基本情報

写真a

岩井 秀之(イワイ ヒデユキ)

IWAI Hideyuki


職名

特任講師

研究分野・キーワード

膠原病

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 特任講師
  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部 特任講師
  • 2018年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 特任講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 特任講師
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 膠原病・リウマチ内科 特任講師
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 膠原病・リウマチ内科 特任講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本免疫学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病、アレルギー内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患治療

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規細胞表面分子TREM1リガンド及び細胞周期阻害による新規関節炎治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2013年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hosoya T, Oba S, Komiya Y, Kawata D, Kamiya M, Iwai H, Miyamoto S, Kataoka M, Tobiume M, Kanno T, Ainai A, Sato H, Hirakawa A, Mitsui Y, Satoh T, Wakabayashi K, Yamada T, Otomo Y, Miyazaki Y, Hasegawa H, Suzuki T, Yasuda S. Apple-shaped obesity: A risky soil for cytokine-accelerated severity in COVID-19. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2023.05; 120 (22): e2300155120. ( PubMed, DOI )

  2. Noda S, Honda S, Hirota Y, Ito T, Hasegawa H, Kimura N, Matsuo Y, Iwai H, Kohsaka H, Yasuda S. Azathioprine Monotherapy for the Cases of Immunoglobulin G4-Related Disease With Contraindications to Glucocorticoids. Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases. 2021.12; 27 (8S): S327-S330. ( PubMed, DOI )

  3. Shunsuke Furuta, Daiki Nakagomi, Yoshihisa Kobayashi, Masaki Hiraguri, Takao Sugiyama, Koichi Amano, Takeshi Umibe, Hajime Kono, Kazuhiro Kurasawa, Yasuhiko Kita, Ryutaro Matsumura, Yuko Kaneko, Keita Ninagawa, Keiju Hiromura, Shin-Ichiro Kagami, Yosuke Inaba, Hideki Hanaoka, Kei Ikeda, Hiroshi Nakajima, . Effect of Reduced-Dose vs High-Dose Glucocorticoids Added to Rituximab on Remission Induction in ANCA-Associated Vasculitis: A Randomized Clinical Trial. JAMA. 2021.01; 325 (21): 2178-2187. ( PubMed, DOI )

  4. Mineto Ota, Hideyuki Iwai, Kaori Imai, Mari Kamiya, Yoko Yoshihashi-Nakazato, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Acute Tubulointerstitial Nephritis Associated with Infliximab in a Patient with Crohn's Disease. Intern. Med.. 2016; 55 (10): 1367-1370. ( PubMed, DOI )

  5. Tadashi Hosoya, Hideyuki Iwai, Yu Yamaguchi, Kimito Kawahata, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances antiarthritic effects without increasing immune suppression. Annals of the rheumatic diseases, Tokyo Medical and Dental University. 2014.08; ( PubMed, DOI )

  6. Itakura Takuji, Sasaki Hirokazu, Hosoya Tadashi, Yamaguchi Taiki, Mimori Erika, Saimon Yukino, Iwai Hideyuki, Umezawa Natsuka, Kawata Daisuke, Kimura Naoki, Kurata Morito, Shimizu Masaki, Yasuda Shinsuke. A novel gain-of-function missense variant in PLCG2 associated with autoinflammation and hypergammaglobulinaemia RHEUMATOLOGY. 2023.04; ( PubMed, DOI )

  7. Oba S., Hosoya T., Kawata D., Lee W., Kamiya M., Komiya Y., Iwai H., Nukui Y., Tohda S., Yasuda S.. SARS-COV-2 INFECTION CAUSED THROMBOSIS IN THE LUPUS MODEL WITH ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODY, WHEREAS COVID-19 ASSOCIATED THROMBOSIS WAS IRRELEVANT IN PATIENTS WITH POSITIVE ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODY ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2022.06; 81 331-332. ( DOI )

