基本情報

写真a

油井 直史(ユイ ナオフミ)

YUI Naofumi


職名

非常勤講師

研究分野・キーワード

腎臓内科学、細胞生物学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2010年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 准教授
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2018年05月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学分野 非常勤講師
  • 2019年05月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学分野 非常勤講師
  • 2020年05月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学分野 非常勤講師
  • 2021年05月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学分野 非常勤講師
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学分野 非常勤講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アレルギー学会

  • 日本内科学会

  • 日本腎臓学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 細胞膜輸送体に着目した新しい腎臓線維化治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 直接的アクアポリン2阻害剤の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Bouley R, Yui N, Terlouw A, Cheung PW, Brown D. Chlorpromazine Induces Basolateral Aquaporin-2 Accumulation via F-Actin Depolymerization and Blockade of Endocytosis in Renal Epithelial Cells. Cells. 2020.04; 9 (4): ( PubMed, DOI )

  2. Ando F, Mori S, Yui N, Morimoto T, Nomura N, Sohara E, Rai T, Sasaki S, Kondo Y, Kagechika H, Uchida S. AKAPs-PKA disruptors increase AQP2 activity independently of vasopressin in a model of nephrogenic diabetes insipidus. Nature communications. 2018.04; 9 (1): 1411. ( PubMed, DOI )

  3. Zeniya M, Mori T, Yui N, Nomura N, Mandai S, Isobe K, Chiga M, Sohara E, Rai T, Uchida S. The proteasome inhibitor bortezomib attenuates renal fibrosis in mice via the suppression of TGF-β1. Scientific reports. 2017.10; 7 (1): 13086. ( PubMed, DOI )

  4. Li W, Jin WW, Tsuji K, Chen Y, Nomura N, Su L, Yui N, Arthur J, Cotecchia S, Paunescu TG, Brown D, Lu HAJ. Ezrin directly interacts with AQP2 and promotes its endocytosis. Journal of cell science. 2017.09; 130 (17): 2914-2925. ( PubMed, DOI )

  5. Yui N, Ando F, Sasaki S, Uchida S. Ser-261 phospho-regulation is involved in pS256 and pS269-mediated aquaporin-2 apical translocation. Biochemical and biophysical research communications. 2017.08; 490 (3): 1039-1044. ( PubMed, DOI )

  6. Yui N, Sasaki S, Uchida S. Aquaporin-2 Ser-261 phosphorylation is regulated in combination with Ser-256 and Ser-269 phosphorylation. Biochemical and biophysical research communications. 2017.01; 482 (4): 524-529. ( PubMed, DOI )

  7. Ando F, Sohara E, Morimoto T, Yui N, Nomura N, Kikuchi E, Takahashi D, Mori T, Vandewalle A, Rai T, Sasaki S, Kondo Y, Uchida S. Wnt5a induces renal AQP2 expression by activating calcineurin signalling pathway. Nature communications. 2016.11; 7 13636. ( PubMed, DOI )

  8. Yamaguchi Wakaba, Yui Naofumi, Nagao Toshikage, Oshikawa Gaku, Negi Mariko, Iimori Soichiro, Okado Tomokazu, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi. 長期ボルテゾミブおよびデキサメタゾン療法後に維持透析から離脱したBence-Jones蛋白質λ型多発性骨髄腫患者(Bence-Jones Protein λ-type Multiple Myeloma Patient Withdrawn from Maintenance Hemodialysis after Long-term Bortezomib and Dexamethasone Therapy) Internal Medicine. 2016.02; 55 (3): 263-268. ( 医中誌 )

  9. Yamaguchi W, Yui N, Nagao T, Oshikawa G, Negi M, Iimori S, Okado T, Rai T, Uchida S. Bence-Jones Protein λ-type Multiple Myeloma Patient Withdrawn from Maintenance Hemodialysis after Long-term Bortezomib and Dexamethasone Therapy. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2016; 55 (3): 263-8. ( PubMed, DOI )

  10. Iimori S, Naito S, Noda Y, Nishida H, Kihira H, Yui N, Okado T, Sasaki S, Uchida S, Rai T. Anaemia management and mortality risk in newly visiting patients with chronic kidney disease in Japan: The CKD-ROUTE study. Nephrology (Carlton, Vic.). 2015.09; 20 (9): 601-8. ( PubMed, DOI )

