基本情報

写真a

林 幹人(ハヤシ ミキヒト)

HAYASHI Mikihito


職名

准教授

研究分野・キーワード

骨代謝学、分子生物学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  理工学部  2004年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  生命科学研究科  修士課程  2006年03月  修了

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2010年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2020年07月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年05月
    科学技術振興機構 ERATO高柳オステオネットワークプロジェクト 研究員
  • 2013年10月
    -
    2015年03月
    科学技術振興機構 ERATO高柳オステオネットワーク プロジェクトグループリーダー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国骨代謝学会(American Society for Bone and Mineral Research)

  • 日本炎症・再生医学会

  • 日本骨免疫学会

  • 日本骨代謝学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本骨免疫学会 広報担当委員
  • 日本骨代謝学会 評議員
  • 日本骨代謝学会 広報委員会委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 常態系口腔科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨細胞による養育制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2022年

  • ヒト破骨細胞学

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 真に骨細胞特異的なCre発現マウスの樹立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • メカニカルストレスによって制御される運動器による免疫系の動的恒常性と破綻

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 骨細胞の機能別サブポピュレーションの特定

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yu Yamashita, Mikihito Hayashi, Mitsuru Saito, Tomoki Nakashima. Osteoblast lineage cells-derived Sema3A regulates bone homeostasis independently of androgens Endocrinology. 2022.08; ( PubMed, DOI )

  2. Fumiyuki Sasaki, Mikihito Hayashi, Takehito Ono, Tomoki Nakashima.. The regulation of RANKL by mechanical force. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2021.01; 39 (1): 34-44. ( DOI )

  3. Nasir K. Bashiruddin, Mikihito Hayashi, Masanobu Nagano, Yan Wu, Yukiko Matsunaga, Junichi Takagi, Tomoki Nakashima, Hiroaki Suga. Development of cyclic peptides with potent in vivo osteogenic activity through RaPID-based affinity maturation. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020.12; 117 (49): 31070-31077. ( DOI )

  4. Yosuke Tsuchiya, Mikihito Hayashi, Katashi Nagamatsu, Takehito Ono, Masaki Kamakura, Takanori Iwata, Tomoki Nakashima. The key royal jelly component 10-hydroxy-2-decenoic acid protects against bone loss by inhibiting NF-κB signaling downstream of FFAR4. Journal of Biological Chemistry. 2020.08; 385 (34): 12224-12232. ( DOI )

  5. Yoshitaka Kameo, Yuki Miya, Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Taiji Adachi. In silico experiments of bone remodeling explore metabolic diseases andtheir drug treatment. Science Advances. 2020.03; 6 (10): eaax0938.

  6. Takehito Ono, Mikihito Hayashi, Fumiyuki Sasaki, Tomoki Nakashima. RANKL biology: bone metabolism, the immune system, and beyond. Inflammation and Regeneration. 2020.02; 40 2. ( DOI )

  7. Fumiyuki Sasaki, Mikihito Hayashi, Yuki Mouri, Satoshi Nakamura, Taiji Adachi, Tomoki Nakashima. Mechanotransduction via the Piezo1-Akt pathway underlies Sost suppression in osteocytes. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020.01; 521 (3): 806-813.

  8. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Noriko Yoshimura, Kazuo Okamoto, Sakae Tanaka, Hiroshi Takayanagi.. Osteocyte Sema3A orchestrates estrogen action and counteracts bone aging. Cell Metabolism. 2019.03; 29 627-637.

