基本情報

写真a

若林 健二(ワカバヤシ ケンジ)

WAKABAYASHI Kenji


職名

教授

研究室電話番号

03-5803-5959

研究室FAX番号

03-5803-0168

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://tmdu-icu.jp

研究分野・キーワード

集中治療医学、急性肺傷害、体外循環、急性肝不全、細胞外小胞、小児科学

プロフィール

集中治療領域のトランスレーショナルリサーチ、特に肺傷害と体外循環、急性肝不全領域における細胞外小胞の研究に興味を有しています。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2002年04月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • インペリアル・カレッジ・ロンドン (Imperial College London)  医学科 (Faculty of Medicine)  外科・腫瘍学部門、麻酔集中治療科専攻 (Department of Surgery and Cancer, Academic Anaesthetics)  博士課程  2012年08月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 (Doctor of Philosophy)  インペリアル・カレッジ・ロンドン (Imperial College London)

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 臨床研修医
  • 2013年09月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 学内共同教育研究施設 国際交流センター グローバルキャリア支援室 特任助教
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 助教
  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 講師
  • 2021年10月
    -
    2022年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 教授
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学分野 教授
  • 2022年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    2004年
    武蔵野赤十字病院 小児科 臨床研修医
  • 2004年
    -
    2005年
    東京都立墨東病院 新生児科 医員
  • 2005年
    -
    2007年
    東京北社会保険病院 (現:東京北医療センター) 小児科 医員
  • 2007年
    -
    2012年
    インペリアル・カレッジ・ロンドン 医学部 Research Assistant
  • 2012年
    -
    2013年
    インペリアル・カレッジ・ロンドン 医学部 Research Associate
  • 2013年
    -
    現在
    インペリアル・カレッジ・ロンドン 医学部 Honorary Research Associate
  • 2014年
    -
    2015年
    国立成育医療研究センター 手術・集中治療部 集中治療科 フェロー
  • 2016年
    -
    現在
    都立小児総合医療センター 集中治療科 非常勤医師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会

  • 日本小児集中治療研究会

  • 日本集中治療医学会

  • 米国胸部学会

  • 日本呼吸療法医学会

  • 日本細胞外小胞学会

  • 国際細胞外小胞学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    現在
    新生児基礎・トランスレーショナルリサーチ研究会 幹事
  • 2017年
    -
    現在
    本庄国際奨学財団 アドバイザー
  • 2017年
    -
    現在
    カガクシャ・ネット アドバイザー

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 胎児医学、小児成育学

  • 集中治療医学

  • 生理学

  • 医療薬学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 集中治療専門医

  • 小児科専門医

  • 医師

  • pILSプロバイダー

  • 臨床研修指導医

  • FCCSプロバイダー

  • ACLSプロバイダー

  • PALS プロバイダー

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • パンデミック用人工呼吸器の臨床使用における安全性および有用性の検討,2020年 - 現在

  • 小児肝疾患におけるmicrovesiclesの動態と臨床的意義の解明,2020年 - 現在

  • 腸換気法を用いたCOVID-19関連重症呼吸器合併症に対する治療薬開発,2020年 - 現在

  • 新生児慢性肺疾患における好中球由来microvesiclesの臨床的意義,2019年 - 現在

  • 米国式臨床システムの導入効果についての検討,2018年 - 現在

  • ECMO症例におけるmicrovesiclesの臓器障害に対する役割,2017年 - 現在

  • 非薬物学的介入によるせん妄予防,2017年 - 現在

  • 新生児慢性肺疾患におけるmicrovesiclesの役割と免疫学的機序の解明,2016年 - 現在

  • 「尿を診る」急性肝不全の新規バイオマーカーの体外診断法の確立,2016年 - 2019年

  • 新生児慢性肺疾患における炎症の役割とその経時的変化,2014年 - 2017年

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 重症患者の急性肝傷害におけるmicrovesiclesの臨床的意義

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2023年

  • ICUにおける多職種回診を基盤とした米国式治療バンドル導入の効果に関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 新生児慢性肺疾患におけるmicrovesiclesの役割と免疫学的機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 新生児慢性肺疾患における炎症の役割とその経時的変化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 新生児慢性肺疾患における炎症の役割とその経時的変化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 新生児慢性肺疾患における好中球由来microvesiclesの臨床的意義

    文部科学省/日本学術振興会

  • 小児患者の全身麻酔時の脳波変化とmicrovesiclesの役割についての検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • COVID-19における細胞外小胞の臨床的意義と現場実装に向けた新規検出技術の基盤確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • COVID-19における細胞外小胞の臨床的意義と現場実装に向けた新規検出技術の基盤確立

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Goto Y, Nagamine Y, Hanafusa M, Kawahara T, Nawa N, Tateishi U, Ueki Y, Miyamae S, Wakabayashi K, Nosaka N, Miyazaki Y, Tohda S, Fujiwara T. Association of excess visceral fat and severe illness in hospitalized COVID-19 patients in Japan: a retrospective cohort study. International journal of obesity (2005). 2024.01; 48 (5): 674-682. ( PubMed, DOI )

  2. Nosaka N, Wakabayashi K. Were you a family member, or a COVID-19 patient? Acute medicine & surgery. 2024.01; 11 (1): e947. ( PubMed, DOI )

  3. Hosoya T, Oba S, Komiya Y, Kawata D, Kamiya M, Iwai H, Miyamoto S, Kataoka M, Tobiume M, Kanno T, Ainai A, Sato H, Hirakawa A, Mitsui Y, Satoh T, Wakabayashi K, Yamada T, Otomo Y, Miyazaki Y, Hasegawa H, Suzuki T, Yasuda S. Apple-shaped obesity: A risky soil for cytokine-accelerated severity in COVID-19. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2023.05; 120 (22): e2300155120. ( PubMed, DOI )

