基本情報

写真a

武智 正樹(タケチ マサキ)

TAKECHI Masaki


職名

非常勤講師

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/cmn/tenu/program/no6_takechi.html

研究分野・キーワード

頭蓋顎顔面形成 形態形成 進化発生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学部  生物科学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  新領域創成科学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 助教
  • 2018年04月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 助教
  • 2019年01月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 助教
  • 2020年10月
    -
    2021年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面解剖学 講師
  • 2022年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面解剖学分野 非常勤講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    2011年03月
    理化学研究所 形態進化研究グループ 研究員
  • 2011年04月
    -
    2013年12月
    岩手医科大学 解剖学講座 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会

  • 日本先天異常学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本進化学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年11月
    -
    2014年03月
    日本動物学会 東北支部 広報幹事
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本先天異常学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 頭蓋顎顔面に生じる先天性疾患の遺伝要因の解明

  • 頭蓋顎顔面の形態形成機構とその進化の解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Nager症候群における顎顔面形態異常の発生学的成因の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 頭蓋顎顔面先天異常の表現型を機械学習により定量化する試み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • iPS細胞の分化パターンによる頭蓋縫合早期癒合症の分類と病態メカニズム解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 哺乳類下顎の形態進化の背景にある発生モジュールの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 哺乳類下顎の形態進化の背景にある発生モジュールの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • トラザメ胚を用いた脊椎動物の顎の進化の発生学的考察

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 哺乳類の脳容積拡大を可能にした頭蓋底の形態進化過程の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 一次顎関節と二次顎関節および関連する構造物の形成過程に関する比較形態学的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • コウモリ類におけるエコーロケーションの進化的起源の解明:一回起源か独立起源か

    文部科学省/日本学術振興会

  • 頭蓋冠幹細胞ニッチと骨修復時のメカノシグナルによる細胞動態制御

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Guo L, Iida A, Bhavani GS, Gowrishankar K, Wang Z, Xue J, Wang J, Miyake N, Matsumoto N, Hasegawa T, Iizuka Y, Matsuda M, Nakashima T, Takechi M, Iseki S, Yambe S, Nishimura G, Koseki H, Shukunami C, Girisha KM, Ikegawa S. Deficiency of TMEM53 causes a previously unknown sclerosing bone disorder by dysregulation of BMP-SMAD signaling. Nature Communications. 2021.04; 12 (1): 2046. ( PubMed, DOI )

  2. Takenoshita M, Takechi M (Co-first), Vu TH, Furutera T, Akagawa C, Namangkalakul W, Aoto K Kume T, Miyashin M, Iwamoto T, Iseki S. Cell lineage- and expression-based inference of the roles of forkhead box transcription factor Foxc2 in craniofacial development. Developmental Dynamics. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  3. Vu TH, Takechi M (Co-first), Shimizu M, Kitazawa T, Higashiyama H, Iwase A, Kurihara H, Iseki S. Dlx5-augmentation in neural crest cells reveals early development and differentiation potential of mouse apical head mesenchyme. Scientific Reports. 2021.01; 11 (1): 2092. ( PubMed, DOI )

  4. Yamada, T, Takechi M (Co-first), Yokoyama N, Hiraoka Y, Ishikubo H, Usami T, Furutera T, Taga Y, Hirate Y, Kanai-Azuma M, Yoda T, Ogawa-Goto K, Iseki S. Heterozygous mutation of the splicing factor Sf3b4 affects development of the axial skeleton and forebrain in mouse. Developmental Dynamics. 2020.01; ( PubMed, DOI )

  5. Mya, N., Furutera, T., Okuhara, S., Kume, T., Takechi, M., Iseki, S. Transcription factor Foxc1 is involved in anterior part of cranial base formation. Congenital Anomalies. 2018.09; 58 (5): 158-166. ( PubMed, DOI )