  11. Yoshizaki Yuki, Yui Naofumi, Okado Tomokazu, Ishigami Junichi, Iimori Soichiro, Oi Katusyuki, Sohara Eisei, Sasaki Sei, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi. 慢性腎疾患における後腹膜線維化症(Retroperitoneal Fibrosis in Chronic Kidney Disease) General Medicine. 2015.06; 16 (2): 103-106. ( 医中誌 )

  12. Oi Katsuyuki, Okado Tomokazu, Togo Hisako, Iimori Soichiro, Yui Naofumi, Sohara Eisei, Kanda Eiichiro, Rai Tatemitsu, Sasaki Sei, Uchida Shinichi. 血液透析関連chronic portal-systemic shunt encephalopathy(CPSE)で、血液透析時に血中アンモニア濃度が正反対の変化を示した2症例 症例報告と文献レビュー(Two Cases of Hemodialysis-associated Chronic Portal-systemic Shunt Encephalopathy(CPSE) with Opposite Changes in the Blood Ammonia Concentrations during Hemodialysis: A Case Report and Literature Review) Internal Medicine. 2015.06; 54 (11): 1375-1380. ( 医中誌 )

  13. Oi K, Okado T, Togo H, Iimori S, Yui N, Sohara E, Kanda E, Rai T, Sasaki S, Uchida S. Two Cases of Hemodialysis-associated Chronic Portal-systemic Shunt Encephalopathy (CPSE) with Opposite Changes in the Blood Ammonia Concentrations during Hemodialysis: A Case Report and Literature Review. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2015; 54 (11): 1375-80. ( PubMed, DOI )

  14. Sasaki S, Yui N, Noda Y. Actin directly interacts with different membrane channel proteins and influences channel activities: AQP2 as a model. Biochimica et biophysica acta. 2014.02; 1838 (2): 514-20. ( PubMed, DOI )

  15. Nomura N, Kamiya K, Ikeda K, Yui N, Chiga M, Sohara E, Rai T, Sakaki S, Uchida S. Treatment with 17-allylamino-17-demethoxygeldanamycin ameliorated symptoms of Bartter syndrome type IV caused by mutated Bsnd in mice. Biochemical and biophysical research communications. 2013.11; 441 (3): 544-9. ( PubMed, DOI )

  16. Feinstein TN, Yui N, Webber MJ, Wehbi VL, Stevenson HP, King JD Jr, Hallows KR, Brown D, Bouley R, Vilardaga JP. Noncanonical control of vasopressin receptor type 2 signaling by retromer and arrestin. The Journal of biological chemistry. 2013.09; 288 (39): 27849-60. ( PubMed, DOI )

  17. Yui N, Lu HA, Chen Y, Nomura N, Bouley R, Brown D. Basolateral targeting and microtubule-dependent transcytosis of the aquaporin-2 water channel. American journal of physiology. Cell physiology. 2013.01; 304 (1): C38-48. ( PubMed, DOI )

  18. Yui N, Lu HJ, Bouley R, Brown D. AQP2 is necessary for vasopressin- and forskolin-mediated filamentous actin depolymerization in renal epithelial cells. Biology open. 2012.02; 1 (2): 101-8. ( PubMed, DOI )

  19. Yui N, Okutsu R, Sohara E, Rai T, Ohta A, Noda Y, Sasaki S, Uchida S. FAPP2 is required for aquaporin-2 apical sorting at trans-Golgi network in polarized MDCK cells. American journal of physiology. Cell physiology. 2009.12; 297 (6): C1389-96. ( PubMed, DOI )

  20. Ohta A, Rai T, Yui N, Chiga M, Yang SS, Lin SH, Sohara E, Sasaki S, Uchida S. Targeted disruption of the Wnk4 gene decreases phosphorylation of Na-Cl cotransporter, increases Na excretion and lowers blood pressure. Human molecular genetics. 2009.10; 18 (20): 3978-86. ( PubMed, DOI )

  21. 油井 直史, 名和 眞希子, 内田 信一. 腎臓線維芽細胞活性化における非筋肉型ミオシン2Aの重要性 日本腎臓学会誌. 2020.07; 62 (4): 259. ( 医中誌 )

  22. 安藤 史顕, 油井 直史, 森本 哲司, 野村 尚弘, 蘇原 映誠, 頼 建光, 佐々木 成, 根東 義明, 内田 信一. FMP-API-1はバゾプレシンに匹敵するAQP2水チャネル活性化作用を持つ 新規腎性尿崩症治療薬の開発 日本腎臓学会誌. 2018.04; 60 (3): 335. ( 医中誌 )