  4. Nosaka N, Anzai T, Uchimido R, Mishima Y, Takahashi K, Wakabayashi K. An anthropometric evidence against the use of age-based estimation of bodyweight in pediatric patients admitted to intensive care units. Scientific reports. 2023.03; 13 (1): 3574. ( PubMed, DOI )

  5. Maruyama F, Masuda T, Nosaka N, Wakabayashi K. Case of laryngeal venous malformations requiring repeated advanced airway management in the perioperative course. Clinical case reports. 2022.12; 10 (12): e6687. ( PubMed, DOI )

  6. Sakai T, Hoshino C, Okawa A, Wakabayashi K, Shigemitsu H. The Safety and Effect of Early Mobilization in the Intensive Care Unit According to Cancellation Criteria. Progress in rehabilitation medicine. 2020; 5 20200016. ( PubMed, DOI )

  7. Sakai Tomoko, Hoshino Chisato, Okawa Atsushi, Wakabayashi Kenji, Shigemitsu Hidenobu. The Safety and Effect of Early Mobilization in the Intensive Care Unit According to Cancellation Criteria(和訳中) Progress in Rehabilitation Medicine. 2020; 5 1-12. ( 医中誌 )

  8. Matsumoto, S; Iki, Y; Abe, M; O'Dea, KP; Shigemitsu, H; Takata, M; Wakabayashi, K. Neutrophil-Derived Microvesicles as a Novel Biomarker in Hyperoxic Bronchopulmonary Dysplasia in Mice AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2019; 199

  9. Tatham Kate Colette, O'Dea Kieran Patrick, Romano Rosalba, Donaldson Hannah Elizabeth, Kenji Wakabayashi, Patel Brijesh Vipin, Thakuria Louit, Simon Andre Rudiger, Sarathchandra Padmini, Marczin Nandor, Takata Masao. Intravascular donor monocytes play a central role in lung transplant ischaemia-reperfusion injury THORAX. 2018.04; 73 (4): 350-360. ( PubMed, DOI )

  10. Shiota Nobuhiro, Sato Sachiyo, Wakabayashi Kenji, Tanaka Marie, Tsukada Yoko, Asada Mizuho, Shigemitsu Hidenobu. 総合回診は日本の大学附属三次医療病院におけるICU滞在日数を短縮した(Multidisciplinary rounds shorten ICU length of stay in a Japanese university tertiary hospital) 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): ( 医中誌 )

  11. Tsukada Yoko, Tanaka Marie, Nishi Nao, Wakabayashi Kenji, Takahashi Hideo, Shigemitsu Hidenobu. 飲料制限は高度治療室における術後早期動作開始遅延と関連している(Fluid restriction is associated with delayed postoperative early mobilization in the high care unit) 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): ( 医中誌 )

  12. Shiota Nobuhiro, Sato Sachiyo, Wakabayashi Kenji, Tsukada Yoko, Tanaka Marie, Shigemitsu Hidenobu. MULTIDISCIPLINARY ROUNDS SHORTEN ICU LENGTH OF STAY IN A JAPANESE UNIVERSITY TERTIARY HOSPITAL CRITICAL CARE MEDICINE. 2018.01; 46 (1): 35. ( DOI )

  13. Mishima Y., Wakabayashi K., Shigemitsu H.. A Ten-Minute Lecture Impacted the Interpretation of Do-Not-Attempt-Resuscitation Order in Resident Physicians in Japan AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2018; 197

  14. Mitsui Y., Dea K. P. O., Uchida T., Takata M., Wakabayashi K.. Pro-Inflammatory Activity of Granulocyte-Derived Microvesicles Is Potentiated by Endotoxin Pre-Stimulation AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2018; 197

  15. Michael Wilson, Kenji Wakabayashi, Szabolcs Bertok, Charlotte Oakley, Brijesh Patel, Kieran O'Dea, Joanna Cordy, Peter Morley, Andrew Bayliffe and Masao Takata. Inhibition Of TNF Receptor p55 By A Domain Antibody Attenuates The Initial Phase Of Acid-Induced Lung Injury In Mice Frontiers in Immunology. 2017.02; ( DOI )

  16. Tatham, KC; O'Dea, KP; Romano, R; Donaldson, H; Thakuria, L; Wakabayashi, K; Patel, BV; Reed, A; Simon, A; Marczin, N; Takata, M. Retention And Activation Of Donor Vascular Monocytes In Transplanted Lungs Suggests A Central Role In Primary Graft Dysfunction AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2016; 193

  17. Takafumi Ohmori, Nobuhiro Shiota, Akihiro Haramo, Takahiro Masuda, Fumi Maruyama, Kenji Wakabayashi, Yushi U Adachi, Koichi Nakazawa. Post-operative cardiac arrest induced by co-administration of amiodarone and dexmedetomidine: a case report. J Intensive Care. 2015.10; 3 (10): 43. ( PubMed, DOI )

  18. Fletcher, ME; Boshier, PR; Wakabayashi, K; Keun, HC; Smolenski, RT; Kirkham, PA; Adcock, IM; Barton, PJ; Takata, M; Marczin, N. Influence of glutathione-<i>S</i>-transferase (GST) inhibition on lung epithelial cell injury: role of oxidative stress and metabolism AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY. 2015.06; 308 (12): L1274-L1285. ( PubMed, DOI )

  19. Kate Tatham, Kieran O'Dea, Kenji Wakabayashi, Nandor Marczin, Masao Takata. The role of ex vivo lung perfusion in lung transplantation Journal of the Intensive Care Society. 2015.02; 16 (1): 58-63.

  20. Fletcher ME, Boshier PR, Wakabayashi K, Keun H, Smolenski RT, Kirkham PA, Adcock IM, Barton PJ, Takata M and Marczin N. Influence of glutathione-S-transferase (GST) inhibition on lung epithelial cell injury: role of oxidative stress and metabolism American Journal of Physiology - Lung Cellular and Molecular Physiology. 2015; 308 (12): 1274-1285.

