基本情報

写真a

戒田 篤志(カイダ アツシ)

KAIDA Atsushi


職名

助教

生年

1983年

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mdth/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2008年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2012年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線腫瘍学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線腫瘍学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔放射線診療領域 歯科放射線科 助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科放射線診断・治療学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年10月
    -
    2009年03月
    山梨県立中央病院 口腔外科 研修歯科医
  • 2013年04月
    -
    2013年08月
    日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    University of Kansas Medical Center Postdoctral fellow

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線影響学会

  • 日本歯科放射線学会

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 日本口腔腫瘍学会

  • 日本癌学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2023年
    一般社団法人日本口腔腫瘍学会 口腔癌診療ガイドライン改定委員会 策定委員
  • 2022年08月
    -
    2023年07月
    一般社団法人日本放射線影響学会 放射線リスク・防護検討委員会 委員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本歯科放射線学会指導医

  • 日本歯科放射線学会口腔放射線腫瘍認定医

  • 日本歯科放射線学会専門医

  • 日本歯科放射線学会認定医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 口腔がんにおける放射線誘導性細胞動態を標的とした新規放射線増感戦略の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 免疫系の修飾による放射線増感機構:腫瘍細胞動態からの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • CAM/ECMによる放射線誘導性G2アレスト動態に基づいた新規放射線増感法の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • I-125シードを用いた新規口腔癌小線源治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 細胞周期イメージングから紐解く放射線治療における腫瘍内微小環境の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • リアルタイム細胞周期動態解析による放射線感受性規定因子の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 細胞周期イメージングによる放射線治療効果に影響を与える腫瘍内微小環境因子の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • HSP40ファミリーと変異p53間の相互作用を標的とした新規癌治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kohki Tohyama, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Determination of Clonogenic Radiosensitivity of HeLa Cells in Early and Late G1 Phases Anticancer Res. 2022.11; 42 (11): 5407-5413. ( PubMed, DOI )

  2. Kazuki Takahashi, Katarzyna A Podyma-Inoue, Maki Saito, Shintaro Sakakitani, Akinari Sugauchi, Keita Iida, Sadahiro Iwabuchi, Daizo Koinuma, Kyoko Kurioka, Toru Konishi, Susumu Tanaka, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Shinichi Hashimoto, Mariko Okada, Toshihiro Uchihashi, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. TGF-β generates a population of cancer cells residing in G1 phase with high motility and metastatic potential via KRTAP2-3. Cell Rep. 2022.09; 40 (13): 111411. ( PubMed, DOI )

  3. Mohamed Alalem, Mrinalini Bhosale, Atul Ranjan, Satomi Yamamoto, Atsushi Kaida, Shigeto Nishikawa, Alejandro Parrales, Sana Farooki, Shrikant Anant, Subhash Padhye, Tomoo Iwakuma . Mutant p53 Depletion by Novel Inhibitors for HSP40/J-Domain Proteins Derived from the Natural Compound Plumbagin Cancers. 2022.08; 14 (17): 4187. ( DOI )

  4. Esther Feng Ying Ng, Atsushi Kaida, Hitomi Nojima, Masahiko Miura. Roles of IGFBP-3 in cell migration and growth in an endophytic tongue squamous cell carcinoma cell line. Sci Rep. 2022.07; 12 (1): 11503. ( PubMed, DOI )

  5. Shigehiro Abe, Atsushi Kaida, Kazunori Kanemaru, Keiichiro Nakazato, Naoko Yokomizo, Yutaka Kobayashi, Masahiko Miura, Toshio Miki, Chiaki Hidai, Hisataka Kitano, Tetsuya Yoda. Differences in the stemness characteristics and molecular markers of distinct human oral tissue neural crest-derived multilineage cells. Cell Prolif. 2022.06; e13286. ( PubMed, DOI )

  6. Atsushi Kaida, Tomoo Iwakuma. Regulation of p53 and Cancer Signaling by Heat Shock Protein 40/J-Domain Protein Family Members International Journal of Molecular Sciences. 2021.12; 22 (24): 13527. ( PubMed, DOI )

  7. Yoshimura Ryo-ichi, Toda Kazuma, Watanabe Hiroshi, Kaida Atsushi, Harada Hiroyuki, Asakage Takahiro, Miura Masahiko. Efficacy and Safety of Induction Chemotherapy and/or External Beam Radiotherapy Followed by Brachytherapy in Patients With Tongue Cancer ANTICANCER RESEARCH. 2021.12; 41 (12): 6259-6266. ( PubMed, DOI )

  8. Kaida Atsushi, Yamamoto Satomi, Parrales Alejandro, Young Eric D., Ranjan Atul, Alalem Mohamed A., Morita Kei-ichi, Oikawa Yu, Harada Hiroyuki, Ikeda Tohru, Thomas Sufi M., Diaz Francisco J., Iwakuma Tomoo. DNAJA1 promotes cancer metastasis through interaction with mutant p53 Oncogene. 2021.08; 40 (31): 5013-5025. ( PubMed, DOI )