  23. 油井 直史, 佐々木 成, 内田 信一. アクアポリン2の細胞内輸送調節における複合的リン酸化制御機構の解明 日本腎臓学会誌. 2017.04; 59 (3): 233. ( 医中誌 )

  24. 銭谷 慕子, 森 崇寧, 油井 直史, 野村 尚弘, 千賀 宗子, 高橋 大栄, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一. 新規腎線維化改善薬としてのbortezomibの検討 日本腎臓学会誌. 2017.04; 59 (3): 284. ( 医中誌 )

  25. 安藤 史顕, 蘇原 映誠, 油井 直史, 野村 尚弘, 菊池 絵梨子, 高橋 大栄, 森 崇寧, 頼 建光, 佐々木 成, 内田 信一. カルシニューリンは腎性尿崩症治療の標的分子である 日本腎臓学会誌. 2016.05; 58 (3): 291. ( 医中誌 )

  26. 正田 若菜, 油井 直史, 工藤 篤, 大橋 敦希, 井上 佑一, 飯盛 聡一郎, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 佐藤 文絵, 野村 尚弘, 桑名 仁, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. スニチニブによる腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 959. ( 医中誌 )

  27. 菊池 寛昭, 石神 淳一, 井上 佑一, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 飯盛 聡一郎, 野村 尚弘, 内藤 省太郎, 桑名 仁, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 副腎腫瘍摘出3週間後に顕在化した、高K血症を伴う亜急性腎不全の1例 臨床体液. 2015.08; 42 42-45. ( 医中誌 )

  28. 渡邉 誠之, 篠原 樹彦, 飯盛 聡一郎, 井上 佑一, 須佐 紘一郎, 野村 尚弘, 桑名 仁, 内藤 省太郎, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 上阪 等, 内田 信一. TAFRO症候群に対し血漿交換を行った一例 日本透析医学会雑誌. 2015.05; 48 (Suppl.1): 938. ( 医中誌 )

  29. 藤木 珠美, 井上 佑一, 須佐 紘一郎, 森 崇寧, 飯森 聡一郎, 野村 尚弘, 桑名 仁, 内藤 省太郎, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. 血液透析患者に発症したcalcified amorphous tumorの一例 日本透析医学会雑誌. 2015.05; 48 (Suppl.1): 590. ( 医中誌 )

  30. 石川 聖子, 内藤 省太郎, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 沼波 仁, 石橋 哲, 三條 伸夫, 横田 隆徳, 内田 信一. 単純血漿交換(PE)が著効した自己免疫性脳幹脳炎の一例 日本透析医学会雑誌. 2015.05; 48 (Suppl.1): 555. ( 医中誌 )

  31. 油井 直史, 佐々木 成, 内田 信一. Ser-269リン酸化AQP2の細胞内局在の時系列変化 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 479. ( 医中誌 )

  32. 谷田部 淳一, 高野 梢, 谷田部 緑, 油井 直史, 蘇原 英誠, 内田 信一, 渡辺 毅, 木村 純子. バゾプレッシン刺激によるアクアポリン2の活性化はGABAB受容体情報伝達機構により調節を受ける 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 597. ( 医中誌 )

  33. 油井 直史, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. AQP2の細胞内輸送におけるSer-261リン酸化の意義 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 314. ( 医中誌 )

  34. 畔津 春奈, 野崎 真由子, 渭原 克仁, 山口 若葉, 石神 淳一, 田中 啓之, 飯盛 聡一郎, 西田 秀範, 油井 直史, 太田 哲人, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成, 能勢 裕里江, 水澤 英洋. アトピー性脊髄炎に対して血漿交換(PE)を施行した一例 日本透析医学会雑誌. 2014.05; 47 (Suppl.1): 747. ( 医中誌 )

  35. 桑名 仁, 西田 秀範, 油井 直史, 太田 哲人, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 表計算ソフトによる解析は慢性腎不全の診療を30%改善する 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 385. ( 医中誌 )

