミセルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Su Su Lei Mon, Kotaro Yoshioka, Chunyan Jia, Taiki Kunieda, Yutaro Asami, Kie Yoshida-Tanaka, Wenying Piao, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Highly efficient gene silencing in mouse brain by overhanging-duplex oligonucleotides via intraventricular route. FEBS Lett. 2020.05; 594 (9): 1413-1423. ( PubMed, DOI )

  2. Masaki Ohyagi, Takashi Irioka, Takuya Ohkubo, Satoru Ishibashi, Yuko K Takahashi, Eiichiro Amano, Akira Machida, Hiroya Kuwahara, Takanori Yokota. Intrathecal IgG Synthesis and Persistent Inflammation Are Associated with White Matter Lesions in HIV-negative Patients with Cryptococcal Meningoencephalitis. Intern Med. 2019.11; 58 (21): 3077-3082. ( PubMed, DOI )

  3. Kotaro Yoshioka, Taiki Kunieda, Yutaro Asami, Huijia Guo, Haruka Miyata, Kie Yoshida-Tanaka, Yumiko Sujino, Wenying Piao, Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Rintaro Iwata Hara, Tetsuya Nagata, Takeshi Wada, Satoshi Obika, Takanori Yokota. Highly efficient silencing of microRNA by heteroduplex oligonucleotides. Nucleic Acids Res. 2019.08; 47 (14): 7321-7332. ( PubMed, DOI )

  4. Satoshi Zeniya, Hiroya Kuwahara, Kaiichi Daizo, Akihiro Watari, Masuo Kondoh, Kie Yoshida-Tanaka, Hidetoshi Kaburagi, Ken Asada, Tetsuya Nagata, Masahiro Nagahama, Kiyohito Yagi, Takanori Yokota. Angubindin-1 opens the blood-brain barrier in vivo for delivery of antisense oligonucleotide to the central nervous system. J Control Release. 2018.05; 283 126-134. ( PubMed, DOI )

  5. Hiroya Kuwahara, Jindong Song, Takahiro Shimoura, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Satoshi Zeniya, Fuying Li, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Shingo Ito, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota. Modulation of blood-brain barrier function by a heteroduplex oligonucleotide in vivo. Sci Rep. 2018.03; 8 (1): 4377. ( PubMed, DOI )

  6. Y Anraku, H Kuwahara, Y Fukusato, A Mizoguchi, T Ishii, K Nitta, Y Matsumoto, K Toh, K Miyata, S Uchida, K Nishina, K Osada, K Itaka, N Nishiyama, H Mizusawa, T Yamasoba, T Yokota, K Kataoka. Glycaemic control boosts glucosylated nanocarrier crossing the BBB into the brain. Nat Commun. 2017.10; 8 (1): 1001. ( PubMed, DOI )

  7. Koya Ono, Ken Murata, Toshinari Arai, Tomoyuki Kino, Keisuke Onaka, Satoru Takahashi, Hirotaka Sato, Hiroya Kuwahara. Posterior reversible encephalopathy syndrome after iron administration in a patient with chronic severe anemia. Journal of the Neurological Sciences. 2016.08; 367 333-334. ( PubMed, DOI )

  8. Masahiro Murakami, Kazutaka Nishina, Chie Watanabe, Kie Yoshida-Tanaka, Wenying Piao, Hiroya Kuwahara, Yuji Horikiri, Kanjiro Miyata, Nobuhiro Nishiyama, Kazunori Kataoka, Masayuki Yoshida, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota.. Enteral siRNA delivery technique for therapeutic gene silencing in the liver via the lymphatic route. Scientific Reports. 2015.11; 5 17035. ( PubMed, DOI )