  9. Kohei Okuyama, Keiji Suzuki, Tomofumi Naruse, Hiroki Tsuchihashi, Souichi Yanamoto, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Masahiro Umeda, Shunichi Yamashita. Prolonged cetuximab treatment promotes p27 Kip1-mediated G1 arrest and autophagy in head and neck squamous cell carcinoma. Sci Rep. 2021.03; 11 (1): 5259. ( PubMed, DOI )

  10. Hiroaki Shimono, Atsushi Kaida, Hisao Homma, Hitomi Nojima, Yusuke Onozato, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. Fluctuation in radioresponse of HeLa cells during the cell cycle evaluated based on micronucleus frequency. Sci Rep. 2020.11; 10 (1): 20873. ( PubMed, DOI )

  11. Nojima Hitomi, Homma Hisao, Onozato Yusuke, Kaida Atsushi, Harada Hiroyuki, Miura Masahiko. Differential properties of mitosis-associated events following CHK1 and WEE1 inhibitor treatments in human tongue carcinoma cells EXPERIMENTAL CELL RESEARCH. 2020.01; 386 (2): 111720. ( PubMed, DOI )

  12. Hisao Honma, Hitomi Nojima, Atsusi Kaida, Masahiko Miura. Induction of endomitosis-like event in HeLa cells following CHK1 inhibitor treatment Biochem Biophys Res Commun. 2019.12; 520 (2): 492-497. ( PubMed )

  13. Goto T, Homma H, Kaida A, Miura M. WEE1 inhibition enhances sensitivity to hypoxia/reoxygenation in HeLa cells. Journal of radiation research. 2019.09; 60 (5): 714-718. ( PubMed, DOI )

  14. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Ken-Ichi Nakahama, Masahiko Miura. Insulin-like growth factor I receptor regulates the radiation-induced G2/M checkpoint in HeLa cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2018.08; 503 (4): 2977-2983. ( PubMed, DOI )

  15. Okuyama Kohei, Yamashiro Masashi, Kaida Atsushi, Kawamata Aya, Mizutani Miho, Michi Yasuyuki, Uzawa Narikazu, Yano Tomoyuki, Tohyama Rei, Yamaguchi Satoshi. Does a Vascularized Fibula Free Bone Grafted Immediately After Hemimandibulectomy in a Child Grow or Relapse During Adolescence? JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY. 2018.07; 29 (5): E444-E449. ( PubMed, DOI )

  16. Sirimanas Jiaranuchart, Atsushi Kaida, Yusuke Onozato, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. DNA damage response following X-irradiation in oral cancer cell lines HSC3 and HSC4. Arch. Oral Biol.. 2018.03; 90 1-8. ( PubMed, DOI )

  17. Atsushi Kaida, Hiroshi Watanabe, Kazuma Toda, Keiko Yuasa-Nakagawa, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura. Effects of dose rate on early and late complications in low dose rate brachytherapy for mobile tongue carcinoma using Ir-192 sources. Oral Radiol. 2017.09; 33 (3): 187-192. ( DOI )

  18. Atsushi Oba, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Taketo Nishikawaji, Kaoru Mogushi, Hiromitsu Ito, Satoshi Matsumura, Arihiro Aihara, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Atsushi Kudo, Hiroshi Asahara, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. ARID2 modulates DNA damage response in human hepatocellular carcinoma cells. J. Hepatol.. 2017.05; 66 (5): 942-951. ( PubMed, DOI )

  19. Yusuke Onozato, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. Radiosensitivity of quiescent and proliferating cells grown as multicellular tumor spheroids. Cancer Sci.. 2017.04; 108 (4): 704-712. ( PubMed, DOI )

  20. Y Ozaki, H Watanabe, A Kaida, M Miura, K Nakagawa, K Toda, R Yoshimura, Y Sumi, T Kurabayashi. Estimation of whole-body radiation exposure from brachytherapy for oral cancer using a Monte Carlo simulation. J. Radiat. Res.. 2017.02; 24 1-6. ( PubMed, DOI )

  21. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Kinetic analysis of radiation-induced cell-cycle alterations in HeLa Cells expressing fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Radiat Environ Med. 2016.08; 5 (2): 16-21.

  22. Taito Asahina, Atsushi Kaida, Tatsuaki Goto, Ryo-Ichi Yoshimura, Keisuke Sasai, Masahiko Miura. Temporo-spatial cell-cycle kinetics in HeLa cells irradiated by Ir-192 high dose-rate remote afterloading system (HDR-RALS). Radiat Oncol. 2016.07; 11 99. ( PubMed, DOI )

  23. Kohei Okuyama, Atsushi Kaida, Yoshiki Hayashi, Yoshio Hayashi, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. KPU-300, a Novel Benzophenone-Diketopiperazine-Type Anti-Microtubule Agent with a 2-Pyridyl Structure, Is a Potent Radiosensitizer That Synchronizes the Cell Cycle in Early M Phase. PLoS ONE. 2015.12; 10 (12): e0145995. ( PubMed, DOI )