  36. 蘇原 映誠, 石本 育栄, 大西 剛史, 笠木 佑里, 河崎 智樹, 田中 啓之, 石神 淳一, 渭原 克仁, 山口 若葉, 畔津 春奈, 野崎 真由子, 荒木 雄也, 西田 秀範, 飯盛 聡一郎, 油井 直史, 太田 哲人, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. メシル酸ナファモスタットによる薬剤性貧血を認めた透析患者の一例 日本透析医学会雑誌. 2014.05; 47 (Suppl.1): 987. ( 医中誌 )

  37. 山口 若葉, 畔津 春奈, 野崎 真由子, 渭原 克仁, 石神 淳一, 田中 啓之, 飯盛 聡一郎, 西田 秀範, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. ボルテゾミブ・デキサメサゾン(BD)療法により血液透析離脱した多発性骨髄腫(MM)の2例 日本透析医学会雑誌. 2014.05; 47 (Suppl.1): 833. ( 医中誌 )

  38. 吉崎 幸, 佐塚 美幸, 飯盛 聡一郎, 大井 克征, 桑名 仁, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 当院におけるアフェレシス療法 日本アフェレシス学会雑誌. 2013.10; 32 (3): 249. ( 医中誌 )

  39. 吉崎 幸, 飯盛 聡一郎, 大井 克征, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. IgG4関連疾患が関与したと考えられた後腹膜線維症の2例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1077. ( 医中誌 )

  40. 大井 克征, 石本 育栄, 飯盛 聡一郎, 桑名 仁, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 利尿剤負荷試験が有用であったGitelman症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1070. ( 医中誌 )

  41. 坂口 祐希, 飯盛 聡一郎, 若林 麻衣, 油井 直史, 伊藤 栄作, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 腹痛ならびに両側水腎症を合併したループス腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1051. ( 医中誌 )

  42. 吉崎 幸, 安藤 史顕, 都嵜 祥人, 日下 敬太, 石本 育栄, 飯盛 聡一郎, 大井 克征, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 自己免疫性多発内分泌症候群患者にアフェレーシス療法が奏功した一例 日本透析医学会雑誌. 2013.05; 46 (Suppl.1): 673. ( 医中誌 )

  43. 大井 克征, 篠原 研司, 飯盛 聡一郎, 桑名 仁, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 野田 裕美, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 門脈大循環シャント(PSS)による肝性脳症を呈した血液透析患者2例の検討 日本透析医学会雑誌. 2013.05; 46 (Suppl.1): 678. ( 医中誌 )

  44. 石本 育栄, 伊藤 栄作, 都嵜 祥人, 吉崎 幸, 安藤 史顕, 日下 敬太, 佐塚 美幸, 飯盛 聡一郎, 大井 克征, 桑名 仁, 油井 直史, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 野田 裕美, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 血栓性微小血管症、急性腎障害により、透析導入を要した悪性高血圧症候群の2症例 日本透析医学会雑誌. 2013.05; 46 (Suppl.1): 532. ( 医中誌 )

  45. 油井 直史, Lu Hua A.J., Bouley Richard, 野村 尚弘, Brown Dennis, 内田 信一, 佐々木 成. アクアポリン2のトランスサイトーシス経路の同定 日本腎臓学会誌. 2013.04; 55 (3): 315. ( 医中誌 )

  46. 油井 直史. 水チャネルアクアポリン2の新しい細胞内輸送機構 腎と透析. 2013.02; 74 (2): 279-286. ( 医中誌 )

  47. 石本 育栄, 蘇原 映誠, 伊藤 栄作, 坂口 祐希, 篠原 研司, 都嵜 祥人, 佐塚 美幸, 飯盛 聡一郎, 大井 克征, 桑名 仁, 油井 直史, 岡戸 丈和, 野田 裕美, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. 急速な経過で血液透析導入となった高齢のフィブロネクチン腎症によるネフローゼ症候群の1例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 727. ( 医中誌 )

  48. 油井 直史. バソプレシンと心不全(第5回) アクアポリン2の尿中排泄 Fluid Management Renaissance. 2012.07; 2 (3): 278-282. ( 医中誌 )

  49. 油井 直史, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. フォスファチジルイノシトール4キナーゼ阻害によりアクアポリン2の頂側膜への輸送は増加する 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 298. ( 医中誌 )

  50. 油井 直史, 奥津 理恵, 太田 英里子, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. FAPP2はアクアポリン2の管腔側膜への輸送の調節に関与する 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 312. ( 医中誌 )