  6. Charoenlarp, P, Rajendrana, AK, Fujihara, R, Kojima T, Nakahama K, Sasaki, Y, Akiyoshi K, Takechi M, Iseki S. The improvement of calvarial bone healing by durable nanogel-crosslinked materials Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition. 2018.08; ( PubMed, DOI )

  7. Furutera, T., Takechi, M. (Co-first, Corresponding author), Kitazawa, T., Takei, J., Yamada, T., Vu Hoang, T., Rijli, F. M., Kurihara, H., Kuratani, S., Iseki, S.. Differing contributions of the first and second pharyngeal arches to tympanic membrane formation in the mouse and chick. Development. 2017.09; 144 (18): 3315-3324. ( PubMed, DOI )

  8. Takechi, M., Kitazawa, T., Hirasawa, T., Hirai, T., Iseki, S., Kurihara, H., Kuratani, S.. Developmental mechanisms of the tympanic membrane in mammals and non-mammalian amniotes. Congenital Anomalies. 2016.01; 56 (1): 12-17. ( PubMed, DOI )

  9. Nagashima, H., Sugahara, F., Takechi, M., Sato, N., Kuratani, S.. On the homology of the shoulder girdle in turtles. J. Exp. Zool. B Mol. Dev. Evol.. 2015.05; 324 (3): 244-254. ( PubMed, DOI )

  10. Kitazawa, T., Takechi, M. (Co-first), Hirasawa, T., Adachi, N., Narboux-Nême, N., Kume, H., Maeda, K., Hirai, T., Miyagawa-Tomita, S., Kurihara, Y., Hitomi, J., Levi, G., Kuratani, S., Kurihara, H.. Developmental genetic bases behind the independent origin of the tympanic membrane in mammals and diapsids. Nat Commun. 2015.04; 6 6853. ( PubMed, DOI )

  11. Said, SAM., Nijhuis, RLG., op den Akker, JW., Takechi, M., Slart, RHJA., Bos, JS., Hoorntje, CR., Houwelingen, KG., Bakker-de Boo, M., Braam, RL., Vet, MWJ.. Unilateral and multilateral congenital coronary-pulmonary fistulas in adults: clinical presentation, diagnostic modalities, and management with a brief review of the literature. Clinical Cardiology. 2014.09; 37 (9): 536-545. ( PubMed, DOI )

  12. Nagashima, H., Hirasawa,T., Sugahara, F., Takechi, M., Usuda, R., Sato, N., Kuratani, S. . Origin of the unique morphology of the shoulder girdle in turtles. Journal of Anatomy. 2013.12; 223 (6): 547-556. ( PubMed, DOI )

  13. Suzuki S., Bleckert, A., Williams, P., Takechi, M., Kawamura, S., Wong. R.. Cone photoreceptor types in zebrafish are generated by symmetric terminal divisions of dedicated precursors. Proceedings of the National Academy of Sciences. 2013.09; 110 (37): 15109-15114. ( PubMed, DOI )

  14. Takechi, M., Adachi N., Hirai, T., Kuratani, S., Kuraku, S.. The Dlx genes as clues to vertebrate genomics and craniofacial evolution. Seminars in Cell and Developmental Biology. 2013.02; 24 (2): 110-118. ( PubMed, DOI )

  15. Takechi, M., Yan, J., Hitomi, J. . Rare coronary anastomoses between the aorta, pulmonary trunk, left coronary artery, and subclavian artery. Clinical Anatomy. 2012.08; 25 (8): 969-972.

  16. Adachi, N., Takechi M., Hirai T., Kuratani, S.. Development of the head and trunk mesoderm in the dogfish Scyliorhinus torazame. II. Comparison of gene expression between the head mesoderm and somites with reference to the origin of the vertebrate head. Evolution and Development. 2012.05; 14 257-276.