  24. Tatsuaki Goto, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing cell-cycle kinetics after hypoxia/reoxygenation in HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Exp. Cell Res.. 2015.12; 339 (2): 389-396. ( PubMed, DOI )

  25. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Unusual prolongation of radiation-induced G2 arrest in tumor xenografts derived from HeLa cells. Cancer Sci.. 2015.10; 106 (10): 1370-1376. ( PubMed, DOI )

  26. Eri Tsuchida, Atsushi Kaida, Endrawan Pratama, Masa-Aki Ikeda, Keiji Suzuki, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. Effect of X-Irradiation at Different Stages in the Cell Cycle on Individual Cell-Based Kinetics in an Asynchronous Cell Population. PLoS ONE. 2015.06; 10 (6): e0128090. ( PubMed, DOI )

  27. Chisato Yamada, Atsushi Kaida, Kohei Okuyama, Kiyoshi Harada, Masahiko Miura. Effects of Chk1 inhibitor or paclitaxel on cisplatin-induced cell-cycle kinetics and survival in parental and cisplatin-resistant HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination based cell cycle indicator (Fucci). Integr Cancer Sci Therap. 2015; 2 87-92.

  28. Kamrun Nahar, Tatsuaki Goto, Atsushi Kaida, Shifumi Deguchi, Masahiko Miura. Effects of Chk1 inhibition on the temporal duration of radiation-induced G2 arrest in HeLa cells. Journal of Radiation Research. 2014.06; 55 (5): 1021-1027. ( PubMed, DOI )

  29. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing the effect of tumor microenvironments on radiation-induced cell kinetics in multicellular spheroids consisting of HeLa cells. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2013.10; 439 (4): 453-458. ( PubMed, DOI )

  30. Asumi Honda-Uezono, Atsushi Kaida, Yasuyuki Michi, Kiyoshi Harada, Yoshiki Hayashi, Yoshio Hayashi, Masahiko Miura. Unusual expression of red fluorescence at M phase induced by anti-microtubule agents in HeLa cells expressing the fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Biochemical and Biophysical Research Communications. 2012.11; 428 (2): 224-229. ( PubMed, DOI )

  31. Ryo-Ichi Yoshimura, Hitoshi Shibuya, Keiji Hayashi, Keiko Nakagawa, Kazuma Toda, Hiroshi Watanabe, Atsushi Kaida, Masahiko Miur. Repeat brachytherapy for patients with residual or recurrent tumors of oral cavity. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys.. 2012.07; 83 (4): 1198-1204. ( PubMed, DOI )

  32. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Differential dependence on oxygen tension during the maturation process between monomeric Kusabira Orange 2 and monomeric Azami Green expressed in HeLa cells. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2012.05; 421 (4): 855-859. ( PubMed, DOI )

  33. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing the effect of hypoxia on fluorescence kinetics in living HeLa cells using the fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). Exp. Cell Res.. 2012.02; 318 (3): 288-297. ( PubMed, DOI )

  34. Motoshi Nakayama, Atsushi Kaida, Shifumi Deguchi, Kengo Sakaguchi, Masahiko Miura. Radiosensitivity of early and late M-phase HeLa cells isolated by a combination of fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci) and mitotic shake-off. Radiat. Res.. 2011.09; 176 (3): 407-411. ( PubMed )

  35. Atsushi Kaida, Naoki Sawai, Kengo Sakaguchi, Masahiko Miura. Fluorescence kinetics in HeLa cells after treatment with cell cycle arrest inducers visualized with Fucci (fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator). Cell Biol. Int.. 2011.04; 35 (4): 359-363. ( PubMed, DOI )

  36. 戒田 篤志, 岩熊 智雄. がんの進行とp53の活性におけるHeat Shock Protein 40/Jドメインタンパク質の影響 Thermal Medicine. 2022.07; 38 (2): 33-50. ( DOI )

  37. Takahashi Kazuki, Inoue Katarzyna A., Sakakitani Shintaro, Konisi Toru, Sugauchi Akinari, Saito Maki, Kaida Atsushi, Koinuma Daizo, Yoshimatsu Yasuhiro, Uchihashi Toshihiro, Kogo Mikihiko, Miura Masahiko, Miyazono Kohei, Watabe Tetsuro. Oral cancer cells under TGF-beta-induced cell cycle arrest exhibit motile phenotypes through induction of EMT CANCER SCIENCE. 2022.02; 113 910.

  38. 戒田 篤志, 三浦 雅彦 . 「細胞周期動態から考える口腔がん小線源治療の生物学的有効性」最近の歯学 口腔病学会雑誌. 2019.03; 86 (1): 6.

  39. 三浦雅彦, 戒田篤志. 放射線照射後の腫瘍細胞における再分布動態の可視化とその臨床的意義 放射線生物研究. 2018.12; 53 (4): 265-279.

