基本情報

写真a

李 知英(リ ジヨン)

Jiyoung Lee


職名

准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  生命理工学研究科  バイオテクノロジー  博士課程  2002年03月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 エピジェネティクス 特任講師
  • 2014年01月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 統合エピゲノミクス 特任講師
  • 2014年04月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 エピジェネティクス 講師
  • 2016年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 エピジェネティクス 講師
  • 2017年04月
    -
    2018年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 エピジェネティクス 講師

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 1倍体ES細胞の半数性・多能性維持関与因子の同定および可逆的な倍数性制御の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 多能生幹細胞を用いた心肺連携オルガノイド作製技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Matsuzawa Ayumi, Lee Jiyoung, Nakagawa So, Itoh Johbu, Takahashi Ueda Mahoko, Mitsuhashi Satomi, Kochi Yuta, Kaneko-Ishino Tomoko, Ishino Fumitoshi. HERV-Derived Ervpb1 Is Conserved in Simiiformes, Exhibiting Expression in Hematopoietic Cell Lineages Including Macrophages INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES. 2021.05; 22 (9): ( DOI )

  • Lee J, Matsuzawa A, Shiura H, Sutani A, Ishino F. Preferable in vitro condition for maintaining faithful DNA methylation imprinting in mouse embryonic stem cells. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2018.03; 23 (3): 146-160. ( PubMed, DOI )

  • Kamimura S, Hatanaka Y, Hirasawa R, Matsumoto K, Oikawa M, Lee J, Matoba S, Mizutani E, Ogonuki N, Inoue K, Kohda T, Ishino F, Ogura A. Establishment of paternal genomic imprinting in mouse prospermatogonia analyzed by nuclear transfer. Biology of reproduction. 2014.11; 91 (5): 120. ( PubMed, DOI )

  • Takahashi S, Lee J, Kohda T, Matsuzawa A, Kawasumi M, Kanai-Azuma M, Kaneko-Ishino T, Ishino F. Induction of the G2/M transition stabilizes haploid embryonic stem cells. Development (Cambridge, England). 2014.10; 141 (20): 3842-7. ( PubMed, DOI )

  • Kawasaki Y, Lee J, Matsuzawa A, Kohda T, Kaneko-Ishino T, Ishino F. Active DNA demethylation is required for complete imprint erasure in primordial germ cells. Scientific reports. 2014.01; 4 3658. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 李 知英. 心臓再生医療研究の基盤技術としての多能性幹細胞由来心臓オルガノイド作製法. 第42回日本炎症・再生学会 2021.07.07

  • Jiyoung Lee. In vitro generation of heart organoids with functional capacity.. 第85回日本循環器学会 2021.03.26

  • 李 知英. 生体心臓発生を模倣するマウスES細胞由来心臓オルガノイド作製. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.12

  • 李 知英 「他」. マウスES細胞を用いた機能的な心臓オルガノイドの作製. 第43回日本分子生物学会年会 2020.12.02

  • 李 知英. 哺乳類発生におけるゲノム刷り込み. The Journal of Reproduction and Development 2018.09.01

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「心臓発生を再現する試験管内心臓オルガノイド作製法の開発」―自己組織化による心臓のバイオミメティックモデル―,2020年09月

    Nature Communications