  21. Kenji Wakabayashi, Michael R Wilson, Kate C Tatham, Kieran P O'Dea, Masao Takata. Volutrauma, but not atelectrauma, induces systemic cytokine production by lung-marginated monocytes. Critical Care Medicine. 2014.01; 42 (1): e49-e57. ( PubMed, DOI )

  22. Donaldson, H; Tatham, K; Odea, K; Wakabayashi, K; Marczin, N; Takata, M. Subclinical endotoxaemia enhances lung ischaemia-reperfusion injury BRITISH JOURNAL OF ANAESTHESIA. 2014.01; 112 (1): 184P-185P.

  23. Wakabayashi, K; Wilson, M; Tatham, K; O'Dea, K; Takata, M. High-stretch, but not atelectasis, causes systemic cytokine release by lung-marginated monocytes EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL. 2013.09; 42

  24. Tatham, K; Donaldson, H; O'Dea, K; Wakabayashi, K; Marczin, N; Takata, M. Marginated monocytes play a central role in lung ischaemia-reperfusion injury in mice: Implications for lung transplantation EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL. 2013.09; 42

  25. Anthony D Dorr, Michael R Wilson, Kenji Wakabayashi, Alicia C Waite, Brijesh V Patel, Nico van Rooijen, Kieran P O'Dea, Masao Takata. Sources of alveolar soluble TNF receptors during acute lung injury of different etiologies. Journal of Applied Physiology. 2011.07; 111 (1): 177-184. ( PubMed, DOI )

  26. Wakabayashi, K; Wilson, MR; O'Dea, KP; Takata, M. COMPARISON OF HIGH-STRETCH VERSUS ATELECTASIS IN THE PATHOPHYSIOLOGY OF VENTILATOR-INDUCED LUNG INJURY USING THE MOUSE ISOLATED PERFUSED LUNG THORAX. 2010.12; 65 A49-A50. ( DOI )

  27. Wakabayashi, K; Wilson, MR; O'Dea, KP; Takata, M. ROLE OF INTRAVASCULAR LEUCOCYTES IN VENTILATOR-INDUCED LUNG INJURY IN THE ISOLATED PERFUSED MOUSE LUNG THORAX. 2009.12; 64 A48-A49. ( DOI )

  28. Kieran P O'Dea, Michael R Wilson, Justina O Dokpesi, Kenji Wakabayashi, Louise Tatton, Nico van Rooijen, Masao Takata. Mobilization and margination of bone marrow Gr-1high monocytes during subclinical endotoxemia predisposes the lungs toward acute injury. Journal of Immunology. 2009.01; 182 (2): 1155-1166. ( PubMed, DOI )

  29. Dorr, AD; Wilson, MR; Wakabayashi, K; O'Dea, KP; Takata, M. INJURIOUS VENTILATION AND INTRATRACHEAL LIPOPOLYSACCHARIDE INCREASE SOLUBLE TUMOUR NECROSIS FACTOR RECEPTORS IN THE ALVEOLI VIA TWO DISTINCT MECHANISMS THORAX. 2008.12; 63 A71.

  30. 野坂 宜之, 溝江 亜紀子, 曾根田 ますみ, 塚田 容子, 山内 英雄, 鵜川 豊世武, 若林 健二. タブレット貸出によるICUオンライン家族面会システムの構築とその効果 ICUとCCU. 2023.07; 47 (7): 479-484. ( 医中誌 )

  31. 野坂 宜之, 山内 英雄, 高田 和生, 若林 健二. スマートグラスが拓く重症COVID-19患者を対象にしたICUにおける学生臨床実習 単施設質問紙調査 日本集中治療医学会雑誌. 2023.07; 30 (4): 261-263. ( 医中誌 )

  32. 土屋 一成, 横江 亮, 内御堂 亮, 若林 健二. 【FIX PICS 集中治療後症候群の予防と治療】PICSを理解する PICSとその関連病態(PIICS) 救急医学. 2023.06; 47 (6): 648-655. ( 医中誌 )

  33. 森脇 睦子, 高橋 千尋, 鳥羽 三佳代, 若林 健二, 伏見 清秀. 有効な人員配置のための探索的研究 COVID-19感染症対応の経験に基づいた人員管理に資する分析手法の一例 日本医療マネジメント学会雑誌. 2023.06; 24 (1): 31-38. ( 医中誌 )

  34. 野坂 宜之, 鶴田 潤, 高田 和生, 若林 健二. 私のアイディア What's New Web会議システムとスマートグラスの併用による超音波ガイド下血管穿刺法の教育 ICUとCCU. 2023.05; 47 (5): 347-349. ( 医中誌 )

  35. Ozaki Kenichiro, Nosaka Nobuyuki, Wakabayashi Kenji, Tohara Haruka. Intensive care education for dental students through online visits to ICU rounds JOURNAL OF DENTAL EDUCATION. 2023.04; 87 Suppl 3 1822-1824. ( PubMed, DOI )

  36. Hanafusa Mariko, Nawa Nobutoshi, Goto Yuki, Kawahara Tomoki, Miyamae Shigeru, Ueki Yutaka, Nosaka Nobuyuki, Wakabayashi Kenji, Tohda Shuji, Tateishi Ukihide, Fujiwara Takeo. Effectiveness of remdesivir with corticosteroids for COVID-19 patients in intensive care unit: A hospital-based observational study JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY. 2023.01; 95 (1): e28168. ( PubMed, DOI )

  37. Zhu Bo, Nosaka Nobuyuki, Kanamaru Shuji, Dong Jinhua, Dai Yancen, Inoue Akihito, Yang Yinghui, Kobayashi Kaori, Kitaguchi Tetsuya, Iwasaki Hiroshi, Koike Ryuji, Wakabayashi Kenji, Ueda Hiroshi. Rapid and sensitive SARS-CoV-2 detection using a homogeneous fluorescent immunosensor Quenchbody with crowding agents ANALYST. 2022.11; 147 (22): 4971-4979. ( PubMed, DOI )

  38. 三島 有華, 若林 健二. 【多職種連携】ICU多職種連携の構築 その理論と当院ICUにおける多職種連携の実際 Intensivist. 2022.10; 14 (4): 809-820. ( 医中誌 )

  39. 若林 健二. 【臨床研究】研究指導とメンターシップとは 導く者と導かれる者,それぞれのコツとポイント Intensivist. 2022.07; 14 (3): 515-520. ( 医中誌 )

  40. 壹岐 陽一, 若林 健二. ECMO管理に起因する生体侵襲の病態解明と予後改善に向けた研究開発の現状 小児科. 2021.08; 62 (8): 807-814.