  40. 三浦 雅彦, 戒田 篤志. 【顎口腔・歯科領域の画像診断と放射線治療】 口腔癌領域における放射線治療に役立つ知識 口腔癌に対する放射線治療総論 臨床画像. 2018.11; 34 (11): 1297-1302. ( 医中誌 )

  41. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 【「頭頸部腫瘍に対する放射線治療機器の進歩」】 口腔がんに対する小線源治療の進歩 日本歯科理工学会誌. 2018.05; 37 (2): 73-76. ( 医中誌 )

  42. 安井博宣、戒田篤志、兵藤文紀、三浦大典、久下裕司、松本孔貴. 新しいがんの放射線生物学を拓くイメージング技術 放射線生物研究. 2014.09; 49 (3): 263-283.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Cell Cycle Oscillators. Springer Nature, 2021.06 Visualization of Radiation-Induced Cell Cycle Kinetics with a Fluorescent Ubiquitination-Based Cell Cycle Indicator (Fucci)

  2. 三浦雅彦, 戒田篤志 他. 患者さんと家族のためのよくわかる口腔がん治療. インターアクション, 2019.08 Part5 Chapter2 放射線治療

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Atul Ranjan, Alejandro Parrales, Atsushi Kaida, Shrikant Anant, Tomoo Iwakuma. APOBEC4, a novel target of p53, regulates the p53 activity to form a positive feed-forward loop. MIDWEST TUMOR MICROENVIRONMENT MEETING 2022.05.23 Kansas City, KS, USA

  2. Shigeto Nishikawa, Atsushi Kaida, Atul Ranjan, Alejandro Parrales, Mohamed A. Alalem, David Johnson, Tomoo Iwakuma. Identifying a novel HSP40/J-domain protein inhibitor to deplete mutant p53 and inhibit cancer malignancy. MIDWEST TUMOR MICROENVIRONMENT MEETING 2022.05.23 Kansas City, KS, USA

  3. Mohamed Alalem, Atul Ranjan, Mrinalini Bhosale, Satomi Yamamoto, Atsushi Kaida, Shigeto Nishikawa, Alejandro Parrales, Sana Farooki, Shrikant Anant, Subhash Padhye, Tomoo Iwakuma. Mutant p53 depletion by novel inhibitors for HSP40/J-domain proteins derived from a natural compound plumbagin. MIDWEST TUMOR MICROENVIRONMENT MEETING 2022.05.23 Kansas City, KS, USA

  4. Esther Feng Ying Ng, Atsushi Kaida, Masahiko Miura . Possible contribution of insulin-like growth factor binding protein-3(IGFBP-3) to cell migration and growth in cell line derived from an ecdophytic tongue cancer. 27th Annual Meeting of International Association for the Sensitization of Cancer Treatment 2022.04.23 Oharai

  5. Tomoo Iwakuma, Shigeto Nishikawa, Atsushi Kaida, Atul Ranjan, Alejandro Parrales, Mohamed A Alalem, David Johnson. Novel HSP40 or J domain protein inhibitors that deplete misfolded mutant p53. AACR ANNUAL MEETING 2022 2022.04.08 New Orleans, LA, USA

  6. Ng Esther Feng Ying, Kaida Atsushi, Miura Masahiko. 舌がん細胞株SASにおいてインスリン様成長因子結合タンパク質-3(IGFBP-3)は細胞周期の進行と細胞の遊走に影響を及ぼす(Effects of insulin-like growth factor binding protein-3(IGFBP-3) on cell cycle progression and cell migration in a tongue cancer cell line, SAS). 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  7. Atsushi Kaida, Satomi Yamamoto, Atul Ranjan, Alejandro Parrales, Mohamed Alalem, Tomoo Iwakuma. DNAJA1 promotes cancer metastasis through the interaction with misfolded mutant p53. 2nd International Conference "Cancer Metastasis" 2021.12.15 Web

  8. Esther Feng Ying Ng, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Effects of insulin-like growth factor binding protein-3 (IGFBP-3) on cell cycle progression and cell migration in tongue squamous cell carcinoma.. 86th Annual Meeting of the Stomatological Society 2021.12.03 Tokyo

  9. 高橋 和樹, 井上 カタジナアンナ, 榊谷 振太郎, 小西 徹, 須河内 昭成, 齋藤 万樹, 戒田 篤志, 鯉沼 代造, 吉松 康裕, 内橋 俊大, 古郷 幹彦, 三浦 雅彦, 宮園 浩平, 渡部 徹郎. TGF-βにより細胞周期が静止した口腔扁平上皮がん細胞は上皮間葉移行の誘導を介して運動・転移能が亢進する. 日本癌学会総会記事 2021.09.01

  10. Katarzyna A. Inoue, Kazuki Takahashi, Sakakitani Shintaro, Daizo Koinuma, Akinari Sugauchi, Maki Saito, Atsushi Kaida, Yasuhiro Yoshimatsu, Toshihiro Uchihashi, Masahiko Miura, Kohei Miyazono, Tetsuro Watabe. Activation of epithelial-mesenchymal transition program in oral cancer cells under TGF-β-induced cell cycle arrest. TGF-β Superfamily Conference: Signaling in Development and Disease (FASEB) 2021.07.20