  9. Kazutaka Nishina, Wenying Piao, Kie Yoshida-Tanaka, Yumiko Sujino, Tomoko Nishina, Tsuyoshi Yamamoto, Keiko Nitta, Kotaro Yoshioka, Hiroya Kuwahara, Hidenori Yasuhara, Takeshi Baba, Fumiko Ono, Kanjiro Miyata, Koichi Miyake, Punit P Seth, Audrey Low, Masayuki Yoshida, C Frank Bennett, Kazunori Kataoka, Hidehiro Mizusawa, Satoshi Obika, Takanori Yokota.. DNA/RNA heteroduplex oligonucleotide for highly efficient gene silencing. Nature Communications.. 2015.08; 6 7969. ( PubMed, DOI )

  10. Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Takanori Yokota.. Blood-brain barrier: a novel therapeutic target in multiple sclerosis. Clinical and Experimental Neuroimmunology.. 2015.05; 6 (2): 129-138. ( DOI )

  11. Tomoko Nishina, Junna Numata, Kazutaka Nishina, Kie Yoshida-Tanaka, Keiko Nitta, Wenying Piao, Rintaro Iwata, Shingo Ito, Hiroya Kuwahara, Takeshi Wada, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota.. Chimeric Antisense Oligonucleotide Conjugated to α-Tocopherol. Mol Ther Nucleic Acids.. 2015.01; 4 e220. ( PubMed, DOI )

  12. Kuwahara Hiroya, Tsuchiya Kuniaki, Kobayashi Zen, Inaba Akira, Akiyama Haruhiko, Mizusawa Hidehiro.. Cryptococcal meningitis accompanying lymphocytic inflammation predominantly in cerebral deep white matter: a possible manifestation of immune reconstitution inflammatory syndrome. Neuropathology.. 2014.02; 34 (1): 45-48. ( PubMed, DOI )

  13. Hirai Takashi, Enomoto Mitsuhiro, Kaburagi Hidetoshi, Sotome Shinichi, Yoshida-Tanaka Kie, Ukegawa Madoka, Kuwahara Hiroya, Yamamoto Mariko, Tajiri Mio, Miyata Haruka, Hirai Yukihiko, Tominaga Makoto, Shinomiya Kenichi, Mizusawa Hidehiro, Okawa Atsushi, Yokota Takanori.. Intrathecal AAV serotype 9-mediated delivery of shRNA against TRPV1 attenuates thermal hyperalgesia in a mouse model of peripheral nerve injury. Molecular Therapy.. 2014.02; 22 (2): 409-419. ( PubMed, DOI )

  14. Kuwahara Hiroya, Suzuki Shigeharu, Matsumura Ken, Watanabe Mutsufusa, Yakushiji Fumiatsu, Fujigasaki Hiroto.. Ocular flutter, generalized myoclonus, and truncal ataxia in a patient with Graves' ophthalmopathy. Journal of Neurology.. 2013.11; 260 (11): 2906-2907. ( PubMed, DOI )

  15. Machida Akira, Kuwahara Hiroya, Mayra Azat, Kubodera Takayuki, Hirai Takashi, Sunaga Fumiko, Tajiri Mio, Hirai Yukihiko, Shimada Takashi, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori.. Intraperitoneal administration of AAV9-shRNA inhibits target gene expression in the dorsal root ganglia of neonatal mice. Molecular Pain.. 2013.07; 9 36. ( PubMed, DOI )

  16. Hiroya Kuwahara.. Persistent hemichorea. New England Journal of Medicine. 2013.05; 368 (20): e26. ( PubMed, DOI )

  17. Piao Wenying, Nishina Kazutaka, Yoshida-Tanaka Kie, Kuwahara Hiroya, Nishina Tomoko, Sakata Mina, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori. Efficient in vivo delivery of antisense oligonucleotide to choroid plexus. J Med Dent Sci. 2013.03; 60 (1): 9-16. ( PubMed )

  18. Kuwahara Hiroya, Matsumura Ken, Watanabe Mutsufusa, Fujigasaki Hiroto. Intravenous t-PA for the occlusion of an accessory MCA. Intern Med. 2013.01; 52 (1): 163. ( PubMed )