  17. Takechi, M., Takeuchi, M., Ota, K. G., Nishimura, O., Mochii, M., Itomi, K., Adachi, N., Takahashi, M., Fujimoto, S., Tarui, H., Okabe, M., Kuratani, S., Aizawa, S.. Overview of transcriptome profiles identified in hagfish, shark and bichir: Current issues arising from some non-model vertebrate taxa. Journal of Experimental Zoology (Mol. Dev. Evol.). 2011.11; 316B 526-546.

  18. Allison, W. T., Barthel, L. K., Skebo, K. M., Takechi, M., Kawamura, S., Raymond, P. A. . Ontogeny of cone photoreceptor mosaics in zebrafish. Journal of Comparative Neurology. 2010.10; 518 (20): 4182-4195.

  19. Takechi, M., and Kuratani, S.. History of studies on mammalian middle ear evolution: A comparative morphological and developmental biology perspective Journal of Experimental Zoology (Mol. Dev. Evol.). 2010.09; 314B 417-433.

  20. Kuraku, S., Takio Y., Sugahara, F., Takechi, M., Kuratani, S.. Evolution of oropharyngeal patterning mechanisms involving Dlx and endothelins in vertebrates Developmental Biology. 2010.05; 341 315-323.

  21. Nagashima, H., Sugahara, F., Takechi, M., Ericsson, R., Kawashima-Ohya, Y., Narita, Y., Kuratani, S.. Evolution of the turtle body plan by the folding and creation of new muscle connections. Science. 2009.07; 325 (5937): 193-196.

  22. Takechi, M., Seno, S., Kawamura, S.. Identification of cis-acting elements repressing blue opsin expression in zebrafish UV cones and pineal cells. The Journal of Biological Chemistry. 2008.11; 283 (46): 31625-31632.

  23. Wei, X., Zou, J,. Takechi, M., Kawamura, S., Li, L. Nok plays an essential role in maintaining the integrity of the outer nuclear layer in the zebrafish retina. Experimental Eye Research. 2006.07; 83 (1): 31-34.

  24. Takechi, M. and Kawamura, S.. Temporal and spatial changes in the expression pattern of multiple red and green subtype opsin genes during zebrafish development. The Journal of Experimental Biology. 2005.04; 208 (7): 1337-1345.

  25. Kusakabe, R., Takechi, M., Tochinai, S., Kuratani, S. Lamprey contractile protein genes mark different populations of skeletal muscles during development. Journal of Experimental Zoology (Mol. Dev. Evol.). 2004.03; 302B 121-133.

  26. Takechi, M., Hamaoka, T., Kawamura, S.. Fluorescence visualization of ultraviolet-sensitive cone photoreceptor development in living zebrafish. FEBS Letters. 2003.10; 553 (1-2): 90-94.

  27. Hamaoka, T.✝, Takechi, M.✝ (equally contributed), Chinen, A., Nishiwaki, Y., Kawamura, S. . Visualization of rod photoreceptor development using GFP-transgenic zebrafish. Genesis. 2002.11; 34 (3): 215-220.

  28. 武智正樹、北沢太郎、栗原裕基、倉谷滋. 進化発生学から探る哺乳類の中耳の進化 生体の科学. 2015.06; 66 (3): 234-239.

  29. 武智正樹、倉谷滋. 中耳の形態から見た哺乳類の進化 生物の科学 遺伝. 2007.11; 61 (6): 8-9.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 武智 正樹. 生き物と音の事典. 朝倉書店, 2019.11 9-8 聴覚器官の発生と進化 (ISBN : 978-4-254-17167-9)

  2. 武智 正樹. 進化学事典. 共立出版株式会社, 2012 12. 2 哺乳類の起源と中耳の進化 (ISBN : 978-4320057777)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. (発表予定)武智正樹, 星野裕紀子, Mehran Moazen, 小薮大輔, 井関祥子. 頭蓋縫合早期癒合症モデルマウスにおける頭蓋成長の幾何学的形態解析. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.01 パシフィコ横浜