  11. Kazuki Takahashi, Katarzyna A. Inoue, Yasuhiro Yoshimatsu, Atsushi Kaida, Kei Takahashi, Shimpei Kubota, Akinari Sugauchi, Toshihiro Uchihashi, Susumu Tanaka, Mikihiko Kogo, Masahiko Miura, Kohei Miyazono and Tetsuro Watabe. Regulatory role of transforming growth factor-β signals in the migration and cell cycle of oral squamous carcinoma cells. Keystone Symposia; Cancer Metastasis: The role of metabolism, immunity and microenvironment 2019.03.17 Florence, Italy

  12. Kazuki Takahashi, Katarzyna A. Inoue, Yasuhiro Yoshimatsu, Atsushi Kaida, Kei Takahashi, Shimpei Kubota, Akinari Sugauchi, Toshihiro Uchihashi, Susumu Tanaka, Mikihiko Kogo, Masahiko Miura, Kohei Miyazono and Tetsuro Watabe. TGF-β-induced cell cycle arrest is associated with increased migration and metastasis of oral squamous carcinoma cells. AACR-JCA Joint Conference 2019.02.09 Maui, USA

  13. Atsushi Kaida, Yusuke Onozato, Masahiko Miura. Determining radiosensitivity of quiescent and proliferating tumor cells irradiated under different tumor microenvironments. 33th International Symposium of Radiation Biology Center, Kyoto University 2017.12.05 Kyoto city

  14. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Insulin-like growth factor I receptor (IGF-IR) regulates radiation-induced G2/M checkpoint by controlling Chk1 localization in HeLa cells. TMDU Intractable Disease(Cancer) Unit Workshops for Young Researchers 2017.11.06 Tokyo

  15. Atsushi KAIDA. Effects of tumor microenvironments on cell cycle kinetics following X-irradiation. TMDU Instractable Disease (Cancer) Unit Overseas training Seminar Young Researchers (Soo chow Uniiversity) 2017.02.22 Soo chow, China

  16. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. IGF-IR, but not EGFR, regulates DNA damage response (DDR) in HeLa cells following irradiation. ESMO Asia 2016 Congress 2016.12.17 Singapore

  17. Yusuke Onozato, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Masahiko Miura. Radiosenstivity of proliferating or quiescent human tongue carcinoma cells grown in multicellular spheroids. The 61th congress of the Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2016.11.25 Chiba city

  18. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Effect of IGF-IR-inhibition on the radiation –induced cell kinetics and DNA repair. 80th Anual Meeting of the Stomatological Society 2015.12.26 Tokyo

  19. Nisha Gowri Manila, Atsushi Kaida, Masahiko Miura. IGF-1 receptor influences radeation-indeced G2 arrest in HeLa cells expressing fluorescent ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci). ISAJ 6th Symposium on Recent Advances and Technology 2015.12.04 Tokyo

  20. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Visualizing the effects of tumor microenviroments on cell cycle kinetics in HeLa cells following X-irradiation. 15th International Congress of Radiation Research 2015.05.28 Kyoto

  21. Atsushi Kaida, Masahiko Miura. Radiation-induced Cell Cycle Kinetics in Vitro and in Vivo as Visualized by a Fluorescent Ubiquitination-based Cell Cycle Indicator (Fucci). The 16th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience 2010.12.01 Tokyo

  22. 戒田篤志、三浦雅彦. 舌癌細胞株由来スフェロイドにおける放射線照射後の再発起源細胞の同定. 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会 2022.11.10 広島市

  23. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. Diffusing Alpha-emitters Radiation Therapy(DaRT)による線源周囲でのDNA損傷応答. 日本放射線腫瘍学会第59回生物部会学術大会 2022.06.24 札幌市

  24. 遠山皓基、戒田篤志、三浦雅彦. 放射線照射後の細胞周期動態の違いがG1期内で照射された細胞の運命に及ぼす影響. 日本放射線腫瘍学会第59回生物部会学術大会 2022.06.24

  25. 戒田篤志、岩熊智雄、三浦雅彦. HSP40/DNAJA1による構造変異型p53の安定化を介した癌転移促進機構の解明. 第27回癌治療増感研究会, 2022.04.23 大洗町

  26. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 定位放射線治療におけるRedistributionの寄与. 第27回癌治療増感研究会 2022.04.23 大洗町

  27. 戒田 篤志、三浦 雅彦. 構造変異型p53とのinteractionを介したHSP40/DNAJA1の癌転移促進機構. 第40回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2022.02.14 Web開催

  28. 戒田 篤志、野島 瞳、渡邊 裕、 吉村 亮一、三浦 雅彦. 口腔癌手術に代わる治療modalityとしての小線源治療の存在価値と将来展望. 第40回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2022.02.14 Web開催

  29. 戒田 篤志、三浦 雅彦. 放射線照射後のG2アレスト動態が細胞運命に及ぼす影響. 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会 2021.11.12 Web開催

