基本情報

写真a

松島 隆英(マツシマ タカヒデ)

MATSUSHIMA Takahide


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  薬学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院 生命科学院  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  

  • 修士(生命科学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 メディカルフェロー
  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2015年04月
    -
    2016年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 特任助教
  • 2016年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 プロジェクト助教
  • 2018年04月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

  • 免疫学

  • 分子生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ハイスループット顕微鏡システムを用いたタンパク質の動態解析

  • 新規DAMPsタンパク質の​スクリーニングと機能解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規DAMPsタンパク質の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • グルココルチコイド受容体の炎症制御における分子ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • TALを用いたサイトカイン遺伝子の発現調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • ヒト組織バンクと創薬を結ぶ国際研究ステーション構築による炎症性疾患と再生医学研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 松島 隆英, 淺原 弘嗣. ゲノム編集のヒトへの応用の展望と問題点 リウマチ科. 2019.02; 61 (2): 191-196. ( 医中誌 )

  • Mitsumura T, Ito Y, Chiba T, Matsushima T, Kurimoto R, Tanaka Y, Kato T, Uchida K, Ito T, Yamamoto K, Eishi Y, Kitagawa M, Miyazaki Y, Inase N, Asahara H. Ablation of miR-146b in mice causes hematopoietic malignancy. Blood advances. 2018.12; 2 (23): 3483-3491. ( PubMed, DOI )

  • Kataoka K, Matsushima T, Ito Y, Sato T, Yokoyama S, Asahara H. Bhlha9 regulates apical ectodermal ridge formation during limb development. JBMM. 2018.01; 36 (1): 64-72.

  • Yachie Nozomu, Natsume Tohru, Takahashi Koichi, Katayama Toshiaki, Sakurada Takeshi, Kanda Genki N., Takagi Eiji, Hirose Takako, Katsura Tatsuo, Moriya Tetsuo, Kitano Hiroaki, Tsujii Junichi, Natsume Tohru, Shiraki Tomoyuki, Kariyazaki Hirokazu, Kamei Motohisa, Abe Noriko, Fukuda Takuya, Sawada Yukiko, Hashiguchi Yukio, Matsukuma Kenji, Murai Shinji, Sasaki Naoyuki, Ipposhi Tatsuro, Urabe Hideo, Kudo Taku, Umeno Makoto, Ono Seiki, Miyauchi Kohei, Nakamura Miki, Kizaki Takahiro, Suyama Takashi, Hatta Tomohisa, Natsume Tohru, Ohta Tazro, Takahashi Koichi, Ozawa Yosuke, Yachie Nozomu, Sakurada Takeshi, Matsukuma Kenji, Murai Shinji, Ihara Shoji, Tamaki Satoshi, Antezana Erick, Garcia-Castro Alexander, Perret Jean-Luc, Ishiguro Soh, Mori Hideto, Evans-Yamamoto Daniel, Masuyama Nanami, Tomita Masaru, Tsujii Junichi, Katayama Toshiaki, Kitano Hiroaki, Hatta Tomohisa, Matsumoto Masaki, Nakayama Hiroshi, Shirasawa Ayaka, Shimbo Kazutaka, Yamada Naoyuki, Nakayama Keiichi I., Natsume Tohru, Shimizu Takatsune, Saya Hideyuki, Yamashita Satoshi, Matsushima Takahide, Asahara Hiroshi, Eguchi Hidetoshi, Mikamori Manabu, Mori Masaki. Robotic crowd biology with Maholo LabDroids NATURE BIOTECHNOLOGY. 2017.04; 35 (4): 310-312. ( DOI )

  • Kayama Tomohiro, Mori Masaki, Ito Yoshiaki, Matsushima Takahide, Nakamichi Ryo, Suzuki Hidetsugu, Ichinose Shizuko, Saito Mitsuru, Marumo Keishi, Asahara Hiroshi. コラーゲン線維の成熟における腱/靱帯特異的Mohawk(Mkx)遺伝子の機械調節転写ネットワークの関与(Mechanoregulatory transcriptional network converges to tendon/ligament-specific Mohawk(Mkx) gene for collagen fiber maturation) 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (3): S788. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 寺尾梨沙、松島隆英、五島直樹、高橋恒一、落合幸治、板野景子、淺原弘嗣. Localizatom Project:タンパク質の網羅的細胞内ダイナミクス解析. 日本筋学会第5回学術集会 2019.08.02

  • 内田雄太郎、山本寛人、伊藤義晃、千葉朋希、松島隆英、栗本遼太、五島直樹. 新規RNA結合タンパク質によるHIF1αの転写後調節. 日本筋学会第5回学術集会 2019.08.02

  • 内田雄太郎、千葉朋希、松島隆英、伊藤義晃、栗本遼太、淺原弘嗣. HiBiTを用いた新規スクリーニングシステムによるPD-L1の転写後制御機構の解明. 第21回日本RNA学会 2019.07.17

  • Hiroshi Asahara, Sho Mokuda, Yoshiaki Ito, Masafumi Inui, Ryo Nakamichi, Tomoki Chiba, Ryota Kurimoto, Takahide Matsushima. miRNAs in arthritis pathogenesis and therapy. The 24th Annual Meeting of the RNA Society 2019.06.14

  • 松島隆英、淺原弘嗣. ゲノム編集技術と発光タグシステムを用いた内在性タンパク質解析. 第4回日本ゲノム編集学会 2019.06.05

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子遺伝学,2016年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度医学部サマープログラム,2018年08月16日 - 2018年08月17日

  • 平成30年度高大連携プログラム,2017年07月23日