  19. Hirai Takashi, Enomoto Mitsuhiro, Machida Akira, Yamamoto Mariko, Kuwahara Hiroya, Tajiri Mio, Hirai Yukihiko, Sotome Shinichi, Mizusawa Hidehiro, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi, Yokota Takanori. Intrathecal shRNA-AAV9 inhibits target protein expression in the spinal cord and dorsal root ganglia of adult mice. Hum Gene Ther Methods. 2012.04; 23 (2): 119-127. ( PubMed, DOI )

  20. Kuwahara Hiroya, Yokota Takanori. Delivery of siRNA into the blood-brain barrier: recent advances and future perspective. Ther Deliv. 2012.04; 3 (4): 417-420. ( PubMed )

  21. Kuwahara Hiroya, Matsunaga Shin-ichi. Central pontine myelinolysis associated with pancreatic diabetes. J Neurol. 2012.02; 259 (2): 353-354. ( PubMed, DOI )

  22. Kuwahara Hiroya, Nishina Kazutaka, Yoshida Kie, Nishina Tomoko, Yamamoto Mariko, Saito Yukari, Piao Wenying, Yoshida Masayuki, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori. Efficient in vivo delivery of siRNA into brain capillary endothelial cells along with endogenous lipoprotein. Mol Ther. 2011.12; 19 (12): 2213-2221. ( PubMed, DOI )

  23. Kuwahara Hiroya, Nakatsuru Enichi, Ozawa Naoko. Exertional rhabdomyolysis affecting anterior compartment of unilateral lower leg. Intern Med. 2011.04; 50 (7): 793. ( PubMed )

  24. Kuwahara Hiroya, Noguchi Yoshimasa, Saito Yukinobu, Inaba Akira. Multiple cavernous angiomas in the brain and spinal cord. Arch Neurol. 2010.11; 67 (11): 1405-1406. ( PubMed, DOI )

  25. Kuwahara Hiroya, Tsuchiya Kuniaki, Saito Yukinobu, Kobayashi Zen, Miyazaki Hiroshi, Izumiyama Yoko, Akiyama Haruhiko, Arai Tetsuaki, Mizusawa Hidehiro. Frontotemporal lobar degeneration with motor neuron disease showing severe and circumscribed atrophy of anterior temporal lobes. J Neurol Sci. 2010.10; 297 (1-2): 92-96. ( PubMed, DOI )

  26. Koyama Rikako, Nakanishi Koji, Kato Masako, Yamashita Shigeo, Kuwahara Hiroya, Katori Hideyuki. Hypoglycemia and hyperglycemia due to insulin antibodies against therapeutic human insulin: treatment with double filtration plasmapheresis and prednisolone. Am J Med Sci. 2005.05; 329 (5): 259-264. ( PubMed )

  27. 桑原宏哉,横田隆徳. アルツハイマー病における脈絡叢容積 NEURO LOGICA. 2021.05; 1 15.

  28. 桑原宏哉. 神経疾患治療ノート ビタミンB6欠乏症 Clinical Neuroscience. 2020.03; 38 (3): 385-387.

  29. 桑原宏哉,横田隆徳. 【中枢神経疾患に対するDDSのトランスレーショナルリサーチ】血中グルコース濃度の変化に応答した効率的な血液脳関門通過型DDS Drug Delivery System. 2019.11; 34 (5): 352-359.

  30. 西田陽一郎,桑原宏哉,三條伸夫,横田隆徳. 血液脳関門通過型Aβオリゴマー抗体の開発 神経治療学. 2019.07; 36 (4): 532-536.

  31. 桑原宏哉. 臨床研究法にどう対応するか 臨床研究法の概要 日本臨床麻酔学会誌. 2019.07; 39 (4): 416-422.