  30. 高橋和樹、井上カタジナアンナ、榊谷振太郎、 小西徹、須河内昭成、齋藤万樹、戒田篤志、鯉沼代造、吉松康裕、内橋俊大、古郷幹彦、三浦雅彦、宮園浩平、渡部徹郎. TGF-βにより細胞周期が静止した口腔扁平上皮がん細胞は上皮間葉移行の誘導を介して運動・転移能が亢進する. 第80回日本癌学術総会 2021.10.01

  31. 戒田 篤志、三浦 雅彦. HSP40ファミリーDNAJA1と変異p53間のinteractionを介した癌転移促進機構. 日本歯科放射線学会第232回関東地方会・第40回北日本地方会・第28回合同地方会 2021.08.21 Web開催

  32. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 放射線照射後に生じる腫瘍細胞の再分布から考える定位放射線治療の生物学的有効性. 日本放射線腫瘍学会第58回生物部会学術大会 2021.06.04 WEB開催

  33. 野島瞳、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 口腔がんの定位放射線治療における再分布の意義. 日本歯科放射線学会第61回学術大会 2021.05.23 WEB開催

  34. 野島 瞳, 戒田 篤志, 原田 浩之, 三浦 雅彦. 口腔がんの定位放射線治療における再分布の意義. 歯科放射線 2021.05.01

  35. 奥山紘平、鳴瀬智史、柳本惣市、土橋宏輝、戒田篤志、三浦雅彦、梅田正博. セツキシマブの長期処理がもたらす舌癌細胞遊走能の抑制はp27Kip1依存性G1アレストとオートファジーを誘導する. 第39回日本口腔腫瘍学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  36. 野島瞳、戒田篤志、三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞を用いた定位放射線治療の効果とG2アレストの関連性の検討. 第39回日本口腔腫瘍学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  37. 野島瞳, 本間久雄, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. ヒト舌癌細胞におけるCHK1とWEE1の阻害剤が及ぼす細胞周期動態への影響. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08

  38. 下野宏晃, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. Fucciシステムと微小核試験によるアプローチ. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08 奈良

  39. 野島瞳, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞にたいするCHK1、WEE1阻害剤処理後の細胞周期動態. 第38回日本口腔腫瘍学会学術大会 2020.01.23 東京

  40. 野島 瞳、小野里祐佑、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞におけるCHK1、WEE1阻害剤処理後の細胞周期動態. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京都

  41. 高橋和樹, 井上カタジナアンナ, 戒田篤志, 高橋恵生, 久保田晋平, 須河内昭成, 内橋俊大, 田中晋, 古郷幹彦, 三浦雅彦, 宮園浩平, 渡部徹郎. TGF-βにより細胞周期が停止した口腔扁平上皮がん細胞の運動能ならびに転移能は亢進する. 第78回日本癌学術総会 2019.09.28 京都市

  42. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. CHK1阻害剤はHeLa細胞にendomitosisを引き起こす. 第57回日本放射線腫瘍学会生物部会 2019.06.07 弘前市

  43. 野島瞳, 本間久雄, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 口腔がん細胞株におけるCHK1、WEE1阻害剤感受性と細胞周期動態への影響. 第57回日本放射線腫瘍学会生物部会 2019.06.07 弘前市

  44. 戒田 篤志, 吉松 康裕, 野島 瞳, 三浦 雅彦. 増殖ステータスに基づく標識技術を応用した口腔がんにおける放射線照射後の再発起源細胞の同定. 口腔病学会 2019.03.01

  45. 戒田篤志, 三浦雅彦. 腫瘍細胞動態を基礎とした放射線照射後の固形腫瘍における再発起源の同定. 第21回菅原・大西記念癌治療増感研究シンポジウム 2019.02.02 奈良市

  46. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. Chk1阻害剤によって引き起こされるHeLa細胞の細胞周期動態解析. 第21回菅原・大西記念癌治療増感研究シンポジウム 2019.02.02 奈良市

  47. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後の細胞周期動態を指標とした腫瘍再発起源同定の試み. 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 2018.10.13 京都市

  48. 本間久男、戒田篤志、三浦雅彦. Chk1阻害剤に異なる感受性を示す2つの腫瘍細胞株における細胞動態解析. 第56回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2018.07.13 東京

  49. 戒田篤志、下野宏晃、三浦雅彦. Fucci導入腫瘍細胞を応用した細胞周期依存的放射線感受性の検証. 第56回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2018.07.13 東京

  50. 戒田篤志, 三浦雅彦. 腫瘍細胞動態を基盤とした放射線照射後の固形腫瘍における再発起源の同定. 第20回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2018.02.03

  51. Sirimanas Jiaranuchart、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 体幹部定位放射線治療を想定した高線量照射によるHSC3とHSC4細胞のDNA損傷応答. 第36回日本口腔腫瘍学会学術大会 2018.01.25

  52. 戒田篤志、三浦雅彦. 口腔癌細胞株における放射線誘導性G2アレスト動態を指標とした機能既知化合物ライブラリーからの新規放射線増感剤の探索. 第36回日本口腔腫瘍学会学術大会 2018.01.25 新潟市