  41. 壹岐 陽一, 若林 健二. 【小児の人工呼吸とECMO】ECMO管理に起因する生体侵襲の病態解明と予後改善に向けた研究開発の現状 小児科. 2021.08; 62 (8): 807-814. ( 医中誌 )

  42. 阿部 迪子, 若林 健二. 【集中治療における臓器連関】Microvesiclesによる臓器間クロストーク ICUとCCU. 2021.04; 45 (4): 245-253. ( 医中誌 )

  43. 塩田 修玄, 高田 将規, 増田 孝広, 丸山 史, 若林 健二, 高橋 英夫, 重光 秀信. ICUにおける多職種回診の早期リハビリテーションへの効果の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 593. ( 医中誌 )

  44. 若林 健二, 那波 伸敏, 武澤 恵理子, 藤原 武男, 重光 秀信. 音楽によるせん妄の抑制効果の検討 無作為比較試験 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 433. ( 医中誌 )

  45. 若林 健二. 重症疾患におけるmicrovesiclesの役割と意義 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 177. ( 医中誌 )

  46. 丸山 史, 三島 有華, 仲村 太一, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 長島 道生, 山内 英雄, 高橋 英夫, 重光 秀信. 異なる臨床経過をたどった抗NMDA受容体抗体脳炎の2症例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 714. ( 医中誌 )

  47. 仲村 太一, 若林 健二, 三島 有華, 塩田 修玄, 日下 琢雅, 丸山 史, 長島 道生, 山内 英雄, 鵜川 豊世武, 重光 秀信. 心臓カテーテル検査後に多発脳梗塞を合併した造影剤脳症の一例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 523. ( 医中誌 )

  48. 長島 道生, 犬飼 慎, 仲村 太一, 丸山 史, 三島 有華, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 高橋 英夫, 重光 秀信. 中心静脈カテーテル先端が血管内にあることの確認にマイクロバブル試験が有効であった1症例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 679. ( 医中誌 )

  49. 尾崎 研一郎, 若林 健二, 山下 直美, 斎藤 智美, 川崎 つま子, 雨宮 輝美, 奥村 拓真, 久保田 一政, 戸原 玄, 重光 秀信. ICU病棟における歯科医師による看護師への指導とその効果 口腔アセスメントを用いた予備的調査 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 533. ( 医中誌 )

  50. 三島 有華, 若林 健二, 大井 啓司, 荒井 裕国, 重光 秀信. 感染性心内膜炎に合併した浸潤影を器質化肺炎と診断しステロイド治療を行った1症例 臨床麻酔. 2020.01; 44 (1): 31-35. ( 医中誌 )

  51. 若林 健二, 重光 秀信. 【多職種で取り組む 最前線の集中治療】 多職種で考える終末期医療と臨床倫理 救急医学. 2019.02; 43 (2): 219-224. ( 医中誌 )

  52. 竹内 智紀, 佐藤 幸世, 柳平 貢, 北川 翔大, 犬飼 慎, 塩田 修玄, 若林 健二, 長島 道生, 高橋 英夫, 重光 秀信. 重症筋無力症クリーゼの治療中に再挿管となった一例 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O58-4]. ( 医中誌 )

  53. 高橋英夫、重光秀信、若林健二、長島道生、塩田修玄、増田孝広、丸山史、犬飼慎、佐藤幸世、三島有華、酒井朋子、高田将規、塚田容子. 多職種回診の早期リハビリテーション実施に向けての有用性 2018.07;

  54. 佐藤 幸世, 若林 健二, 武澤 恵理子, 重光 秀信. 五感を活用したICUケアー Effective Medical Creation 臨床麻酔. 2018.07; 42 (7): 955-963. ( 医中誌 )

  55. 若林 健二. 基礎からはじめる人工呼吸器関連肺傷害 過去から現在、そして未来へ 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [EL22]. ( 医中誌 )

  56. 三島 有華, 犬飼 慎, 佐藤 幸世, 片平 舞, 藤永 潤, 塩田 修玄, 増田 孝広, 丸山 史, 若林 健二, 重光 秀信. 人工弁感染性心内膜炎の経過中に器質化肺炎の合併を疑いステロイド治療を行った1例 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O52-2]. ( 医中誌 )

  57. 長島 道生, 高橋 英夫, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. ICUとERスタッフがコラボレートしたCritical Care Outreach Team(CCOT)による全病棟回診の試み 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): ( 医中誌 )

  58. 増田 孝広, 塩田 修玄, 丸山 史, 若林 健二, 高橋 英夫, 重光 秀信. ECMOにて加療した子宮頸癌を原発とするpulmonary tumor thrombotic microangiopathyの1例 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): ( 医中誌 )

  59. 若林 健二. 【ショック管理-ショックと臓器障害連関のメカニズム-】 ショック時の多臓器障害症候群を考える 肺傷害は多臓器不全を惹起する? 救急・集中治療. 2017.05; 29 (5-6): 385-390. ( 医中誌 )

  60. 足立裕史、塩田修玄、原茂明弘、増田孝広、若林健二、中沢弘一. 内頸静脈弁とカテーテル留置 臨床麻酔. 2016.01; 40 (1): 81-85.