  8. Tsujikawa Takahiro, Ohno Kazuchika, Saburi Sumiyo, Mitsuda Junichi, Yoshimura Kanako, Kimura Alisa, Morimoto Hiroki, Ohmura Gaku, Arai Akihito, Ogi Hiroshi, Shibata Saya, Ariizumi Yosuke, Tasaki Akihisa, Takahashi Ryosuke, Tateishi Yumiko, Kawabe Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Morita Kei-ichi, Tsunoda Tatsuhiko, Akashi Takumi, Kurata Morito, Imoto Issei, Shimizu Yasushi, Watanabe Akihito, Asada Yukinori, Hayashi Ryuichi, Saito Yuki, Ozawa Hiroyuki, Tsukahara Kiyoaki, Oridate Nobuhiko, Horii Arata, Maruo Takashi, Hanai Nobuhiro, Inohara Hidenori, Iwai Hiroshi, Fujii Takashi, Nibu Ken-ichi, Iwae Shigemichi, Ueda Tsutomu, Yasumatsu Ryuji, Umeno Hirohito, Masuda Muneyuki, Itoh Kyoko, Hirano Shigeru, Asakage Takahiro. Tumor immune characterization identifies age-stratified biomarkers for nivolumab in patients with head and neck squamous cell carcinoma: A nationwide collaborative study in Japan CANCER RESEARCH. 2022.06; 82 (12):

  9. Tsujikawa Takahiro, Ohno Kazuchika, Saburi Sumiyo, Mitsuda Junichi, Yoshimura Kanako, Kimura Alisa, Morimoto Hiroki, Ohmura Gaku, Arai Akihito, Ogi Hiroshi, Shibata Saya, Ariizumi Yosuke, Tasaki Akihisa, Takahashi Ryosuke, Tateishi Yumiko, Kawabe Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Morita Kei-ichi, Tsunoda Tatsuhiko, Akashi Takumi, Kurata Morito, Imoto Issei, Shimizu Yasushi, Watanabe Akihito, Asada Yukinori, Hayashi Ryuichi, Saito Yuki, Ozawa Hiroyuki, Tsukahara Kiyoaki, Oridate Nobuhiko, Horii Arata, Maruo Takashi, Hanai Nobuhiro, Inohara Hidenori, Iwai Hiroshi, Fujii Takashi, Nibu Ken-ichi, Iwae Shigemichi, Ueda Tsutomu, Yasumatsu Ryuji, Umeno Hirohito, Masuda Muneyuki, Itoh Kyoko, Hirano Shigeru, Asakage Takahiro. Tumor immune characterization identifies age-stratified biomarkers for nivolumab in patients with head and neck squamous cell carcinoma: A nationwide collaborative study in Japan. CANCER RESEARCH. 2022.06; 82 (12):

  10. Kusafuka Kimihide, Sato Yoko, Nakatani Eiji, Baba Satoshi, Maeda Matsuyoshi, Yamanegi Koji, Ueda Kaori, Inagaki Hiroshi, Otsuki Yoshiro, Kuroda Naoto, Suzuki Kensuke, Iwai Hiroshi, Imamura Yoshiaki, Itakura Junya, Yamanaka Shoji, Takahashi Hideaki, Ito Ichiro, Akashi Takumi, Daa Tsutomu, Hamada Mei, Yasuda Masanori, Kawata Ryo, Yamamoto Hidetaka, Tachibana Yuri, Fukuoka Junya, Muramatsu Aya, Arai Kazumori, Suzuki Makoto. The implicated clinical factors for outcomes in 304 patients with salivary duct carcinoma: Multi-institutional retrospective analysis in Japan HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK. 2022.03; 44 (6): 1430-1441. ( PubMed, DOI )

  11. Tanaka Yoshiya, Yamaguchi Ayako, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Ohmura Koichiro, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Fujino Yoshihisa, Saito Kazuyoshi, Nakano Kazuhisa, Hirata Shintaro, Nakayamada Shingo. Selection of treatment regimens based on shared decision-making in patients with rheumatoid arthritis on remission in the FREE-J study RHEUMATOLOGY. 2022.02; 61 (11): 4273-4285. ( PubMed, DOI )

  12. 岩井 秀之. 【膠原病で期待される標的療法〜効果と今後への展望〜】関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬 炎症と免疫. 2021.06; 29 (4): 315-325. ( 医中誌 )

  13. 神谷麻理、副島誠、岩井秀之、宮坂信之、上阪等. 動脈硬化と反復する出血性病態を呈した免疫不全症 日本臨床免疫学会誌. 2015; 38 (5): 426-431.