  51. 油井 直史, 佐々木 成. 【利尿薬の最新知識と使い方】利尿薬の種類と作用部位 成人病と生活習慣病. 2007.08; 37 (8): 868-872. ( 医中誌 )

  52. 奥津 理恵, 油井 直史, 太田 英里子, 棚瀬 健仁, 頼 建光, 内田 信一, 佐々木 成. AKAP220はAquaporin2(AQP2)のリン酸化を制御する 日本腎臓学会誌. 2007.04; 49 (3): 331. ( 医中誌 )

  53. 油井 直史, 内田 信一. 【腎・泌尿器疾患領域における遺伝子解析】Liddle症候群 腎と透析. 2006.12; 61 (6): 844-847. ( 医中誌 )

  54. 田村 禎一, 紀平 裕美, 油井 直史, 佐藤 寛泰, 田中 啓之, 福留 裕一郎, 東海林 隆男, 岸 洋一. 原因不明の難治性胸腹水に対し,イコデキストリン透析液1日1回投与による腹膜透析を行い良好なコントロールを得た一症例 日本透析医学会雑誌. 2006.05; 39 (Suppl.1): 793. ( 医中誌 )

  55. 油井 直史, 紀平 裕美, 田中 啓之, 田村 禎一, 福留 裕一郎, 東海林 隆男, 笹岡 拓雄. 血液透析患者における少量アスピリン療法とCRP値 日本透析医学会雑誌. 2006.05; 39 (Suppl.1): 747. ( 医中誌 )

  56. 西尾 勝, 野村 豊, 杉田 栄一, 佐藤 卓, 油井 直史, 森田 尚克, 山田 敏生. バイオホールスティックを用いないダルニードル穿刺針の穿刺方法の検討 日本透析医学会雑誌. 2005.05; 38 (Suppl.1): 760. ( 医中誌 )

  57. 西尾 勝, 野村 豊, 杉田 栄一, 佐藤 卓, 油井 直史, 森田 尚克, 山田 敏生. 透析中の血液回路内血流量の推定 医工学治療. 2005.05; 17 (Suppl.): 167. ( 医中誌 )

  58. 森田 尚克, 油井 直史, 山田 敏生, 福井 直隆, 田中 将樹, 泉谷 敏文, 竹内 弘幸, 平賀 聖悟. SLEを原疾患とした腎移植2症例 移植. 2005.04; 40 (2): 193. ( 医中誌 )

  59. 西尾 勝, 野村 豊, 杉田 栄一, 佐藤 卓, 油井 直史, 森田 尚克, 山田 敏生, 平賀 聖悟. 電磁血流計を用いた血流量の検討 日本透析医学会雑誌. 2004.05; 37 (Suppl.1): 938. ( 医中誌 )

  60. 油井 直史, 谷口 顕, 飯塚 秀樹, 藤田 浩. 関節リウマチ,強皮症合併症例に起きた輸血後急性肺障害 炎症・再生. 2003.09; 23 (5): 291-293. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Naofumi Yui, Sei Sasaki, Shinichi Uchida. Regulated Ser-261 Dephosphorylation Combined with Ser-256 and Ser-269 Phosphorulation in the C-terminus of Aquaporin-2 Water Channel. American Society of Nephrology 2016.11.18 Chicago

  2. Yui Naofumi, Sasaki Sei, Uchida Shinichi. Dephosphorylation at Ser-261 is a determinant for the regulated AQP2 apical accumulation. Th 48th Annual Meeting of American Society of Nephrology 2015.11 San Diego, USA

  3. Naofumi Yui, Sei Sasaki, Shinichi Uchida. Increased Phosphorylation of Ser-269 Is Not Sufficient for Regulated AQP2 Apical Accumulation. American Society of Nephrology 2014.11.15 Philadelphia

  4. Wakaba Yamaguchi, Naofumi Yui, Toshikage Nagao, Haruna Azetsu, Soichiro Iimori, Eisei Sohara, Tomokazu Okado, Tatemitsu Rai, Sei Sasaki, Shinichi Uchida . BJP lambda-Type Multiple Myeloma Successfully Withdrawn from Maintenance Hemodialysis after Long-Term Continuous Bortezomib and Dexamethasone Therapy. American Society of Nephrology 2014.11.13 Philadelphia

  5. 油井直史、佐々木成、内田信一. Ser-269リン酸化AQP2の細胞内局在の時系列変化. 第 58 回日本腎臓学会学術総会 2015.06