  2. Namangkalakul W, Nagai S, Nakahama K, Takechi M, Iseki S. Fibroblast Growth Factor 18 Activity on Calvarial Bone Regeneration. 2021 Internal Assosiation for Dental Research 2021.07.21 Web開催

  3. 武智正樹, Vu Hoang Tri, 清水美希, 北沢太郎, 東山大毅, 岩瀬晃康, 栗原裕基, 井関祥子. Forced expression of Dlx5 in mouse neural crest cells reveals differentiation potential of bone and cartilage in early apical cranial mesenchyme. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター発表・Web開催) 2021.03.28

  4. 井関祥子, 柳澤昇平, Arun Kumar Rajendran, 有坂慶紀, 塗隆志, 原田敦子, 小林真司, 上田晃一, 武智正樹, 由井伸彦. 臨床応用を目指した骨芽細胞分化のコントロール . 第29回日本形成外科学会基礎学術集会 2020.10.08

  5. Takechi M. Evolutionary developmental biology (Evo-Devo) of the middle ear in amniotes. 第6回生物音響学会年次研究発表会(シンポジウム講演) 2019.11.22

  6. Takeoshita, M, Takechi M, Aoto K, Kume T, Miyashin M, Iseki S. Cell lineage- and expression-based inference of molecular function of fork head box transcription factor Foxc2 in craniofacial development. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia Pacific Region 2019.11

  7. Hoang TV, Takechi M, Shimizu M, Kitazawa T, Higashiyama H, Iwase A, Kurihara H, Iseki S. Dlx5-augmentation in neural crest cells induces ectopic calvarial cartilages. 第59回日本先天異常学会学術集会 2019.07.28 愛知学院大学 名城公園キャンパス

  8. Takechi M, Furutera T, Kitazawa T, Kurihara H, Rijli FM, Kuratani S, Iseki S.. Similarities and differences of tympanic membrane development in mammals and diapsids. . International Congress of Vertebrate Morpology 12 2019.07.21 Prague, Czech Republic

  9. Hoang, TV, Takechi, M, Shimizu, M, Kitazawa, T, Higashiyama, H, Kurihara, H, Iseki, S. Dlx5-Augmentation in Neural Crest Cells Induced Calvarial Ectopic Cartilage. International Association for Dental Research, Southeast Asian division 2018.09.11 Da nang, Vietnam

  10. Yokoyama N, Takechi M, Iseki S. Expression and functional analysis of type X collagen during osteogenesis in amniotes. Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th 2018.06.08 Tower Hall Funabori

  11. Takechi M, Furutera T, Kitazawa T, Rijli F, Kurihara H, Kuratani S, Iseki S.. Differing contributions of the first and second pharyngeal arches to tympanic membrane formation in the mouse and chick. Gordon Research Conference, Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration 2018.02.11 Il Ciocco, Italy

  12. Takechi M. Evolution and Development of the mammalian middle ear. Helsinki university Institute of biotechnology seminar 2018.02.09 Helsinki, Finland

  13. Takechi, M, Kitazawa, T, Takei, J, Kurihara, Y, Iseki, S, Kurihara, H, Kuratani, S. Comparative developmental analysis of middle ear formation in mouse and chicken embryos. The 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists 2015.03.22 Kobe

  14. (発表予定)武智正樹, 星野裕紀子, Mehran Moazen, 小薮大輔, Erwin Paus, 井関祥子. 頭蓋縫合早期癒合症モデルマウスにおける頭蓋骨成長の幾何学的形態測定解析. 第127回日本解剖学会総会・全国学術集会 2022.03 大阪大学

  15. 武智正樹. 中耳はこんなに面白い!―哺乳類中耳の発生と進化―. 第34回日本耳科学学会総会・学術集会 2021.10.14 ヒルトン東京お台場

  16. 星野裕紀子, 武智正樹, Mehran Moazen, 小薮大輔, 井関祥子. 頭蓋縫合早期癒合症モデルマウスの成長に伴う頭蓋形態変化の定量的解析. 第61回日本先天異常学会学術集会 2021.08.07 Web開催