  14. Mari Kamiya, Makoto Soejima, Hideyuki Iwai, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. [Atherosclerotic and hemorrhagic diseases in a patient with primary immune deficiency]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2015; 38 (5): 426-431. ( PubMed, DOI )

  15. 岩井 秀之. 【最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-】 関節リウマチの基礎研究 抗リウマチ薬としてのTREM-1(triggering receptor expressed on myeloid cells-1) 日本臨床. 2014.04; 72 (増刊3 最新関節リウマチ学): 136-143. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 岩井 秀之. はじめの一歩の病態・疾患学. 羊土社, 2017.12 9章 自己免疫・アレルギー疾患

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hosoya Tadashi, Oba Seiya, Komiya Yoji, Kawata Daisuke, Kamiya Mari, Iwai Hideyuki, Miyamoto Sho, Kanno Takayuki, Ainai Akira, Suzuki Tadaki, Hasegawa Hideki, Yasuda Shinsuke. Infection and Immunity II(The underlying mechanism of the deterioration in obese patients with COVID-19). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2022.11.01

  2. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  3. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  4. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  5. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  6. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  7. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  8. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療戦略 RA患者における持続的寛解後のdrug-free寛解の可能性 FREE-J studyの2年間の成績、リアルワールド前向き観察コホート研究(Treatment strategy of RA Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2020.08.01

  9. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya.. Treatment strategy of RA   Possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA - The two-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study. 64th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2020.08

  10. Tsuyoshi Yamada, Hideyuki Iwai, Sayuri Nitta, Masakazu Nagahori, Masayoshi Harigai. Creating Medical Innovators – a Whole-brain Approach to Hea. the 13th Asia Pacific Medical Education Conference 2016.01.15 Singapore

  11. Tadashi Hosoya, Hideyuki Iwai, Yu Yamaguchi, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Cell cycle regulation therapy combined with cytokine blockade enhances anti-arthritic effects without increase of immune suppression.. 58th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2014.04.24 Tokyo

  12. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 庭野 智子, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 山本 晃央, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19関連血栓症と抗リン脂質抗体の関連. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  13. 野田 聖二, 岩井 秀之, 鍔田 拓那, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 梅澤 夏佳, 保田 晋助. 新規5種類の抗ARS抗体を同時に認めた皮膚筋炎の一例. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  14. 野澤 智, 宮前 多佳子, 金子 佳代子, 磯島 咲子, 岩井 秀之, 岩田 恭宜, 宇都宮 雅子, 落合 萌子, 島田 裕美, 白井 剛志, 多田 麻里亜, 土田 優美, 中山田 真吾, 花岡 洋成, 三浦 瑶子, 森山 繭子, 渡邊 あかね, 奥 健志, 金子 祐子, 田中 良哉, 藤尾 圭志, 松下 雅和, 矢嶋 宣幸, 和田 隆志, 村島 温子, 中島 亜矢子. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】小児期発症患者の発症年齢における臨床的特徴の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  15. 川田 大介, 岩井 秀之, 大庭 聖也, 小宮 陽仁, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 SARS-CoV-2 S蛋白は由来株によるCOVID-19重症度を反映してマクロファージを直接活性化する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  16. 小宮 陽仁, 神谷 麻理, 川田 大介, 大庭 聖也, 岩井 秀之, 細矢 匡, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID19感染症の基礎研究 COVID-19の肺障害はFAS依存性の肺胞上皮細胞の細胞死により重症化する. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2023.03.01

  17. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 佐々木 広和, 小宮 陽仁, 神谷 真理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. 日本人集団におけるCOVID-19血栓症の臨床像と抗リン脂質抗体の関連. 日本血栓止血学会誌 2022.05.01

  18. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, Lee Wen Shi, 岩井 秀之, 保田 晋助. リウマチ性疾患におけるCOVID-19感染症 COVID-19における抗リン脂質抗体と臨床像の特徴. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  19. 金子 佳代子, 阿部 靖矢, 岩井 秀之, 岩田 恭宜, 宇都宮 雅子, 磯島 咲子, 落合 萌子, 島田 裕美, 白井 剛志, 土田 優美, 中山田 真吾, 花岡 洋成, 野澤 智, 渡邉 あかね, 三浦 瑶子, 宮川 英子, 森山 繭子, 奥 健志, 金子 祐子, 田中 良哉, 藤尾 圭志, 松下 雅和, 宮前 多佳子, 矢嶋 宣幸, 和田 隆志, 村島 温子, 中島 亜矢子. 膠原病妊娠登録調査小委員会企画:PLEASURE-Jを大きく育てていくために 学会主導の若年性診断早期疾患レジストリを用いた、患者・主治医主体のエビデンス構築の可能性. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  20. 庭野 智子, 梅澤 夏佳, 岩井 秀之, 保田 晋助. 新規6種類の抗ARS抗体陽性筋炎の一例. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  21. 野澤 智, 宮前 多佳子, 金子 佳代子, 阿部 靖矢, 磯島 咲子, 岩井 秀之, 岩田 恭宜, 宇都宮 雅子, 大西 香絵, 落合 萌子, 島田 裕美, 白井 剛志, 土田 優美, 中山田 真吾, 花岡 洋成, 三浦 瑶子, 森山 繭子, 渡邉 あかね, 奥 健志, 金子 祐子, 田中 良哉, 藤尾 圭志, 松下 雅和, 矢嶋 宣幸, 和田 隆志, 中島 亜矢子, 村島 温子. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】低疾患活動性(LLDAS)に与える影響因子の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  22. 山口 泰生, 岩井 秀之, 保田 晋助. 多発性筋炎・皮膚筋炎の自己抗体 新規抗ARS抗体陽性抗ARS抗体症候群の一例. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.03.01