  32. 西田 陽一郎, 桑原 宏哉, 三條 伸夫, 横田 隆徳. Alzheimer病研究の新しい潮流-4 血液脳関門通過型Aβオリゴマー抗体の開発 神経治療学. 2019.07; 36 (4): 532-536. ( 医中誌 )

  33. 横田隆徳,仁科一隆,桑原宏哉. 核酸医薬を用いた遺伝子治療の展望 神経治療学. 2016.11; 33 (3): 303-306.

  34. 仁科一隆,吉岡耕太郎,桑原宏哉,横田隆徳.. 神経疾患に対する核酸医薬による遺伝子治療. 神経内科. 2015.10; 83 (4): 283-288.

  35. 桑原宏哉,横田隆徳.. 核酸医薬のナノDDS. 細胞工学. 2015.10; 34 (10): 939-945.

  36. 吉岡耕太郎,桑原宏哉,仁科一隆,永田哲也,横田隆徳.. 核酸医薬研究の現況と展望. 日本臨牀.. 2015.06; 73 (6): 1057-1065. ( PubMed )

  37. 桑原宏哉,内原俊記,河村満.. Flail arm syndromeを呈し,速やかに呼吸不全に至ったALSの48歳男性剖検例. BRAIN and NERVE.. 2015.05; 67 (5): 639-650.

  38. 桑原宏哉,仁科一隆,横田隆徳.. 核酸医薬のドラッグデリバリーシステム(DDS). Medical Science Digest .. 2014.02; 40 (2): 19-22.

  39. Kuwahara Hiroya, Nishida Yoichiro, Yokota Takanori. Blood-brain barrier and Alzheimer's disease. Brain Nerve. 2013.02; 65 (2): 145-151. ( PubMed )

  40. 伊丹亮,三條伸夫,桑原宏哉,山本雅樹,新謙一,横田隆徳,水澤英洋. ほぼ全長にわたる脊髄病変と肺病変を伴った急速進行性HTLV-1-associated myelopathy(HAM)の1例 臨床神経学. 2011.02; 51 (2): 130-134. ( PubMed )

  41. 桑原宏哉,野口悦正,稲葉彰,水澤英洋. ビタミンB6欠乏により遅発性に持続性部分てんかんを呈したテオフィリン関連痙攣の81歳女性例 臨床神経学. 2008.02; 48 (2): 125-129. ( PubMed )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 桑原宏哉,横田隆徳. 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図(第3版). 医学書院, 2019.10 筋萎縮

  2. 桑原宏哉,横田隆徳. 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向. 技術情報協会, 2019.05 血液脳関門を標的とした核酸医薬による分子標的治療の開発

  3. 桑原宏哉,横田隆徳. アルツハイマー病発症メカニズムと新規診断法・創薬・治療開発. エヌ・ティー・エス, 2018.08 血液脳関門通過性DDSの開発

  4. 桑原宏哉、横田隆徳. 最新DDS技術の先端バイオ医薬品への応用開発~ナノDDS、リポソーム、表面修飾、プロドラッグなどの最新技術と製剤への具体的応用~. 技術情報協会, 2017.03 核酸医薬におけるナノDDS技術の応用

  5. 桑原宏哉,横田隆徳. 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図(第2版). 医学書院, 2014.11 筋萎縮

  6. 桑原宏哉. 今日の神経疾患治療指針(第2版). 医学書院, 2013.03 ビタミンB6欠乏

  7. 桑原宏哉,仁科一隆,横田隆徳. 実験医学別冊「目的別で選べる 遺伝子導入プロトコール」. 羊土社, 2012.07 RNAiによる治療への試み

  8. 桑原宏哉,仁科一隆,横田隆徳. 実験医学別冊「目的別で選べる 遺伝子導入プロトコール」. 羊土社, 2012.07 コレステロールを用いた生体内でのsiRNAデリバリー法

  9. 桑原宏哉,横田隆徳. 緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図(第1版). 医学書院, 2011.11 筋萎縮