  17. 星野裕紀子, 武智正樹, Mehran Moazen, 小薮大輔, 井関祥子. 幾何学的形態解析法による頭蓋縫合早期癒合症モデルマウスの頭蓋の成長パターンの解析. 第17回Craniosynostosis研究会 2021.06.26 サンピーチOKAYAMA

  18. 武智正樹. ソニック・ヘッジホッグとその下流因子による頭蓋顎顔面の形態形成. 歯科基礎医学会第62回学術集会(シンポジウム講演・Web開催) 2020.09.11

  19. 武智正樹, 山田隆彦, 星野裕紀子, 竹内理華, 井関祥子. uCTを活用した疾患モデルマウスの頭部形態の解析例. 日本先天異常学会第60回学術集会(シンポジウム講演:Web開催) 2020.07.12

  20. 武智正樹. 分泌因子と転写調節因子が織りなす顎口腔領域の形態形成メカニズム. 第125回日本解剖学会総会・全国学術集会(シンポジウム講演:誌上開催) 2020.03

  21. 井関 祥子, Arun Kumar Rajendran, 有坂 慶紀,柳澤 昇平, 塗 隆志, 原田敦子, 上田晃一, 武智正樹, 由井伸彦. ポリロタキサンによる骨芽細胞分化の制御の応用. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.26

  22. 武智正樹. 鼓索神経と他の鰓弓形態要素の発生位置についての進化的考察. 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会(シンポジウム講演) 2019.03

  23. 竹内理華, 武智正樹, 古寺敏子, 青戸一司, 元山純, 岡部正隆, 井関祥子. 顎顔面口腔領域の発生におけるShhシグナルの役割. 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03

  24. 武智正樹. 我々の耳小骨はなぜ3つあるのか?-比較解剖学と比較発生学から読み解く中耳の形態進化-. 第10回有明臨床解剖学シンポジウム(招待講演) 2019.01.19 東京有明医療大学

  25. 山田隆彦, 横山紀典, 平岡優一, 石久保春美, 宇佐美貴子, 多賀祐喜, 柳久美子, 後藤希代子, 要匡, 武智正樹, 井関祥子. 疾患モデルマウス作出によるNager症候群の原因遺伝子SF3B4の機能解析. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28 パシフィコ横浜

  26. 武智正樹, 古寺敏子, 北沢太郎, 栗原裕基, Filippo M. Rijli, 倉谷滋, 井関祥子. 哺乳類と爬虫類-鳥類における鼓膜発生過程の相違について. 日本進化学会第20回大会 2018.08.23

  27. 山田隆彦, 横山紀典, 平岡優一, 石久保春美, 宇佐美貴子, 多賀祐喜, 柳久美子, 後藤希代子, 要匡, 武智正樹, 井関祥子. Nager症候群の発生学的成因の解明に向けて. 第58回日本先天異常学会学術集会 2018.07.28 ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター

  28. 武智正樹. 筋・骨格系の発生. 第58回日本先天異常学会学術集会(生殖発生発達セミナー講演) 2018.07.28 ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター

  29. 武智正樹. 鼓膜形成過程の再考-鼓膜形成メカニズムの理解に向けて. 第58回日本先天異常学会学術集会(奨励賞受賞講演) 2018.07.28 ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター

  30. 武智正樹. 鼓膜は本当に第1咽頭弓と第2咽頭弓の境界に形成されるのか?. 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会(シンポジウム講演) 2018.03.28 日本医科大学・日本獣医生命科学大学

  31. 横山紀典, 武智正樹, 井関祥子. マウス胚とニワトリ胚の骨芽細胞におけるX型コラーゲンの発現解析. 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017.12.06 神戸国際展示場