  23. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19における血栓症の予測因子と特徴に関する後方視的コホート研究. 日本内科学会雑誌 2022.02.01

  24. 大庭 聖也, 細矢 匡, 川田 大介, 小宮 陽仁, 佐々木 広和, 神谷 麻理, 岩井 秀之, 保田 晋助. COVID-19における血栓症の予測因子と特徴に関する後方視的コホート研究. 日本内科学会雑誌 2022.02.01

  25. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Sumida Takayuki, Ohmura Koichiro, Mimori Tsuneyo, Harigai Masayoshi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. bDMARDs RA患者における持続的寛解後の薬剤無治療寛解の可能性 実臨床における前向き観察型コホート研究であるFREE-J研究の3年間の結果分析(bDMARDs The possibility of drug free remission after sustained remission in patients with RA: The three-year results of the FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  26. 野澤 智, 宮前 多佳子, 金子 佳代子, 阿部 靖矢, 磯島 咲子, 岩井 秀之, 岩田 恭宜, 宇都宮 雅子, 大西 香絵, 落合 萌子, 島田 裕美, 白井 剛志, 土田 優美, 中山田 真吾, 仁科 直, 根本 卓也, 平野 亨, 三浦 瑶子, 森山 繭子, 奥 健志, 竹内 勤, 田中 良哉, 藤尾 圭志, 松下 雅和, 矢嶋 宣幸, 和田 隆志, 村島 温子. 小児期発症リウマチ性疾患 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】小児発症例と成人発症例の臨床的特徴の比較. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  27. 金子 佳代子, 阿部 靖矢, 磯島 咲子, 岩井 秀之, 岩田 恭宜, 宇都宮 雅子, 大西 香絵, 落合 萌子, 島田 裕美, 白井 剛志, 土田 優美, 中山田 真吾, 仁科 直, 根本 卓也, 野澤 智, 平野 亨, 三浦 瑶子, 森山 繭子, 奥 健志, 竹内 勤, 田中 良哉, 藤尾 圭志, 松下 雅和, 宮前 多佳子, 矢嶋 宣幸, 和田 隆志, 村島 温子. 妊娠・移行期医療 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】妊娠例についての報告. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2021.03.01

  28. 小宮 陽仁, 杉原 毅彦, 平野 史生, 神谷 麻理, 松本 拓実, 佐々木 広和, 山本 晃央, 細矢 匡, 岩井 秀之, 保田 晋助, 森 雅亮, 當間 重人, 松井 利浩. 低疾患活動性を達成した関節リウマチ患者の身体機能低下関連因子の年齢による変化. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2020.10.01

  29. 野田 聖二, 岩井 秀之, 小池 竜司. 関節リウマチの実診療におけるサリルマブ使用例の後方視的検討. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020.08.01

  30. 金子佳代子, 阿部靖矢, 岩井秀之, 岩田恭宜, 大西香絵, 岸崇之, 島田裕美, 白井剛志, 土田優美, 中山田真吾, 仁科直, 根本卓也, 平野亨, 三浦瑶子, 森山繭子, 矢嶋宣 幸, 奥健志, 竹内勤, 田中良哉, 藤尾圭志, 松下雅和, 宮前多佳子, 和田隆志, 村島温子. SLE· 抗リン脂 質抗体症候群(臨床)  我が国の若年全身性エリテマトーデス患者における診断早期のQOL 変化に関する検 討【日本リウマチ学会妊娠登録調査小委員会 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰 を含む長期· 短期予後に関する前向きコホート研究(PLEASURE-J 研究)】中間報告. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020.08

  31. 野田 聖二, 岩井 秀之, 小池 竜司, 保田 晋助. 関節リウマチ実診療におけるサリルマブ適応例の後方視的検討. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.08

