基本情報

写真a

松島 隆英(マツシマ タカヒデ)

MATSUSHIMA Takahide


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  薬学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院 生命科学院  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  

  • 修士(生命科学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 メディカルフェロー
  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2015年04月
    -
    2016年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 特任助教
  • 2016年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 プロジェクト助教
  • 2018年04月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

  • 免疫学

  • 分子生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ハイスループット顕微鏡システムを用いたタンパク質の動態解析

  • 新規DAMPsタンパク質の​スクリーニングと機能解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規DAMPsタンパク質の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • グルココルチコイド受容体の炎症制御における分子ネットワークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • TALを用いたサイトカイン遺伝子の発現調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • ヒト組織バンクと創薬を結ぶ国際研究ステーション構築による炎症性疾患と再生医学研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshiaki Ito, Tokio Matsuzaki, Fumiaki Ayabe, Sho Mokuda, Ryota Kurimoto, Takahide Matsushima, Yusuke Tabata, Maiko Inotsume, Hiroki Tsutsumi, Lin Liu, Masahiro Shinohara, Yoko Tanaka, Ryo Nakamichi, Keiichiro Nishida, Martin K Lotz, Hiroshi Asahara. Both microRNA-455-5p and -3p repress hypoxia-inducible factor-2α expression and coordinately regulate cartilage homeostasis. Nat Commun. 2021.07; 12 (1): 4148. ( PubMed, DOI )

  • Takayuki Miyazaki, Ryota Kurimoto, Tomoki Chiba, Takahide Matsushima, Ryo Nakamichi, Hiroki Tsutsumi, Kaho Takada, Lisa Yagasaki, Tomomi Kato, Kana Shishido, Yukiho Kobayashi, Tsutomu Matsumoto, Keiji Moriyama, Hiroshi Asahara. Mkx regulates the orthodontic tooth movement via osteoclast induction. J Bone Miner Metab. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  • Yutaro Uchida, Takahide Matsushima, Ryota Kurimoto, Tomoki Chiba, Yuki Inutani, Hiroshi Asahara. Identification of chemical compounds regulating PD-L1 by introducing HiBiT-tagged cells. FEBS Lett. 2021.03; 595 (5): 563-576. ( PubMed, DOI )

  • Chiba T, Kurimoto R, Matsushima T, Ito Y, Nakamichi R, Lotz M, Asahara H. MicroRNA Expression Profiling, Target Identification, and Validation in Chondrocytes. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2021; 2245 151-166. ( PubMed, DOI )

  • Keiko Itano,KojiOchiai, Takahide Matsushima,Hiroshi Asahara and Koichi Takahashi. Automation of Foci-Cell-State Judgement with Regression Models Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers. 2021; 34 (3): 69-80. ( DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 千葉朋希、高田嘉宝、宮崎貴行、堤大樹、中道亮、栗本遼太、松島隆英、原田浩之、淺原弘嗣. 1細胞RNAシーケンスによるMkxノックアウトラット歯根膜組織の解析. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.07

  • 千葉朋希、高田嘉宝、宮崎貴行、堤大樹、中道亮、栗本遼太、松島隆英、原田浩之、淺原弘嗣. Mkxノックアウトラット歯根膜組織の1細胞RNAシーケンス解析. 第6回日本骨免疫学会 2021.07.01

  • Yutaro Uchida, Takahide Matsushima, Ryota Kurimoto, Tomoki Chiba, Yuki lnutani, Hiroshi Asahara.. HiBiT tagging system for high throughput chemical screening for chemotherapy. AACR 2021 2021.04.11

  • 松島隆英、淺原弘嗣、. Localizatome Project:タンパク質の網羅的細胞内ダイナミクス解析. 第43回日本分子生物学会 2020.12.02 web

  • 淺原弘嗣、松島隆英. タンパク質の網羅的細胞内ダイナミクス解析. 第93回日本生化学会大会 2020.09.15 web

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子遺伝学,2016年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度医学部サマープログラム,2018年08月16日 - 2018年08月17日

  • 平成30年度高大連携プログラム,2017年07月23日