  32. Mya N, Takechi M, Okuhara S, Furutera T, Kume T, Iseki S. Understanding the role of Foxc1 transcription factor in the development of cranial base.. 第57回日本先天異常学会学術集会 2017.08.26 早稲田大学西早稲田キャンパス

  33. 武智正樹. 哺乳類中耳の形態進化における分子発生学的背景について. 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会(シンポジウム講演) 2017.03.30

  34. 武智正樹. 神経堤細胞から形成される顎と中耳の進化発生学. 第39回日本分子生物学会(シンポジウム講演) 2016.12.02 パシフィコ横浜

  35. 古寺敏子、武智正樹、北沢太郎、栗原裕基、倉谷滋、井関祥子. Comparative developmental analysis of the tympanic membrane in mammals and reptiles-birds. 第39回日本分子生物学会 2016.12.01 パシフィコ横浜

  36. 武智正樹. 中耳の形態進化を発生学的に理解する. 日本進化学会第18回大会(シンポジウム講演) 2016.08.26 東京工業大学

  37. 武智正樹, 顧潔, 横山紀典, 古寺敏子, 井関祥子. 鼓膜形成の比較発生学的解析. 第6回 Tokyo Vertebrate Morphology Meeting 2016.08.06 東京慈恵会医科大学

  38. 武智正樹, 顧潔, 横山紀典, 古寺敏子, 井関祥子. 鼓膜の発生メカニズムとその進化的考察. 第56回日本先天異常学会学術集会 2016.07.29 姫路商工会議所

  39. 武智正樹, 北沢太郎, 平井珠美, 横山紀典, 栗原由紀子, 栗原裕基, 倉谷滋, 井関祥子. 顎と中耳の発生における背腹軸・前後軸に沿ったパターニング機構の解析. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016.03.29 郡山ビッグパレット

  40. 武智正樹, 北沢太郎, 栗原由紀子, 井関祥子, 栗原裕基, 倉谷滋. 哺乳類と双弓類は異なる発生機構によって独立に鼓膜を獲得した. 日本進化学会第17回大会 2015.08.22 中央大学

  41. 武智正樹, 北沢太郎, 栗原由紀子, 井関祥子, 栗原裕基, 倉谷滋. 哺乳類と双弓類が独立に中耳を獲得した発生学的背景について. 第5回 Tokyo Vertebrate Morphology Meeting 2015.08.11 東京慈恵会医科大学

  42. 武智正樹, 北沢太郎, 井関祥子, 栗原由紀子, 栗原裕基, 倉谷滋. なぜ哺乳類のみが3つの耳小骨をもつのか?. 第55回日本先天異常学会学術集会 2015.07.26

  43. 武智正樹. 顎と中耳の形態形成機構-先天異常から進化まで. 東京医科歯科大学 第3回硬組織疾患ゲノムセンターセミナー 2014.09.30

  44. 武智正樹. 顎・中耳領域の先天異常と形態形成機構について. 第54回日本先天異常学会(招待講演) 2014.07.26

  45. 武智正樹. 脊椎動物における頭部形態の発生と進化. 第61回東北大学生態適応グローバルCOEセミナー 2011.09

  46. 武智正樹. 脊椎動物のかたちづくりの発生と進化~聴覚器官の形態進化を例に~. 第2回肉眼解剖学・形態形成学セミナー 2010.08

  47. 武智正樹. 脊椎動物における顎の進化. 第115回日本解剖学会総会・全国学術集会(シンポジウム講演) 2010.03

  48. 武智正樹. 脊椎動物のかたちを比較する ~哺乳類中耳の形態進化を例に~. 第3回 甲南大学生物学科シンポジウム(招待講演) 2010.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 住友財団 基礎科学研究助成,2021年10月