  53. 吉村 亮一,戸田 一真,中川 惠子,小島 未央,三浦 雅彦,戒田 篤志,渡邊 裕. 厚みのある口腔癌に対する導入化学療法併用小線源治療の安全性に関する前方視的研究. 2017.11.18 大阪

  54. 戒田篤志. 放射線感受性を修飾する因子. 日本放射線影響学会第60回大会サテライト企画放射線教育プログラム 2017.10.24 千葉市

  55. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線誘導性G2アレスト動態を指標とした機能既知化合物ライブラリーのスクリーニング. 若手放射線生物学研究会 平成29年度専門研究会 2017.09.02 東京

  56. 戒田篤志, 小野里祐佑, 三浦雅彦. 舌扁平上皮癌における腫瘍内微小環境に応じた放射線照射後の細胞動態と放射線感受性. 日本放射線腫瘍学会第55回生物部会学術大会 2017.06.16 名古屋市

  57. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. Chk1阻害剤に超感受性を呈する舌癌細胞株SAS細胞における基礎的検討. 日本放射線腫瘍学会第55回生物部会学術大会 2017.06.16 名古屋市

  58. 坂本 潤一郎,チャン・チ・スアン・ラン,富里 博,羽田 紘人,戒田 篤志,倉林 亨. 4D dynamic contrast-enhanced MRIの鄂顔面領域への適応:TWISTシーケンス撮像パラメータの画質への影響. 日本歯科放射線学会 第58回学術大会・第14回定例総会 2017.06.03 鹿児島市

  59. 戒田篤志. 術後放射線治療におけるIMRTの有用性と今後の展望. 日本歯科放射線学会第58回学術大会 2017.06.03 鹿児島市

  60. 三浦雅彦, 戒田篤志, 小野里祐祐. Fucciによる腫瘍微小環境下での静止期、増殖期細胞の可視化、分離とその放射線感受性. 第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017.02.04 奈良市

  61. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. 再酸素化後に生じるDSB修復動態とWee1阻害剤の影響. 第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017.02.04 奈良市

  62. 本間久雄, 戒田篤志, 三浦雅彦. 舌癌細胞株SAS細胞に認められるChk1阻害剤超感受性の解析. 第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017.02.04 奈良市

  63. 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 舌癌細胞の腫瘍微小環境下における放射線感受性. 第35回日本口腔腫瘍学会学術大会 2017.01.27 福岡市

  64. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角 保徳, 倉林 亨.. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 2016.11.25

  65. 戒田篤志. Fucciを用いた放射線照射後の腫瘍細胞動態解析. 平成28年度東京医科歯科大学難病ユニット若手研究者ワークショップ 2016.10.15 東京

  66. 戒田篤志, 三浦雅彦. 細胞接着環境により影響される放射線照射後の細胞動態とその運命. 第45回放射線による制癌シンポジウム・第54回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2016.07.06 大阪市

  67. 後藤達明, 戒田篤志, 三浦雅彦. 低酸素/再酸素可処理時に生じるDSBの修復に対するWee1阻害薬の効果. 第45回放射線による制癌シンポジウム・第54回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2016.07.06 大阪市

  68. 戒田篤志, 三浦雅彦. Effects of tumor microenvironments on cell cycle kinetics in HeLa cells following X-irradiation. 第41回内藤コンファレンス 2016.07.05 札幌市

  69. 渡邊裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角保徳, 倉林亨. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. NPO法人日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.19 大阪市

  70. 戒田篤志, 渡邊裕, 中川恵子, 戸田一真, 吉村亮一, 三浦雅彦. Ir-192 による低線量率舌癌小線源治療における線量率が早期・晩期障害に及ぼす影響. 日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.18 大阪市

  71. 坂口朋美, 松本良恵, 原口美穂子, 渡邊裕, 難波佳子, 足達淑子, 戒田篤志, 三浦雅彦, 吉村亮一, 谷口尚. 舌癌小線源治療患者に対して歯科衛生士による積極的な周術期口腔機能管理が施された1例. 第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2016.01.22 横浜市

  72. 奥山紘平, 戒田篤志, 原田清, 三浦雅彦. Vascular disrupting agent (VDA) として機能する新規微小管重合阻害薬(KPU-300)を用いた放射線増感機構の解析と治療戦略の提案. 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2016.01.21

  73. 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. Fucciを導入した口腔扁平上皮癌細胞における放射線照射後の細胞周期動態解析. 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2016.01.21 横浜市

  74. Yoshimura R, Miura M, Watanabe H, Hayashi K, Nakagawa K, Toda K, Kaida A, Kuwabara H, Shibuya H. Brachytherapy using Au-198 grains for oral or oropharyngeal carcinomas in patients with past histories of cancer treatments in those regions. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会 2015.11.21 前橋市

  75. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後の細胞周期動態における細胞接着環境の影響. 日本放射線影響学会放射線ワークショップ 2015.10.17 富山

  76. 吉村亮一, 三浦雅彦, 中川惠子, 渡邊裕, 戒田篤志, 後藤達明, 桑原宏文, 長野拓也, 林啓二, 戸田一真. 口腔癌に対するTS-1を用いた導入化学療法併用低線量率小線源治療の安全性について. 2015.06.26 さいたま市