  9. Yusoon Kim, Mikihito Hayashi, Takehito Ono, Tetsuya Yoda, Hiroshi Takayanagi, Tomoki Nakashima.. Suppression of hematopoietic cell kinase ameliorates the bone destruction associated with inflammation. Modern Rheumatology. 2018.11;

  10. Yukano Fukushima-Nakayama, Takehito Ono, Mikihito Hayashi, Masamu Inoue, Hiroaki Wake, Takashi Ono, Tomoki Nakashima. Reduced Mastication Impairs Memory Function Journal of Dental Research. 2017.08; 96 (9): 1058-1066. ( PubMed )

  11. Ayumi Shoji-Matsunaga, Takehito Ono, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi, Keiji Moriyama, Tomoki Nakashima. Osteocyte regulation of orthodontic force-mediated tooth movement via RANKL expression Scientific Reports. 2017.08; 7 (1): 8753. ( PubMed )

  12. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Masahiko Taniguchi, Tatsuhiko Kodama, Atsushi Kumanogoh, Hiroshi Takayanagi. Osteoprotection by semaphorin 3A Nature. 2012.03; 485 (7396): 69-74. ( PubMed )

  13. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Masatsugu Oh-Hora, Jian Q Feng, Lynda F Bonewald, Tatsuhiko Kodama, Anton Wutz, Erwin F Wagner, Josef M Penninger, Hiroshi Takayanagi. Evidence for osteocyte regulation of bone homeostasis through RANKL expression Nature Medicine. 2011.09; 17 (10): 1231-1234. ( PubMed )

  14. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima. セマフォリンと骨粗鬆症 Clinical Calcium. 2016.10; 26 (10): 1419-1427. ( PubMed )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 林幹人. Autoregulation of osteocyte Sema3A counteracts bone aging.. Japan Bone Academy 2020 2020.11.23

  2. Mikihito Hayashi. Estrogen-miRNA-Sema3A-Nrp1 axis regulates bone mass through autoregulation of osteocyte. 第16回Bone Biology Forum 2019.08.17

  3. Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Hiroshi Takayanagi. Autoregulation of osteocyte through estrogen-miRNA-Sema3A-Nrp1 axis. ASBMR 2017 Annual Meeting 2017.09.08

  4. 林幹人, 土谷洋輔, 中島友紀. ローヤルゼリーに含まれる10-ヒドロキシ-2-デセン酸はFFAR4を介してNF-kB活性化および破骨細胞分化を抑制することで閉経後骨粗鬆症モデルマウスにおける骨量を維持する. 第42回 日本炎症・再生医学会 2021.07.07

  5. 林幹人, 土谷洋輔, 永松剛, 中島友紀. ローヤルゼリー構成成分10-ヒドロキシ-2-デセン酸はFFAR4を介したNF-kB抑制により骨量減少を抑制する. 第6回日本骨免疫学会 2021.06.30

  6. 林幹人. 骨免疫と骨リモデリング制御. 第47回日本臨床免疫学会総会 2019.10.18

  7. 林幹人. セマフォリンによる骨代謝制御. 第5回日本骨免疫学会 2019.06.26

  8. 林幹人,金裕純,小野岳人,高柳広,中島友紀. 非受容体型チロシンキナーゼHck阻害剤は炎症に関連した骨破壊を抑制する. 第5回日本骨免疫学会 2019.06.25

  9. 林幹人, 中島友紀. 破骨細胞分化と骨芽細胞分化を正に制御し骨代謝回転を決定づける新規因子の同定. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.25

  10. 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨細胞由来Sema3Aによる骨代謝制御. 第34回日本骨代謝学会学術集会 2017.07.27

  11. 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨細胞でのEstrogen-miRNA-Sema3A軸による自己調節を介した骨代謝制御. 第3回日本骨免疫学会 2017.06.29

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回日本骨免疫学会優秀演題賞,2018年06月

  • 第3回日本骨免疫学会YIA賞,2017年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「骨量減少を抑制する脂肪酸をロイヤルゼリーから発見」―骨粗鬆症に対する新たな治療法や食品よる骨健康の増進に期待―,2020年07月

    Journal of Biological Chemistry

  • 「エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明」― 閉経後骨粗鬆症の新たな治療法の開発に期待 ―,2019年01月

    Cell Metabolism

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 硬組織生化学の分子的基盤,2017年 - 現在

  • 生命の分子的基盤実習,2014年 - 現在

  • 骨のバイオロジー,2014年 - 現在