  • 日本二分脊椎・水頭症研究振興財団 研究助成,2021年02月

  • 東京医科歯科大学 歯学部優秀教員賞,2020年03月

  • 日本先天異常学会 奨励賞,2018年04月

  • 同志社大学 赤ちゃん学研究センター共同研究 ,2016年12月

  • 武田科学振興財団 医学系研究奨励,2016年08月

  • 日本先天異常学会 ポスター賞,2016年07月

  • 日本先天異常学会 ポスター賞,日本先天異常学会,2015年07月

  • 日本解剖学会 献体学術賞,2013年03月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「頭蓋冠の発生メカニズムの理解につながる新知見」― マウス頭蓋冠形成初期における頭頂部細胞の発生が明らかに ―,2021年01月

    Scientific Reports

  • 「鼓膜の発生過程が従来の理解と異なることを発見」 マウスとニワトリの鼓膜形成メカニズムを比較 ―,2017年09月

    Development

  • 哺乳類と爬虫類・鳥類は独自に鼓膜を獲得した,2015年08月

    日経サイエンス2015年8月号

  • A 100-year debate about the eardrum comes to an end,2015年06月

    Scientific American Volume 313, Issue 1

  • 哺乳類とは爬虫類・鳥類は独自機構で鼓膜を獲得,2015年05月

    科学新聞

  • 哺乳類と爬虫類・鳥類 鼓膜の形成に違い,2015年04月

    日経産業新聞

  • 哺乳類の鼓膜 下顎から進化,2015年04月

    日本経済新聞

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床解剖学実習(歯学科5年),2020年 - 現在

  • 人体解剖学実習(歯学科2年),2020年 - 現在

  • 頭頸部基礎(医・歯学部2年),2016年 - 現在

  • 中枢神経系・脳解剖実習(歯学科2年),2020年 - 現在

  • 歯の解剖(歯学科2年),2020年 - 現在

  • 人体の構造 I:解剖学総論・運動系(歯学科2年),2020年 - 現在

  • 人体の構造 II:脈管系・末梢神経系・器官系(歯学科2年),2021年 - 現在

  • 人体解剖学実習(医学部2年)

  • 医歯学総合コース特論講義(歯学系大学院生),2017年 - 現在

  • 骨のバイオロジー(歯学部3年),2016年 - 2018年

  • 硬組織生化学の分子的基盤(歯学部2年),2016年 - 2018年

  • 人体の発生(歯学部2年),2014年 - 現在

  • 研究実習(歯学部4年),2014年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 脊椎動物形態学,筑波大学 (生物学類)2019年-現在

  • 人体発生学,筑波大学 (生物学類) 2017年-現在

  • 人体発生学 大学院特別講義,東京有明医療大学(大学院保健医療学研究科) 2018年-現在

  • 研究実習,岩手医科大学 (医学部4年) 2012年-2013年

  • 器官解剖学,岩手医科大学 (医学部3年) 2013年

  • 臨床解剖学(人体解剖学実習・骨学実習),岩手医科大学 (医学部3年) 2011年-2013年

  • 医学総論 初年度ゼミ,岩手医科大学 (医学部1年) 2012年-2013年

  • 大学院セミナー,日本大学松戸歯学部

  • 大学院講義 社会実践学,広島大学

  • 小児歯科学 特別講義 ,九州大学

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • TMDU歯学部高大連携サマープログラム 高校生受け入れ,2019年08月27日

  • TMDU歯学部高大連携サマープログラム 高校生受け入れ,2018年08月21日

  • 高大連携プログラム 都立西高等学校受け入れ,2017年08月21日

  • 朝日新聞社 ののちゃんのDo科学,2016年12月

  • 第4回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム,2016年11月25日

  • 高大連携プログラム 県立千葉高等学校受け入れ,2016年08月

  • 高大連携プログラム 日比谷高等学校受け入れ,2015年08月

  • 高大連携プログラム 土浦第一高等学校受け入れ,2014年08月

▼全件表示