  61. 足立裕史、若林健二、中沢弘一. 注意すべき状態2: セロトニン症候群 in 精神疾患と麻酔 LiSA. 2015.12; 22 (12): 1244-1247.

  62. 塩田修玄、原茂明弘、増田孝広、若林健二、足立裕史、中沢弘一. 非侵襲的陽圧呼吸の鎮静にモルヒネ塩酸塩へのスイッチングが有効であった1例 臨床麻酔. 2015.10; 39 (10): 1449-1451.

  63. 杉村竜一、若林健二、村川泰裕. カガクシャ・ネット医学分科会〜大学院留学のススメ〜 細胞工学2014年5月号. 2014.05; 33 (5):

  64. 杉村竜一、若林健二. 海外の大学院博士課程で基礎医学を学ぶ 医学界新聞. 2013.03; (3018): 4.

  65. 若林健二、大谷俊樹、有井滋樹、岩井武尚、本田聡、明石巧、小池盛雄. Giant cell fibroblstomaの1例 日本小児外科学会雑誌. 2006.04; 42 (2): 258-262.

  66. 大谷俊樹、井上裕美、若林健二、岡本健太郎、薄井佳子、有井滋樹、岩井武尚. 小児の血管確保に役立つ器具,手技の工夫 小児外科. 2004.08; 36 (8): 967-971.

  67. 井上裕美、大谷俊樹、若林健二、岡本健太郎、薄井佳子、有井滋樹、岩井武尚. VEID(Vein entry indicator device)の使用経験 日本小児外科学会雑誌. 2003.12; 39 (7): 988-991.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 若林 健二. ICU実践ハンドブック. 羊土社, 2019.03 高カリウム血症

  2. 朝田 瑞穂, 若林 健二. ICU実践ハンドブック. 羊土社, 2019.03 腎機能低下時の薬剤調整

  3. 若林健二. 救急・集中治療領域における感染症診療. 克誠堂出版, 2019 細菌性髄膜炎 (ISBN : 978-4-7719-0521-4 )

  4. 日米医学医療交流財団, 若林健二 他. 放射線科診療にみる医学留学へのパスポート. はる書房, 2015 アカデミックなキャリア形成の視点から見た海外大学院博士課程進学の意義

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kenichiro Ozaki, Kenji Wakabayashi, Nobuyuki Nosaka, Hideo Yamanouchi, Yuka Mishima, Takahiro Masuda, Ryo Uchimido, Toshihiro Kubo, Kohei Yamaguchi, Takuma Okumura, Akira Yoshizawa, Mitsuzumi Okada, Teruko Kunisawa, Sirinthip Amornsuradech, Ayane Horike, Ryota Kanai, Kazuharu Nakagawa, Ayako Nakane, Kazumasa Kubota, Haruka Tohara. Multidisciplinary Collaboration Practice in Intensive Care Units for Dental Students: Expansion from Smart Glass Online to Real Visits. The 4th Annual Meeting of the International Society of Oral Care (ISOC) 2024 2024.04.27 Tokyo, Japan

  2. Wakabayashi K, Sato S, Nawa N, Takezawa E, Fujiwara T, Shigemitsu H. Music interventions for preventing ICU delirium: a randomized controlled trial.. 32nd ESICM Annual Congress Berlin 2019.10.01 Berlin, Germany

  3. Matsumoto S, Iki Y, O'Dea KP, Shigemitsu H, Takata M, Wakabayashi K. Neutrophil-Derived Microvesicles as a Novel Biomarker in Hyperoxic Bronchopulmonary Dysplasia in Mice. American Thoracic Society Conference 2019 2019.05 Dallas, TX

  4. Yoichi Iki, Shotaro Matsumoto, Michiko Abe, Kieran P. O'Dea, Hidenobu Shigemitsu, Masao Takata, Kenji Wakabayashi. Microvesicles are absorbed on the surface of extracorporeal membrane oxygenation circuit tubing. Annual Meeting of International Society of Extracellular Vesicles 2019.04

  5. Y. Mishima, K. Wakabayashi, H. Shigemitsu. A Ten-minute Lecture Impacted the Interpretation of Do-Not-Attempt-Resuscitation Order in Resident Physicians in Japan. American Thoracic Society Conference 2018 2018.05.23 San Diego, CA

  6. Mitsui Y, O’Dea KP, Uchida T, Takata M, Wakabayashi K. Pro-inflammatory Activity of Granulocyte-derived Microvesicles is Potentiated by Endotoxin Pre-stimulation. American Thoracic Society Conference 2018 2018.05.22 San Diego, CA

  7. Kenji Wakabayashi, Tomoya Tateishi, Yushi Adachi, Naohiko Inase, Kochi Nakazawa. Ventilator settings and outcome of noninvasive and invasive ventilation for patients with acute respiratory failure on chronic interstitial lung disease. Ameritcan Thoracic Society International Conference 2016 2016.05 San Francisco, CA, USA

  8. Kajikawa Y, Hosokawa S, Wakabayashi K, Maejima Y, Isobe M, Doi S. Dexmedetomidine Ameliorates Monocrotaline Induced Pulmonary Arterial Hypertension in Rats. American Heart Association Scientific Sessions 2015 2015.11.10 Orland, USA

  9. Kenji Wakabayashi, Michael Wilson, Kate Tatham, Kieran O'Dea, Masao Takata. High-stretch, but not atelectasis, causes systemic cytokine release by lung-marginated monocytes. European Respiratory Society Annual Congress 2013.09 Barcelona, Spain

  10. Kenji Wakabayashi, Michael Wilison, Kieran O'Dea, Masao Takata. Inhibition of TNF receptor p55 by a domain antibody attenuates acid-induced lung injury in mice. American Thoracic Society International Conference 2013.05 Philadelphia, PA, USA

  11. Kenji Wakabayashi, Michael Wilson, Kieran O'Dea, Masao Takata. Atelectasis induces chemokine upregulation and lung injury in the isolated perfused mouse lung. American Thoracic Society International Conference 2011.05 Denver, CO, USA