  10. 桑原宏哉,水澤英洋. 神経疾患・診療ガイドライン -最新の診療指針-. 総合医学社, 2009.05 脊髄小脳変性症

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hiroya Kuwahara, Jindong Song, Takahiro Shimoura, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota.. Modulation of blood-brain barrier function by heteroduplex oligonucleotide in vivo.. The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2017.07.22 Chiba

  2. Hiroya Kuwahara, Yasutaka Anraku, Kazunori Kataoka, Takanori Yokota. Investigation of delivery mechanism of BBB-crossing nanomachine. 3rd COINS International Symposium 2016.12.15 Kawasaki

  3. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jindong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota. Novel oligonucleotide to regulate the blood-brain barrier. 3rd International Conference on Biomaterials Science 2016.11.28 Tokyo

  4. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jindong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Tadahaya Mizuno, Tatsuki Mochizuki, Masaki Ohyagi, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Hiroyuki Kusuhara, Takanori Yokota. New platform technology to regulate the blood-brain barrier function in vivo. 19th International Symposium on Signal Transduction at the Blood-Brain Barriers 2016.09.15 Copenhagen

  5. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jindong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. A novel platform technology to regulate the blood-brain barrier in vivo. 57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology 2016.05.19 Kobe

  6. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jindong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. Hetero-duplex oligonucleotide to regulate the blood-brain barrier function in vivo. Oligonucleotide Therapeutics & Delivery 2016.04.04 Boston

  7. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jingdong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. A new therapeutic oligonucleotide to regulate the blood-brain barrier in vivo. Barcelona BioMed Conferences on the Blood-Brain Barrier 2015.11.02 Barcelona

  8. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jingdong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. A new therapeutic oligonucleotide to regulate the blood-brain barrier. 11th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society 2015.10.14 Leiden

  9. Hiroya Kuwahara, Takahiro Shimoura, Jingdong Song, Kie Yoshida-Tanaka, Kazutaka Nishina, Tetsuya Nagata, Takanori Yokota. A new platform technology to regulate the blood-brain barrier for molecular targeted therapy of multiple sclerosis. The Inaugural Asia-Pacific School of Neuroimmunology 2015.08.30 Tokyo

  10. Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Wenying Piao, Takanori Yokota. Development of nanomachine that delivers therapeutic oligonucleotide across the blood-brain barrier into brain. 1st COINS International Symposium 2015.02.27 Tokyo

  11. Hiroya Kuwahara, Takanori Yokota. Development of BBB-targeting nucleic acid medicine. The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2014.09.13 Yokohama

  12. Hiroya Kuwahara, Kazutaka Nishina, Kie Yoshida-Tanaka, Tomoko Nishina, Wenying Piao, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota. Efficient in vivo delivery of siRNA into brain capillary endothelial cells along with endogenous lipoprotein. 10th International Conference on Cerebral Vascular Biology 2013.06.19 Montreal

  13. Hiroya Kuwahara, Hiroshi Fujita, Ken Matsumura, Mutsufusa Watanabe, Junji Tomiyama, Hiroto Fujigasaki. Cerebrovascular disorders in myeloproliferative neoplasms with the JAK2 V617F mutation. The 2nd International Congress on Neurology and Epidemiology 2012.11.08 Nice

  14. 桑原宏哉. 全国調査の結果から見る本学のARO機能. 臨床研究活性化シンポジウム「知っておきたい!本学の臨床研究支援制度:2021年度臨床研究論文執筆コースとARO支援体制」 2021.05.07

  15. 桑原宏哉. アカデミアによる分子生物学の研究成果を創薬開発につなげる試み. 第4回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム 2016.12.01 横浜

  16. 桑原宏哉. 血液脳関門を標的とした核酸医薬の開発. 創剤フォーラム第22回シンポジウム 2016.09.09 東京

  17. 桑原宏哉,藤ヶ崎浩人,谷澤徹,松村謙,渡邊睦房,横田隆徳,内原俊記. 嗜銀性顆粒と大脳皮質に目立つPSP様細胞病理を伴ったALSの剖検例. 第57回日本神経病理学会総会学術研究会 2016.06.02 弘前