  77. 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後のG2アレスト遷延現象に起因する新たな放射線抵抗性メカニズムの検討. 第17回癌治療増感シンポジウム 2015.02.07 奈良

  78. 戒田 篤志, 土田 絵梨, 小湊 広美, 三浦 雅彦. 異なる細胞周期相で照射された細胞のG2アレスト動態とその放射線感受性への影響. 日本放射線影響学会 第57回大会 2014.10.01 鹿児島

  79. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Cs-137針を線源とした低線量率連続照射による時空間的細胞周期動態の可視化. 第52回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2014.07.12 京都

  80. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 細胞周期動態解析から考える腫瘍内微小環境が腫瘍細胞に及ぼす影響. 第16回癌治療増感研究シンポジウム 2014.02.07 奈良

  81. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 細胞周期イメージングが拓く固形腫瘍内で起きていることの可視化. 日本放射線影響学会 第56回大会 2013.10.18 青森

  82. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 放射線照射によって区別される固形腫瘍内増殖動態のFucciによる可視化. 第51回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2013.07.06 仙台

  83. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Cs-137線源からの低線量率連続照射が腫瘍細胞動態に及ぼす影響. 日本歯科放射線学会第54回学術大会 2013.05.31 福岡

  84. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Fucciを用いたCs-137線源低線量率連続照射による腫瘍細胞周期動態の解析. 第14回癌治療増感研究シンポジウム 2013.02.09 奈良

  85. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 低酸素環境がFucci発現HeLa細胞の蛍光動態に及ぼす影響の解析. 第10回がんとハイポキシア研究会 2012.12.06 横浜

  86. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Cs-137線源低線量率連続照射による腫瘍細胞動態の時空間的解析. 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会 2012.11.23 東京

  87. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 細胞周期動態から考える腫瘍内微小環境が放射線感受性に及ぼす影響. 日本放射線影響学会 第55回大会 2012.09.06 仙台

  88. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 放射線照射後の固形腫瘍におけるG2アレスト遷延メカニズムの解析. 第50回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2012.06.29 宜野湾

  89. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Fucciを応用した放射線照射後の固形癌における腫瘍内細胞周期動態の可視化. 日本歯科放射線学会第53回学術大会 2012.06.02 盛岡

  90. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 放射線照射した固形癌における細胞周期動態に及ぼす腫瘍内微小環境の影響—in vitroでの再現の試み. 第14回癌治療増感研究シンポジウム 2012.02.10 奈良

  91. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Fucciを利用した固形癌における放射線照射後の腫瘍内細胞周期動態の解析. 第9回がんとハイポキシア研究会 2011.11.26 東京

  92. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Fucciを応用した固形癌における放射線照射後の細胞周期動態の可視化. 日本放射線腫瘍学会第24回学術大会 2011.11.17 神戸

  93. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 低酸素処理がFluorescence ubiquitination-based cell cycle indicator (Fucci)発現細胞の蛍光動態に及ぼす影響. 第17 回国際癌治療増感研究会 2011.06.24 仙台

  94. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. 固形癌における放射線照射後の腫瘍内細胞周期動態に及ぼす腫瘍内微小環境の影響. 第13回癌治療増感研究シンポジウム 2011.02.11 奈良

  95. 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Fucci導入腫瘍細胞における種々の刺激による蛍光動態の基礎的検討. 第49回日本医学放射線学会生物部会学術大会 2010.07.09 札幌

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞,一般社団法人日本口腔腫瘍学会,2022年03月

  • 日本放射線影響学会奨励賞(戒田篤志),日本放射線影響学会,2019年11月

  • 平成30年度学術奨励賞(戒田篤志),日本歯科放射線学会,2018年05月

  • 研究奨励賞(戒田篤志),第19回国際癌治療増感研究協会,2018年02月

  • 優秀若手研究奨励賞(戒田篤志),東京医科歯科大学 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム,2017年03月

  • 平成28年度優秀論文賞(戒田篤志),NPO法人日本歯科放射線学会,2016年06月

  • Excellent Poster Award (Atsushi Kaida, Masahiko Miura),15th International Congress of Radiation Research,2015年05月

  • 最優秀発表賞(ポスター発表部門)(戒田篤志, 土田絵梨, 小湊広美, 三浦雅彦),日本放射線影響学会第57回大会,2014年10月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「内向型舌がんの転移や増殖を促進している因子を発見」 ― 内向型舌がんに対する新規治療法開発に向けた糸口に ―,2022年07月

    Scientific Reports

  • ヒト顎口腔組織由来多能性細胞の採取部位別幹細胞特性の違いと組織特異的分子マーカーを同定 〜顎口腔組織多能性細胞の再生医療への応用課題と有用性〜,2022年06月

  • 日本放射線影響学会若手放射線生物学研究会2015年度専門研究会,2015年08月

    (研究会開催)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 包括臨床実習

  • D4研究実習

  • 臨床歯科放射線治療(放射線生物学)