  12. Kenji Wakabayashi, Michael Wilson, Kieran O'Dea, Masao Takata. Comparison of high-stretch versus atelectasis in the pathophysiology of ventilator-induced lung injury using the isolated perfused mouse lung. Winter Meeting of the British Thoracic Society 2010.12 London, United Kingdom

  13. Kenji Wakabayashi, Michael Wilson, Kieran O'Dea, Masao Takata. Role of intravascular leukocytes in ventilator-induced lung injury in the isolated perfused mouse lung. Winter Meeting of the British Thoracic Society 2009.12 London, United Kingdom

  14. 若林 健二. クリティカルケア領域における橋渡し研究の今とこれから. 日本クリティカルケア看護学会学術集会抄録集 2023.07.01

  15. 斎藤 恵子, 増田 孝広, 飯田 遥, 三島 有華, 野坂 宜之, 若林 健二. 多職種回診を通じた早期栄養管理に対する栄養士と薬剤師のコラボレーション 栄養士の立場から. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  16. 尾崎 研一郎, 野坂 宜之, 三島 有華, 鵜川 豊世武, 山内 英雄, 奥村 拓真, 吉澤 彰, 雨宮 輝美, 若林 健二, 戸原 玄. ICUでの多職種回診を用いた歯学部学生への臨床実習. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  17. 阿部 靖子, 丸山 史, 福岡 ほのか, 伊藤 亜希, 諏訪辺 久子, 三島 有華, 野坂 有華, 野坂 宜之, 古川 文子, 井津井 康浩, 若林 健二. 入院時重症患者対応メディエーターをICU病棟に配置した効果と今後の課題. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  18. 鵜川 豊世武, 野坂 宜之, 三島 有華, 若林 健二. シームレスICU~診療の一貫性や質の担保をどうするか(2) ハイブリッド多職種回診とゴールシート活用によるICUチームの情報共有. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  19. 野口 綾子, 山田 知明, 内村 祐之, 藍 真澄, 小野 和代, 鳥羽 三佳代, 内御堂 亮, 若林 健二. RRSはじめました!!~そしてどうなった? EWS自動計算アプリを用いたスコアリングの根源的課題. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  20. 野坂 宜之, 溝江 亜紀子, 野口 綾子, 竹内 崇, 若林 健二. PICSのエビデンスをもとめて 重症COVID-19患者家族の2割超に遠隔期PTSD関連症状が残存する. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  21. 若林 健二. 専門医も取ったしそろそろ研究しようかな,どこ行ったらいいかな?(2) 集中治療におけるトランスレーショナルリサーチと多領域連携. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  22. 三島 有華, 野口 綾子, 野坂 宜之, 丸山 史, 岡 晃司, 諏訪辺 久子, 古川 文子, 山内 英雄, 高橋 英夫, 若林 健二. 集中治療医主導型Risk Assessment Systemの活動. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  23. 若林 健二. 防衛医学研究:シーズとニーズのマッチング コロナ禍における汎用型人工呼吸器開発とFrugal innovation. 防衛医科大学校雑誌 2023.06.01

  24. 野田 浩太郎, 田中 智貴, 阿部 宗一郎, 碓井 遼, 貴田 浩之, 乾 遼磨, 新垣 慶人, 若林 健二, 猪原 匡史. 神経集中治療における瞳孔記録計(NPi-200)の有用性 現在地と将来の展望. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  25. 久保 俊裕, 野坂 宜之, 増田 孝広, 若林 健二. 当院ICUで人工呼吸管理を要したGuillain-Barre症候群患者のその後 単施設後方視的解析. 日本集中治療医学会雑誌 2023.06.01

  26. 三島有華, 野口綾子, 野坂宜之, 丸山史, 岡晃司, 諏訪辺久子, 古川文子, 山内英雄, 高橋英夫, 若林健二 . 集中治療医主導型Risk Assessment Systemの活動. 第50回日本集中治療医学会学術集会 2023.03.02

  27. 田代 共生, 三島 有華, 宮武 和正, 飯田 遥, 栗田 崇史, 松元 一明, 野坂 宜之, 吉井 俊貴, 具 芳明, 若林 健二. リネゾリド長期投与中に術後乳酸アシドーシスを来した1例. 日本内科学会関東地方会 2023.02.01

  28. 内御堂 亮, 長谷川 嵩矩, 若林 健二. 重症新型コロナウィルス肺炎死亡予測のためのICU時系列データ解析. 日本集中治療医学会雑誌 2022.11.01

  29. 三島 有華, 野坂 宜之, 朝田 瑞穂, 長島 道生, 川田 大介, 山内 慎一, 山田 哲也, 若林 健二. 癌と集中治療 集中治療医も知っておくべき免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象 後方視的観察研究. 日本集中治療医学会雑誌 2022.11.01

  30. 白坂 太郎, 内御堂 亮, 長島 道生, 廣瀬 健, 若林 健二. Rapid Response Team起動の遅れと患者予後の関係性の検討. 日本集中治療医学会雑誌 2022.11.01

  31. 若林 健二. 将来の集中治療を見据えて、学部教育、研修医教育の在り方を考える コロナ禍におけるICU教育の課題と進歩. 日本集中治療医学会雑誌 2022.11.01

  32. 井垣 花咲里, 三島 有華, 野坂 宜之, 朝田 瑞穂, 田頭 保彰, 安齋 達彦, 長島 道生, 若林 健二. 抗菌薬のde-escalationがICU患者に及ぼす影響 後方視的観察研究. 日本集中治療医学会雑誌 2022.11.01

  33. 森脇 睦子, 高橋 千尋, 鳥羽 三佳代, 若林 健二, 伏見 清秀. 有効な人員配置のための探索的研究 病床逼迫時における人員管理分析手法の一例. 日本医療マネジメント学会雑誌 2022.07.01