  18. 桑原宏哉,内原俊記,藤ヶ崎浩人,谷澤徹,松村謙,渡邉睦房,水澤英洋. Flail arm syndromeを呈し、速やかに呼吸不全に至ったALSの48歳男性剖検例. 第22回NeuroCPC 2014.10.17 東京

  19. 桑原宏哉,内原俊記,藤ヶ崎浩人,谷澤徹,松村謙,渡邉睦房,水澤英洋. 急速に進行したALS症例における脊髄オリゴデンドログリアのリン酸化TDP-43陽性封入体の分布. 第55回日本神経病理学会総会学術研究会 2014.06.06 東京

  20. 桑原宏哉,仁科一隆,田中規恵,仁科智子,朴文英,水澤英洋,横田隆徳. 全身投与による中枢神経系へのドラッグデリバリーシステムの開発. 第55回日本神経学会学術大会 2014.05.24 福岡

  21. 桑原宏哉,藤田浩,松村謙,渡邊睦房,藤ヶ崎浩人. 多血症に合併する脳梗塞の臨床的特徴:JAK2遺伝子V617F変異の有無による検討. 第54回日本神経学会学術大会 2013.05.29 東京

  22. 桑原宏哉,松永伸一. 膵性糖尿病の経過中に発症した橋中心髄鞘崩壊症の60歳男性例. 第30回日本神経治療学会総会 2012.11.30 北九州

  23. 桑原宏哉,藤田浩,松村謙,渡邊睦房,富山順治,藤ヶ崎浩人. JAK2遺伝子V617F変異を有する骨髄増殖性腫瘍における神経系合併症. 第53回日本神経学会学術大会 2012.05.24 東京

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤送達用のキャリア、コンジュゲートおよびこれらを含んでなる組成物並びにこれらの投与方法

    特許番号: US10912838

  • 薬剤送達用のキャリア、コンジュゲートおよびこれらを含んでなる組成物並びにこれらの投与方法

    特許番号: EP 3072506

  • 薬剤送達用のキャリア、コンジュゲートおよびこれらを含んでなる組成物並びにこれらの投与方法

    特許番号: US 9,937,263

  • 薬剤送達用のキャリア、コンジュゲートおよびこれらを含んでなる組成物並びにこれらの投与方法

    特許番号: 201480063806.3

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第36回日本神経治療学会学術集会優秀演題賞,2018年11月

  • 2018 AAN Annual Meeting Abstract of Distinction Award,2018年04月

  • 第56回日本神経学会学術大会最優秀口演賞(基礎部門),日本神経学会,2015年05月

  • 第7回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウム優秀賞,東京医科歯科大学脳統合機能研究センター,2015年02月

  • 第20回アンチセンスシンポジウム学生講演賞(川原賞),アンチセンスDNA/RNA研究会,2010年12月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本発シーズを迅速に実用化する為の創薬イノベーションエコシステム構築に向けて,2021年06月

    米国研究製薬工業協会(PhRMA)主催 第10回トランスレーショナルリサーチ・コロキアム

  • 東京医科歯科大学とサスメド、ブロックチェーン技術を用いたモニタリング手法の開発で AMED 採択 ,2021年04月

    サスメド社共催

  • 「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ―,2018年06月

    Journal of Controlled Release

  • 「生体内で血液脳関門の機能を制御するバイオテクノロジーを開発」 認知症などの脳疾患への治療応用に期待 ―,2018年03月

    Scientific Reports

  • 東京医科歯科大学発バイオベンチャー「株式会社ブレイゾン・セラピューティクス」の設立について,2017年11月

    バイオベンチャー

  • グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発,2017年10月

    Nature Communications

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ALS患者の病状説明について,日本テレビ,news every.,2022年11月17日 - 2022年12月