  32. 宮前多佳子, 金子佳代子, 阿部靖矢, 岩井秀之, 岩田恭宜, 大西香 絵, 岸崇之, 島田裕美, 白井剛志, 土田優美, 中山田真吾, 仁科直, 根本卓也, 平野亨, 三浦瑶子, 森山繭 子, 矢嶋宣幸, 奥健志, 竹内勤, 田中良哉, 藤尾圭志, 松下雅和, 和田隆志, 村島温子. 小児の膠原病およ び若年性特発性関節炎 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期· 短期予後 に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】小児発症例中間報告. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020.08

  33. 山口絢子, 平田信太郎, 宮本俊明, 谷村一秀, 岩井秀之, 金子祐 子, 竹内勤, 天野宏一, 岩本直樹, 川上純, 村上美帆, 西本憲弘, 渥美達也, 住田孝之, 三森経世, 山中寿, 藤尾圭志, 中野和久, 田中良哉.. MTX と生物学的製剤で寛解達成した関節リウマチ治療における減量· 休 薬の展望 FREE-J 試験より. 九州リウマチ 2020.03

  34. Yamaguchi Ayako, Hirata Shintaro, Miyamoto Toshiaki, Tanimura Kazuhide, Iwai Hideyuki, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Amano Koichi, Iwamoto Naoki, Kawakami Atsushi, Murakami Miho, Nishimoto Norihiro, Atsumi Tatsuya, Yokosawa Masahiro, Sumida Takayuki, Mimori Tsuneyo, Yamanaka Hisashi, Fujio Keishi, Nakano Kazuhisa, Tanaka Yoshiya. RAの治療成績 RA患者における寛解維持後の治療の段階的縮小 実社会における前向きコホート観察研究であるFREE-J研究(RA Outcome De-escalation of treatments after sustained remission in patients with RA: The FREE-J study, a real world prospective observational cohort study). 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04

  35. 金子 佳代子, 矢嶋 宣幸, 三浦 瑶子, 岩田 恭宜, 大西 香絵, 仁科 直, 根本 卓也, 平野 亨, 阿部 靖矢, 宮前 多佳子, 岩井 秀之, 奥 健志, 竹内 勤, 田村 直人, 森 雅亮, 和田 隆志, 村島 温子. SLE(臨床)-2 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究(PLEASURE-J study) 日本リウマチ学会ワーキンググループ 中間報告. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04

  36. 岩井秀之. 膠原病診療と続発性骨粗鬆症. Takeda 膠原病・リウマチ領域 Web講演会 2019.03.11

  37. 長堀正和,新田沙由梨,岩井秀之. Creating Medical Innovators - a Whole-Brain Approach to Healthcare. 第50回日本医学教育学会総会 2018.08.03 東京

  38. 長堀正和,岩井秀之,新田沙由梨. 医学科6年生を対象とした「臨床開発・レギュラトリーサイエンス」実習. 第50 回日本医学教育学会総会 2018.08.03 東京

  39. 岩井 秀之, 細矢 匡, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 第4回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2017.10.13 東京

  40. 岩井 秀之, 細矢 匡, 竹中 健智, 宮坂 信之, 上阪 等. リウマチ性疾患の基礎研究/サイトカイン・ケモカイン 関節リウマチ新規治療標的としてのSiglec. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 2017.04.22 福岡

  41. 岩井 秀之. 自己免疫疾患治療研究の最前線 -様々な分子を狙い撃ちにした治療薬が開発されている-. 免疫ふしぎ未来 2016.08.07 東京

  42. 岩井 秀之. RA治療選択における シムジアの可能性. 東京地区Cimzia学術講演会 2015.10.17 東京

  43. 岩井 秀之. 自己免疫疾患治療研究の最前線 -様々な分子を狙い撃ちにした治療薬が開発されている-. 免疫ふしぎ未来 2015.08.09 東京

  44. 岩井秀之. 膠原病診療と続発性骨粗鬆症. 骨粗鬆症治療セミナー 2014.07.01 東京

  45. 細矢 匡、岩井 秀之、山口 悠、宮坂 信之、上阪 等. 細胞周期制御療法の併用は非免疫抑制的に抗サイトカイン療法の関節炎治療効果を増強する. Midwinter seminar 2014 2014.02.26

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • MRCR Top Reviewer Award 2021,2022年03月

  • MRCR Top Reviewer Award 2020,2021年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医歯学総合概論,2017年