  34. 若林 健二. コロナ禍におけるゾーニングと体制整備 当院におけるブリコラージュ. 医療機器学 2022.04.01

  35. 集中治療医も知っておくべき免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象:後方視的観察研究. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.20

  36. 重症新型コロナウイルス肺炎死亡予測のためのICU時系列データ解析. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.20

  37. 井垣花咲里、三島有華、野坂宜之、朝田瑞穂、田頭保彰、安齋達彦、長島道生、若林健二. 抗菌薬のde-escalationがICU患者に及ぼす影響:後方視的観察研究 . 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.19

  38. 白坂太郎、内御堂亮、長島道生、廣瀬健、若林健二. Rapid Response Team 起動の遅れと患者予後の関係性の検討. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.19

  39. 若林健二. コロナ禍におけるICU教育の課題と進歩. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.18

  40. 植木 穣, 若林 健二, 具 芳明. 東京ドームにおける大規模ワクチン接種プロジェクトの報告. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  41. 若林健二. 重症疾患におけるmicrovesiclesの役割と意義. 第47回日本集中治療医学会学術集会 2020.03 名古屋

  42. 若林健二. 早期リハビリテーションの現状 - 医師の視点から. 集中治療における早期リハビリテーション実施の現状 〜日本・米国の経験を踏まえて〜 2019.07.18

  43. 松本正太朗、壹岐陽一、阿部迪子、重光秀信、高田正雄、若林健二. 高酸素慢性肺疾患モデルにおいて肺胞洗浄液中の好中球由来microvesicleは増加している. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.03 京都

  44. 平澤 憲祐, 若林 健二, 篠岡 太郎, 水野 友裕, 長島 道生, 丸山 史, 塩田 修玄, 高橋 英夫, 荒井 裕国, 重光 秀信. 植込み型補助人工心臓術後にアミオダロン誘発性甲状腺中毒症により甲状腺クリーゼをきたした一例. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.02

  45. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.02

  46. 若林健二. Translational research in critical care - Ventilator-induced lung injury and beyond -. 第6回救急・集中治療・家庭医療研究会 2018.12 大津、滋賀

  47. 若林健二. 基礎からはじめる人工呼吸器関連肺傷害 -過去から現在、そして未来へ -. 第45回日本集中治療医学会学術集会 2018.02.22 千葉

  48. 若林 健二. 人工呼吸関連肺傷害における炎症の役割. 新生児科指導医教育セミナー 2017.05.13 仙台

  49. 若林健二. Ventilator-induced lung injuryにおけるmonocytesの役割. 第2回新生児研究懇話会 2016.12 東京

  50. 若林健二. Biotraumaの観点から見た肺傷害と多臓器不全のメカニズム. 第38回日本呼吸療法医学会 2016.07 名古屋

  51. 若林健二、足立裕史、立石知也、稲瀬直彦、中沢弘一. 間質性肺炎急性増悪例の人工呼吸器設定についての検討. 第43回日本集中治療医学会学術集会 2016.02

  52. 若林健二、丸山史、田坂有理、大森敬文、篠田健、増田孝広、中沢弘一、三高千恵子、槇田浩史. RSウイルス肺炎による呼吸不全に対してECMOを導入したが、広範囲脳梗塞のために死亡の転帰を辿った小児の一症例. 第37回呼吸療法医学会学術集会 2015.07

  53. 梶川優介, 若林健二, 細川奨, 前嶋康浩, 磯部光章, 土井庄三郎. Dexmedetomidine ameliorates monocrotaline induced pulmonary arterial hypertension in rats. 第79回日本循環器学会学術集会 2015.04.24 大阪

  54. Wakabayashi K, Wilson MR, Tatham KC, O'Dea KP, Takata M. Volutraumaとatelectraumaでは炎症の度合いが異なる:肺血管内単球の人工呼吸器関連肺損 傷における役割. 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.02

  55. 梶川優介, 細川奨, 若林健二, 前嶋康浩, 磯部光章, 土井庄三郎. 肺高血圧症の進展におけるデクスメデトミジンの役割. 第21回日本小児肺循環研究会 2015.01.31 東京

  56. 若林健二. アカデミックなキャリア形成の視点から見た海外大学院博士課程進学の意義. Going Global? 〜これからの医師・医学研究者にとっての海外留学の意義〜 2013.10

  57. 若林健二. The role of monocytes in ventilator-induced lung injury. 2013.08

  58. 若林健二、荷見博樹、西村力、舘下夫美恵、平岡美依奈、小野弘恵、大森意策、清水光政、渡辺とよ子. 当NICUにおける在胎22・23・24週の呼吸管理方法の変化と抜管時期についての検討. 日本小児未熟児新生児学会学術集会 2004.11

  59. 若林健二、大谷俊樹、亀井宏一、井上裕美、薄井佳子、岡本健太郎、有井滋樹、岩井武尚. 小建中湯が原因と考えられた膀胱粘膜障害の一例. 第41回日本小児外科学会総会 2004.06

  60. 若林健二、糀敏彦、下田益弘、日下隼人. アデノウイルス脳炎の1例. 多摩小児神経懇話会 2004.05

  61. 若林健二、大谷俊樹、有井滋樹、岩井武尚、本田聡、小池盛雄. 稀な小児の軟部組織腫瘍 : Giant cell fibroblastomaの1例. 第38回日本小児外科学会関東甲信越地方会 2004.02

  62. 若林健二、横手龍、清水敬樹、杉田学、三宅康史. カフェイン中毒の2例. 第53回日本救急医学会関東地方会 2003.03

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Butterfield Award for UK-Japan collaboration in medicine and health,Great Britain Sasakawa Foundation,2016年

  • International Trainee Scholarship,米国胸部学会,2013年

  • JRC Chelsea and Westminster Hospital Trust Travel Award,Chelsea and Westminster Hospital Trust,2011年

  • 海外留学日本人大学院生奨学金,本庄国際奨学財団,2008年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 集中治療室(ICU)入院患者のADLとQOLの 維持・向上が期待される収納式トイレを設置,2023年10月

    -

  • 臨床検体中のコロナウイルスタンパク質を 蛍光抗体で迅速定量することに成功 -蛍光検出の速度向上法としても期待-,2022年12月

    -

  • コロナ禍での集中治療室におけるタブレット貸出による面会の効果― オンライン面会と患者家族のメンタルヘルス・ケア  ―,2021年12月

    -

  • 「次世代の呼吸補助装置の研究及び新型コロナウイルス患者の急増への対応を視野に入れた新型人工呼吸器の評価研究等を行うオープンラボラトリーの開設」,2020年06月

    -

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ハウスプログラム、マスター,2018年 - 現在

  • ハウスプログラム、サブマスター,2016年 - 2018年

  • 救急・麻酔ブロック,2015年 - 現在

  • クリニカルクラークシップ、チューター,2015年 - 2017年

  • 海外研究留学派遣前教育 (ASSERT),2014年

  • HSLP,2013年 - 2014年

  • PCC総論:臨床推論,2013年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • BSc programme, Department of Surgery and Cancer,Imperial College London

  • BSc research project, Department of Surgery and Cancer,Imperial College London

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • ベッドコントロールセンター長,2020年07月 - 現在

  • 病院長補佐,2020年04月 - 現在

  • クリニカルリサーチマネージャー,2020年04月 - 2021年03月

  • オープンイノベーション機構プロモーター教員,2019年09月 - 現在

  • International Summer Program 2019 Working Group,2019年

  • 集中治療部医局長,2017年 - 2020年

  • 国際医療部設立ワーキンググループ,2017年 - 2018年

  • 留学生支援チーム、統合国際機構,2016年 - 現在

  • チューター、クリニカルクラークシップ,2015年 - 2017年

  • コーディネーター、TMDU-Imperial交換留学プログラム,2007年07月 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 集中治療後のケア,日本経済新聞社,日本経済新聞,2024年05月08日 - 現在

  • 基盤モデルと研究自動化(9)=研究と教育つなぐ 信じるべきは学生の力,日刊工業新聞社,日刊工業新聞,2024年03月08日 - 2024年05月09日

  • 早期リハビリ介入について,日本経済新聞社,日経産業新聞、日経電子版,2023年11月17日

  • C棟で実現させた工夫やポイント,朝日新聞社,朝日新聞,2023年10月19日 - 2023年10月31日

  • 新型コロナウイルス オミクロン株,朝日新聞,朝日新聞,2021年12月20日

  • 自宅療養者悪化で搬送相次ぐ。対応する病院,NHK,首都圏ネットワーク,2021年08月05日

  • 病院の現状,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年06月21日

  • 医療現場の現状,共同通信,2021年04月22日

  • 増加する変異株に対応する医療現場,毎日新聞,毎日新聞,2021年04月16日

  • 変異型N501Yが広がる懸念と対応について,テレビ朝日,スーパーJチャンネル,2021年04月16日

  • コロナ医療の現場,NHK,首都圏ネットワーク,2021年04月09日

  • 新型コロナウイルスの変異株について,TBSテレビ,サンデーモーニング,2021年04月09日

  • テレ朝 変異ウイルスとは、病院側の対策と対応,2021年04月01日

  • テレ朝 21日で宣言解除か 医療現場の現状は,テレビ朝日,スーパーJチャンネル,2021年03月19日

  • 読売新聞 ICUの様子,読売新聞,ICUの様子,2021年02月12日

  • 新型コロナウイルス感染症への対応についての研修会,キリスト教学校教育同盟,2021年02月

  • テレ東 年末年始の対応について,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2020年12月23日

  • テレ東 医療現場の現状,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2020年11月30日

  • BS朝日 医療現場の現状,BS朝日,日曜スクープ,2020年11月28日

  • TBS 医療現場の状況は,TBSテレビ,サンデーモーニング,2020年11月28日

  • コロナと通常医療の両立・重症者治療の現状,毎日新聞,毎日新聞,2020年11月26日

  • 現在の新型コロナウイルス患者への対応,フジテレビ,Live News it!,2020年11月12日

  • 新型コロナウイルスの患者さんや治療の状況,テレビ朝日,スーバーJチャンネル,2020年11月12日

  • 未知のウイルスと闘うために - ヒト、モノ、空間、時間+α,読売新聞教育ネットワーク,Withコロナ 未来の医療を創る君へ,2020年09月26日

  • TMDUが考える医療のデジタル化,オープンイノベーション機構,2020年09月14日

  • 現状のコロナ患者受け入れ体制について,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2020年08月26日

  • 新型コロナウイルス感染症第二波への危機感と、医療現場の現状について,テレビ朝日,サタデーステーション,2020年07月31日

  • コロナ専門病棟の現状について,日本テレビ,News every. news zero,2020年07月27日

  • 新型コロナウイルスの患者さんや治療の状況,テレビ朝日,スーパーJチャンネル,2020年07月14日

  • 新型コロナウイルス感染第2波への対応,フジテレビジョン,報道番組「Live News days/it!/α」など,2020年07月13日

  • COVID-19: Our experience at TMDU,Imperial College Alumni Association Japan,2020年06月14日

  • 医師・医学部特集,週刊ダイヤモンド,ダイヤモンドオンライン,2020年05月29日

  • 新型コロナウイルスの第二波の対策,朝日新聞社,朝日新聞、朝日新聞デジタル,2020年05月22日

  • コロナ医療現場の最前線について,日本経済新聞社,日本経済新聞,2020年05月08日

  • ICU等でのCOVID-19患者の受け入れ、院内感染対策など,エムスリー,m3.com,2020年04月23日

  • 新型コロナウイルス感染症での病院の体制,読売新聞東京本社,読売新聞,2020年04月10日

  • カガクシャ・ネット,2012年 - 2014年

▼全件表示